Samurai Goal

食野亮太郎


スポンサード リンク





「ジェラードを怒らせた!」「ナカムラ以上だ」ゴラッソの食野亮太郎を英メディア&ファンが絶賛!  

20191021-00010001-sdigestw-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/21(月) 06:23:34.58 ID:P0oI6Ahr9
ハーツ指揮官も代表帰りの若武者を称える

日本のヤングスターが、レジェンドの目の前で魅せた。

現地時間10月20日にスコティッシュ・プレミアシップの第9節が開催され、U-22日本代表MFの食野亮太郎が所属するハーツは2位のレンジャーズと対戦して1-1と引き分けた。

あのスティーブン・ジェラードが率いるスコットランド屈指の名門との一戦で、鮮烈な輝きを放ったのが、他でもない食野だ。開始早々の6分、味方のシュートを相手GKが弾いたルーズボールを、ペナルティーエリア外から左足でボレーシュート。
今シーズン2点目となる強烈な一撃ををネットに突き刺した。

その後、チームは追いつかれて、自身も72分で交代したものの、右サイドから積極果敢に仕掛け、チャンスを演出した食野へは、現地メディアから賛辞が相次いでいる。

スコットランドの地元紙『Edinburgh Live』は、寸評採点において、食野に「8」と高得点をつけたうえで、「ゴールを上手く決めただけではなく、リンクアップするプレーも素晴らしかった」と評価した。

さらに食野の保有権を持つマンチェスター・シティの地元紙『Manchester Evening News』は、その活躍ぶりを伝えたうえで、「日本のヤングスターであるリョウタロウ・メシノの活躍はハーツのファンを虜にしている」と綴った。

SNSでも、出色のパフォーマンスを披露した食野に対する称賛が止まらない。ハーツの公式ツイッターには、次のようなコメントが相次いだ。

「彼のクオリティーの高さを示すゴール。シュンスケ・ナカムラ以上だ」
「なんてゴールだ」
「スティーブン・ジェラードを怒らせた一撃だ」
「最高の補強になった」
「彼のレンタルはいつまで延長できるんだ?」

さらにハーツの指揮官であるクレイグ・レベインも、試合後のインタビューで食野を褒め称えている。

「リョウは、ブラジルと対戦するエキサイティングな旅行から帰ってきたばかりだったが、フィールドにいた時間は十分すぎる仕事をしてくれた。とくにゴールという大きな貢献をしてくれたからね。あれは簡単なフィニッシュではなかったよ」

強敵レンジャーズからのゴールで自身の存在価値を高めた食野。21歳の若武者は、まだまだ成長していきそうだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191021-00010001-sdigestw-socc
10/21(月) 6:11配信

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=65595
【動画】食野が披露した「お辞儀パフォーマンス」はこちらをチェック!

https://www.youtube.com/watch?v=dJG79Uua8j0


食野亮太郎、強豪レンジャーズから貴重な先制点でドローに貢献…今季2ゴール目は絶妙ボレー

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/286000/285573/news_285573_1.jpg

食野の今季2ゴール目でハーツがジェラード率いる強豪レンジャーズとドロー《スコティッシュ・プレミアシップ》  

20191020-00363194-usoccer-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/20(日) 23:49:01.16 ID:k4DU/OcS9
食野亮太郎が所属するハーツは20日、スコティッシュ・プレミアシップ第9節でレンジャーズと対戦し、1-1の引き分けに終わった。食野は72分までプレーし6分に今季2ゴール目を記録した。

前節終了時点で9位のハーツが、首位レンジャーズをホームに迎えた一戦。インターナショナルウィークにU-22日本代表のブラジル遠征に参加した食野は、4試合連続の先発出場となった。

試合は開始早々に動く。6分、相手DFのバックパスに反応したジェイク・マルラニーがボックス内からシュート。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球をペナルティエリア手前の食野が、左足のインサイドボレーで冷静に流し込みハーツが先制に成功した。

幸先よく先制したハーツだったが、39分にピンチ。左CKを中央に走り込んだニコラ・カティッチがフリックすると、最後はゴール右手前のアルフレッド・モレロスに流し込まれ、同点に追いつかれた。

その後もハーツは、強豪レンジャーズに押し込まれることなく一進一退の攻防を演じる。右サイドのアタッカーとして積極的にクロスでチャンスメイクするなど、得点以外にも奮闘した食野は72分に途中交代した。

結局、試合は1-1の引き分けで終了。食野の今季2ゴール目で強豪レンジャーズから勝ち点1をもぎ取ったハーツだが、リーグ戦は3試合勝利無しとなっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-00363194-usoccer-socc
10/20(日) 23:10配信

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9F%E9%8E%E4%BA%AE%E5%A4%AA%E9%8E

板倉&食野、マンチェスターCトップ入りの可能性はほぼゼロ?地元紙がレンタル選手たちの今後を予想!  

