Samurai Goal

鹿島アントラーズ


スポンサード リンク





鹿島アントラーズ、歴代ガッカリ外国籍選手5人。ブラジル代表での輝かしい実績も、日本の常勝軍団では輝けず 

20200511-00010001-footballc-000-2-view




1: 2020/05/11(月) 07:40:18.25
1993年の開幕から28年目を迎えたJリーグでは、数多くの外国籍選手がプレーしてきた。
活躍した選手もいる中で、期待を大きく裏切って帰っていった選手も少なくない。今回フットボールチャンネル編集部では、
鹿島アントラーズで活躍できなかった外国籍選手を5人紹介する。※年齢は加入時、成績は札幌在籍時のもの。

モーゼル(ブラジル代表)
生年月日:1960年9月19日(34歳)
在籍期間:1995年7月~96年
Jリーグ成績:17試合出場0得点

ジーコとともに1981年のリベルタドーレスカップでフラメンゴを初優勝に導いたモーゼルは、リバプールとのトヨタカップを制して世界一に輝いた。その後はポルトガルのベンフィカやフランスのマルセイユでリーグ優勝に貢献するなど、輝かしい経歴を持っている。ブラジル代表にも長年に渡って名を連ねてきたモーゼルは34歳のとき、鹿島アントラーズのテクニカルアドバイザーに就任したジーコに誘われて日本にやってきた。

1年目は半年で15試合に出場したが、9月30日のベルマーレ平塚戦では7分間で立て続けに2枚のイエローカードをもらうなど、退場処分となることが多く、35歳となったモーゼルのパフォーマンスは全盛期とは程遠かった。翌96年は2試合に出場したのち、ケガを理由に現役を引退している。


●1995年の基本先発メンバー

▽GK
佐藤洋平

▽DF
内藤就行
秋田豊
奥野僚右
相馬直樹

▽MF
ジョルジーニョ
本田泰人
サントス
レオナルド

▽FW
長谷川祥之
黒崎比差支

https://news.yahoo.co.jp/articles/659115f47850908aa7849c31dc47f5dad44030eb
5/11(月) 7:22配信

<高円宮妃久子さまに不敬な態度>鹿島アントラーズ2選手が「ガム噛み」「メダル外し」で不機嫌な表彰式 

i=https%253




1: Egg ★ 2020/01/06(月) 18:40:20.35 ID:Cm470L/s9
1月1日、第99回天皇杯全日本サッカー選手権決勝が新国立競技場で行われました。結果はヴィッセル神戸が鹿島アントラーズを2‐0で下し初優勝。表彰式には、日本サッカー協会の名誉総裁を務める高円宮妃久子さまも参加され、両チームの健闘を讃えられました。

しかしそんな中で、準優勝となった鹿島アントラーズの一部選手の表彰式での態度が問題視されています。今回問題となっているのは、ブエノ選手と関川郁万選手の二人。

ブエノ選手は準優勝という結果が悔しかったのか、首にかけられたメダルをすぐに外し、握手する相手と目も合わせず、終始不貞腐れたような態度でした。そして、関川選手はガムをくちゃくちゃと嚙みながら表彰式に参加してしまったようです。

こうした二人の態度が映像で流れてしまい、ネット上で批判が殺到します。

Twitterなどでは、

「関川とブエノ、君達は礼節と言う物は知らないのかな? 試合に負けて悔しいのは言い訳にならんよ?」といった声をはじめ、

「ガム噛みながらの表彰式…ほんとガッカリ。厳しく注意と指導してください! ああいう規律乱すような選手は鹿島には不要」

「関川とブエノ失礼すぎやろ。負けたからってそれでふてくされてるのか知らないけどやってることガキと同じやん。厳正な対処を望む」

「関川は高二から将来楽しみにきてたけど今回の件でガッカリだわ。鹿島は新人の教育もできないクラブになったみたいだ」

「勝ち負けより大切なものがあるとおもうんだが? あんな態度を誰も注意できないのは本当に悲しいです」

「ガム噛んでるの誰も注意しなかったの? ゲーム中だけでなく普段から締まりのない空気なんだってよく分かった」

「鹿島サポだけど、さすがに関川のガム噛みながら表彰式に出たのは擁護できない」

などとといった声が寄せられました。

過去には、川崎フロンターレの一部選手が、表彰式にガムを噛んだり不貞腐れた態度で臨んだことが同じように問題視されています。この問題の際、川崎フロンターレは謝罪や賞金自主返還の申し出、問題の選手を出場停止にするなどの対応を行いました。

こうした前例がある中、同じような問題行動を所属選手がやってしまった鹿島アントラーズ。今後なんらかの対応を行うことはあるのか、注目が集まります。(文◎絹田たぬき)

