Samurai Goal

韓国代表


スポンサード リンク





【速報】試合終了!!メキシコ、韓国に勝利[2-1] 

キャプチャ

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が22日に行われ、韓国代表とメキシコ代表が対戦した。

 27分、チャン・ヒョンスがエリア内でハンドを犯し、メキシコがPKを獲得。これをカルロス・ベラが決めてメキシコが先制した。対する韓国はソン・フンミンがメキシコゴールに迫るも得点は奪えず。メキシコの1点リードで前半を折り返す。

 後半に入ると、韓国はイ・スンウを投入し得点を狙う。しかし、GKのギジェルモ・オチョアを中心としたメキシコ守備陣を崩せない。すると66分、メキシコは中盤でボールを奪うと、得意のカウンターが発動。パスを受けたハビエル・エルナンデスが追加点をマークし、リードを2点に広げた。なお、このゴールでエルナンデスは同代表の最多得点記録を50点に更新した。

 その後、アディショナルタイムにソン・フンミンが1点を返すも、試合は1-2で終了。メキシコはドイツ戦に続く2連勝で勝ち点を6とし、グループステージ突破へ大きく前進した。一方の韓国は2連敗となった。

 両チームは27日、韓国はドイツ代表と、メキシコはスウェーデン代表と対戦する。

【スコア】
韓国代表 1-2 メキシコ代表

【得点者】
0-1 27分 カルロス・ベラ(メキシコ)
0-2 66分 ハビエル・エルナンデス(メキシコ)
1-2 93分 ソン・フンミン(韓国)

SOCCER KING

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00782675-soccerk-socc


【速報】前半終了[1-0]メキシコ×韓国、メキシコリードで後半へ!! 

DgYxZ1yUYAIfBAN

※速報!試合終了【関連記事はコチラ】

【速報】先制点はメキシコ!!韓国がハンドでPK献上![1-0] 

キャプチャ

※速報!試合終了【関連記事はコチラ】

【速報】「韓国×メキシコ」スタメン発表!!試合の見どころは? 

韓国対メキシコ

韓国代表“背水の陣”メキシコ相手にどれだけ戦えるのか 

GettyImages-937509770-800x530
1 2018/06/23(土) 16:04:21.82 _USER9
韓国-メキシコ◇1次リーグF組・第2戦◇日本時間24日午前0時
後がない韓国(FIFAランク57位)、優勝候補に下克上をして勢いに乗るメキシコ(同24位)と、対照的な立場の両国がぶつかる。

 韓国は18日の初戦スウェーデン戦に0-1で敗れた。際立ったのは得点力の欠如。シュート数はわずか2本、枠内シュートはなかった。
カウンターに鋭さはなく、連係も乏しかった。絶対的エースでアジア最強のFWともされる孫興民頼みは否めず、
そこを抑えられると打開策を見いだせなかった。得点差以上に深刻なチーム状況がかいま見えた。

 守備面でも主力のDF朴柱昊が右足を痛めてスウェーデン戦の前半で退き、この試合も欠場するなど、不安要素は募る。
メキシコにも敗れ2敗となれば1次リーグ敗退がほぼ決まる瀬戸際に、
申台龍監督は「背水の陣を敷いて最高の結果を得られるよう準備している」と強調した。

文在寅大統領が初めて海外で観戦する後押しも受け、必勝を期す。

 メキシコは17日の前回覇者ドイツ戦で1-0と番狂わせを起こした。優勝候補国から23年ぶりの勝利をもぎとり、
出場国中でも最も飛ぶ鳥を落とす勢い。緻密な相手封じでドイツを敗北に追い込んだオソリオ監督は、
前日会見で「偉大なチャレンジに向けて準備は整っている」と落ち着き払った様子。
勝ち点3を取りに来る敢行に対し、すでに多用な対策を練っている模様だ。

