Samurai Goal

鎌田大地


スポンサード リンク





鎌田大地、2戦連発でMOMに選出 フランクフルト監督も称賛「努力が報われている」 

20200531-00264645-soccermzw-000-6-view

「目の覚めるようなゴールだ」劇的な2戦連続弾で“クラブ1000点目”奪取の鎌田大地を海外メディアが絶賛! 

20200531-00010004-sdigestw-000-4-view

フランクフルトの鎌田大地が2試合連続ゴールでヒーローに! 値千金の決勝弾で7試合ぶり勝利もたらす 

20200531-00010000-goal-000-6-view




1: 2020/05/31(日) 00:27:27.81
フランクフルトは30日、ブンデスリーガ第29節でヴォルフスブルクとのアウェー戦に臨んだ。

ブンデス再開後、1分け2敗と勝利がない14位フランクフルト。3-3で引き分けたフライブルク戦から中3日で迎えた6位ヴォルフスブルクとの一戦、鎌田大地と長谷部誠は引き続き先発に名を連ねた。長谷部は3バックの中央リベロ、鎌田は2列目にポジションに入った。

一進一退の序盤を経て、最初の決定機を得たのはヴォルフスブルク。ゴール前正面のブレカロが左からの折り返しをフリーで受けてシュートを放つ。しかし、これはGKトラップのファインセーブに阻まれた。

すると、先制したのはフランクフルトだった。27分、アンドレ・シウバが倒されてPKを得ると、これを自ら冷静に沈めてリードをもたらした。

フランクフルトの1点リードで迎えた後半も好勝負が繰り広げられる。そんな中、58分にネットを揺らしたのはホームチーム。右サイドからマキシミリアン・アーノルドが入れたFKにゴール前で合わせたムバブがヘディングシュートを突き刺し、ヴォルフスブルクが追いつく。

終盤にかけてはフランクフルトが押し気味に試合を進めたが、粘り強い対応を続けるヴォルフスブルクの守備をなかなか崩せない。それでも、85分に鎌田が魅せる。前線へのフィードをドストが頭で落とすと、走り込んだの鎌田。冷静にシュートを流し込み、前節のブンデスリーガ初ゴールから2試合連続弾を挙げた。

結局、これが決勝弾となり、フランクフルトが勝利。フランクフルトは鎌田の活躍もあり、再開後の初勝利とともにリーグ7試合ぶりの白星となった。鎌田は89分にお役御免となり、長谷部はフル出場している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4b1e67a1a7341663c3549b004502f9c61a4322f0

鎌田大地をフランクフルトSDが高評価。契約延長も示唆「彼はチームの重要な選手」 

20200527-00375224-footballc-000-1-view




1: 2020/05/27(水) 10:58:25.42
フランクフルトに所属する23歳の鎌田大地に関して、同クラブのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるブルーノ・ヒューブナー氏が契約延長の可能性を示唆した。
26日にベトナムメディア『bongdaplus』が報じている。

2017年7月にサガン鳥栖からフランクフルトへ移籍した鎌田。加入初年度は公式戦4試合の出場にとどまり、2018年8月から1年間はベルギーのシント=トロイデンへレンタル移籍する。
今年6月にフランクフルトへ復帰すると、今季はヨーロッパリーグで6得点、ドイツ杯(DFBポカール)で2得点決めるなど、中心選手として活躍。そして、現地時間26日に行われたフライブルク戦でブンデスリーガ初ゴールを決めた。

ヒューブナーSDは鎌田について「大地はチームの重要な選手だ。彼はクリエイティブなプレイスタイルを持ち、ゴールを決める能力があり、違いを生む方法を知っている。
大地は彼がどれほど素晴らしい可能性を秘めているかを示した」とコメント。
同メディアは、より良いインセンティブを備えた新しい契約が鎌田を待っているという確証と見ることが出来ると伝えている。
2021年6月にフランクフルトとの契約が終了することを考えると、近いうちに契約延長に向けた交渉が本格化するかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e04dd8ae3ba64215039fb2e7a298bbc945a5e69
5/27(水) 9:14配信

<フランクフルトMF鎌田大地>自宅待機も有意義に「12時間寝て時々料理もします」 

20200404-00010020-goal-000-1-view




1: 2020/04/05(日) 09:35:51.12
フランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地は、自宅での過ごし方について明かしている。ドイツ『SGE4EVER』が報じた。

新型コロナウイルスの影響で、ブンデスリーガは他の欧州リーグと同じように中断。現在は基本的にどのチームも自宅静養を強いられている。鎌田も自宅待機となっているが、家族との時間を楽しんでいるようだ。

「一人でいると、心理的にストレスになります。僕らは今季多くの遠征があり、家族のための時間がなかったんです。だから、妻と息子といる時間はとても楽しいですね。今は一日12時間寝て、語学を勉強し、家でサッカーをしています。妻は日本料理を作ってくれて、僕も時々料理をします」

