Samurai Goal

黒部光昭


スポンサード リンク





山口素弘氏が名古屋GMに!強化担当に黒部光昭氏を招へい 

スクリーンショット 2021-01-28 20.56.31

元日本代表FW黒部光昭「サッカーは基本的に一つの動作だけ成り立つスポーツではないので、子どもの頃から色々な競技をたくさんやったほうがいい」 

1: 名無しさん 2016/04/30(土) 14:15:43.58 ID:CAP_USER9.net


■いろいろなスポーツを体験できる環境を

「サッカーは基本的に一つの動作だけ成り立つスポーツではないので、できれば子どもの頃から色々な競技をたくさんやったほうがいいと思いますね」

黒部さんは冒頭にこんなエピソードを話してくれました。子どもの頃からサッカーに励んでいました黒部さんは、福岡大学の体育学部時代の授業で、運動能力がある学生たちと一緒にラグビーをする機会があったそうです。

ラグビーといえば、走りながらボールを手で受けて、同時に相手をかわしたり、パスを出したりする動作をするスポーツです。
黒部さんはサッカーをやっていただけに、すぐに対応することができましたが、運動能力に長けているはずのほかの学生がまったくラグビーに対応できなかった光景をみて愕然としたといいます。

「子どものころから、動きながらボールをもらうという動作をしたことがない人は、ボールをもらうときに一回止まって、ボールを受けて、再び走り出す、という動作になってしまっていたのでプレーがすごく遅かったんです。
それならば前へのスピードだけがある人よりも、ボールの動きを先読みできて、先に動きながら同時にボールを受けられる人のほうが速いプレーができるわけです」

黒部さんはそのとき、パッとラグビーをプレーしたときに身体がスムーズに対応できたこと、逆にほかの学生が苦戦していた光景をみて、自分がサッカーで色々な身体の動きを身につけていたことに気づかされたのだといいます。

「サッカーは子どものころの身体の神経系の発達にトータルで働きかけることができるスポーツだと思っています。サッカーはボールを受けるときに周りをみて、次のプレーを考えながら、味方の動きや、相手の動きまで把握しながら、
頭をフル回転させて次のプレーを選択しないといけないスポーツです。これが子どもの頃はなかなか難しい動作なのですが、一生懸命にプレーするなかで様々な能力が自然と身に付いていくのだと思います。

その意味で、サッカーやバスケットボール、ハンドボールなどは身体の神経系をトータルに刺激して伸ばすことができる競技だと思いますね。

ただ、ぼくはサッカーがすべて万能だとも思わないし、ぼく自身は子どものころに陸上の短距離や駅伝などに駆り出されてフル回転していたので、そういう他競技の経験から身体に染み付いた動きもプラスに働いていると思います。
だから子どものころは、いろいろな競技を複合的に試してみるのがオススメですね。子どもがずっとサッカーをしていくとは限らないし、中学生や高校生になって別の種目をやりたいと思ったときに、
他の種目にも通用するための最低限の身体の神経系が発達していないと対応できずに苦しむことになるんじゃないでしょうか」

2016年4月15日
http://www.sakaiku.jp/column/interview/2016/011478.html

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索