Samurai Goal

鹿島


スポンサード リンク





<鹿島どうした…>後半33分から3失点で札幌に逆転負け!ザーゴ監督「理想とするチームとは程遠い」 

1: 2020/03/21(土) 19:47:37.28
◇21日・トレーニングマッチ 札幌4-2鹿島(カシマスタジアム)

 サッカーのJ1鹿島は21日、本拠地・カシマスタジアムで札幌と練習試合(45分×2)を行い、4―2で敗れた。1―1の後半20分に右CKを東京五輪代表世代のDF町田浩樹(22)が頭で押し込んで勝ち越しに成功しながら逃げ切れず、終盤に連続3失点で手痛い逆転負けを喫した。鹿島は1月下旬のアジア・チャンピオンズ(ACL)プレーオフでメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に敗れるなど、公式戦3連敗中。リーグ戦中断を生かしてチームの立て直しを図りたかったが、“春まだ通し”といった様子だった。

 終盤の連続失点で試合巧者らしからぬ、まさかの逆転負けを喫した。新シーズンに入ってから、ACLプレーオフ、ルヴァン杯1次リーグ初戦、J1開幕戦を全て落とし、公式戦3連敗中の鹿島。リーグ再開に向け、練習試合といえども勝っておきたかったが、守備のもろさを露呈させた。

 失点はいずれも右からのクロスをヘッドで決められた3点とFKによる1点。2ー1とリードしながら逃げ切れず、後半33分、同43分、同47分と立て続けにゴールを割られた。

 センターバック町田は「あの(連続失点の)時間帯は雰囲気がふわっとしていた。クロスの対応やクロスを上げさせない守備をもっともっと厳しくやっていかなければいけない」と猛省した。1ー1から勝ち越し点を頭でねじ込んだ守備の要は自分が退いたその後の踏ん張りどころでの大量失点を悔しがった。

 天皇杯決勝(元日)まで戦った関係で、一部主力を除けば、オフはわずかに6日間しかなかった。疲労が抜け切れていない中で、ザーゴ監督による新体制がスタート。新戦力も多く加わったことから、チームとしての仕上がりは遅い。

 指揮官は「攻撃では非常にいい部分が出たが、守備のところでミスが多かった」と振り返り「自身が理想とするチームとは程遠い状況にあることは間違いない」と完成度の低さを強調。国内外主要タイトル20冠を誇る“常勝”軍団の立て直しには時間がまだまだ必要かもしれない。

3/21(土) 18:51配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200321-00010036-chuspo-socc

写真no title

札幌、元英代表FWジェイの2発で鹿島に4-2勝利 DAZN中継の練習試合は白熱の打ち合いに 

20200321-00252747-soccermzw-000-5-view




1: 2020/03/21(土) 13:45:11.23
鹿島がリードを奪う展開も、最後はジェイのゴールで札幌が勝ち切る
 Jリーグは新型コロナウイルスの影響で中断となっているなか、21日にJ1の鹿島アントラーズと北海道コンサドーレ札幌が練習試合を実施。その様子はJリーグを全試合中継するDAZNでも中継され、白熱した試合は札幌が4-2の勝利を収めている。

 札幌はDF田中駿汰(←大阪体育大)とMF高嶺朋樹(←筑波大)、鹿島はMF荒木遼太郎(←東福岡高)とルーキーも多くスタメンに名を連ねた。特に鹿島は荒木に加え、DF広瀬陸斗(←横浜F・マリノス)、DF永戸勝也(←ベガルタ仙台)、MF和泉竜司(←名古屋グランパス)、FWファン・アラーノ(←コリチーバ)、FWエヴェラウド(←シャペコエンセ)と6人の新戦力が先発している。

 試合は互いに後ろからボールをつなぐスタイルを貫き、相手のハイプレスと真っ向からぶつかり合う形となる。鹿島は前半10分、アラーノが高い位置でボールを奪ってカウンター。ペナルティーエリア内の荒木にスルーパスを通したが、シュートはDFにブロックされた。一方の札幌も同23分には右サイドのFKから日本代表FW鈴木武蔵がヘディングシュートを放ったものの、枠を捉えられなかった。

