Samurai Goal

長谷部誠


スポンサード リンク





<長谷部誠>独メディアがクラブに契約延長を推奨「マコト・ハセベは化け物だ」「ブンデス最年長選手だが」 

1: 2021/01/12(火) 21:30:06.75 _USER9
来週には37歳の誕生日を迎える大ベテランとなった今季も、フランクフルトで主力として活躍を続けている長谷部誠。
ドイツメディア『Sport1』は、今季で満了する長谷部との契約をクラブはもう1年延長すべきだと主張している。

長谷部は9日に行われたマインツ戦にも先発で出場して2-0の勝利に貢献。
11月から12月にかけては4試合を欠場し、チームはその間3分け1敗の未勝利だったが、長谷部の先発復帰後は4試合で3勝1分けを記録している。

「マコト・ハセベは化け物だ。ブンデスリーガ最年長選手だが今も向上を続けている。

フランクフルトでの未来もどうなるか分からなくなった」と『Sport1』は11日付記事で述べ、
一旦は引退も予想された長谷部がフランクフルトでのプレー続行に傾きつつあるという見方を示した。

マインツ戦では前節に続き、フランクフルトでこれまで務めてきたリベロではなく守備的MFで出場。パス成功率86%、デュエル勝率63%など優れた数字も残したとして、
「この年齢でもチームにとって価値ある存在」とドイツメディアは長谷部のプレーを称えている。

一方で、最終ラインでプレーする場合も強い存在感を放っているとして称賛。スイーパーあるいはリベロというポジション自体が「やや時代遅れ」であるにもかかわらず、
「(守備の)最後の一人の役割を彼ほど落ち着いてこなせる選手はブンデスリーガにもほとんどいない」「オーケストラの指揮者のように振る舞う」と述べている。

年齢の影響を感じさせないプレーぶりは、もう1年の契約延長にも値すると評価。「アイントラハトが長谷部抜きでやっていくのは難しい」
「コロナによる補強の難しさ、そして何より彼の好調ぶりを考えれば、少なくとももう1年続けることが望ましいと言える」と結論付けている。

1/12(火) 21:12 フットボールチャンネル
https://news.yahoo.co.jp/articles/7e4b07475e31cc8818037b551d2f5662ca5cef2b

写真
no title

「傑出した人物。存在は天の恵み」フランクフルト指揮官が長谷部誠を大絶賛! 

スクリーンショット 2021-01-12 7.02.17




1: 2021/01/11(月) 20:07:31.21 _USER9
フランクフルト指揮官アディ・ヒュッターが、教え子長谷部誠について絶賛している。

現地時間8日、フランクフルトはブンデスリーガ第15節でマインツとのアウェー戦に挑む。この一戦を前にヒュッター監督は会見の場で、前節レヴァークーゼン戦で好プレーを見せた長谷部について語った。その言葉を『Bild』が伝えている

「長谷部は効果的な働きができる選手だ。それに、とにかくよく走る。フットボール面においても、人間的にも、とても傑出した人物だよ。フランクフルトにおいて、彼の存在はまさに天の恵みとも言えるね」

なお、長谷部の現行契約は今年6月までとなっているが、『Bild』は「コーチは長谷部との新しい契約を考えているようだ」と伝えている。

1月18日には37歳を迎える長谷部。ブンデスリーガ1部最年長選手である元日本代表MFは、引き続き衰え知らずのプレーを見せることができれば、おのずと契約更新へと近づくことになりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a6e58bfdb27f3abafacbeefbe07ef66aa06e12e1

<長谷部誠>ブンデスリーガ"古参"イレブンに選出!レバンドフスキ、ノイアーも.. 