https://www.nikkansports.com/soccer/russia2018/news/201806230000524.html

韓国で“日本の勝利”が大問題に!?『ファンの自尊心を傷つけた』 

9
1 2018/06/20(水) 15:32:13.05 _USER9
初戦黒星の韓国、日本と明暗分かれる結果に「韓国にも大きな影響を与えるだろう」

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は19日、1次リーグH組で日本がコロンビアを2-1で破る大金星を挙げた。FW大迫勇也が1-1の後半28分に決勝ゴール。アジア勢が南米勢に勝つのは史上初の快挙となった。お隣の韓国メディアは自国が敗れ、日本が勝った“明暗の初戦”に対し、「誰も予想していなかったこと。これだけでも韓国のサッカーファンの自尊心を傷つけた」と報じている。

 世界を驚かせた金星は韓国も予想外だったようだ。「日本初勝利、韓日のどちらが先に本戦行きを決めるか?」と報じたのは、韓国サッカー専門メディア「Best Eleven」だった。

 記事では、前評判の低かった日本が南米の強豪コロンビア相手に番狂わせを演じたことを紹介。「メキシコがドイツに勝利した波乱と同等の価値があるといえる」と評している。

 さらに「今回の日本の勝利は韓国にも大きな影響を与えるだろう」とし、両国は98年フランス大会から6大会連続出場しているが、ほとんどが韓国の方が成績が良いと説明している。

「誰も予想していなかったこと。韓国のサッカーファンの自尊心を傷つけた」
 しかし、今大会、韓国はスウェーデンを相手に0-1で敗戦。ドイツ、メキシコと強豪ひしめく「死の組」で、初戦で勝ち点を落とし、1次リーグ突破へ、厳しい見通しとなっていた。

「ロシアW杯では韓国はスウェーデンに敗れた一方で日本はコロンビアに勝利した。これは誰も予想していなかったこと。これだけでも韓国のサッカーファンの自尊心を傷つけた」

 このようにつづり、日本と韓国が対照的な船出となったことを“予想外”と受け止め、日本にライバル心を燃やすサポーターのプライドが傷ついてしまったと言及している。

 アジア勢が南米勢に勝つのはW杯史上初の快挙。首位発進となった日本だが、まだ1次リーグ突破が決まったわけではない。勝って兜の緒を締め、次戦に集中していくだけだ。(THE ANSWER編集部)

2018年6月20日 11時31分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14892120/

【激怒】アン・ジョンファン“VAR判定”に納得いかず物言い!! 

b0035937_17332451
1 2018/06/19(火) 02:06:21.67 _USER9
【スウェーデン 1-0 韓国 ロシアワールドカップ・グループリーグ F組第1節】

ロシアワールドカップのグループリーグ初戦が18日に行われ、グループFの韓国代表はスウェーデン代表に0-1で敗れた。

試合を決定づけたのは、またしてもビデオアシスタントレフェリー(VAR)だった。
後半、キム・ミヌのペナルティエリア内でのファウルを見逃さず、主審はVARの助言を受けてスウェーデンにPKを与えた。そして、そのPKが決勝点となった。

この判定に韓国代表のレジェンドがご立腹のようだ。韓国の『MBC』でスウェーデン戦の解説を務めた同国代表OBのアン・ジョンファン氏は試合終了直後、
「これで終わり。審判を責めたくはないが、審判がゴールの半分を決めたようなものだ。彼がなぜあのような決定を下したのか聞いてみたい」と怒りをあらわにした。

今大会はVARによるPK判定が毎日のように生まれている。
韓国のレジェンドストライカー、アン・ジョンファン氏は人間味が失われるビデオによる判定のサポートに疑問を持っているのかもしれない。

6/19(火) 1:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180619-00275647-footballc-socc

韓国代表“黒星”厳しい評価!!PK献上を罪人扱い... 