1: Egg ★ 2019/10/12(土) 08:46:57.98 ID:FgnhiIwg9
日本代表DF板倉滉やU-22日本代表FW食野亮太郎はこの先、所属元のマンチェスター・シティでプレーする可能性はほぼないに等しいかもしれない。イギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が現在レンタルに送り出されている選手たちの状況を分析し、その将来を10段階で評価した。

『マンチェスター・イブニング・ニュース』によれば、シティと契約を結んでいながら他クラブで武者修行に挑んでいる選手は現在32人。2019年夏に同クラブに渡り、即座にフローニンゲンにレンタル加入した板倉や今夏に移籍直後に期限付きでハーツに渡った食野もそういった形での欧州挑戦を選択している。

しかし、これら各国のタレントたちにシティのトップチームに割り込む可能性はあるのだろうか。同紙が掲載したレンタルプレーヤー30人の状況の分析だが、イングランド2部相当チャンピオンシップのノッティンガム・フォレストに送り出されているコソボ代表GKアリジャネ・ムリッチ(20歳)が10ポイント中「7」と最高点が与えられ、将来的にはエティハドでプレーする可能性が濃厚と見られるのは彼のみとなっている。

元U-21オランダ代表でアンデルレヒトにレンタル移籍したDFフィリップ・サンドレル(22歳)、トゥエンテに送り出されるもそのトップチームでは出場機会を得られていないU-20イングランド代表DFジョエル・ラティオーディエール(19歳)はそれぞれ「5」と続き、シティのトップでプレーする可能性は50%だという。しかしながら、そのほか27人に関しては「4」は1人、「3」は3 人、「2」は7人、「1」は6人、「0」は10人となっている。

そして、板倉は2022年までの契約を結んでいるシティの一員になる可能性は「0」と考えられているようだ。今シーズンについて、「22歳のDFはエールディビジで充実したシーズンを過ごしているが、『マンチェスター・イブニング・ニュース』の見解ではイタクラの獲得はシティ・フットボール・クラブによるものであるため、彼がこのクラブのためにプレーする可能性は極めて低いということだ」と当初からシティの補強と考えられていないと記されている。

また同じく2022年までの契約を持つ現在21歳の食野は「1」となっており、「日本人FWのメシノは移籍市場最終日に到着すると、すぐさまスコットランドへとローンに出され、そこでは全試合に出場してきた」と紹介されるも、同選手も今後シチズンス(マンチェスター・Cの愛称)の一員となる可能性は低いという。

シティと複数年契約を交わし、欧州へと羽ばたいた2人の日本人選手。ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるトップチームのメンバーとして、プレミアリーグやチャンピオンズリーグに挑戦するシナリオは現状想像し難いかもしれないが、それぞれ欧州リーグ1部所属のクラブでレギュラーを掴んでいるだけに所属元の期待を超えるパフォーマンスを見せ続け、現地メディアの懐疑的な見方を覆したいところだ。

10/12(土) 8:11配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00010004-goal-socc

写真no title

日本サッカーの未来は本当に明るいのか?本当に楽しめるのか? 

img_dd3b74999f5e4c541380eac8c057a1d7388323




1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/19(木) 14:02:55.046 ID:lRwqfroSa
明るくてしょうがない
楽しみでしょうがない


レアルの久保
バルサの安倍
マンチェスターの食野

順調に成長してレギュラーゲットできるようになれば
日本はワールドカップでベスト8どころかベスト4も狙える
FIFAランクも20位以内に入れるようになるかもしれない

というくらい今の若手は期待できる
昔、黄金世代と呼ばれた世代があったが、そんなの比較したら失礼になるってくらい今の若手はすごい

海外のクラブチームでも上に書いたバルサやレアルというのは別格
長友が居たインテル、香川がいたドルトムントも強いは強いんだけど
バルサ・レアルと比較すると一段どころか2段くらい格下になると思う

