Samurai Goal

長友佑都


スポンサード リンク





長友佑都、やはりボローニャ移籍へ…移籍金2億円で大筋合意か 

20200114-00010016-goal-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/14(火) 14:56:44.15 ID:cpGBiJL/9
2年ぶりのセリエA復帰か
ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都は、やはりセリエAに復帰することとなりそうだ。トルコ『Fanatic』が伝えた。

長友は2018年1月からガラタサライに所属。昨季はリーグ優を経験し、今季はガラタサライでチャンピオンズリーグの大舞台でもプレーしている。
しかし、チームの若返りに伴い、今冬は移籍の噂が流れていた。

一時は残留が濃厚になったと伝えられたが、ライプツィヒからDFマルセロ・サラッキがレンタルで加入したことにより、再び移籍の可能性が加速。
放出リストに名前が載り、すでにセリエAのボローニャとは大筋合意に至ったようだ。2020年夏まで契約を残すため、移籍金は150万ユーロ(約1億8000万円)ほどに。その資金でガラタサライは補強に乗り出すと伝えられている。

ボローニャは日本代表DF冨安健洋も所属しており、今季はここまでセリエAで19試合を終えて13位につけている。
長友の移籍が成立すれば、2年ぶりのセリエA復帰となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00010016-goal-socc
1/14(火) 14:54配信

長友ガラタサライ残留か 監督が構想変更とトルコ紙 

20200112-01120709-nksports-000-5-view[1]




1: 久太郎 ★ 2020/01/12(日) 21:09:43.72 ID:+SlAYc9L9
トルコ1部ガラタサライから移籍すると報じられていたDF長友佑都(33)だったが、残留の可能性が出てきたと、12日付のトルコ・フォトスポル電子版が報じた。

テリム監督は、右サイドバック(SB)マリアーノと左SB長友、MFエムレ・モルの3人を放出リストに挙げていた。長友は残留しないものと思われていたが、事態が一転。指揮官がメンバー構想を急きょ、変更したのではないかと予想され、長友の残留が現実味を帯びてきたという。

現在、チームはトルコの南東部にあるアンタリアでキャンプをしている。昨日までに2試合の練習試合行った。1試合目の残り12分間、長友を含めた放出候補3人全員にプレー時間を与えた。だが、2試合目に限っては長友が先発して前半プレーした一方で、マリアーノはメンバー外となった。この起用からテリム監督は、マリアーノと長友のどちらかを残留させたい意向になったと報じている。

地元紙ミリエットでは、長友と同様に放出候補に挙がっているマリアーノの代理人がキャンプ地入り。移籍交渉が行われていると報じた。

長友は年内最後の試合となった昨年12月28日のアンタルヤスポル戦後に去就について「わからないです」と、残留するかは不透明だと明かしていた。

(オルムシュ由香通信員)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-01120709-nksports-socc

三瓶 トルコ移住も2カ月で帰国 長友の反応は「最初2度見…え?え?みたいな」 

20191227-00000119-spnannex-000-3-view[2]




1: 伝説の田中c ★ 2019/12/30(月) 21:25:01.47 ID:gAE7IQjc9
 お笑いタレントの三瓶(43)が26日放送のフジテレビ「いまだ大明神」(後11・00)に出演。トルコに移住も2カ月で帰国した真相や、サッカー日本代表DF長友佑都(33=ガラタサライ)に胸の内を告げた際の反応を語った。

 三瓶は長友の妻で女優の平愛梨(35)とも親交が深く、今年3月に長友の料理人見習いになるためトルコに移住したが、2カ月で帰国していた。

 現地での日々について「思い出したくない。あの国でのことは」と振り返りつつ、到着後3日にしてホームシックになったと明かした三瓶。絶対に帰らないという強い気持ちがあったといい、実際「4日前まではその気持ちで日本を飛び立った」というが、「トルコ着いて3日後にはそう(ホームシックだと)思ってた」と打ち明けた。

 「自分の中では1カ月くらいの感じだった。3日が。時差が6時間くらいあった。その日あった出来事とかをしゃべる人がいないいので、さみしくなるじゃないですか。そういうのが3日積み重なっちゃったって感じ」と当時のつらさを吐露。長友からは「ため込まない方がいいので、そういうのはどんどん言ってください」と気遣ってもらっていたため、3日目の夜に帰国したい旨を伝えたところ「最初、2度見みたいなことされましたけど、え?え?みたいな…」と、驚きの反応だったと説明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00000119-spnannex-ent