2020年1月3日 14:28
https://www.excite.co.jp/news/article/Tablo_tablo_17518/

鹿島の選手が天皇杯表彰式でガム噛み&メダル外し。さらに皇族の方に対してガムクチャ片手握手で批判殺到 

名称未設定 2




1: 伝説の田中c ★ 2020/01/05(日) 22:00:20.80 ID:f99olTZr9
表彰式でガム噛み&メダル外しの関川とブエノ。

とりあえず、鹿島は新監督とか新戦力の前に
若手の教育をしっかりする事から始めようか
#天皇杯 #antlers
https://twitter.com/jobasannn1/status/1212288336435400704
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1212288126560849920/pu/vid/1280x720/CrTXlDviaisKf5D7.mp4


【悲報】
鹿島ルーキーの関川、ガムを噛みながら天皇杯の表彰式に参加をしてしまう。
https://twitter.com/gambalove12/status/1212286035368894464
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1212285977198129158/pu/vid/1280x720/UlFk09wHv9uePw6p.mp4



<過去の同様の事例>
川崎F「すべて非礼」と賞金5000万円返上
https://www.nikkansports.com/m/soccer/news/p-sc-tp0-20091106-563254_m.html
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

鹿島アントラーズ・ザーゴ新監督に問題発生!古巣が声明発表「必要なすべての措置を講じる」 

1: Egg ★ 2020/01/03(金) 22:31:51.22 ID:1olClp4W9
no title


ブラジルのブラガンチーノが、鹿島アントラーズの新監督に就任したアントニオ・カルロス・ザーゴ氏(50)に関する声明を発表した。

 鹿島は2日にザーゴ監督の就任を発表。しかし、ブラガンチーノはクラブ公式ツイッター(@RedBullBraga)を通じて、「アントニオ・カルロス・ザーゴ監督は2021年12月までレッドブル・ブラガンチーノと契約をしている(セリエA昇格後に更新されている)」と声明を発表した。

「契約解除による違約金について交渉されたが、合意に達していない。驚いたことに、彼自身のコメントとともに、鹿島アントラーズの公式発表を受けた。これは、監督自らの公的な辞任と理解した。したがって、契約解除事項が施行されるように必要なすべての措置を講じる」

 ブラジル『グローボ』によると、契約解除金は300万レアル(約8000万円)とのこと。現役時代に柏レイソルでもプレーしたザーゴ監督は「日本へ戻ることができ、嬉しいです。ブラジルのブラガンチーノを1部に昇格させ、忘れられないシーズンが終わりました。今度は鹿島で勝ち続け、シーズン終了後に優勝を手にできているよう、頑張ります」と意気込みを語っていたが、どのような結末を迎えるだろうか。

1/3(金) 21:55配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-43476562-gekisaka-socc

【サッカー】<鹿島アントラーズ>新監督にザーゴ氏が就任!「素晴らしい国に帰ってきた感じがします」ジーコTDとも契約を更新
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1577941448/

AFC、鹿島アントラーズに罰金1500ドルの懲戒処分  

20191122-43474244-gekisaka-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/23(土) 20:20:19.11 ID:jnADnxm79
 アジアサッカー連盟(AFC)が発表していた資料によると、鹿島アントラーズに1500米ドル(約16万3000円)の罰金が課されていたようだ。処分は10月23日付。懲戒事由は8月28日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第1戦のアウェー広州恒大戦で、後半のキックオフ時間が遅れたためとされている。

 また広州恒大には5000米ドルの罰金が課された模様。同クラブは10回目の常習違反となったため、金額が加重されている。その他、アルナスル(サウジアラビア)、アルワフダ(UAE)、アルアリサウジ(サウジアラビア)、アルサッド(カタール)、アルジャジーラ(ヨルダン)にも同様の事由による懲戒処分が行われている。

 また、鹿島のホームで行われた9月18日の準々決勝第2戦・広州恒大戦では、広州恒大のチームがキックオフ90分前にスタジアム入りしなかったとして、同クラブに罰金1500米ドルの処分。これも3度目の常習違反となったため、金額が加重されているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-43474244-gekisaka-socc

<浦和レッズ>侮辱的行為の浦和レッズレディースサポーターを処分へ!ジーコの記念碑にイタズラ…  

20191016-00343186-footballc-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/10/16(水) 19:26:39.74 ID:3MDRBgy+9
浦和レッズは16日、2019プレナスなでしこリーグ1部第15節 INAC神戸レオネッサ対浦和レッズレディース戦で一部の浦和レッズレディースサポーターが鹿島アントラーズのジーコTD(テクニカルディレクター)記念碑にタオルマフラーやユニフォームをかけるなどの侮辱的行為をしたとして処分する意向を示した。クラブの公式サイトで発表している。

 今月14日にINAC神戸のホームゲームとして茨城県立カシマサッカースタジアムでINAC神戸対浦和レッズレディースの試合が行われた。試合はINAC神戸が2-1の勝利を収めた。だが、カシマサッカースタジアムに設置してあるジーコTDの記念碑に浦和レッズレディースサポーターがよじ登り、浦和レッズのユニフォームやタオルマフラーをかけるなどの行為を行なった。その様子がSNSにアップされ、情報が拡散されていた。

