Samurai Goal

高校サッカー


スポンサード リンク





【高校サッカー】南宇和元主将・大西貴氏1989年度高校サッカー選手権V 「地域が生んだ『必然』の産物」 

20200605-00010002-kksoccer-000-3-view




1: 2020/06/05(金) 14:54:07.82
かつて「不毛の地」と言われた四国地区サッカー界に燦然と輝く栄光。それは1990年1月8日・東京国立競技場で決勝戦が行われた「第68回全国高等学校サッカー選手権」における南宇和(愛媛)の初優勝である。

 当時34歳だった石橋 智之監督の下で地域が一体となり、そこで育った選手たちが成し遂げた四国高校サッカー初の偉業は、その後に石橋氏が尽力した愛媛FCの設立のみならず、現在の四国のサッカー界に絶大なる影響を与えている。

 では、全国頂点を極めた「南宇和メソッド」とはいかなるものだったのか?あれから30年が経過した今だからこそ言える逸話なども含め、当時のDFリーダーで主将、サンフレッチェ広島や京都パープルサンガ、愛媛FCでの現役生活などを経て、現在は会社員と同時に松山工コーチ・松山大監督を務める大西 貴氏に聴いた。

「強くなる環境にあった」南宇和の土壌

ーー地元・愛媛県愛南町から育った大西さんですが、まず石橋 智之監督が率いる南宇和高校に進むまでを教えて頂きますか。

 まず僕にとって大きな影響を与えてくれたのは城辺中時代の河野(雅行)さんとの出会いです。その先生から基本的なことを教えて頂きました。今考えれば中高一貫教育的な環境で、しかも強要はされず、朝から晩までリベリーノ(ブラジル代表)、オヴェラート(元西ドイツ代表)のような海外サッカー選手のような技術的な部分を粘り強く学ぶことができたんです。これが後に活きてきました。

 その他にも当時の愛南町では一本松中や御荘中には今村先生や、森岡(智昭)先生という方もいらっしゃって、本当に熱心に基礎を教えて頂いた。ここが自分たちのスタートになったと思います。そして石橋先生は小学校時代からずっと自分たちの試合を見に来ていた。いろいろな方々が関わる中で自分たちが育てて頂いた。これが自分たちがあの場所から全国制覇できた第一の要因だと思います。

ーー加えてサッカーをする環境にも恵まれていた。

 地区にはサッカーをできるグラウンドも2面ありましたし、その片方では南宇和の高校生、もう片方では中学生がしているような環境。そのうち週1回か2回は高校生と中学生が練習試合をするんです。城辺中と御荘中が入れ替わったり、合同チームを組んだりして。 そして中3の夏になると南宇和での高校サッカーフェスティバルに地区のサッカー部員は全員集められて、中3生チームで全国的に名のある高校サッカーチームと試合をするんです。Bチームと試合をするんですが、実はその時に負けたことがなかったんです。そこで石橋先生も自信を深めたと思いますね。今考えたら普通の事かもしれませんが、当時はクラブユースもほとんどなかった時代。いろいろな経験をさせて頂きました。

ーー南宇和に入学すると1年生から公式戦に出場。同じ城辺中から進んだ黒田 一則さん(元西濃運輸・愛媛FCでMF。現在は会社員及び愛媛フットサルパークコーチ)と共に選手権の舞台も踏んでいます。

 僕は1年生の時は県大会でのコンデションが悪くて、選手権では1学年上の埜下(荘司)さん(元ガンバ大阪、コンサドーレ札幌などでDF)がポジションを上げた時にサイドバックに入るような感じでした。選手権では全国初戦でアシストを決めて、そこからスタメンに復帰しました。