てくらい日本の若手は期待大

<食野亮太郎(ハーツ)&中村敬斗(トウェンテ)>U22日本代表招集へ!10月ブラジル遠征参加の可能性も  

1: Egg ★ 2019/09/16(月) 10:08:32.82 ID:kyPGKB+C9
東京五輪を目指すU―22日本代表に、スコットランド1部ハーツFW食野亮太郎(21)とオランダ1部トウェンテMF中村敬斗(19)がリストアップされていることが15日、分かった。複数の関係者によると年内に初招集する方向で調整している模様だ。

 東京五輪世代は久保や堂安、冨安らA代表にも名を連ねるタレントがそろっているものの、3人が不在だった9月上旬の北中米遠征ではメキシコと米国相手に無得点。攻撃に課題を残した。10月にはブラジル遠征、11月と12月は国内で親善試合を行う予定。森保監督はさらに幅広く招集する意向を持っているという。

 食野は個での打開力と強烈なミドルシュートが武器。14日のマザーウェル戦では移籍後初得点を記録した。左右両ワイドを主戦場とする中村はリーグ開幕から2試合連続得点を挙げてレギュラーに定着。2人とも現U―22代表にはいないタイプで、早ければ10月のブラジル遠征で招集される可能性がある。

9/16(月) 6:40配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00000132-spnannex-socc

写真
no title

食野亮太郎、ハーツ移籍後初ゴール! 1点差に迫るもマザーウェルに2-3敗戦  

20190915-00338448-footballc-000-1-view[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/09/15(日) 09:18:54.59 ID:iJPEJoms9
【ハーツ 2-3 マザーウェル スコティッシュ・プレミアシップ第5節】
 
 スコティッシュ・プレミアシップ第5節、ハーツ対マザーウェルの試合が現地時間14日に行われた。ハーツは2-3の敗戦を喫している。

 今夏の移籍市場で、ガンバ大阪からイングランド王者のマンチェスター・シティに移籍した食野亮太郎。その後、
イングランドで労働許可証を取得することが難しいため、スコットランドのハーツにレンタル移籍することになった。

 前節のハミルトン戦で途中出場を果たした食野は、今節のマザーウェル戦でもベンチ入りしている。
試合開始して20分にマザーウェルのデクラン・ギャラガーに先制点を決められると、52分にはシャーウィン・セードルフに追加点を決められてしまう。56分にはスティーブン・マクリーンに代わって食野が途中出場。

 61分にハーツのウチェ・イクペアーズが1点を返すが、66分にマザーウェルのジャーメイン・ハイルトンにゴールを決められ再び2点差に。
すると86分、途中出場の食野がゴールを決めて1点差に迫った。食野にとっては移籍後初ゴールとなっている。しかし、マザーウェルに逃げ切られたハーツは2-3の敗戦を喫している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190915-00338448-footballc-socc

マンC食野亮太郎、労働許可取得でハーツ移籍へ前進。監督も大興奮 

20190817-00334699-footballc-000-1-view[1]

マンC加入の食野亮太郎、スコットランド移籍か…ハーツがレンタルに興味  

1: Egg ★ 2019/08/14(水) 07:25:36.94 ID:Yz2W7ogT9
マンチェスター・Cに移籍したFW食野亮太郎の獲得に、スコティッシュ・プレミアシップ(スコットランド1部)のハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)が、興味を示しているようだ。地元メディア『エディンバラ・ライブ』が13日に報じた。

 9日に移籍が発表された食野は、10日にハーツの本拠地タインカッスル・パークを訪問し、スコティッシュ・プレミアシップ第2節のロス・カウンティ戦を観戦したという。イギリスでのプレーに必要な労働許可証の取得が難しい状況で、他国のチームにレンタル移籍することが濃厚と見られていたが、すでにハーツへのレンタル移籍で両クラブの交渉は開始されているようだ。

 食野は1998年6月生まれの21歳。G大阪の下部組織出身で、2016年から2種登録としてトップチームに。その後はG大阪U-23所属としてJ3でプレーし、2018年4月にJ1初出場を記録。今季はJ1で12試合出場3得点、J3では8試合出場8得点を記録している。

 ハーツは1874年創設で、4度のリーグ優勝を誇る古豪。昨シーズンは6位で終わり、今シーズンはこれまで1分1敗で9位につけている。食野は加入が決まれば、クラブ史上初の日本人選手になる。

8/14(水) 6:06配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00967823-soccerk-socc

