Samurai Goal

鹿島アントラーズ


スポンサード リンク





<Jリーグ伝説の5チーム>強力な布陣、憎らしいほどに強い…歴史に残る最強のクラブは? 

1: 2018/11/27(火) 13:09:36.30 _USER9
Jリーグが開幕して25年が経過した。四半世紀の歴史の中で、後世に語り継ぐべきチームが生まれている。今回フットボールチャンネル編集部では、その時代における最強のJクラブを紹介する。

・ヴェルディ川崎(1993年)
no title


93年シーズン成績
・サントリーステージ:2位(12勝6敗)
・NICOSステージ:1位(16勝2敗)
・チャンピオンシップ:優勝
・リーグカップ:優勝
・天皇杯:ベスト8
監督:松木安太郎(日本/当時36歳)

1993年チャンピオンシップ(対鹿島アントラーズ)先発メンバー
GK:菊池新吉
DF:中村忠、柱谷哲二、ペレイラ、石川康
MF:ラモス瑠偉、パウロ、ビスマルク、北澤豪
FW:三浦知良、武田修宏

 25年目のシーズンが終わろうとしているJリーグ。史上最も華やかなチームは、1993年のヴェルディ川崎だろう。三浦知良、ラモス瑠偉、武田修宏、北澤豪など、どこを見てもスターばかり。日本代表が揃っている通り実力も申し分なく、産声をあげたばかりのリーグをけん引した。

 派手な身なりも世間の関心を誘い、サッカー界のみならず社会全体にも大きな影響を及ぼした。チャンピオンシップでは神様ジーコ擁する鹿島アントラーズを上回り、Jリーグ初代王者に輝いた。ちなみに、このタレント軍団の指揮を執ったのは、現在解説者としてお馴染みの松木安太郎氏だった。

・ジュビロ磐田(1999年)
no title


99年シーズン成績
・1stステージ:1位(勝ち点36/12勝0分3敗)
・2ndステージ:12位(勝ち点15/5勝1分9敗)
・チャンピオンシップ:優勝
・リーグカップ:ベスト8
・天皇杯:ベスト8
・アジアクラブ選手権:優勝
監督:桑原隆(日本/当時51歳)

1999年アジアクラブ選手権決勝(対エステグラル)先発メンバー
GK:大神友明
DF:服部年宏、鈴木秀人、田中誠、久藤清一
MF:名波浩、福西崇史、藤田俊哉、奥大介
FW:川口信男、中山雅史

 ヴェルディ川崎、横浜マリノスの時代を経て、Jリーグには新たな2強が君臨した。その一角がジュビロ磐田である。突出した『個』はチームの中でも力を発揮。本当の黄金期はもう少し先となるが、1999年の磐田も伝説的なチームだった。

 名波浩、藤田俊哉、中山雅史らが織りなす攻撃は抜群。2強を争った鹿島アントラーズとは異なるスタイルでリーグを彩った。ハイライトはアジアクラブ選手権優勝。過酷な環境での大会制覇はクラブ史に燦然と輝いている。その後、名波はセリエAでのプレーを経験して帰還。他の選手も成長し、2001年、伝説の『N-BOX』が生まれることとなる。

つづく

11/27(火) 10:00 フットボールチャンネル
https://www.footballchannel.jp/2018/11/27/post298818/

鹿島鈴木が地元愛爆発 MVP賞金全額でボール寄贈 

20181123-00400163-nksports-000-7-view

<セルジオ越後>鹿島と川崎を絶賛!「来季ACL準決勝でJリーグ対決を実現してほしい!」 

15_5051_02




1: 2018/11/22(木) 11:57:16.10 _USER9
サッカーファンには忙しい一日だった。11月10日、川崎がJリーグ連覇を決め、鹿島がアジアチャンピオンズリーグ(ACL)で初優勝を決めた。両チームにはおめでとうと言いたい。

鹿島はペルセポリス(イラン)との決勝第2戦を0-0で引き分け、2戦合計2-0として初のアジア制覇を達成した。第2戦は約10万人の観客が詰めかけた完全アウェー。それでも第1戦で奪った2点のリードが大きかったね。相手は焦りからかどんどんボールをタテに放り込んできて、鹿島にとっては守りやすい展開になった。

もちろん、鹿島の守備陣の頑張りは褒められるべきだ。ストッパーの昌子とチョン・スンヒョンはクロスをはね返し続け、ボランチのレオ・シルバと三竿は何度もピンチを未然に防いだ。大会MVPに輝いたFW鈴木も前線でボールを追いかけ、時には自陣まで戻って守備をするなど体を張った。守ると決めたら守る。それをチーム全体で徹底できたのが鹿島の勝因だ。

