Samurai Goal

香川真司


スポンサード リンク





日本代表ミーティング半減、香川外し!!!…ハリル監督イラク戦へ崖っぷちの決断 

1: 名無しさん 2016/10/06(木) 08:46:38.42 ID:CAP_USER9
サッカー日本代表は6日、2018年ロシアW杯アジア最終予選B組第3戦でイラク代表と対戦する。
5日は試合会場で公式会見と冒頭15分のみ公開の前日練習を行った。1勝1敗の3位と出遅れ、FIFAランク128位の格下に敗れれば進退問題に発展しかねない試合。
追い込まれたバヒド・ハリルホジッチ監督(64)は、選手の要望でミーティング内容や時間を短縮するなど、流儀を曲げてでも必勝を狙う。

選手の声に押され、厳格なハリル監督が流儀を曲げた。9月の合宿までは連日、しゃべり出したら止まらない、いわば詰め込み式のミーティングで、
前回の分析や相手の特徴を落とし込んできた。だが、あまりの長さに海外組の若手が移動疲れや、時差ぼけで寝てしまう悪循環が発生。
選手の意見をまとめた主将のMF長谷部が9月の遠征中、時間短縮を直訴した。ホームでイラクに負けるか、引き分けでも進退問題を避けられない指揮官は、勝つために要望を受け入れた。

今回の合宿は3日までミーティングがなく、4日に初めて開かれた。すると、1時間から半分の30分に短縮された。
前の試合を振り返る時間を省き、イラク対策に特化。合宿前に相手の映像を送っていたことも短縮につながった。
選手は「シンプルになったので無心で臨める」(GK西川)、「短時間で重要な要素を言ってくれて理解しやすい」(MF大島)などと効果を実感。
DF吉田は「選手を信頼してくれた。信頼に応えるのは勝つこと」と勝利を贈ると約束した。

選手が意見を監督に直訴するのも、提案を受け入れて監督が方針を変えるのも、極めて異例。両者の距離が離れ、チームが危機に直面している証しでもある。
時間、回数が減った事実を指摘された指揮官は「誰に聞いたのか」と逆取材。情報漏えいに眉をしかめる一方で「少し話をした。

ただ、15分のミーティングで全てを説明するのは不可能。短くするトライはするが…」と苦渋の選択を明かした。
アジア最終予選の初戦、UAE戦(1●2)を落として苦境に立たされ、海外組が所属クラブで軒並みポジションを失うなど流れは悪い。
現状打破のために、ストレス軽減を求める選手の訴えを受け入れざるを得なかった。

会見では強気だった。「日本で受けるプレッシャーはそれほどでもない。過去に10倍のものは受けた」。
14年ブラジルW杯で16強に導いたアルジェリアでは報道陣と対立。関係者に「1対300の状況。何をやっても批判された」とこぼしたという。
中東メディアに「日本はレベルが落ちた」と質問されてムッとした表情を見せたが、終始自信を示した。
 
イラクとは6勝2分け3敗で6連勝中だが、油断は禁物。トップ下に、所属で出場機会を減らしているMF香川ではなく、MF清武の起用を模索しているのも、勝つための方針変更だ。
香川は日本代表で主力になってから、故障以外の理由で最終予選のスタメンを外れたことがない。

ハリル体制では2戦連続で先発。日本の10番を外す荒療治に、勝利への執念がのぞく。
「とにかくメンタルだ。本当に素晴らしいと言われる試合をしたい」。哲学を曲げて、崖っ縁の指揮官が勝ち点3を狙う。(斎藤 成俊)

スポーツ報知 10月6日(木)6時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161006-00000070-sph-socc

