Samurai Goal

鳥栖


スポンサード リンク





また鳥栖に「経営上の是正通達」 立て直しへ“監視の目”19年度20億円超赤字でJリーグに報告義務 

スクリーンショット 2020-10-02 21.51.40

<Jリーグ>鳥栖は東京遠征時にコロナ感染か…厚労省対策班からは飲水タイム危険性指摘受ける 

スクリーンショット 2020-08-25 21.46.36




1: 2020/08/25(火) 20:30:57.64 _USER9
 Jリーグは21日、29日に予定されていた湘南対鳥栖(BMWス)を延期すると発表した。新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した鳥栖が25日まで活動休止しており、十分な準備ができないと判断。9月5日の横浜C戦(駅スタ)から開催できる見通し。また厚生労働省のクラスター対策班の疫学調査では、感染拡大の原因とみられる行動も判明。リーグのガイドラインでは明記されていない点も指摘を受けるなど、感染対策の見直しが急務となった。

 鳥栖のクラスターによる影響はまだ続きそうだ。15日のG大阪戦からリーグ戦3試合を延期していたが、29日の湘南戦の延期も決定。21日にオンラインで会見した原博実副理事長(61)は「選手のコンディション、フットボールの観点からシミュレーションした結果、29日の再開は難しいと判断した」と説明。代替日は未定だが、4試合は中止ではなく開催する方針だ。

 10日に感染が発覚した金明輝監督(39)をはじめ計12人が感染し、Jリーグで初のクラスターとなった。保健所の指示により、アカデミーを含むクラブ全体が25日まで活動を休止している。リーグが17日に選手、スタッフ、職員、同居家族の計123人を対象に臨時で実施したPCR検査では全員が陰性。24日の検査で陰性が確認できれば、26日から練習を開始する予定だ。原副理事長は「9月5日(横浜C戦)は順調に練習できればいけると思います」と見通しを示した。

 今回のクラスターの全容も見えてきた。16日から厚労省のクラスター対策班が4日間の疫学調査を行い、クラブハウスの視察や選手らへのアンケートを実施。19日にリーグとクラブが受けた提言の中で、1日のF東京戦(味スタ)で都内に遠征した際に感染した可能性が高いと指摘された。

 一方、ガイドラインを順守していない事例が明らかになり、感染拡大の要因になった。スタッフルームでのマスクなしでの会話やビュッフェスタイルの食堂でのトングの共有、さらには家族以外との会食もあったという。

 また今季から前半と後半に1回ずつ設けられている飲水タイムでのマスクなしの指示出しも、危険性が高いと指摘を受けた。リーグの藤村昇司特命担当部長は「飲水タイムの指示はガイドラインで漏れているところ。対策班から指摘してもらった点は早期に全クラブで共有し、安全性の高い方へ進んできたい」と話した。ガイドラインの修正をはじめ、よりいっそうの感染対策が求められる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b5ba3832529cdd3c6b272055389dfa36123c405a

鳥栖のクラスターが引き金 Jリーグを襲う「スポンサー離れ」 

17595




1: 2020/08/16(日) 20:50:58.99 _USER9
 Jリーグが鳥栖の“クラスターショック”に揺れている。

 11日にJ1鳥栖は金明輝監督(39)の新型コロナウイルス陽性を発表。その後、チーム内感染が一気に拡大し、11人の感染者が出てクラスター(感染者集団)となった。鳥栖の今後3試合【明治安田生命J1第10節(15日・G大阪)、11節(19日・仙台)、12節(23日・札幌)】は中止となり、25日までチーム活動を完全に休止する。

 15日に対戦するはずだったG大阪・宮本恒靖監督(43)は14日、「われわれはJリーグの構成員というクラブとしての立場を受け入れて、次の日程にあわせていく」とコメント。運命共同体であることを強調した。

 Jリーグはクラスター防止に向けて必死の対策を講じながら試合を開催している。今季を成立させる条件を(1)それぞれのリーグにおける年間予定総試合数の75%以上(2)すべてのクラブについて年間予定総試合数の50%以上を実施するとしている。しかし、これが達成されなかった場合は一大事。スポンサー料の減額など一気に逆風が吹き荒れる。8社あるJリーグトップパートナーの中からは契約打ち切りの意向を示している企業もある。

