Samurai Goal

長友佑都


スポンサード リンク





長友佑都が冨安健洋と同僚に? ボローニャまたはサンプへ移籍濃厚と現地報道  

20191205-00351335-footballc-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/12/05(木) 14:00:14.08 ID:ozpAEX079
トルコ1部のガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都は、1月の移籍市場でイタリアのボローニャあるいはサンプドリアへ移籍する可能性があるという。トルコ紙『アクシャム』などが4日付で伝えている。

 レアル・マドリーに0-6の大敗を喫したチャンピオンズリーグの試合で失点に絡むなどの低調なパフォーマンスを見せたあと、冬の移籍市場での放出の可能性が盛んに報じられ始めた長友。先週末のトラブゾンスポル戦では土壇場の同点ゴールでガラタサライに勝ち点1をもたらしたが、状況は変わっていないとみられている。

 トルコでの報道によれば、長友はイタリアのボローニャまたはサンプドリアのどちらかを移籍先に選ぶ見通しだという。実現すれば2018年1月にインテルからガラタサライにレンタルされて以来、2年ぶりにセリエAに復帰することになる。

 日本代表DF冨安健洋も所属するボローニャは、左サイドバックを務めるステファノ・デンスビルやラディスラフ・クレイチーのバックアップとして長友の獲得を検討しているという。冨安は右サイドバックに起用されており、両サイドバックを日本人選手が務めることもあるかもしれない。

 一方のサンプドリアは降格圏間際の17位と低迷中。左サイドバックはニコラ・ムッルが全試合フルタイム出場中だが、負傷などに備えるため長友の獲得を望んでいるとされている。10月からサンプドリアを率いているクラウディオ・ラニエリ監督は2011年から2012年にかけてインテルで長友と仕事をしたこともある。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191205-00351335-footballc-socc

長友佑都、先発復帰で今季初ゴール!ガラタサライは土壇場の得点でドローに持ち込む  

20191202-00350787-footballc-000-1-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/12/02(月) 05:17:50.63 ID:E2CfHzxs9
【トラブゾンスポル 1-1 ガラタサライ スュペル・リグ第13節】

 トルコ・スュペル・リグ第13節、トラブゾンスポル対ガラタサライが現地時間1日に行われた。試合は1-1のドローに終わった。

 ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都は左サイドバックで先発フル出場。2試合連続の出場となった。長友は守備で奮闘し、試合終了間際に同点ゴールを決めた。

 両チームともにゴール前まで攻め込み、チャンスはあるものの中々ゴールを奪うことができず。前半は0-0で折り返す。

 均衡が破れたのは50分、ペナルティエリア手前の左でトラブゾンスポルがFKを得ると、ソサのキックにセルロートが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。

 同点に追いつきたいガラタサライは84分、モルが右サイドでボールを受け、ペナルティエリア内に侵入。エリア内で相手に倒されるも、笛は鳴らずゴールキックの判定となった。

 このまま終わるかと思われた90分、左からのクロスにビュユクが中央でボールをキープ。するとボールが溢れ、攻め上がっていたペナルティエリア左の長友のもとへ。長友はダイレクトでボールを蹴り込み、ゴールに突き刺した。長友の今季初ゴールでガラタサライが土壇場で同点に追いついた。

 試合はこのまま終了し、1-1のドローに終わった。ドローに持ち込んだガラタサライだったが、2試合勝利がない。

【得点者】
50分 1-0 セルロート(トラブゾンスポル)
90分 1-1 長友佑都(ガラタサライ)

フットボールチャンネル編集部 12/2(月) 3:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191202-00350787-footballc-socc

長友佑都、なぜ格下に狙い撃ちされたのか?自分がいる左サイドが狙われているとは..ベテランが直視すべき現実 

20191115-00010001-footballc-000-9-view[1]




1: Egg ★ 2019/11/15(金) 12:39:26.68 ID:3jiAXgOS9
日本代表は14日、2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選の第4節でキルギス代表と敵地で対戦。2-0で勝利を収めたものの、DF長友佑都の左サイドから攻め込まれるシーンが度々見られた。日本代表が露呈した弱点と、そこから生まれた教訓とは?(取材・文:元川悦子【キルギス】)

