20200419-00371235-footballc-000-1-view




1: 2020/04/19(日) 22:20:24.05
 バルセロナの本拠地カンプ・ノウが来年2月まで閉鎖される可能性があるようだ。スペイン『アス』がスペイン紙『ラ・バングアルディア』の記事を引用し、現地時間19日に報じた。

【画像】バルセロナの基本フォーメーション

 世界に蔓延している新型コロナウイルス。欧州各国のリーグは延期となっている。選手やスタッフへの感染が確認されていることから、活動休止を発表しているクラブがある。バルセロナは現在、無期限で活動を休止している。

『ラ・バングアルディア』は「バルセロナの関係者が最悪のシナリオとして、2021年2月までカンプ・ノウを閉鎖することを提案している」と報じている。理由としては、コロナウイルスのスポーツに与える影響と感染拡大防止策を探るためとしている。

 また、同メディアは最も保守的なシナリオとしては今季の中止を決断し、2020年9月に来季をスタートさせること。その場合もカンプ・ノウは2021年2月まで閉鎖されるという。

 さらに、最も前向きなシナリオとして、6月15日にラ・リーガが再開し、無観客で試合を行いシーズンを終わらせること。その場合、9月15日に来季が始まり、11月15日には観客を入れて試合を行うことができるという。

 未だ欧州のリーグは再開の目処が立っていないが、リーグ戦は再開されることになるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部


4/19(日) 22:00配信
フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200419-00371235-footballc-socc


立て子 アレ浦和 おすすめ スタグル カンプノウ編
エンパナーダ です!
アイスアリーナにあるレストランで食べられるぞ