 また、Jリーグの試合中止数が増えればサッカーくじ(toto)の売り上げにも響く。となればスポーツ振興、東京五輪に向けた強化費にも影響がでる。劣等生の鳥栖が引き金を引いたクラスターの傷は深い。 (編集委員・久保武司)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8d1676e12ceaabd294f7ee0b0c4b6fc53db59ee1

鳥栖に11人目のコロナ感染者…金監督の濃厚接触者が新たに1人陽性 

スクリーンショット 2020-08-15 8.58.36




1: 2020/08/15(土) 03:34:06.26 _USER9
8/14(金) 21:44
配信
ゲキサカ

 サガン鳥栖は14日、新型コロナウイルスの新たな感染者1人が確認されたと発表した。Jクラブ初のクラスターが発生しており、11人目の陽性者となる。

 保健所の指導のもとPCR検査を行った結果、新型コロナウイルス感染が判明した金明輝監督の濃厚接触者として11日から隔離措置が取られていたスタッフ3人のうちの1人に陽性反応が確認された。11日に保健所で行ったPCR検査では陰性だったが、14日の再検査で陽性が判明。36℃台だった朝の体温が13日に37.2℃まで上昇し、きょう14日は37.0℃。また、14日になってのどの痛みが出ているが、味覚嗅覚障害などの症状はないという。

 一方、13日に選手24人・スタッフ22人を対象にJリーグ公式PCR検査を実施した結果、全員の陰性が確認されたこともあわせて発表。鳥栖はクラスターが発生したことを受け、24日までトレーニングを休止している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/72ea3e0535daa2bdb3f20931aeee33ff64b6e174

J1鳥栖クラスター 佐賀県知事「徹底的に調査」 行動歴の確認急ぐ 

1: 2020/08/14(金) 09:43:00.11 _USER9 BE:787711389-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
8/14(金) 9:41配信
毎日新聞

対策本部会議の後、「感染者を特定する行為は慎んでほしい」と呼び掛ける山口知事=佐賀市で2020年8月13日午前11時9分、竹林静撮影

 佐賀県は13日、新たに小城市の40代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。サッカーJ1・サガン鳥栖の選手ら10人でクラスター(感染者集団)が発生したことを受け、山口祥義知事は同日の対策本部会議で「徹底的に調査をすることに尽きる。サッカー界のためにもサガン鳥栖と連携しながら対応する」と述べた。県内の感染者は計173人。

【図解】暑い日のマスクで熱中症のリスク

 12日に陽性が判明したサガン鳥栖の選手6人とスタッフ3人は、いずれも20~30代の男性で、鳥栖市5人▽基山町2人▽佐賀市、福岡市各1人――。このうち8人は7、8両日に茨城県へ遠征。その後、全員で11日まで県内のトレーニングに参加していた。2人には同日に発熱や下痢の症状があったが、他の7人は無症状という。

 山口知事は選手らの感染について、「Jリーグの試合が再開されただけに大変残念だ」と語った。県は感染経路を調べるとともに感染者の行動歴の確認を急いでいる。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/41a5039ba927073cd3e695193f76af0125af6e15

J1鳥栖、活動停止へ 感染者は10人 クラスター認定 

スクリーンショット 2020-08-13 5.47.20




1: 2020/08/12(水) 23:24:59.31 _USER9
 サッカーのJ1鳥栖は12日、オンライン上で会見を開き、抗原検査による新型コロナウイルス感染症の陽性が確定していた2人に加え、陽性疑いとなっていた7人もPCR検査の結果として、確定陽性となったと発表。
11日に陽性が発表された金明輝監督に引き続き、クラブ内で同時に10人の感染者が出た。

 同日夕に佐賀県が行った会見で、今回の事例をクラスター(集団感染)が発生したという認識を示したことを受け、竹原社長は「今は感染拡大を広げないという意識でいる」。
そして「結果から見ると、起こるべくして起こってしまったというところがあるかもしれないが、この中の選手には、クラブハウスと家以外は一切行っていないという選手もいる。
(現時点では)私たちしか(クラスターが)出ていないが、どのクラブで起きてもおかしくはない」と語った。