また、日本に向けてもメッセージ。友人たちがいまだコロナに対して無関心であることを強調し、「ヨーロッパでのコロナ危機の最初を思い出します。だからこそ、家族には絶対に必要な時以外は外に出ないでと言っています」と話した。また、東京オリンピックの延期については「日本人とアスリートにとっては悲しいことですが、正しい決定だったと思います」と支持した。

4/4(土) 17:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200404-00010020-goal-socc

絶好調の鎌田大地が今季8ゴール目!DFBポカールで巧みな動き出しから追加点を奪取 

20200305-00010001-goal-000-4-view[1]

EL決勝T1回戦第2戦 鎌田大地、価値ある同点弾の起点に。フランクフルトがベスト16進出 

20200229-00364882-footballc-000-1-view




1: 2020/02/29(土) 10:10:25.54
【ザルツブルク 2-2(3-6) フランクフルト EL決勝トーナメント1回戦2ndレグ】

 ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグのザルツブルク対フランクフルトが現地時間28日に行われた。試合は2-2の引き分けに終わり、2試合合計6-3でフランクフルトの勝ち上がりが決まっている。フランクフルトの鎌田大地は先発出場。同点弾の起点となるパスを出すなど存在感を示して73分までプレーした。同じフランクフルトの長谷部誠と、ザルツブルクの奥川雅也は出場機会がなかった。

 鎌田がハットトリックの大活躍を見せてホームでのファーストレグを4-1で先勝していたフランクフルト。敵地でのセカンドレグは開始10分に先制を許すスタートとなった。

 それでも30分、同点弾が生まれる。敵陣の低い位置でパスを受けた鎌田がスルーパスを通すと、ゴールライン際で追いついたコスティッチが左足でクロス。これをアンドレ・シウバがヘディングで合わせて1-1とした。

 これでリードを再び3点としたフランクフルトは、後半に1点を奪われたものの、83分にアンドレ・シウバがこの日2点目を決めて勝負あり。2試合合計6-3でフランクフルトが勝ち上がりを決めた。

 フランクフルトは決勝トーナメント2回戦でスイスのバーゼルと対戦する。

【得点者】
10分 1-0 ウルマー(ザルツブルク)
30分 1-1 アンドレ・シウバ(フランクフルト)
72分 2-1 オンゲレ(ザルツブルク)
83分 2-2 アンドレ・シウバ(フランクフルト)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200229-00364882-footballc-socc

鎌田大地、フランクフルトと2023年まで契約延長へ…ELで6ゴールが評価に 18試合0得点 

20200227-00010009-goal-000-2-view




1: 2020/02/27(木) 15:13:21.18
ELではハットトリックも
フランクフルトはMF鎌田大地との契約延長を望んでいるようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』などが伝えた。

鎌田は2017年にフランクフルトへと加入。今シーズンからチームの主力として定着し、ここまでは公式戦33試合に出場。中でも、ヨーロッパリーグでは6ゴールを記録するなど、欧州の舞台で強さを発揮している。

そんな鎌田とフランクフルトの契約は2021年まで。ブンデスリーガでのゴールがなかったため、契約延長交渉にはなかなか至らなかったが、ELでのハットトリックなどで交渉の地位を改善。契約延長へと向かうことになるようだ。

フランクフルトとしては鎌田の契約延長に楽観的で、2023年までの契約延長になると伝えられている。23歳の鎌田は順調にフランクフルトで成長を遂げており、今後もドイツでプレーすることになりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-00010009-goal-socc
2/27(木) 9:36配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10020945
成績

鎌田が日本人2人目のELハット! 大会6点目で得点ランク暫定トップタイ! ザルツブルクを撃破 

20200221-43478382-gekisaka-000-2-view[1]




1: 2020/02/21(金) 04:59:21.70
【スコア】
フランクフルト 4-1 ザルツブルク

【得点者】
1-0 12分 鎌田大地(フランクフルト)
2-0 43分 鎌田大地(フランクフルト)
3-0 53分 鎌田大地(フランクフルト)
4-0 56分 フィリップ・コスティッチ(フランクフルト)
4-1 85分 ファン・ヒチャン(PK/ザルツブルク)

[2.20 EL決勝T1回戦第1戦 フランクフルト4-1ザルツブルク]

 ヨーロッパリーグ(EL)は20日に決勝トーナメント1回戦第1戦を行い、FW鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルトはホームでMF奥川雅也が所属するザルツブルクと対戦。鎌田が3得点を挙げ、フランクフルトが4-1で勝利を収めた。第2戦は27日に行われる。

