Samurai Goal

鹿島アントラーズ


スポンサード リンク





【ACL準々決勝】対戦カード決定!!鹿島は中国・天津権健と!韓国は潰し合いとなった 

20180523-
1   2018/05/23(水) 17:47:10.01 _USER9
5/23(水) 17:20配信
ACL準々決勝の対戦カード決定! 10年ぶり8強の鹿島、中国の天津権健と激突

ベスト16の上海上港に続き、中国勢と対戦へ

 アジアサッカー連盟(AFC)は23日、AFCアジアチャンピオンズリーグ準々決勝の組み合わせ抽選会を行い、Jリーグ勢で唯一勝ち残っている鹿島アントラーズは、天津権健(中国)と対戦することが決まった。

【写真】乾が内田との2ショット写真を公開「相変わらずかっこいいなぁ」

 決勝トーナメント1回戦で、上海上港(中国)を2戦合計4-3で破り、2008年以来10年ぶりのベスト8進出を果たした鹿島。日本勢として、昨年の浦和レッズに続く頂点を狙うなか、準々決勝の対戦相手は天津権健に決定し、再び中国勢と顔を合わせることになった。

 準々決勝の対戦カードは以下のとおり。

■西地区
エステグラル(イラン)vs アルサッド(カタール) 
レフウィヤ(カタール)vs ペルセポリス(イラン)

■東地区 
鹿島アントラーズ(日本) vs 天津権健(中国)
全北現代(韓国) vs 水原三星(韓国) 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180523-00105660-soccermzw-socc
no title

内田篤人、代表落選について前向きなコメント「鹿島に尽くす」 

1   2018/05/19(土) 00:59:52.86 _USER9
W杯南アフリカ、ブラジル大会でメンバー入りしたDF内田篤人(30)=鹿島=は、ロシアW杯を想定したガーナ戦(30日)の選考から漏れた。
W杯3大会連続出場を視野に入れ、今季ドイツ2部ウニオン・ベルリンから古巣・鹿島に復帰。過密日程の中で5試合連続先発出場するなど復調した姿を見せ、
日本代表のコンディショニングコーチらも視察を重ねていた。

15年6月に右ひざの手術を受け、約2年ピッチから遠ざかった影響は大きかった。内田は「自分はここまで(復帰過程を)最速で来られたと思っている。
そこまで落ち込んでいないよ」と現実を受け止めた。

落選の無念さよりも、ピッチに立てるようにしてくれた医療スタッフらに対しての感謝があるからで、
ブラジル大会の強行出場や手術の決断についても「後悔はない」と言い切った。

シャルケで同僚だったドイツ代表GKノイアー(バイエルン)も、負傷からのW杯出場を目指している。直前にはイベントに出席したノイアーから「ロシアで会えると嬉しい。
けがを克服し、強くなってW杯に参加できることを祈っています。ウシダ(内田の愛称)さん、頑張って」とエールを送られた。

そのノイアーに「あなたのプレーをW杯で見たいと待っているのはドイツ国民と僕だけではなく、世界中のみんながそう思っています。
ノイアーさん、頑張って」とエールを送り、最後には「鹿島のために全力を尽くしたい」と誓った。

5/18(金) 20:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00000256-sph-socc

写真
no title

鹿島から代表入りした3名が選出についてコメント 

kashimajpg_21whbyt9lc6z1adkpjmdj55cg

日本サッカー協会(JFA)は18日、日産スタジアムで30日に開催されるキリンチャレンジカップ2018のガーナ戦に臨む日本代表メンバー27名を発表した。
これを受けて鹿島アントラーズから招集されたDF昌子源、DF植田直通、MF三竿健斗の3名が、選出にあたってコメントを発表している。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00010003-goal-socc

【快挙】鹿島が上海破りACL8強入り!!疑惑の判定を跳ね返した!! 