 ただ、全国大会デビューは北海道でのインターハイでしたが、遠征時には思っていなかったスタメンも経験できましたし、選手権でも物怖じするようなことはなかったです。

ーー当時の練習内容も教えてください。

 朝練習では林さんというサイドバックの先輩と必ず一緒に1対1の練習をしていました。その時に「こうやって守る。こうやって対応する」という原則を覚えることができました。 夕方からの練習は2時間半から3時間。ボールを止める・蹴る・またぐ・切り返すなどの練習はみんな中学の時に基礎ができていたので、高校ではどう活かすか、ボールへのアプローチなどを数多く練習しました。そして30メートルくらいのロングキックも時間をかけてやっていましたね。 加えて2年の高校選手権で前橋商(群馬)に負けてからは「もっと身体を作っていこう」という話になって、練習後に捕食を摂取してからジムでの筋力トレーニング。自宅に戻るのは21時から22時でした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a5ed2b768e5328ebbfe5943bbf7b42932a087e2b
6/5(金) 12:00配信


https://www.youtube.com/watch?v=tWWKGQg0-Y8


第68回全国高校サッカー 南宇和、四国に初の優勝旗

https://www.youtube.com/watch?v=5OhZtKbpr6o


第69回高校サッカー選手権3回戦 南宇和 vs 暁星

過去の高校サッカー名場面シーンのYouTube動画をドンドン貼って行くスレ 

5e055699-c430-404f-a6b3-4034d3093d95




1: 2020/05/31(日) 14:49:23.58
まずは俺から!

浦和南 VS 静岡学園 第55回全国高校サッカー 決勝(1977年)
https://www.youtube.com/watch?v=naV1vyhS6PA


【高校サッカー】7月中旬開催予定の選手権神奈川1次予選は延期 

20200527-00010003-kksoccer-000-1-view




1: 2020/05/27(水) 13:08:01.37
神奈川県サッカー協会2種高校部会 / 2種大会部会は新型コロナウイルス感染拡大の影響により令和2年度全国高校サッカーインターハイ(総体)
神奈川予選の中止と第99回全国高校サッカー選手権神奈川1次予選の延期を発表している。

延期が決まった第99回全国高校サッカー選手権神奈川1次予選は選手の健康と安全を第一に考え、暑熱馴化と感染防止対策を講じた後に大会を開催していく予定とし、
現時点では選手権予選開催日時は未定。 緊急事態宣言解除後の各校部活動の再開状況を確認した後に予選日程を決定するとしている。
なお、昨年度の第98回全国高校サッカー選手権神奈川予選は日大藤沢が優勝し、全国切符を手にした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/87d4ee79382688fb2d56f95ca9647b7c3cc15d6f
5/27(水) 13:00配信

甲子園中止…強豪校の監督が語る高校サッカーの今 

20200522-25210486-nksports-000-4-view

2020の主役は誰だ。高校サッカーの注目選手特集 MFオタボー・ケネス(高知中央) 

1: 2020/05/05(火) 15:31:52.46
MFオタボー・ケネス(高知中央/3年)

昨年は、プレミアリーグの下部組織に所属する選手たちに交じり、U-17ナイジェリア代表候補に選ばれたことからも実力は明らかだ。
テクニックの高さが光るボランチで、手足の長さを活かしたボールキープも一級品。
3列目から放つミドルシュートの精度も高く、彼のパフォーマンスが今年の高知中央の行方を左右すると言っても過言ではない。
選手権のような檜舞台に立てば、大勢の目に留まるのは間違いない注目株だ。


高校から留学生として海を渡ったのは、1歳上の友人であるFWオニエ・オゴチュクウ(現Y.S.C.C.横浜)の勧めがあったからだ。
語学力が高く、すぐさま一定以上の日本語をマスターしたケネスは、すぐさまチームメイトと打ち解けた。
試合に審判や相手チームが来ないことも珍しくなかったナイジェリアとは違い、日本では予定通りに試合が行われる。
食事や勉強の面でも恵まれており、ケネスは「皆が優しくて、練習も楽しい。チームメイトと日本語でコミュニケーションがとれるようになって、本当に楽しい」と笑みを浮かべる。