●長友が格下相手に狙い撃ち

 キルギス国立競技場の劣悪ピッチに、スタンドを埋め尽くした1万7000人超の大観衆…。まさに完全アウェイの中、日本は14日、2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選前半戦の山場となるキルギス戦に挑んだ。

 森保一監督はここまで攻撃の軸に位置付けてきた左MF中島翔哉をスタメンから外し、原口元気を抜擢。キルギスが主将・キチン(2番)から右サイドのマイヤー(6番)に大きく展開して攻めを仕掛けてくるのを想定し、守備強化を図ったのだ。しかしながら「最初はハマらなかったし、取りに行ったところをかわされるシーンが多かった」と原口も反省する通り、日本はこのパターンから何度もチャンスを作られ、ピンチを招くことになった。

 その結果、予想以上の苦境に追い込まれたのが長友佑都だ。大柄なマイヤーを止めようと奮闘するものの、体格差でどうしても圧倒されがちになる。1対1で完ぺきに抜かれたり、決定的なクロスを上げられるシーンはなかったものの、この試合で日本代表歴代キャップ数2位タイの122試合に到達した長友が、格下の相手に狙い撃ちされたのはショッキングな事実。

 試合前日会見で敵将のクレスティニン監督が「相手にも弱いところはある。そこをうまく使えばいい戦いができる」と自信をのぞかせていたが、まさか自分がいる左サイドがそう見られているとは、本人も予想だにしなかっただろう。

●「反省すべきところは…」

「僕がウイングバック(マイヤー)につくこともできたんですけど、シャドウの選手が僕と(吉田)麻也の間を狙ってたんですよね。ギャップのところに走られてそのままゴールに行かれる方が怖いから、中を捨ててウイングバックに張り付くこともできないし、そうなるとボールが入った状態で1対1をするしかない。システムのミスマッチや体格差も含めて難しいところはありました」と、長友は90分間通して悩みながら守備に入っていたことを明かした。

 もちろん後手を踏んだ責任の全てが彼1人にあるわけではない。原口が言うようにキチンにボールを出させすぎたことも問題だったし、システムのミスマッチも相まって、長友に過度の負担がかかってしまった。こうした要素を踏まえながら、本人は「もう少し自分が早くポジションを取っていたらうまくプレッシャーをかけられたかもしれない。反省すべきところはして、自分の能力を伸ばす方法を考えていきたいです」と反省点を口にした。

 キルギス合宿スタート時には「自分たちがレアル・マドリーのように圧倒的な強さを見せつけなきゃいけない」と意欲満々だった長友だが、思惑が外れ、記念すべき代表122試合目がほろ苦いものになった。そういう意味で、やはり不完全燃焼感は大きかったに違いない。

11/15(金) 10:10 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191115-00010001-footballc-socc

柴崎岳&長友佑都は中心選手ではなく最大の懸念。致命的な左サイドバックとプレーメイカーの層の薄さ  

20191115-00348077-footballc-000-4-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/15(金) 08:09:21.05 ID:dxQKccdF9
【キルギス 0-2 日本 カタールワールドカップ・アジア2次予選 第4節】

日本代表は14日、2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選の第4節でキルギス代表と敵地で対戦し、2-0の勝利を収めている。これで森保ジャパンは同予選4戦4勝。グループ首位を独走する形となった。

41分にMF南野拓実がPKを沈め、1点リードで後半を迎えることができた日本代表。53分にはMF原口元気が直接フリーキックを叩き込むなど、良い時間帯に得点を奪い2-0で勝利と、結果だけを見れば完勝だった。

しかし、内容はお世辞にも良かったとは言えない。キルギス代表の徹底マークに苦しみ、カウンターを受けては最終ラインを深い位置まで下げられるなど、守勢に回る時間もあった。
劣悪なピッチにも悪戦苦闘し、ボールコントロールやパスミスなども多発。GK権田修一のビッグセーブがなければ、2点ほど取られていてもおかしくはなかった。
森保一監督の選手起用などにも疑問は残るところで、課題も多く生まれた試合であった。