長友佑都にボローニャ関心か…イタリアメディア報じる 

20191230-00367236-usoccer-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/30(月) 09:44:20.01 ID:GZ3+a10m9
長友佑都にボローニャ関心か…イタリアメディア報じる

ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都(33)に対して、イタリア復帰の可能性が浮上している。

長友はチェゼーナ、インテルでプレー後、2018年1月からガラタサライに加入。それ以降、トルコで公式戦通算65試合3得点7アシストの数字を収めるガラタサライの主力として、スュペル・リグ2連覇に貢献している。

その長友は今シーズンもレギュラー格として公式戦24試合2得点の活躍を披露しているが、来夏に契約が失効する状況。今シーズンのここまでリーグ戦7位に甘んじるチーム状況も相まって、今冬の放出候補に挙がっている。

こうした状況を受け、冬の動向に注目が集まる長友に対して、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の記者で、移籍市場に精通するニコロ・シラ氏によると、日本代表DF冨安健洋を擁するボローニャが興味を示しているという。

ボローニャ移籍が成立すれば、長友は約8年間を過ごしたイタリア帰還に。以前にセリエA復帰の可能性としてサンプドリアも候補に挙がった長友だが、果たして…。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00367236-usoccer-socc
12/30(月) 8:35配信

<長友佑都>先制弾で今季公式戦2点目!…カップ戦でガラタサライの快勝に貢献  

1: Egg ★ 2019/12/18(水) 09:35:13.85 ID:gIiaTQ0d9
ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が、17日に行われたテュルキエ・クパス(トルコ・カップ戦)5回戦セカンドレグのツズラスポル(3部)戦で、今シーズン公式戦2点目を決めた。

 先発出場した長友は10分、ペナルティエリア左でこぼれ球を拾って豪快に右足を振り抜き、ゴール右隅にシュートを突き刺して先制点を決めた。

 長友は1日に行われたスュペル・リグ第13節のトラブゾンスポル戦で今シーズン初得点をマーク。公式戦4試合ぶり、今シーズン2点目となった。

 ガラタサライはその後、16分にラダメル・ファルカオ、前半アディショナルタイム1分にソフィアン・フェグリ、後半アディショナルタイム2分にユネス・ベランダが追加点を決めて、4-0で快勝。長友はフル出場で勝利に貢献した。

12/18(水) 7:32配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191218-01010348-soccerk-socc

写真
no title

本田圭佑の新事業に錦織圭、長友佑都、石川遼が出資  

201912130000365-w1300_0[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/12/13(金) 20:31:13.50 ID:Oqk2WJKx9
2019年12月13日15時14分

オランダ1部フィテッセMF本田圭佑(33)が13日、ツイッターで「なんと!世界トップのアスリートがNowDoへ仲間として加わってくれることが決まりました!」とつぶやき、錦織圭、長友佑都、石川遼という各方面のトップ選手が、本田の思いに賛同。新事業に3選手からの出資を受けることになったと報告した。

本田は「彼らがメンターやってくれるとか、全く想像できない。。」ともつぶやいた。錦織圭がテニスを、長友佑都がサッカーを、石川遼がゴルフを、子どもたちにオンラインで、メンター(指導者)として有料のオンライン指導サービスにかかわる可能性も出てきた。

同社公式サイトで、本田は「自分が創業したNowDo株式会社の理念に、錦織圭さんや石川遼さん、そして長友佑都さんのようなトップアスリートが共感をしてくれ、今回のエンジェルラウンドに出資を頂けたことが本当に嬉しく、NowDoのVisionやMissionの実現のために、これから始まる長い道のりを歩んでいくうえで、またとない同志を得られたことに、とても興奮しています。僕自らメンターを務め、12/4から選考が始まっている受講者たちへの今後のオンライン指導に、ますます熱意と情熱を込めてやっていきたいと思います」とコメントした。

本田は4日に、ツイッターで「サッカー選手として本気で成長したい少年少女に、正しい努力と継続のやり方をオンラインで僕自身が直接、本気で指導するサービスNowDoを始めます。想いを動画にしました。正しくない努力は継続しても、決して目標へ辿り着けない。それを才能や根性のせいにしてはいけない」とつぶやきいた。

本田は、これまで、次世代の育成に、自身のサッカースクールや世界各地で直接指導するクリニック(サッカー教室)などを行ってきたが、今度はオンラインでの有料サービスで行うようだ。

動画では「まずは僕本人がメンターとなって、プロサッカー選手を目指す少年(少女)たちに向けて、指導を行います」などと説明している。

本田がメンターとなり、コーチらとともに成長に役立つ助言などを行うようだ。

このプロジェクトの運営会社は「NowDo株式会社」で、同社の最高経営責任者(CEO)は本田自身が務めている。

https://www.nikkansports.com/m/soccer/news/amp/201912130000365.html

<ナガトモでは小さすぎる>長友佑都のボローニャ移籍は消滅か?  