 Jクラブとして、初のクラスター発生。同社長によると、保健所からは活動の自粛を求められたといい、期間は定めないが当面の間はトップチームの活動を停止するという。
感染者を隔離し、検査結果で陰性だった選手・スタッフで練習を行うことについては「感染経路も確定できていない。他クラブとは違う」と語り、練習場や自宅外での個人練習も控える方針を示した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5efe98dad9868d4117476920bfff555994696f39
引用元:デイリースポーツ

ルヴァン杯の広島vs鳥栖が開催当日に中止決定…鳥栖にさらなる新型コロナウイルス陽性者 

スクリーンショット 2020-08-12 17.00.56

J1鳥栖・竹原社長、市の5600万円支援に謝意「心配していることは起こらない」 佐賀県からも1億円の支援 

スクリーンショット 2020-08-09 15.59.37




1: 2020/08/09(日) 15:52:05.44 _USER9
 J1鳥栖の竹原稔社長(59)が5日、懸案となっている新規大口スポンサー獲得について、「スポンサーの発表はタイミングを待っている」と強調した。竹原社長は今年、何度か新規大口スポンサーの発表を示唆しているが、具体的な企業名への言及はない。

 この日は、プロスポーツへ5600万円の支援を決めた鳥栖市の橋本康志市長を表敬訪問。鳥栖市役所で「大切に使わせていただく」と謝意を述べ「市や県からご支援もいただいているし、皆さんが心配しているようなことは起こらない」と述べた。クラブは佐賀県からも1億円の支援を受けている。

 鳥栖はスポンサー収入の低迷が響き、2019年度決算で20億円を超える赤字を計上。竹原社長は「スポンサー問題が一番」と認め、胸スポンサーを含む「すべて」という大口スポンサーと「腰を据えて来季も見据えた話をしている」と明言した。

8/6(木) 8:23
スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/c28cf8290a895dd2ee5857dd065b51a58f98e230

鳥栖戦で肘打ちのFC東京レアンドロ…後日裁定か?原副理事長「激しく、でも汚いプレーはやってほしくない」 

1301560_l




1: 2020/08/07(金) 20:35:45.12 _USER9
気になったジャッジを徹底解説する「Jリーグジャッジ リプレイ#11」がDAZN(ダゾーン)で配信中だ。今回は、明治安田生命J1リーグ第8節でサガン鳥栖がFC東京に3-2で勝利した一戦から、後半序盤にレアンドロがファウルしたシーンを取り上げる。

番組には、Jリーグの原博実副理事長、Jリーグウォッチャーの平畠啓史さんに加え、東京都サッカー協会審判委員長の牧野明久氏が初登場。桑原学さんMCのもと、SNSで反応が多かったシーンをピックアップして議論を行った。
満場一致でイエローが妥当

話題となっているのはFC東京vs鳥栖の51分のシーンだ。FC東京が左サイドから攻め込んでいくところ、最終的には永井謙佑のクロスがクリアされてプレーが切れたが、その前にレアンドロがボールと関係ないところで鳥栖MF樋口雄太に対して肘を当てるような動作。このプレーに副審がフラッグを上げており、主審が協議した結果、ファウルの判定となった。

レアンドロはこの試合ですでにイエローカードを貰っており、警告であれば退場という場面だったが、ノーカードの判断が下されている。ファウルだったことは前提として、SNS上ではカードが出なかったことに対しての議論が生まれた。

この場面を映像で確認した平畠さんは、率直な意見を述べてカードが出てもよかったのではないかとの見解を示す。

「まず、必要のない行動というかアクションだと思うんです。たくさんのカメラで中継していて、絶対に映されるのって分かるじゃないですか。感情的にパッションが上がっているのは分かるんですけど、やっぱりやめるべきなんじゃないかなって。カードが出ても仕方ないのかなと僕は思います」

また、平畠さんはSNSで挙がった「選手が倒れて副審がフラッグアップ。その後プレーが止まり、主審と副審が協議して結果的にノーカードの判定。このような場合、どのような過程で判断が下されるのか」という疑問を紹介する。