 その後も同31分には鹿島のエヴェラウド、同36分には札幌の鈴木がそれぞれ決定的なシュートを放っているが、いずれも枠の外。同45分に札幌MF荒野拓馬が負傷退場するアクシデントも発生するなか、前半を0-0のまま終えた。

 後半は早い時間帯に鹿島が先制点を奪う。同4分、日本代表MF三竿健斗がインターセプトから縦パスを送ると、これを受けたアラーノがペナルティーエリア内で仕掛けてシュート。これがゴール右隅に決まった。

 ここから試合は動きが活発になり、札幌も同18分、MF白井康介のクロスに鈴木がファーサイドで合わせて同点弾を記録。1-1となったのも束の間、2分後には右CKからDF町田浩樹のヘディングシュートが決まり、鹿島が2-1と再びリードを奪っている。

 試合終盤はゴール前でのシーンが多くなり、互いにヒートアップする展開に。そのなかで後半34分、札幌はゴール前で直接FKを獲得。キッカーを務めた鈴木のキックは鹿島MF遠藤康の頭に当たってそのままゴールインし、札幌が2-2の同点に追い付いた(記録はオウンゴール)。さらに同43分、札幌は途中出場の元イングランド代表FWジェイがヘディングシュートを叩き込み、最後に逆転に成功。試合終了間際にもジェイが決めて4-2とした。

 練習試合とは練習試合とは思えないほど白熱したシーソーゲームは、札幌が4-2で勝利を収めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200321-00252747-soccermzw-socc

<DAZN>3/21のJリーグトレーニングマッチ「鹿島vs札幌」独占配信!「キャプテン翼」一挙配信なども 

20200319-00103481-phileweb-000-1-view




1: 2020/03/19(木) 22:50:22.26
DAZN(ダゾーン)は、新型コロナウィルスの影響で各スポーツが中断していることを受けて、サッカーでは3月21日に開催されるトレーニングマッチ「鹿島アントラーズvs北海道コンサドーレ札幌」や、アニメ「キャプテン翼」全話を配信する。

鹿島アントラーズvs北海道コンサドーレ札幌の練習試合は、11時試合開始予定で、10時50分頃から配信を開始予定。解説は中田浩二氏、河合竜二氏、実況は河村太朗氏が担当する。

見逃し期間は通常のJリーグの配信と同様に原則30日間だが、Jリーグ再開まで視聴できるようにする。なお、今季のJ1/J2リーグ開幕戦の見逃し配信期限がまもなくに迫っているが、こちらの処遇については言及されていない。

サッカー関連コンテンツでは、「キャプテン翼」のアニメ最新作も全話にわたり一挙配信。毎日日替わりでプレミアリーグ レジェンドマッチとUEFAチャンピオンズリーグの昨シーズンまでの決勝を配信する「CLASSIC MATCHES」なども配信する。

そのほかJリーグ関連では、既報の通りTwitter上でのファン投票で選ばれた過去のコンテンツを再配信キャンペーンや、Jリーガーがモバイルゲーム「eFootballウイニングイレブン2020」で対戦する「THE PRE-MATCH」も提供。「Jリーグジャッジリプレイ」「オールゴールズショー」など従来からのコンテンツも引き続き配信していく。

3/19(木) 18:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200319-00103481-phileweb-sci

選手権Vの静岡学園が卒業式…鹿島入り松村に女子生徒の大行列 

1: 2020/03/05(木) 09:12:51.83
静岡学園高の卒業式が3日、同校で行われ、J1鹿島入りしたMF松村優太(18)が出席した。
選手権を制したサッカー部の仲間とつかの間の再会を楽しみ、「振り返ればあっと言う間でした。一生の仲間に出会えて、感謝しています」と笑顔を見せた。
歓喜の全国Vから2か月たっても人気は絶大で、サインや写真撮影を求める女子生徒の大行列ができた。

