Samurai Goal

長谷部誠


スポンサード リンク





長谷部誠がフランクフルトと1年の契約延長! 今季はブンデス20試合出場、上位争いに貢献 

スクリーンショット 2021-03-09 5.58.34




1: 2021/03/09(火) 02:14:48.08 _USER9
フランクフルトは8日、元日本代表MF長谷部誠との契約を2022年6月30日まで延長したと発表した。

 長谷部は昨季終了時に契約を更新した際、「引退後もブランドアンバサダーとしてフランクフルトに残留する」とアナウンスされており、今季限りでの現役引退が有力と見られていた。しかし、今季もここまでチームの主力として活躍を続けていることで、現役をもう1年続行することを決意したようだ。

 現在37歳の長谷部は浦和レッズでデビュー後、2008年1月にヴォルフスブルクへと完全移籍。2008-09シーズンにはヴォルフスブルクでブンデスリーガ優勝を達成した。一方、2013-14シーズンを過ごしたニュルンベルクでは2部への降格も経験している。フランクフルトでは2014年夏からプレーしており、ここまで公式戦通算228試合に出場。2017-18シーズンにはDFBポカール優勝を経験した。

 今季は開幕からセンターバックとしてフル出場を続けていたが、第8節から第11節にかけてはベンチで過ごす時期も経験した。それでも、第12節から再び先発に返り咲くと、2021年に入ってからは守備的MFとしてプレーしている。また、キャプテンを務めていたダビド・アブラーム氏が1月途中に現役を引退してからは、腕章を引き継いで出場している。

 フランクフルトは長谷部やMF鎌田大地らの活躍もあり、ブンデスリーガ第24節を終えた時点でチャンピオンズリーグ出場圏内の4位と好調を維持している。

 長谷部は発表に際して自身の公式インスタグラム(@makoto_hasebe_official)を更新し、「チームと2022年6月30日までの契約延長に合意し、本日サインをしてきました。クラブやサポーターからの信頼を強く感じ、とても幸せに感じています。プロサッカー選手としてのこの時を大切に、一瞬一瞬を噛み締めながら引き続き頑張ります!」とコメントした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/07fffe6385bc019a59d6679f4aa434c3248c228e

54歳カズはJで戦力外も現役…37歳長谷部は独でバリバリ戦力という現実 

スクリーンショット 2021-03-05 13.46.19

王者バイエルン相手にも通用した長谷部誠。37歳にして新たなる境地へ 

スクリーンショット 2021-02-22 18.24.15

バイエルン戦勝利に貢献の長谷部誠、現地メディアから「あと1シーズン続けなければ」と契約延長求める声 

スクリーンショット 2021-02-21 14.56.38




1: 2021/02/21(日) 10:28:39.83 _USER9
フランクフルトのMF長谷部誠、MF鎌田大地はバイエルン・ミュンヘン戦で現地メディアから高評価を受けている。

フランクフルトは20日、ブンデスリーガ第22節でバイエルンと対戦。12分に鎌田が先制点を挙げると、31分にはアミン・ユネスがスーパーゴールで追加点を奪う。フランクフルトはその後、バイエルンの反撃を1点に抑え、2-1で王者から勝ち点3をもぎ取っている。

地元メディア『フランクフルター・ルンドシャウ』では、1ゴール1アシストの鎌田には「よくできました」の評価に。寸評では「彼は3点すべてに関わった。1点目は自ら決め、2点目はアシストし、相手のゴールの前にはボールを失った。非常に勤勉で、ときにはずさんなこともあった。アイディアが豊富でよくやっている」と記された。

フル出場の長谷部も「よくできました」という評価に。寸評では「頭脳明晰で、ボールの扱いも明晰で、思考力もある戦略家だった。彼はあと1シーズン続けなければならない」と契約延長を求める声も上がっている。

なお、チームはリーグ戦11試合負けなしと好調を維持し、4位としている。

https://www.goal.com/jp/%E3%8B%E3%A5%E3%BC%E3%B9/hasebe-kamada-bayern-2021-02-21/1x0q9nqddm8jhz3foadwkf0dn

ケルン戦でフル出場の長谷部誠を、フランクフルト紙が最高評価!「彼がいない状況は考えられない」 

スクリーンショット 2021-02-18 12.08.23




1: 2021/02/17(水) 19:53:40.76 _USER9
 現地時間2月14日、ブンデスリーガ第21節が行なわれ、長谷部誠と鎌田大地が所属するフランクフルトは、ケルンと対戦し、2-0で勝利した。

 長谷部はフル出場、鎌田は82分までプレーしたこの試合で、現地紙『Frankfurter Rundschau』は37歳ベテランに、スコアラーのアンドレ・シウバ、エバン・エヌディカと守備の要であるマルティン・ヒンターエッガーに並ぶ、チーム最高評価を与えている。

