Samurai Goal

韓国代表


スポンサード リンク





韓国国歌の代わりに北朝鮮国歌…サッカーU-19アジア選手権で荒唐無稽な事故 

PYH2018041821810006100_P2

ウルグアイ失態、韓国戦黒星で母国メディアが酷評「敗者にふさわしい」「完全なゼロ」 

20181013_7263

イ・スンウがゴールパフォで踏み台代わりにしたのが『トヨタの看板』だった…!!! 

1 2018/09/15(土) 12:01:28.25 _USER
no title

▲アジア競技大会の決勝が行われた1日、李承佑(イ・スンウ)が日本を相手に先制ゴールを決めた後、看板の上に立ってパフォーマンスをしている。

2018アジア競技大会の男子サッカー決勝で話題になった李承佑(イ・スンウ)の「トヨタセレモニー」がまた注目されている。李承佑がゴールを決めた後のパフォーマンスをした当時、踏んで上がった看板が日本自動車企業トヨタのものであることを知らなかったと明らかにしたからだ。

14日、あるユーチューブチャンネルに登場した映像で、李承佑は自分に関する書き込みを読んで答える時間を持った。李承佑は日本戦のパフォーマンスについて「よりによってトヨタの看板を踏んでいる」という書き込みを見て当惑した。

李承佑は「本当に知らなかった。本当に見ていなかった」とし「そこで分かってやっていたら本当に…」と話した。崔龍洙(チェ・ヨンス)FCソウル監督の現役時代の看板セレモニーについては「当時は生まれていなかったので知らなかった」と語った。

李承佑は9月1日、アジア競技大会決勝の日本戦でゴールを決めた後、トヨタの看板の上に立ってパフォーマンスをし、話題になった。これを見て崔龍洙監督が1988年フランスワールドカップ(W杯)予選で見せたパフォーマンスを思い出す人も多かった。当時、看板に上がろうとして転倒した崔監督はテレビ中継で李承佑に「やめとけ!やめとけ!」と冗談を言ったりもした。

ソース:中央日報/中央日報日本語版<サッカー>自分の「トヨタセレモニー」を見た李承佑が当惑した理由
https://japanese.joins.com/article/188/245188.html
20180915-01876300-gekisaka-000-1-view

ソン・フンミンの価値が“急上昇”市場価値132億円に! 

son
171 2018/09/13(木) 08:11:46.82
ソン・フンミンの市場価値は132億円! 兵役免除で不安払拭。3年で3倍以上に

 トッテナムに所属する26歳の韓国代表FWソン・フンミンの市場価値がアップした。
スイスに拠点を持つサッカー関連調査機関「CIESフットボール・オブザーバトリー」が10日、各選手の市場価値が発表している。

2018年のアジア競技大会で優勝。U-23韓国代表のオーバーエイジ枠として出場したソン・フンミンも兵役免除となっている。
CIESが今年1月に公表した市場価値調査では、ソン・フンミンは7260万ユーロ。ロシアワールドカップ後には9980万ユーロに。
そして今回発表されたソン・フンミンの市場価値は1億230万ユーロ(約132億円)と評価されている

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180913-00289142-footballc-socc

韓国代表がコスタリカ代表に完封勝ち!!ベント新監督の初陣を白星で飾る 

キャプチャ
[9.7 国際親善試合 韓国2-0コスタリカ]

 韓国代表は7日、コスタリカ代表と親善試合を行い、2ー0で勝利。前半35分にMFイ・ジェソン(ホルシュタイン・キール)が、後半33分にはMFナム・テヒ(アル・ドゥハイル)が得点を決め、完封で白星を獲得した。

 パウロ・ベント新監督の初陣となった韓国。JリーガーはGKキム・スンギュ(神戸)とMFチャン・ヒョンス(FC東京)が先発した。また神戸などでプレーしたMFチョン・ウヨン(アル・サッド)や、欧州組のエースFWソン・フンミン(トッテナム)、MFキ・ソンヨン(ニューカッスル)などもスタメンで起用されている。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-01791930-gekisaka-socc

韓国国民待望の“ベント号”、既にコスタリカ戦は完売!!勝敗に注目が集まる 

キャプチャ

韓国代表監督が明かした“ガンバ猛反対”の真実とは…? 

no title

韓国代表監督、問題発言か!?『日の丸が太極旗の上にあるのはあり得ない』 

102537b51f6ed017ab7d58fb15fbfa13_t
1 2018/09/03(月) 11:55:15.35 BE:878978753-PLT(12121)
韓国サッカー監督「日章旗が太極旗の上にあれば目を向けられない」

2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会で韓国U-23(23歳以下)サッカー代表を優勝に導いた
キム・ハクボム監督が3日、国内のサッカーファンに感謝の言葉を伝えた。