チーム全体としてはもちろんのこと、選手個人のパフォーマンスも不安の残るものとなった。中でも、MF柴崎岳とDF長友佑都の出来は物足りなさが露呈している。

柴崎は、森保ジャパンの中で継続的に起用されている選手の一人だ。中盤底2枚の一角を務めており、主将も任されるなど、プレーメイカーとして日本代表を牽引している。
ただ、ここ最近はディフェンス面でのプレーが目立つようになってきており、肝心の攻撃面では求められている役割を果たせていない。この日も前半は守備に追われ、前線に顔を出す機会は限られた。
後半は前に行く姿勢を出そうとはしていたが、それがチームにとって効果があったかと言えばそうではない。所属するデポルティーボ・ラ・コルーニャでもここ最近は出番を得ることすらできていない。明らかにパフォーマンスは落ちている。

長友は豊富な運動量を武器にサイドで上下動を繰り返したが、ボールコントロールがうまくいっていないシーンも数多く見受けられ、あまり存在感を示すことができなかった。
自身が受け持つ左サイドを突破される場面も多く、後手に回っていた印象だ。

チャンピオンズリーグ(CL)でも、レアル・マドリーのFWロドリゴ・ゴエスに無力化されてしまうなど、ベテランDFは苦境に陥っている。長友も気づけば33歳。いよいよ厳しいのか。

柴崎と長友は現在の日本代表における絶対的存在…ではなく、最大の懸念点となってしまっている印象は否めない。そろそろ新たな選手を起用することも頭に入れなければならないだろう。

とは言うものの、ここで新たな課題が浮き彫りとなる。代役と呼べる選手がいないのだ。柴崎のようなプレーメイカー的存在も、左サイドバックとして力を示すことができる選手も、台頭してきていない。

DF安西幸輝は所属クラブでもコンスタントに試合に出ているが、まだ長友を脅かす存在とまでは言い切れない。DF佐々木翔も年代別代表のDF杉岡大暉もまだ物足りない。

柴崎のようなプレーメイカータイプの選手も、なかなか今の日本にはいない。川崎フロンターレのMF大島僚太は楽しみな存在だが、怪我が多く継続して力を示すことができないのは最大の難点だ。柴崎はある意味、代えが効かないのである。

左サイドバックとプレーメイカータイプの選手層の薄さ。ここは日本代表が抱える一つの課題と考えてもよさそうだ。今回のキルギス代表戦で、そうした部分がより明確となったのは、紛れもない事実である。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191115-00348077-footballc-socc
11/15(金) 7:30配信

さらばガラタサライ!長友退団へ「契約更新しない。移籍先見つけて」チーム若返りへクラブが通告  

20191113-00010040-chuspo-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/13(水) 20:27:57.51 ID:Rne7VVq89
トルコ1部リーグ、ガラタサライのDFで日本代表の長友佑都(33)が12日、今季限りで退団する可能性が高まった。
同日、ファナティックなどトルコ紙が一斉に報じた。今季低迷するチームの若返りを図るため、
クラブ側は長友の代理人に「契約更新はしない。移籍先を見つけてほしい」と伝えた。

リーグ3連覇を目指しているガラタサライだが、現在は5勝4分け2敗で6位と不調。欧州チャンピオンズリーグも1分け3敗と1次リーグ敗退が確定した。
各紙はクラブ側が長友の200万ユーロ(約2億4000万円)という高額な年俸と、今季パフォーマンスがよくないことを契約更新しない理由に挙げているという。

すでにガラタサライは長友の後釜として、スイス代表でACミラン(イタリア)のリカルド・ロドリゲス(27)の獲得に乗り出している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00010040-chuspo-socc
11/13(水) 18:50配信

ガラタサライが今季低調の長友放出を決断 地元紙  

20191112-11120741-nksports-000-6-view[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/11/12(火) 19:01:33.83 ID:MdG8mihf9
トルコ1部リーグのガラタサライのファティ・テリム監督が、20年1月の移籍市場における最初の放出選手を日本代表DF長友佑都(33)に決めたと12日付の地元紙ミリエットが報じた。

今季の長友はパフォーマンスが低調で、欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグのレアル・マドリード戦では自らのミスも絡み、チームは大量6失点で惨敗を喫していた。

ガラタサライは、今季いっぱいで契約が終了する長友の代理人、ロベルト佃氏と既に連絡を取っており、11月中に会談が行われる予定。そこで長友に対し、
次のチームを見つけるよう切り出す模様だ。200万ユーロ(約2億4000万円)という高額年俸も足かせとなっており、移籍先が見つからない場合は契約解消が濃厚だという。

