Samurai Goal

鎌田大地


スポンサード リンク





<鎌田大地>アシストランクでキミッヒ、クルーゼに続き前半戦リーグ3位タイ!ブンデス公式も飛躍を称賛 

1: 2020/12/25(金) 10:45:44.04 _USER9
 ブンデスリーガの公式サイトが今シーズン前半のアシストランクトップ5を発表し、フランクフルトの日本代表MF鎌田大地は、5アシストでラファエル・ゲレーロ(ドルトムント)、ヨシュア・キミッヒ(バイエルン)、マックス・クルーゼ(ウニオン・ベルリン)と並んで3位タイにランクインした

 今シーズンの鎌田は、9月19日に行われたビーレフェルトとのリーグ開幕戦から11試合連続で先発出場し、トップ下のポジションでフランクフルトの攻撃を牽引。ここまで2ゴール5アシストをマークし、シーズン開幕前に目標として掲げていた「スコアポイント(ゴール数とアシスト数の合計)15点以上」の約半分をウインターブレイク前に達成した。

 同サイトは鎌田について、「今シーズンは更なる成長を見せ、少なくともシーズン序盤ではフランクフルトの攻撃の起点を担っていた。5アシストの他に2ゴールもマークしていて、フランクフルトでスコアポイントが鎌田より多いのはFWアンドレ・シルバだけだ」として、鎌田が攻撃面でフランクフルトに大きく貢献してきたことに言及。ただし、その一方で、「先週行われた2試合では、鎌田の姿はベンチにあった。彼のポジションをめぐる争いがチーム内で激しくなっている」と、最近では鎌田のチーム内における立場が絶対的なものではなくなってきているとも指摘している。

 鎌田の主戦場とも言えるトップ下のポジションをめぐる争いが激化していることは、指揮官であるアディ・ヒュッター監督も認めた。同監督はドイツ紙「ビルト」とのインタビューで現在のチーム状況について尋ねられると、以下のように答えている。

「我々は、若い選手達とともにさらなる成長を遂げていくことになるだろう。フランクフルト育ちの少年だったアイメン・バルコクがチームを代表するような姿を見せてくれているのは嬉しいことだ。また、ダイチ・カマダもまだ非常に若い選手であり、ポジション争いに挑み、その過程で負った傷を自身の成長へと繋げていくだろう」

 トップ下でのプレーを得意とするバルコクやアミン・ユネスら他の若手選手とのポジション争いが鎌田にとって不可避であることと、その競争を通じた更なる成長に期待していることを明かした。

 自身の目標とチーム内での定位置確保のために、年明けから始まるシーズン後半戦では今以上の活躍が鎌田には必要となってきそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b3851729c1ef4b8a1f6ebc0a473ea004a6fb18ab

写真
no title

鎌田大地、ドルトムント戦の“技あり”先制弾をファン絶賛 「第二の香川」「ビッグクラブに行くべき」 

スクリーンショット 2020-12-06 12.34.33




1: 2020/12/06(日) 10:30:33.83 _USER9
鎌田は7試合ぶりの今季2点目で好調をアピール

 フランクフルトの日本代表MF鎌田大地は現地時間5日のブンデスリーガ第10節の本拠地ドルトムント戦(1-1)に先発出場。前半9分に味方のロングボールに抜け出し、左足のシュートで今季2得点目を挙げた。好調さをアピールする鎌田に対し、ファンからは「第2の香川」「ビッグクラブに行くべき」といった称賛の声が上がっている。

 強豪ドルトムントとの一戦で鎌田が輝きを放った。0-0で迎えた前半9分、オーストリア代表DFマルティン・ヒンターエッガーのフィードに抜け出した鎌田はペナルティーエリア内でボールをコントロールし、飛び出したスイス代表GKロマン・ビュルキの脇を抜くシュートで先制点をマーク。左足で決めた一撃は第3節ホッフェンハイム戦以来7試合ぶりのゴールとなった。