先月16日のルヴァン杯・名古屋戦で後半36分から公式戦デビュー。
だが相手との交錯で一発退場となり、ほろ苦い初陣となってしまった。「反省して今後あのようなことがないようにしたい」。
4日から鹿島の練習に合流。新型コロナウイルスの影響で公式戦は中断しているが「再開に向けていい準備をしていく。1日も早く結果を出していきたい」ときっぱり言い切った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200305-03050042-sph-socc
3/5(木) 9:04配信

https://amd.c.yimg.jp/amd/20200303-00010004-satvv-000-3-view.jpg
https://pbs.twimg.com/media/C500ulIWQAAevhI.jpg
no title

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/298000/297047/news_297047_1.jpg

<AFC発表の最新“クラブ力“ランキング>日本が堂々の首位浮上! チーム別では鹿島が2位、浦和が8位… 

1: 2020/02/28(金) 12:58:02.88
直近4シーズンのAFC主催大会が対象
no title


AFC(アジア・サッカー連盟)がマレーシア時間の2月26日、2020年シーズンとなって初の「AFCカントリー・ランキング」を発表。日本が堂々の首位に躍り出た。

 同ランキングは、過去4シーズンにおけるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)とAFCカップ(ランク15位~28位の国のクラブが参加)の各国代表クラブの結果をポイント化。2019年シーズン終了時点では1位・中国、2位・カタールの後塵を拝して3位に甘んじていた日本だが、今季に入って2016年シーズン分が対象外となり、代わって直近のACL第2節までの結果が反映され、首位奪取に至ったのである。

 今季ACLにはJリーグから横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、FC東京(鹿島アントラーズはプレーオフ敗退)が参戦し、3チーム合計でここまで5勝1分けの負けなし。2017年シーズンに浦和レッズが、2018年シーズンに鹿島がアジア王者に輝き、2019年シーズンは浦和が準優勝に終わった。上位を賑わせてきた日本勢が今回ついに、サウジアラビア、中国、韓国などを抑えてトップに立ったのだ。

 一方でクラブ・ランキングに目を向けると、首位が昨シーズンのACL王者であるアル・ヒラル(サウジアラビア)で、2位には鹿島が食い込んだ。ほかに日本勢では浦和が8位でトップ10にエントリーしており、川崎フロンターレ(14位)とサンフレッチェ広島(20位)も上位に顔を出している。

 AFCの「カントリー」と「クラブ」の両ランキング・トップ10は以下の通りだ。

【AFCカントリー・ランキング(2月26日更新)】
1位 日本 63.733ポイント
2位 サウジアラビア 60.550ポイント
3位 中国 59.467ポイント
4位 カタール 53.400ポイント
5位 イラン 49.450ポイント
6位 韓国 43.500ポイント
7位 タイ 37.200ポイント
8位 ウズベキスタン 30.350ポイント
9位 UAE 28.933ポイント
10位 イラク 27.167ポイント

【AFCクラブ・ランキング(2月26日更新)】
1位 アル・ヒラル(サウジアラビア) 107.00ポイント
2位 鹿島アントラーズ(日本) 102.50ポイント
3位 上海上港(中国) 100.66ポイント
4位 アル・ドゥハイル(カタール) 93.76ポイント
5位 アル・アハリ(サウジアラビア) 91.00ポイント
6位 ペルセポリス(イラン) 88.52ポイント
7位 広州恒大(中国) 87.66ポイント
8位 浦和レッズ(日本) 85.00ポイント
9位 アル・サッド(カタール) 82.76ポイント
10位 エステグラル(イラン) 80.02ポイント

2/28(金) 5:25配信サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200228-00010001-sdigestw-socc

<鹿島アントラーズ>3失点3連敗!クラブ史上初の最下位スタート.. 

