Samurai Goal

鈴木優磨


スポンサード リンク





鈴木優磨、欧州5大リーグ移籍を熱望 大活躍の鎌田大地に言及「他人と比べたくない」 

20200619-00267943-soccermzw-000-1-view

<FW鈴木優磨>中東から300万ユーロの獲得オファー? 「ドイツやフランスからも興味」 

1: 2020/06/23(火) 19:55:38.50
ベルギーのシント=トロイデン(STVV)に所属するFW鈴木優磨に対する獲得オファーが届いたようだ。地元紙『Het Laatste Nieuws』が報じた。

報道によると、鈴木に対してSTVVに届いた獲得オファーは300万ユーロ(約3億6000万円)程度。クラブ名は明かされていないが、オファーの事実は認められたとのこと。『Het Laatse Nieuws』では「オファーは事実。(オファー額は)300万ユーロ前後となる。だが、追って報告するまでクラブ名は明かしたくない」とSTVVの関係者がコメントしたと伝えられている。

また、同メディア曰く、オファーを提示したのは中東のクラブの模様。同関係者は「ドイツやフランスのクラブを含むいくつかのクラブが興味を示しているから」と具体的にクラブ名を明かさない理由を説明したという。

鈴木は昨夏に鹿島アントラーズから日本企業DMM傘下のSTVVに加入。コロナ禍の影響で打ち切りとなった新天地での初シーズンは負傷で出遅れたものの公式戦25試合に出場し、7ゴールをマークしていた。

6/23(火) 18:19GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/36b779b85218676c4b02f95cdceb12f03fbaa62d

写真
no title

<鈴木優磨>今季7ゴール目もシント=トロイデンは完敗…プレーオフ1圏内が遠のく 

20200224-00010004-goal-000-1-view




1: 2020/02/24(月) 07:09:57.21
ヘントに完敗

ジュピラーリーグ第27節が23日に行われ、ヘントとシント=トロイデン(STVV)が対戦した。

STVVは鈴木優磨が先発。ミッドウィークにローマと対戦していたヘントだったが、試合は一方的なヘントペースに。
PKでヘントが先制すると、その後も追加点を奪われて3-0で前半終了。後半に入った63分には、ヘントFWデイビットがこの日3点目を奪い、ハットトリックを達成する。しかし68分にはSTVVが一矢報いる。

アサモアのシュートが相手DFに当たったところを鈴木優磨が押し込んで、4-1に。鈴木にとっては今季7ゴール目となった。
しかし、試合はそのまま4-1で終了。STVVはリーグ戦2連敗で、プレーオフ1圏内の6位ヘントとは9ポイント差となっている。

2/24(月) 6:41配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00010004-goal-socc

<鈴木優磨>今季リーグ戦6ゴール目!シントトロイデンが3発快勝で暫定9位へ 

1: Egg ★ 2020/01/26(日) 10:15:33.56 ID:22ikmUX49
ジュピラーリーグ第23節が25日に行われ、ムスクロンとシント=トロイデン(STVV)が対戦した。

STVVは鈴木優磨が先発、伊藤達哉がベンチスタートに。シュミット・ダニエルはベンチ外となった。

試合は前半にSTVVが先制。27分、鈴木優磨が抜け出したファクンド・コリーディオのラストパスをゴールに流し込み、今季リーグ戦6ゴール目をマークする。

後半に入ると、54分にはジョルダン・ボタカが追加点。80分には、サミュエル・アサモアが見事なミドルシュートを突き刺し、3-0に。終了間際にロングシュートを正守護神ケニー・ステッペが許し、1点を返されたものの、3-1でSTVVが勝利を収めた。

STVVは2020年に入ってから連勝を手にし、暫定9位に浮上している。

1/26(日) 6:00配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200126-00010004-goal-socc

写真
no title

鈴木優磨、ベルギーから半年でイランへ移籍も!? 好条件オファー届くと報道 

20200101-00355949-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/01(水) 15:32:20.85 ID:oelpX+/o9
ベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)に所属するFW鈴木優磨に、イランへの移籍の可能性があるという噂が浮上している。

イランメディアが報じたとして『フートバルクラント』などベルギー複数メディアが伝えたところによれば、
イラン1部のクラブであるトラクター・サジが鈴木の獲得に動いているという。

鈴木の現在の市場価値が220万ユーロ(約2億6700万円)だとされるのに対し、トラクター・サジは移籍金500万ユーロ(約6億700万円)を準備しており、
金銭面ではSTVVにとって魅力的な取引になるとの見方が伝えられている。
また、鈴木本人の報酬額も現在よりアップすると見込まれるとのことだ。

鈴木は鹿島アントラーズから今季STVVへ完全移籍。徐々に調子を上げてレギュラーポジションを確保し、
これまでベルギーリーグで16試合に出場して5得点を挙げている。STVVとの契約はあと3年間残している。

