Samurai Goal

鎌田大地


スポンサード リンク





<鎌田大地>今夏フランクフルト退団の可能性が急浮上…代理人が延長オファーに納得せず 

1: 2020/07/08(水) 07:14:05.99
写真 今期大ブレイク
no title


フランクフルトのMF鎌田大地は、今夏退団の可能性もあるようだ。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

鎌田は今シーズン、アディ・ヒュッター監督の下で攻撃の中心選手としてスタメンに定着。公式戦47試合に出場し、10ゴール9アシストと見事な成績を残した。2021年までとなっている契約に関しても、フランクフルトのフレディ・ボビッチ執行役員は延長交渉に自信を示していたが、ここに来て潮目が変わってきている。

『ビルト』の有料記事によると、鎌田の代理人であるロベルト佃氏がフランクフルトの延長オファーに納得しておらず、他の選択肢も検討したいとのこと。クラブ側は選手が契約最終年に入ってしまうため、このまま話がまとまらなければ今夏の売却も検討し始めたようだ。

以前までは、もう1人の代理人であるトーマス・クロート氏は延長オファーに前向きだったが、ロベルト佃氏が納得していないために、交渉が進んでいない模様。2019-20シーズンの活躍もあり、鎌田を狙うクラブも多くあるだけに、今夏の動向に注目が集まるところだ。

7/8(水) 7:04 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/4317b7b2ebdec2b393bbb10537b491213c6840c8

鎌田大地の覚醒は必然だった。劇的成長の真の理由は、非エリートならではの“ある力” 

20200627-00010000-realspo-000-3-view

フランクフルト鎌田大地 契約延長大筋合意か ヒュッター監督「ダイチがいないと困る」 

20200620-00000009-spnannex-000-3-view




1: 2020/06/20(土) 18:08:01.79
ドイツ1部のEフランクフルトが、日本代表MF鎌田大地(23)との契約延長に動いていると18日、地元紙ビルトが報じた。同紙によると両者は大筋で合意しており、サイン目前という。J1鳥栖から17年夏に4年契約でEフランクフルトへ完全移籍した鎌田の現契約は21年夏までとなっており、代理人とクラブは契約延長に関する話し合いを進めている。

 今季はベルギー1部シントトロイデンから復帰し、公式戦46試合で10ゴールとブレーク中。中断明けもリーグ戦8試合で2ゴール2アシストと絶好調を維持しており、ヒュッター監督は同紙に「ダイチがいないことは、私たちにとっては困ることだ」と話している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a457eeb2177e2ec275a3e3139e83d363fb49514a

絶好調の鎌田大地、新契約サインは間近か…フランクフルトは契約延長を最優先事項に 

20200619-00010006-goal-000-2-view

鎌田大地、今季10G9Aで“ダブル・ダブル” 間近…アディ・ヒュッター監督もご満悦「素晴らしい」 

20200618-00010018-goal-000-1-view

鎌田大地との契約延長は急務!元独代表のクラブOB「もっと前に延長しなければいけなかった」 

20200617-00010010-goal-000-1-view

アディ・ヒュッター監督「鎌田大地はスラロームドライバーだ」 

20200614-00010020-goal-000-1-view

ブンデス 再開後好調な鎌田大地が2点目アシスト! フランクフルトを4-1逆転勝利に導く 25試合2得点 

20200614-00377093-footballc-000-1-view




1: 2020/06/14(日) 02:44:14.97
【ヘルタ 1-4 フランクフルト ブンデスリーガ第31節】
 
 ブンデスリーガ第31節、9位ヘルタ・ベルリンと11位フランクフルトの試合が現地時間13日に行われた。アウェイのフランクフルトが4-1の勝利をおさめている。

 フランクフルトに所属する長谷部誠と鎌田大地は共に先発出場を果たした。試合開始して5分、ダニー・ダ・コスタがヘディングシュートを放ったがヘルタのGKルネ・ヤースタインに止められる。14分にはフランクフルトのフィリップ・コスティッチがフリーキックから直接得点を狙うもゴール上に外れてしまった。

