Samurai Goal

香川真司


スポンサード リンク





香川真司はもはやJリーグに出戻って心機一転、巻き返すしかないだろう 

1: 名無しさん 2016/09/28(水) 14:00:48.83 ID:CAP_USER9
欧州でプレーする日本代表主軸組のドルトムントMF香川真司(27)、レスターFW岡崎慎司(30)、セビリアMF清武弘嗣(26)が、日本時間28日午前3時45分開始の欧州チャンピオンズリーグ(CL)で2戦連続の出番なしに終わった。

 3人の中で最も焦燥感にさいなまれたのは、ベンチメンバーにも入れなかった香川だろう。

 地元ドイツにスペインの名門レアル・マドリードを迎え撃ったドルトムント。MFゲッツェ、FWデンベレの新加入選手が先発して好連係を見せれば、後半途中出場の19歳FWエムレ・モルが存在感をアピールする。

 終了間際には、後半28分に登場した17歳MFプリシッチが、右サイドを鋭くドリブル突破してクロス。同13分交代出場のMFシュールレが強烈シュートを叩き込み、値千金の劇的同点弾。香川とポジションを争う攻撃系選手5人が持ち味を発揮し、難敵相手に貴重な勝ち点1を獲得した。

 ドルトムントはレアル戦の前に「中2日で4連戦」の強行軍。それでも計20ゴールと攻撃陣が本領を発揮して4連勝を飾った。その4戦すべてベンチスタートだった香川は、17日の国内リーグ戦の後半途中から「27分」しかプレーしていない。

 そしてベンチ外に終わったレアル戦――。ドルトムントに居場所がなくなり、もはやJリーグに出戻って心機一転、巻き返すしかないだろう。

 ポルトガルの強豪ポルトと地元で対戦したレスター。大黒柱FWバーディと2トップのコンビを組んだ新加入FWスリマニが、前半25分にヘディングで決めたゴールが決勝点となった。後半37分以降はMFキングとFWグレイが、そしてアディショナルタイムにはFWムサがピッチに送り込まれ、ついに岡崎にはお呼びが掛からなかった。

「どの攻撃系選手と一緒にプレーしても、彼らの良さを引き出すことができる」と岡崎は豪語しているが、単純に個人能力を比べられてベンチウオーマーとなっている。

 日本代表では不動のレギュラーFW岡崎も、その立ち位置はかなりヤバくなってきている。

 今季からセビリアに加入した清武は、リーグ戦2試合で出場機会に恵まれず、この日のリヨン戦もベンチウオーマーに甘んじ、やはり今季加入組で同タイプの技巧派MFナスリの活躍を指をくわえて見守るばかり。現状は上がり目なしである。

ゲンダイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00000019-nkgendai-socc
no title

香川真司が代表で輝けない”理由”と、ドルトムントに見る”生きる道” 

1: 名無しさん 2016/09/28(水) 06:33:12.14 ID:CAP_USER9
どんな人間にもそれぞれ 機能するための条件がある。

ある国でMVP級の活躍をした選手がいたとする。噂を聞きつけた世界各国のビッグクラブが、「ぜひ、 我がクラブに!」と懸命に交渉するだろう。
争奪戦の末にようやく移籍先が決まると、満面の笑みで写真撮影に臨む選手とクラブ関係者の姿が一斉にメディアで報じられ、
サポーターは喜びの歌を歌う。これで「今季の我がクラブは安泰だ」、と。
 
しかし、鳴り物入りで加入した選手が、必ずしも期待通りに活躍する保証はどこにもない。
序盤から思ったようなプレーができずに躓き続けると、「そもそも実力不足」「人間関係で苦労して、環境に馴染むことができなかった」
「ビッグクラブのプレッシャーに耐えられなかった」などの批評がメディアで飛び交い、気がつくと彼の名前はスタメンのリストから消えている。
 
