Samurai Goal

高評価


スポンサード リンク





久保建英にスペイン各紙が軒並み高評価。「巧みで有効的だった」 

20200701-00379286-footballc-000-1-view

2得点でブレーメン救った大迫勇也に軒並み高評価…地元メディアから単独最高点 ブンデス公式MOMに選出 

20200628-01089629-soccerk-000-1-view




1: 2020/06/28(日) 10:35:24.25
 ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也は、27日に行われたブンデスリーガ最終節のケルン戦で2ゴールを決めて6-1の大勝に貢献。自動降格回避に導いた救世主となり、現地ドイツのメディアからは高評価がつけられた。

 ブレーメンは最終節を残して自動降格圏内の17位で、昇降格プレーオフ圏内の16位デュッセルドルフとの勝ち点差は「2」だった。残留には勝利が絶対条件だった大一番で、大迫が躍動した。

 先発出場した大迫は22分、ペナルティエリア内でMFマキシミリアン・エッゲシュタインのシュート性のボール収めると、冷静に右足シュートを沈めてチームに勢いをもたらす先制点を挙げた。さらに58分には、右サイドのDFテオドール・ゲブレ・セラシェからのクロスに合わせてチーム5点目をマーク。昨年9月1日の第3節アウクスブルク戦以来のドッペルパック(1試合2得点)を達成して勝利に貢献した。

 ブンデスリーガ公式サイトは、チームを救う活躍を見せた大迫をマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出。「オオサコは今シーズン2度目のドッペルパックを達成し、この4試合で4ゴールを記録。今シーズン8点は自己最多記録となった」と特に終盤での活躍を称えた。

 また、現地メディアの採点では高評価が並んだ。ドイツ紙『ビルト』は試合後の採点で、同じく得点したFWニクラス・フュルクルクとともに、大迫に最高点の「1」(最高点1、最低点6)をつけた。

 ブレーメンの地元紙『ヴェーザー・クーリエ』は、フュルクルク、FWミロト・ラシカ、DFケヴィン・フォクトの3選手と並んで、大迫にチーム最高点タイの「2」をつける高評価。「6分の最初のシュートはGKに阻まれた。22分にはより正確に狙ってゴールを決めて1-0にした。58分にはドッペルパックを達成して5-0に。パーフェクト」と寸評をつづっている。

 さらに地元メディア『ダイヒ・シュトゥーべ』は、大迫に単独で「1」をつける最高評価で、「最初のシュート2本は無害だったが、日本人は最も重要な先制点を巧みに決めた。非常に存在感があり、楽しくプレーしていた。真面目にボールを打ち込んで5-0とした」と記した。

 ブレーメンは最終節の大勝で勝ち点3を得て、ウニオン・ベルリンに敗れたデュッセルドルフを抜いて16位に浮上。自動降格を回避し、昇降格プレーオフ進出で残留の可能性を残した。昇降格プレーオフのファーストレグは7月2日に、セカンドレグは同6日に行われる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8cb0d97039bf231ebce53c732ac662fbc00a15f

<久保建英>レアル・マドリード戦破格のプレーに 現地で高評価!「将軍」も認める才能 

1: 2020/06/25(木) 20:39:27.37
写真
no title


昨年10月のインタビューだった。

「すべての久保(建英)のプレーを見てないから、詳しいことは言えない。レアル・マドリードでのプレシーズン、カスティージャ、そしてマジョルカの試合も少しだけ見た。『才能はあるか?』と聞かれたら、『間違いなくある』と答える」

【動画】久保建英がレアル戦で見せたドリブル突破
https://sportiva.shueisha.co.jp/smart/contents/eplayer/video/ve19xp105ca516g8f1yiprzfe.php

 かつてレアル・マドリードで"将軍"と言われたシャビ・アロンソは、そう言って続けた。

「戦える選手かどうかは、これからピッチに立って、久保自身が証明するしかない。チームを勝たせる貢献ができるか。そこがカギになる。違いを出せる選手ではあるから、焦らず、少しずつ前に進むべきだね。彼が持っている才能をピッチで出せるようになったら、自ずと結果は出るはずだ」

 今なら、アロンソはどう答えるだろうか?

 世界に冠たるマドリードを相手に、マジョルカの選手として挑んだ久保建英(19歳)は、堂々たるプレーを見せつけた――。

 6月24日、ディ・ステファノスタジアム。レアル・マドリード戦に、久保は2トップの一角で先発している。

試合開始直後から、攻撃を背負う選手としての決意が見えた。縦パスを引き出すと、後ろからセルヒオ・ラモスに潰され、ファウルを得る。相手から警戒されている証左だ。

 4分、右サイドでスローインを受け、滑らかなターンで相手ディフェンスを外す。絶妙なためを作って右サイドの裏に抜けたダニ・ロドリゲスの足元へ、スルーパスを通した。その後も深みを作ってシュートを演出し、アンテ・ブディミルが落としたボールを右足で強引にシュートに持ち込み、短いパスを何度も通し、プレーの渦を作った。