GettyImages-959150950-800x531
1   2018/05/16(水) 22:58:59.86 _USER9
【上海上港 2-1 鹿島アントラーズ ACL決勝トーナメント1回戦2ndレグ】


7分 1-0 フッキ(上海上港)
42分 1-1 土居聖真(鹿島)
81分 2-1 フッキ(上海上港)

https://www.footballchannel.jp/2018/05/16/post269711/

ジーコ、西野監督に太鼓判!!「勝ち運持っている」 

jpn18051105000004-p1

 サッカーJ1鹿島OBのレジェンドで元日本代表監督のジーコ氏(65)が10日、Jリーグの25周年記念イベントなどに参加するため、成田空港着の航空機で極秘来日した。サンケイスポーツの単独直撃取材に応じ、6月のW杯ロシア大会に臨む日本代表の西野朗新監督(63)にエールを送り、チームの活躍に太鼓判を押した。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00000525-sanspo-socc

【動画】この鹿島サポーターのインタビューが面白すぎww 

2018-05-09-kashima-antlers_o51k9zkxa7wb1la3e314mkr5j

【朗報】鹿島「ACLベスト8」上海上港に快勝!!! 

20180509s00002181276000p_thum
1   2018/05/09(水) 20:52:44.09 _USER9
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが9日に行われ、鹿島アントラーズ(日本)が上海上港(中国)と対戦した。

 鹿島はアウェイの上海に先にチャンスを作られた。9分、自陣右サイド大きく空いたスペースでリュ・ウェンジュンがボールを持つとペナルティエリア内へ侵入。グラウンダーのクロスは昌子源がなんとかクリアするが、ペナルティエリア内でこぼれ球を拾ったオスカルにフリーでシュートを放たれる。しかし、これはクォン・スンテがファインセーブを見せ先制点を与えない。

 今度は鹿島にチャンスが訪れた。21分、金崎夢生のスルーパスに反応した西大伍が右サイドに空いたスペースへ抜け出し、早めにペナルティエリア内へクロスを送る。鈴木優磨が中央で待っていたものの、寸前でDFにクリアされてしまい、シュートまでたどり着けなかった。

 そして43分、鹿島がスコアボードを動かした。左CKから中央にボールが上がると、昌子が頭で合わせる。ゴールラインを割ったかに思われたボールをGKに掻き出されたが、詰めていた鈴木が右足で押し込んで貴重なゴールを奪った。

 後半に入ると、鹿島がさらに突き放す。49分、今度は右CKからボールがニアサイドに上がった。待っていた西が体にボールに当てると、目の前に転がったボールを蹴り込んで、点差を2点に広げた。

 さらに75分、敵陣左サイドを切り崩し中央にクロスを上げると、競り合いに行った鈴木が相手DFのオウンゴールを誘い、決定的となるチーム3点目を奪った。

 その後1点を返されるも、最後まで体を張り続けたディフェンスを徹底し、ホームで先勝を収めた。次戦、セカンドレグは上海上港のホームで12日に行われる。

【スコア】
鹿島アントラーズ - 上海上港

【得点者】
1-0 43分 鈴木優磨(鹿島)
2-0 49分 西大伍(鹿島)
3-0 75分 ユー・ハイ(オウンゴール)(鹿島)
3-1 76分 エウケソン(上海)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00755340-soccerk-socc

“因縁の対決”軍配は鹿島に!!オリベイラ監督、古巣に完敗 

5fdb354c3e69eed880bae0547f0ba570

[5.5 J1第13節 鹿島1-0浦和 カシマ]

 J1は5日に第13節を開催し、県立カシマサッカースタジアムでは鹿島アントラーズと浦和レッズが対戦。前半25分にFW金崎夢生のPKで鹿島が先制すると、そのまま逃げ切って1-0の完封勝利を収め、今季初の2連勝を飾った。

 ホームの鹿島は2日に行われた前節長崎戦(○2-1)から先発4人を入れ替え、FW土居聖真、MF永木亮太、MFレオ・シルバ、DF西大伍らがスターティングメンバーに名を連ねた。一方、前節川崎F戦(○2-0)でオズワルド・オリヴェイラ監督就任後、初白星を獲得した浦和は 同試合から先発1人を入れ替えてFW武藤雄樹らを先発起用した。