写真
no title

【速報】G大阪・FW食野亮太郎、マンチェスターC完全移籍を発表 期限付き移籍先模索へ  

1: Egg ★ 2019/08/09(金) 22:11:03.08 ID:vMHsvKxL9
J1G大阪は9日、FW食野(めしの)亮太郎(21)がイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーに完全移籍すると発表した。
プレミアリーグの夏季移籍期間は8日午後5時(日本時間9日午前1時)に終了したが、期限を前にクラブ間合意に至っていたという。

G大阪は宮本監督も含め懸命の慰留に努めたが、食野の欧州挑戦の意思は強く、松波強化部長は「本人の気持ちを優先した」と明かした。
食野はメディカルチェックなどのため既に渡欧しており、この日、大阪府吹田市内で行われた非公開練習にも参加しなかった。

食野はG大阪の下部組織出身で、日本代表MF堂安律(21)=フローニンゲン=とは同期で誕生日も2日違い。
17年にトップチーム昇格を果たし、今季はJ3で8試合8得点とゴールを量産した。
トップチームでも5月11日の鳥栖戦でJ1初ゴールを挙げるなど、12試合3得点を記録している。

マンチェスター・シティーはスペイン人の世界的名将ジョセプ・グアルディオラ監督(48)の下、イングランド・プレミアリーグ2連覇中で昨季は国内3冠を達成した世界屈指の強豪。
1月には川崎からMF板倉滉(22)=フローニンゲン=を獲得していた。板倉と同じく、食野も英国の就労ビザ取得要件を満たさないため、今後は他国クラブへの期限付き移籍を模索することになる。

8/9(金) 22:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000171-dal-socc

この度、FW食野 亮太郎選手がマンチェスター・シティFC(イングランド)へ完全移籍をすることが決定いたしましたので、お知らせ致します。

<食野 亮太郎(メシノ リョウタロウ)選手 プロフィール>
■生年月日  1998.6.18(21歳)
■出身地   大阪府泉佐野市
■ポジション FW
■身長/体重  171cm/68kg
■利き足   右足
■血液型   O型
■チーム経歴 2017~2019.8 ガンバ大阪

なお、食野選手はすでに渡英しているため、本人のコメントは後日掲載を予定しております。

https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9991/

写真
no title

G大阪・食野(めしの)亮太郎、マンチェスターC移籍…完全移籍のオファー受け渡英  

1: Egg ★ 2019/08/09(金) 01:15:57.11 ID:vMHsvKxL9
G大阪のFW食野(めしの)亮太郎(21)が、イングランド・プレミアリーグ2連覇中の強豪、マンチェスターCから完全移籍のオファーを受けたことが8日、分かった。
食野亮はすでに渡英し、プレミアリーグの移籍市場が閉まる英国時間の8日午後5時(日本時間9日午前1時)をデッドラインに最終交渉を行った模様。交渉が成立すれば、近日中にも発表される。

G大阪ユースから17年に昇格した食野亮は、今季がプロ3年目。ユース時代はボランチ、昇格後は2列目でのプレーが多かったが、今季FWに転向するとG大阪U―23で戦うJ3で8ゴールと急成長し、
トップチームに定着。5月11日の鳥栖戦でJ1初ゴールを挙げるなど、ここまで12試合3ゴール。細かいタッチのドリブルからゴールを狙う貪欲なスタイルで、頭角を現していた。

マンCはベルギー代表MFデブルイネ(28)ら世界屈指の選手を擁し、昨季は国内3冠を達成した超ビッグクラブ。1月には日本代表MF板倉滉(22)を獲得するなど、スカウト網を日本にも広げていた。
板倉がオランダ1部フローニンゲンに期限付き移籍したように、食野亮も移籍が決まれば英国の就労ビザが取得できるまで他クラブに期限付き移籍する可能性は高い。

G大阪ユースでは日本代表MF堂安律(21)=フローニンゲン=と同期で、東京五輪世代の食野亮だが、U―23日本代表には一度も選出されていない。
“無名”の21歳が、交渉期限ぎりぎりで舞い込んだマンC移籍を実現させるのか。サクセスストーリーの行方に注目が集まる。

◆食野 亮太郎(めしの・りょうたろう)1998年6月18日、大阪・泉佐野市出身。21歳。G大阪ジュニアユース、ユースを経てトップ昇格。
G大阪ユースMFの弟・壮磨(18)も2種登録としてG大阪U―23でJ3デビューしており、3月31日のYS横浜戦では兄弟そろってゴールも挙げた。171センチ、68キロ。右利き。

8/9(金) 1:02配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000329-sph-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索