キム監督は仁川(インチョン)空港に到着した直後のインタビューで、「選手たちが頑張って良い成績と結果を得ることができた。
選手に声援を送ってくれたサッカーファンに深く感謝している」と述べた。

キム監督は今大会で最も難しかった試合について「ウズベキスタンとの決勝トーナメント1回戦が最も厳しかった」とし
「優勝を目指すうえで最も重要な試合だったが、韓国の選手たちが難しい試合をうまくやってくれた」と振り返った。

キム監督は日本と決勝を控えて選手に伝えていた勝利への強いメッセージも紹介した。キム監督は
「選手たちに『日章旗が韓国の太極旗(テグッキ、韓国の国旗)の上にある場面は目を開けて見ることができない』と話した」とし
「選手たちが渾身の力を出して金メダルを獲得することができた」と評価した。

キム監督は2020年東京オリンピック(五輪)の構想については「まだそこまで考えていない」と答えた後、
「選手はこれで満足するのではなく、所属チームに戻ってKリーグブームを起こし、良いサッカー試合を見せ、
ファンがサッカー場を訪れるようにしてほしい」と強調した。

キム・ハクボム監督が指揮したU-23韓国代表はアジア競技大会サッカー決勝で延長戦の末、日本を2-1で破って金メダルを獲得し、
2014年仁川(インチョン)大会の優勝に続いて2連覇を達成した。

https://japanese.joins.com/article/688/244688.html?servcode=600§code=640&cloc=jp|main|top_news

韓国での“日韓戦”視聴率が57.3%!!韓国メディアは狂喜乱舞の賑わいを見せた 

キャプチャ
日本と韓国の対決となったアジア大会の男子サッカー決勝は、韓国でも大きな注目を集めた。日本ではライブ放送はなく、NHK衛星第1(BS1)で1時間遅れのディレイ放送だったが、韓国ではKBS、MBC、SBSの全国ネット地上波3局が同時中継。韓国の視聴率調査会社『ニールセン・コリア』によると、3局合算の平均視聴率は57.3%になったという。
 
 国中が関心を寄せていたソン・フンミンの兵役問題もかかったアジア大会の決勝であり、相手は“宿命のライバル”である日本、しかも週末のプライムタイムでの中継ということもあって、驚異的数字が出たのだろう。そんな大きな関心を集めたビッグマッチで韓国が延長戦の末に劇的な勝利を収めただけに、韓国メディアの反応も狂喜乱舞といった印象だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180902-00046671-sdigestw-socc

U-21日本代表を称賛!“本気モード”一世代上の韓国に対しよくやった 

キャプチャ
1 2018/09/02(日) 18:50:32.18 _USER9
アジア大会決勝での初の日韓戦で、一世代上の相手に勇敢な戦いを挑む

 アジア大会男子サッカー決勝が1日に行われ、U-21日本代表はU-23韓国代表に延長戦にもつれ込む死闘の末に1-2で敗れ、銀メダルに終わった。インドネシアの地で勇敢な戦いを見せた東京五輪世代の戦いぶりを、ワールドカップを6大会取材し、“アジアサッカー通”としても知られる英国人ジャーナリストのマイケル・チャーチ氏が総括。約半月に及ぶ大会期間中に見せた“森保チルドレン”の、チームとしての進化を称賛している。

◇    ◇    ◇

 アジア大会の開幕前に、この光景を誰が想像しただろうか。日本よりも上のU-23年代で構成され、さらにイングランドの強豪トットナムのレギュラーを張るソン・フンミンらオーバーエイジ3選手も招集した韓国に、21歳以下の日本がここまで勇敢な戦いを見せるとは――。

 彼らは銀メダルを胸にインドネシアから去ることになった。だが、俯く必要はどこにもない。

 韓国はロシア・ワールドカップのメンバーを4人も擁していた。そして、選手は“兵役免除”という特権を獲得したい情熱に突き動かされていた。今大会開幕時に韓国の金メダルへの挑戦を阻む存在はないように見えた。

 森保一監督のチームは圧倒的な経験値を誇る韓国に対し、規律と気持ちの入ったパフォーマンスを見せた。ソン・フンミン、イ・スンウ(ヴェローナ)らヨーロッパのクラブで活躍する実力者たちに問題を突きつけた。

 原輝綺(アルビレックス新潟)、板倉滉(ベガルタ仙台)、立田悠悟(清水エスパルス)の最終ラインは統制が取れていた。訓練され、運動量も絶大だった。ハンブルガーSV移籍の決まったファン・ヒチャンの中盤からの飛び出しにも上手く対抗していた。

 そして、延長戦まで日本の中盤もソン・フンミンを遮断し、彼とチームメイトに決定機を作ることを許さなかった。最終ラインの手前で、松本泰志(サンフレッチェ広島)と渡辺皓太(東京ヴェルディ)の守備陣は韓国の攻撃陣にフラストレーションを与えた。

つづく

9/2(日) 14:01配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180902-00132924-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索