Samurai Goal

鹿島アントラーズ


スポンサード リンク





『レジェンド復帰』あのジーコが鹿島に舞い戻る!!「全身全霊を捧げる」 

no title
1 2018/07/17(火) 17:47:36.67 _USER9
ジーコ氏が鹿島のテクニカルディレクターに就任!レジェンドが16年ぶりに帰還「全身全霊を捧げる」
7/17(火) 17:20配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00010004-goal-socc

鹿島アントラーズは17日、ジーコ氏がテクニカルディレクターに就任すると発表した。契約期間は2018年12月31日まで。ジーコ氏は8月3日に来日する予定で、現場に帯同しながらチーム編成や強化に関するサポートを行うとしている。

65歳のジーコ氏は現役時代、ブラジル代表として活躍した。また、1991年に鹿島の前身である住友金属工業蹴球団に加入し、チームのレベルアップに貢献。Jリーグ開幕年の1993年、鹿島をファーストステージ優勝に導くなど、鹿島の基礎を築くことに尽力した。

指導者としては、2002年から2006年まで日本代表監督を務めたほか、フェネルバフチェ(トルコ)やオリンピアコス(ギリシャ)、イラク代表などを指揮した経験がある。

ジーコ氏は鹿島の公式サイトを通じ、以下のようにコメントしている。

「鹿島アントラーズからテクニカルディレクターのオファーを頂き、とても光栄に思うと同時に、日本滞在中に多くの幸せを与えてくれたクラブへ戻れる喜びでいっぱいです。すでに素晴らしい取り組みを行っているクラブに対し、自分が手助けできるという自信を持ってアントラーズへ戻りたいと思います。アントラーズのために全身全霊をささげ、一切の妥協はしません。選手、スタッフ、フロント、サポーター、すべてのアントラーズファミリーに感謝いたします。よろしくお願いします」

今季の鹿島は、AFCチャンピオンズリーグで準々決勝にコマを進めているものの、明治安田生命J1リーグでは14試合を終えて5勝3分け6敗、1試合消化が少ないながら11位と低迷している。ジーコ氏の加入が起爆剤となるか。

日本代表植田直通、鹿島アントラーズからベルギー1部に移籍決定!? 

00008651-G
1 2018/07/12(木) 04:01:27.81 _USER9
サッカー日本代表DF植田直通(23)=鹿島=がベルギー1部のセルクル・ブルージュから獲得オファーを受け、完全移籍へ向けた交渉が最終局面を迎えていることが11日、分かった。クラブ間ではすでに大筋合意に至っており、契約の細部やメディカルチェックなどを経て、近日中に両クラブから発表される。植田は16強入りしたロシアW杯でメンバー入りしたものの、出場なし。悔しさと危機感を胸に、戦いの場を欧州に移す。

 2022年カタールW杯の主力として期待されるセンターバックが海を渡る。セルクル・ブルージュから植田の完全移籍での獲得オファーを受け、交渉を開始。関係者によると、鹿島との契約解除に必要な移籍金(違約金)の満額を支払う提示を受け、クラブ間ではすでに合意に至っているという。セルクル・ブルージュは強豪クラブへの変貌を目指して数年前から長期的な強化計画をスタート。1部昇格を機にさらなる戦力補強を目指す中で植田の能力を高く評価し、複数年契約を提示したとみられる。

 植田はロシアW杯ではメンバー入りしたが、DF吉田麻也(29)=サウサンプトン=、昌子源(25)=鹿島=の牙城を崩せず、一度もピッチに立てなかった。かねてからの海外移籍希望に、今大会で味わった「悔しさ」と「危機感」が加わり、海外挑戦の決断を後押ししたようだ。W杯を終えて帰国し、7日に鹿島に合流した後は「もっともっとレベルを上げたい。このままじゃダメだという危機感を感じた」と明かしている。

 センターバックは周囲との綿密なコミュニケーションが求められ、屈強なFWと対峙(たいじ)する強さも必要なポジション。語学力や体格の面から日本人には不向きとされ、これまで欧州1部リーグでプレーしたのは元日本代表DF宮本恒靖氏、同DF中田浩二氏に加え、吉田、DF冨安健洋(19)=シントトロイデン=の4人だけ。だからこそ、4年後のカタール大会を見据える挑戦には大きな意味がある。