今季前半の鹿島は波に乗れなかった。でも今夏、ジーコがテクニカルディレクターとしてチームに復帰して以降は強さを取り戻した。主力の金崎、植田が移籍しても、途中加入のセルジーニョ、チョン・スンヒョンが穴を埋め、さらに故障から復帰した昌子が守備に安定感をもたらし、攻撃面では若手の鈴木や安部が勢いを与えた。

特に今季の鈴木の成長は目を見張るものがある。金崎が移籍して「自分がやらなければ」という気持ちが強くなったのかな。ロシアW杯後、Jリーグの話題がイニエスタとフェルナンド・トーレスばかりだったときも、そのふたりよりも継続していいプレーを見せていた。今やチームの顔。日本代表でもプレーする資格があると思う。

鹿島は懸念された過密日程もなんとかやりくりして、Jリーグの順位も来季ACL出場圏内に上げてきた。今季の頑張りはしっかり評価すべき。結果を出しながらも着実に世代交代も進めているし、来季以降も期待できるんじゃないかな。

一方、川崎は2試合を残して早々とJリーグ連覇を決めた。シーズン前半はもたついたけど、チームとしての完成度が高く、W杯後は圧倒的な強さを見せた。広島をはじめとしたライバルチームの自滅も追い風になったね。

中盤の(中村)憲剛、大島がゲームをコントロールし、家長や阿部がアクセントを加え、エースの小林が決める。両サイドバックのエウシーニョ、車屋の攻め上がりも破壊力がある。しっかりと守ってカウンターを狙うサッカーをするチームが大半のJリーグにあって、あの細かくボールを回す攻撃サッカーは独特で、見ていて面白い。

川崎といえば昨季までなかなかタイトルを獲れずに苦労していたけど、一回優勝したことで何かをつかんだのかもしれないね。

来季以降も彼らの攻撃的なサッカーはブレないと思うけど、選手層は決して厚くない。また、前線にベテランが多く、外国人枠も余らせている。当然、オフの補強がポイントになる。即戦力の日本人、将来性のある若手、大物外国人など、昨季と今季のDAZNマネー(優勝賞金)をどう使うのか。今度はアジアでも勝つためのチームづくりが求められる。

鹿島と切磋琢磨(せっさたくま)してJリーグを牽引(けんいん)するのはもちろん、ぜひACL準決勝で両チームの対戦を実現してほしいね。


構成/渡辺達也

11/22(木) 11:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181122-01075860-playboyz-socc

アジア王者・鹿島が苦戦の末、天皇杯4強入り 準決勝&決勝の日程が変更に 

20181121-00000170-spnannex-000-7-view

【ACL優勝・鹿島、選手泥酔で飛行機を遅らせた...目撃談を総合すると、当該人物は鹿島のA選手 

img_d8a903c37a639ea9ae1665ce76c4ac6f401691




1: 2018/11/20(火) 16:06:29.42 _USER9
11月10日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝を制し、初のアジア王者となった鹿島アントラーズ。だが、帰途のドバイで飛行機を足止めする騒動を起こしていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

 スポーツ紙デスクが語る。

「国内タイトルを19も持つ鹿島ですが、ACLだけは勝ったことがなく“内弁慶”と言われてきた。いわば悲願のタイトルでした」

 ACL決勝第2戦は、テヘランで行われた。

「イランの名門・ペルセポリスが相手で、まさにアウェー。ピッチ状態も悪く、ホーム&アウェーの第1戦で勝っていた鹿島は、シンプルに前に蹴り出す戦術で守備を徹底。狙い通りの引き分けで初優勝を勝ち取った。試合後は皆大喜びで、テクニカルディレクターのジーコは、中東でも監督経験があるため、イランでお酒がご法度なのを知っていながら『ビール持って来い!』とジョークを飛ばしていました(笑)」(スポーツ紙記者)

 翌々日の12日午前2時頃。鹿島の面々はイランから日本への乗り継ぎのため、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ国際空港にいた。

「エミレーツ航空の搭乗カウンターに、黒いジャージ姿の一団が『すぐ眠れるようにスッゴイ飲んできました!』と大騒ぎでやって来ました。驚いたのは1人が泥酔し、両脇を2人に抱えられて歩くことすらできず、口から涎か何か、液体を垂らしていたことです。差し出された水を飲むことすらできない有様で、バッグにアントラーズの文字がありました」(目撃者)

 カウンターの職員はしかめっ面で、泥酔男に搭乗拒否を告げたという。

「中東は酒に厳格な国もありますからね。ただイランよりも多少寛容なUAEでは空港内のお店などでは飲酒可能ですから、祝杯のつもりが飲みすぎたのでしょう」(同前)

