Samurai Goal

香川真司


スポンサード リンク





<香川真司>ヌマンシア戦のプレーは低評価「開幕直後の選手ではなくなっている」  

20191014-00010005-goal-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/10/14(月) 07:38:38.91 ID:q7MERO5f9
13日のリーガ・エスパニョーラ第11節、レアル・サラゴサは敵地パハリートでのヌマンシア戦に1-0で勝利した。この試合で先発出場を果たし、73分にピッチから下がったMF香川真司は、スペインメディアで低評価をつけられている。

4-2-3-1のトップ下として出場した香川だが、ヌマンシアの堅守を前に存在感を発揮することができず、73分に途中交代。ヌマンシアの速攻に苦しめられていたサラゴサは80分にMFイニゴ・エグアラスが決勝点を記録し、じつに5試合ぶりとなる白星を手にしている。

香川のスペインメディアにおける評価は、芳しいものではなかった。『エル・デスマルケ』の採点(10点満点)ではMFジョルジ・ポンボとともにチーム最低タイとなる4点をつけられ、寸評ではここ数試合にわたり低調なパフォーマンスを繰り返していることを強調している。

「日本人はリーガ最初の数試合と同じ選手ではなくなっており、またも本来のレベルにないことを露呈してしまった。迷子になり、攻撃ではほとんど何も貢献できず、さらにGKダニ・バリオを眼前とする明確な決定機を逃している(※この決定機は、結局はオフサイドの判定)」

またスペイン『アス』の採点(3点満点)で、香川はチームほか9選手と同じく1点の評価となり。試合レポートにおいて同選手への言及はなかった。

香川は風邪で1試合を欠場してから輝くことができない状況が続いており、ここから巻き返しを図りたいところ。なおサラゴサは次のミッドウィークに、延期となっていたアウェーでのフエンラブラーダ戦に臨むことになる

10/14(月) 7:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00010005-goal-socc

“アジア選抜”を作るなら日本からは何人入るか?久保建英が香川真司をも超える人気  

1: Egg ★ 2019/10/13(日) 18:36:15.95 ID:lickMa199
日本人選手は最多の……

もしワールドカップが大陸別の戦いだったらどうなるだろうか。例えばアジア・オセアニア選抜VS南米選抜といった戦いになった場合、どちらが勝つのか。

今回スペイン『MARCA』が各大陸の選抜チームを作る興味深い企画を組んでいるのだが、アジア・オセアニア選抜チームを作る場合に日本代表選手は何人チームに入ることができるだろうか。

選抜チームの作り方は、アンケートの投票で決まる方式となっている。まずGKでは日本代表GK川島永嗣も候補者に入っている。ただ、最も多くの票を集めたのはオーストラリア代表のマシュー・ライアンで65%。残念ながら川島は25%で2番手となっている。

次にサイドバックだが、右サイドはカタール代表のペドロ・コレイアが48%でトップ。日本代表の酒井宏樹は37%で2番手となってしまった。左サイドはDF長友佑都が圧倒的な人気を誇り、トップの68%を獲得。

センターバックでは長年ウェストハムでプレイしてきたニュージーランド代表のウィンストン・リードが58%の票を獲得してトップ。2番手は日本代表の吉田麻也で28%の票を獲得しており、この2人がセンターバックコンビということになる。

ボランチは日韓コンビだ。ボランチは8人の候補者から2人を選ぶやり方となっており、韓国代表MFキ・ソンヨンが43%、日本代表MF柴崎岳が59%の票を獲得。どちらもパスを散らせる選手で、アジアでの知名度は圧倒的ということだろうか。

面白いのは攻撃的MFだ。アジアトップクラスの知名度を誇る香川真司、韓国代表の将来を担うバレンシア所属の18歳MFイ・ガンイン、UAEの天才MFとして知られるオマル・アブドゥルラフマン、さらに現在マジョルカでブレイクする18歳の日本代表MF久保建英らが候補入り。激戦が予想される顔触れだが、トップとなる47%の票を獲得したのは久保だ。マジョルカでのブレイクが影響しているのか、スペイン紙における久保の評価は極めて高い。

2番目は香川で24%となっており、香川もレアル・サラゴサでのパフォーマンスが評価されているのだろう。とはいえ、長年日本を引っ張ってきた香川に久保が倍近い差をつけるのは少々意外だったか。

最後は前線3人だ。残念ながら、ここには日本人選手が1人もエントリーしていない。1番多くの票を得たのは韓国代表FWソン・フンミンで、何と70%の票を獲得。次いでエスパニョールでプレイする中国代表のウー・レイが23%、そして今年のアジアカップでブレイクしたカタール代表のアズモエル・アリが4%。この3人がアジア・オセアニア選抜の前線に選ばれた。日本のサッカーファンとしては大迫勇也、中島翔哉、南野拓実らも候補に入れてほしかったところ。

ただし日本人選手は最多の4人がスタメンに選ばれている。海外組が増えていることもあり、日本人選手の知名度も世界的に高くなっている。アジアサッカーといえば日本代表といったイメージがついているのかもしれない。