【サッカー】<日本代表>ハリル監督、敵メディア挑発に大反論!イラク戦負ければ進退問題必至…c2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1475707593/

no title

香川真司「今は我慢。自分自身が悪いわけじゃない」「シーズンは始まったばかりだし、慌てることはない」 

1: 名無しさん 2016/10/03(月) 21:06:39.12 ID:CAP_USER9
6日のW杯アジア最終予選・イラク戦(埼玉)、11日の同オーストラリア戦(メルボルン)に臨む日本代表は3日、埼玉県内で合宿2日目のトレーニングを行った。この日からMF香川真司(ドルトムント)、MF長谷部誠(フランクフルト)、FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)、FW浅野拓磨(シュツットガルト)、DF酒井高徳(ハンブルガーSV)、DF太田宏介(フィテッセ)、GK川島永嗣(メス)の欧州組7人のほか、前日2日にJ2リーグ戦のあったMF山口蛍(C大阪)が合流。雨が降りしきる中、計20人で調整した。

 残るFW本田圭佑(ミラン)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)、DF長友佑都(インテル)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF酒井宏樹(マルセイユ)の欧州組5人は明日4日に合流予定。試合2日前に全員がそろう強行日程で、かつ欧州組の多くが所属クラブで苦しんでいる。週末のリーグ戦に先発したのは原口、長谷部、酒井宏、酒井高の4人のみ。香川、岡崎、長友は途中出場で、本田、吉田、太田、川島、MF清武弘嗣(セビージャ)に出場機会はなかった。

 香川は前回の代表戦後、クラブでの公式戦7試合のうち2試合に途中出場しただけ。この1か月間で出場時間は46分にとどまっている。それでも「今は我慢。自分自身が悪いわけじゃない。それ以上に新しい選手が結果を出しているし、結果を出している選手が(試合に)出るのは当たり前」と現状を受け入れつつ、「自分もチャンスをうかがっている。シーズンは始まったばかりだし、慌てることはない」と、過度に悲観はしていない。

 とはいえ、香川に限らず、日本代表の主力である本田、岡崎、長友、吉田らが同じように出番に恵まれず、コンディションや試合勘に不安を抱えているのは確か。ハリルジャパンの置かれた状況を不安視する声も多いが、「ネガティブになる必要はない。海外組が試合に出ていないということでネガティブに捉えられがちだけど、僕らは結果で証明するだけだし、そのサポートをしてほしい」と、ファンやメディアに呼び掛けた。

「こんなに試合をやっていないのは初めて」と認める一方、「こういう状況は多々あったし、乗り越えていけばいい」と強気に言い放つ香川は「週2回、試合があると、(フィジカルコンディションを)上げたくても、なかなか(負荷を高めて)上げられない。ただ、現状はチャンスがないなと思って、プラスしてトレーニングもしてきた」と、コンディションに不安はない。

 最終予選初戦となった9月1日のUAE戦は1-2の敗戦。現行方式となった98年フランスW杯以降、過去5大会のアジア最終予選で初戦が黒星だったチームはすべて予選敗退に終わっている。“W杯出場確率0%”という不吉なデータも悲観的な雰囲気の要因になっているが、「負けてスタートを切ったので、前回の予選とは反対だけど、そこが唯一の違いで、それ以外は変わらない」と気に留めない香川。「この2試合に勝てれば大きいし、まずはホームでイラクに勝ってオーストラリアに行ければ」と、目の前のイラク戦に集中した。

ゲキサカ 10月3日 20時26分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161003-01631860-gekisaka-socc

【サッカー】<日本代表>トップ下は香川より清武を!鈍ってない“試合勘”司令塔としての適正…c2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1475489078/
no title

結局さー、本田とか日本代表がよく言ってる「俺たちのサッカー」って一体何なんだよ・・・ 

1: 名無しさん 2016/10/01(土) 23:01:47.81 ID:NlgXSwyr
後ろのほうで意味のないパスを回して
ミスしてボール取られて
いきなりピンチになること?('A`)

no title

【これは酷い!】香川投入は相手の“ファウル地獄“から主力を守るため? トゥヘル「怪我を回避するため…」 

823: 名無しさん 2016/10/02(日) 22:02:39.42 ID:JQGfuEsgr
香川投入は相手の“ファウル地獄“から主力を守るため?
トゥヘル「怪我を回避するため……」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00010023-theworld-socc
香川にとってはチャンスだったが……

1日にアウェイでレヴァークーゼンと対戦したドルトムントは、相手の激しいプレスへの対応に苦労して0-2で敗れた。首位バイエルンがケルン相手に1-1と躓いたため、ドルトムントとしては差を縮めたいところだっただろう。