1: Egg ★ 2019/12/08(日) 19:07:22.46 ID:mdUC589p9
本命はジェノアの左SBか?
no title


戦列離脱中のミッチェル・ダイクスが復帰までさらに2~3カ月を要することが判明し、冨安健洋が所属するボローニャは、冬のマーケットでの左SB獲得が注目されている。

 トルコのメディアからは、ガラタサライの長友佑都がその候補だとの報道が届いた。だが、イタリア紙『Corriere dello Sport』は12月7日、ボローニャが狙うのはモナコからジェノアにレンタル中のアントニオ・バレーカだと報じている。

 ボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督がトリノ時代に指導したバレーカは、国外に飛び出してからモナコ、ニューカッスルで思うように活躍できず。今季加入したジェノアでも、セリエAの14試合を終えて6試合出場のみ。直近8試合では1試合で途中出場しただけだ。
 
 だが、『Corriere dello Sport』紙は、ミハイロビッチ監督との関係性に加え、バレーカには高さもあると報道。183センチのバレーカと違い、長友(170センチ)では守備陣の高さが低くなる恐れがあると指摘している。

 バレーカのほかには、パルマでの武者修行を終え、インテルに戻ったものの、ほとんど出場機会がないフェデリコ・ディマルコも候補と言われている。『Gazzetta dello Sport』紙ボローニャ版は、両選手が「ポールポジション」と報道。やはり長友の移籍には否定的だ。

 ミハイロビッチ監督が望み、リッカルド・ビゴンSDらが獲得に動くのは、だれになるのだろうか。

 なお、コッパ・イタリア4回戦でウディネーゼに0-4と大敗したボローニャは、セリエAでのここ5試合で1勝1分け3敗と苦しんでいる。次節は8日、ミハイロビッチ監督の古巣ミランと敵地で対戦する。

12/8(日) 13:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191208-00067487-sdigestw-socc

長友佑都が冨安健洋と同僚に? ボローニャまたはサンプへ移籍濃厚と現地報道  

20191205-00351335-footballc-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/12/05(木) 14:00:14.08 ID:ozpAEX079
トルコ1部のガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都は、1月の移籍市場でイタリアのボローニャあるいはサンプドリアへ移籍する可能性があるという。トルコ紙『アクシャム』などが4日付で伝えている。

 レアル・マドリーに0-6の大敗を喫したチャンピオンズリーグの試合で失点に絡むなどの低調なパフォーマンスを見せたあと、冬の移籍市場での放出の可能性が盛んに報じられ始めた長友。先週末のトラブゾンスポル戦では土壇場の同点ゴールでガラタサライに勝ち点1をもたらしたが、状況は変わっていないとみられている。

 トルコでの報道によれば、長友はイタリアのボローニャまたはサンプドリアのどちらかを移籍先に選ぶ見通しだという。実現すれば2018年1月にインテルからガラタサライにレンタルされて以来、2年ぶりにセリエAに復帰することになる。

 日本代表DF冨安健洋も所属するボローニャは、左サイドバックを務めるステファノ・デンスビルやラディスラフ・クレイチーのバックアップとして長友の獲得を検討しているという。冨安は右サイドバックに起用されており、両サイドバックを日本人選手が務めることもあるかもしれない。

 一方のサンプドリアは降格圏間際の17位と低迷中。左サイドバックはニコラ・ムッルが全試合フルタイム出場中だが、負傷などに備えるため長友の獲得を望んでいるとされている。10月からサンプドリアを率いているクラウディオ・ラニエリ監督は2011年から2012年にかけてインテルで長友と仕事をしたこともある。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191205-00351335-footballc-socc

長友佑都、先発復帰で今季初ゴール!ガラタサライは土壇場の得点でドローに持ち込む  

20191202-00350787-footballc-000-1-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/12/02(月) 05:17:50.63 ID:E2CfHzxs9
【トラブゾンスポル 1-1 ガラタサライ スュペル・リグ第13節】

 トルコ・スュペル・リグ第13節、トラブゾンスポル対ガラタサライが現地時間1日に行われた。試合は1-1のドローに終わった。

 ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都は左サイドバックで先発フル出場。2試合連続の出場となった。長友は守備で奮闘し、試合終了間際に同点ゴールを決めた。