これは、決して珍しい話ではない。だが、なぜあるクラブではヒーロー級の存在で、別のクラブではベンチウォーマー止まりという現象が起きるのか。
あるいは、クラブでは干されていても代表では抜群の働きを見せる選手がいれば、
逆にクラブチームでは活躍できても代表チームではパッとしない選手がいる、という現象についても同様だ。
 
ドイツの心理学者ヤン・マイアーは、ある講演会でこう演説している。「どんな人間にも、それぞれ機能するための条件がある。
社会性や嗜好性は異なり、人間関係の築き方にも特徴がある。実力を発揮するためには、自分を100パーセント信頼してくれる人間の存在が身近に必要だ。
人を外から直接変化させることはできない。自分自身の環境適性などから新しい世界観が生まれてくるのだ」

「日本代表での香川真司」について考えるうえで、 この視点は非常に大切だろう。
クラブと代表ではプレーするチームが違えば、対戦する相手も異なる特徴を持っている。また、限られた枠の中からセレクションで選手を集める代表チームでは、
それぞれの性格や人間関係、環境適正能力などを配慮し、実力を最大限発揮できるための最適な環境を手にすることは容易ではない。

無論、どんなチームや環境でも力を発揮するのが一流選手の条件であるのは間違いないが、
常に激しいプレッシャーを受ける香川のポジションでは、自力で流れをコントロールするのは難しい。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160928-00019142-sdigestw-socc
SOCCER DIGEST Web 9月28日(水)6時0分配信

no title

ドルト香川真司、CLレアル戦もベンチスタートか!?クラブ&UEFAが予想スタメン発表! 

1: 名無しさん
香川、CLレアル戦もベンチスタートか クラブ&UEFAが予想スタメン発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160927-00000011-ism-socc
 現地時間27日(以下現地時間)のチャンピオンズリーグ(以下CL)で、レアル・マドリー(スペイン)を本拠地に迎えるドルトムント(ドイツ)。クラブはこの試合に先立ち、公式HPとツイッターで両チームの予想先発を公開した。

 ともにCLグループリーグを白星発進したドルトムントとレアル。2連勝を目指すこの試合、ドルトムントが発表した同チームの予想先発はGKローマン・ビュルキ、DFウカシュ・ピシュチェク、ソクラティス・パパスタトポウロス、マルク・バルトラ、マルセル・シュメルツァー、MFユリアン・ヴァイグル、マリオ・ゲッツェ、ラファエル・ゲレイロ、FWウスマン・デンベレ、ピエール・エメリク・オーバメヤン、アンドレ・シュルレで、システムは4-3-3。

 UEFA(欧州サッカー連盟)は、シュルレではなくゴンサロ・カストロの先発を予想しているが、あとの10人は同様の顔ぶれ。21日の国内リーグでそけい部を傷めたバルトラが最終ラインに復帰し、リーグ戦ここ2試合出番のない香川真司は、ベンチから出場機会をうかがうことになりそうだ。

 ドルトムントの予想スタメン発表を受け、スペイン『マルカ』紙(電子版)は「このラインナップが本物か、あるいはいくつかの薫製のニシン(おとり)が紛れているかは分からない」と指摘しつつ「4-3-3でオーバメヤンとゲッツェの起用は、非常にもっともらしいものだ」と述べている。

 なお、ドルトムントはレアルについて、カセミロが負傷離脱中の中盤はトニ・クロース、ルカ・モドリッチ、マテオ・コヴァチッチの3選手で構成され、マルセロが戦列を離れている左サイドバックではダニーロが先発すると予想している。

ISM 9月27日(火)9時40分配信
no title

日本代表、9月の最終予選ではノーゴール…。香川をスタメンから外すべきか? 

