Samurai Goal

鹿島


スポンサード リンク





鹿島新加入ピトゥカ「ジーコのように」 新加入会見で新天地の意気込み 

1: 2021/02/17(水) 19:04:26.95 _USER9
2/17(水) 16:58
スポニチアネックス

鹿島新加入ピトゥカ「ジーコのように」 新加入会見で新天地の意気込み
ビデオメッセージで意気込みを語った鹿島・ピトゥカ
 J1鹿島は17日、新加入選手会見をオンラインで実施した。今季は高卒、大卒6人が入団し、移籍加入は新外国人2人のみ。埼玉・昌平高から加入したMF小川優介(18)は体調不良で欠席し、政府による入国規制で未合流のMFディエゴ・ピトゥカ(28)、MFアルトゥール・カイキ(28)はビデオメッセージを送った。

 ブラジル1部の名門サントスから加入したMFピトゥカは「勝者のクラブでありワクワクしています。1日でも早くそのユニホームに袖を通し、誇りを持ってプレーしたいと思っています。今季の目標は優勝することであり、日本最大のクラブに行くのでそこで歴史を作りたい。他のブラジル人やジーコのようにクラブの歴史に名を刻みたい」とコメントした。

 また、サウジアラビアのアルシャバブから加入したMFカイキは「ビッグクラブでプレーできる機会を得て非常に喜んでいます。良い試合をしてゴールやアシストでチームを助けられる選手になりたい。また、クラブの目標であるタイトル獲得が重要。羅日してからチームメートと全力を尽くし、達成できるようにしたい」と、動画を通じて意気込みを語った。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/86fd1024e7fc374ee6e7a6740e252a0d89254b94

柳沢敦氏が鹿島ユース監督に就任! コーチにもOB続々登用 

スクリーンショット 2021-01-26 19.59.17

鹿島が破談となっていたサントスMFピトゥカを確保、サントス社長が明言 

スクリーンショット 2021-01-16 13.25.14

鹿島MFレオ・シルバがブラジル国内で新型コロナ陽性。発熱、咽痛、嗅覚異常の症状 

スクリーンショット 2021-01-15 20.43.10




1: 2021/01/15(金) 18:42:54.18 _USER9
鹿島アントラーズは15日、ブラジルに帰国しているMFレオ・シルバが同国内で前14日に新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定となったことを発表した。

クラブの発表によれば、レオ・シルバは昨年12月22日にブラジルに帰国。1月9日に発熱、咽痛を発症し、11日に抗原検査およびPCR検査実施したところ新型コロナ陽性の判定を受けた。

1月9日から14日にかけての経過、症状は以下のように記載されている。

■レオ・シルバの経過・症状
1/9(土)発熱、咽痛症状(体温:39.0℃)
1/10(日)嗅覚異常あり(体温:36.9℃)
1/11(月)抗原検査、PCR検査実施(体温:36.5℃)
1/12(火)嗅覚異常あり(体温:36.4℃)
1/13(水)抗原検査結果→陰性判定(体温:36.5℃)
1/14(木)PCR検査結果→陽性判定(体温:36.7℃)
・嗅覚異常はあるが、食欲不振等の症状はなし

レオ・シルバは現在、ブラジル国内の自宅にて静養し、体調回復に努めているとのこと。今後の来日スケジュールについては、本人の健康状態も含めて適宜、総合的判断に基づいて決定することが伝えられた。

また、クラブは「これまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策をさらに強化し、選手、スタッフ、関係者全員に再度感染症防止策の周知、徹底をはかってまいります」とした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/05b11ef46b4f9116b65491003fdee0929de3d74e

FW伊藤翔が鹿島から横浜FCに完全移籍!「2年間、お世話になりました」14試合1得点 

スクリーンショット 2021-01-15 20.22.50




1: 2021/01/15(金) 15:24:34.80 _USER9
横浜FCは15日、FW伊藤翔が鹿島アントラーズから完全移籍加入することを発表した。

Jリーグ移籍情報2020-2021|J1全20クラブの最新補強まとめ

高校卒業間近の2007年に当時フランス2部のグルノーブルと契約した伊藤。Jリーグ発足後初めて国内クラブを経由せずに海外でプロ契約を締結した選手となり、世間の注目を集めた。

しかし、それから1部に昇格するグルノーブルの中でほとんどアピールする機会は与えられず、2010年6月に清水エスパルスに完全移籍。その後、横浜F・マリノスで2014年から2018年にかけてプレーし、2019年に鹿島に完全移籍した。初年度は明治安田生命J1リーグ26試合で7得点を記録したが、2020シーズンは14試合1得点にとどまっている。

横浜FCへの加入が決まった伊藤は、クラブ公式サイトを通じて「毎年、クラブとしてステップアップしてきた横浜FCの一員になれた事を嬉しく思うと同時に、ピッチ内外で勝利に貢献できるよう頑張りたいと思います」と意気込んだ。

また、鹿島に向けては「2年間、お世話になりました。鹿島アントラーズとは別の道を歩む事になりますが、これから先も自分自身を磨いて人生を豊かにし、自分以外の人たちの人生にも良い影響を与えられる人間になれるよう頑張ります。ありがとうございました」と別れを告げている。

1/15(金) 15:09
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210115-00010017-goal-socc

15 FW

伊藤 翔
イトウ ショウ

1988年7月24日
184cm/76kg
血液型 AB
出身地 愛知

(C)Jリーグフォト
背番号 15
所属チーム FC FERVOR愛知-中京大付属中京高-グルノーブルフット38/フランス-清水エスパルス-横浜F・マリノス
主な経歴 -