充実した日々によって、日本に来てから著しい成長を遂げている。「代表のキャンプを経験できたし、選手権予選は負けてしまったけど決勝まで行けた。
良い思い出ができたし、楽しかった」と振り返る昨年は、ピッチで違いを見せつけたが、全国の舞台にたどり着けなかったのは数少ない後悔と言えるだろう。
今年は目標であるプロ入りを掴み取るため、プリンスリーグ四国での活躍と選手権出場に照準を定める。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7113fa92dcd0ca1faa382269cad0f8c2b9f7d2aa
5/5(火) 12:30配信

no title

https://f.image.geki.jp/data/image/member/300/49000/48561/member_48561_1.jpg
https://f.image.geki.jp/data/image/news/253/280000/279270/news_icon_l_279270_18.jpg
MFオタボー・ケネス

https://www.youtube.com/watch?v=sdZw4LcBFIM


高知中央 オニエ 2得点 高知県高校総体 男子サッカー 準決勝 高知中央vs土佐

【ユース&高校サッカー】高円宮杯プレミアリーグ2020の大会概要を発表!4月4日に開幕、磐田U-18はWESTへ 

20200206-43477912-gekisaka-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/06(木) 10:01:58.07 ID:vewJ7Q3A9
日本サッカー協会(JFA)は3日、高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2020の大会概要を発表した。

“高校年代最高峰のリーグ”プレミアリーグは高体連とJリーグユースの計20チームが参戦。EASTとWESTで10チームずつに分け、ホーム&アウェー方式の総当たり戦を行う。
それぞれの優勝チームにはファイナルへの出場権が与えられ、高校年代“真の日本一”をかけて戦う。

また、それぞれの下位2チームはプリンスリーグに自動降格。各地域のプリンスリーグ上位計16チームによるプレミアリーグプレーオフで勝利した4チームが次年度のプレミアリーグ出場権を手にする。

EASTおよびWESTの所属チーム分けは、プレーオフを勝ち上がったFC東京U-18(東京都)と横浜F・マリノスユース(神奈川県)、横浜FCユース(神奈川県)がEASTに入ったため、
昨年EASTに所属していたジュビロ磐田U-18(静岡県)がWESTに。また、昇格組のサガン鳥栖U-18(佐賀県)はWESTに入っている。

プレミアリーグは4月4日に開幕。最終節は12月6日に行われ、ファイナルは12月13日に埼玉スタジアム2002で開催される。
プレミアリーグ参入をかけたプレーオフは12月11日に1回戦、12月13日に2回戦がそれぞれ広島県内で行われる。

▼EAST
青森山田高(青森県)
浦和レッズユース(埼玉県)
大宮アルディージャU18(埼玉県)
市立船橋高(千葉県)
柏レイソルU-18(千葉県)
流通経済大柏高(千葉県)
FC東京U-18(東京都)
横浜F・マリノスユース(神奈川県)
横浜FCユース(神奈川県)
清水エスパルスユース(静岡県)

▼WEST
ジュビロ磐田U-18(静岡県)
名古屋グランパスU-18(愛知県)
京都サンガF.C.U-18(京都府)
ガンバ大阪ユース(大阪府)
セレッソ大阪U-18(大阪府)
ヴィッセル神戸U-18(兵庫県)
サンフレッチェ広島ユース(広島県)
東福岡高(福岡県)
サガン鳥栖U-18(佐賀県)
大津高(熊本県)

▼各地域のプレーオフ出場枠
北海道:1、東北:2、関東:3、北信越:2、東海:2、関西:1、中国:2、四国:1、九州:2

▼日程
プレミアリーグ
4月4日(土)~12月6日(日)

ファイナル(埼玉スタジアム2002)
12月13日(日)

プレーオフ(広島県内)
1回戦:12月11日(金)
2回戦:12月13日(日)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200206-43477912-gekisaka-socc
2/6(木) 6:47配信

【高校サッカー】「こんなものと思われては…」 選手権連覇へ、青森山田監督が語る“U-18王者のプライド” 

20200103-00238629-soccermzw-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/03(金) 18:37:47.98 ID:by+8kw2i9
富山第一に4-1と勝利 U-18プレミアリーグ勢唯一の生き残りに黒田監督「レベルの高さを見せていこうと…」

第98回全国高校サッカー選手権は3日に3回戦が行われ、青森山田(青森)はセットプレーからの4得点で富山第一(富山)を下し、ベスト8へ進出した。チームを率いる黒田剛監督は、「プレミアの力がこんなものと思われてはいけない責任がある」と話した