今季ガラタサライにおいて、公式14試合に出場している長友のパフォーマンスは物足りなさがあり、サポーターたちからの非難が集中。先日の欧州CL、レアル戦でも失点に関わるプレーが目立ってしまった。

もし長友が移籍するとなった場合、行く先は長年インテルで活躍していたこともあって、イタリアとなる可能性が高いとみられている。(オルムシュ由香通信員)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-11120741-nksports-socc

久保建英は「伸びしろ爆弾」長友佑都、リーガ初得点の18歳に期待「このまま弾けて…」  

20191111-00228454-soccermzw-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/12(火) 11:48:27.29 ID:XnY4Z4md9
久保がビジャレアル戦で初ゴール 長友はレアルFWロドリゴを例に無限の可能性を解説
 森保一監督率いる日本代表は11日、14日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のキルギス戦に向けて現地で練習を開始した。取材に応じたDF長友佑都(ガラタサライ)は、今回はU-22日本代表の活動に参加するMF久保建英(マジョルカ)がリーガ・エスパニョーラで初ゴールを決めたことについて、「このまま弾けてトップまで行ってほしい」とエールを送った。

 久保は現地時間10日のリーガ第13節ビジャレアル戦(3-1)で先発出場。前半13分に左サイドを突破してペナルティーエリア内に侵入すると、相手選手に倒されてPKを獲得。その後は2点目の起点にもなると、2-1で迎えた後半8分には左足の強烈なミドルシュートを突き刺し、リーグ戦10試合目の出場にして待望の初ゴールを奪ってみせた。

 久保は今回、U-22日本代表の活動に参加するため、キルギス遠征に帯同していないが、これまでA代表で間近でそのプレーを見てきた長友は、ビジャレアル戦の得点に関して「すぐに映像を見た」という。そして引き合いに出したのは、久保と同じ18歳でレアル・マドリードに所属するブラジル人FWロドリゴだ。

「若ければ若いほど“伸びしろ爆弾”と言いますか、持っている爆弾が大きい。(ガラタサライも)レアルとホームではそこそこやれたというのはあったけど、その後リーガで点を取って次に対戦した時には(ロドリゴは)全然違う顔、違う選手になっていた。建英もそうだし、やれるんだという自信が爆弾のようにどでかく弾けて、若ければ若いほどバンっと上に行けると、レアルとホーム&アウェーでやって見させてもらった」

 ロドリゴは今季リーグ戦で4試合2得点を決めているが、第1戦からのわずか2週間で“別の選手”と感じるほど自信に満ち溢れていたという。長友は「建英もまた自信をつけたと思うし、このまま弾けてもうトップまで行ってほしい」と日本の至宝に期待を寄せていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191111-00228454-soccermzw-socc

<長友佑都>日本代表歴代2位タイの122キャップ目前!1位は152キャップ「野心が芽生えて来たなと」  

1: Egg ★ 2019/11/11(月) 22:36:56.89 ID:q1Tnbj189
日本代表は11日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のキルギス代表戦に向け、アウェイのキルギスでトレーニングを行った。

トレーニング後、DF長友佑都(ガラタサライ)が報道陣の取材に応対。キルギス戦では、日本代表歴代2位タイの出場記録が懸かるが「アジアの壁の井原さんに並べるなんて、光栄なことはないですね」とコメントした。

長友は、明治大学在学中にFC東京とプロ契約。2007年からFC東京でデビューを果たすと、同年5月には岡田武史監督によって日本代表に初招集。2007年5月24日に行われたキリンカップのコートジボワール代表戦で、日本代表デビューを飾った。

高校時代は福岡県の強豪校である東福岡高校でプレーも、全国的には知名度が低く、大学でもケガなどもあり当初はメンバー外に。そこから、日本代表の主力に上り詰めた長友は過去を振り返り「過去の高校の時とか、学生の時の自分からしたら信じられないです。その当時からしたら考えられないですけど、積み重ねてきたものは自分自身、自信を持っているので」と、ここまでの努力で積み上げてきたものへの自信を見せた。

また、「自分の力だけじゃなく、チームメイトや今まで選んでくださった監督さんもそうですし、支えてくれる人のおかげでここまで来ています」とコメント。恩師やチームメイトへの感謝も忘れないところは、長友らしいところだ。

