Samurai Goal

韓国


スポンサード リンク





【神戸】イニエスタに韓国フィーバー 

20200218-02170292-sph-000-2-view[1]

<韓国メディア>“東アジア人嫌悪”に憤慨!「彼らは歩くウイルスではない」 

20200212-00246074-soccermzw-000-5-view[1]




1: Egg ★ 2020/02/12(水) 23:31:01.14 ID:4OEjcusA9
中国・武漢を発生源に、いまや世界中で脅威となっている新型コロナウイルス。すでに感染者は4万人を、死者は1000人を超えている。


 そんななか、欧米では東アジアの人びとに対する偏見や差別的行為が頻発している。まるでウイルスを保持しているかのように不当に扱われ、英国のシェフィールドでは、マスクを着用して登校した中国系の少女がクラスメイトから暴行と罵声を浴びせられたというニュースが、大きく報じられた。欧米人は日本人、韓国人、中国人を一見して選別できない。そうした事実も、差別的行動をエスカレートさせているようだ。

 当然サッカー界でも、少なくない事例が報告されている。韓国の全国スポーツ紙『スポーツソウル』は「新型コロナウイルスで広がる欧州サッカー界の“東洋人嫌悪”。各地で差別行為相次ぐ」と銘打ち、特集記事を掲載した。

 同紙によれば、トッテナム・ホットスパーの韓国代表FWソン・フンミンがさっそく餌食になったという。現地2月2日、プレミアリーグのマンチェスター・シティ戦だ。トッテナムが2-0の快勝を収めたゲームでソンは鮮烈ゴールを挙げたが、その試合後のインタビューで彼は2度、乾いた咳をした。するとインタビュアーの英国『スカイ・スポーツ』の記者が大袈裟に驚くジェスチャーをしただけでなく、映像のコメントでも「ソン・フンミンが咳をした」などと、新型コロナウイルスの感染を想起させるような内容が流れたという。

 さらに、新型コロナウイルス発見の速報が出た際には、心無い加工写真がネット上で拡散した。ソンの周りを取り囲む選手たち全員がマスクを付けているという、笑えない代物である。

 先週末には、ソンのチームメイトであるイングランド代表MFデリ・アリも酷い動画を投稿。ヒースロー空港のラウンジにいたアリは、黒いマスクで完全防備をしたうえで、後方に座っている東洋人の男性を無断で撮影して「スナップチャット」にアップした。そして消毒液を映しながら、「ウイルスが俺をキャッチしたいなら、もっと素早く動かなきゃだな」と冗談めかして言い放ったのである。

 あたかもその人物がウイルスを有しているかのような偏見だ。すぐさま大バッシングを浴び、選手は2度に渡って謝罪をする羽目となった。

【悲報】韓国サッカーさん、やっぱり日本サッカーより弱い 

7e1bb677-s




1: 風吹けば名無し 2020/02/12(水) 21:25:06.04 ID:c6EH4Irkr
外国人枠の関係で戦力の落ちてるマリノスに、Kリーグ1強の全北がホームでフルボッコにされ、2位の蔚山もホームでFC東京に圧倒された模様

韓国協会発表の新エンブレムにファン反応「何かの冗談?」「対戦相手に笑われる…」 

1: 豆次郎 ★ 2020/02/05(水) 23:55:47.94 ID:1Oa/r6W69
Football ZONE web
2/5(水) 21:20配信
韓国協会発表の新エンブレムにファン反応 「何かの冗談?」「対戦相手に笑われる…」

 大韓サッカー協会(KFA)は5日、新たなエンブレムを発表。虎の顔が前面に描かれたものになっているが、衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は「韓国のファンは喜んでいない」と報じている。



 新エンブレムのデザインテーマは「恐れを感じない前進(Moving Forward)」。2001年から19年にわたって用いられた虎の全身を用いたエンブレムから、顔が描かれたものへと変更された。また、これまでのエンブレムが、青、白、金の枠があったのに対し、新エンブレムからは金が消え、青、白、赤の3色が用いられている。

 KFAは、新エンブレムが4つのキーとなるパーツによって構成されていると説明。虎の上部の矢印は「前進」を示し、虎は「遺産」、そして虎の6角形の輪郭は「サッカーのフォーメーション」、そしてエンブレムのフレームは「サッカーのピッチ」を表現しているという。

