Samurai Goal

鹿島アントラーズ


スポンサード リンク





<鹿島アントラーズのザーゴ監督>言及したつなぐ理由「私はサッカーを殺さない」 

1: 2020/07/26(日) 07:51:11.15 _USER9
写真
no title


鹿島アントラーズのザーゴ監督は25日、オンライン取材に応じて明日26日にホームで開催されるFC東京戦への意気込みを語った。継続を強調しつつ、指導者の心構えと自身が信じるサッカーについても言及した。

一番足りないのは落ち着き

 前回のホームゲーム、横浜F・マリノス戦で5戦目にしてようやく今季初勝利を挙げたが、続く湘南ベルマーレ戦で0-1と惜敗。ここまで1勝5敗と調子が上がらない。これまでも「手応えを得ている」とザーゴ監督も繰り返し話してきたが、現状の問題点はどこにあるのか。あらためて、言及した。

「もっと落ち着いてプレーをしなければいけない。選手にはそれぞれ持ち場があり、その持ち場で自分の特長を発揮しなくてはなりません。マリノス戦は10回があって4点取りましたが、ベルマーレ戦は4回明らかなチャンスがありながら1点も取れなかった。ここ3試合はセットプレーからの失点も多い。練習はしているが、集中力や注意力がないところがある。

 いずれの試合でも自分たちが落ち着いてプレーできている状況がありながら、自分たちから冷静さを失ってミスが続き、相手に良い流れを渡してしまった。作ったチャンスをしっかりものにすることが重要です」

 なぜ冷静さを失ってしまうのか。前日、FW伊藤翔は「回すことにいっぱいいっぱいになっていて、相手にとって危険な場所にボールを入れられていない」と話したが、うまく「つなぐ」ために「位置取り」を優先し、その次の「ゴール」という段階まで進めていないのが現状と言えるかもしれない。

「データでもペナルティーエリアの横のスポットに進入する回数が一番多いチームでありながら、クロスの精度が良くない。グラウンダーか浮き球かの選択で、出し手と受け手の要求とタイミングが合わなかったり。それを合わせるためのトレーニングはやっているものの、試合ではそこで落ち着きが足りず、ミスキックになってしまうケースがある。

ファイナルサードに行けば、当然、相手が密集しているので、そこで判断と動作のスピードが必要。ワンタッチプレーやワンツーなどでほかのゾーンよりもスピードを上げなければいけないが、練習しているものの、なかなか実践できていない。一番足りないのは、落ち着き。練習ではできているのに、試合になると過度の緊張をしてしまう」

 スピードアップの段階でミスが出てゴールは生まれず、結局、流れを相手に渡してしまう悪循環。言わば自滅する形で、勝利をつかみ損ねているというのが、ここまでの指揮官の見立てだ。実際、そうしたケースは散見しているが、それでもなお、「つなぐこと」を押し進めるのは、なぜなのか。それは、自身のサッカー観にも起因する。「今後、対戦相手に引いて守れるケースが増えるのでは?」と問われたときに答えた。

「(今後は鹿島に対して)ほぼ全チームが守ってカウンターするような状況になってくるでしょう。でも、私はサッカーを愛する者として、それはサッカーに違反する心構えではないかと思う。

これは日本だけではなくて世界中でそうですが、能力のある選手たちがただ守って、相手のミスを待って、相手ゴールに迫るというのは見ていて楽しくないと思います。勝つことは非常に重要なのですが、サッカーというスポーツを殺してしまっている一つの要因ではないかと思っています。

 選手たちは今、一生懸命に私のアイディア、コンセプトを理解し、実行してくれています。私はサッカーを愛する者として、つないでいきたい。個々の選手が自分の持っているポテンシャルをボールを持っているときに発揮していく、それこそがサッカーの醍醐味であるし、当然、そこからゴールが生まれ、勝利を手にすることが一番目指すところです。選手たちがボールを持ったときに見せる技術やアディア、駆け引きがサッカーの醍醐味だと思っています」

