Samurai Goal

高校サッカー


スポンサード リンク





海外から見た「高校サッカー」 “逆輸入”だからこそ分かる日本のスポーツ文化 

20190208-00169312-soccermzw-000-6-view

<高校サッカーで「半端ない」強さをみせた平成最強校は?> 平成30年間ランキングで判明!  


NakagawaAyumu20190111-thumb-600x450-213437




1: 2019/01/12(土) 08:11:51.59
【高校サッカー平成30年間「最強校」独自ランキングはこちら!】
https://dot.asahi.com/photogallery/archives/2019011000061.html

 多くのJリーガー、ワールドカップ日本代表を生んだ全国高校サッカー選手権大会。平成の30年間(平成期に準決勝、決勝が行われた1988年度から2017年度)で、最強の高校はどこだろうか。優勝に4点、準優勝に3点、ベスト4の2校には2点をつけて集計してみた。

 1位国見高校(長崎)は、通算23回出場6回優勝を誇る。2006年度まで21年連続で出場していた。同校の指揮をとったのは小嶺忠敏氏で、高校サッカー界では名将の名をほしいままにした。国見が全国制覇したときのOBには、大久保嘉人、三浦淳宏(現・淳寛)、平山相太など日本代表経験者がいる。小嶺氏は国見高校校長までつとめた。だが2010年度を最後に、その後全国大会に出場していない。2018年度の今大会、長崎からは長崎総合科学大学附属高校が3年連続6回目の出場をしている。同校を率いるのが、国見を定年退職した小嶺氏だ。

 2位市立船橋高校(千葉)も今大会には出場していない。通算21回出場5回優勝の成績は、公立高校としてはトップクラスだ。優勝はすべて平成期に果たしている(1994、1996、1999、2002、2011年度)。OBの元日本代表・北嶋秀朗は、1994、1996年度の優勝チームのメンバー。1996年度の決勝では中村俊輔がいた桐光学園高校を破っている。北嶋は高校選手権大会通算16得点をあげたが、これは当時の通算最多得点数だった。

3位鹿児島実業高校(鹿児島)は通算23回出場2回優勝。今大会には出場していない。OBには元日本代表がズラリとそろう。前園真聖、城彰二、平瀬智行、遠藤保仁、松井大輔など。「カジツ」の愛称で親しまれている。平成後期、鹿児島城西高校や神村学園高校に押され、県代表を逃している。

 4位前橋育英高校(群馬)は今大会に出場した。通算で5年連続22回目となる。2014、2016年度に準優勝、2017年度には初めて優勝した。今大会はJリーグ内定者2人の選手を擁して臨んだ。OBに元日本代表の山口素弘、松田直樹などがいる。

 5位東福岡高校(福岡)も今大会に出場し、通算で6年連続20回目だ。優勝はいずれも平成になってからで、3回果たした(1997、1998、2015年度)。現在、300人以上の部員をかかえており、Jリーグ内定選手、U-17とU-16の日本代表がいる。毎年、高校ラグビー、高校バレーボールとアベック、トリプル日本一をねらえる強豪校だ。OBに日本代表の長友佑都がいる。

 6位帝京高校(東京)は、通算で33回出場、高校選手権6回、高校総体3回と合わせて9度、日本一になっており、現在の黄色のユニホームの胸には9つの星が刻まれている。ブラジル代表を思わせる「カナリア軍団」と称され、常勝チームの感があった。しかし、平成の優勝は1991年度(四日市中央工業高校[三重]と両校優勝)の1回だけで、その後、2008年度を最後に全国大会から遠ざかっている。今大会は東京B予選決勝まで進んだが、駒澤大学高校に負けた。OBの元日本代表には田中達也、中田浩二、本田泰人など。「とんねるず」の木梨憲武は同校サッカー部OBだ。

 同じく6位の星稜高校(石川)は今大会で通算2年連続28回目となる。2013年度の決勝戦は星稜高校対富山第一高校(富山)の北陸決戦だったが、延長戦で敗れて準優勝だった。2014年度には前橋育英高校を下して初優勝している。OBには元日本代表の本田圭佑がいる。