 浦和レッズの公式サイトは「本行為は、スポーツを愛する方々へのリスペクトを著しく欠いた行為であり、ジーコTD、並びに鹿島アントラーズの関係者様やファン・サポーターのみなさま、そしてサッカーに関わる大変多くの方に不快な思いを抱かせてしまったことを深くお詫び申し上げます」とコメントを発表した。

 また、すでにこの行為を行なったサポーターを特定し、事実確認などを目的とした聴取を開始。事実確認を行なった後、適正に対処すると発表している。

10/16(水) 16:52配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00343186-footballc-socc

【サッカー】<浦和レッズ>終盤戦に向けて公式声明!「なかなか言える状況ではないと自覚」「残留することは容易ではない..」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1571221262/

【サッカー】<浦和レッズ>台風19号で悲鳴!練習施設「レッズランド」が荒川から大量の水が流れ込み、水没したと発表...
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1570956357/

鹿島が上位対決制し単独首位浮上!J1優勝争いは混戦模様に…C大阪は連勝が5でストップ 

20191006-00010026-goal-000-2-view[1]

【J1試合結果】C大阪×鹿島 

201910060000618-w500_0[1]




1: 久太郎 ★ 2019/10/06(日) 16:56:50.57 ID:KJ5m9M0T9
C大阪 0-1 鹿島
[得点者]
06'犬飼 智也(鹿島)
スタジアム:ヤンマースタジアム長居
入場者数:23,001人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/100614/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

鹿島「16億円」は本当に“安すぎる”のか? 経営コンサルタントが語る買収の考え方 

20191005-00010001-realspo-000-8-view[1]

セルジオ越後「アジアのレベルは落ちてきている。最近は韓国勢がACLで軒並み早々に敗退しているし中国も...」  

1: Egg ★ 2019/10/04(金) 12:49:34.91 ID:E73VKtJk9
ACLでベスト4でも、興梠などベテラン頼みで…

ACLの準々決勝が行なわれたね。2戦合計スコアでレッズ対上海上港は3-3、アントラーズ対広州恒大は1-1。アウェーゴール数の差でレッズは準決勝進出を決め、アントラーズは敗退した

 まずレッズについてだけど、決して〝横綱″のように相手を圧倒できたわけではない。アウェーでの第1戦が2-2、ホームでの第2戦が1-1と、準決勝に進んだとはいえ一度も勝っていないからね。

 それに、J1では15位(26節終了時)という低迷を度外視してはいけない。思い返せば、17年にACLを優勝した時もリーグでは7位とパッとしない順位だったよね。

 近年の傾向から分かるのは、結局レッズには複数の大会を戦えるだけの戦力が揃っていないということ。つまり、人材不足なんだ。今季は開幕前にセレッソから杉本、レイソルから鈴木、マリノスから山中を獲得したけど、3人とも絶対的な地位は確立できていない。

 若手の台頭も橋岡くらいで、いつまでたってもベテランの槙野や興梠に頼ってばかり。前回にアジア制覇した時はラファエル・シルバが活躍したけど、今季はファブリシオがスタメンで出れていなくて、助っ人も上手く活用できていない印象だ。これじゃあ、ACLでベスト4でも、J1で下位に沈むのは当然だよね。

 そもそも、アジアのレベルは落ちてきている。最近は韓国勢がACLで軒並み早々に敗退しているし、中国もビッグネームの〝爆買い″が収まり始めてからは勢いが落ちている。

 上海上港もレッズとのACL準々決勝の第2戦で元ブラジル代表のフッキを出場停止で欠くと、まるで怖さはなかったからね。レッズはラッキーだった、という見方もできる。

 一方でアントラーズは、ACLの4日前に行なわれた、リーグでの首位攻防戦のダメージが大きかった。首位のFC東京戦を2-0で勝って勝点差を1に縮めたけど、この試合で白崎と三竿が負傷。このふたりをACLの広州恒大との第2戦で起用できなかったのは痛恨だった。

 だけど、ACLを勝ち進めば、連戦になるのは分かっていたこと。そもそもの敗退した原因を追究するなら、複数の大会を勝ち上がるための陣容を整えられなかったところにある。夏に海外に移籍した鈴木(シント=トロイデンへ)、安部(バルセロナへ)、安西(ポルティモネンセへ)を引き留められなかったよね。J1もACLも同時に上位を争うためには、彼らは不可欠な戦力だったはずだ。特に昨季のACL優勝でMVPに輝いた鈴木は、重要な人材だった。

 代わりにレイソルから小泉、グランパスから相馬、加入内定していた法政大の上田を前倒しで入団させて頭数は揃えたとはいえ、こうしてACLで敗退してしまえば、やっぱり鈴木、安部、安西の退団は痛恨だったと言わざるを得ない。

9/20(金) 17:05サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190920-00064370-sdigestw-socc&p=1

写真no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索