7/25(土) サッカーマガジン
https://news.yahoo.co.jp/articles/ac8d216c2020c803dae71cdd0d3b27c38b877e99

<6連敗中の鹿島アントラーズのザーゴ監督>「現役含めて味わったことない」 

1: 2020/07/17(金) 22:58:46.83
今季就任し、公式戦6連敗中と勝ちなしの鹿島アントラーズのザーゴ監督は、18日の横浜戦に向けて
「これだけの連敗と無得点は現役時代を含めて味わったことがないが、こういう状況のときこそ落ち着いて、より良い判断をしたい」と話した。

この1週間はさまざまな選手の組み合わせを試したようで
「いろんなことを模索して選択肢を増やさないといけない」と言い聞かせた。

7/17(金) 19:06配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/b8550b421361d3cb0705784581b268762312d35c

no title

<泥沼開幕4連敗…>鹿島アントラーズはなぜ勝てない? 

1: 2020/07/13(月) 09:19:51.95
白星を手にできない。それどころか、ゴールすら奪えない。他のクラブの追随を許さない、史上最多となる8度のJ1リーグ優勝を誇る常勝軍団、鹿島アントラーズがクラブワースト記録を塗り替える開幕4連敗を喫し、単独最下位から抜け出せない未曾有の不振にあえいでいる。

 浦和レッズのホーム、埼玉スタジアムに乗り込んだ12日の明治安田生命J1リーグ第4節。放った4本のシュートは枠をとらえられず、後半7分にはセットプレーから失点。0-1のまま90分間を終え、制限付きの観戦解禁を受けて駆けつけた、3094人のレッズファンやサポーターを喜ばせた。

 2012シーズンの開幕3連敗を更新しただけではない。新型コロナウイルスによる中断前に行われたACLプレーオフ、YBCルヴァンカップのグループリーグ初戦を加えた公式戦でも全敗。6試合で奪ったゴールもわずかひとつだけで、それもオウンゴールという事実に深刻さが凝縮されている。

「五分五分だった前半から、後半は私たちが試合を支配し続ける、ほぼワンサイドの形になった。チャンスを作る、という状況にたどり着けなければ問題であり、いろいろと修正しなければいけないが、ご覧の通り私たちが表現しようとしているサッカーを、特に後半は見せられていた」

 試合後のオンライン会見で、今シーズンからアントラーズを率いるアントニオ・カルロス・ザーゴ監督は問題なしを強調した。しかし、確かに後半はより多くの時間でボールを支配したが、放ったシュートは3本にとどまっている。51歳のブラジル人指揮官はこんな言葉もつけ加えている。

「あれだけチャンスを作りながら、ゴールを決められないのが非常に難しいところでもある。相手のゴール前へいくと、急にゴールが小さく見えてしまうからだろうか。自信の低下というものもあって、なかなか決められない。ただ、この状態がずっと続くわけではないので、下を向く必要もない」

つづく

7/13(月) 5:01 THE PAGES
https://news.yahoo.co.jp/articles/a944918f893ab10159129aade19793c104e9d5c3

写真
no title

<DAZN>「スポナビ」と連携! 川崎フロンターレvs鹿島アントラーズの一戦が「スポナビ」で無料配信! 

