Samurai Goal

香川


スポンサード リンク





香川、乾、家長、清武が揃った“2010年セレッソ”を元日本代表・播戸竜二氏が回顧「あいつらが海外に行けたのは…」 

20200621-00075104-sdigestw-000-5-view

「退団した時、20分間も泣いた」 香川、名将クロップとの“特別な師弟関係”に海外脚光 

20200618-00267520-soccermzw-000-1-view

香川 1部昇格でもチームに残れない!? 

20200618-01912854-tospoweb-000-10-view

「ハーランドよりもお買い得」 香川ら、“ドルトムント史上最高のバーゲン補強”を英特集 

20200518-00262216-soccermzw-000-1-view

<ドイツ人記者に訊く>香川、内田、高原、長谷部…ブンデス1部でプレーした日本人選手の「リアル評」は? 

1: 2020/05/18(月) 08:28:21.01
奥寺が好印象を残したにもかかわらず…
no title


 5月16日にようやくブンデスリーガが再開したが、コロナ禍のなか、いつもなら熱狂に包まれるドルトムントとシャルケのダービーも、無観客で行なわれた。

 そのレビア・ダービーでファンの心を掴んだのが、香川真司だった。ドルトムントのユニホームを纏って初めて臨んだシャルケ戦でいきなり2得点を決め、チームを敵地での勝利に導いたのだ。試合後、チームバスでドルトムントへ帰った日本人MFは英雄として迎えられ、歓喜するファンたちに肩車されたものだ。

 香川が愛されたのは、ダービーに強かったからだけではない。成功を収めたチームの重要な柱のひとりだったからだ。ユルゲン・クロップ監督の下で、攻撃的MFとして2010-11、11-12シーズンとブンデスリーガ連覇、11-12にはDFBカップとの2冠を達成。世界中から注目され、マンチェスター・ユナイテッドへと羽ばたいていった。

 そのイングランドの名門では本領を発揮できなかったサムライ戦士を、14年夏の移籍市場最終日にドルトムントが買い戻した。それは、ソーシャルメディアで「#freeShinji」キャンペーンを行なうなど、香川を連れ戻してほしい訴えたファンの願いを叶えるためでもあった。どれだけこの男が愛されていたかが分かるだろう。
 
 香川と同様に、ブンデスリーガでもトップのカテゴリーに入る名手だったのが、内田篤人だ。17年にウニオン・ベルリンへ移籍するまでシャルケで7シーズンに渡ってプレーした右SBは、攻守両面でハイレベルだった。

 そのふたりが活躍する随分前、1977年の夏にブンデスリーガの日本人第1号となったのが、ケルンへやってきた奥寺康彦だった。ドイツの3チームでプレーし、ケルンでの1シーズン目には、リーグとカップ戦で2冠を獲得した。その後にビーレフェルトでプレーした尾崎加寿夫が続いたが、正直、ほとんど記憶に残っていない。

 奥寺が好印象を残したにもかかわらず、尾崎以降はブンデスリーガではしばらく日本人不在の時代が続き、3人目の高原直泰がハンブルクにやってきたのは03年冬だった。当初は懐疑的な見方もあったが、ハンブルクとフランクフルトで計5年間プレーし、135試合に出場して25ゴール。エキゾチックな存在だった“スシボンバー”は、クオリティーの高さを証明し、その後に続く多くの日本人選手のために道を切り拓いたとも言える。

つづく

5/18(月) 6:00 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e86c29cb4ef7ba84f588017b88f7811c7df19a2

本田、香川、中田英寿そろった “アジア史上最強イレブン”にサムライがズラリ【独SPOX】 

GettyImages-145647229-min




1: 2020/04/24(金) 07:47:06.07
候補者にも日本人選手多数
アジア最強ベストイレブンを組むとするならば、日本人選手は何人入ってくるだろうか。

今回は独『SPOX』がアジア人選手でベストイレブンを作成しているが、日本人選手がかなり入ってきている。やはりアジアではNo.1級のタレント集団と言っていいだろう。