1: 2020/02/23(日) 19:11:10.68
<明治安田生命J1:広島3-0鹿島>◇第1節◇23日◇Eスタ

鹿島アントラーズがサンフレッチェ広島との開幕戦に0-3で敗れた。今季はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフ、ルヴァン杯も含め、公式戦3連敗と散々のスタート。

ザーゴ新監督と11人の新加入選手で、新たに船出した常勝鹿島が、生みの苦しみに直面している。

   ◇   ◇   ◇

常勝軍団が3戦連続完封負けと苦しんでいる。広島に0-3で大敗し、クラブ史上初めて、リーグ最下位からのスタートを切った。過密日程による準備期間の不足など考慮すべき事情はあるが、結果という現実を突きつけられている。

“らしくない”ミスが目立った。1失点目はMF三竿が、3失点目は途中出場のMF名古が奪われたところからカウンターで食らった。どんなに劣勢でも、一瞬の隙を突いて1-0で勝ちきるのが“常勝鹿島”だったはず。今季就任したザーゴ監督は「ゾーンによってしてはいけないミスがある。1点目と3点目は、自分たちでコントロールしながらの判断ミス、動作ミス」と厳しく追及した。

不運もあった。前半3分にMFファン・アラーノが狙ったシュートは、右ポストに当たって跳ね返った。こぼれてきたところをMF和泉が狙ったが、今度は左ポストに阻まれた。勢いをもって試合に入ることはできたが、あと数センチの精度が足りなかった。

攻撃の組み立ては、徐々に形になりつつある。ボール保持率を上げ優位に立ち、失ったら連動したプレスで、高い位置で奪い返す。チームの方向性は見えているだけに、MF三竿は「やっていることは間違っていない」と唇をかんだ。

一方で、今季名古屋から加入したMF和泉は「結果という部分には、もっと厳しい目をもってやるべき」とも言った。すぐに結果が出るものでもないが、既にリーグが開幕したことも、忘れてはいけない。【杉山理紗】

2/23(日) 18:50配信日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-22230666-nksports-socc

【J1試合結果】第1節日曜昼2 横浜FM×G大阪、広島×鹿島 

20200223-43478477-gekisaka-000-2-view[1]




1: 2020/02/23(日) 15:57:33.04
横浜FM 1-2 G大阪
[得点者]
06'倉田 秋       (G大阪)
34'矢島 慎也      (G大阪)
74'マルコス ジュニオール(横浜FC)

スタジアム:日産スタジアム
入場者数:34,521人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/022302/live/#live

広島 3-0 鹿島
[得点者]
20'ドウグラス ヴィエイラ(広島)
25'レアンドロ ペレイラ (広島)
84'森島 司       (広島)

スタジアム:エディオンスタジアム広島
入場者数:18,713人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/022303/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

鹿島のルーキー松村優太の謝罪ツイート「危険なプレーでした」名古屋GKランゲラック「心配しないで」 

1: Egg ★ 2020/02/17(月) 09:30:53.93 ID:PW9E4FyX9
no title


名古屋グランパスのGKランゲラック(31)が16日、この日のルヴァン杯鹿島戦(パロマ瑞穂)で自身と交錯して一発退場となった鹿島のルーキーMF松村優太(18)に対してツイッターでメッセージを送った。

グランパスが1―0で勝利した試合では、後半45分にボールをキャッチしようとしたランゲラックに松村がスライディング。この日がプロデビュー戦だった松村に出場わずか9分でレッドカードが提示された。

 松村は試合後にツイッターで「危険なプレーでした。ランゲラック選手をはじめ、名古屋グランパスの皆様、ファン・サポーターの皆様には申し訳なく思っております。」と謝罪した。

no title


この約3時間後にランゲラックは「Everything is fine! Please don’t worry mate!(大丈夫だよ!心配しないでください)」と返信。苦いデビューとなった18歳を気遣った。

2/16(日) 22:54配信 中日スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-00010067-chuspo-socc

【サッカー】<鹿島アントラーズのMF松村優太(←静岡学園高)>デビューから9分で一発退場!名古屋グランパスGKランゲラックは激昂...
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1581852084/

<鹿島のMF松村優太(←静岡学園高)>デビューから9分で一発退場!名古屋グランパスGKランゲラックは激昂... 