この一戦でドルトムント指揮官トーマス・トゥヘルが不満に感じているのは、レヴァークーゼンの激しすぎる守備だ。『FourFourTwo』によると、トゥヘルはレヴァークーゼンのファウルがあまりにも多すぎたと指摘。1人も退場者が出なかったことや、主力選手が負傷させられる恐れがあったことなど不満を露わにしている。

「我々は21ものファウルを受けた。我々は負傷を回避するために選手を代えなければいけなかったんだ。カストロとローデは2人ともプレイできなかったよ」

「我々は多くのことに対応しないといけない。攻撃陣は多くのファウルを受けたね。通常、試合中ずっとファウルをしているチームは11人では終われないはずだけどね」

この試合では71分に先発していたセバスティアン・ローデに代わって日本代表MF香川真司がピッチに立っている。香川にとっては久しぶりのチャンスとなったが、トゥヘルとしては大怪我を恐れての交代だったのかもしれない。

今後も攻撃陣が好調のドルトムントは相手の厳しいチェックに悩まされることになるだろう。主力選手の負傷回避を含め、何か対策を打つ必要がありそうだ。
no title



確かにカストロが怪我するのはドルにとってはもの凄く痛いが
香川が怪我しても何も痛くはない


ただトゥヘルよ
本音は心の中に閉まっとけw

香川真司「本当に悔しいし、まだまだやれるのになぜできない」 

1: 名無しさん 2016/10/02(日) 17:33:05.17 ID:CAP_USER9
香川真司、代表とドルトでの現状「本当に悔しい」
日刊スポーツ 10月2日(日)17時0分配信

レーバークーゼン対ドルトムント 0-2で敗戦し引き揚げるドルトムントの香川真司(撮影・PIKO)

 日本代表MF香川真司(27)は2日、所属するドルトムントで出場機会を得られず、日本代表でも結果を残せていない現状に「自分自身本当に悔しいし、まだまだやれるのになぜできない」と、不安な気持ちを自身のブログで打ち明けた。

【写真】W杯アジア最終予選で決定機外し無得点の香川

 1日のレーバークーゼン戦で後半26分から、公式戦4試合ぶりに出場したが目立ったプレーはなかった。試合後は無言でスタジアムを後にしたが、その後、ブログに「今日は久しぶりに試合に出場し、ドルトムントの自宅に帰ってきました。自分としては結果を出したかった。ただ、コンディションも良いので、この状態で代表につないでいきたいと思います」と前向きな思いをつづった。

 続けて「代表の事についてもあまりちゃんと話をしていなかったので、自分の言葉で皆さんに伝えたいと思います」と切り出し、思いを吐露した。

 「最終予選が2試合終わり、個人のプレーに自分では全く納得していません。過去を思い起こすと、4年前のワールドカップ最終予選、23歳だったかな。正直10番という番号でプレーする中でもっと上を目指したいと。当時自分自身は怖いもの知らずだったな。と今になり感じてます。2014年のW杯を戦い、自分として悔しさやふがいないに直面し、これからの4年間を2018年のために何をすれば良いのか?本当に悩みました」。

 さらに18年W杯ロシア大会に向けたアジア最終予選についても触れ「ただW杯最終予選を戦う中で本当の意味でプレッシャーを感じているのも事実であり、まだまだ自分の弱さがあったとも思っています。試合が終わり、自分自身本当に悔しいしまだまだやれるのになぜできない。本当に考えさせられました。代表でも、クラブでも」と苦しい胸の内を記した。

 最後は自身を奮い立たせるように「ただ僕はこのままでいたくない。この悔しい思いのまま終わりたくない。そう思っています。日々応援して頂いていることを本当に感じています。いつも応援ありがとうございます」と締めくくった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00000122-nksports-socc
no title

ドイツメディアが「ドルトムント敗北者4人」に香川を選出 スタメン奪取は「望みなし」と辛辣 

1: 名無しさん 2016/10/01(土) 19:30:07.64 ID:CAP_USER9
 ドルトムントで6試合連続先発落ちと苦しむ日本代表MF香川真司に対して、ドイツメディアは「敗北者」、「望みなし」と辛辣な評価を下し、好調のチームで完全に居場所を失っていると指摘している。ドイツの週刊誌「フォーカス」電子版が報じた。