 マジョルカの優勢を、久保が牽引していた。

 しかし18分、マジョルカはカウンターを防がれると、逆にカウンターを浴び、ヴィニシウス・ジュニオールに先制点を許す。トランジションの精度と決定力で差をつけられた。ほぼ一瞬で、リードを許すことになった。

 だが、その後も久保はボールを引き出し、レアル・マドリードを脅かした。とにかくボールを奪われない。ステップ、ボールタッチが細かいため、プレーの選択を急に変えることが可能で、次のプレーを読ませず、読まれた場合も巧妙に誘い込んで、逆を取った。

 特筆すべきは、ターンの美しさと無駄のなさだろう。コンパクトで俊敏、コース取りも抜群。相手に付け入る隙を与えない。三方から囲まれながら、簡単に前を向いていたが、そのプレーは圧巻だった。

つづく

6/25(木) 17:10 スポルティバ
https://news.yahoo.co.jp/articles/252c466dff1cadf55462e188843d5cf4e7a7efdb?page=1

久保建英の3人抜きドリブルは圧巻! 0-2敗戦もスペイン紙は高評価「全体的に素晴らしい印象」 

20200625-00378514-footballc-000-6-view




1: 2020/06/25(木) 08:12:44.38
【レアル 2-0 マジョルカ リーガエスパニョーラ第31節】
 
 リーガエスパニョーラ第31節、レアル・マドリード対マジョルカの試合が現地時間24日に行われ、マジョルカは0-2の敗戦を喫した。試合には敗れたものの、スペイン紙はマジョルカに所属する19歳の久保建英に高評価を与えている。

久保は先発出場。19分、ルカ・モドリッチからパスを受けたヴィニシウス・ジュニオールが浮き玉のシュートを決めてマドリーに先制点が入る。56分には、ゴール真正面のフリーキックからセルヒオ・ラモスが直接ゴールを決めてマドリーに追加点が入った。久保はフル出場を果たしたが1点も奪うことが出来ず、マジョルカは0-2の敗戦を喫している。

 結果を残せなかったとはいえ、久保はレベルの違いを示した。特に62分のシーンでは、マドリーの選手3人を抜き去り自らシュートを放ってチャンスを作り出している。
スペイン紙『アス』は「久保は全体的に素晴らしい印象。スラローム(蛇行走行)からサイドネットに突き刺すシュートを放った」と評価。また、スペイン紙『マルカ』は「サイドネットに阻まれたが、久保が自ら仕掛けて技を披露した。彼にはかけがえのない個性と魅力がある」とコメントし、星2つの評価を与えている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9525a71fb03ed0523aea23abd4f725d9098e16bb
6/25(木) 7:57配信

0-4大敗も…スペイン各紙は久保建英に高評価「なぜバルサに戻らなかったのか」 

20200614-43480978-gekisaka-000-1-view

鎌田大地をフランクフルトSDが高評価。契約延長も示唆「彼はチームの重要な選手」 

20200527-00375224-footballc-000-1-view




1: 2020/05/27(水) 10:58:25.42
フランクフルトに所属する23歳の鎌田大地に関して、同クラブのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるブルーノ・ヒューブナー氏が契約延長の可能性を示唆した。
26日にベトナムメディア『bongdaplus』が報じている。

2017年7月にサガン鳥栖からフランクフルトへ移籍した鎌田。加入初年度は公式戦4試合の出場にとどまり、2018年8月から1年間はベルギーのシント=トロイデンへレンタル移籍する。
今年6月にフランクフルトへ復帰すると、今季はヨーロッパリーグで6得点、ドイツ杯(DFBポカール)で2得点決めるなど、中心選手として活躍。そして、現地時間26日に行われたフライブルク戦でブンデスリーガ初ゴールを決めた。

ヒューブナーSDは鎌田について「大地はチームの重要な選手だ。彼はクリエイティブなプレイスタイルを持ち、ゴールを決める能力があり、違いを生む方法を知っている。
大地は彼がどれほど素晴らしい可能性を秘めているかを示した」とコメント。
同メディアは、より良いインセンティブを備えた新しい契約が鎌田を待っているという確証と見ることが出来ると伝えている。
2021年6月にフランクフルトとの契約が終了することを考えると、近いうちに契約延長に向けた交渉が本格化するかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e04dd8ae3ba64215039fb2e7a298bbc945a5e69
5/27(水) 9:14配信

ラニエリ高評価の吉田麻也、来季もセリエAでプレー?サンプドリアが買取に動くと報道 

20200518-00010019-goal-000-1-view




1: 2020/05/18(月) 19:10:28.24
サンプドリアは、日本代表DF吉田麻也の買い取りに近づいているようだ。イタリア『Sampnews 24』などが伝えた。

今冬の移籍市場で、7シーズン半を過ごしたサウサンプトンからサンプドリアに半年間の期限付きで加入した吉田。新型コロナウイルスの影響によるセリエA中断により、加入以降は公式戦1試合の出場にとどまっているが、自宅待機期間中もジェノヴァ地方の方言を披露したりと、サポーターの心を掴んでいる。