 8位青森山田高校(青森)は今大会で22年連続24回目。これまでの出場校のなかで連続出場記録回数はもっとも多い。2016年度に初優勝。今大会ではJリーグ内定の2選手の活躍などによってベスト4に進んだ(1月11日現在)。ロングスローから鮮やかにゴールを決めるのが大きな特徴だ。OBの日本代表、柴崎岳は2009年度準優勝時のメンバーで、2018年ワールドカップでは全試合先発出場を果たしている。

 9位流通経済大柏高校(千葉)も今大会に出場。2年連続6回目となる。2001年に本田裕一郎監督が就任してからめきめき力をつけ、平成期デビューの強豪校となった。初出場は2005年度で、2007年度に優勝している。近年は千葉代表の座をめぐって市立船橋高校と死闘を繰り返している。前回大会は準優勝だったので、今回、全国制覇にかける思いは強い。ベスト4まで進んでいる(1月11日現在)。

 10位滝川第二高校(兵庫)は今回出場していない。通算では20回出場で、2010年度に優勝している。今大会は準決勝で県立西宮高校に敗れた。OBの日本代表経験者には岡崎慎司、加地亮、波戸康広、金崎夢生など。

1/12(土) 7:00配信 アエラ 全文
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190109-00000060-sasahi-socc

「高校サッカーの時代が変わる」 流経大柏の名将が予言する“2、3年後の選手権”の姿 

20190106-00159527-soccermzw-000-12-view

<もしも高校サッカーがなくなったら?>世界的に珍しいハイレベルな“非エリート”の行き先  

GettyImages-902661154-1-800x533




1: 2018/12/23(日) 13:56:21.78 _USER9
今年は天皇杯も早く終わり、国内サッカーのメジャートーナメントは残すところ高校選手権だ。そして、「いつまでやるのだろう? 高校選手権」と毎年思う。

 高校選手権は野球でいえば甲子園。高校サッカープレーヤーの檜舞台である。幾多の名試合、名シーンを生み出してきた。ただ、育成年代のレベルアップ、サッカー人気の促進という役割はすでに終えているのではないだろうか。

 ロシア・ワールドカップ(W杯)の日本代表メンバーを見ると、クラブ育ちと高校サッカー部出身の数は半々になった(クラブ=11人、高校=12人)。まだ半分は高校に依存しているじゃないかと思うかもしれないが、Jクラブと高校では数が違う、圧倒的に分母に差があるなかでの半々であり、今後はさらにJクラブ出身者の割合が増えていくだろう。なぜなら、第2種(高校年代)のヒエラルキーが固まりつつあるからだ。

 中学年代はすでにはっきりしていて、「Jクラブジュニアユース→強豪町クラブ→中学サッカー部」という階層が明確だ。大都市圏では中学サッカー部出身者がプロになるのは極めてレアケースで、ほぼゼロに近いという。長谷部誠(1984年生まれ/青島中→藤枝東高)などの世代とも、状況は変わってきているのだ。

 そして高校年代の町クラブが少ないため、高校がJユースからこぼれた選手たちの受け皿になっている。とはいえ、高校選手権のブランド力は依然として強く、Jユースに入れる力があっても強豪校に入って高校選手権を目指す選手はいる。ただ、プロを目指す人材はまずJユースという流れはできつつある。

 高校選手権の魅力は甲子園と同じで、地域代表というところだ。また、伝統校にはそれぞれのスタイルがあってそれも面白い。Jリーグもようやく各クラブのプレースタイルや個性が分かれてきたけれども、高校選手権はもっと早くからチームの特徴が明確だった。毎年選手は替わっているのにスタイルは変わらない。チームとしての個性がある。

 しかし、もちろんプロに比べるとレベルははるかに低いわけで、競技レベル云々ではなく地域の高校生が一所懸命プレーしている姿が感動の源泉である。しかし、それなしにはサッカー人気が高まらないという段階は、とうに過ぎた。

日本は世界で珍しく「エリート」と「エンジョイ」の中間層が充実

 競技力と普及の両面での役割を終えた高校選手権が仮になくなるとしたら、日本のサッカー界はどう変化するのか。

 高校年代の実力ナンバーワンを決める大会としては高円宮杯がある。そう考えると、高校選手権はなくても困らないかもしれない。だが、選手権はなくても高校サッカーがなくなると困る、あるいは大きく変わることがある。

