Samurai Goal

韓国


スポンサード リンク





世界中のサッカーファン「史上最低のW杯?2002日本大会に決まってるじゃないか」「2002だね」「2002」 

Unknown




1: 2020/05/27(水) 19:18:37.56
日本人として恥ずかしい
※前スレ
世界中のサッカーファン「史上最低のW杯?2002日本大会に決まってるじゃないか」「2002だね」「2002」
https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1590571898/

【画像】 韓国サッカーのラブドール騒動、Kリーグが調査に 無観客試合の会場にラブドールを配置 

1: 2020/05/21(木) 08:00:04.80 ● BE:601381941-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
FCソウルの「ラブドール」騒動、Kリーグが調査へ

【5月20日 AFP】
サッカー韓国Kリーグの強豪クラブ、FCソウル(FC Seoul)が試合会場に置いた人形がラブドールなのではないかと批判されている件で、Kリーグが調査に乗り出すことが分かった。
リーグ関係者が明かした。

新型コロナウイルスの影響でリーグが無観客で開幕する中、FCソウルは性具メーカーのロゴマークが入ったTシャツを着たり、プラカードを持ったりしている人形を客席に置き、大きな批判を浴びている。

no title


これを受けてKリーグ側は、今回の件が、みだらな商品を宣伝してはならないというリーグ規則に抵触していないかを懲罰委員会で検証し、さらにリーグのイメージや品位を損ねた可能性についても話し合うと発表した。

違反が認定された場合、FCソウルは勝ち点5の減点か、500万ウォン(約44万円)以上の罰金の処分が科される可能性がある。

FCソウルはすでに、「ファンの皆さまに多大なご心配をおかけしたことを心より謝罪します」と発表。
「当初から、人形がセックストイと一切関係ないことを確認しています」と強調した。

https://www.afpbb.com/articles/-/3283998

韓国サッカーkリーグ、無観客スタンドに「ダッチワイフと店の宣伝吹き出し」置く…クラブが謝罪 

a1683_1469_015f26c0_9dd58abb




1: 2020/05/18(月) 13:03:03.99 0
狭いところからゴール左隅へ!チェ・ヨンス監督も大喜びだろう。

しかし、この試合でより話題になったのはスタンドの一角の模様だった。

FCソウルは今回サポーターの
代わりとしてメインスタンドに人形を複数体設置することにし、クラブを応援するバナーをもたせた。

ところが『RT』によれば、その中には…いわゆる「ダッチワイフ」が入っており、さらに彼女が持っているバナーには地元の
アダルトショップを宣伝するフレーズが入っていたとか…。

【画像】開幕した韓国プロサッカー無観客試合に置かれた人形がコチラw 

1: 2020/05/18(月) 07:26:04.52 BE:844628612-PLT(14990)
sssp://img.5ch.net/ico/ps3.gif
崔碩栄
@Che_SYoung
コロナ防疫に成功したと自負する韓国。
無観客ではあるが、なんとか開幕したプロサッカー。

無観客はさびしいと客席に設置した「人形」が物議。
実はこれ全部「ラブドール」��

まさか日本製じゃないだろうな��
画像
no title


午後8:52 · 2020年5月17日·Twitter Web App

スクショ
no title


関連ソース
‪官邸まで巻き込む大論争 リアルドール禁止を求める韓国女性たち《署名は26万人超》 | 文春オンライン
https://bunshun.jp/articles/-/15590‬

台湾でサッカー野球が開催韓国で野球が開催 日本はまだ? 

unnamed




1: 2020/05/06(水) 08:47:00.30 0
なぜ台湾サッカーは開催できるのか? 世界から視聴者が殺到、リーグ開催へこぎつけたサッカー協会の尽力

新型コロナウイルスの影響が世界各地に拡大する中で、ほとんどのプロサッカーリーグは延期や中止などの措置が取られている。

その中で、台湾サッカーの1部リーグは今現在も開催されているという。開催にこぎつけることができた理由を台湾サッカー協会に聞いた。(取材・文:鄭仲嵐)

「韓国の侮辱的行動のせい」人種差別騒動のコロンビア選手が弁明=韓国ネット「幼稚だ」 

20200422-035727882




1: 2020/04/23(木) 23:30:09.20 _USER
2020年4月22日、韓国・ベストイレブンによると、元韓国代表MFキ・ソンヨンに対して人種差別的な行動を取ったとして非難を浴びていたコロンビア代表MFエドウィン・カルドナが弁明した。

記事によると、カルドナは17年11月10日、韓国の水原ワールドカップ競技場で行われた親善試合で、キに対し両手で目尻をつり上げる人種差別的なポーズをした。記事は「当時、キはハメス・ロドリゲスと小競り合いになり、途中でカルドナが割り込んできて挑発した」と伝えている。