「キャプテンはほぼすべての攻撃に足で絡んでいた。守備的には申し分なし、加えて攻撃面でもエンジンをかけ、多くのコンビネーションの起点であった。時折、積極的に前線に顔を出すこともあった。熟練した彼なしには不可能なことが多く、フランクフルトに彼がいない状況は考えられない」
 
 また、A・シウバのゴールに関与した鎌田については、「良かった」がつき、「前半で最高のチャンスを逃した。23分に頭で緩く、次に甲を使った不正確なシュート。ただ、1-0の後は、無意識のうちに足を使ってA・シウバにボールを供給した。すでに10回目のアシスト」という寸評が添えられている。

 フランクフルトはリーグ戦4連勝、10試合負け無しで、単独3位に浮上。次節は首位バイエルンとのホームマッチが控えている。

 試合後に長谷部は主将としてインタビューに応じ、王者との対戦に意気込んでいる。

「今日は我慢の勝負だった。守備陣はとてもうまくやってくれて、最終的には2ゴールを決めることができて、勝てたので良かった。スコアレスの状況でも落ち着いていたし、『プレーを続けていればチャンスはある』と言い合っていた。チームは今とてもいい状況にあり、良いプレーをしている。僕らはバイエルンにも打ち勝つことができる」

https://news.yahoo.co.jp/articles/f879a592bae71d6fa6eb65d97d55ff8303988f50

長谷部誠は「驚くほど魅力的」 37歳の"実力"に独紙賛辞「牽引しない理由はない」 

スクリーンショット 2021-02-13 11.32.43

37歳でも日本人でも…長谷部誠「フランクフルト不動の軸」である理由 

スクリーンショット 2021-02-10 16.57.55

長谷部誠のボランチ起用が主な要因…“間違った買い物”とも言われていたMFがついに開花 

スクリーンショット 2021-02-04 10.47.14

37歳長谷部誠、フランクフルトとの契約延長決定とドイツ報道。現役続行へ 

1: 2021/02/02(火) 19:29:43.81 _USER9
フットボールチャンネル編集部

ドイツ1部のフランクフルトに所属する長谷部誠は、クラブとの契約をもう1年延長することが決まったとみられいてる。独紙『ビルト』が報じたとしてドイツ複数メディアが伝えた。

 昨年5月に延長された長谷部とフランクフルトとの契約は今季末までの1年間。引退後のアンバサダー就任が同時に決定されたこともあり、今季が現役ラストシーズンになる可能性が高いとも予想された。


 アディ・ヒュッター監督が今季限りでの引退の見通しに言及したこともあったが、長谷部自身は引退決断を否定。1月で37歳となった今季も主力として活躍を続けていることもあり、ドイツメディアでは契約を延長すべきだという声も上がっていた。

 新たな報道によれば、フランクフルトと長谷部の間では契約をもう1年延長することが決まったという。だが正式なサインを急ぐことはなく、春頃までに完了させる見込みであるとも伝えられている。

 長谷部は今季ブンデスリーガでも19試合中15試合に先発出場。11月から12月にかけて4試合を欠場したが、その後は再び8試合連続でスタメンに名を連ねている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210202-00408821-footballc-socc
no title

長谷部誠が日独友好の“顔”に。ドイツ外相とオンライン会談「僕らはひとつのチーム」 

スクリーンショット 2021-01-29 9.31.33




1: 2021/01/28(木) 19:08:36.04 _USER9
 ドイツ1部のフランクフルトに所属する長谷部誠が、日独交流160周年を記念する活動の一環としてドイツのハイコ・マース外相とのオンライン会談を行った。ドイツ外務省公式SNSがその様子を動画で紹介している。

 2008年にドイツへ移籍して以来ブンデスリーガでプレーを続け、37歳でリーグ最年長選手となった今季もフランクフルトの主力として活躍を続けている長谷部。日本とドイツの友好関係を象徴する存在の一人として、両国間の外交にも一役買う形となった。


「僕がドイツに来てもう13年近くになります。ドイツはすごく規律正しい国だと思いますし、日本ももちろんそうです。ドイツと日本はすごく合うと思っています」と長谷部はドイツ語でマース外相に語った。

 共通する特徴も多いと言われるドイツと日本はひとつの「チーム」だと語るマース外相に長谷部も同意。「もちろん、自動車などのように競合する分野もありますが、それでも僕らはひとつのチームだと思います」と答えている。

 マース外相は、長谷部がドイツ語で最も素晴らしいと感じた単語は「連帯」であるという記事を読んだとしてその意図を尋ねた。「今はコロナによって、ドイツと日本だけでなく世界全体にとって非常に厳しい時期です。だからこそ連帯が重要だと思います。自分たちのことだけを考えるのではなく、他の人々、他の国々のことも考えるということです。今こそ世界中に連帯を示すべきだと思います」と長谷部は説明している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/97ec8acc7725692bbe67fad5b2aae9115341ffb3



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索