これについて原副理事長は「多分、レフェリーは(ボールのある)流れの方を見ていたんじゃないですか。アシスタントレフェリーも逆サイドは当然見えない。(手前側のレフェリーが)見ていたとしたらカード当然出るんだろうけど、協議して確認ができなかったのではないかなと僕は思いました」と推測。また、映像で主審の顔の動きに注視しても「ボールの方を見ている」ため、「プレーをやらせておいて、終わったあとにアシスタントレフェリーと確認」したプロセスは「正しい」と主張する。

一方で、原副理事長は「見ていたとしたら、明らかにイエローに値するプレー」だと強調。レッドではないのかという桑原さんからの問いに対しては、「やってはいけないプレーだと思いますけど、いきなり一発赤という、そこまでの確証は持ちにくい倒れ方、やり方かな」と返答した。

カードの色も含めての見解を求められた牧野氏はこう説明する。

「どういう風に腕を使って顔に当てたかというのがはっきりしないので、審判団で話はしましたけど、そこが分からなくて結局ファウルだけのFKになったと思う」

そのうえでプレー自体は「イエローはある」範囲のものだと語り、「(レアンドロは)腕を当てているという感じがする。肘で明らかにやっているという感じだと赤になる」との基準を示した。

とはいえ、実際の試合中にはファウルでFKのみの判定。その理由については「(審判団)3名で話をしても多分、誰もが見えていなかったと思う。副審としては、鳥栖の選手が顔を押さえて倒れていることを主審に伝えたいというところでのフラッグアップ。一番見ないといけないのはボールがあるところなので、なかなか難しい」と口にしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/807a27a072d7156fa80dafa35f525cf1aa851212

【元サッカー日本代表】前園真聖氏「FC東京vs鳥栖は中止すべきだった」コロナ禍のJリーグに物申す 

1: 2020/08/03(月) 17:03:45.17 _USER9
8/3(月) 16:46
東スポWeb

前園真聖氏「FC東京vs鳥栖は中止すべきだった」 コロナ禍のJリーグに物申す
前園真聖氏
 元サッカー日本代表MFで本紙評論家の前園真聖氏(46)が3日、自身のブログでコロナ禍で揺れるJリーグの対応について私見を述べた。

 前園氏は発熱した選手がいたにもかかわらず試合を開催した1日の「FC東京vs鳥栖」戦について「僕は中止すべきだったと思います」とつづった。

 日本サッカー協会とJリーグはガイドラインを作り、試合や合宿の開催を判断。Jリーグは2週間に1度、リーグ負担でPCR検査を行っている。

 こうしたサッカー界の対応について、前園氏は「試合を再開して1カ月したころから、やはりガイドラインの基準だけでは対処できない問題が出てきました。PCR検査を行っても結果が出るまでに感染する可能性がある、PCR検査の結果が出るまでの時間を短縮するにしても全国規模で考えなければいけない、何よりJリーグ関係者だけが頻繁にPCR検査を受けていいのか、という点は考慮しなければなりません」と問題点を指摘。

 また「全チームがPCR検査をするためには現状でも1カ月で1億円前後の費用がかかると言われていますから、今後回数を増やすにしてもコストの問題も大きく関わってきます。この資金を捻出しようにも、入場者は制限されたままです」という経済的な側面も無視できないとした。その上で「僕はやはり『選手ファースト』で考えてほしいと思います」と訴え、発熱があれば当然新型コロナウイルス感染を疑わなければならない、PCR検査の結果が出るまで時間がかかる、などの観点から疑いがあれば中止すべきと論じた。

「スケジュールや払い戻しなどの考えなければいけないことはあると思います。それでも選手がいなくなれば試合はできないのですから、少しでも疑わなければいけない事態になったら中止。そう決めてこそ、僕は選手が安心してプレーできるのではないでしょうか」とし、あくまで「選手ファースト」を叫んだ。

no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200803-02037354-tospoweb-socc

関連スレ
【サッカー】鳥栖に発熱者も試合を実施 サッカーJ1、FC東京戦 [爆笑ゴリラ★]
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1596291678/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索