1: Egg ★ 2020/02/16(日) 20:21:24.32 ID:Cyx17XKY9
[2.16 ルヴァン杯グループA第1節 名古屋1-0鹿島 パロ瑞穂]

 鹿島アントラーズのMF松村優太(←静岡学園高)が公式戦デビューからわずか9分で一発退場を命じられてしまった。

 今冬の全国高校サッカー選手権で静岡学園高の優勝に貢献し、2020年シーズンから鹿島でプロ生活をスタートさせた松村。16日に敵地で行われたルヴァン杯グループA第1節・名古屋戦(●0-1)の後半36分にピッチへ送られ、公式戦デビューを果たした。

 しかし、1点を追いかける後半45分にドリブルでPA内に進入し、流れたボールに滑りながら右足を伸ばした際、先にキャッチした名古屋GKランゲラックと交錯してしまう。足裏を向けられて接触したこともあってランゲラックが激昂し、両チームの選手たちが止めに入る中、主審に呼び出された松村はレッドカードを提示された。

 数的不利に陥った鹿島はそのまま敗戦。松村にとってはホロ苦いデビュー戦となった。

写真
no title


2/16(日) 16:19配信ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-43478237-gekisaka-socc

“新加入”昌子源が明かしたG大阪と鹿島の大きな違い「ヤットさんにモノを言える人がいない」 

1: Egg ★ 2020/02/15(土) 08:04:09.18 ID:vr1LzKEz9
「開幕前にしてはフワッとしている」

写真
no title

Jリーグのキックオフカンファレンスで取材に応じてくれたG大阪の昌子

「鹿島に恩は感じていたけど、タイミングもあって、ジュニアユースの時にお世話になったガンバに移籍することに決めました」

【キックオフカンファレンスPHOTO】ステージ編|イニエスタやカズが登壇!J1全18チームが一堂に集結!

 1年半プレーしたリーグ・アンのトゥールーズを退団し、2月3日にガンバ大阪と電撃契約を交わしたのが昌子源だ。比較的大人しかった今季の移籍市場で、最もインパクトを与えた移籍のひとつと言っていいだろう。

 7シーズン半に渡ってプレーした鹿島ではなく、ジュニアユース時代を過ごしたG大阪への復帰を果たした日本代表CBは、14日に行なわれたJリーグのキックオフカンファレンスのなかで、その新天地の印象をこう表現した。

「正直、思ったより静かだなと。開幕前にしてはちょっとフワッとしているかなと個人的には感じています。鹿島はもう少しピリッとしていた。これがガンバのスタイルなのかもしれないですけど……」

 なかでも気になったのは、練習時のこんな場面だった。

「ゴール前でミスをしてあわや失点というシーンがあって、結局ゴールにならなかったからなのか、(ミスをした選手に対して)誰も何もいわなかった。僕のなかでは、それはありない。まだリハビリをしてる立場だったんで、その時は言うのを我慢しましたが、『そんなプレーを試合でするのか』という感じだった」

 年齢に関係なく、指摘し合う。それが鹿島では当たり前だった。
 
「鹿島の時は(小笠原)満男さんにも言っていたし、満男さんもそれを期待してくれていた。ヤットさん(遠藤保仁)も同じ考えだと思う。ヤットさんにモノを言える人がいないような雰囲気になっていると思うので、そこは変えていきたい」

 気になった点は、キャプテンのDF三浦弦太やベテランのGK東口順昭に伝えている。逆に「弦太から『今日の練習ピリッとしてました?』と訊かれることもある」という。

「ガンバは4年ぐらいタイトルから遠ざかっていますが、優勝争いをしなければならないチーム。本来いるべき位置に戻さないといけない。攻撃的なイメージはありますけど、それも守備の安定があってこそ。その手助けを僕がしたい。セットプレーではゴールを狙いたいし、チームを勝たせられるセンターバックでありたい」

 豊富なタレントを抱えながら、2015年の天皇杯制覇以来、タイトルから遠ざかっているチームにとって、鹿島で数々のタイトルを獲得してきた男の加入は、計り知れないプラスアルファをもたらすかもしれない。

2/15(土) 6:10配信サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200215-00069712-sdigestw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索