まずGKはサウジアラビア代表として170試合以上に出場したモハメド・アル・デアイエ。

最終ラインはイランから複数ポジションをこなせたユーティリティプレイヤーのメフディ・マハダビキア、
韓国代表監督も務めたホン・ミョンボ、
そして日本からフランクフルト所属の長谷部誠が選ばれている。長谷部も中盤、リベロの両方をこなせる選手だ。

ここからは中盤の選手が多く選ばれており、マンチェスター・ユナイテッドでも活躍した韓国の英雄パク・チソン、
日本のデイビッド・ベッカムと同メディアが評する中田英寿、ドルトムントでの活躍が衝撃的だった香川真司、
さらにMr.ワールドカップと言ってもいい3大会連続ゴールを記録した本田圭佑が入ってきている。

前線はトッテナムで大活躍する韓国代表のソン・フンミン、
ドイツで得点を量産した元韓国代表のチャ・ボムグン、
そしてアジアのストライカーとしては世界トップクラスの知名度を誇るイランのアリ・ダエイが選ばれている。

他にも同メディアは惜しくもベストイレブンには入れなかった優秀な選手たちをリストアップしているが、ここにも日本人選手が多い。

サイドバックの内田篤人&長友佑都、フリーキックの王様と評される中村俊輔、
レスター・シティでプレミアリーグ制覇も達成した岡崎慎司、日本サッカー界ではレジェンドであるFW釜本邦茂氏がベストイレブン候補者となっている。

長谷部、長友、本田、岡崎など、すでにベテランとなっているこの世代は日本サッカー界にとっても特別だ。
アジアカップ2011を制覇するなど、アジアの歴史でもトップレベルのチームとなっていた。

これに後輩選手たちは続けるのか。
数年後のアジア最強ベストイレブンに今の東京五輪世代たちが入ってくることに期待だ。


2020年04月22日(水) 21時35分配信
https://www.theworldmagazine.jp/20200422/02national_team/280154

<欧州リーグ打ち切り濃厚>香川、岡崎地獄行き? 

1: 2020/04/10(金) 19:24:59.17
新型コロナウイルス感染拡大の影響が欧州でプレーする日本代表イレブンを直撃だ。欧州各国では中断している今季リーグ戦の対応を巡って、再開か打ち切りかの議論が続いている。特に死活問題なのが、所属チームが昇降格に関わる位置にいる選手たち。今季リーグの扱い次第では、オフの去就にも影響が出てくることは避けられない。

 中断しているリーグ戦の今後を巡っては欧州各国の対応が割れている。ベルギーが打ち切りを表明した一方、ドイツは5月上旬の再開を目指すなど方針はまちまち。欧州サッカー連盟(UEFA)は各国リーグに全日程消化の基本方針を伝えているが、欧州全体で感染拡大が悪化の一途をたどっていることから打ち切り論が高まってきているのも事実だ。

 現状のままリーグが打ち切りになった場合、日本代表イレブンの去就にも影響は及ぶ。欧州クラブ所属選手も担当する代理人は「リーグによっても違うが、このまま打ち切りで順位が有効になったら降格圏のチームにいる選手は来季落ちることが決まってしまう。そうなれば身の振り方も考えなくてはいけないだろう」と指摘する。

 深刻なのが森保ジャパンで大黒柱のドイツ1部ブレーメンのFW大迫勇也(29)とスペイン2部デポルティボのMF柴崎岳(27)だ。

 ドイツは早期再開へ練習を開始するクラブも出てきたが、感染者数が再び増加傾向に転じており予断を許さない状況。そんな中で大迫がプレーするブレーメンは17位で自動降格の位置にいる。このまま2部降格となれば、日本代表のエースだけに来季は1部の舞台を求めて移籍を決断する可能性もある。

 さらに厳しいのが柴崎だ。スペインはドイツよりも打ち切り論が根強く、2部で降格圏の19位に低迷する柴崎は3部に落ちることになる。そうなれば、さすがに残留するわけにはいかないだろう。MF久保建英(18)がレンタル移籍中のマジョルカも1部で降格圏の17位だけに来季の去就に影響がありそうだ。

