Samurai Goal

降格


スポンサード リンク





前代未聞の降格劇に怒り…柴崎所属デポルティボの指揮官「選手を守るためだと言いながら…」 

スクリーンショット 2020-07-22 1.23.03のコピー

「最高の戦力である久保建英を…」なぜ昇格3チームでマジョルカだけが降格したのか?地元紙が分析 

20200720-00273169-soccermzw-000-2-view

降格決定のマジョルカ、“チーム解体”を地元紙が危惧 監督、久保らレンタル組の退団を予想 

20200717-00272566-soccermzw-000-3-view

降格レガネス、号泣主将の言葉がスペイン全土を感動に包む…「この辛い日々にフットボールをする意味あった」 

20200720-00010011-goal-000-2-view

<柴崎岳>“ロッカー崩壊”のデポル、19歳MF「3部降格は履歴書の大きな汚点に…」 

20200719-43481961-gekisaka-000-1-view




1: 2020/07/19(日) 13:05:10.55 _USER9
MF柴崎岳が所属するデポルティボは20日、スペイン2部リーグ残留をかけてフエンラブラダと対戦する。スペイン紙『マルカ』によると、アトレティコ・マドリーから期限付き移籍中のMFビクトル・モジェホ(19)は試合前取材に「降格は履歴書の大きな汚点となる」と述べ、自身のためにもクラブの残留が必要だと強調している。

 デポルティボは現在スペイン2部B(実質3部)降格圏内の19位。17~18位との勝ち点差は1に迫っているが、自力での残留はできない状況となっている。それでもモジェホは「奇跡は必要としない。フエンラブラダに勝利すれば、自分たちを救える大きな可能性がある。最終節に勝てないチームはある」と希望を語る。

 もしクラブが降格しても、期限付き移籍でやってきたモジェホには帰る場所がある。しかしながら、チームの結果は自身の貢献度に対する評価にも関わる。モジェホは「プロとしての最初の年に降格するのは自分たちの履歴書の大きな汚点となる。まだデポルが降格を避けるための選択肢はある」と語り、降格から救うことに集中する姿勢を示した。

 現在3連敗中のチームはフェルナンド・バスケス監督のベンチ入り停止処分が続いており、MFエムレ・コラクが練習参加を拒否するなど、トラブルが相次いでいる。「ロッカールームは崩壊している」。そう明かした19歳だが「キャプテンが励ましてくれるし、いまは最終戦に集中している。精神的に強くなり、勝ち点3を取らなければならない」と意気込む。

 何より19試合勝ちなしで最下位に沈んでいた昨年末の惨状を振り返ると、残留のチャンスがある現状ですら前向きに見えてくるようだ。「デポルティボは決して諦めない。自分たちを救済するチャンスがあるというのは12月には考えられなかったんだ」。19歳にして6ゴール4アシストという結果を残す背番号11は最後の一戦に全力を注ぐ。

7/19(日) 9:28 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/3e68baf07a27e5adfdf2095c13eeb2a212f9bc66

写真
https://amd.c.yimg.jp/im_siggxzVJaZeMlD4EpKwQoBFAVg---x640-y480-q90-exp3h-pril/amd/20200719-43481961-gekisaka-000-1-view.jpg

降格決定でも…マジョルカ久保建英、名門クラブが獲得に「前のめり」 

20200719-00074213-gendaibiz-000-12-view

<久保建英>マジョルカ降格で熱視線 欧州30チームが大争奪戦か 来季はどうなるのか? 

20200718-01989573-tospoweb-000-5-view




1: 2020/07/18(土) 06:08:21.14
日本代表MF久保建英(19=マジョルカ)の来季はどうなるのか? 現状では不透明だ。

日本の至宝は先発した16日のスペイン1部グラナダ戦でチームを勝利に導くことができず、リーグ戦1試合を残してマジョルカの2部降格が決定。
これで残留の線は消え、保有権を持つ同1部レアル・マドリード復帰もEU圏外枠(外国人枠)の関係で厳しい状況だ。

来季も引き続き他クラブでの武者修行となることが濃厚だが、オファーはスペイン国内にとどまらない。シーズン終盤の活躍もあって、
スペイン紙「アス」によると30クラブにも及ぶという。同国内ではかねて有力視されるレアル・ソシエダードをはじめヘタフェ、セビリア、ベティス、アトレチコ・マドリードなどの名前が挙がる。
しかし、ここでもEU圏外枠の問題があり、それぞれの来季の編成状況に左右されるため、すんなり決まりそうにない。

スペイン国外に目を向けると、フランス1部パリ・サンジェルマン、ドイツ1部ドルトムント、イタリア1部ACミランなどのビッグクラブから興味を持たれている。
Rマドリードはスペイン国内クラブにレンタル移籍させたい意向とはいえ、ビッグクラブ行きの可能性が完全に消滅したわけではない。

しかも新型コロナウイルス感染拡大で今夏の移籍期限は後ろ倒しとなる見通し。欧州サッカー連盟は通常の8月31日から10月5日への変更を加盟各国に呼び掛けており、
各クラブとも影響を受けるのは必至。久保の新天地決定まで、しばらく時間がかかりそうだ。

7/18(土) 5:15配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/57bba65eebe3100488af7dff296030d3ec1d51be

退場者も出した久保建英マジョルカ、1試合残して降格決定…グラナダ相手に先制も痛恨の逆転負け 

20200717-43481894-gekisaka-000-11-view

ブレーメン降格なら大迫勇也は移籍濃厚か…地元メディア「2部でのプレーは想像できない」 

20200624-00010011-goal-000-1-view

CL出場禁止のシティ、プレミアリーグからも降格の危機!?...英紙報じる 

20200215-00010007-sportes-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2020/02/15(土) 11:09:25.64 ID:VBJ8CkSc9
英紙『The Independent』は、マンチェスター・シティがUEFAによる処分に加え、プレミアリーグからの降格に直面する可能性もあると報道している。

同紙は、UEFAによる処分の対象となったファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則の重大な違反は、イングランド国内での規則にも違反していることを意味すると報じている。

UEFAは、シティに対して来シーズンからのUEFA主催大会への2年間の出場禁止処分と罰金3,000万ユーロ(約35億7,000万円)を命じている。

よってシティは、2020/21シーズンと21/22シーズンのチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグに出場できなくなる。この処分は、FFPとUEFAライセンス規則に違反したことに対するものである。

UEFAはシティが会計上のスポンサー収益の過大評価と2012年から2016年に提出した情報におけるスポンサー収入の水増しががあったとしている。

また規則上、プレミアリーグでは会計上の適正な情報を提出することを求めており、シティは、プレミアリーグでのポイントを失う可能性も出てきている。

もし会計情報を改ざんしているとしてシティがUEFAの規則を満たすことができなければ、プレミアリーグでも影響を与える可能性がある。最も重い処分としてプレミアリーグからの降格もあるようだ。

なおシティは、今回の件についてスポーツ仲裁裁判所に提訴する意向をすでに示している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200215-00010007-sportes-socc

関連スレ

【サッカー】<マンチェスター・シティ>CLへ2年間出場禁止!ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)制度に抵触...
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1581718880/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索