 ブンデスリーガ公式サイトは「鎌田はマルティン・ヒンターエッガーのロングボールに完璧なタイミングで走り込み、ロマン・ビュルキの下を抜くシュートを流し込んだ」と絶妙な間で相手DFの背後を取った鎌田の一連のプレーを伝えている。

 また、ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルで公開された試合のハイライト動画には「鎌田は第二の香川だ」「ビッグクラブへ行くべき」「鎌田は次の中田英寿だ」とファンからの称賛コメントも並んだ。

 フランクフルトは後半に追いつかれ、1-1の引き分けに終わった。これで5試合連続ドローとチームは今ひとつ波に乗れない中で、鎌田は確かな存在感を示した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/83ee4bf7f49b4d4f60caf2c26ccba002b18da8a1
12/6(日) 10:20配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20112635
試合スコア

https://www.youtube.com/watch?v=LXjPyREfrrU

「日本のメッシだ」鎌田大地が技あり弾で今季2点目!鎌田大地の今季2ゴール目...鎌田大地のタッチ集12月6日

https://www.youtube.com/watch?v=qRt4ynLftwA

鎌田大地が圧巻ゴールを記録! 「まさに神トラップ」「全てが完璧」

鎌田大地が技あり弾で今季2点目!…フランクフルトはドルトムントの猛攻耐えドロー 

スクリーンショット 2020-12-06 8.36.38




1: 2020/12/06(日) 01:27:17.91 _USER9
ブンデスリーガ第10節が5日に行われ、MF鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルトはホームでドルトムントと対戦した。鎌田は開幕から10試合連続でスタメンに名を連ね、長谷部は3試合連続でベンチスタートとなった。

 フランクフルトは9分、マルティン・ヒンテレッガーがハーフライン付近からゴール前にロングフィードを通すと、相手のDFを取った鎌田が反応。飛び出してきた相手GKに対し、浮き球のシュートで脇の下を通してネットを揺らした。

 ドルトムントは20分、ジェイドン・サンチョがカットインから左足でゴール左上隅を狙ったが、これはわずかに枠の上。26分には左サイドを突破したジオヴァニ・レイナのパスから、サンチョが抜け出してフィニッシュを放ったが、枠を捉えることはできなかった。前半はフランクフルトの1点リードで折り返した。

 後半から16歳のユスファ・ムココを投入したドルトムントは、56分に試合を振り出しに戻す。左サイドのサンチョからパスを受けたジオ・レイナは、ファーストタッチで前を向き、柔らかなタッチで相手1枚を剥がして右足一閃。強烈なシュートをゴール左上隅に突き刺した。

 後半は大半の時間を敵陣で過ごしたドルトムントだったが、逆転の1点は遠く、試合はこのまま終了。フランクフルトは5試合連続のドローで7戦未勝利、ドルトムントはリーグ戦今季初のドローとなった。次節、フランクフルトは11日にヴォルフスブルクとアウェイで、ドルトムントは12日にMF遠藤航が所属するシュトゥットガルトとホームで対戦する。

【スコア】
フランクフルト 1-1 ドルトムント

【得点者】
1-0 9分 鎌田大地(フランクフルト)
1-1 56分 ジオヴァニ・レイナ(ドルトムント)

https://news.yahoo.co.jp/articles/da6573780a0c7ddb227049711e7fa444a84c8582

危険すぎる日本代表!フランクフルト・鎌田大地「圧巻だった2つのアシスト」 

スクリーンショット 2020-12-02 22.13.49

鎌田大地が絶妙パスから2アシスト! 一時逆転も失点しフランクフルトは3-3ドロー 

スクリーンショット 2020-11-29 7.48.50




1: 2020/11/29(日) 01:34:04.01 _USER9
【ウニオン・ベルリン 3-3 フランクフルト ブンデスリーガ第9節】

 ブンデスリーガ第9節、ウニオン・ベルリン対アイントラハト・フランクフルトの試合が現地時間28日に行われた。試合は3-3の引き分けに終わっている。

 フランクフルトに所属する鎌田大地は先発出場を果たし、長谷部誠はベンチ入りした。2分、フランクフルトのGKケビン・トラップがキャッチミスしたボールをロバート・アンドリッヒに押し込まれ相手の先制を許してしまう。さらに6分、マックス・クルーゼがPKを決めてウニオン・ベルリンに追加点が入った。