 高校サッカーと、その象徴である選手権がなくなると、おそらく高校年代のサッカーはプロを目指す「エリート」と「エンジョイ」層に二分されるだろう。現在、プレーしたい高校生は部活動に参加すればサッカーができる。当たり前のようだが、例えばヨーロッパではそういう環境にない国のほうが多い。そのかわりにクラブチームがあるわけだが、日本にはユース年代のクラブチームは少なく、グラウンドやクラブハウスまで完備しているところなどほとんどない。インフラ面で、高校サッカーは大きな役割を担っている。

 日本は世界的に珍しいぐらい、「エリート」と「エンジョイ」の間の層が厚い。高校選手権を目指してエリート並の練習に明け暮れている選手の数が多く、プロではないが草サッカーレベルでもないというプレーヤーを大量に輩出し続けているわけだ。その点では堂々たるサッカー大国なのかもしれない。

 ところが、その中間層は高校3年間で燃え尽きてしまって、「もうサッカーはいいや」ということでJリーグのサポーターにならないことが多い。無理にエリート扱いしたことで、Jリーグは潜在的に最も強力なファンを取り逃がしている。もしかすると高校年代が「エリート」と「エンジョイ」に二分されていたほうが、Jリーグのファンはもっと増えるかもしれない。

 もちろん、高校のサッカー部自体がなくなれば、サッカー人口は激減する。現状でプレーする「場」がないからだ。現在でも中学年代から高校年代で半減しているが、その比ではなくなる。「選手権と全少(全国少年サッカー大会)がなくなれば、日本サッカーは飛躍的に強くなる」という意見も聞くが、何もかもいっぺんにはできないし、一気に解決できないほど利害関係が複雑に絡み合っている。何か良い解決方法はないものかと、この時期になるといつも思うのだ。

一部抜粋

12/22(土) 22:30配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181222-00156161-soccermzw-socc&p=1

大迫勇也の母校“半端ない”負けっぷり!!14点差つけられ大敗を喫す! 

1 2018/07/15(日) 15:27:12.81 _USER9
◆サッカー・プリンスリーグ2018九州第9節 サガン鳥栖U―18 15(4―1、11―0)1 鹿児島城西(14日・鹿児島県立サッカー・ラグビー場C)

 サッカーのプリンスリーグ九州第9節で、日本代表FW大迫勇也(28)の母校・鹿児島城西が、サガン鳥栖U―18に1―15というスコアで大敗した。

 1―4で折り返した後半に11失点。後半ロスタイムだけで4失点している。鹿児島城西唯一の得点は0―2の前半20分のオウンゴールだった。

 鳥栖は前節まで7戦全勝の首位。一方、鹿児島城西は1分け6敗で最下位。7失点を2度、6失点を1度の大量失点をしていた。

大迫の母校・鹿児島城西、1―15でハンパない大敗

7/14(土) 20:43配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000168-sph-socc

写真
no title

全国高校サッカー選手権 大阪大会開会式欠席「棄権」確定!大阪高体連、学校側に通知…©2ch.net  

1: 名無しさん 2016/09/10(土) 14:47:41.51 ID:CAP_USER9
 8月にあった全国高校サッカー選手権大阪大会の開会式を顧問の日程の勘違いで欠席し、棄権扱いとなった大阪学院大高校(大阪府吹田市)サッカー部の保護者会が、大会への参加を求めて嘆願書を提出していた問題で、大阪高校体育連盟が参加を認めないと判断し、学校側に通知していたことが10日、関係者への取材で分かった。保護者会側は判断を受け入れた。

 関係者らによると、高体連は嘆願書を受け、改めて参加の可否を審議したが、「過去にも日程の把握ミスで棄権したケースがあり、今回だけ特別に認めることはできない」と決定。5日に同校に通知した。

 同校は保護者会に連絡。顧問も部員に対して正式に棄権になったことを伝え、改めて謝罪した。

 開会式は8月7日、ヤンマーフィールド長居(大阪市東住吉区)で開催。同校は顧問が日程を1週間勘違いし、開始までに規定の人数がそろわず、大会要項に基づき棄権扱いになった。保護者会は「生徒に罪はない」として同22日、在校生や保護者、OBら約3万4千人の署名とともに嘆願書を高体連に提出していた。

 同校は「今後は大会要項を十分に確認し、スケジュール管理の徹底を図る」としている。

産経新聞 9月10日 14時29分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160910-00000092-san-socc
no title

高校野球は人気あるに、なぜ高校サッカーは人気ないの? 

