Samurai Goal

香川真司


スポンサード リンク





香川真司「楽しみでしかない」スペイン移籍焦りなし 

20190102-00434550-nksports-000-7-view

香川真司のスペイン移籍は非現実的?『キッカー』が見解「給料を払えるトップクラブは必要としてない」  


20181230-00157943-soccermzw-000-1-view





1: 2019/01/01(火) 12:09:23.81 _USER9
ドルトムントからスペインへの移籍を希望しているMF香川真司だが、実現は難しいのかもしれない。ドイツ『キッカー』が伝えた。

世界一のランジェリーモデルはチェックした?W杯出場32カ国の女神たち/32枚

今季ここまでブンデスリーガでの出場時間は98分にとどまるなど、首位を走るドルトムントで苦しむ香川。ルシアン・ファーブル監督の構想外となっており、本人も移籍希望を明らかにするなど、クラブへ残ることはないと見られている。

香川自身は憧れのスペインへの移籍希望を公言しているが、実現は難しいのかもしれない。

『キッカー』によると、スペインへの移籍は「現実的ではない」という。リーガの中で香川の給料を支払えるクラブはトップに限られており、それらのクラブは現在日本代表MFを必要としていないとしている。

ドルトムント側は2020年まで契約を残す香川を1月で放出することも考えていると言われており、シュトゥットガルトなどブンデスリーガのクラブも獲得に興味を持っていると言われている。

ブンデスリーガ首位を走るクラブで難しい状況の続く香川だが、今後どのような選択をするのだろうか。

GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00000030-goal-socc

香川真司、目標はあくまで「スペイン移籍」も「難しい」  

20181230-00157943-soccermzw-000-1-view




1: 2019/01/01(火) 07:51:35.45 _USER9
今シーズンわずか98分間の出場のみにとどまっている香川真司。それゆえ今冬での移籍を模索している状況にあり、
できることならばその行き先としてはスペインを希望したいところだ。
だが香川が現在得ているサラリーを支払えるスペインのクラブはほんの一部でしかないことからも、移籍先を見いだすことは決して容易なことではないだろう。

12月25日に日本のメディア、サッカーキングに掲載された記事では、
香川は「スペイン行きのために動いてきたけど、なかなか実現できていないので、必ず実現したい。これほど移籍が難しいものかと僕自身も肌で感じている。
ホントに100%(スペインへ行く)とは言い切れないですけど、そこを中心に探してます。
改めて自分自身がイキイキとして、より自我を強調したものに次の移籍先ではトライしたい」と説明。

ただ「僕を欲しているチームがない限り、(スペインには)行けないので、そういうことも視野には入れておかないといけないのかな…」との述べ、
「この3カ月間、悔しい気持ちを常人抱えながら暮らしてきたけど、いかに自分をコントロールするかを考えてきた」とコメント、
「とりあえず2019年はワールドカップで得たものを生かして、『純粋にサッカーがしたい』と心から感じています」との考えを示した。

http://news.livedoor.com/article/detail/15816523/
2018年12月31日 20時32分 kicekr日本語版

【動画】香川真司“エグすぎる”FK2連発に反響!国内自主トレ映像公開…華麗ゴールに歓喜 

20181230-00157943-soccermzw-000-1-view

<スペイン移籍希望の香川真司>フランクフルトとシュツットガルトのドイツ2クラブが興味!  

20181228-00000009-goal-000-3-view




1: 2018/12/31(月) 18:42:10.83 _USER9
スペインへの移籍希望を公言しているドルトムントMF香川真司(29)に、
MF長谷部誠が所属するフランクフルトとシュツットガルトのドイツ2クラブが興味を示したと、31日付のトルコ紙スポルエクス電子版が報じた。

同電子版はドイツでの報道を引用して、ドルトムントで出場機会を失っている香川に対して、
DF長友佑都が所属するガラタサライとベシクタシュのトルコ名門2クラブが獲得に乗り出しているが、
ここにきてドイツの古豪2クラブも獲得を目指しているという。

ドイツでの報道によると、ドイツ2クラブも1月の移籍市場での獲得を向けて動いており、
ドルトムントに対して期限付き移籍を申し出たと報じた。

ドルトムントとしても、20年までの契約となっている香川の放出を容認していると伝えた。

12/31(月) 18:19配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00433505-nksports-socc

【サッカー】<鎌田大地>「香川真司選手のように今はうまくいっていなくても、僕が入るよりは彼が代表に入るべきだと思います」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546228878/

スペイン移籍希望の香川真司にドイツ国内からも関心?ドルトムントも1月の放出を容認か 

20181228-00000009-goal-000-3-view

香川は「10点中3点」のMF最低評価 専門メディアが酷評「ドルトムントでのキャリアは…」 

20181226-00010004-goal-000-5-view




1: 2018/12/27(木) 22:03:56.77 _USER9
新加入のヴィツェルとディレイニーが高評価のなか、香川はダフードを下回る辛辣な見解

 MF香川真司の所属するドルトムントはブンデスリーガ前半戦(第17節終了時点)で勝ち点42を獲得し、2位バイエルンに勝ち点差6をつける首位で折り返した。
2011-12シーズン以来となるリーグ制覇に向けて順調な航海を続けている。そんな好調のチームのなかで、際立っている選手は誰なのか。ドルトムント専門メディア「BVB BUZZ」がポジションごとにここまでの活躍を採点した。