20200703-00377190-usoccer-000-1-view




1: 2020/07/03(金) 19:10:26.71
スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は、スポーツナビ株式会社が運営するスポーツ総合サイト「スポーツナビ」と連携し、7月4日(土)に行われる川崎フロンターレvs鹿島アントラーズの一戦を無料配信することを発表した。

また、DAZNとパートナーメディアがJリーグを盛り上げるために立ち上げた「DAZN Jリーグ推進委員会」では、各メディアが総力をあげてJリーグ全56クラブに取材を実施し、「THIS IS MY CLUB -FOR RESTART WITH LOVE-」と題して「スポーツナビ」上で特設ページを公開している。

先週末の明治安田生命J2再開、明治安田生命J3開幕に続き、明日にはついに明治安田生命J1リーグも再開。スポーツがある日常がようやく戻りつつある中、この興奮をより多くのサッカーファン、そしてスポーツファンと分かち合うため、DAZNは「スポーツナビ」と連携し、7月4日(土)に開催される川崎フロンターレvs鹿島アントラーズの試合を「スポーツナビ」上にて無料配信する。再開節以降もJリーグの魅力をより多くの人に届けるべく、定期的に無料配信を行う予定です。

また、“Jリーグを盛り上げる"というビジョンのもとDAZNとパートナーメディアが昨年立ち上げた「DAZN Jリーグ推進委員会」では、各メディアがクラブのスタッフや選手総勢100人に取材を実施し、全56クラブの魅力に迫ります。DAZNと「スポーツナビ」はJリーグの魅力を共に伝えていくパートナーとして、このインタビュー企画を「THIS IS MY CLUB -FOR RESTART WITH LOVE-」と称し「スポーツナビ」上の特別ページでお届け。超ワールドサッカーも4クラブの選手、関係者へインタビューを実施している。

7/3(金) 18:50
https://news.yahoo.co.jp/articles/b4f1d163139976cf4ee706cbe2e7b46e7a1df93b

<鹿島アントラーズ>開始24時間で2000万円突破!ふるさと納税型クラウドファンディング 

1: 2020/06/17(水) 20:32:47.94
J1鹿島と茨城県鹿嶋市が16日に発表した「鹿島アントラーズクラウドファンディングプロジェクト」で、16日の午前10時からスタートした寄付金の総額が、開始24時間が経過した17日に2000万円を突破した。午後1時の段階で、401人から2119万円が寄付されている。

 目標金額は、スポーツ界のクラウドファンディングにおいては異例の1億円に設定されているが、目標達成の有無に関わらず集まった寄付金を受け取ることができる「ALL―IN形式」が採用される。期限は7月31日まで。

 寄付金は鹿嶋市「ふるさと納税」の対象となり、支援者には金額に応じて選手のサイン入りユニホームやトップチームコーチ陣とのサッカー交流、クラブOBとの座談会などの御礼(リターン)が予定されている。

 無観客試合や入場制限試合の開催で大幅な減収が見込まれるJクラブでは、札幌がクラブスポンサーの活動を後押しする企画を目標300万円で実施。16日現在、開始から12日間で目標を大きく上回る約4000万を集めている。大分もスタンドに設置する段ボールサポーターの制作費を含めた減収補てんを目標1000万円で行うほか、数クラブが導入を検討している。

6/17(水) 13:48 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/4843856decae8c9156862ec24edc314bd0767077

写真
no title

鹿島アントラーズ、歴代ガッカリ外国籍選手5人。ブラジル代表での輝かしい実績も、日本の常勝軍団では輝けず 

20200511-00010001-footballc-000-2-view




1: 2020/05/11(月) 07:40:18.25
1993年の開幕から28年目を迎えたJリーグでは、数多くの外国籍選手がプレーしてきた。
活躍した選手もいる中で、期待を大きく裏切って帰っていった選手も少なくない。今回フットボールチャンネル編集部では、
鹿島アントラーズで活躍できなかった外国籍選手を5人紹介する。※年齢は加入時、成績は札幌在籍時のもの。

モーゼル(ブラジル代表)
生年月日:1960年9月19日(34歳)
在籍期間:1995年7月~96年
Jリーグ成績:17試合出場0得点

ジーコとともに1981年のリベルタドーレスカップでフラメンゴを初優勝に導いたモーゼルは、リバプールとのトヨタカップを制して世界一に輝いた。その後はポルトガルのベンフィカやフランスのマルセイユでリーグ優勝に貢献するなど、輝かしい経歴を持っている。ブラジル代表にも長年に渡って名を連ねてきたモーゼルは34歳のとき、鹿島アントラーズのテクニカルアドバイザーに就任したジーコに誘われて日本にやってきた。