青森山田は前半7分にロングスローのこぼれ球をMF松木玖生が押し込むと、後半にはFK、CKから3得点を奪った

相手の反撃を1点に抑えて4-1の勝利を収めると、黒田監督は「5バックの相手で中を攻略するのは難しいと思っていたので、リスタート。
相手がゾーンで守るので、それを研究して前に飛び込む形を練習してきました」と、スカウティングの時点から想定していたパターンが試合結果につながったと話した。

 セットプレーでの青森山田は、J1浦和レッズに加入内定のMF武田英寿が左足、ボランチのMF古宿理久は右足から質の高いボールを蹴り込んでくる。指揮官が「今大会でも屈指の両キッカー」と胸を張る2人がいるからこそ、スタメンのフィールドプレーヤーに180センチ以上の選手が1人のみという陣容でも強さを発揮する。

 その黒田監督は、「昨日の時点でプレミアで残っているのが我々だけになってしまいました」と、尚志(福島)と市立船橋(千葉)が2回戦で敗れ、今大会で青森山田を除いて高円宮杯U-18プレミアリーグに出場している高校がすべて敗退したことに触れた。

「我々がプレミアの全責任を負う形になりましたね。プレミアの力がこんなものと思われてはいけない。そのレベルの高さ、チャンピオンとしてのプライドを見せていこうと選手たちにも伝えました」

 青森山田はJリーグのユースチームが数多く参加するプレミアリーグ「EAST」を勝ち抜き、ファイナルでは「WEST」の王者、名古屋グランパスU-18を倒して優勝している。
高校サッカーという区分を超えた日本の18歳以下の頂点に立ったチームであるというプライドにかけ、この高校選手権で負けるわけにはいかないという闘志が感じられる。
 準々決勝では昌平(埼玉)と対戦する。黒田監督はこの日の第1試合だった昌平のゲームの前半をスタンドで視察する姿があり、「スピードもあり、テクニカルな部分でも高いレベルにある相手」と話す。
一方で「ポジティブな言い方をすれば、ファイナルのグランパスのほうが上だった。
あれだけの攻撃ができるチームを抑えた守備というものを前面に出してやっていこうと選手に話したい」と、高いレベルの戦いを制した経験を自信に変える算段だ。

 大会初戦となった2回戦で米子北(鳥取)に6-0と勝利し、この日はインターハイ準優勝校の富山第一に3点差で勝利した。
まだまだ底を見せていない感のある勝ち上がりだけに、ここからの僅差の戦いのなかでプレミア王者がどれだけの力を見せてくるかが注目される

1/3(金) 17:41配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200103-00238629-soccermzw-socc

【高校サッカー】選手権3回戦 5発大勝の帝京長岡が2年連続8強入り!静岡学園、昌平、四中工も準々決勝へ! 

20200103-00068464-sdigestw-000-4-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/03(金) 14:01:26.16 ID:i61rKS+69
四中工対日章学園は激しい点の取り合いに

全国高校サッカー選手権大会は1月3日、3回戦の8試合を開催。12時05分からは第1試合の4試合が行なわれた。

 浦和駒場スタジアムでは、昌平(埼玉)対國學院久我山(東京B)が対戦。試合は0対0のまま終盤へ突入し、後半アディショナルタイムの43分に1年生MFの篠田大輝が決勝ゴール。初のベスト8進出を決めた。

 等々力陸上競技場では、帝京長岡(新潟)と神戸弘陵(兵庫)が激突。前半を0-0で折り返すと、2年連続の8強入りを目指す帝京長岡が一気にペースを手繰り寄せる。後半6分に矢尾板岳斗(3年)が先制点を挙げると、同15分にも町田加入内定の晴山岬(3年)が追加点。晴山は同35、39分にも得点を挙げ、ハットトリックを達成。結局、帝京長岡が5-0で勝利を収め、前回に続く準々決勝に駒を進めた。