2019年10月12日(土) 21時40分配信
https://www.theworldmagazine.jp/20191012/02national_team/257555

写真
no title

スペイン紙も驚き?香川真司、日本代表に招集されず「サラゴサにとって朗報」 

20191006-43472443-gekisaka-000-1-view[1]

香川真司、発熱で次戦欠場へ…監督「特別な存在を失い、すべて変更が必要」3日には代表メンバー発表も  

1: Egg ★ 2019/10/03(木) 08:39:43.44 ID:B5K5ip1C9
加入後初の欠場へ

サラゴサの香川真司が発熱により、3日のマラガ戦を欠場するようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

今夏にサラゴサに加入して以降、全7試合に先発出場し、2ゴールを記録する香川。リーグ戦4勝3分けと開幕から無敗を維持するなど好調を続けるチームを支える日本代表MFは、3日に控えるマラガとの一戦でもピッチ立つことが予想されていたが、ウィルス感染による発熱でこの試合の欠場が決定的に。ビクトル・フェルナンデス監督は香川の状態について言及した。

「シンジはほぼ確実に欠場する。99%は出場しないと言える。本当に都合が悪く、残念なことだ。数日で回復し、日曜のカディス戦には出場できることを願っているよ。私が彼の状態を知ったのは、今日(2日)の朝のことだ。熱があるとのことだが、インフルエンザかはわからない」

また、欠場する香川の重要性について「明日の試合プランは、シンジがいなくなったことで変更が必要となった。中盤の選手たちに問題が襲いかかっているね。スペシャリストと称せる存在を失うこととなり、また違うタイプの選手に頼らなくてはならない。(香川の不在によって)すべてを変えなくてはならない」と戦術面での変更を余儀なくされると認めた。

さらに、3日には日本代表のメンバー発表も控える。仮に招集されることになればヌマンシア戦とフエンラブラーダ戦を欠場する可能性がある。このことについて同指揮官は「その件は私たちではなく、代表監督次第だ。もし残ってくれるなら、喜ぶ理由にはなる。私たちは全員を必要としているのだから。どうなるのかはわからないし、発表を待つほかない」とコメントするに留めた。

なお、マラガ戦でピッチに立てなければ、香川にとってサラゴサ加入後、初めての欠場となる。

10/3(木) 7:35配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00010013-goal-socc

写真
no title

<香川真司の日本代表復帰説>サラゴサ監督が本音を漏らす!「できることなら呼ばれない方がいいが ...」  

1: Egg ★ 2019/09/29(日) 17:03:57.74 ID:ZTeBUYY29
サラゴサで存在感を誇示している香川真司は、日本代表に復帰するのだろうか。

 ラ・リーガ2部の7節を終了した時点で、サラゴサは1試合未消化ながら4勝2分けの無敗でリーグ3位と、快調な滑り出しを見せている。

【PHOTO】サラゴサで輝く香川真司の厳選写真を一挙公開

 そんなチームにあって、今夏から加わった香川の存在は絶大だ。全6試合に先発して2ゴールをマークし、ラファエル・ドゥワメナ、ルイス・スアレスと形成するトリデンテの一角として、攻撃陣を牽引している。

 好調を維持しているだけに、代表復帰の可能性が取り沙汰されるのは当然だろう。9月27日付けのスペイン紙『Marca』が、「日本は、次の2試合に向けた予備リストにシンジ・カガワを入れた」と報道。「彼が代表チームに戻る選択を持っていて、それを拒否するつもりがないことは明らかだ」と記事で綴った。

 この報道に対して、香川は、「まだ正式には分からない」と語り、「僕は次の日曜日の試合だけに集中しているんで、代表のことは何も考えていないです」とコメントしている。

 だが、仮に香川が、10月に行われるカタール・ワールドカップ・アジア2次予選のモンゴル戦(10日)とタジキスタン戦(15日)に挑む森保ジャパンに招集された場合、サラゴサにとって痛手となるのは必至だ。というのも、ラ・リーガ2部は、代表ウイーク中も行なわれるため、13日のヌマンシア戦と16日のフエンラブラダ戦に貴重なゲームメーカーを起用できなくなるのだ。

 当然、ビクトル・フェルナンデス監督としては、戦力ダウンは避けたいところ。27日に開かれた記者会見では、次のように話している。

「シンジが招集されたとしても、(リーグ戦が)最後になるわけではない。できることなら呼ばれない方がいいが、まだ、我々には試合が残されている。それに代表招集に関しては、他人が決める問題だからね。何ともね」

 もしも、10月の代表シリーズに声が掛かれば、今年3月26日に行なわれたボリビア戦以来の復帰となる香川。キレを取り戻している男がサムライブルーに帰ってくるのは頼もしい限りだが、はたしてどうなるのか。気になるメンバー発表は、10月3日に行なわれる。

9/29(日) 13:50サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190929-00064708-sdigestw-socc