 すると24分、長谷部のパスミスから相手にボールを奪われて最後はヘルタのクリシュトフ・ピアテクに先制点を決められてしまう。だが44分、鎌田の縦パスに抜け出したバス・ドストがペナルティーエリア手前で倒され、倒したヘルタのデドリック・ボヤタが決定機阻止で1発退場。相手が1人減ったことでフランクフルトは数的有利となった。

 そして51分、アンドレ・シウバが頭で繋いだボールをバス・ドストが押し込みフランクフルトが同点に追いつく。さらに62分、鎌田がドリブルで仕掛けてペナルティーエリア内に侵入すると、最後は鎌田が中央に折り返してシウバがゴールネットを揺らしフランクフルトが逆転に成功した。

 続けて69分にはオビテ・エヴァン・ヌディカも追加点を決める。86分には縦パスに抜け出したシウバが再びゴール。鎌田の活躍もありフランクフルトが4-1の逆転勝利をおさめている。

【得点者】
24分 1-0 ピアテク(ヘルタ)
51分 1-1 ドスト(フランクフルト)
62分 1-2 シウバ(フランクフルト)
69分 1-3 ヌディカ(フランクフルト)
86分 1-4 シウバ(フランクフルト)

https://news.yahoo.co.jp/articles/dd4e9924e70d19cb2ddc812b50e4b6e7bf590a07
6/14(日) 0:32配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20077014
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/56
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/56
得点ランキング

<FW鎌田大地>ドイツ1部通算10得点! “ポスト大迫”に名乗り..「顔色を変えないでサラリとやってのける天才」 

1: 2020/06/04(木) 10:25:43.03
再開した独ブンデスリーガ1部フランクフルトのFW鎌田大地(23)の評価がウナギ上りだ。

 再開2合目の前節ボルフスブルグ戦。鎌田はMF長谷部誠(36)とともに先発出場。1-1で迎えた後半40分である。

 ペナルティーエリア内で味方FWが頭で落としたところに走り込み、相手GKの広げた手足が届かないコースを沈着冷静に見極め、左足インサイドでゴール右に流し込んだ。

 これで鎌田は今季公式戦で通算10得点。2ケタに乗せたこともあり、同じブンデス1部ブレーメン所属で不振にあえぐFW大迫勇也(30)の後継者として脚光を浴びるだろう。元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏がこう言う。

「鎌田は、大向こうウケするようなファンタジックなプレーを披露したり、鍛え上げたフィジカルを利して相手DFをなぎ倒しながらゴールに猛進していくタイプではない。ただし天才です。何の天才かというと、相手ペナルティーエリア付近で冷静さを保ちながら局面ごとにベストのプレーを瞬時に選択。顔色を変えないでサラリとやってのける天才と言える」

 17年6月、J1鳥栖から移籍。昨季は期限付移籍先のベルギー1部シントトロイデンで活躍し、今季は晴れてブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルトに復帰した。

 ベルギーよりも格上のブンデス1部への順応も早く、フランクフルトではトップ下を任されながら、ただチャンスメークに専念するのではなく、相手ゴール前に侵入しては積極果敢にゴールに絡んでいく。

 ブンデス1部でブービー17位のブレーメンでスタメンから外れ、ピリッとしないFW大迫に取って代わり、森保ジャパンの正ストライカー奪取のチャンスでもある。

「ポスト大迫探しは、森保日本代表の重要課題です。鎌田が有力候補として名乗りを挙げました」(前出・六川氏)

 これからも鎌田がゴールを量産したら、代表エースFWも交代劇も近い。

6/4(木) 9:26 日刊ゲンダイ
https://news.yahoo.co.jp/articles/484481c75723761dd906d80c7eb18b9cde07124c

写真
no title

鎌田大地、2戦連発でMOMに選出 フランクフルト監督も称賛「努力が報われている」 

20200531-00264645-soccermzw-000-6-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索