 ただ、各リーグの打ち切り議論では「順位を無効にすべき」という主張も多い。そうなると一転して地獄へ突き落されるケースも。スペイン2部で自動昇格圏の2位につけるサラゴサの元日本代表MF香川真司(31)や昇格プレーオフ圏内の4位ウエスカの同FW岡崎慎司(33)にとっては念願の1部でのプレーがかなわなくなる。

 新型コロナ禍によって日本の有力選手たちの将来が左右されそうだ

4/10(金) 16:42配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200410-00000036-tospoweb-socc

写真no title

久保建英のリーガ奮闘ぶりを検証。ヒデ、香川の欧州1年目と比べると……。 

20200315-00842865-number-000-4-view




1: 2020/03/15(日) 12:27:47.32
Number Web3/15(日) 11:51配信

 逆足で、あそこまで冷静に蹴り込めるのか――。

 7日に行われたラ・リーガ第27節マジョルカvs.エイバルでの久保建英のゴールである。

【秘蔵写真】かわいすぎる12歳のバルサ久保と17歳の南野、ロン毛時代の長谷部&本田、ニコニコ話す俊輔&ヒデ…名選手たちの若き日を写真で見る!

 右からのパスを受けて、左足で一瞬持ち込むと見せかけて切り返し、右足シュート。グラウンダーのボールは反応が送れたマーカーの足先、そして必死に手を伸ばした相手GKをあざ笑うようにゴールラインを越えた。

 久保の活躍で2-1とマジョルカが制したこの試合、30分遅れでキックオフされたリバプールvs.ボーンマス戦と並行して観ていた。リバプールのエースであるモハメド・サラーが相手マーカーが足を出すと読み切り、その股の間を通して相手GKの反応を遅らせた技ありの一撃の直後に、まるでプレイバックを見ているかのようだった。

 その技術と駆け引きの巧みさに驚いたのだろう。バルセロナの一般紙「ラ・バングアルディア」で、久保はこんな風に絶賛されていた。

 「まるでマンガのような動きで主人公みたい。『オリベル&ベンジー(キャプテン翼のスペインでの名前)』の登場人物のように左足にボールをくっつけて、ピッチを自在に動き回った」

 記事ではきっちり「バルサの下部組織にいた」ことなどにも触れている。

 バルサよ、ほら言わんこっちゃない。レアル・マドリーに取られたの痛かっただろ? ……というニュアンスが行間からにじみ出るのはご愛嬌だが、ここまで大きく報じられるとやはり嬉しくなってしまう。

現時点で「6得点」に絡む久保。

 エイバル戦のゴールで久保の今季リーグ戦成績(移籍情報専門サイト『transfermarkt』による)は以下の通りとなった。

 24試合3得点3アシスト。

 まだ18歳の選手がリーガ1部でレギュラーを奪うこと自体すごいことだが、結果もしっかりと残している。やはり今後の日本サッカーにとっての希望であることは間違いない。

 さて現時点で「6得点」に絡んでいる久保だが、過去の先輩たちは1年目にどのような成績を残したのか。

 以下、歴代欧州組アタッカーの「1部での1年目」の数字を見てみよう。『transfermarkt』のデータからゴールとアシスト数を調べてみた(アシストは判明分のみ)。まずは久保の所属するラ・リーガから。※は1月加入での成績だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200315-00842865-number-socc

スペインで苦しむ日本人選手たち…先週末は久保建英以外、全員が先発落ちに  

1: 豆次郎 ★ 2019/12/09(月) 12:38:11.11 ID:qPWmHOKN9
GOAL12/9(月) 11:30配信
スペインで苦しむ日本人選手たち…先週末は久保建英以外、全員が先発落ちに

今季から日本人選手が多くプレーするスペインだが、それぞれ苦しい境遇に陥っている。

マジョルカでプレーする久保建英をはじめ、香川真司(レアル・サラゴサ)や岡崎慎司(ウエスカ)が今季からスペインへ挑戦。さらに乾貴士(エイバル)、柴崎岳(デポルティーボ)など、現在多くの日本人が現在欧州最高峰の舞台で戦っている。