この騒動でカルドナはFIFAから国際Aマッチ5試合の出場停止処分を受け、その影響で18年のロシアW杯出場のチャンスを逃したとされている。

これについてカルドナは今月21日、コロンビアメディアとのインタビューで「私の心と神に懸けて言うが、その行動は彼ら(韓国選手ら)の侮辱的な行動に対する反応にすぎない。とっさに出たものだった。公に謝罪もした。はっきり言って、私は人種差別主義者ではない。私はみんなを愛している」と述べたという。

これを受け、韓国のネットユーザーからはカルドナに対し「もうちょっとまともな弁明をしてほしい」「悪く言いたくないけど、これは無理」「『あの子が最初に言ったんだから!』というのは最も簡単で幼稚な弁明」「結局自分で自分の首を絞めたね」「そう簡単に神様の名前を口にしないで!」など厳しいコメントが殺到している。

一方で、キがかつて日本戦で「猿まねパフォーマンス」をしたことを挙げて「猿まねのことを日本人にたたかれても何も言えないね」と指摘するユーザーも見られた。(翻訳・編集/松村)

https://www.recordchina.co.jp/b800369-s0-c50-d0127.html
Record China 4月23日(木)21時40分

<日本では札幌が報酬を自主返納も…>韓国が選手の年俸削減に懐疑的な理由 

1: 2020/04/07(火) 15:08:46.36
 北海道コンサドーレ札幌の所属選手一同が、報酬の一部を返納する申し出を行ったことが6日、明らかとなった。韓国メディアは自国のKリーグクラブで自発的な返納は「ない」としたうえで、同様の対応を取ることが極めて困難な状況を説明している。

 感染が拡大する新型コロナウイルスの影響で、世界各国のリーグは中断を余儀なくされており、財政健全を維持したい欧州の複数クラブが、選手の年俸削減を決断する事態となっている。

 Jリーグでは札幌に所属する全選手が、自主的に報酬の一部を返納することを発表。選手一同は「このような状況だからこそ、いつも以上に支え合わなければならないと感じています。その先にある北海道への支援につながると考えたからです」と自主返納の理由を明かしていた。

 一方で、韓国のKリーグでは自発的な年俸削減や返納を申し入れるクラブや選手は現時点で皆無だという。韓国紙『スポーツソウル』は、「一部のクラブで選手個人による寄付やマスクなどの物品支給が行われた事例はあるが、年俸削減に関する話題は出ていない」と説明する。

 Kリーグは他国のリーグとは異なり、自主的に収益を得ることが少ないため、親会社(企業球団)や地方自治体(市民球団)に予算を支給してもらい、運営を行っているクラブが大半だ。このため「給与カットに関する賛同を受けられない状況」に陥っているという。

 Kリーグのある関係者も「選手の年俸削減は非常に敏感な状況だ。欧州やJリーグのように新型コロナウイルスの感染者が発覚し、練習やクラブ業務がすべて中断されている状況ならともかく、(韓国では)選手が通常通り練習を行っている。与えられた環境で仕事をこなしている」と、年俸削減に関しては懐疑的な見方を示した。

 市民クラブでは、年俸削減に向けた話が挙がっているものの、企業クラブとの軋轢が生じる可能性もあり、別の関係者は「市民クラブだけが、政治的な影響を受けやすいからといって、当然のように(年俸削減)賛同するというような認識を持ってはならない」と話す。

 一方で「企業クラブ、市民クラブのいずれも、新人選手や若い職員の給料は決して良くない。どのクラブも上層部から率先する姿勢を見せてこそ、組織全体で共感が生まれる」と、現時点では選手の年俸削減を優先すべきではないとの見方を示している。

4/7(火) 14:29配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200407-00010016-goal-socc

写真
no title

<日本では札幌が報酬を自主返納も…>韓国が選手の年俸削減に懐疑的な理由 

1: 2020/04/07(火) 15:08:46.36
 北海道コンサドーレ札幌の所属選手一同が、報酬の一部を返納する申し出を行ったことが6日、明らかとなった。韓国メディアは自国のKリーグクラブで自発的な返納は「ない」としたうえで、同様の対応を取ることが極めて困難な状況を説明している。

 感染が拡大する新型コロナウイルスの影響で、世界各国のリーグは中断を余儀なくされており、財政健全を維持したい欧州の複数クラブが、選手の年俸削減を決断する事態となっている。

 Jリーグでは札幌に所属する全選手が、自主的に報酬の一部を返納することを発表。選手一同は「このような状況だからこそ、いつも以上に支え合わなければならないと感じています。その先にある北海道への支援につながると考えたからです」と自主返納の理由を明かしていた。

 一方で、韓国のKリーグでは自発的な年俸削減や返納を申し入れるクラブや選手は現時点で皆無だという。韓国紙『スポーツソウル』は、「一部のクラブで選手個人による寄付やマスクなどの物品支給が行われた事例はあるが、年俸削減に関する話題は出ていない」と説明する。

