Samurai Goal

長友


スポンサード リンク





長友が高精度クロスでリーグアン初アシスト、酒井は無念の一発レッド…マルセイユはドロー 

スクリーンショット 2021-02-21 17.27.16

会見で長友とか本田が熱く語る→内田篤人、インタビューで『みんな長かったですね』→内田、長友に殴られる 

スクリーンショット 2021-02-15 20.24.47




1: 2021/02/15(月) 18:15:07.38 _USER9
内田篤人が明かす現役時代の裏話「長友さんには殴られた。僕が100%悪い」

2/15(月) 11:52
配信
GOAL
本田圭佑との関係性にも…

内田篤人が明かす現役時代の裏話「長友さんには殴られた。僕が100%悪い」

元日本代表DF内田篤人が、DAZN(ダゾーン)の番組『やべっちスタジアム』の中で日本代表の元チームメイトとの裏話を語った。

呼び名は「ウシダサン」!内田篤人を愛した世界的なGKは?

内田は『やべっちスタジアム』の中でMCのお笑い芸人・矢部浩之とSP対談を実施。現役時代の裏話について語り、長友佑都や本田圭佑との逸話を明かしている。

矢部に「長友選手と殴り合った?」と聞かれた内田は「いや、殴られたんですよ(笑)」と回答。その理由について「僕が100%悪い」と前置きしつつ、このように説明している。

「会見で長友さんとか本田さんが熱く語っていたんですよ。その後、僕がインタビューで『みんな長かったですね』と答えたんですよ。それを長友さんが聞いて、真剣な顔で『言いたいことがあるなら俺に言ってこいよ』と。長友さんだからちゃんと言いにきたし、その後も普通に終わりました」

また、本田とは「サッカーに関して言い合うことはあまりない」としつつ、「仲が悪いイメージがありますけど、全然そんなことはない」と不仲を否定した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aec6dafbe1050e8d49040a849fb7cfa5ca9cf9d7

サポーター暴徒化で25人が逮捕…酒井&長友所属のマルセイユの試合が延期に 5本の木が燃やされる 

スクリーンショット 2021-01-31 16.15.38




1: 2021/01/31(日) 08:42:12.01 _USER9
 30日、フランス・リーグアン第22節のマルセイユ対レンヌが延期となった。

 日本代表DFの酒井宏樹と長友佑都が所属するマルセイユ。昨季を2位で終えたチームは今季20試合を消化し、現在7位と低迷している。そんななかチームの不調に不満を持ったサポーターが暴動を起こした。

 試合当日、大勢のサポーターが練習場に集まり暴徒化。
マルセイユの発表によると盗難や車両の破壊だけでなく、5本の木が燃やされるなど、被害総額は数十万ユーロにのぼるという。また、現地メディアの『フランス・フットボール』によると、マルセイユサポーターの襲撃によって7人の警察官が負傷し、サポーター25人が逮捕された模様。発煙筒などを投げ込む映像も公開されている。

 これを受けてリーグアンは試合延期を発表。開催日時は決まっていない。マルセイユは声明を発表し、「これらの無責任で容認できない行動は、最大限の厳しさで非難しなればならない」とコメントしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0c74226b96a350196e2163dc01e33f51fc4fcfb3
1/31(日) 8:26配信


https://www.nikkansports.com/m/soccer/world/france/data/standings/
順位表

https://www.nikkansports.com/m/soccer/world/france/data/ranking/
得点ランキング

内田&長友をも超える“日本No.1”サイドバック? 大型SB酒井宏樹の凄さ 

スクリーンショット 2021-01-23 8.56.29

長友「アジアの壁」抜き歴代2位123戦出場 満足よりも「貢献が大切」 

1: 2020/11/15(日) 03:03:17.94 _USER9
 ◇男子サッカー国際親善試合 日本1―0パナマ(2020年11月13日 オーストリア・グラーツ)

 日本代表のDF長友が「アジアの壁」と呼ばれた井原正巳を抜き、歴代単独2位の国際Aマッチ123試合出場を果たした。「うれしさや満足感はない。数字は大事だが、それ以上にチームに貢献することが大切」。左サイドハーフで先発出場。後半9分にはFW南野のパスに飛び込んでシュートを放つなど、交代する後半13分まで果敢に攻め上がった。

 先月のオランダ遠征は体調不良で不参加。昨年11月のW杯アジア予選のキルギス戦以来の出場で、記録更新には丸1年かかった。国際Aマッチ152試合出場で歴代1位の遠藤保仁(現J2磐田)まではまだ遠いが「代表で試合に出ることが目標ではなく、W杯で勝つことが目標。一日でも長くプレーできるように」と話す長友に衰えはない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/821fade20e0cbc5844d0db3f15ab9a02612e23d5
no title

「おっさんの意地を見せつける」 34歳長友、代表復帰で闘志 

1: 2020/11/11(水) 19:54:24.12 _USER9
オーストリアで合宿中のサッカー日本代表DF長友佑都(マルセイユ)が11日、オンラインで取材に応じた。代表招集は昨年11月以来で、慣れ親しんだ日本代表の練習着に袖を通し「代表は僕の原動力になっていると改めて実感した」と笑顔を浮かべた。

 逆風にさらされた1年だった。ガラタサライ(トルコ)では外国人枠規定によって登録を外れて、昨季限りで退団。新天地に選んだマルセイユでも定位置を約束されているわけでなく、日本代表の同僚でもある酒井らと出場機会を争う。

 それでも森保監督がワールドカップ(W杯)3大会連続出場中の34歳に寄せる信頼は揺るがない。「練習にも常に百パーセントで臨み、チームに活力を与えてくれる。背中でみせて若手の成長につなげてくれる存在」とピッチ内外の影響力に期待する。