レアル・マドリーから期限付き移籍でマジョルカに加入した久保は、序盤戦こそ苦しんだものの、直近の数試合では圧倒的な存在感を放っている。前節は下部組織時代を過ごした古巣バルセロナとの一戦に臨み、敗れはしたものの(2-5)随所に輝きを放っていた。

だが、久保以外の選手は難しい時期を過ごしている。先週末のリーグ戦では、久保以外1人も先発することができなかった。

7日に行われたリーガ・エスパニョーラ第16節、エイバルはヘタフェに0-1と敗戦。乾は2試合ぶりの先発落ちとなり、最後まで試合を見守った。直近15試合でベンチに座ったのは4試合目となっている。

2部のウエスカは、第19節でラージョ・バジェカーノに0-2と敗れた。岡崎慎司は2試合連続でベンチスタートとなり、後半から出場。12試合連続スタメン出場と不動の選手とも見られていたが、ここまで3得点と結果が伴わないためか、直近2試合ではFWダニ・エスクリチェに1トップの座を奪われている。

またデポルティボとレアル・サラゴサ(1-3)の直接対決で、柴崎と香川は共にベンチスタート。前節ルーゴ戦では70分から6試合ぶりとなる出場を果たした柴崎だが、この試合では出場機会がなかった。香川は2試合連続のベンチスタートで83分に出場するも、大きな存在感を放つことはできていない。

さらにエストレマドゥーラのU-21日本代表GK山口瑠伊も、アルバセテ戦(1-1)はベンチから試合を見守った。

それぞれ憧れの地でのプレーを選択した選手たちだが、世界屈指のフットボール大国の壁は厚いようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00010012-goal-socc
no title

プレミアリーグ歴代最高の日本人選手は?世界各国のNo.1を英メディア特集!「香川と中田のほうが…」   

1: Egg ★ 2019/11/26(火) 22:42:15.05 ID:Czs7SoBe9
レスター奇跡の優勝に貢献した岡崎が選出 「常にたゆみないハードワーク」
no title


プレミアリーグは現在、世界最高峰のリーグとして絶大な人気を誇っているが、英メディア「GIVE ME SPORT」は「世界各国のプレミアリーグ歴代最高プレーヤー」と特集を組み、日本から昨季までレスター・シティに所属していたFW岡崎慎司(現ウエスカ)が選出されている。

【動画】「彼の表情がゴールをより良いものにした」 岡崎がレスター時代にCLで決めた“豪快ダイレクト弾”
https://www.football-zone.net/archives/230850/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=231218_6

 放映権の高騰化などにより、近年プレミアは莫大な資金力を誇っていることもあり、熾烈な上位争いを繰り広げる“ビッグ6”から中堅クラブまで、数多くのワールドクラスを擁している。同メディアは、これまでプレミアに在籍した世界各国の歴代ベストプレーヤーを選出している。

 フランスからはアーセナルで活躍したFWティエリ・アンリ(現モントリオール監督)、ベルギーからはチェルシーで活躍したMFエデン・アザール(現レアル・マドリード)、イングランドからはFWウェイン・ルーニー(現ダービー・カウンティ)ら世界トッププレーヤーが選ばれているなか、日本からは岡崎が抜擢されている。

「才能という面では、岡崎よりも香川真司や中田英寿のほうが優れている。しかし、このストライカーは常にたゆみないハードワークを示し続け、忘れ難い優勝のシーズンに重要な5ゴールを決めている」

 記事では、マンチェスター・ユナイテッドでプレーしたMF香川真司(現サラゴサ)、ボルトンでプレーしたMF中田英寿氏らが能力値としては高いことを指摘しながらも、岡崎の献身的な働きがレスターの“奇跡の優勝”に不可欠だったとして、日本を代表するプレミア戦士に指名されたようだ。

11/26(火) 19:26 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191126-00231218-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索