 目撃談を総合すると、当該人物は鹿島のA選手とみられる。同選手が急きょ搭乗を取りやめたため、「荷物の運び出しを行う」旨、アナウンスがあったという。結局同便は約1時間遅れで離陸、到着も遅れた。

「私の知人は、九州へ行く予定だったのに乗り継ぎに間に合わず。私も予定のバスに乗れませんでした。なのに、一言の謝罪もなく、成田で偉そうに取材に応対している鹿島の選手の姿に憤りを覚えました」(乗客)

 この乗客は、憤懣やるかたなく、その後、鹿島に抗議の電話を掛けたという。「電話に応対した職員にこう言われました。『その選手は、時差ボケ予防の薬とともに酒を飲んだため、酩酊してしまったようです。本当に申し訳ございません』」

 11月19日、「週刊文春」は鹿島に事実関係の確認を求めたが、20日15時現在、回答はない。

 ACL初優勝の喜びを台無しにする、とんだ酩酊騒動であった。

11/20(火) 16:00配信 週刊文春
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181120-00009730-bunshun-spo

<キルギス>鹿島控え組に完敗…組織的な攻めなく実力に疑問符 所属なしが3人、GKはキックミス連発… 

team_kashima





1: 2018/11/18(日) 12:26:41.10 _USER9
◆練習試合 鹿島2―0キルギス代表(17日・カシマ)

 国際親善試合で日本代表と対戦(20日・豊田)するキルギス代表は17日、控え組中心の鹿島と練習試合を行い、0―2で敗れた。

 立ち上がりからACL決勝・ペルセポリス戦(11月3、10日)に先発出場したメンバーを全員ベンチ外とした鹿島に苦戦し、ボールをはね返すことで精いっぱい。前半だけで13本のシュートを浴び、セットプレーから失点した。後半もユース所属の高校生5人が並んだ実質“2・5軍”の鹿島から得点を奪えず、追加点を許した。

 組織的な攻めを展開する場面はなく、キルギスの実力には疑問符がついた。

11/18(日) 6:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000265-sph-socc

・所属クラブなしが3人、GKはキックミス連発…キルギス代表は控え組鹿島に0―2敗戦

 日本代表は15年アジア杯準々決勝(オーストラリア)で守りを固めたUAEにPK戦の末に敗戦。格下との対戦が多くなる来年1月のアジア杯を見据えたマッチメイクであることは明白だ。鹿島も先制点までにシュート11本を要し、5バック+2ボランチがゴール前に張り付く守備陣に手を焼いた。個の能力に秀でた2列目を長所とする日本代表も、ボランチやDF陣の攻撃参加がなければゴールをこじ開けることは容易ではないはずだ。

 しかしキルギスの来日メンバーには所属クラブなしが3人。GKは出場した3人全員がキックミスを連発した。アジア王者の鹿島は、同じく控え組中心で挑んだJ1C大阪戦(10月31日)、柏戦(11月6日)で連勝を飾るなどJ屈指の選手層を誇るが、後半開始からはユース所属の高校生5人が出場。それでも最後までキルギスに得点の匂いは感じられず、終了間際に追加点を許した。

11/18(日) 9:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00000076-sph-socc

ACL王者・鹿島、キルギス代表と練習試合実施…日本戦の3日前にカシマで 

20181116-00863900-soccerk-000-1-view

<日本勢ACL“2連覇”>韓国誌が母国の市場規模&競争力に警鐘!「劣勢に陥る可能性が高い」 

1: 2018/11/12(月) 23:33:52.34 _USER9
韓国メディアは鹿島の堅守と、GKクォン・スンテ&チョン・スンヒョンのコンビを称賛

no title



鹿島アントラーズは現地時間10日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝でペルセポリス(イラン)との第2戦で0-0のスコアレスドローとなった。2戦合計スコア2-0でクラブ史上初のACL制覇を達成し、12月のFIFAクラブワールドカップ(W杯)出場権を獲得。この快挙に韓国メディアも注目している。

【写真】「源くん泣かないの!」と同僚からツッコミ! 鹿島DF昌子がACL制覇メンバーでの歓喜の“ロッカールームショット”公開

 スポーツ紙「スポーツ韓国」は「Jリーグチームが2年連続でアジア王者を輩出した。同じリーグから2年連続で優勝チームが出たのは、2009年(浦項スティーラーズ)と2010年(城南一和)にKリーグチームがACL王者になってから8年ぶりのこと」と伝えた。また、ニュース総合サイト「イーデイリー」は「鹿島は鉄壁の守備で、2点を守り切ることに徹した。ペルセポリスは10万人の観客の声援を受けて、計6本の枠内シュートを打ったが鹿島のゴールを破ることはできなかった」と固い守備を評価している。