 駒沢陸上競技場では、静岡学園(静岡)と今治東(愛媛)が対戦。前半4分に浅倉廉(3年)のゴールで先制すると、後半7分にも小山尚紀(3年)が3戦連発となる追加点。2-0で今治東を下し、ベスト8に名乗りを上げた。

 フクダ電子アリーナでの四日市中央工(三重)対日章学園(宮崎)の一戦は激しい点の取り合いに。四中工がエース森夢真(3年)の2得点などで3ゴールを挙げれば、日章学園もFW鈴木陽介(3年)の2得点などで3ゴールを奪う。両10番の活躍による白熱した攻防は、PK戦に突入した。これを4-3で制した四中工が準々決勝進出を決めた。

 3回戦第1試合の結果は以下の通り。

3回戦 第1試合の結果
昌平(埼玉)1-0 國學院久我山(東京B)
帝京長岡(新潟)5-0 神戸弘陵(兵庫)
静岡学園(静岡)2-0 今治東(愛媛)
四日市中央工(三重)3(PK)3

1/3(金) 13:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200103-00068464-sdigestw-socc

【高校サッカー】広島皆実部員が食中毒 宿舎が別のトップチーム問題なく出場へ 

7e1bb677-s




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/01(水) 15:39:40.11 ID:oelpX+/o9
全国高校サッカー選手権に出場している広島皆実(広島)のサッカー部員44人が12月31日の夜に食中毒の症状を訴え、病院に搬送された。
さいたま市内の浦和東高校で合宿中だった。

同校の関係者によると、搬送されたのは応援団を務めるBチームの部員。

宿舎が別のトップチームの部員は健康状態に問題はなく、2日に行われる日大藤沢(神奈川)との2回戦(等々力)には予定通り出場するという。

https://www.nikkansports.com/soccer/news/202001010000217.html
2020年1月1日10時10分

静岡学園、神村学園、矢板中央などが初戦突破 2年前の王者・前橋育英は初戦敗退 1回戦第1試合 

20191231-00010008-kksoccer-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/31(火) 14:44:32.08 ID:mFIW8gen9
 12月31日、第98回全国高校サッカー選手権大会1回戦第1試合が行われ、静岡学園(静岡)や神村学園(鹿児島)、筑陽学園(福岡)などが勝利した一方で2年前の全国王者・前橋育英(群馬)はPK戦の末に敗れた。

 2年前の全国王者・前橋育英(群馬)は神村学園(鹿児島)と対戦し0-0で突入したPK戦を4-5で落とし初戦敗退となった。鹿島アントラーズ内定のMF松村優太擁する静岡学園(静岡)は岡山学芸館(岡山)と対戦しMF井堀二昭のハットトリックの活躍などにより6-0で快勝した。2年前の8強越えをまずは狙う明秀学園日立(茨城)は高知(高知)に1-0で、名門・四日市中央工(三重)は創部59年で悲願の選手権切符を掴んだ日大明誠(山梨)と対戦し3-1で勝った。仙台育英(宮城)は初出場の五條(奈良)と対峙しPK戦の末に勝利し2回戦進出を決めた。

 地元の都立東久留米総合(東京)は全国初勝利を目指して草津東(滋賀)と戦ったが2-4で敗れた。高校年代最高峰のリーグ、プレミアリーグWEST所属の絶対王者・東福岡の牙城を崩した11年ぶりとなる全国選手権の舞台に立つ筑陽学園(福岡)は初出場の愛工大名電(愛知)と激突しFW岩崎巧の決勝弾により1-0で勝った。前回は8強、前々回は4強と全国で結果を残す矢板中央(栃木)はPK戦の末に大分(大分)を下し初戦を突破した。

▽1回戦第1試合結果
都立東久留米総合 2-4 草津東
愛工大名電 0-1 筑陽学園
矢板中央 2-2(PK:6-5) 大分
明秀学園日立 1-0 高知
日大明誠 1-3 四日市中央工
前橋育英 0-0(PK:4-5) 神村学園
仙台育英 1-1(PK:3-0) 大分
静岡学園 6-0 岡山学芸館

12/31(火) 14:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00010008-kksoccer-socc

速報
https://sports.yahoo.co.jp/contents/6119



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索