Samurai Goal

鹿島


スポンサード リンク





鹿島アントラーに6連勝もたらした若き守護神GK「沖悠哉」「不敗神話気にしていない」 

1: 2020/09/19(土) 23:00:22.91 _USER9
[9.19 J1第17節 C大阪1-2鹿島 ヤンマー]

鹿島アントラーズのGK沖悠哉が不敗神話をまた一つ紡いだ。同じく好調の続くセレッソ大阪を破って6連勝を果たしたこの日は、後半に訪れたピンチを横っ飛びで連続セーブ。
1点リードを守り抜いた21歳の若き守護神は「相手が上位と分かっていたが、目の前の試合に勝とうという話をしていた中で、難しい試合を勝ててよかった」と前向きに振り返った。

2-1で迎えた後半25分すぎ、沖に大きな見せ場が訪れた。まずは26分、MF清武弘嗣のFKに反応したDFマテイ・ヨニッチのヘディングシュートが自身の左に飛んでくると、これを正確に高さを合わせて枠外に回避。
さらに28分、このCKを起点に飛んできたMFレアンドロ・デサバトの右足シュートも横っ飛びで阻止した。

このプレーにも盛り立てられたチームは終盤にもピンチを次々に迎えたが、クロスバーにも助けられて失点を許さず。厳しい過密日程で6連勝を果たした。
J1デビュー戦となった第9節鳥栖戦(○2-0)を勝利で飾り、正守護神の座についた第12節G大阪戦(△1-1)から6勝1分という好成績を残してきた沖は出場試合の無敗記録を9試合に伸ばした。

それでも沖は「不敗神話とか気にしていない」ときっぱり。現在の好パフォーマンスの秘訣は日々のトレーニングだという。
「いい状況で流れが来ていて、試合に出られていない選手がいる中、日頃の練習から手を抜くことはないし、先輩がやっているから自分もやらないといけない」と力強く語る。

沖の台頭によって「同じ鹿嶋市出身なので、小さい頃から憧れがあった」(沖)というレジェンドGK曽ヶ端準はベンチ外となり、元韓国代表のGKクォン・スンテも出場機会を失っているが、
「暑い中でも手を抜かずにやっている姿を見ると、自分は若いのでもっともっとやらないといけないと思う」という沖は「責任を持って試合に臨めている」と彼らの存在に後押しされているようだ。

だからこそ、この日の好セーブにも満足した様子は見せなかった。「セットプレーのマークの要求で厳しくつくことができたはずなので、もっとうまく未然に防ぐことができたと思う」。
シュートを打たれたこと自体を悔やんだ沖は「シュートストップはコースが甘かったのもあるので、反応できたのはいいけど改善する余地がある」とさらなるクオリティー向上を誓った。

9/19(土) 21:49配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/c28e00904f37fca28d73c07cc045f929eaa67ee5

写真
no title

<鹿島>5連勝も「ロッカーでの雰囲気あまり良くない」『こんなんじゃダメだよ』という声が聞こえた」 

スクリーンショット 2020-09-13 9.37.18




1: 2020/09/12(土) 23:10:06.47 _USER9
<明治安田生命J1:清水1-2鹿島>◇第16節◇12日◇アイスタ

鹿島アントラーズは5連勝で暫定5位に浮上したが、決勝点を決めたMF土居は「試合が終わった後の、みんなのロッカーでの雰囲気はあまり良くなかった」と明かした。

立ち上がりは清水エスパルスの勢いに押されたが、前半29分にFWエヴェラウドが、直後の32分には土居が得点して、2-0で前半を折り返した。

ところが後半は追加点を奪えず、34分に失点。文字どおりの辛勝に、終了のホイッスルが鳴っても選手に笑顔はなく、ザーゴ監督も「前半は相手を完全に支配してすばらしいものだったが、後半は別の流れになってしまった」と納得していない様子だった。

土居は「僕も1本ポストに当たったけど、チームもチャンスがあったので、欲を言えば追加点が取れたら、今日みたいに最後に苦しまず、楽に終われた試合なのかなと思う」と話した。さらに「ロッカーに帰ってきてからも、

『ダメだよ、こんな試合してちゃ』という声が聞こえました」と、5連勝とはいえ選手は良しとしていないことを強調した。

指揮官も「まだ理想には程遠い。微調整しながら、もう少し速く、横にコンパクトにしたり、攻守の切り替えの素早さを目指してやりたい」と、勝ってかぶとの緒を締めた。次戦までの1週間で、鹿島は築き上げてきたスタイルに磨きをかける。【杉山理紗】

9/12(土) 21:28
https://news.yahoo.co.jp/articles/1a0746dbb379784ad25317e149176fc308567b06