 W杯16強に進出した02年日韓大会、10年南ア大会直後は国内組登録メンバーの欧州挑戦が9例あり、今大会後も日本の奮闘ぶりが欧州スカウトの注目を集めている。ロシアW杯後、海外移籍“第1号”は、ピッチに立つことができなかった植田。南ア大会不出場に終わったDF内田篤人(30)=鹿島=、MF香川真司(29)=ドルトムント=もそれぞれ欧州移籍後に飛躍した。「僕はここが一番好き。落ち着く場所」と話す愛着ある鹿島を離れ、ベルギーから4年後のW杯のピッチを目指す。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000015-sph-socc

“驚異”『大迫勇也、柴崎岳、昌子源』を育てた鹿島の育成システムとは!? 

キャプチャ
1 2018/07/09(月) 18:51:13.62 _USER9
大迫勇也、柴崎岳、昌子源を飛躍させた鹿島アントラーズの驚異の育成システム
文=安藤隆人/サッカージャーナリスト
2018.07.08

ベスト16で終わったサッカー日本代表のFIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会。ラウンド16で強豪・ベルギー相手に2点のリードを守りきれず、
後半アディショナルタイムで逆転弾を浴びるという、まさに劇的な敗戦を喫してしまったが、大迫勇也、柴崎岳、昌子源の3人の存在がなかったら、
日本のここまでの躍進も、ベルギーとの死闘もなかっただろう。

大迫は初戦のコロンビア戦でのPKのきっかけを掴み、決勝弾を奪った。それだけでなく、ポーランド戦以外の先発した3試合いずれも、
1トップとして懐の深いボールキープとポストプレーで縦パスを集約して前線で起点をつくるなど、日本の中盤を活性化させるベースを生み出した。

柴崎は今大会のチームのMVPと言っていいほど、突出した存在感を見せた。常にピッチ全体を見渡し、
柔軟なボールコントロールと相手の守備の綻びを見逃さない正確無比な縦パスで、日本の攻撃のタクトを握った。
第2戦のセネガル戦では、長友佑都へ糸を引くようなロングパスを送り込み、乾貴士の1点目をアシスト。第3戦のポーランド戦では、中盤のスペースを埋める献身的かつ頭脳的な守備を披露。そしてベルギー戦では疲労の色が濃く、グループリーグで見せたようなパフォーマンスには至らなかったが、先制点となる原口元気のゴールは、柴崎の抜群のタメからの正確なスルーパスによってもたらされた。

そして、新たなDFリーダーとして名乗りを上げた昌子は、気迫溢れる守備と高い危機察知能力を駆使して、最終ラインを統率。
90分間声を出し続け、日本の攻撃時にこそ高い集中力を発揮し、相手のカウンターを警戒した。
コロンビア戦では相手のエース、ファルカオを封じ込め、ベルギー戦では世界トップクラスのストライカー、ルカクと対峙して一歩も引けを取らなかった。
W杯直前まで控えだったことが嘘のような存在感を見せつけた。

この3人の共通点は、高卒でプロ入りし、その最初に入団したクラブが鹿島アントラーズということだ。

http://biz-journal.jp/2018/07/post_23968.html

鹿島・柳沢コーチが辞任!不倫の代償はデカ過ぎた!? 

GettyImages-952396142-350x233_thum630
1 2018/06/08(金) 15:45:05.73 _USER9
6/8(金) 15:32配信
 鹿島アントラーズは8日、5日付の規律違反で自宅謹慎処分中の柳沢敦コーチから辞任の申し出があり、それを受理したことを発表した。

 4日の不倫報道を受けて、クラブは翌5日に柳沢コーチの自宅謹慎処分を発表。「2018年4月6日、J1第6節湘南戦の前日、遠征先のホテルにてチームに無断で第三者と会っていたため。一部週刊誌報道を受けて本人へ事情聴取を行い、規律違反を認めたため、処分を下した」と説明していた。試合前日、鹿島サポーター女性との密会が週刊誌に報じられていた。

 コーチを辞任する柳沢氏はクラブを通じてコメントを発表し、「今回の規律違反は、コーチの立場として許される行為ではありません。クラブに関わる様々な方々へご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。チームを離れることになりますが、今後も鹿島アントラーズの勝利を心から祈っています」と陳謝した。