1: 名無しさん 2016/09/27(火) 07:20:44.70 ID:CAP_USER9
競争原理を働かせるなら今が〝英断?の時か。

エースナンバー「10」を背負っているからでもあるだろう。9月のワールドカップ・アジア最終予選で結果を残せなかった香川への風当たりが、以前にも増して強くなっている印象だ。
果たして、このテクニシャンをスタメンから外すべきなのか? サッカーダイジェストの代表担当4人がジャッジする。
 
回答1:スタメンから外すべき!

文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)

低調に終わった9月シリーズの出来が続くようであれば、迷わずベンチに置くべきだろう。
 
理由は単純明快。香川を〝アンタッチャブル?な存在にしてしまうと、健全な競争原理が働かないからだ。
最近、知人から「なんで香川は代表だと輝けないの?」と問われる回数が増えた。
もちろん、過去に輝いた試合がないわけではないが、エースナンバーを背負う男は、すべての人を納得させるパフォーマンスを見せているだろうか? 少なくとも、今の彼はそうではない。
 
ハリルホジッチ監督は今年3月のメンバー発表の際、「真司にスタメンの座は約束されていない」というニュアンスの発言をしている。
そのスタンスは貫くべきだし、国を背負って戦う代表の舞台では、ネームバリューや実績ではなく、調子の良い選手、結果を残している選手が優先 的に使われるのが必然だ。
 
対抗馬として名前が挙がる清武は、 「(香川と)ポジションを争っているつもりはない」と話す一方で、「トップ下でどうプレーするか」にはこだわりを見せている。
6月のボスニア・ヘルツェゴビナ戦では、故障欠場の香川に代わってトップ下に入り、攻撃を牽引した。
9月のUAE戦のように、トップ下とウイングでふた りを同時起用するのも手だが、もっとライバル関係を煽ってもいいはずだ
(ウイングは清武ではなく、カットインや裏への抜け出しができる宇佐美や原口がベターだと思う)。
 
香川は〝ボールプレーヤー?であり、ボールに触れることでリズムを掴む。パスが受けにくいトップ下で起用された場合は、それが難しい。
もし香川ありきのチーム作りでスタメンにこだわるならば、システムやポジション変更を視野に入れたほうがいい。
 

回答2:スタメンから外すべき!

文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
スタメンから「外すべき」としたのは、なにも〝失格?の烙 印を押すという意味ではない。
ただでさえ、対世界となった時に日本は個の力で見劣りするのだから、彼の 非凡な能力を生かさない手はない。
 
しかし、本人のコンディションが整わないなかで、闇雲にスタメンで起用し続けるのはいかがなものか。
提案したいのは〝ジョーカー?としての活用法だ。様々な責任を背 負わすのではなく、短時間でゴールを奪うことだけに集中させる。
今の日本には切り札と呼べる存在がいないだけに、香川を勝負所まで〝取っておく?意味は大きい。
 
最近の香川は味方や敵が入り乱れる相手ゴール前で窒息しているかのように映るが、 後半途中からであれば十分にスペースを得られるはずだ。
相手は日本の10番を警戒してくるだろうし、疲弊している状況で香川がピッチに入ってくるのを目にすれば、それなりのプレッシャーを感じるだろう。
 
さらに、香川のジョーカー起用で手にできる利点がもうひとつ。それはチーム内の競争を活性化させられる点だ。
10月6日のイラク戦のトップ下は、セビージャで評価される清武、タイ戦でゴールを決めた原口、Jリーグで優勝争いを演じる川崎を牽引する中村ら、
コンディションの良い選手を使ってみてはどうか。彼らに起用の目処が立てば、選手層に厚みを持たせられる。
もし、刺激を受けた香川が途中出場で結果を残せば、失いつつあった自信を取り戻せる可能性だってある。
 
