Samurai Goal

開幕


スポンサード リンク





<立川志らく>金崎夢生選手を擁護!「Jリーグの開幕が遅れても、責めるべきではない」…新型コロナ感染 

1: 2020/06/03(水) 18:43:28.31
TBS系情報番組「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)は3日、新型コロナについて特集し、Jリーグ・名古屋の金崎夢生選手が新型コロナに感染したことを取り上げた。

 コメンテーターの落語家の立川志らく(56)は「金崎選手が別にコロナにかかったからと言って、仮にこれでJリーグの開幕(再開)が遅れたとしても、この方を責めるべきではない。ただ、一緒に練習していたというところが、今後広がる可能性が無いとは言えないので、その辺は心配ですね。徹底的に調べて万全の体制を整えてほしいですね」とした。

 元NHKアナウンサーの石澤典夫氏(67)は「それまでさんざんご本人も会社も、注意に注意を重ねて対策を取ってきているはずなんです。にもかかわらず、なるわけでしょう? このことは我々一般レベルでも、注意してしすぎることはないんだと、少しずつ収束はしているんだろうけど、やっぱり基本的な手洗い、うがいはまめにやっていくんだと、そういうところを学ぶしかないのかな」と語った。

 国際弁護士の八代英輝氏(55)は、PCR検査が思うように受けられないことの問題を指摘した上で「金崎選手の容態が心配。ファンとしては、容態が一番気になるところですよね」とした。

写真
no title


6/3(水) 14:40 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/6d24b8d4cdfdebe5f24caa6e14fae035fb32b5d1

Jリーグ、緊急事態宣言全面解除で最速6・24か27に開幕…臨時実行委員会29日めどに日程決定 

20200523-05220240-sph-000-2-view




1: 2020/05/23(土) 06:08:36.89
Jリーグは22日、日本野球機構(NPB)との新型コロナウイルス対策連絡会議後、オンラインでクラブ代表者による臨時実行委員会を開いた。感染症の専門家チームからは、首都圏の緊急事態宣言が25日に解除された場合、2月下旬から中断しているリーグの再開へ向けた動きに移行することが認められた。会見した村井満チェアマン(60)は、29日をめどに再開日程を定める意向を示したが、関係者の話を総合すると、最速で6月下旬の再開を目指すことが分かった。

Jリーグが最速で6月末に再開する可能性が出てきた。関係者の話を総合すると、25日に政府が、残る北海道、関東1都3県の緊急事態宣言を解除した場合、6月末のリーグ戦再開を視野に入れて調整を始めるという。J1は水曜、土曜開催が基本で24か27日が候補となる。スタジアムの使用可否、各自治体との調整でずれ込んだ場合は、7月4日、同8日を再開ポイントとしている。当面は無観客試合として行う見通しだ。

この日、NPBとの連絡会議では、大部分の地域で新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言が解除された状況を踏まえ、専門家チームから「再開へ一歩踏み出しつつある」と答申を受けた。「再開すべきではない」との見解から大きく前進。再開には緊急事態宣言の解除を前提とし、全選手らの感染の有無を調べる事前検査の導入や健康、行動管理を行うことが要望として伝えられた。

村井チェアマンはその後、Jリーグ臨時実行委で「日程に関しては29日をめどに決められれば。再開の方向で議論しようと申し合わせた」と、具体的に動いていく方針を各クラブ代表者に伝えた。現時点で「再開日が決まっているわけではありません」と話すように日程は未定。ただ、いくつかの再開ポイントを想定し、準備を進めていく方針だ。

再開に際しては、対戦カードが変更される公算が大きい。チェアマンは「終息していれば問題ないが、危険と並走しながらであれば、用心しながら、隣接する地域でのマッチメイクを考えていこうと思います」と移動リスクを排除する考えを明かした。再開へ向けた準備には4~5週間を用意する方針で、今後は選手会、各クラブの契約担当者会議で再開時期を探っていく。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200523-05220240-sph-socc
5/23(土) 6:00配信

<今日Jリーグ開幕!>補強に成功したチームはどこだ? 

1: 2020/02/21(金) 08:47:07.23
Jリーグの主な移籍選手
no title


2020シーズンの明治安田生命J1リーグが、フライデーナイトJリーグとして21日に行われる湘南ベルマーレ対浦和レッズ(Shonan BMWスタジアム平塚)から幕を開ける。

 昨シーズンは時間の経過とともに、標榜してきたアタッキングフットボールが開花。最後は7連勝でフィニッシュするなど、無双の強さを身にまとった横浜F・マリノスが15年ぶり4度目の美酒に酔った。各クラブが補強に走るオフも、スピーディーかつ的確に動いたのがマリノスだった。