 同メディアは、ここ5試合で22得点4失点と攻撃陣が好調のドルトムントにおける「敗北者4人」をピックアップ。シーズン前にミドルスブラへの移籍が取り沙汰されながらメディカルチェックに引っかかり破談となったセルビア代表DFネヴェン・スボティッチ、復活を期待されながらいまだ出番の少ないトルコ代表MFヌリ・シャヒン、オサスナから獲得したU-19スペイン代表MFミケル・メリーノに続き、香川が屈辱の選出となった。

 元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロ、サイドバックからインサイドハーフにコンバートされてブレーク中のポルトガル代表MFラファエル・ゲレイロなど、ライバルの好調に押される形でベンチに降格した香川。現状では、スタメン争いで付け入る隙がない状態だと指摘されている。

「香川真司は、シーズン序盤に10番のポジションだった。しかし、この日本人はいいプレーを見せることができず、ベンチに座ることになった。それから彼は一度しか出場していない。望みはない」
http://www.football-zone.net/archives/42083
no title

【画像】日本人記者がトゥヘルを脅迫しててワロタwwwwwwwwww 

455: 名無しさん 2016/09/29(木) 21:08:30.40 ID:q16T3FQo0
日本人記者の質問に答えるトゥヘル
no title

試合勘欠如の本田圭佑、香川真司ら招集理由は「外せばメンタル壊れる」 ハリル監督が過保護な一面を自ら暴露 

1: 名無しさん 2016/09/29(木) 18:32:10.19 ID:CAP_USER9
「海外組は12人試合に出ていない」と嘆きながらも重用

日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の本拠地イラク戦と敵地オーストラリア戦でACミランFW本田圭佑、
ドルトムントMF香川真司ら所属先でベンチ要員となっている主軸を招集した。その一方、Jリーグで出場している国内組の招集はFWとMF部門でわずか4選手。
だが、出番を失っているかつての主軸を継続招集する理由は「外せばメンタルが壊れる」と説明しており、クラブで出番を失った一部選手への過保護な一面を自ら暴露している。

代表メンバー26人を発表したハリル監督は日本サッカー界の苦境について、会見の冒頭で「海外組は12人試合に出ていない」と嘆いた。
それでも本田や香川を筆頭に、太田宏介、長友佑都、吉田麻也、長谷部誠、清武弘嗣、宇佐美貴史、武藤嘉紀、岡崎慎司らクラブで先発の座を手にできていないメンバーを招集した。

「主力が出ていない現状をどう思うか。特に1試合目、コンディションに問題あるならJリーガーを優先するのか」

 こう質問されたハリル監督は、レギュラーで試合に出ている国内組よりも、ベンチを温める海外組を重用する理由を明らかにしている。

「国内組の話からさせてもらう。毎試合、我々のスタッフが見ている。50人ほどを調査している。その中に選手の入れ替わりもある。そして全員で分析している。
永木(亮太/鹿島)や齋藤(学/横浜FM)、中村憲剛、大島(僚太)、小林悠(いずれも川崎)という国内組。中島翔哉(FC東京)も好きだ。井手口(陽介/G大阪)もそう。
こういったところに入れていいか、追跡していこうという選手だ。合宿に毎回若い選手を呼んで、自信を持たせる仕掛けをしている。ただし、良い選手でなければならない」

国内組のスカウティングも積極的に続けていることを明らかにしながらも、海外組の置かれた環境の熾烈さを強調している。

「海外との比較だが、香川真司の競争の状況を想像してほしい。ドルトムントは世界でも有数の選手がいる。誰と競争しているか。シュールレとゲッツェだ。
かなりのハイレベルな選手だ。そしてグループに残り続けるため、先発を取るために狂ったように練習しなければいけない。必死にやらないと簡単に落ちる」