 追いかける展開となったフランクフルトも27分、中盤でボールを奪った鎌田がドリブルで駆け上がりゴール前に向けてラストパス。そのパスに反応したアンドレ・シウバが押し込んで1点を返した。

 37分に鎌田が倒されてフリーキックのチャンスを得ると、そのフリーキックから再びシウバがゴールを決めて同点に追いつく。さらに79分、鎌田が粘って相手を引きつけた後、ゴール前にパスを通してバス・ドストが逆転ゴールを決めた。

 だが、直後の82分にウニオン・ベルリンのクルーゼにゴールを決められ再び同点に。その後はお互いに追加点はなく、試合は3-3の引き分けに終わっている。

【得点者】
2分 1-0 アンドリッヒ(ウニオン・ベルリン)
6分 2-0 クルーゼ(ウニオン・ベルリン)
27分 2-1 シウバ(フランクフルト)
37分 2-2 シウバ(フランクフルト)
79分 2-3 ドスト(フランクフルト)
82分 3-3 クルーゼ(ウニオン・ベルリン)

https://news.yahoo.co.jp/articles/2623bde4c5fd0cdb389b006d938b5986077e1dce

鎌田大地がメキシコ戦のトップ下先発でつかんだ確信「自分がなりたいようになれる」 

スクリーンショット 2020-11-18 19.50.47




1: 2020/11/18(水) 16:08:57.31 _USER9
 日本代表は現地17日にメキシコ代表と国際親善試合を行い、0-2で敗れた。

 前半は日本も多くのチャンスを作りながら仕留めきれず。後半は逆にギアを上げたメキシコに主導権を握られ、63分、68分と立て続けにゴールを奪われてしまった。

「日本と似たようなチームだなと感じましたけど、やっぱり常に上にいるチームとの違いは最後の決定力、最後に守り切るという差だと思います。本当にちょっとした差ですけど、それがやっぱり、とても難しいというか。最後の部分が本当に少しの違いだと思います」

 トップ下でメキシコ戦に先発出場した鎌田大地は、冷静に敗戦を総括した。勝つためにはどうすればいいのか。「個々のレベルアップしかないと思うし、1人ひとりがもっといいリーグでやって、もっといいチームでプレーするというのがすごい大事なのかなと思います」と彼の答えはシンプルだ。

 もっとも「もっといいリーグでプレーする」「もっといいチームでプレーする」というのは鎌田自身にも求められること。ブンデスリーガ1部のアイントラハト・フランクフルトで主力として活躍する24歳のMFは、もちそんそのことを自覚している。

 そして、メキシコ戦を経験したことで、国際レベルで一流に達するために克服すべき課題や、成長のための基準となるものを見出したようだ。日本代表でのキャリアが浅い彼にとって、敗れた一戦も有意義なものだったに違いない。

「僕自身ももっと、後半のチームが苦しくなった時にボールを失わずにキープして(味方に)時間を作ってあげたり、ファウルをもらったり、今の実力でもできると思いますけど、やっぱり自分がもっとよければ、もっとできたと思う。

自分も自分が思っているところにまだまだ足りていないし、自分が想像しているところにはまだまだ行けていない。でも戦ってみて、近づいてきていると思う。またフランクフルトに戻って成長していけたらと思います」