 主戦場の左サイドバックでも若手が伸びてきた。体調不良で招集を辞退した10月の試合では、25歳の安西(ポルティモネンセ)や23歳の中山(ズウォレ)が奮闘。もっとも簡単にポジションを譲るつもりはなく、「おっさんの意地、魂を見せつける」とレギュラー死守を誓っていた。(奥山次郎)

https://www.sankei.com/sports/news/201111/spo2011110022-n1.html
no title

酒井先制アシストのマルセイユがボルドー下す! 長友はベンチ入りも出番なし 

スクリーンショット 2020-10-18 10.45.07

「長友とはとてもウマがあった」名手カッサーノがインテル&ミラン時代を回想!「中国でひどいケンカも…」 

スクリーンショット 2020-10-17 21.58.33




1: 2020/10/17(土) 20:38:46.18 _USER9
「午前4時に彼の部屋に入って…」

 10月17日に開催されるセリエAの第4節では、インテル対ミランのミラノ・ダービーが行われる。

 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は試合当日、両クラブでプレーしたアントニオ・カッサーノにインタビュー。元イタリア代表はその中で、インテル時代にチームメイトだった親友の名前も出した。

 カッサーノは2010-11シーズン途中にミランに移籍し、スクデット(優勝)を獲得。翌シーズンには試合後に心臓の問題が見つかり、緊急手術を受ける経験もしている。

 Gazzetta dello Sport紙にミランとインテルのどちらでより力を出せたか問われると、カッサーノは「ミランだね。素晴らしいスクデットとスーペルコッパを獲得できた」と答えた。

「心臓に問題があったとき、死から助けてくれたこのクラブには一生感謝しなければいけない。(当時のオーナーだったシルビオ・)ベルルスコーニと(CEOのアドリアーノ・)ガッリアーニは息子のように扱ってくれた。ただ、ガッリアーニとは中国でひどいケンカをしたんだ。契約延長を望んだのだが、彼が先送りしたんだよ。それで放出を求め、インテルに移籍した」

 2012年のことだ。17歳の対戦時のゴールで一躍注目を集めたカッサーノにとっては、「子どものころからの夢がかなった」移籍だった。幹部だったピエロ・アウジリオ、マルコ・ブランカを、カッサーノは「兄」と表現している。

 次にカッサーノが名前を挙げたのが、日本でも仲の良さがたびたび話題となった長友佑都(現マルセイユ)だ。「ナガトモとはとてもウマがあった。今も連絡する」というカッサーノは、あるエピソードも明かした。

「あるダービーの前、午前4時に彼の部屋に入ってね。アイマスクで寝ていたんだけど、コオロギみたいに飛び跳ねたよ(笑)」

カッサーノがインテルでプレーしたのは1シーズンだけだった。それから7年以上が過ぎている。それでも連絡を取り合い続けるほど、長友との出会いは特別なものだったようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/32702a316be9c04c47a8f5aad02600c0c18dd990

長友、本田をJリーグで見たい! 日本サッカーに今必要なのは海外組の「出戻り」だ 

1: 2020/10/07(水) 19:14:27.50 _USER9
サッカー日本代表のオランダ遠征(9日カメルーン戦、13日コートジボワール戦)は、コロナ禍による入国制限などを理由に史上初となる“オール海外組”で実施される。
招集メンバー25名のリストに特別な驚きはなかったが、今回、改めて気づかされたのが海外クラブでプレーしている日本人選手の人数の多さだった。

南野拓実や柴崎岳、大迫勇也、堂安律、冨安健洋、久保建英といった今回の招集メンバー以外にも、長谷部誠、香川真司、本田圭佑といったベテラン勢から森岡亮太、小林祐希、武藤嘉紀といった30歳手前の面々、
さらに中島翔哉、浅野拓磨の20代中盤、安部裕葵、食野亮太郎、中村敬斗といった20代前半の若手まで多士済々。現在、50名を超える日本人選手たちが海外クラブでプレーしている。

海外組増加の理由はいくつかある。日本人選手の海外志向の高まりだけでなく、欧州クラブのスカウティング網の広がりと日本人選手の評価とお買い得感の定着。
日本企業が経営権を保有するシント=トロイデン(ベルギー)のようなクラブが出現したことも大きい。

そして最近は、A代表に選出される前、Jリーグで1、2年プレーしただけの若手が、欧州クラブに青田買いされるパターンが増えている。
このこと自体は、「2030年W杯での4強入り」を掲げる日本代表チームを強化する上では必要なことだろうが、有望な若手が次々と引き抜かれるJリーグ各クラブの立場からすればマイナス面が大きく、
日本サッカー界全体の発展と盛り上がりを考えた場合も、決して喜ばしいことばかりではない。

その解決策として考えられる方法の一つに、ポジティブな形での「出戻り」の事例を増やすことがある。
現在、J1の舞台には家長昭博や清武弘嗣、宇佐美貴史、山口蛍といった絶賛活躍中の「元海外組」がいるが、彼らは欧州舞台で失意を味わった面々でもある。

横浜FCには欧州舞台で長く活躍した中村俊輔、松井大輔の2人が在籍しているが、年齢的に完全に峠を越えている。過去を振り返っても、
海外で実績を積んだ上で「まだまだやれる」状態でJリーグに復帰して活躍した選手は数少ない。現状、「国内復帰=都落ち」の感覚が拭いきれないのだ。

10/7(水) 17:00 アエラ
https://news.yahoo.co.jp/articles/449c567f447a88e9cf1c7878934047b42cd29b2e

写真
no title

長友「世界最高峰のプレミアで8年」麻也の“偉業”を称える 

20200701-00000256-spnannex-000-3-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索