Samurai Goal

銀河系軍団


スポンサード リンク





<Jリーグの“銀河系軍団”>ヴィッセル神戸は大物争奪戦に勝算あり!?カギは新型コロナ感染者数... 

1: 2020/06/09(火) 21:36:25.36
新型コロナウイルス禍が大物路線の成否を分ける――。J1神戸はこれまで元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)を始め世界的スター選手を続々と獲得した。今季も大物助っ人を狙っているが、中東のカタールや米メジャーリーグサッカー(MLS)の強豪クラブが豊富な資金力を武器に横やりを入れてシ烈な争いになっている。Jリーグの“銀河系軍団”に勝算はあるのか。

 神戸は昨季限りで元スペイン代表FWダビド・ビジャ(38)が引退、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(35)がトルコ1部アンタルヤスポルに移籍と大物助っ人2人が退団。攻撃の穴を埋めるべく、今夏の欧州移籍市場での次なる大物獲得へ向けて動いている。

 そうした中、相思相愛とみられていた元スペイン代表MFダビド・シルバ(34=マンチェスター・シティー)について、英紙「ミラー」はカタール1部の強豪アルドハイルが獲得に動いていると報じた。同クラブは昨年2月に日本代表MF中島翔哉(25=ポルト)を3500万ユーロ(約43億円)という破格の移籍金で獲得したように、オーナーであるカタール王室の資金力は無尽蔵と言われている。

 また、同じく神戸移籍がウワサされていた元ドイツ代表FWマリオ・ゴメス(34=シュツットガルト)に関して、ドイツ紙「シュツットガルターナハリヒテン」は「米国で自らのキャリアを終わらせるべく、複数のオファーは受けているようだ」と報道。カタールやMLS勢は他にも神戸が狙う選手で競合しているとみられ、水面下で激しい火花が散っている。

 それでは神戸に勝算はあるのか。欧州事情に詳しい代理人は「もちろん条件面はあるが、今はコロナの状況によるところも大きいのでは。やはり家族も含め環境面は重要視するはず」と分析する。

 8日時点での累計感染者数は米国が194万2363人、カタールが7万158人で、日本の1万7174人と比べると格段に多い。先進国の中でも突出している日本の“安全な環境”は欧米でも話題になっており、スター選手たちが新天地を選ぶ大きな要因の一つになりそう。そうなれば、待遇と環境の両面でアピールできる神戸が今後争奪戦を有利に運べるという見方は強い。

 仮にシルバやゴメスの獲得がかなわなくても、次なる大物が神戸のオファーに興味を示す可能性は高い。世界のビッグクラブが選手側に減俸を提示するような厳しい時代だが、資金力に陰りが見られない神戸は、まだまだ世界の移籍市場をにぎわせてくれそうだ。


6/9(火) 16:40 東京スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/a199af39d5c2838c51e8e0e79452cb2fec85b7c4

写真
no title

「クボは場違いなんかじゃない!」久保建英をマドリー選手たちも好評!スペイン紙は“ヴィニシウスの再来”とも 

20190714-00061430-sdigestw-000-5-view[1]

<久保建英>銀河系体感!レアル・マドリードの合宿宿舎はリッツカールトン!練習場も豪華  

1: Egg ★ 2019/07/10(水) 06:40:31.31 ID:3twvJgUy9
レアル・マドリードの日本代表MF久保建英(18)が、いち早く世界の「一流」を体験する。

今季は3部所属のBチームでプレーする予定だが、プレシーズンはトップチームに同行。始動日となった8日(日本時間9日)には“銀河系軍団”と初対面を果たした。

9日(同10日)からスタートするカナダ合宿では最高級ホテル、ザ・リッツ・カールトン・モントリオールに宿泊。早期トップデビューが期待される新星が、ピッチ外でも超名門の神髄を学んでいく。

 スター街道へ、まずはピッチ内外で世界一流を体験する。8日に始動したトップチームに合流した久保は、FWルーカス・バスケスと握手を交わすなど、銀河系軍団と初対面を果たした。9日には合宿地のカナダ・モントリオール入り。「世界に羽ばたく」強い思いを胸に、世界屈指の名門でついに本格始動する。

 現地紙によると、チームはモントリオールで世界屈指の一流ホテルに滞在する。格付けではケベック州で唯一、最上級にランキングされるザ・リッツ・カールトン・モントリオールだ。久保はモドリッチやアザールらと寝食をともにすることで、世界トップ選手の生活を肌で体験。練習も天然芝2面、人工芝2面のほか、最新鋭のマシンがそろったジムなどを完備する米MLSモントリオール・インパクトが所有する施設で行う。マッサージルームでは世界一流のケアも施される。

 ピッチ内でもしかりだ。チームは今季、フィジカルコーチのアントニオ・ピントゥス氏がインテル・ミラノに移籍。新たにグレゴリー・デュポン氏を招へいした。18年W杯ロシア大会で母国フランスの2度目の優勝を陰で支えたエキスパート。早期トップデビューを目指す久保にとっては、デュポン氏のメソッドをいち早く体験できるほか向上すべき点のアドバイスを受けられるメリットも大きい。

 スペインのアス紙によれば、南米選手権に出場した久保は、トップのジダン監督にアピールするために休暇を返上し、チームに早期合流したという。名門が認めた輝く原石が、世界一流へ、いよいよ本格的にその一歩を踏み出す。

 ▽ザ・リッツ・カールトン 世界各地に90以上のホテルを持つ高級ホテルグループ。日本には京都、大阪、東京、沖縄の4カ所にあり、23年には福岡でも開業予定。ライオンと王冠を組み合わせたロゴが代名詞。Rマドリードが宿泊するモントリオールは100年以上前に開業。風格を感じさせる外観など、ホテル業界内での評価も高い。

7/10(水) 5:30配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190710-00000030-spnannex-socc

写真
no title

久保建英、スペインへ出発 8日にレアル・マドリー合流 

20190707-00000162-spnannex-000-3-view[1]

レアル442億円強化案も埋まらぬCロナの穴 

20190319-00000023-tospoweb-000-1-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索