 日本代表に選ばれ始めた頃は不慣れな1トップを任されて苦戦し、より低い位置でトップ下やセントラルMFとしてプレーすることを望む発言もあった。そして実際にトップ下で起用されるようになってからは、自分の特徴にマッチした役割を任されて自信を深めつつあるところだ。

「8番、中盤のインサイドでプレーしたいだとか、中盤でやりたいとか、上に行くためには絶対そこでできないといけないと、自分が描いているものは昔から変わらずに言ってきました。周りがどう思っていたかは知らないですけど、だんだん(理想に)近づけている感覚で、そういうのは全て将来的にできると思うし、自分がなりたいようになれると思っているので、本当にフランクフルトに戻って少しずつ良くしていけるのかなと思います」

 所属クラブでは中盤の選手として守備での貢献も強く要求され、鎌田もそれに必死に答えようと体を張って、手応えを得ていると以前に語っていた。日本代表でも1トップからポジションが下がったことで「自分が言っていたことを周りも理解している」「僕自身が変わったというより本当、周りの人の見方が変わった」と実感している。

 今回の対戦で完敗を喫したメキシコと同等かそれ以上のレベルに達しなければ、日本代表が2年後のカタールワールドカップで史上初のベスト8進出を果たすのは難しい。だからこそ、ピッチ上で体験した一段階上のレベルを自らの基準とし、勝つために必要とされる理想の選手像を目指してもらいたいところだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ef2401fa2e66c34e994926e8bd7a05e36fb9f83
11/18(水) 15:36配信

鎌田大地 2列目争いも力みなし「周りの選手は気にしない」 

スクリーンショット 2020-11-17 7.54.08




1: 2020/11/16(月) 22:17:48.34 _USER9
オンラインでの取材に応じたMF鎌田大地

 サッカー日本代表は16日、国際親善試合メキシコ戦(現地時間17日)に向けて、オーストリア・グラーツ近郊で練習を行った。練習に先立ちオンラインでの取材に応じたMF鎌田大地(24)=アイントラハト・フランクフルト=が“2列目争い”について持論を語った。

【写真】鈴木武蔵が1トップで出場か「勝利につながるゴールを」

 パナマ戦では2シャドーの一角で途中出場し、FW浅野に好パスを通すなど短時間で何度も決定機を演出。10月のコートジボワール戦でもトップ下でフル出場して異彩を放った。日本代表の2列目はMF久保建、堂安らがそろう最激戦区だが、鎌田が序列を覆す勢いを見せている。

 鎌田は「日本代表は2列目はかなり良い選手がそろっているし、競争はかなりあると思うが、周りの選手を気にせず自分が出た時にいいプレーをすることを考える」と平常心を強調。出場すれば進化を問われるメキシコ戦だが、力みなく強豪に対峙(たいじ)する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0176d571cfd6444924139bbe6494a09fdd0c7691
11/16(月) 21:51配信

ブラジルメディアが遠藤航をパナマ戦MOMに選出。久保建英や鎌田大地も高評価 

1: 2020/11/14(土) 14:52:07.31 _USER9
 日本代表対パナマ代表の国際親善試合が現地時間13日に行われ、日本代表が1-0で勝利を収めた。ブラジルメディア『グローボエスポルチ』では、後半から交代出場したMF遠藤航をこの試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選んでいる。

 前半はパナマにゴールを脅かされる場面もあり、スコアレスドローで折り返した森保ジャパン。後半には南野拓実が自ら獲得したPKを決めて先制し、追加点は奪えなかったが終盤には10人の相手に対して立て続けにチャンスを生み出していた。


『グローボエスポルチ』では「日本は3バックでの戦いも良いオプションになり得ることを示した」とのタイトルでこの一戦について詳報。日本代表の戦い方について分析し、個々の選手についても採点と評価を記している。