 しかし、新エンブレムに関しては好意的な声だけが寄せられているわけではなく、SNSには否定的な声も少なくない。これまでのロゴの方が良かったとする声も挙がっている。フェイスブックに寄せられた声のなかには「これは何かの冗談か? あの美しいロゴをこれに変えるつもりじゃないよな? 変えるだけではなく、対戦相手に笑われるものになった。これは恥ずかしい」というものもあったという。

 またツイッターのコメント欄も、「前のエンブレムの方が良かった」「なぜ改悪するの?」といったコメントが目立っているが、「きっと見慣れるでしょう」といった前向きなものもあり、今後も議論を呼ぶことになりそうだ。



韓国新エンブレム

no title


日本の八咫烏エンブレム

no title

<韓国国内で物議のCR7欠場問題>主催側敗訴、賠償命令 

1: Egg ★ 2020/02/05(水) 13:07:01.03 ID:wDy0zBGr9
ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの欠場を巡り、発展した韓国国内での訴訟問題の1つが決着したという。

昨夏のプレシーズンツアーでアジアに赴いたユベントスは同年7月、韓国を訪問。C・ロナウドを全面に押し出した宣言効果もあり、わずか3分足らずで6万5000枚のチケットが完売したというプレシーズンマッチで、Kリーグ選抜と対戦した。

しかし、既報によれば、主催会社『ザ・フェスタ』とユベントスの間に45分間の出場契約が存在したというC・ロナウドが最後までプレーせず、韓国国内で物議に。怒りを募らせた観客2人が主催会社を相手取り、損害賠償訴訟を起こした。

そして、4日付のイギリス『BBC』の続報によると、韓国の裁判所は観客2人に勝訴判決を言い渡したという。これにより、敗訴側の主催会社は裁判所から原告1人あたり37万1000ウォン(約3万4000円)を支払うよう命じられた模様だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-00369620-usoccer-socc

写真
no title

韓国での“クリロナ裁判”の結果は…「虚偽広告にだまされた」ロナウドは当初の予告と違いベンチに座るだけ 

1: 新種のホケモン ★ 2020/02/03(月) 16:54:41.66 ID:CAP_USER
数多くの韓国サッカーファンの怒りを誘発した“ロナウド欠場事態”の裁判結果が出る。

今回の民事訴訟の結果に基づいて、今後も追加の訴訟が続く可能性も高い。

来る2月4日、仁川(インチ〇ン)地方裁判所では、サッカーファン2人が提起したクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)が欠場したことに関する損害賠償請求訴訟の公判が開かれる。

2019年7月26日にソウル・ワールドカップ競技場で開かれたユベントスとチームKリーグの親善試合で、ロナウドは当初の予告とは違ってベンチに座るだけで試合に出場せず、現場を訪れた多くのサッカーファンから抗議を受けた。

その欠場事態に対してサッカーファンA氏など2人は、主催したTHE FESTA社を相手に親善試合の入場券の払い戻しや慰謝料など、計214万ウォン(約21万円)の賠償を求めて訴訟を起こした。

当時、試合を控えてTHE FESTA側が結んだ親善試合の契約条件には「ロナウドが45分以上プレーする」という内容が含まれており、THE FESTA社はロナウドを観戦できると強調してチケット販売を推進した。
訴訟を起こした2人は、「ロナウドの出場がはっきりしていなければ観戦チケットを購入しなかったのに、THE FESTA社の虚偽広告にだまされた」と、精神的苦痛による慰謝料も請求した。

彼らの法律代理人であるキム・ミンギ弁護士は、「これまでの判例では似たような場合、慰謝料を認められていなかったが、今回の事件は被告が原告のロナウドに対する“ファンの心”を利用した特性があるため、認められなければならない」と主張した。

なお裁判所が今回のサッカーファンの主張を受け入れた場合、今後も同じような訴訟が続く可能性が高くなる。当時のユベントス戦は、6万5000席が完売したからだ。

チケット収入だけでも60億ウォン(約6億円)に上ったとされている。

no title

7月26日に行われたユベントス対チームKリーグの親善試合をベンチで見守るクリスティアーノ・ロナウド(中央)