 J1を制したマリノスには、今年から順に5億5000万円、5億円、5億円と3年間で総額15億5000万円の理念強化配分金がJリーグから支給される。使途を問われた横浜マリノス株式会社の黒澤良二代表取締役社長は、これから検討すると断った上で、こんなビジョンを明かしていた。
「できるだけ有効に使いたいというか、チームの強化にあてた方がいいと考えています」

 資金をもとにまず着手したのが優勝に貢献した2人の外国籍選手、センターバックのチアゴ・マルチンスと左サイドバックのティーラトンを、期限付き移籍から完全移籍へと切り替える補強だった。前者はブラジルのパルメイラスから2018年夏に、後者はタイのムアントン・ユナイテッドFCから昨シーズンにそれぞれ加入し、特にマルチンスは昨シーズンのベストイレブンにも選出されていた。

 主力全員を残留させた上で、期限付き移籍先の大分トリニータで10ゴールをマークし、日本代表にも選出されたFWオナイウ阿道を浦和レッズから獲得。マリノスのアカデミー出身で、2010年夏以降は4つのクラブでプレーしていたMF水沼宏太も約9年半ぶりに復帰した。
 オナイウに関しては、6年ぶりに挑むAFCチャンピオンズリーグ(ACL)をにらんだ補強でもある。外国籍選手の登録・ベンチ入り・出場枠がすべて「3」のACLへ、マリノスはチアゴ・マルチンス、ティーラトン、MVPの仲川輝人と得点王を分け合ったMFマルコス・ジュニオールを登録。合計で19ゴールをあげたエジガル・ジュニオ、エリキの両FWを外している。


2/21(金) 6:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-00010001-wordleafs-socc

Jリーグは予定通りに開幕 自粛・縮小なし 

20191208-00351888-footballc-000-2-view[1]




1: 2020/02/20(木) 21:37:25.72
 肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大でスポーツイベントにも中止や縮小など影響が広がる中、
厚生労働省からイベント主催者に開催の必要性を改めて検討するよう要請する文書が20日、公表された。
同省は現時点で一律の自粛要請は行わないともしており、事実上、判断は主催者に委ねられた形。


 Jリーグは21~23日のJ1とJ2の開幕節は予定通り実施する方針を確認した。
村井満チェアマンは「万全の準備を進め開催したい」と述べた

 五輪国内聖火リレーが3月26日に福島県で始まる。
沿道には不特定多数の人が集まることが想定されるが、大会関係者は「難しい判断になる」と指摘した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200220-00000161-kyodonews-spo

Jリーグ、何のためにつくったのか?興行するための組織になっていないか  

20190221-00171627-soccermzw-000-5-view




1: Egg ★ 2019/02/22(金) 01:05:56.58 ID:MO7HDN+J9
【大西純一の真相・深層】今年のJリーグは特別な年

まもなく27年目のJリーグが開幕する。何が特別か、それは前身の日本サッカーリーグ(JSL)が行われたシーズンと並ぶからだ。

日本リーグは1964年の東京五輪終了直後に、特別コーチとして日本代表を指導したクラマーさんが、「日本のサッカーを強くするために必要なこと」として挙げた5つのポイントのうちのひとつが
「全国リーグをつくること」だった。早速翌65年に開幕し、途中で春開幕から秋開幕に移行したため、28年間27シーズン行って役割を負え、Jリーグにバトンタッチした。

だから27シーズン目が節目だと私は思っている。92年にナビスコカップをプレ大会としてやっていることを含めれば28年目ということにもなる。

「企業の寿命は30年」とよくいわれるが、まさに日本リーグがそうだった。68年メキシコ五輪で日本代表が銅メダルに輝いた原動力になり、釜本、杉山らの主力選手が腕を磨くステージとなった。

運営面でも各種目に先駆けて設立された全国リーグとしてノウハウを蓄積した。しかし、メキシコ五輪後は五輪本大会にも出られずに低迷。
釜本、杉山氏のあとはスター選手も出てこなかった。そこで危機感を持った人たちが立ち上がり、出てきたのがスペシャルリーグ構想。これがプロリーグ、つまりJリーグ設立に結びついた。

先日のアジアカップで日本は準優勝したが、多くの人が物足りないという反応を示した。日本代表でレギュラーでもない選手が海外のクラブと契約してもだれも驚かなくなった。サッカーの立ち位置が大きく変わったのだ。

だからこそJリーグが重要だと思う。Jリーグは進化しているのか、何のためにつくったのか、開幕時に「日本の文化をつくる」と言ったことは忘れていないか、
ただ、リーグ戦を興行するための組織になっていないか。今年はそのあたりも問われる年だと思う。

2/21(木) 9:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000074-spnannex-socc

1:2019/02/21(木) 18:20:08.73
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1550740808/

