Samurai Goal

骨折


スポンサード リンク





孫が右腕骨折で今季絶望か、モウ監督は独特の例えで苦境語る 

20200219-00000015-jij_afp-000-2-view[1]

<ソン・フンミン>右腕骨折、手術で数週間離脱へ。トッテナムに大打撃 

1: Egg ★ 2020/02/18(火) 21:16:56.87 ID:Z3R7pnTl9
イングランド・プレミアリーグのトッテナムは18日、同クラブに所属する韓国代表FWソン・フンミンが右腕を骨折し、今週手術を受けることになったと発表を行った。

 ソン・フンミンは現地時間16日に行われたプレミアリーグ第26節のアストン・ビラ戦で負傷したとのことだ。この試合で同選手は、後半アディショナルタイムの劇的決勝ゴールを含めた2得点を挙げ、3-2の勝利に大きく貢献していた。

 クラブのメディカルスタッフは手術後に状態の確認を行い、その後のリハビリに向けた予定を立てていくとのこと。離脱期間は「数週間」になるとの見通しが示されている。

 ソン・フンミンはアストン・ビラ戦を含めて公式戦5試合連続ゴールを挙げ、アジア人選手では史上初となるプレミアリーグ通算50得点も達成したばかりだった。イングランド代表FWハリー・ケインも長期離脱中のスパーズにとっては大きな痛手となりそうだ。

 現時点で離脱期間は不確かだが、19日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのRBライプツィヒ戦、22日に行われるプレミアリーグのチェルシー戦などの重要な試合は確実に欠場することになる。

2/18(火) 21:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00363248-footballc-socc

写真
no title

アザールのクラシコ欠場が確定…骨に亀裂で全治最大6週間とも  

20191205-00365584-usoccer-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/12/05(木) 23:31:47.90 ID:ozpAEX079
レアル・マドリーは5日、ベルギー代表FWエデン・アザールのケガについて公式サイトで報告した。

先月26日に行われてチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦で、相手選手との交錯で負傷したアザール。その後のクラブの発表によると、右足首外側の打撲で離脱期間は10日前後と予想されていた。

ところが最新の情報で足首の骨に小さな亀裂が入っていたことが判明し、離脱期間は大幅に伸びることになった。クラブは「保留中」としているが、スペイン『アス』によると、4週間から6週間の離脱になる見込みで、18日に延期されていたラ・リーガ第10節、バルセロナとのエル・クラシコは欠場濃厚となった。

今夏にチェルシーから加入したアザールは、ハムストリングのケガで開幕は出遅れたものの、徐々に調子を上げ、10月頭のリーグ第8節のグラナダ戦で初ゴールを記録。ここまで公式戦13試合に出場し、1ゴール4アシストの成績を残している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00365584-usoccer-socc

レアルのL・バスケスが不運な負傷離脱…ジムで重りを落として左足親指を骨折  

20191122-01000884-soccerk-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/22(金) 07:00:51.23 ID:j2Oa6hIi9
レアル・マドリードは21日、スペイン代表FWルーカス・バスケスが検査を受けた結果、「左足第一指の末節骨骨折」と診断されたことをクラブ公式サイトで発表した。

ケガの経緯は明かされていないが、スペイン紙『アス』によると、なんとも不運な負傷だったようだ。L・バスケスはジムで練習を行っていたが、ウェイトトレーニングの重りを落としてしまい、直撃した左足の親指を骨折したという。

同紙によると、ケガは深刻なものではなく、手術も必要ない模様。ホセ・ゴンザレス医師は離脱期間について、「選手の痛みへの耐性による。すぐにプレーできる選手もいれば、1カ月半かかる選手もいる」と説明した。

現在28歳の同選手は今シーズンの公式戦で9試合に出場し、1ゴールを記録。10月にふくらはぎを負傷して以来、2度目の離脱となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-01000884-soccerk-socc
11/22(金) 5:16配信

悪質暴力サッカー監督に有罪判決! 中学生に金づちが入ったマットの収納袋を投げつけ頭の骨折る 

無題




1: X_ファイル ★ 2019/05/12(日) 14:01:20.63 ID:KRRiYzcq9
福岡市の少年サッカーチームの監督だった男が、
指導中に、中学生の選手に袋を投げつけ大けがをさせた罪に問われた裁判で、
10日、福岡地裁は有罪判決を言い渡しました。

判決によりますと、
少年サッカーチームの元監督・伴和彦被告(43)は2月、宗像市のグラウンドで、
当時中学2年生の男子生徒に金づちが入ったマットの収納袋を投げつけ、
頭の骨を折るなど全治不明の大けがをさせました。

これまでの裁判で伴被告は起訴内容を認め、検察側は懲役3年を求刑していました。

きょうの判決で福岡地裁は、
「3mほどの距離から重さ3kg近い袋を選手めがけて投げ上げた。
指導の域を越える危険な行為だった」と非難。

一方で、「賠償金の一部を支払い、監督を解任されて社会的制裁を受けている」として、
懲役3年執行猶予4年の判決を言い渡しました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-10726244-kbcv-l40



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索