1: 2020/12/31(木) 06:49:02.72 _USER9
「FUSSBALL.NEWS」がベテラン戦士11人に選定 「リベロのルネッサンスを主導」

no title


今季のブンデスリーガではノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド(ドルトムント/20歳)やリーグ最年少得点記録を樹立したU-20ドイツ代表FWユスファ・ムココ(ドルトムント/16歳)のような若手の活躍はもちろん、ベテランプレーヤーたちの奮闘も目立つ。そんななか、ドイツメディアは「“オールディー”イレブン」と題し、国内リーグで活躍するベテラン戦士11人を選定。リーグの古参プレーヤーの1人として、フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠が選出されている。

 長谷部は2008年1月に浦和レッズからヴォルフスブルクに加入し、08-09シーズンにはリーグ優勝を経験。その後、ニュルンベルクを経て14年にフランクフルトに移籍し、主力としてプレーを続けてきた。昨季にはブンデスリーガでのアジア人最多出場記録を更新した。36歳を迎えた今季は、ブンデス現役最年長選手に。熟練のプレーで健在ぶりを示し、リーグ戦ではここまで9試合に出場している。

 長谷部以外にも、今季のブンデスリーガではベテラン戦士が多数プレー。先日、FIFA年間最優秀選手賞を初受賞した32歳のロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)を筆頭に奮闘ぶりが目立つなか、ドイツメディア「FUSSBALL.NEWS」は「“オールディー”イレブン」として30歳以上の11選手を選定しており、その1人に長谷部も名を連ねている。

 記事では「日本人の長谷部誠は近年のリベロのルネッサンスを主導した」と称えられ、一時は絶滅したとも言われていた「リベロ」のポジションで存在感を示してきた功績を指摘。「夏にはキャリアの終わりを迎える可能性がある」とも綴られ、37歳を迎える来季の動向にも触れていた。

 今回の11人に、レバンドフスキ、マヌエル・ノイアーらブンデスリーガを代表する名手とともに選ばれた長谷部。改めて、ドイツでの偉大なキャリアが示される形となった。

「FUSSBALL.NEWS」が選定した11人は、以下の通り。

■GK
マヌエル・ノイアー(バイエルン/34歳)

■DF
長谷部誠(フランクフルト/36歳)
ウカシュ・ピシュチェク(ドルトムント/35歳)
ニクラス・モイサンデル(ブレーメン/35歳)

■MF
ペテル・ペカリーク(ヘルタ・ベルリン/34歳)
オスカル・ヴェント(ボルシアMG/35歳)
クリスティアン・ゲントナー(ウニオン・ベルリン/35歳)
ゴンサロ・カストロ(シュツットガルト/33歳)
マックス・クルーゼ(ウニオン・ベルリン/32歳)

■FW
アントニー・モデスト(ケルン/32歳)
ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン/32歳)


12/31(木) 6:40 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/5da95dbf712535bbd03a11869fa8fe3331b22ee6

長谷部誠がドイツで監督ライセンス取得を目指す理由「日本人の監督が少し足りないのは…」 

スクリーンショット 2020-12-13 11.27.04

長谷部誠が引退を否定「辞めるとは決めていない」、日本からの関心も明かす 

スクリーンショット 2020-12-10 20.59.43




1: 2020/12/10(木) 18:42:32.08 _USER9
フランクフルトのMF長谷部誠(36)が、浮上した引退説に待ったをかけた。

2014年7月にニュルンベルクからフランクフルトに加入した長谷部。7シーズン目を迎えた今シーズンは、ブンデスリーガでここまで7試合に出場している。

しかし、直近3試合はベンチ入りこそするものの出場機会はなし。さらに、アディ・ヒュッター監督がドルトムント戦後の記者会見で「マコトは37歳になり、彼のサッカー選手としてのキャリアはほぼ確実に夏には終わるだろう」とコメントしていた。

その発言を受けた長谷部はドイツ『ビルト』のインタビューに応じ、自身の引退説についてコメント。将来は監督をしたいと考えているものの、まだまだサッカーがやりたいと語った。

「自分の将来は監督だと言ってきました。ただ、実際に僕はまだその決定を下していません。ドルトムント戦後、新聞では「長谷部のキャリアは夏に終わる」と書かれていませんが、まだまだ決めていません」

「まだサッカーを楽しんでいて、辞めるとは決めていないです。多分、70歳、80歳でもプレーしているでしょう。もちろん、プロとしてではないですが。ただ、それまでは、例えば海外でのプレーもあります」