1年目は半年で15試合に出場したが、9月30日のベルマーレ平塚戦では7分間で立て続けに2枚のイエローカードをもらうなど、退場処分となることが多く、35歳となったモーゼルのパフォーマンスは全盛期とは程遠かった。翌96年は2試合に出場したのち、ケガを理由に現役を引退している。


●1995年の基本先発メンバー

▽GK
佐藤洋平

▽DF
内藤就行
秋田豊
奥野僚右
相馬直樹

▽MF
ジョルジーニョ
本田泰人
サントス
レオナルド

▽FW
長谷川祥之
黒崎比差支

https://news.yahoo.co.jp/articles/659115f47850908aa7849c31dc47f5dad44030eb
5/11(月) 7:22配信

<高円宮妃久子さまに不敬な態度>鹿島アントラーズ2選手が「ガム噛み」「メダル外し」で不機嫌な表彰式 

i=https%253




1: Egg ★ 2020/01/06(月) 18:40:20.35 ID:Cm470L/s9
1月1日、第99回天皇杯全日本サッカー選手権決勝が新国立競技場で行われました。結果はヴィッセル神戸が鹿島アントラーズを2‐0で下し初優勝。表彰式には、日本サッカー協会の名誉総裁を務める高円宮妃久子さまも参加され、両チームの健闘を讃えられました。

しかしそんな中で、準優勝となった鹿島アントラーズの一部選手の表彰式での態度が問題視されています。今回問題となっているのは、ブエノ選手と関川郁万選手の二人。

ブエノ選手は準優勝という結果が悔しかったのか、首にかけられたメダルをすぐに外し、握手する相手と目も合わせず、終始不貞腐れたような態度でした。そして、関川選手はガムをくちゃくちゃと嚙みながら表彰式に参加してしまったようです。

こうした二人の態度が映像で流れてしまい、ネット上で批判が殺到します。

Twitterなどでは、

「関川とブエノ、君達は礼節と言う物は知らないのかな? 試合に負けて悔しいのは言い訳にならんよ?」といった声をはじめ、

「ガム噛みながらの表彰式…ほんとガッカリ。厳しく注意と指導してください! ああいう規律乱すような選手は鹿島には不要」

「関川とブエノ失礼すぎやろ。負けたからってそれでふてくされてるのか知らないけどやってることガキと同じやん。厳正な対処を望む」

「関川は高二から将来楽しみにきてたけど今回の件でガッカリだわ。鹿島は新人の教育もできないクラブになったみたいだ」

「勝ち負けより大切なものがあるとおもうんだが? あんな態度を誰も注意できないのは本当に悲しいです」

「ガム噛んでるの誰も注意しなかったの? ゲーム中だけでなく普段から締まりのない空気なんだってよく分かった」

「鹿島サポだけど、さすがに関川のガム噛みながら表彰式に出たのは擁護できない」

などとといった声が寄せられました。

過去には、川崎フロンターレの一部選手が、表彰式にガムを噛んだり不貞腐れた態度で臨んだことが同じように問題視されています。この問題の際、川崎フロンターレは謝罪や賞金自主返還の申し出、問題の選手を出場停止にするなどの対応を行いました。

こうした前例がある中、同じような問題行動を所属選手がやってしまった鹿島アントラーズ。今後なんらかの対応を行うことはあるのか、注目が集まります。(文◎絹田たぬき)