慎重なハリルホジッチ監督には、相当なギャンブルに思えるかもしれない。
しかし、グループ内の最大のライバルであるオーストラリアや難敵サウジアラビアと対戦する前に、試す価値はある。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160927-00019110-sdigestw-socc
SOCCER DIGEST Web 9月27日(火)7時0分配信

no title

ドルト香川真司、ブログでポジション争いの激化を告白「ここ数試合出遅れているのは自分の責任!」 

1: 名無しさん 2016/09/25(日) 08:50:15.27 ID:CAP_USER9
ボルシア・ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が現在の心境について語った。24日に自身のブログで伝えている。

今季は出場機会が激減している香川。公式戦4試合に出場して2得点を決めるも、まだ出場時間は296分間のみ。
現在公式戦4試合連続でベンチスタートとなっており、リーグ戦では2戦連続で出番がもらえていない状況だ。

そこで香川は、「ここ数日…」というタイトルでブログを更新。
そして「ここ数日の思いや心境を皆さんにちゃんと伝えなくてはいけない」と始めると、
「今までと比べてもすごく激しいポジション争いがあります」と今季に増えたライバルとのポジション争いについて語った。

香川は、「インサイドハーフのポジションでは、ラファ、マリオ、ゴンソといった選手とのポジション争いがあります」
とDFラファエル・ゲレイロ、MFマリオ・ゲッツェ、MFゴンサロ・カストロの名を挙げている。

そして、「本当にみんな良い選手です」とライバルの能力を認める一方で、「ここ数試合出遅れているのは自分の責任だと思っています」
と代表選で負った足首の捻挫について言及。そして、「負けず嫌いの僕にとっては日々悔しさはあります。
本当に悔しいです」と出番が少ない現状への悔しさを告げた。

それでも香川は、「必ずチャンスが来ると信じて、日々トレーニングや準備を行っているので、慌ててはいませんし、
何よりもチームが勝つために何が出来るかを長いシーズンの中で考えて戦っていきたと思っています」と前向きな気持ちを欠かしていない。

ドルトムントは27日にチャンピオンズリーグでレアル・マドリーと対戦する。果たして香川は出番がもらえるだろうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160925-00010008-footballc-socc
フットボールチャンネル 9月25日(日)8時20分配信
no title

ドルト香川真司が今季出番をなくしているのはトゥヘルと相性が悪いだけだと思う。。。 

913: 名無しさん 2016/09/24(土) 13:55:39.82 ID:ll1W5Qr00
no title


香川は、トゥヘルと相性が悪いだけだと思う
トゥヘルは、ペップを尊敬しているように選手をコントロールする監督だけど、香川は本能的な感覚で動く選手だから
リベリがアンチェロッティやハインケスでは輝くけど、ペップでは輝けないように
岡田さんも「香川はサッカー小僧だから戦術にあてはめたらダメ」って言ってる
https://www.youtube.com/watch?v=6UAkwk6UDa4


香川は考えちゃダメなのに、考えちゃうタイプみたいだから思いつめてスランプになっているように見える
トゥヘルは多分来シーズン一杯でやめるけど、そこまで待つのは時間がない
香川の良かった頃を知っている監督のところに移籍したほうがよいと思う
残念だけど、リバプールにはポジションはないからそれ以外で

ドルト香川真司に「予想外」の強力ライバル!左SBの新戦力ゲレイロがMFで躍動 

1: 名無しさん 2016/09/24(土) 20:02:32.65 ID:CAP_USER9
日本の10番にピンチ!? ”香川orゲッツェ”よりも激しかったドルトムントの生存競争に勝てるか