海外でのプレーについては「いくつかの日本のクラブはすでに僕についてのニュースを求めています。まだ、決断していません」と語り、Jリーグクラブからの興味があることも明かした。

一方で、記者会見で引退について語ったヒュッター監督とはその後に話をしたとし、問題はないと語った。

「そのあと、監督と話をしました。もしかしたら、そういうこともあるかもしれないと言われました。僕にとっては何も問題ありません」

「そして、サッカーではすべてのことがすぐ怒ります。春には延長しようか。引退しようか。知るすべはありません。ほとんどのプロ選手が37歳では辞めているのも事実です」

ただ、35歳を超えてブンデスリーガでプレーすることは難しいとコメントしている。

「35歳以上の選手は、ブンデスリーガは強度が高いのでプレーするのは難しいと思います。ただ、日本には40歳以上の選手が6、7人います。フランスには43歳のプロがいます(モンペリエのDFイウトン)。イタリアには35歳以上の選手がたくさんいます。ロナウドも。別の種類のサッカーです」

「フランスやイタリアに移籍するのは現実的ではないです」

https://news.yahoo.co.jp/articles/ba26e78829d426fa41ef5cb06403f97dd18f549a

長谷部誠、やはり今季で現役引退か。「夏にはほぼ確実にキャリアを終える」と監督 

スクリーンショット 2020-12-06 21.23.13




1: 2020/12/06(日) 21:00:35.95 _USER9
ドイツ1部のフランクフルトに所属する長谷部誠は、やはり今季限りで現役を引退することが見込まれるようだ。アディ・ヒュッター監督が見通しを示した。

 フランクフルトは現地時間5日に行われたブンデスリーガ第10節の試合でボルシア・ドルトムントと対戦したが、ベンチ入りした長谷部は出場せず。今季開幕から7試合は先発フル出場が続いていたが、その後の3試合は不出場となった。


 試合後の会見で長谷部の状況について質問を受けたヒュッター監督は、今季限りでの引退が見込まれる長谷部が不在となる来季以降のことも考えた選手起用を行っていると説明した。クラブ公式ウェブサイトが会見の様子を伝えている。

「彼は私が今まで指導してきた中でも最高のプロフェッショナルの一人だ」とヒュッター監督は長谷部を称賛。だが「マコトが出場すれば(エヴァン・)ヌディカか(マルティン・)ヒンターエッガーのどちらかが出場しないということになる。それは諸刃の剣だ」と続けた。

「(来年1月で)37歳になるマコトは、夏にはほぼ確実に選手キャリアを終えることになるだろう。我々は彼がいなくても戦い続けられるようにマネジメントしていかなければならない」と指揮官は他の選手を起用する理由を語った。

 長谷部は今年5月にフランクフルトとの契約を1年間延長した際に、引退後のアンバサダー就任の契約も交わした。その後のドイツメディアのインタビューなどでは、必ずしも今季が最後のシーズンになるとは限らないとも話していたが、少なくとも監督は引退を見据えているようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a9fae5b5f170fae7969d4c367569f57804d391d4

<鎌田大地>2アシストでフランクフルトの今季リーグ戦初勝利に貢献!長谷部誠とともにフル出場 

1: 2020/09/26(土) 09:26:19.00 _USER9
現地時間25日、ブンデスリーガ第2節ヘルタ・ベルリンvsフランクフルトの一戦が行われ、鎌田大地が2アシストの活躍を見せ、チームを今季リーグ戦初勝利に導いた。
金曜開催のこの一戦では、長谷部誠、鎌田大地はそろって先発出場。29分にフランクフルトはPKを得ると、アンドレ・シウヴァがこのチャンスを冷静に沈め、0-1とアウェーのフランクフルトが先制する。

直後の37分にはゴールエリア右から鎌田がFKを放り込むと、長身FWバス・ドストがヘディングでゴールへとねじ込み、スコアは0-2となる。
後半に入り、71分には鎌田のはたいたボールをセバスチャン・ローデがゴールエリア外から左足でゴール左へ決め、フランクフルトはアウェー戦ながら3点をリード。