 特に高く評価されているのは、後半開始から交代出場してボランチに入った遠藤。10点満点で「7.0」の採点をつけてMOMに選び、「後半にチームを改善した立役者の一人。ほぼ全てのデュエルに勝利し、ボールロストは一度だけだった。攻撃に繋がるパスも良く、エリア前でFKも獲得。ブンデスリーガでの好調を代表チームにも持ち込んだ」と評している。

 久保建英と鎌田大地も遠藤と並ぶ「7.0」と高めの評価。久保については「初ゴールはまだだが非常に期待を高めるパフォーマンス」、鎌田については「彼にとって代表でのベストゲーム。わずか20分で浅野(拓磨)を3回、三好(康児)を1回ゴール前に送り込んだ」とコメントしている。

 その他の選手たちの採点は植田直通、板倉滉、南野、原口元気が「6.5」、GK権田修一、室屋成、橋本拳人、三好、浅野が「6.0」、吉田麻也と柴崎岳が「5.5」。長友佑都が「5.0」で単独最低点とされ、「ほとんど攻撃に顔を出さなかった。チームが前半に低調だった一因」と述べている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3dd866a9bc0ecc654e52c6f2c6a0d876eef589ab
no title

「鎌田大地は香川真司を超える?」ブンデスリーガで“大化け”の可能性 

スクリーンショット 2020-11-02 21.36.21

鎌田大地が今季4アシスト目で輝き放つ!長谷部、大迫も出場のフランクフルト対ブレーメンはドロー決着 

スクリーンショット 2020-11-01 8.14.35




1: 2020/11/01(日) 01:28:59.38 _USER9
ブンデスリーガは31日に第6節が行われ、フランクフルトはブレーメンと対戦した。

前節は王者バイエルン・ミュンヘンに0-5と敗れたフランクフルト。大敗から立ち直りたい一戦で、ホームにブレーメンを迎えた。長谷部誠は3バックの真ん中、鎌田大地はトップ下で先発出場を果たしている。一方4試合負けなしのブレーメンでは、大迫勇也がベンチに入った。

立ち上がりにピンチを迎えたフランクフルトだが、長谷部が2度良い対応でしのぐ。一方攻撃では、鎌田が左右に流れながらチャンスメイク。しかし押し込む場面は作るものの、なかなかシュートを打てない時間が続く。逆に20分過ぎからはカウンターで危ないシーンを迎えるものの、長谷部を中心に失点を許さない。

すると34分、フランクフルトがネットを揺らす。A・シウバのシュートがGKに弾かれたこぼれ球にいち早く反応した鎌田が、冷静に押し込んだ。しかしVARレビューの結果、シュートを放つ前のA・シウバがわずかにオフサイドだったとして、ゴールは無効となった。前半アディショナルタイムにはボール奪った鎌田が速攻を仕掛け、最後はボックス内でシュートを放つがGKに防がれた。前半はスコアレスで折り返す。

後半立ち上がりにチャンスを作ったフランクフルトだが、決めきることはできない。すると51分、カウンターから抜け出したサージェントが一対一を制し、ブレーメンが先制に成功する。56分にも長谷部がボールを奪われピンチを迎えたフランクフルトだが、長谷部が自らクリアで逃れた。

しかし65分、フランクフルトが追いつく。右サイドで仕掛けると、最後は鎌田のクロスにA・シウバが合わせてネットを揺らした。鎌田にとっては今季4アシスト目となった。

追いつかれたブレーメンは70分、大迫を最前線に投入して勝ち越しを狙う。一方のフランクフルトは、鎌田が積極的に絡みながら敵陣深い位置に侵入する場面を作っていく。しかし、スコアは動かず。試合は1-1のドロー決着となった。フランクフルトは3試合勝利なし(2分け1敗)、ブレーメンは3試合連続の1-1となった。

■試合結果
フランクフルト 1-1 ブレーメン

■得点者
フランクフルト:A・シウバ(65分)
ブレーメン:サージェント(51分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/00d64817559b3897ee22be581c429402f91b61dc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索