2020年1月3日 14:28
https://www.excite.co.jp/news/article/Tablo_tablo_17518/

鹿島の選手が天皇杯表彰式でガム噛み&メダル外し。さらに皇族の方に対してガムクチャ片手握手で批判殺到 

名称未設定 2




1: 伝説の田中c ★ 2020/01/05(日) 22:00:20.80 ID:f99olTZr9
表彰式でガム噛み&メダル外しの関川とブエノ。

とりあえず、鹿島は新監督とか新戦力の前に
若手の教育をしっかりする事から始めようか
#天皇杯 #antlers
https://twitter.com/jobasannn1/status/1212288336435400704
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1212288126560849920/pu/vid/1280x720/CrTXlDviaisKf5D7.mp4


【悲報】
鹿島ルーキーの関川、ガムを噛みながら天皇杯の表彰式に参加をしてしまう。
https://twitter.com/gambalove12/status/1212286035368894464
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1212285977198129158/pu/vid/1280x720/UlFk09wHv9uePw6p.mp4



<過去の同様の事例>
川崎F「すべて非礼」と賞金5000万円返上
https://www.nikkansports.com/m/soccer/news/p-sc-tp0-20091106-563254_m.html
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

鹿島アントラーズ・ザーゴ新監督に問題発生!古巣が声明発表「必要なすべての措置を講じる」 

1: Egg ★ 2020/01/03(金) 22:31:51.22 ID:1olClp4W9
no title


ブラジルのブラガンチーノが、鹿島アントラーズの新監督に就任したアントニオ・カルロス・ザーゴ氏(50)に関する声明を発表した。

 鹿島は2日にザーゴ監督の就任を発表。しかし、ブラガンチーノはクラブ公式ツイッター(@RedBullBraga)を通じて、「アントニオ・カルロス・ザーゴ監督は2021年12月までレッドブル・ブラガンチーノと契約をしている(セリエA昇格後に更新されている)」と声明を発表した。

「契約解除による違約金について交渉されたが、合意に達していない。驚いたことに、彼自身のコメントとともに、鹿島アントラーズの公式発表を受けた。これは、監督自らの公的な辞任と理解した。したがって、契約解除事項が施行されるように必要なすべての措置を講じる」

 ブラジル『グローボ』によると、契約解除金は300万レアル(約8000万円)とのこと。現役時代に柏レイソルでもプレーしたザーゴ監督は「日本へ戻ることができ、嬉しいです。ブラジルのブラガンチーノを1部に昇格させ、忘れられないシーズンが終わりました。今度は鹿島で勝ち続け、シーズン終了後に優勝を手にできているよう、頑張ります」と意気込みを語っていたが、どのような結末を迎えるだろうか。

1/3(金) 21:55配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-43476562-gekisaka-socc

【サッカー】<鹿島アントラーズ>新監督にザーゴ氏が就任!「素晴らしい国に帰ってきた感じがします」ジーコTDとも契約を更新
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1577941448/

AFC、鹿島アントラーズに罰金1500ドルの懲戒処分  

20191122-43474244-gekisaka-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/23(土) 20:20:19.11 ID:jnADnxm79
 アジアサッカー連盟(AFC)が発表していた資料によると、鹿島アントラーズに1500米ドル(約16万3000円)の罰金が課されていたようだ。処分は10月23日付。懲戒事由は8月28日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第1戦のアウェー広州恒大戦で、後半のキックオフ時間が遅れたためとされている。

 また広州恒大には5000米ドルの罰金が課された模様。同クラブは10回目の常習違反となったため、金額が加重されている。その他、アルナスル(サウジアラビア)、アルワフダ(UAE)、アルアリサウジ(サウジアラビア)、アルサッド(カタール)、アルジャジーラ(ヨルダン)にも同様の事由による懲戒処分が行われている。

 また、鹿島のホームで行われた9月18日の準々決勝第2戦・広州恒大戦では、広州恒大のチームがキックオフ90分前にスタジアム入りしなかったとして、同クラブに罰金1500米ドルの処分。これも3度目の常習違反となったため、金額が加重されているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-43474244-gekisaka-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索