<Jリーグ>22日(19時30分)開幕!新たな顧客開拓へ、増える金曜開催に期待!まだ寒さの残る中、どれほど観客を集めるか  

20190221-10001114-nksports-000-6-view




1: Egg ★ 2019/02/20(水) 16:56:09.52 ID:LKekads89
プロサッカーのJリーグが22日、開幕する。J1は昨シーズンに続いて金曜日開幕である。開幕戦は大阪・ヤンマースタジアム長居で行われるC大阪対神戸。午後7時半キックオフで、まだ寒さの残る中、どれほど観客を集めるか注目したい。

 Jリーグは昨季、「明治安田生命フライデーナイト」と称して、金曜日開催を導入した。

 「金曜日の夜だと、子供たちが行きづらい」「アウェークラブのサポーターは宿泊を強いられる」といった懸念も聞かれた中、開幕の鳥栖と神戸戦は1万9633人の観客を集めた。鳥栖の本拠地ベストアメニティスタジアム(今年2月から駅前不動産スタジアム)の収容人員2万4130人は満たせなかったものの、クラブ歴代2位を記録し、上々のスタートとなった。

 ◆今季は24試合に

 J1はこの鳥栖の試合を含めて昨季、金曜日に15試合を実施して22万9928人を集めた。1試合平均1万5328人だ。J1全体では306試合を行い前年比1%増の583万3538人を集客、1試合平均1万9064人を動員した。金曜日は平均値にこそ届かなかったが、J1では観客動員12位、ベガルタ仙台の1万5408人とほぼ拮抗(きっこう)している。

 「週末開催では、仕事や自分自身がサッカーをプレーするなど、(観戦に)行かれないケースが考えられる。金曜日開催にすることで、新たな顧客層に、一定程度の感触を得ている」

 Jリーグの村井満チェアマンは、新たな観客が週末開催に遜色のない結果をもたらしたのではないかと話す。

 もっとも金曜日に限った観客の属性調査、分析はまだ進んでいないという。新規観客がどれほど増えていて、サラリーマンが最も増えた層だとか、ぜひ調査機関などと連動して分析を進めてもらいたい。新しいビジネスチャンスも潜む。

 J1は今季、金曜日開催を現時点で24試合に増やした。昨季は金曜日開催のなかった5クラブが新たに実施。浦和が3試合行うほか、広島が4試合で鹿島が2試合、名古屋や神戸もそれぞれ1試合開催予定だ。

 昨季、1試合平均3万5502人を集めて断トツの浦和のほか、名古屋、神戸も観客動員上位のクラブ。鹿島も2万人に近く、新たな顧客開拓で動員数を伸ばしたい。1万4346人と低迷する広島は、金曜日開催に命運を託すようだ。

 注目は川崎F。6試合で金曜日開催に踏み切った。昨季の1試合から大幅に増やした。流行の先取りだろうか。

 川崎FはJ1・2連覇中で、今季は2009年鹿島以来の3連覇を視野に置く。16日の富士ゼロックス・スーパー杯決勝で浦和を1-0で下しカップ戦初優勝、いい状況で開幕に臨む。実力と比例して観客動員を増やしJリーグのスタジアム観戦者調査では9年連続地域貢献度ナンバーワンに輝く。言ってしまえば、実力と魅力、地域とのつながりの強い“お手本”クラブだ。

 その川崎Fがなぜ、6試合も金曜日に移して実施するのか。新たな展開を待ちたい。

 一方、昨季1試合実施したFC東京は今季ゼロ。本拠地・味の素スタジアムが今秋開催されるラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の主要会場となり、開幕の日本対ロシア戦など8試合が行われる。FC東京は試合会場確保が最優先となった。ラグビーW杯をにらみながら、開催日、開催会場を決めていない試合もあり、今後、金曜日開催が増える可能性もある。

 ◆「プレ金」の起爆剤?

 金曜日といえば、「プレミアム・フライデー」。働き方改革の一環として政府が強力に推進しているものの、尻切れトンボの印象が拭えない。Jリーグの取り組みは、起爆剤となり得るだろうか。

 週末の過ごし方は多様化している。家族などとのふれ合いを大切にしたいと考える人は確かに増えた。一方で、サッカーをはじめスポーツ観戦を楽しみたい人たちも少なくない。

 サッカー好きが連れだって金曜日の仕事帰りにサッカー観戦は悪くない。この状況が広がれば、仕事と観戦を兼ねたファッションや観戦中の飲食、観戦後の過ごし方など、新たな生活スタイルの提案も期待できる。日本にサッカー文化を生むマイルストーンたり得るか…。(産経新聞特別記者 佐野慎輔)

2/20(水) 8:39配信 産経Biz
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00000515-fsi-bus_all

いよいよ27年目のJリーグ開幕…編集部がセレクト! 今季期待の“新戦力”11名を紹介 

20190220-00905822-soccerk-000-1-view

外国籍枠選手が過去最多90人 サッカーJ1あす開幕 

20190219-00000043-tospoweb-000-1-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索