鹿島 MFアルトゥール・カイキを完全移籍で獲得 

news_322033_1




1: 2021/01/12(火) 14:03:04.25 _USER9
1/12(火) 13:52配信
スポニチアネックス
 
 J1鹿島は12日、サウジアラビア1部アルシャバブからMFアルトゥール・カイキ(28)を完全移籍で獲得したと発表した。

 ブラジル出身のカイキは2010年にイラチSCでデビュー。コリヒーバ、フラメンゴ、シャペコエンセなどを経て18年にアルシャバブに完全移籍し、20年夏からブラジル2部クルゼイロに期限付き移籍していた。左サイドを主戦場とするアタッカーで、今季はクルゼイロで出場25試合で4得点を挙げていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6b155e960d20171acfaa5e6a29f1148468058e96

J1鹿島 ザーゴ監督続投「土台できている」「タイトル争いできる」ジーコTDも契約更新 

1: 2021/01/06(水) 12:07:48.97 _USER9 BE:844363951-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
1/6(水) 11:59配信
デイリースポーツ

 鹿島・ザーゴ監督

 J1鹿島は6日、ザーゴ監督の続投を発表した。就任1年目の昨季は序盤で苦しみながら持ち直し、18勝5分11敗で5位だった。

 ザーゴ監督はクラブを通じてコメントを発表。「昨シーズン作ったベースがあるので、チームの土台ができていると考え、嬉しく、自信を持っています。選手たちは昨シーズン当初に求めていたことが実行できるようになっているし、今シーズンはタイトル争いができると確信しています。チームはもっと強くなるため、キャンプで強化をし、良いスタートを切り、良い終わり方ができるようにしたいと思っています。あらためて、昨シーズンの応援ありがとうございました。今シーズンは素晴らしい年にできるよう、全員で努力していきます」と手応えを口にした。

 また、ジーコテクニカルディレクター(TD)との契約も更新。ジーコTDはクラブを通じて次のようにコメントした

 「また1年、鹿島アントラーズで仕事ができる喜びを感じています。私はこのクラブに誇りと、永遠の愛を持っています。今年は節目のクラブ発足30年で、創設のキックオフに関わった1人として感激深いし、クラブに感謝します。

 これまでクラブと素晴らしい関係を築き、会社としても新たな運営体制で取り組んでおり、今後も最大の努力をして良い方向に向かうことができればと思います。

 昨シーズンは成績だけを見れば良い結果とは言えませんが、良い学びができたと思います。本当に難しい年でしたが、2021年は物事が良い方向に向かい、アントラーズが優勝争いをして、タイトルを手にすることができると信じています。

 新たなフットボール、哲学が開花するのではないかと思います。また、ファン・サポーター、クラブが私に信頼を置いてくれたことに対し、感謝とともに最大の努力をし、再びアントラーズが日本一で居続けられるように頑張ります!」

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/9d9514362d8f3d7c6de1714cf79d7ff43be5dc18

<“常勝軍団”鹿島の41歳GK曽ケ端>現役引退を発表 地元クラブで23年「すべてが財産です」 

1: 2020/12/24(木) 15:32:24.13 _USER9
 J1の鹿島アントラーズは24日、元日本代表GK曽ケ端準が2020シーズン限りで現役を引退すると発表した。

 1979年生まれの曽ケ端は、98年の加入以来、鹿島一筋23シーズン在籍。J1リーグ歴代5位となる通算533試合に出場し、J1リーグ7回、リーグカップ5回、天皇杯4回を制し国内三大タイトルを合計16個手にするなど、輝かしいキャリアを歩んだ。

 また日本代表としても国際Aマッチ4試合に出場。オーバーエイジとして2004年アテネ五輪にも出場している。

 曽ケ端は鹿島を通じて「僕は鹿嶋で生まれ育ち、このまちに鹿島アントラーズが誕生し、始まりは一人のサポーターでした。それがユースに入り、プロになり、一つのクラブでここまで長くプレーできるとは想像もしていませんでした」とコメント。「鹿島アントラーズで獲得した数多くのタイトル、ともに戦った監督、選手、スタッフ、フロント、パートナー、自分と関わってくれた指導者、いつも支えてくれた両親、兄、妻、子どもたち、そしてファン、サポーターの方々、すべてが財産です。このクラブで勝利のためにプレーし、引退できることを、心から嬉しく思います。23年間、ありがとうございました!」と感謝の言葉で締め括っている。

12/24(木) 15:16 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/a288b8429c214afb754af4c5a793ab568789cc7d

写真
no title

5位フィニッシュでACL出場権ならず…鹿島のザーゴ監督「来季はタイトルを獲る」 

スクリーンショット 2020-12-19 20.58.17

鹿島FWエヴェラウドが鼻骨骨折整復手術 今週中に練習復帰 

スクリーンショット 2020-12-15 17.45.03




1: 2020/12/15(火) 14:05:01.11 _USER9
12/15(火) 14:00
スポニチアネックス
 
 J1鹿島は15日、FWエヴェラウド(29)が東京都内の病院で鼻骨骨折整復手術を受けたと発表した。

 エヴェラウドは前節12日のホーム清水戦で負傷。今季はここまで得点ランク2位の17得点を記録していた。クラブによると、今週中に全体練習の復帰を予定している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f3560878e5be3d7de8ab46aa144d0e9961a691dd



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索