Samurai Goal

黄金世代


スポンサード リンク





遠藤保仁だけじゃない。 現役続行の「黄金世代」たちの今 

1: 2020/10/10(土) 11:13:59.15 _USER9
◆「和製ロナウド、小野伸二2世...。消えていった天才Jリーガーたち」はこちら>>

 J1リーグにおける「黄金世代の最後の砦」となってしまうのか......。

 遠藤保仁がJ2のジュビロ磐田へ、来年1月31日までの期限付きで移籍した。ガンバ大阪で20年目となった今シーズンは、7月にJ1リーグ最多出場記録を更新。その後も出場を重ねてJ1通算641試合出場(103得点)まで記録を伸ばしたが、J1リーグ戦11試合出場ながらも先発出場はわずか3試合にとどまっていた。

 新天地の磐田は今季J2で13位と苦しみ、来季の1部昇格には土俵際に追い込まれている。しかし、遠藤は「連勝すれば一気に上に行く可能性がある」と意気込む。

 遠藤にとって2013年以来2度目となるJ2の舞台で、楽しみなのが小野伸二(J1通算201試合29得点)との黄金世代対決だ。

 黄金世代とは1979-1980年生まれの世代で、1999年にナイジェリアで開催されたワールドユース(現U-20ワールドカップ)で準優勝。その後もこの世代の選手たちが2000年シドニー五輪、2002年と2006年のワールドカップなどで日本代表の中心となり、日本サッカー界の新次元を切り開いてきた。

 1999年ワールドユースで大会ベストイレブンに選出された小野は、昨季途中にJ1の北海道コンサドーレ札幌からJ2のFC琉球に移籍。今季は初先発した7月25日の愛媛FC戦の前半2分で右ひざ側副じん帯を負傷して戦線離脱したものの、現在は戦列に復帰。11月25日の第36節・磐田戦では、2018年8月15日以来となる対決が実現するかもしれない。

 その小野と同じく、1999年ワールドユースで大会ベストイレブンに選ばれたのが本山雅志だ。黄金世代の背番号10は、2015年まで所属した鹿島アントラーズでJ1通算365試合に出場(38得点)。2016年からギラヴァンツ北九州でJ2やJ3でプレーし、今季は所属なしとなったが、来季の現役続行に意欲を見せている。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/47ea85c6905982e2024f518ff084ee2e4361a932
no title

【悲報】黄金世代と言われたサッカー海外組、結局誰一人活躍できていない件  

no title




1: 風吹けば名無し 2019/11/08(金) 09:24:30.22 ID:pCPGLz+50
ちょっとここ数年ひどくないか?

世界2位になった第2GKの告白 「勝っても負けてもどうでもよかった」 

20190701-00864090-sportiva-000-1-view[1]

トルシエに頭をつかまれて バケツにつっこまれた男・永井雄一郎の回想 

20190603-00861600-sportiva-000-1-view[1]

熱血漢トルシエ「理不尽で激しい怒りは、いまならアウト」いかにして黄金世代を鍛え上げたのか 

20190424-00010006-sdigestw-000-1-view[2]

小野伸二が天才でなくなった日。「あのケガで、僕はすべてを失った」 

GettyImages-669564702




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/10(日) 13:13:39.00 ID:O7fLXtnf9
世界2位の快挙から20年……
今だから語る「黄金世代」の実態
第1回:小野伸二(3)

1999年ワールドユース(現U-20W杯)・ナイジェリア大会。U-20日本代表は、歴史的な快進撃を披露して決勝進出を果たした。

1999年4月24日、ワールドユース決勝のスペイン戦。累積警告による出場停止となった小野伸二は、ベンチでひとりだけ白いユニフォームを着て、ピッチで戦う仲間たちへ声援を送っていた。

開始5分、日本はGK南雄太がオーバーステップによる反則を取られてゴール前で間接FKを与えてしまい、早々に先制ゴールを許した。以降、スペインが完全にボールを保持。
シャビを中心としたパス回しに、日本はまったくついていけなかった。おそらく、スペインの支配率は70%を超えていたことだろう。

結局、日本は手も足も出ず、0-4という大敗を喫した。

小野は茫然と試合を見ていた。

「スペイン戦に関しては、日本の選手が力を出し切れていなかった、というのが間違いなくありました。初めての決勝の舞台、しかも相手がスペインということで、少し浮き足立っていた。

ただ、それを差し引いても、スペインはうまかったし、強かった。それまで戦ってきたチームとは違って、選手全員が堂々とプレーしていた。
ピッチ上で)戦った選手はそれを強く感じただろうし、いい経験になったと思うけど、僕は『優勝したかった』という気持ちが強かった。

やっぱり優勝しないと……。負けたら意味がないですし、このチームだったら優勝できるだろうって思っていたので、本当に残念でした」

チームの中には、準優勝で満足している選手もいたし、小野と同様、頂点に立てなかったことに悔しさを露わにする選手もいた。

しかし、当時の日本は前年に初めてワールドカップ(フランス大会)に出場したばかり。
サッカーの世界ではまだ”ひな鳥”みたいな国だった。U-20というカテゴリーではありながら、そんな国の代表チームがFIFA主催の国際大会で準優勝に輝いたのである。それは、世界に大きな衝撃を与えた。

「準優勝できたのは、運がよかったのもある。強豪のアルゼンチンやブラジルが勝ち上がってきませんでしたからね。
くに(優勝するためには準決勝で)ブラジルが勝ち上がってこなければいいな、と思っていたら、本当にそうなった。

あの大会では、自分が考えていることがそのまま現実になることが多くて、そのつど『これはイケるな』と思っていました。

あと、みんなが試合で自分の特徴を出して、力を出し切っていた。大会のベスト11には僕とモト(本山雅志)が選出されましたけど、日本の選手全員が選ばれてもおかしくないくらい、みんないいプレーをしたと思う」

それでも、スペインに圧倒的な差を見せつけられたのは確かだ。それから、小野の気持ちにも大きな変化が生じた。負けず嫌いの本能が喚起されたのだ。

「スペイン戦を終えて、もっとうまくなりたいと思ったし、世界にはまだまだうまい選手がたくさんいるなってことがわかった。それに、ただ楽しいだけじゃなく、もっともっと戦わないといけない、ということも感じた。

じゃあ、それを日本で……というと難しい。海外への意識がそこで生まれたし、(1年後の)シドニー五輪でまた世界と戦いたい、と思っていた。そこに向けては、実際にいい感じでやれていたと思います。あのケガをするまでは……」

http://news.livedoor.com/article/detail/16136135/
2019年3月10日 6時35分 Sportiva

https://www.youtube.com/watch?v=eDNeIN8AdE4


野伸二のサッカー人生を狂わせた最悪なタックル ●コンサドーレ札幌 ●サッカー日本代表

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1552176614/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索