キルギス戦に出場すれば、日本代表で122試合に出場することに。かつては日本代表でキャプテンを務め、“アジアの壁”とも呼ばれ、1998年のフランス・ワールドカップにも出場しているDF井原正巳(柏レイソル・ヘッドコーチ)に並ぶこととなる。

貴重な記録になることについては「アジアの壁の井原さん(井原正巳/柏レイソルコーチ)に並べるなんて、光栄なことはないですね」と、大先輩の記録に並ぶことを謙遜していた。

100試合以上の代表キャップを積んできた長友だが、100試合を超えてから「心境の変化はないですね。あるといえば、より向上心というか、野心が芽生えて来たなと」とコメント。また、歴代1位の記録を持つMF遠藤保仁(ガンバ大阪)の記録を持ち出し、「152試合のヤットさん(遠藤保仁)が1位で君臨されているので、そこを本気で目指していきたいです。その野心がより一層大きくなりました」とかたり、残り30試合への出場へも意欲を見せた。

強靭なフィジカルを誇る長友だが、簡単な道のりではない。「年間日本代表の試合を10試合こなしてやっとという感じですよね」と、リアルな数字を機にする。それでも、「ケガなく3年間ですね。ただ、僕の中では3年後も通過点だと思ってやろうと思っていて、それがモチベーションになっています」と、高い意識を見せるとともに、「それ以上に体が動くのであれば、フィジカルコンディション、あとモチベーションがある以上は挑戦したいなと思っています」とさらなる飛躍へと意気込みを見せた。

11/11(月) 22:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00364294-usoccer-socc

写真no title

“賭けに勝った”ジダン、長友とマッチアップした18歳ロドリゴを称賛 

20191023-43473041-gekisaka-000-3-view[1]

長友佑都、4年前からの成長を実感!「サバンナの動物と近くの山の動物はまったく違う」  

1: Egg ★ 2019/10/11(金) 09:33:49.07 ID:NGOLJZaX9
日本代表DF長友佑都は、10日の6-0で勝利したカタール・ワールドカップアジア2次予選のモンゴル代表戦後にインタビューに応じた。

モンゴルとの一戦で左サイドバックとして先発出場した長友は、2-0で迎えた33分に伊東純也のクロスに合わせてチーム3点目、自身にとっては代表10年ぶりとなるゴールをマーク。また、守備面でも相手にチャンスを作らせずにクリーンシートを達成し、6ゴール大勝に貢献した。

試合後、完勝を振り返った長友は「明らかにチームレベルが上がっています。明らかに実力が4年前よりも上がって、チームが成熟しての結果だと思います」と、ロシア・ワールドカップアジア2次予選のホームでシンガポールとスコアレスドローで終わった試合とを比較し、今はよりバランスの良いチームになったと感じているようだ。

「(既存メンバーと新メンバーの融合は)かなり上手くいっていると思います。特に後ろには経験ある選手がたくさんいて、前は勢いがあってギラギラしている選手たちがたくさんいて、中盤には経験ある選手もいて、中堅の選手もいて、上手くバランスが取れているチームだと思いますね」

また、3アシストの大活躍を見せた伊東については「良かったですね。今日アピールしていましたよ。特に、あのスピード。チャンピオンズリーグや高いインテンシティの中で戦っているっていうのは、やっぱり違いを生み出せます」と高く評価。続けて、レベルの高い環境でプレーすることが個々の成長に大きくつながっていると主張している。

「(チャンピオンズリーグを経験すると)やっぱり違いますよ。相手もすごく本気になり、レベルの高い中でやる、その中で自分自身が自信を持てるようになる。チャンピオンズリーグでやって、自信を持つことが一番選手にとっては大きいのかな。メンタル的な部分ですよね。(南野拓実も)能力がグッと上がっているわけではないんですよね。自信が能力のすべてを上げるっていうことかなと僕は思っています」

「やっぱり激しいリーグといいますか、インテンシティの高い、厳しいリーグにいないと。よく動物に例えるんですけど、サバンナにいる動物と、近くの山にいる動物とでは、研ぎ澄まされ方が違いますよね。常に狙われ続ける厳しい中で育つ動物と、普通に寝ていても襲われない中にいる動物とはもちろん全く違いますよね。僕らもやっぱり人間ですけど、動物なので、同じかなと思います。厳しい中でやらないと」


写真
no title


10/11(金) 9:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00010006-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索