1 2018/06/19(火) 01:01:40.67 _USER9
18日に行われたロシアワールドカップ グループF初戦で、スウェーデンが韓国を1-0で下した。オーストラリアの『FourFourTwo Australia』が各選手の採点を公表している。

同メディアは10段階評価のうち、両チーム全体で最低点となる『3』を、韓国のイ・ジェソン、そしてPKに直結するファウルを犯したキム・ミヌの2名に与えた。キム・ミヌについては「罪人となってしまった。彼のファウルでPKを献上してしまった」とし、イ・ジェソンには「スウェーデンの巨大な中盤を突破するために何もできなかった」と酷評している。

次点は、前線に入ったファン・フィチャンで「前半はまったくボールに触れなかった」と『3.5』とした。韓国の最高評価はこの試合で先発に抜擢されたGKチョ・ヒョンウで『7.5』が与えられた。「2度のスーパーセーブがあった。敗れた韓国のなかで唯一の光」と評した。

一方で両チームを通しての最高評価は、決勝ゴールのアンドレアス・グランクビストの『8』だった。「33歳の巨人は、韓国の脅威を広範囲で防ぎ切り、攻撃では15分でペナルティーエリアに2回突っ込んだ。そして、PKでスウェーデンに先制点をもたらした」と攻守における大車輪の活躍を絶賛している。

グループFは第1節の2試合が終了。初戦を制したメキシコとスウェーデンが1位で並んだ。次戦は23日に開催。スウェーデンはドイツと、韓国はメキシコと対戦する。

Goal 6/19(火) 0:52配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000046-goal-socc

写真
no title

【速報】試合終了[1-0]スウェーデン、韓国を制す! 

キャプチャ

[6・18 W杯F組第1節 スウェーデン1-0韓国 ニジニ・ノブゴロド]

 ロシアW杯は18日、大会5日目を行った。グループFではスウェーデン代表が韓国代表を1-0で下し、白星発進を決めた。第2節は23日に行われ、スウェーデンはドイツ、韓国はメキシコと対戦する。

 同組のもう一試合は前日に行われ、メキシコが前回王者のドイツを破る伽藍を演じ、改めてW杯の難しさ、楽しさを感じさせた。韓国とスウェーデンはこの強豪2か国との試合を残すこともあり、互いに絶対に落とせない試合として初戦に臨んでいた。

 前半から決定機の数で上回ったのはスウェーデンだった。ただ前半21分にゴール前で作った混戦、FWマルクス・ベリがGKとの1対1を押し込むが、GKチョ・ヒョンウのビッグセーブに弾かれ、先制点は奪えない。

 また前半28分には韓国にアクシデント。左SBでプレーしていた元鹿島DFパク・チュホがプレー中に右腿を痛めて負傷退場。元鳥栖DF金民友が緊急投入された。

 何とかスコアレスで耐えた韓国はワンチャンスを狙う。しかし後半7分、左サイドから金民友が上げたクロスが走り込んだMFク・ジャチョルの頭にピンポイントで合うが、シュートは左に外れてしまう。

 そしてついにスコアが動く場面が来る。後半19分、エリア内で金民友がMFビクトル・クラーソンを倒してしまう。ホエル・アギラール主審は一旦はプレーを流したが、今大会より導入されたVARを使ったビデオ判定を行う。

 ビデオを確認すると明らかに金民友の足はボールに触れておらず、アギラール主審も即座にPKを指示。後半20分、これをDFアンドレアス・グランクビストが落ち着いて決めて、スウェーデンが先制に成功した。

 負けられない韓国は、後半21分に神戸のMFチョン・ウヨン、そして“韓国のメッシ”と呼ばれる期待の20歳、10番MFイ・スンウを投入。前がかりになって、同点弾を目指す。しかし試合はこのまま終了。韓国は痛い黒星発進となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-01655237-gekisaka-socc

【速報】先制点はスウェーデン!![1-0]PKを叩き込む! 

グランクビスト




ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索