<鹿島>J1リーグ3年ぶり4連勝、最下位スタートもじわじわ浮上 ザーゴ監督「ここで止まってはいけない」 

1: 2020/09/09(水) 23:59:56.70 _USER9
◇明治安田生命J1第15節 鹿島2―1仙台(2020年9月9日 カシマ)

鹿島がJ1リーグでは3年ぶりの4連勝を達成した。

前半アディショナルタイム、裏へ抜け出したDF小泉がペナルティーエリア右奥から折り返し、最後はFWエヴェラウドが頭で合わせて先制に成功。
後半38分には途中出場のFW上田が豪快なミドルシュートを突き刺した。同42分にセットプレーから失点したものの、残り時間をうまく使って振り切った。

今季はクラブ史上初の最下位スタートを切るなど苦戦したが、戦術の浸透とともにじわじわと上位に浮上してきた。
ザーゴ監督は「序盤はサポーターを悲しませたが、今日は喜んで帰ってもらいたかった。
ここで止まってはいけない。5連勝を目指して準備を進めていく」と次節へ気持ちを切り替えた。

9/9(水) 22:44配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/a6674e88109c719950e00303009418938c35e5a1

写真
no title

<J横浜FC対鹿島>“疑惑ゴール”にJFA審判委員会が結論!「ハンドとすべき」新ルールが国内外で大きな混乱... 

スクリーンショット 2020-09-05 13.36.26




1: 2020/09/04(金) 22:26:05.96 _USER9
 日本サッカー協会(JFA)は3日、報道陣向けのレフェリーブリーフィングを開催し、J1第11節の横浜FC対鹿島アントラーズ戦で物議を醸したゴール判定について説明した。元主審で現JFA審判委員会トップレフェリーグループマネジャーの扇谷健司氏が「ハンドとすべきだと考えている」と述べ、ゴールは認められるべきではなかったという見解を示した。

 物議を醸したのは前半25分に生まれた横浜FCの先制ゴール。左サイドからの折り返しをFW一美和成が収めようとするも、鹿島DF町田浩樹がブロックしたボールが一美の手に直撃。その後、こぼれたボールをMF松尾佑介がつなぎ、最後はFW皆川佑介が押し込んだ。直後、鹿島の選手たちは一美のハンドを主張し、上田益也主審に詰め寄っていたが、ゴールは認められた。

 ここで「ハンドがあったか、なかったか」を判断する争点は主に2つ。一美の行為が「手や腕を用いて意図的にボールに触れる」ものであったか(①)、あるいはこの事象が「偶発的であっても、ボールが自分や味方競技者の手や腕に触れた直後に相手競技者のゴールに得点するか、得点の機会を作り出す」ものであったかどうか(②)だ。いずれかの要件を満たす場合、ハンドが認められてノーゴールとなる。

 JFAが今回作成した資料によると、①の要件については「ボールは後方から来ており、横浜FCの9番(一美)も予期できないものなので、偶発的に当たったと考えることができる」と“意図”を否定。一方で②の要件については「ハンドが起こってからゴールまでにボールが動く距離も短く、ハンドのあと2人の選手が関わってはいるものの、ゴールまでの時間も短いため『直後』と考えることができる」とし、ハンドにあたると判断した。

 つまり、本来であれば横浜FCの得点は認められるべきでなかったということになる。

◆混乱の背景は…
 もっともJリーグファンの間では、すでに「ハンドなし」が正しい判定だったという見解が広く共有されていることだろう。Jリーグ公式チャンネルで公開されている「Jリーグジャッジリプレイ2020」の第14回放送で、東京都審判委員長が「直後というところの解釈が難しいところ。得点の場面では『直後』ではない」「2プレー後なので得点でも良いと考えている」と見解を述べていたためだ。

https://youtu.be/J74xamEM0ys



 この食い違いはなぜ起きているのか。混乱の背景には、近年立て続けに行われてきたルール改正の影響がある。

 世界中のサッカー大会は国際サッカー評議会(IFAB)が制定する統一ルールである「競技規則」(英語では“Law of the Game”)をもとに運営されているが、IFABは2019年春、19-20シーズンに向けてハンドに関する大幅なルール改正を行った。「手や腕から相手チームのゴールに直接得点する」という事象に関し、無条件でハンドの反則を取ることで、「手や腕を用いて得点することは受け入れられない」というサッカーの競技理念を強調した形だ。

 またこれに加えて、手や腕にボールが触れた後に得点や、得点の機会が生まれた場合に関してもハンドの反則が取られる形となった。この「触れた後」にまつわる変更点が今回の混乱につながった主な要因だ。競技規則の文言は以下のとおりとなっている。