 また、庄野洋代表取締役社長は 「この度、クラブとしてトップチームに関わる規律違反が発生したことを、重く受け止めております。今後、同様の事案が発生しないよう、再発防止の徹底に努めてまいります」とコメントを発表している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180608-01654783-gekisaka-socc

“奇跡の残留の立役者”豊川雄太がオイペンと2020年まで契約延長! 

f89fdf78
1 2018/06/06(水) 23:11:50.23 _USER9
 オイペンは6日、FW豊川雄太との契約を2020年6月30日まで延長したことをクラブ公式サイトで発表した。

 現在23歳の豊川は今年1月に鹿島アントラーズから、2019年6月30日までの契約でオイペンに完全移籍。2月17日のジュピラー・プロ・リーグ第27節ズルテ・ワレヘム戦に途中出場し、欧州デビューを飾った。チームは低迷が続き、最下位のままリーグ最終節に臨んだが、途中出場の豊川が3ゴール1アシストという圧巻の活躍で勝利に貢献し、チームを奇跡的な逆転残留に導いていた。さらにプレーオフでも4ゴールを記録し、半シーズンで12試合出場、7ゴール1アシストをマークした。

 クラブは公式サイトで、「オイペンのファンは、ユータ・トヨカワの契約延長を間違いなく喜んでくれるだろう。ファンはすぐに、機敏でパワフルな日本人に魅了され、投票ではシーズン最優秀選手トップ3に選ばれた」と伝えている。

 また、ディレクターのクリストル・ヘンケル氏は、「ユータ・トヨカワの契約延長は、クラブといい関係を築き、お互いを尊重していることの証だ。ユータ・トヨカワのようなストライカーはどこのクラブでも活躍できるだろう。彼がオイペンでもう2年間プレーしてくれることが嬉しいよ」とコメントした。

SOCCER KING

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00771521-soccerk-socc

ゲス不倫で“謹慎処分決定”鹿島・柳沢が規律違反を認める!!『急に・僕が・謹慎処分』 

キャプチャ
1 2018/06/05(火) 11:14:17.54 _USER9
http://www.so-net.ne.jp/antlers/news/release/65795

柳沢コーチへの処分について
2018年06月05日(火)

標記の通り、弊クラブ所属、柳沢敦コーチの規律違反に対する処分を決定しましたので、お知らせいたします。

■処分内容
規律違反による自宅謹慎処分(期間は未定)

■処分の理由
2018年4月6日、J1第6節湘南戦の前日、遠征先のホテルにてチームに無断で第三者と会っていたため。
一部週刊誌報道を受けて本人へ事情聴取を行い、規律違反を認めたため、処分を下した。

鹿島コーチ・柳沢に“不倫疑惑!?”「急に美人が来たの?」と揶揄されるww 

hqdefault
1 2018/06/04(月) 21:08:14.45 _USER9
元サッカー日本代表・柳沢敦、美人サポーターと不倫&発覚したそれ以上の衝撃

週刊女性2018年6月19日号
2018/6/4

 夜の街で見つけたその男の顔は、ほんの数時間前に所属チームが敗戦したとは思えないほどに綻んでいた。
現役時代のようなジャージ素材のラフな服に身を包んだ男は、渋谷区道玄坂のホテルに消えた。
時刻は深夜0時過ぎ。妻と2人の子どもは、今ごろ自宅のベッドの上だろう……。

梨花との交際を経て、モデル妻と結婚

「どうにも女の影がある。妻子ある身ながら、ときおり茨城県からわざわざ東京に出向いて密会している」

 元サッカー日本代表・柳沢敦についてそんな“警告”を耳にしたのは、今年の初め。
彼は現在、現役時代に活躍した茨城県鹿嶋市が本拠地の鹿島アントラーズでコーチを務めている。
20年来、鹿島を応援する女性は、

「昔から遊んでいたほうだけど、いまでも奥さんの目の届かない地方での
試合のタイミングなどに女性と会ってるってウワサをよく聞きますね」

 確かに彼は現役時代、ピッチの上だけでなく、その外でも数多くの“ゴール”を決めてきたことでも知られる。

「よく知られているのが梨花さんとの熱愛。交際していた'99年当時、
外出禁止にもかかわらず日本代表の合宿から抜け出して密会していたことが発覚し一時、代表をはずされました」(芸能レポーター)


http://www.jprime.jp/articles/-/12513
14年限りで現役を引退、現在は古巣の鹿島でコーチを務める柳沢
no title

“大きな損失”金崎夢生が鹿島からまたポルティモネンセへ復帰? 