 グループリーグを2位で通過したフランクフルトは4-3-3の布陣を敷く。鎌田は1日のブンデスリーガ第20節・デュッセルドルフ戦以来の先発出場に、長谷部は4日のDFBポカール3回戦・ライプツィヒ戦以来の先発になった。鎌田は右FW、長谷部は3センターのアンカーで起用されている。

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)でグループリーグ敗退となったザルツブルクはELへ。FWアーリング・ホーランドやFW南野拓実が海外移籍したが、公式戦2試合連続で得点を決めている奥川がトップ下で起用されている。

 試合は序盤からフランクフルト攻勢。前半12分、PA右角のDFアルマミ・トゥーレからパスを受けた鎌田が、相手GKの股間を通すシュートで先制に成功する。さらに同43分に追加点。長谷部が自陣でボールを収め、中盤に縦パスを送る。受けたMFジブリル・ソウがさらに最前線にスルーパスを送ると鎌田が反応。相手DFに追いつかれるが右足の切り返しで華麗に翻弄し、相手GKの構えも左足チップキックでかわしてゴールに流し込んだ。

 鎌田の2得点でフランクフルトは2-0で前半を折り返す。追いかけたいザルツブルクは後半から2枚のカードを切り、奥川は前半45分間で途中交代となった。

 後半に入ってもフランクフルトの勢いは留まらず。後半8分、PA手前からのMFフィリップ・コスティッチのキックは相手のブロックに遭うが、ボールはPA左ラインのDFエバン・エンディカへが拾う。すかさずPA中央に柔らかいクロスで折り返すと、最後は鎌田が頭でゴールに叩き込み、ハットトリックを達成した。

 データサイト『opta』によると、鎌田はクラブ初のELでのハットトリックを達成した選手となった。日本人選手としては2人目のELハットトリック。2018年11月8日に当時ザルツブルク所属の南野が記録して以来の偉業となった。

 また、鎌田は今大会6得点目を記録。レンジャーズ(スコットランド)のFWアルフレッド・モレロスと並び、得点ランク暫定トップタイとなった。

 フランクフルトはその4分後にダメ押し弾。中盤の鎌田が縦パスを送り、FWアンドレ・シウバが前線に運ぶ。PA左でコスティッチがラストパスを受け取ると、チーム4点目を冷静に決めた。

 4-0と点差を広げたフランクフルトだが、守備に手を抜くことはない。後半32分には自陣への進入を許すも、冷静に相手の動きを読んだ長谷部がブロック。36歳のベテラン日本人選手が貫禄の動きを見せた。

 フランクフルトは後半36分に鎌田を途中交代させると、同40分にはザルツブルクFWファン・ヒチャンにPKで失点を喫する。しかしその後はスコアが動くことなく、フランクフルトが1回戦第1戦を4-1で制した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-43478382-gekisaka-socc

鎌田ハットの大活躍! ホームのフランクフルトが奥川先発のザルツブルクに快勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-01037965-soccerk-socc
「何て男だ!」「言葉が出ないよ…」鎌田大地がELで“史上初”のハットトリック達成、ザルツブルクを撃破!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200221-00069962-sdigestw-socc

19歳新星ハーランドが5試合で8発。ドルトムントがフランクフルトを粉砕。長谷部誠と鎌田大地は出番なし 

20200215-00362575-footballc-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2020/02/15(土) 15:21:49.68 ID:VBJ8CkSc9
【ボルシア・ドルトムント 4-0 フランクフルト ブンデスリーガ第22節】

 ブンデスリーガ第22節のボルシア・ドルトムント対フランクフルトが現地時間14日に行われた。試合は4-0でホームのドルトムントが勝利を収めている。フランクフルトの長谷部誠と鎌田大地はベンチ入りしたが、出番はなかった。

 シーズン後半戦に入って無敗を維持するフランクフルトと、失点の多さが気になるドルトムントの対戦。主導権を握ったのはホームチームで、33分に左右の揺さぶりからベテランのピシュチェクが決めて先制する。

 1点リードで折り返すと、後半はドルトムントの攻撃が爆発。49分にサンチョが決めて2点差とすると、その5分後にはハキミのクロスにハーランドが飛び込んで3点目。19歳のハーランドはブンデスリーガデビューからわずか5試合で8得点を挙げている。

 さらにラファエル・ゲレイロのゴールで4点目を奪ったドルトムントは、守備でも相手にチャンスをほぼつくらせず、無失点で勝利を収めた。

 『Opta』によると、第22節終了時点で63得点というのは、1973/74シーズンのバイエルン・ミュンヘン、1981/82シーズンのハンブルガーSVに並ぶリーグタイ記録。圧倒的な得点力を見せつけているドルトムントが、暫定で2位に浮上した。

【得点者】
33分 1-0 ピシュチェク(ドルトムント)
49分 2-0 サンチョ(ドルトムント)
54分 3-0 ハーランド(ドルトムント)
74分 4-0 ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200215-00362575-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索