 両チームともにゴール前まで攻め込み、チャンスはあるものの中々ゴールを奪うことができず。前半は0-0で折り返す。

 均衡が破れたのは50分、ペナルティエリア手前の左でトラブゾンスポルがFKを得ると、ソサのキックにセルロートが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。

 同点に追いつきたいガラタサライは84分、モルが右サイドでボールを受け、ペナルティエリア内に侵入。エリア内で相手に倒されるも、笛は鳴らずゴールキックの判定となった。

 このまま終わるかと思われた90分、左からのクロスにビュユクが中央でボールをキープ。するとボールが溢れ、攻め上がっていたペナルティエリア左の長友のもとへ。長友はダイレクトでボールを蹴り込み、ゴールに突き刺した。長友の今季初ゴールでガラタサライが土壇場で同点に追いついた。

 試合はこのまま終了し、1-1のドローに終わった。ドローに持ち込んだガラタサライだったが、2試合勝利がない。

【得点者】
50分 1-0 セルロート(トラブゾンスポル)
90分 1-1 長友佑都(ガラタサライ)

フットボールチャンネル編集部 12/2(月) 3:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191202-00350787-footballc-socc

長友佑都、なぜ格下に狙い撃ちされたのか?自分がいる左サイドが狙われているとは..ベテランが直視すべき現実 

20191115-00010001-footballc-000-9-view[1]




1: Egg ★ 2019/11/15(金) 12:39:26.68 ID:3jiAXgOS9
日本代表は14日、2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選の第4節でキルギス代表と敵地で対戦。2-0で勝利を収めたものの、DF長友佑都の左サイドから攻め込まれるシーンが度々見られた。日本代表が露呈した弱点と、そこから生まれた教訓とは?(取材・文:元川悦子【キルギス】)

●長友が格下相手に狙い撃ち

 キルギス国立競技場の劣悪ピッチに、スタンドを埋め尽くした1万7000人超の大観衆…。まさに完全アウェイの中、日本は14日、2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選前半戦の山場となるキルギス戦に挑んだ。

 森保一監督はここまで攻撃の軸に位置付けてきた左MF中島翔哉をスタメンから外し、原口元気を抜擢。キルギスが主将・キチン(2番)から右サイドのマイヤー(6番)に大きく展開して攻めを仕掛けてくるのを想定し、守備強化を図ったのだ。しかしながら「最初はハマらなかったし、取りに行ったところをかわされるシーンが多かった」と原口も反省する通り、日本はこのパターンから何度もチャンスを作られ、ピンチを招くことになった。

 その結果、予想以上の苦境に追い込まれたのが長友佑都だ。大柄なマイヤーを止めようと奮闘するものの、体格差でどうしても圧倒されがちになる。1対1で完ぺきに抜かれたり、決定的なクロスを上げられるシーンはなかったものの、この試合で日本代表歴代キャップ数2位タイの122試合に到達した長友が、格下の相手に狙い撃ちされたのはショッキングな事実。

 試合前日会見で敵将のクレスティニン監督が「相手にも弱いところはある。そこをうまく使えばいい戦いができる」と自信をのぞかせていたが、まさか自分がいる左サイドがそう見られているとは、本人も予想だにしなかっただろう。

●「反省すべきところは…」

「僕がウイングバック(マイヤー)につくこともできたんですけど、シャドウの選手が僕と(吉田)麻也の間を狙ってたんですよね。ギャップのところに走られてそのままゴールに行かれる方が怖いから、中を捨ててウイングバックに張り付くこともできないし、そうなるとボールが入った状態で1対1をするしかない。システムのミスマッチや体格差も含めて難しいところはありました」と、長友は90分間通して悩みながら守備に入っていたことを明かした。

 もちろん後手を踏んだ責任の全てが彼1人にあるわけではない。原口が言うようにキチンにボールを出させすぎたことも問題だったし、システムのミスマッチも相まって、長友に過度の負担がかかってしまった。こうした要素を踏まえながら、本人は「もう少し自分が早くポジションを取っていたらうまくプレッシャーをかけられたかもしれない。反省すべきところはして、自分の能力を伸ばす方法を考えていきたいです」と反省点を口にした。

 キルギス合宿スタート時には「自分たちがレアル・マドリーのように圧倒的な強さを見せつけなきゃいけない」と意欲満々だった長友だが、思惑が外れ、記念すべき代表122試合目がほろ苦いものになった。そういう意味で、やはり不完全燃焼感は大きかったに違いない。

11/15(金) 10:10 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191115-00010001-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索