13652_ext_04_0
1   2018/05/26(土) 08:19:51.78 _USER9
鹿島アントラーズのFW金崎夢生が、ポルトガル1部リーグのポルティモネンセへ復帰する可能性があるようだ。ポルトガル『ア・ボラ』が伝えている。

 金崎は2013年から2015年にかけてポルティモネンセに所属。54試合に出場して18ゴールを決めた。

 その後日本に戻った金崎だが、再びポルティモネンセへ行くことを希望しているという。ポルティモネンセ幹部が日本を訪れていることも、この移籍を後押しするとみられている。

 2017/18シーズンに中島翔哉が大活躍したポルティモネンセは、再び日本人選手の飛躍の舞台になるかもしれない。

 ただし、この移籍が実現すれば、鹿島にとって大きな損失となることは確実だ。同選手は今季J1リーグでここまで日本人選手トップの7得点を挙げている。

5/26(土) 7:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180526-00271158-footballc-socc

【ACL準々決勝】対戦カード決定!!鹿島は中国・天津権健と!韓国は潰し合いとなった 

20180523-
1   2018/05/23(水) 17:47:10.01 _USER9
5/23(水) 17:20配信
ACL準々決勝の対戦カード決定! 10年ぶり8強の鹿島、中国の天津権健と激突

ベスト16の上海上港に続き、中国勢と対戦へ

 アジアサッカー連盟(AFC)は23日、AFCアジアチャンピオンズリーグ準々決勝の組み合わせ抽選会を行い、Jリーグ勢で唯一勝ち残っている鹿島アントラーズは、天津権健(中国)と対戦することが決まった。

【写真】乾が内田との2ショット写真を公開「相変わらずかっこいいなぁ」

 決勝トーナメント1回戦で、上海上港(中国)を2戦合計4-3で破り、2008年以来10年ぶりのベスト8進出を果たした鹿島。日本勢として、昨年の浦和レッズに続く頂点を狙うなか、準々決勝の対戦相手は天津権健に決定し、再び中国勢と顔を合わせることになった。

 準々決勝の対戦カードは以下のとおり。

■西地区
エステグラル(イラン)vs アルサッド(カタール) 
レフウィヤ(カタール)vs ペルセポリス(イラン)

■東地区 
鹿島アントラーズ(日本) vs 天津権健(中国)
全北現代(韓国) vs 水原三星(韓国) 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180523-00105660-soccermzw-socc
no title

内田篤人、代表落選について前向きなコメント「鹿島に尽くす」 

1   2018/05/19(土) 00:59:52.86 _USER9
W杯南アフリカ、ブラジル大会でメンバー入りしたDF内田篤人(30)=鹿島=は、ロシアW杯を想定したガーナ戦(30日)の選考から漏れた。
W杯3大会連続出場を視野に入れ、今季ドイツ2部ウニオン・ベルリンから古巣・鹿島に復帰。過密日程の中で5試合連続先発出場するなど復調した姿を見せ、
日本代表のコンディショニングコーチらも視察を重ねていた。

15年6月に右ひざの手術を受け、約2年ピッチから遠ざかった影響は大きかった。内田は「自分はここまで(復帰過程を)最速で来られたと思っている。
そこまで落ち込んでいないよ」と現実を受け止めた。

落選の無念さよりも、ピッチに立てるようにしてくれた医療スタッフらに対しての感謝があるからで、
ブラジル大会の強行出場や手術の決断についても「後悔はない」と言い切った。

シャルケで同僚だったドイツ代表GKノイアー(バイエルン)も、負傷からのW杯出場を目指している。直前にはイベントに出席したノイアーから「ロシアで会えると嬉しい。
けがを克服し、強くなってW杯に参加できることを祈っています。ウシダ(内田の愛称)さん、頑張って」とエールを送られた。

そのノイアーに「あなたのプレーをW杯で見たいと待っているのはドイツ国民と僕だけではなく、世界中のみんながそう思っています。
ノイアーさん、頑張って」とエールを送り、最後には「鹿島のために全力を尽くしたい」と誓った。

5/18(金) 20:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00000256-sph-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索