20191029-035679059[1]




1: ガラケー記者 ★ 2019/10/30(水) 14:40:57.46 ID:CAP_USER
2019年10月29日、韓国・ニュース1は、12月に韓国・釜山で行われるEAFF(東アジアサッカー連盟)E-1サッカー選手権に参加を表明していた北朝鮮女子代表チームが突然キャンセルを決定したと報じた。

EAFF E-1サッカー選手権は2年に1度開催される東アジア最大の大会で、男子と女子の同時開催となる。今年は釜山で12月10日~18日に行われ、男子は韓国、日本、中国、香港、女子は韓国、北朝鮮、日本、中国の参加が決まっていた。しかし「北朝鮮が突然、参加を拒否した」と記事は伝えている。

記事によると「北朝鮮不参加」の可能性が聞こえてきたのは今月初めごろからで、EAFFと大韓サッカー協会が水面下で接触を試みていたという。しかし「最後まで北朝鮮は不参加の意向を曲げなかった」という。

男女韓国代表チーム監督も出席する記者会見が30日に開かれる予定で、北朝鮮の不参加についても発表されるとみられている。また女子北朝鮮代表に代わって、女子台湾代表の参加が有力視されているという。

記事は「北朝鮮は15日に平壌(ピョンヤン)で行った男子サッカー南北戦が無観客、生中継なしで物議を呼んだばかりだが、今回は韓国で開催される国際大会への参加を取りやめた」と批判している。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「開幕1カ月前になってキャンセルだなんて」「来るなと言えばいい。北朝鮮抜きでやるだけだ」「北朝鮮の全ての国際大会への出場資格を剥奪するべきだ」「今後、一切手を差し伸べたりしなくていい」「北朝鮮と仲が良い?一番の敵だよ」「ぼちぼち金正恩(キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長)が本性を現したようだな」「南北が分断して70年。事実上、別々の国家になっているのに、いつまで『一つの民族』だとか言いながら、政治的手段に利用し、北の顔色をうかがうのか」など、北朝鮮への批判のコメントが殺到している。
Record china
2019年10月30日(水) 13時50分
https://www.recordchina.co.jp/b755796-s0-c50-d0144.html