 日本代表の背番号10・香川は、9月のW杯最終予選2試合で不振に陥り、故障も重なってドルトムントで出場機会を得られていない。
ライバルはドイツ代表FWアンドレ・シュールレ、同MFマリオ・ゲッツェという実力者のみならず、今季新加入で大ブレーク中のポルトガル代表MFラファエル・ゲレーロという逸材もいる。

 また、今季ハノーファーからセビージャに移籍した清武弘嗣についても指揮官は言及。「清武もそうだ。ナスリと競争しなければならない。
CL(UEFAチャンピオンズリーグ)に出るチームで競争している。先発を取るのは簡単ではない」と、マンチェスター・シティから期限付き移籍で加わったナスリとの争いに触れた。
ただその一方で、香川と清武には今まで以上の努力を強く求めている。

「本田や長友、長谷部もそうだ。毎週電話して確認をしている。彼らが出られなかった時に、どのような補足トレーニングが必要かを彼らは把握している」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160929-00010011-soccermzw-socc

>>2以降に続く

no title

【画像】出場機会のないドルト香川真司が吹っ切れたのか練習中にいい笑顔!!! 

77: 名無しさん 2016/09/28(水) 21:28:58.69 ID:iXDiXB+R0
香川の今日のトレーニング中の写真がRNにアップされてるんだが、ニコニコなんだ。
RN側も不思議に感じているのか、2度もこの写真ツイートしている。いつもの無理から笑顔とはちょっと違うと感じる。

no title

https://www.instagram.com/p/BK5jMcSgGEG/
感情が崩壊したのか?何なんだ?

香川真司はもはやJリーグに出戻って心機一転、巻き返すしかないだろう 

1: 名無しさん 2016/09/28(水) 14:00:48.83 ID:CAP_USER9
欧州でプレーする日本代表主軸組のドルトムントMF香川真司(27)、レスターFW岡崎慎司(30)、セビリアMF清武弘嗣(26)が、日本時間28日午前3時45分開始の欧州チャンピオンズリーグ(CL)で2戦連続の出番なしに終わった。

 3人の中で最も焦燥感にさいなまれたのは、ベンチメンバーにも入れなかった香川だろう。

 地元ドイツにスペインの名門レアル・マドリードを迎え撃ったドルトムント。MFゲッツェ、FWデンベレの新加入選手が先発して好連係を見せれば、後半途中出場の19歳FWエムレ・モルが存在感をアピールする。

 終了間際には、後半28分に登場した17歳MFプリシッチが、右サイドを鋭くドリブル突破してクロス。同13分交代出場のMFシュールレが強烈シュートを叩き込み、値千金の劇的同点弾。香川とポジションを争う攻撃系選手5人が持ち味を発揮し、難敵相手に貴重な勝ち点1を獲得した。

 ドルトムントはレアル戦の前に「中2日で4連戦」の強行軍。それでも計20ゴールと攻撃陣が本領を発揮して4連勝を飾った。その4戦すべてベンチスタートだった香川は、17日の国内リーグ戦の後半途中から「27分」しかプレーしていない。

 そしてベンチ外に終わったレアル戦――。ドルトムントに居場所がなくなり、もはやJリーグに出戻って心機一転、巻き返すしかないだろう。

 ポルトガルの強豪ポルトと地元で対戦したレスター。大黒柱FWバーディと2トップのコンビを組んだ新加入FWスリマニが、前半25分にヘディングで決めたゴールが決勝点となった。後半37分以降はMFキングとFWグレイが、そしてアディショナルタイムにはFWムサがピッチに送り込まれ、ついに岡崎にはお呼びが掛からなかった。

「どの攻撃系選手と一緒にプレーしても、彼らの良さを引き出すことができる」と岡崎は豪語しているが、単純に個人能力を比べられてベンチウオーマーとなっている。

 日本代表では不動のレギュラーFW岡崎も、その立ち位置はかなりヤバくなってきている。

 今季からセビリアに加入した清武は、リーグ戦2試合で出場機会に恵まれず、この日のリヨン戦もベンチウオーマーに甘んじ、やはり今季加入組で同タイプの技巧派MFナスリの活躍を指をくわえて見守るばかり。現状は上がり目なしである。

ゲンダイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00000019-nkgendai-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索