 Kリーグは他国のリーグとは異なり、自主的に収益を得ることが少ないため、親会社(企業球団)や地方自治体(市民球団)に予算を支給してもらい、運営を行っているクラブが大半だ。このため「給与カットに関する賛同を受けられない状況」に陥っているという。

 Kリーグのある関係者も「選手の年俸削減は非常に敏感な状況だ。欧州やJリーグのように新型コロナウイルスの感染者が発覚し、練習やクラブ業務がすべて中断されている状況ならともかく、(韓国では)選手が通常通り練習を行っている。与えられた環境で仕事をこなしている」と、年俸削減に関しては懐疑的な見方を示した。

 市民クラブでは、年俸削減に向けた話が挙がっているものの、企業クラブとの軋轢が生じる可能性もあり、別の関係者は「市民クラブだけが、政治的な影響を受けやすいからといって、当然のように(年俸削減)賛同するというような認識を持ってはならない」と話す。

 一方で「企業クラブ、市民クラブのいずれも、新人選手や若い職員の給料は決して良くない。どのクラブも上層部から率先する姿勢を見せてこそ、組織全体で共感が生まれる」と、現時点では選手の年俸削減を優先すべきではないとの見方を示している。

4/7(火) 14:29配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200407-00010016-goal-socc

写真
no title

【韓国サッカー協会】「東京五輪延期、年齢制限に特例措置を」=書簡でAFCとIOCに要請 

1: 2020/03/26(木) 19:59:23.60 _USER
【ソウル聯合ニュース】韓国の大韓サッカー協会は26日、東京五輪が1年程度延期になることで、原則23歳以下(U23)となっているサッカー男子の年齢制限をオーバーする選手について、出場資格の維持を求める書簡をアジアサッカー連盟(AFC)、国際サッカー連盟(FIFA)、国際オリンピック委員会(IOC)に送ったと発表した。

東京五輪が2021年に開催され、特例措置がなければ、原則23歳以下で争われるサッカー男子は1998年1月1日以降に生まれた選手が出場でき、予選で主軸となった97年生まれの選手は出場できなくなる。

 大韓サッカー協会は書簡で「新型コロナウイルスの感染拡大という不可抗力の理由により大会が延期になり、五輪出場のために予選に出場した選手たちが本戦に参加できないのは不公平だ」とし、現代表の参加権利の保護を求めた。

 また出場権を獲得した選手たちが不利益を受けずに本戦に出場できるよう措置を講じることを要請するとし、97年生まれの選手の五輪出場を認めるよう求めた。

 東京五輪の1年程度の延期が24日に発表された直後から、大韓サッカー協会は今後の計画について検討を始め、男子代表の金鶴範(キム・ハクポム)監督をはじめ、コーチ陣の意見を取りまとめた。金監督は97年生まれの選手たちが来年以降の東京五輪に出場するのが合理的な判断とする意見を伝えた。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20200326003900882?section=news
聯合ニュース 2020.03.26 19:31

no title

U23韓国代表を率いる金鶴範監督(資料写真)

韓国サッカー界感染者ゼロの秘訣…地元紙「欧州とは異なる」「Kリーグはコロナ清浄地帯」 

20200318-43479061-gekisaka-000-2-view




1: 2020/03/24(火) 20:42:21.32
 サッカー界にも欧州を中心に選手、関係者に新型コロナウイルスの感染者が相次ぐ中、韓国Kリーグが感染者をゼロに抑えている秘訣を『スポーツソウル日本語版』が報じている。

 全世界で新型コロナウイルスが蔓延し、欧州5大リーグの選手監督、クラブ関係者に感染者が続出しており、日本でもサッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長に陽性が確認された。「欧州リーグとは異なるKリーグ」と見出しを打った同紙は「欧州サッカー界とは異なり、Kリーグは新型コロナ清浄地帯と評価されている」と報じている。

 韓国では1月20日に初の感染者が確認されてから約2か月が経過し、国内の感染者数は8000人を超えているが、Kリーグの選手、関係者に感染は報告されていないという。同紙は「韓国プロサッカー連盟によると、Kリーグ関係者の中で感染が疑わしい症状が出て、新型コロナウイルス検査を受けた者は皆無だ」と伝えた。

 “感染者ゼロ”の秘訣として、同紙は韓国プロサッカー連盟が感染予防と拡大防止のために早期から全クラブに配布していたマニュアルを各クラブが遵守していることを挙げている。

 マニュアルには選手の外部接触禁止、選手の健康状態の常時確認、感染症予防の心得遵守などが記載されている。さらに、他チームとの練習試合自制(独自の紅白戦勧告)、ペットボトルやタオルの共同使用を禁止するなど、詳細かつ状況別のガイドラインが示されている。クラブは1日に2回以上、全選手とスタッフに発熱チェックを行うなど、拡散防止に努めているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200318-43479061-gekisaka-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索