スポーツソウル
https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=9527

2020年02月03日

<U-23韓国代表監督>東京五輪へ“ライバル心”露わ!「少なくとも日本より良い成績を収めたい」と強気の宣言 

1: Egg ★ 2020/01/31(金) 09:21:18.58 ID:5j24UzNV9
タイで開催されたU-23アジア選手権で史上初の優勝を飾り、東京五輪出場を決めた韓国代表のキム・ハクボム監督が、30日に行われた母国での記者会見に出席し、メダル獲得を目標に掲げた一方、「少なくとも日本より良い成績を収めたい」と強気の宣言をしている。

 森保一監督率いるU-23日本代表がU-23アジア選手権でグループリーグ敗退の憂き目に遭ったなか、韓国は底力を発揮して大会を制するとともに、9大会連続の五輪出場を決めた。30日に母国で会見に臨んだキム・ハクボム監督は「優勝というタイトルを手にしたのは、監督として非常に光栄だ。韓国サッカーと選手たちの発展のために良かったと思う」と振り返っている。

 東京五輪に向けて「東京五輪では、エントリーが18人に減るという問題もある。東京は高温多湿でもあるので、その部分も考慮する」と言及。MFペク・スンホ(ドイツ2部ダルムシュタット)やMFイ・ガンイン(スペイン1部バレンシア)ら有望株の招集について問われると、「必要だと思う。所属チームとも接触した」と告白し、メンバー入りの可能性を示唆した。

「選手たちを信じ、選手も監督を信じれば、今回のように良い成績が残る。(五輪は)隣国である日本で開催される。見方次第では、ホームのアドバンテージを得たとも言える」

 韓国は2012年ロンドン五輪で日本を破って銅メダルを獲得したなか、キム・ハクボム監督は東京五輪でも“メダル獲得”を目標に掲げ、日本へのライバル心もむき出しにする。

「少なくとも日本より良い成績を収めたい。銅メダルという目標を設定することも可能だ」

 U-23アジア選手権で日韓の明暗はくっきりと分かれたが、東京五輪ではどのような結末を迎えるのか注目だ。

1/31(金) 7:10配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200131-00243905-soccermzw-socc

写真no title

韓国がU-23アジア選手権初優勝! サウジアラビアの堅守に苦戦も延長の末に1-0でファイナルを制す! 

20200127-00069207-sdigestw-000-5-view[1]




1: 久太郎 ★ 2020/01/27(月) 00:13:25.53 ID:+kk3Nste9
サウジアラビアは韓国の猛攻に堅守で対応も…
 1月26日、東京五輪アジア最終予選を兼ねたU-23アジア選手権の決勝、U-23韓国代表対U-23サウジアラビア代表の一戦が、タイの首都・バンコクにあるラジャマンガラ・スタジアムで行なわれ、延長戦の末に韓国が1-0で激戦を制し、初優勝に輝いた。
 
 上位3チームに与えられる五輪出場権を獲得した両者のアジア王者を懸けた戦いは、序盤からともに球際で激しくぶつかり合う。最終ラインでパスを回し、ゆっくりとビルドアップするサウジアラビアに対し、韓国は激しいプレスでボールを奪い、枚数をかけて縦に速い攻撃に転じる。
 
 最初の決定機は20分、韓国がカウンターから左サイドに大きく展開すると、フライブルク(ドイツ)に所属するMFチ〇ン・ウヨンがドリブルで敵陣深くまで持ち上がり、DFを股抜きで交わす。GKとの1対1を迎えるが、好セーブに遭い得点とはならなかった。
 
 サウジアラビアは、韓国の猛攻にもダブルボランチのムフタール・アリと、アリ・アルハッサンが絶妙なポジショニングでスペースを埋めて相手に自由を与えず、前半は0-0で折り返した。

 後半も見応えのある攻防戦となった。立ち上がりこそ、サウジアラビアに押し込まれる展開となったものの、韓国が徐々に主導権を握る。
 
 すると57分、ハーフタイムから出場したFWイ・ドンジュンが魅せる。同じく途中投入のMFイ・ドンギョンから左サイドでパスを受けると、得意のドリブルでペナルティーエリア内に切り込み、左足で巻いたシュートを放つ。しかし、GKに右手1本で防がれる。