しかし、サンプドリアと吉田の契約期間は6月末まで(セリエA延期により契約期間はシーズン終了まで延長される可能性あり)。さらに今夏の移籍市場では、サウジアラビアのアル・ナスルなどが関心を寄せると報じられており、今後の去就は不透明だ。

そんな中、『Sampnews 24』によると、吉田はすでにクラウディオ・ラニエリ監督の信頼を勝ち取っており、サンプドリアは買い取りに向けて交渉中の模様。さらに、イタリア『Club Doria 46』は、同指揮官がクラブ首脳陣に対して日本代表DFの残留を要求しており、今夏の最初のビジネスとして完全移籍の確定に向けて動いていると報じている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200518-00010019-goal-socc

「注目すべき1人」 レアル中井卓大を英紙が高評価「多くの興奮を引き起こしている」 

20200511-00261238-soccermzw-000-1-view

<DF冨安健洋>伊紙が特集記事掲載し高評価!「シャイで内向的な典型的日本人と違い、オープンで社交的」 

1: 2020/03/28(土) 05:52:22.37
イタリアの主要紙ガゼッタ・デロ・スポルトが27日、ボローニャの日本代表DF冨安健洋(21)の特集記事を掲載した。

 カラー面の1ページを割いて「五輪の夢は延期となったが、冨安は昨年の夏から東京を視野に入れて準備をしていた」と報道。ベルギー1部シントトロイデンから昨夏に完全移籍し、開幕から右サイドバックでレギュラーに定着してリーグ戦20試合に出場して2アシストをマークしており「イタリアサッカーに素晴らしいインパクトを与えた」とセリエA初挑戦での活躍ぶりを高く評価した。

 「シャイで内向的な典型的日本人と違い、性格はオープンで社交的。イタリア人への取材は主に英語で対応していたが、イタリア語を学習してたちまち上達した」とピッチ外での努力も紹介。「21歳とは思えない、ベテランのようなパーソナリティーでグループの一員となった」とボローニャに溶け込んでいるという。

 移籍市場での評価は獲得時の移籍金(700万ユーロ=約8億4000万円)から2倍以上に急上昇していることも報じ「多くのチームが興味を示しているが、ボローニャは手放す意思は一切ない」と今夏は残留する見通しを伝えた。

3/27(金) 23:13配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200327-00000214-spnannex-socc

写真
no title

<“持ってる男”本田圭佑>現地高評価「本田がゲームに“入って”からはボタフォゴが支配し先制点」 

1: 2020/03/16(月) 08:54:32.97
前半30分にPKを成功させて先制点も、チームは1-1で引き分ける

no title


ボタフォゴの元日本代表MF本田圭佑は現地時間15日、リオデジャネイロ州選手権バングー・アトレティコ・クルーベ戦に先発出場。前半30分にチームメートの得たPKからデビュー戦ゴールを決めたが、チームは1-1で引き分けている。

【動画】ボタフォゴMF本田圭佑がデビュー戦でPKを決めた瞬間
https://www.football-zone.net/archives/251910/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=251910_6

 発熱による出場回避を経て、満を持してボタフォゴでのデビュー戦を迎えた本田。ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は「長い延期の後、本田はついにボタフォゴでデビュー。先発出場し、可能な限り良いパフォーマンスを見せた」として、いきなり2回のチャンスに絡んだことを報じている。

 さらに「バングーのほうが良い試合の入り方をしたが、本田がゲームに“入って”からはボタフォゴが支配し、先制点につなげている」と本田の貢献を称賛。一方、最終的なドローという結果については「両者にとって悪い結果」とも伝えられている。

 個人としては上々のデビュー戦となった本田。ボタフォゴの次節は現地時間21日、カボフリエンセと対戦する。

3/16(月) 7:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200316-00251910-soccermzw-socc


元日本代表MF本田圭佑が、ボタフォゴでのデビュー戦で早速ゴールを奪った。

1月にボタフォゴへ加入し、ブラジル挑戦をスタートさせた本田。選手登録や体調の関係でデビューが遅れていたが、15日のカンピオナート・カリオカ(リオデジャネイロ州選手権)第3節のBANGU戦で初出場を飾った。

新型コロナウイルスの影響を受け、この試合は無観客試合で開催されている。そんな一戦でデビューを飾った本田は、いきなり魅せる。31分、チームメイトが獲得したPKを確実に沈め、先制点を記録。デビュー戦でいきなりゴールを決めて見せた。

その後ボタフォゴは58分に同点に追いつかれる。攻撃の中心となっていた本田だが、コンディション面も考慮してその4分後にピッチを後に。試合はこのまま終了し、ボタフォゴはホームで1-1と引き分け。1勝1分け1敗で、グループC4位に転落した。

3/16(月) 5:56配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-00010001-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200316-00010001-goal-000-4-view.jpg



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索