写真
no title


【サッカー】<香川真司>10月W杯予選招集浮上!「代表に選ばれたら行くし…」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1569532728/

香川真司、スペイン紙「予備リストにシンジ・カガワが…」10月シリーズでの代表復帰の可能性が浮上  

1: Egg ★ 2019/09/28(土) 06:52:30.35 ID:as8cvMAu9
今夏の移籍市場でスペインの古豪レアル・サラゴサに加わった香川真司は、好調を維持している。

 ラ・リーガ2部では、全6試合に先発して2ゴールをマーク。ラファエル・ドゥワメナとルイス・スアレスの2トップの後方にポジションを取り、チームの攻撃を巧みに操舵している。

 日増しに存在感を高める背番号23には、ここにきて代表復帰の可能性が浮上している。スペイン紙『Marca』は、「日本は、次の2試合に向けた予備リストにシンジ・カガワを入れた」と報じた。「最終的な知らせを待つ必要があるが、彼が代表チームに戻る選択を持っていて、それを拒否するつもりがないことは明らかだ」と記事は綴っている。

 今年3月26日に行なわれたボリビア戦以来、代表から遠のいている香川。それだけに招集の行方は見逃せないところだが、当の本人は、現地時間9月26日に開かれた記者会見において、スペイン人記者からの質問に、こう答えている。

「まだ、正式には分からないんで……。とりあえず僕は次の日曜日の試合だけに集中しているんで、代表のことは何も考えていないですし、僕が決められることでもない。次の試合に勝つことだけに集中してます」

 明言を避けた香川は、自身のコンディションに関して、「ここにきてまだ1か月で、個人としても、チームとしても、まだまだ最高のパフォーマンスができていない。でも、たった1か月しか経っていないから普通のこと」と、冷静に分析した。

 はたして、香川は約7か月ぶりにサムライブルーの一員となるのか――。モンゴルとタジキスタンと対戦する10月のシリーズに臨む森保ジャパンのメンバー発表は、10月3日となっている。

9/28(土) 6:31サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190928-00010002-sdigestw-socc

写真
no title

なぜ香川と久保の“ギャップ”は生まれた? 現地から読み解く背景「明確な理由がある」 

20190928-00220316-soccermzw-000-13-view[2]

香川真司、10月W杯予選招集浮上!「代表に選ばれたら行くし…」  

1: Egg ★ 2019/09/27(金) 06:18:48.88 ID:1xpiMPph9
スペイン2部サラゴサのMF香川真司(30)が、10月のW杯アジア2次予選2試合(10日・モンゴル、15日・タジキスタン)に呼ばれる可能性が26日、浮上した。メンバー発表は10月3日だが、現地メディアは日本協会から招集レターが届いたと報道。この日、会見に臨んだ香川は、「まだ正式には決まっていないので、次の日曜の試合に集中している。代表に選ばれたら行くし、選ばれなかったら行かないだけのこと」と話した。

 今夏サラゴサに加入し6試合出場2得点。「いいスタートを切れたと思う。ここでのチャレンジに日々、新鮮味を感じている」と、加入後の1か月を振り返った。スペイン2部は国際Aマッチ期間中も行われるため、代表に呼ばれれば2試合欠場。「長いシーズン、代表戦で抜けたり、うまくいかない時期も来ると思うけど、ハードワークしていけば素晴らしい結果が出ると信じている」と言い切った。

9/27(金) 6:06配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00000014-sph-socc

写真
no title

香川がもたらす「最も重要なもの」は? サラゴサ関係者が力説「君もたくさん見ただろう」 

20190924-00219495-soccermzw-000-4-view[1]

【速報】香川真司(サラゴサ)フル出場!現地メディアの評価は分かれる!「最も危険」「灰色だった」  

1: Egg ★ 2019/09/22(日) 08:11:01.04 ID:TuHhStz69
セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第7節でレアル・サラゴサはルーゴをホームに迎え、0-0で引き分けた。この試合にフル出場したMF香川真司に対する現地メディアの見方はさまざまなようだ。

 ここまで5試合に出場して2ゴールを挙げている香川。この日も決定的な活躍が期待されたが、サラゴサは最後まで得点を奪えなかった。サラゴサの連勝は3でストップ。順位は暫定で3位となっている。

 『スポルト・アラゴン』は、この日の香川のパフォーマンスを「8」と採点。これはGKクリスティアンの「10」に次ぐチーム2位タイの高評価で「最も危険な選手だった」と記している。

 一方、『デスマルケ』は「6」という採点。チーム最高点が「8」、最低点が「5」となっており、香川の評価は平均以下だ。「(ジェームズ・)ドワミーナへのパスは見事」としながらも、全体的には「灰色だった」とし、この試合では十分に輝けなかったという印象のようだ。

 サラゴサの次節は29日。敵地でレアル・オビエドと対戦する。オビエドは第6節まで消化した時点で白星がなく最下位に低迷しているだけに、ソシエダとしては勝ち点3が欲しい相手だ。

9/22(日) 7:00 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190922-00339411-footballc-socc

写真no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索