香川真司とマリオ・ゲッツェのどちらがポジションを勝ち取るのか。シーズン開幕前は日本代表MF香川真司とドルトムントに復帰したゲッツェがトップ下のポジションを巡って争うと予想されていた。ところが、その予想とは違う状況が生まれている。
ドルトムントは17日にホームでダルムシュタットと対戦したが、この試合では香川もゲッツェもベンチスタート。中盤にはアンカーにユリアン・ヴァイグル、インサイドハーフにはゴンサロ・カストロと新加入のラファエル・ゲレイロが入った[4-3-3]のシステムが採用された 。想定外だったのはゲレイロのパフォーマンスだろう。
ゲレイロはEURO2016を制したポルトガル代表で主に左サイドバックを務めていた選手だが、ドルトムント指揮官トーマス・トゥヘルはゲレイロを中盤で起用している。ゲレイロもすでにチームに溶け込んでおり、そのパフォーマンスは見事だ。開幕前は予想されていなかったが、ゲレイロが香川のライバルの1人になりつつある。
ゲレイロはサイドバックもできる選手だけあって、サイドに流れた際にも良いプレイができる。レフティーなのも魅力的で、ダルムシュタット戦でもドルトムントの左サイドは相手の脅威となっていた。さらに、ゲレイロには高精度なキックがある。セットプレイでもキッカーを担当しており、その存在感は大きくなる一方だ。また、ゲレイロは先日のチャンピオンズリーグ、レギア・ワルシャワ戦でも得点を決めており、インサイドハーフとしてのパフォーマンスは最高だ。
さらに見逃せないのが、もう1人のカストロだ。カストロは昨季も香川とポジションを争っており、インサイドハーフとして今季も争うことになるだろう。そのカストロもレギア・ワルシャワ戦に続いて今回のダルムシュタット戦でも見事なヒールシュートを含む2得点を記録。アシストも決めており、こちらも絶好調だ。
香川もダルムシュタット戦で途中出場したものの、抜群のパフォーマンスというわけではなかった。今や香川orゲッツェではなく、2人ともスタメンに入れない可能性も出てきている。それほどゲレイロとカストロのパフォーマンスは印象的だった。
今後もローテーションで香川に出番が回ってくることもあるはずだが、結果を出さなければ本当に立場が危ういかもしれない。中盤深くまで下がってゲームを組み立てるのも良いが、やはりゴールやアシストといった分かりやすい結果を残す必要があるだろう。
http://www.theworldmagazine.jp/20160919/01world/germany/87974
no title



またこの試合でもインサイドハーフの位置で起用されたゲレイロについては、トーマス・トゥヘル監督はこのように話している。

「サッカーが上手すぎるほどなので、驚きはない。並外れたカリスマを持っており、すでにチームに溶け込んでいるという印象を与えてくれる。ものすごい才能の持ち主で、周りの選手たちを上達させるんだ。彼を選手として自分の下に置けるのは大きな幸せだ」
http://www.goal.com/jp/news/123/1/2016/09/21/27742192/1
no title

ドルト香川真司は良い人すぎる!実力的には準ワールドクラスなのに、もっとガツガツいってほしい 

48: 名無しさん 2016/09/24(土) 11:23:56.45 ID:+fu+p6EO0
香川は良い人すぎる
実力的には準ワールドクラスなのに、もっとガツガツいってほしい

no title

【ハイライト動画】ブンデス第5節 オーバメヤンなど3選手、”2試合連続弾”で公式戦4連勝! 香川は2戦連続出場なし 

1: 名無しさん 2016/09/24(土) 07:35:09.95 ID:CAP_USER9
【ドルトムント 3-1 フライブルク ブンデスリーガ第5節】

現地時間23日にブンデスリーガ第5節が行われ、ドルトムントはフライブルクと対戦。
ピエール=エメリク・オーバメヤンなどがゴールを積み重ねドルトムントが3-1の勝利をおさめている。

日本代表MF香川真司は公式戦4試合連続でベンチスタートとなった。
好調を維持しているラファエル・ゲレイロもチャンピオンズリーグ(CL)を考慮してこの日はベンチスタート。
反対にダルムシュタット戦で途中出場ながら存在感を見せていた19歳のエムレ・モルは先発起用されている。

試合開始して18分、パスを受けたオーバメヤンがシュートを放つもゴール左に外れる。
23分にはモルが相手選手を交わしてシュートを放つがこれはゴールポストに弾かれた。