 そのなかから中盤の選手の評価を見てみよう。今季のメインシステムで言えば主に4-2-3-1の「2」のポジションの選手が該当するようだが、
そのなかで最も高い評価を得たのは夏の新加入選手、ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルだ。10点満点中の10点という最高評価を手にした。

「彼らが2000万ユーロ(約25億円)を費やしたのはやや驚きだった。しかし、このベルギー代表は即座にチームに影響を与えた」。
加入直後からレギュラーに定着したヴィツェルは、その活躍から「チームにとって最も重要な一人」と絶賛された。

 それに次ぐ評価を得たのも、やはり新鮮力のデンマーク代表MFトーマス・デラネイで7.5点。ヴィツェルとのコンビで中盤に安定感をもたらした。

 可も不可もなくという評価だったのは、元U-21ドイツ代表MFマフムード・ダフードだ。高いテクニックを誇るボランチだが、ディレイニーの後塵を拝する格好となり、
6点にとどまった。トーマス・トゥヘル元監督(現パリ・サンジェルマン)時代には不動の存在だったドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルは5点。
リーグ戦出場機会はわずか4試合で「ルシアン・ファブレ体制最大の敗北者の一人」と辛辣な評価となった。

 しかし、さらに厳しい評価となっているのが香川だ。ブンデスリーガで2試合出場にとどまる背番号23は事実上の戦力外で、この冬の移籍が取り沙汰されている。
記事でも、「残念だが、シンジ・カガワのドルトムントでのキャリアは終わりに近づいている」と指摘された。採点は10点満点の3点。
ドルトムント通算7季目となる今季は香川にとって試練のシーズンとなっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181227-00157099-soccermzw-socc

“構想外”香川&“苦境”川島の胸中は…森保J未招集2人を直撃!地位奪回を果たすには―。  

12-kagawa-sub




1: 2018/12/27(木) 20:29:15.03 _USER9
2019年1月のアジア杯(UAE)に参戦する日本代表が、8年ぶり5回目の優勝を目指して26日から千葉合宿をスタートさせる。森保一監督(50)は、18年ロシアW杯組のMF香川真司(独ドルトムント)やGK川島永嗣(仏ストラスブール)といった経験豊富な選手を外し、初の公式大会に若手主体で挑む。帰国した2人を成田空港で直撃した。

アジア杯代表23人発表 香川を呼ばなかった森保監督の胸中

 ◇  ◇  ◇

「アジア杯を2度経験した身として言えるのは、楽な試合はひとつもなかったということ。アクシデントも起きるし、審判や雰囲気を含めて簡単な試合はない。試されるものはたくさんある」と語気を強めたのは、この8年間「背番号10」を背負った香川である。日本が4回目のアジア王者に輝いた11年のカタール大会では、準決勝・韓国戦で右足を骨折。15年豪州大会では、PK失敗で8強敗退を強いられた。彼の言葉はやはり重いのだ。

 香川の経験値を活用すべく、森保監督は11月に渡独して直接会談を持ったが、最終的に招集を見送った。それも香川が今季ブンデスリーガ公式戦の出場が、4試合にとどまっているからである。「言うたら構想外。競争したくてもできない状況が続いた。体は万全なのに(戦力と)考えられてないのが屈辱的で練習もロクにできない状況もあった」と本人も欧州9年目にして最悪の扱いを受けたことを明かした。泥沼状態から抜け出すためにも、年明け1月の移籍期間に新天地へ赴く必要があり、憧れの地スペイン行きを熱望している。

「そこ(スペイン)を中心に探しています。自身がイキイキとし、より自我を強調したものを移籍先ではトライしたい。まだまだ成長できると思っているし、次の(22年カタール)W杯まで十分に時間はある。今は純粋にサッカーがしたい」と香川は<所属クラブで出番を得ること>に集中している。それが代表復帰への絶対条件だ。

■どこまでも前向きなGK川島

 川島は、ロシアW杯後に移籍した仏ストラスブールでリーグ戦出場はゼロ。ベンチ入りもわずか4試合。想像以上の苦境にあえいでいる。

「自分は夏の移籍期間の最後に決まったし、すでにチームの骨格ができていたので最初から難しい状態だった。でも少しずつ、地味ながら状況は変わってきている」と本人はどこまでも前向きだ。

 ロシアで壮絶な批判にさらされながら、日本のゴールマウスを守り抜いた強靱な精神力は、依然として健在である。

 川島不在の森保ジャパンでは、東口順昭(G大阪)ら3人のGKが横一線の状態にいる。

「重要なのは、日本人GKが<どれだけ世界レベルで戦っていけるか?>です。一人一人が、その自覚を持つことが大事です」とW杯3大会出場の守護神は後輩にエールを送る。もちろん代表復帰を諦めてはいない。

 地位奪回を果たすには――。19年はクラブでの控え脱出が、何よりも最重要課題になるはずだ。

(サッカージャーナリスト・元川悦子)

2018年12月27日 9時26分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15797917/

ドルトムントとの離別を決意した香川真司。希望のスペイン行きか、それとも…【サムライたちの前半戦】 

20181226-00010004-goal-000-5-view

「純粋にサッカーがしたい」…香川真司が明かした移籍への思いと進むべき“最良の道” 

20181225-00880994-soccerk-000-2-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索