ボールが手や腕に触れた後にボールを保持して、またはコントロールして、次のことを行う。
・相手競技者のゴールに得点する。
・得点の機会を作り出す。

9/3(木) 17:45 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/04357bb7e3888621a6661210f8890cb0c137e08b

 

鹿島・内田篤人現役引退会見「鹿島以外で続ける選択肢はなかった」 

1: 2020/08/24(月) 14:26:17.85 _USER9 BE:753161356-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
8/24(月) 14:15
スポーツ報知

【鹿島】内田篤人現役引退会見「鹿島以外で続ける選択肢はなかった」
鹿島・内田篤人
 元日本代表DF内田篤人(32)が24日、オンライン上で引退会見に臨んだ。

 スーツ姿で登壇した内田は「こんにちは」と頭を下げると、「スタジアムで最後に話したことがほとんどなので、僕から何とかというのはほとんどありません。以上です」とさっそく質疑応答に移った。

 まず質問が飛んだのは、引退を決めた時期について。「昨シーズン終わった時に、もう契約はしてもらえないかなと少し思っていた部分はあって、その中でももう1年チャンスもらえたなという印象でした。強化部に伝えたのは、(12日)ルヴァン杯の後そのまま話をしに行きました。チームの助けになっていない、このまま契約を解除して引退させてほしいと言いました」。

 2006年に清水東高から鹿島入り。23日の試合後のスピーチでも“鹿島愛”を語ったが、「先輩たちがグラウンドでやるべきことをやってきたのを見てきた。(小笠原)満男さん、ヤナギさん(柳沢)(大岩)剛さん。鹿島の選手らしい立ち振る舞いを感じるものがあって。練習でもゲームでもけがしないように抑えながらというプレーが続く中で、その隣に立つのは失礼だと思うようになりました。鹿島の選手としてけじめをつけないといけないと思いました。たとえばカテゴリーを下げたり、移籍をしてという考えもあったかもしれないが、鹿島以外でやる選択肢はなかったので、ここで辞めさせていただきたいと思いました」

no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200824-08240140-sph-socc

鹿島の内田篤人が貫いた美学…”奇跡ラストマッチ”の感動スピーチで明かした32歳で電撃引退した理由とは? 

スクリーンショット 2020-08-24 11.29.28

引退する鹿島・内田篤人の“イイ人伝説” 敵サポーターも褒めたたえた 

スクリーンショット 2020-08-23 17.11.46

ラストマッチの元日本代表DF内田篤人はベンチスタート!鹿島がG大阪戦スタメン発表 

スクリーンショット 2020-08-23 17.25.08

「できないくせにと思われてもいいから…」内田篤人が伝え、鹿島に残したもの…担当記者コラム 

スクリーンショット 2020-08-21 14.11.32

鹿島 元日本代表のDF内田篤人が引退発表 膝手術からリハビリも…14年半年の現役生活に別れ 

スクリーンショット 2020-08-20 18.11.04




1: 2020/08/20(木) 17:25:42.99 _USER9
 鹿島は20日、元日本代表のDF内田篤人(32)が現役引退すると発表した。23日のリーグG大阪戦(カシマ)がラストマッチとなる。2015年に右膝の手術を受け、約1年9か月ピッチから遠ざかり、その後はリハビリと復帰を繰り返していた。今季はリーグ戦1試合、ルヴァン杯1試合の出場にとどまり、契約途中でありながら、鹿島に14年半年の現役にピリオドを打つことを伝えた。

 内田は2006年に清水東高から鹿島に加入。1年目の開幕戦でスタメンに抜てきされると、スピードと判断力を武器に主力に定着。07~09年の鹿島のJリーグ3連覇に貢献した。10年にドイツ1部シャルケへ完全移籍し、主力右サイドバックとして活躍した。10~11年欧州チャンピオンズリーグでは、日本人としては奥寺康彦(ケルン)に並ぶ4強入りを果たした。

 08年には北京五輪代表に選出され、A代表でも08年1月の国際親善試合チリ戦で19歳305日の若さでデビュー。10年南アフリカW杯、14年ブラジルW杯でメンバーに選ばれた。特に、チームが1次リーグ敗退したブラジルW杯で見せた闘志あふれるプレーは、海外メディアからも高い評価を受けるなど、サッカー人生のハイライトの一つに挙げられる。

 14年半の間に、ドイツ1部で104試合、J1で147試合、日本代表で74試合に出場した。前線に上がってクロスのイメージが強かった日本のサイドバック像。内田は、技術の高さと判断力でゲームメークに参加し、中盤で攻撃の起点にもなった。今では当たり前だが、日本では走りのような存在だった。23日のG大阪戦が見納めになる。

8/20(木) 17:20
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200820-08200115-sph-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索