78分にはオウンゴールで1点を失ったが、試合は1-3でフランクフルトに軍配。今季リーグ戦初勝利をマークしている。この試合で長谷部と鎌田はそろってフル出場を果たした。

■ブンデスリーガ第2節
ヘルタ・ベルリン 1-3 フランクフルト
得点者
ヘルタ・ベルリン:OG(78分)
フランクフルト:A・シウヴァ(30分/PK)、ドスト(37分)、ローデ(71分)

9/26(土) 7:43配信 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/796e467bcf4af2d83f5b0d482be9164b0d0b58df

写真
no title

「決断は簡単なことではなかった」“ブンデス最年長”長谷部誠が語った、日本代表引退の影響と成功の秘訣とは? 

スクリーンショット 2020-08-25 6.16.57




1: 2020/08/24(月) 21:35:21.89 _USER9
 ブンデスリーガは現地時間9月18日に新シーズンが幕を開ける。開幕まであと1か月に迫るなか、フランクフルトはクラブの公式HPで、36歳で新たなシーズンを戦う長谷部誠にロングインタビューを敢行している。

 フランクフルトで7シーズン目、ブンデスリーガは14シーズン目を迎える長谷部は「来シーズンの目標は?」という質問に、「昨シーズンより良くなること!」と笑いを交えて返答している。

「昨シーズンに見せた以上のことは間違いなくできると思っている。(欧州カップ戦との並行で)この2年間は、信じられないほどの試合数をこなしてきたけれど、最後はただただ疲れていた。今回はこの二重の負担は解消されるので、この状況を活かして攻撃に繋げていかなければならない。目的はハッキリしていると思う」

 一方で、「最近の試合は、間違いなく多くのゴールを奪われ過ぎていた。原因の多くは単純なボールロストによるもの。これだけの頻度では起きてはならないこと」と指摘し、「DFのパフォーマンスは勝敗を左右する」と改めて強調している。

 また、「2018年に日本代表を引退したことは、今の自分にどう影響しているか?」という質問にはこう答えている。

「その決断することは、当時の僕にとって決して簡単なものではなかった。それでも肉体的、心理的ストレスを最小限に抑えるために必要だった。代表を引退した後は、アイントラハトに完全に集中できるので、気分も向上した」

 現状では、ブンデスリーガの最年長プレーヤーとなった長谷部は、息長くプレーをする秘訣を、このように語っている。

「若い選手の何人かが、このレベルで長くプレーする方法を知りたがった。僕が答えることはひとつで、いつもこう言っている。『選手としてのキャリアは長くない。最大で20年だ。その間、いかにサッカーに捧げられるかだ』と。これが、成功の秘訣だと思っている」

 フランクフルトは、開幕戦で2部から昇格したビーレフェルトと戦う。36歳のベテランが牽引するチームは、新シーズン初戦を白星で飾ることができるか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/585030624668941364c3e373d3554b4d7a79cefc

「決断は簡単なことではなかった」“ブンデス最年長”長谷部誠が語った、日本代表引退の影響と成功の秘訣とは? 

スクリーンショット 2020-08-22 6.56.17

膝の遊離体除去手術を受けたフランクフルト・長谷部誠がチーム練習合流 

1: 2020/07/30(木) 17:46:32.93 _USER9
7/30(木) 17:35
スポーツ報知

膝の遊離体除去手術を受けたフランクフルト・長谷部誠がチーム練習合流
長谷部誠
 4日に膝の遊離体除去手術を受けたドイツ1部フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠(36)が29日、チームの全体練習に合流した。

 ヒュッター監督(50)はクラブの公式サイトで「長谷部は通常通り、すべてのトレーニングを行うことができている」とコメント。チームは8月6日に欧州リーグ決勝トーナメント2回戦・バーゼル(スイス)戦が控えており「(バーゼル戦がある)来週木曜日のオプションになる」と起用を示唆した。3月12日の第1戦は0―3で敗れているが、指揮官は「ひっくり返すことができると確信している」と話した。

no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200730-07300177-sph-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索