 77分にも決定機が訪れるが決め切ることができず、スコアレスのまま延長戦に突入する。

 お互いに疲れからラストパスの精度を欠き、膠着状態が続いたが、延長後半の113分についに試合が動く。敵陣深くの左サイドで獲得したFKからのクロスのチ〇ン・テウクが頭で合わせて決勝ゴールを挙げた。試合はこのまま終了し、9大会連続での五輪出場権を獲得した韓国が大会初優勝を飾った。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200127-00069207-sdigestw-socc

<U-23アジア選手権>韓国とサウジ東京五輪出場決定!3位決定戦でウズベキと豪が大戦へ 

20200122-00000142-dal-000-4-view[1]




1: Egg ★ 2020/01/23(木) 00:18:54.28 ID:fuYL3Gan9
 「U-23アジア選手権・準決勝、韓国2-0オーストラリア」(22日、バンコク)

 韓国が快勝し、決勝進出。9大会連続の五輪出場を決めた。決勝では同じく五輪切符をつかんだサウジアラビアと戦う。

 韓国は前半から押し気味に試合を進めたが、0-0で後半へ。後半も主導権を譲らず、2点を奪い完勝した。

 今大会は東京五輪のアジア最終予選を兼ねており、3位以上のチームが本大会への出場権を得る。敗れたオーストラリアは3位決定戦でウズベキスタンと戦い、最後のチャンスに挑む

1/23(木) 0:09配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00000142-dal-socc

AFC・U-23選手権タイ2020の準決勝が22日に行われ、決勝戦、3位決定戦の対戦カードが決定した。


U-23年代のアジア王者を決定する今大会は東京五輪アジア最終予選も兼ねており、上位3チームが東京五輪本大会に出場できる。アジアの各国がしのぎを削る中で、U-23日本代表が初めてグループステージで敗退した一方、西野朗監督率いるタイ代表が史上初の決勝トーナメント進出を果たすなど、それぞれの歓喜と悲劇が入り混じった。

準決勝では、U-23サウジアラビア代表とU-23ウズベキスタン代表、U-23オーストラリア代表とU-23韓国代表がそれぞれ対戦。その結果、サウジアラビアと韓国が決勝進出、東京五輪出場を決めた。

敗れたウズベキスタンとオーストラリアは3位決定戦で激突。残り1枠の東京五輪出場を賭けた決戦に臨むこととなった。

決勝、3位決定戦の対戦カード、キックオフ時間は以下の通り。

■3位決定戦
2020年1月25日(土)
21:30 オーストラリア vs ウズベキスタン

■決勝戦
2020年1月26日(日)
21:30 韓国 vs サウジアラビア

1/23(木) 0:09配信

U-23韓国代表、勝利 

20200110-00357091-footballc-000-5-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2020/01/10(金) 00:31:15.71 ID:+1RcWzUO9
フットボールチャンネル
1/10(金) 0:11配信
U-23韓国代表、東京五輪に向けて劇的白星発進。後半AT弾で中国下す【AFC U-23選手権】

【韓国 1-0 中国 U-23アジア選手権】

 AFC U-23選手権グループリーグC組第1節のU-23韓国代表対U-23中国代表戦が現地時間9日に行われ、0-0の引き分けに終わった。


 8大会連続の五輪出場を目指す韓国と、北京五輪以来3大会ぶりの出場を目指す中国が初戦で激突。前回U-23選手権王者のウズベキスタンとイランも同居する厳しいグループを突破するため、どちらも勝ち点3を狙っていきたいところだった。

 韓国は前半14分、FWオ・セフンの強烈なヘディングがわずかにポスト右へ。22分にもMFキム・デウォンの強烈なシュートが中国GKに阻まれるなど決定機の数で上回ったがゴールを奪うには至らず、両チーム無得点で前半を折り返した。

 後半も韓国が優位に試合を進める展開が続いたが、シュートの多くは枠を捉えられず。そのままスコアレスドローでの終了が濃厚かと思われたが、後半アディショナルタイムに入った93分にMFイ・ドンジュンが劇的な決勝ゴール。1-0で韓国が勝ち点3を手に入れた。

 同じグループのもう1試合ではイランとウズベキスタンが対戦し、1-1のドローに終わっている。次節はイランと韓国、中国とウズベキスタンが対戦する。

【得点者】
90+3分 1-0 イ・ドンジュン(韓国)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200110-00357091-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索