1: 名無しさん 2016/08/15(月) 01:46:44.89 ID:uNlXLmEC
教えて

no title

【悲報】高校サッカー大阪大会で強豪校『大阪学院大高校』が日程間違え開会式欠席…棄権に!! 

949: 名無しさん 2016/08/14(日) 08:13:55.04 ID:sL2iRW/4
あちゃー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160814-00000011-asahi-spo

全国高校サッカー選手権の予選にあたる大阪大会で、シード校として出場する予定だった強豪の大阪学院大高校(大阪府吹田市)が、開会式を欠席し、棄権扱いにされたことがわかった。
学校側は「顧問が日程を間違えた」と、保護者に謝罪したという。
サッカー部の保護者会は「選手たちに罪はない」として、大会出場への救済措置を求める嘆願書を提出する構えだ。

no title

インターハイ 市立船橋が3年ぶり9度目の優勝…流経大柏との千葉県代表対決を制す 

1: 名無しさん 2016/08/02(火) 15:41:19.68 ID:CAP_USER9
平成28年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(インターハイ)決勝が2日にエディオンスタジアム広島で行われ、
市立船橋高校(千葉2)と流通経済大学付属柏高校(千葉1)が対戦した。

インターハイにおける同校の決勝は2008年、2013年に続いて3度目。2008年は雷雨のため中止となり両校優勝、2013年は市立船橋が4-2で勝利している。
今年度の主要大会の結果を見てみると、高円宮杯U-18サッカーリーグ2016プレミアリーグEASTでは市立船橋(1-0)、
インハイ千葉県予選では流経大柏(1-0)が白星を挙げ、五分の成績。

試合は0-0で迎えた35+2分、市立船橋が村上弘有の得点で先制し、1点リードで前半を折り返す。
後半は流経大柏が攻め込むものの、ここまでわずか1失点の堅守を誇る市立船橋の守備陣が完封。

市立船橋が1-0で完封勝利を収め、2013年以来、3年ぶり9回目の優勝を飾った。

【スコア】
市立船橋高校(千葉2) 1-0 流通経済大学付属柏高校(千葉1)

【得点者】
1-0 35+2分  村上弘有(市立船橋)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160802-00475189-soccerk-socc
SOCCER KING 8月2日(火)15時38分配信

no title

京都の強豪私立高校サッカー部員3人、ブランド品万引きで逮捕 転売目的で窃盗繰り返していたか 

1: 名無しさん 2016/05/19(木) 13:19:07.35 ID:CAP_USER9
強豪校サッカー部員3人 ブランド品万引き

 インターハイに出場経験のある京都の強豪私立高校サッカー部の部員3人が、ブランド品を
万引きし、逮捕されていたことがわかった。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは、京都府福知山市の私立福知山成美高校2年でサッカー部員の
男子生徒3人。高校や警察によると3人は今年2月、神戸市の大型商業施設にある高級
ブランド店で財布など10点、40万円相当を盗んだ疑いがもたれている。3人は容疑を
認めていて、うち1人は「過去に10回くらいやった」と話しているという。

 3人の寮の部屋からは、ブランド品の衣類など約50点が見つかっていて、警察は転売
目的で窃盗を繰り返していたとみて、捜査している。

 福知山成美高校のサッカー部は、2011年にインターハイに出場したこともあり、今年も
京都府の予選で準々決勝まで勝ち進んでいて、今後の試合出場について検討するとしている。

日テレNEWS24 2016年5月19日 12:58
http://www.news24.jp/articles/2016/05/19/07330524.html
<SnapCrab_NoName_2016-5-19_14-50-19_No-00




ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索