 07年から11年まで鹿島を率い、07年からJ1リーグ3連覇へと導いたオリヴェイラ監督が浦和の新監督に就任して、かつてのホームスタジアムへと戻ってきた注目の一戦は、全席種完売となって迎えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-01653430-gekisaka-socc

『因縁の対決』鹿島か!!浦和か!!両チームの分析結果 

2018-05-04-kashima-urawajpg_hpzophcedyj1zsttls9ozrm5

■鹿島アントラーズ 内田が鹿島復帰後初のフル出場、守備面に改善の兆し

【プラス材料】
 リーグ前節のホーム長崎戦に2-1で勝利し、名古屋戦以来となる4試合ぶりの勝利を挙げた。1失点を喫したものの、鈴木優磨、金崎夢生の両FWが得点を記録。特に改善が見られたのは守備面で、連戦中で修正が難しいなか、ボールを前から追う場面とブロックを作って奪う場面の選択がチームとして統一されていた。

 また、5試合連続先発を続けるDF内田篤人がシャルケから鹿島復帰後、初めてフル出場を果たし、鈴木の得点をアシスト。前につける判断スピード、パスの正確性は目を見張るものがあり、鹿島の攻撃の起点として機能し始めている。ACLのラウンド16が控えており、浦和戦を勝利し、弾みをつけたいところだ。

【マイナス材料】
 浦和はかつて鹿島を指揮したオズワルド・オリヴェイラ監督が率いる。かつて2007~2011年まで鹿島の監督として毎年タイトルをもたらしたレジェンドである。鹿島というクラブを熟知しており、対策を練ってくるに違いない。オリヴェイラ監督の長所として、分析力が挙げられる。対戦相手のストロングポイントを絞り、そこを消してくる。勝手知ったる鹿島の場合はその精度もかなり高まるだろう。

 その浦和は前節、昨季王者・川崎を相手にオリヴェイラ監督就任後初勝利を挙げており、勢いに乗っているはず。4試合ぶりの勝利を挙げ、上げ潮の鹿島と言えども、結果が出ない時の悪い癖、試合の入り方を間違えれば勝ち点3を勝ち取ることは難しくなる。

【続く】

文:totoONE編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00752612-soccerk-socc

【鹿島不調】“強豪クラブ”から一転、不調の原因はどこに? 

1c80302f-22aa-8816-c413-e929ad3eb031
1   2018/04/28(土) 23:12:15.09 _USER9
Jリーグを代表する強豪クラブであり、昨季も最終節まで優勝を争った鹿島アントラーズが苦戦を強いられている。
今季J1の11試合を終えた時点での成績は、クラブ史上ワーストに近いものだ。

28日に行われたJ1第11節の試合では、鹿島はアウェイで横浜F・マリノスと対戦。
ともに下位に低迷している「オリジナル10」同士の激突となったが、横浜FMが3-0で6試合ぶりの白星を挙げた。

この結果、鹿島は順位でも横浜FMに抜かれて15位に後退。11試合を終えて3勝3分け5敗での勝ち点12という成績にとどまっている。

1シーズン制の11試合を終えた時点で鹿島がこれを下回る成績だったことはリーグ史上わずか1回のみ。3勝2分け6敗の勝ち点11だった2012年が唯一の例だ。
順位は同じく15位だった。この年は最終的に、クラブ史上唯一の二桁順位である11位でシーズンを終えている。

低調な成績の一因は深刻な得点力不足にある。11試合を終えてわずか8得点という数字は今季の全チーム中最少。ワースト成績の2012年でさえも11試合で11ゴールを記録していた。
次節は5月2日、ホームで昇格組のV・ファーレン長崎と対戦。“常勝軍団”はその力を取り戻すことができるだろうか。

4/28(土) 21:30配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180428-00267374-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索