その後も一方的に攻め続けるドルトムントだがゴールが奪えない。
それでも45分、19歳のウスマン・デンベレがゴール前にパスを送るとオーバメヤンが反応し先制点を決めた。

さらに53分、味方選手がゴール前に向けて出したパスは1度相手選手にカットされるが、
そのこぼれ玉をウカシュ・ピシュチェクが押し込みドルトムントに追加点が入る。

しかし60分、縦パスを受けたフライブルクのマキシミリアン・フィリップがサイドを駆け上がり、最後は自らドリブルで仕掛けて得点を決めた。
1点差に詰め寄られたドルトムントだが、途中出場のゲレイロが後半アディショナルタイムにダメ押しの3点目を決める。

その後はリードを守りきり3-1の勝利をおさめている。
この結果、ドルトムントは公式戦4連勝となった。香川はヴォルフスブルク戦に続き2戦連続で出場していない。

【得点者】
45分 1-0 オーバメヤン(ドルトムント)
53分 2-0 ピシュチェク(ドルトムント)
60分 2-1 フィリップ(フライブルク)
90分+1分 3-1 ゲレイロ(ドルトムント)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160924-00010000-footballc-socc
フットボールチャンネル 9月24日(土)5時24分配信

http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ger/ger-10929594.html
試合スコア
no title

ドルト香川真司の内面に何が?ドルトムントで出場機会減少も余裕の対応・・・なぜこうまで落ち着いていられるのか? 

1: 名無しさん 2016/09/21(水) 07:55:41.52 ID:CAP_USER9
香川真司が出遅れている。ドイツ杯1回戦トリール戦、リーグ開幕戦マインツ戦とフル出場したものの、W杯予選をはさんで第2節ライプツィヒ戦はベンチ外。
続くチャンピオンズリーグ初戦のレギア・ワルシャワ戦ではベンチ入りしながら出場機会はなかった。
9月17日の第3節ダルムシュタット戦では63分から出場したが、すでに3-0と勝負がついてからの交代だった。試合は6-0とドルトムントが圧勝している。

昨季までと比較すると出場状況の違いは明らかだ。例えば昨季はユルゲン・クロップからトーマス・トゥヘルに監督が交代し、
戸惑いを口にしながらも、第14節まではすべて先発出場。後半戦に入り、第18節でベンチ外となった時などは、ドイツメディアもこぞって騒いだものだ。

香川自身の様子も少々違う。これまでなら先発を外されたり、思い通りのプレーができなかったりすると、試合後にコメントを残さなくなり、
何か話したとしても口調や表情からは内面の苦悩が“だだ漏れ”だった。だが今季は、こちらが不安になるほどいたって落ち着いている。

ダルムシュタット戦後もこんな調子だ。
「いい試合だった……というか、相手もかなり引いていたので失点はないと思ってたし、いい形で先制点がとれた。よかったと思います」

ライプツィヒ戦の敗戦からすっかり立ち直ったチームについても余裕を持って語る。
「チャンピオンズリーグの勝ち方がよかったから、それがすごくチームに自信を与えた。あとは新加入の選手が結果を出したので。
今日もああやって出た選手みんなが点を取っていて、なかなかこんな状況が2試合連続であることはない。
みんなが均等に点を取ってアシストし合っているので、そういう意味では自然と雰囲気は上がっていくと思います」

なぜこうまで落ち着いていられるのか。

ひとつの理由は、試合に出ない原因が明らかになっていることだろう。9月の代表戦後は右足首の打撲の治療と時差を含めてコンディション調整が必要だった。
レギア・ワルシャワ戦後には「監督と話し合って無理はしないということに……」と、明かしている。

それでもこれまでの香川であれば、もっと結果を求めて苛立ちを露わにしていたように思う。
「基本は毎試合、出たい」と、試合数の多いプレミアリーグでプレーしていた時でさえ語っていた。

>>2につづく

了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160920-00010000-sportiva-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索