さらに、スポーツ誌「スポーツ朝鮮」は母国の2選手の活躍ぶりも伝えた。

「GKクォン・スンテ、DFチョン・スンヒョンが優勝に一役買った。二人とも決勝の2戦ともフル出場を果たした。特に2戦目の徹底した守備はとても印象的だった。クォン・スンテは度重なるピンチをスーパーセーブで切り抜け、過去Kリーグの全北現代在籍時に2度のACL制覇に続き、3度目のアジア王者を手にした。また、チョン・スンヒョンも鹿島の守備の中心選手として無失点に貢献し、11月の国際親善試合にも招集されている」

韓国専門家が分析「Jリーグの勢いは、整備されたシステムと資本が合わさった結果」

 こうしたJリーグの躍進について、「スポーツ朝鮮」は現地専門家に話を聞いて分析。「Jリーグの勢いは、整備されたシステムと資本が合わさった結果」と伝えている。

「Jリーグはイギリスのパフォームグループと2017年から10年間、2000億円の放映権の契約を結び、その結果、Jリーグクラブの資金の流れが良くなった。FCバルセロナからイニエスタや韓国代表クラスのGKが多くJリーグに流れ、観客数も伸びている」

 一方で、記事では盛り上がりを見せるJリーグに比べ、Kリーグの現実は厳しいという見方を示している。

「クラブの投資が縮小している。全北現代を除いたほとんどの企業クラブが予算を縮小させる傾向にある。Kリーグの観客数も2017年1部リーグは計148万人、1試合当たり平均6486人と集計されている」

 記事では最後に「KリーグとJリーグの市場規模は、すでに大きな差が開いている。この差が、競技力につながるのであれば、今後ACLはもちろん、A代表、そして年代別代表で韓国が劣勢に陥る可能性が高い」と専門家の声で締めくくっている。

 韓国にとっても、日本との差を痛感させられる結果となったようだ。

11/12(月) 6:01 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181112-00147230-soccermzw-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20181112-00147230-soccermzw-001-3-view.jpg

【セルジオ越後】10万アウェーで悪者になれる鈴木の度胸は大したもの。近未来のA代表入りを予感させるのは… 

20181112-00050159-sdigestw-000-2-view

<金髪の点取り屋FW鈴木優磨のチーム愛>夏場の海外クラブのオファー断る!「片手では数えられないほど」 

1: 2018/11/12(月) 08:02:20.22 _USER9
no title


◆アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦 ペルセポリス0―0鹿島=2戦合計2―0=(10日・テヘラン)

 【テヘラン(イラン)10日=岡島智哉】鹿島がペルセポリス(イラン)を2戦合計2―0で下し、クラブ史上初のアジア制覇に輝いた。国内主要タイトル19冠を誇る常勝軍団は、節目の20個目の栄冠を悲願のアジアタイトルで飾った。日本勢は昨年のJ1浦和に続き、大会2連覇。大会MVPには全14試合に先発出場したエースFW鈴木優磨(22)が選ばれ、12月にアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるクラブW杯の出場権も手にした。

 大会を通じて奪った得点は2点だけ。だが、全14試合に先発し、チームのために走り回ったエース・鈴木に、ご褒美が待っていた。大会MVP。「体を張ったり、結果だけではない部分を評価してくれたと感じている」。この日、鹿島の戦術は、「迷ったら優磨の頭めがけて蹴る」。持ち前のキープ力や、球際でのバトルを繰り返し、泥臭くVに貢献した。

 7歳から育ててもらった恩を、ACL制覇で返した。今夏、伸び盛りの22歳には、複数の海外クラブから獲得オファーが届いた。関係者によると「片手では数えられないほど」。だが、「男には去り際ってもんがある。(今夏は)リーグ戦の順位も低かったし、何よりACLを勝ち進んでいた。移籍することはできなかったっす」と残留。見事に結果を出し、大岩監督は「彼はエース。日本代表にも選ばれていますし、もっともっと成長できる」と、目を細めた。

 21日の天皇杯準々決勝から再び過密日程が始まるが、クラブW杯で初戦のグアダラハラ(メキシコ)を下せば欧州王者・レアルマドリードとの再戦だ。16年大会は決勝で対戦、準決勝の得点時に“C・ロナポーズ”を披露した鈴木は、「何と言っても相手がレアル。誰もが待ち望んだようなシチュエーション」と胸を高鳴らせた。さらに、「鹿島は一発勝負で尋常じゃない力を発揮するんで。みんなも知っているようにね」。アジア制覇で終わりじゃない。金髪の点取り屋は世界との対戦に向け、牙を研いでいる。

11/12(月) 5:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000027-sph-socc

【サッカー】<FW鈴木優磨>ACLのMVP受賞!日本人選手として史上4人目。全14試合にスタメン出場、前線の軸として奮闘し2得点をマーク
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541910865/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索