トラクター・サジは過去7年間でAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に5回出場するなどイランの有力クラブ。
昨季はリーグ5位でACL出場権を逃したが、今季は現在3位に位置している。
現在のチームには過去にスペイン2部のエルクレスなどでプレーしたMF杉田祐希也、元浦和レッズのブラジル人FWマゾーラ、
イラン代表のMFマスード・ショジャエイ、アシュカン・デジャガなどが所属している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200101-00355949-footballc-socc
1/1(水) 12:52配信

鈴木優磨が今季5点目!…先制点決めるもシント・トロイデンはドロー 15試合5得点  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/23(月) 04:52:26.70 ID:jFVE3as89
シント・トロイデンのFW鈴木優磨が、22日に行われたジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)第20節のロイヤル・アントワープ戦で今シーズン5点目を決めた。

先発出場した鈴木は87分、ペナルティエリア中央でのポストプレーでパスをつなぎ、FWアラン・ゴンザルヴェス・ソウサのチャンスを演出。
ソウサのシュートは相手GKに阻まれたが、こぼれ球を鈴木が押し込んで先制ゴールを挙げた。

鈴木は今夏に鹿島アントラーズからシント・トロイデンに移籍。11月30日に行われたリーグ第17節のヘンク戦以来となる3試合ぶりで、今シーズン4点目となった。

なお、シント・トロイデンは後半アディショナルタイム4分に同点ゴールを許し、1-1で引き分けた。
なお、鈴木とGKシュミット・ダニエルはフル出場。FW伊藤達哉はベンチ外だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-01011993-soccerk-socc
12/23(月) 4:38配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2019/bel/bel-20076659.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/world/belgium/data/ranking/
得点ランキング

https://www.nikkansports.com/soccer/world/belgium/data/standings/
順位表

no title

<鈴木優磨>今季4点目!決勝点でダービー勝利! CL明けのヘンク伊東純也は後半ATにビッグチャンスを逸す...  

1: Egg ★ 2019/12/01(日) 06:46:38.24 ID:BpVSA88l9
STVVはリーグ戦3試合ぶりの勝利

現地時間11月30日、ベルギーリーグの第17節が行なわれ、今季チャンピオンズ・リーグ(CL)にも参加している伊東純也所属のヘンクと、シュミット・ダニエル、鈴木優磨らが所属するシント=トロイデン(STVV)が対戦した。


 リンブルク・ダービーとして現地でも盛り上がるダービーマッチに、前述の3人は先発で登場。STVVは、1年半ほど指揮を執っていたマルク・ブライス監督との契約解除が発表されてから初の試合とななり、伊藤達哉のほか、イ・スンウが初のベンチ入りを果たしている。

 試合開始直後に主導権を握っていたのは、伊東を擁するヘンクだった。CFマブワナ・サマッタや伊東が再度から攻撃を仕掛け、シュミットの守るゴールに襲い掛かる。そして9分に先制ゴールをゲット。

 しかしその後は、フィニッシュの精度を欠いたほか、なかなかゴールラインを割るまで崩しきれず、追加点を奪うことができない。

 一方、猛攻に耐えたSTVVは、18分に鈴木、デ・ノーレのふたりが前線にボールを運び、中央に走り込んだヨアン・ボリが確実に決めて試合を振り出しに戻す。そして41分には、ショートカウンターから鈴木がヘディングでシュートを決め、1-2に。前半のうちに試合をひっくり返すことに成功する。

 1点を追うヘンクは後半開始早々から前がかりになり、猛攻を仕掛ける。62分にはポール・オナワチュを含む前線の2枚を投入。敵陣をかき回し、再三好機を創出するがフィニッシュの精度を欠く。

 その後もホームチームの攻勢が続いた。伊東は右サイドから積極的に攻め上がり、83分にはドリブルから中央のオナワチュへ絶好のクロスを上げるなど見せ場を作るが、シュミットのビッグセーブなどが光り、ゴールを割ることができない。

 90+5分には右サイドに貼っていた伊東へ絶好のパスが届き、フリーでシュート。しかしこれはゴールの左へわずかに外れ、同点に追いつく最後の最大のチャンスを逸してしまった。

 再三にわたったヘンクの猛攻は実らず、試合は1-2でSTVVが勝利。日本人選手はシュミット、伊東がフル出場。今季4点目、そしてこの試合の決勝点をあげた鈴木は75分にピッチを退いた。

 次節、ヘンクは7日に植田直通所属のセルクル・ブルージュ、STVVは7日にホームで強豪クラブ・ブルージュと対戦する。

12/1(日) 6:24配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191201-00067308-sdigestw-socc

写真no title

鈴木優磨が語るベルギーでの生活 「毎日の練習は鹿島より長くきつい」6試合 3得点  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/29(金) 06:30:08.45 ID:Xsu7RzUs9
2015年に鹿島アントラーズのトップチームに昇格して以来、得点能力に優れたストライカーとして、チームのタイトル獲得に貢献した鈴木優磨。
さらなる高みを目指し、今年7月に新天地として選んだのは、ベルギーのシント・トロイデンだった。  

チーム加入当初はなかなか出場機会を得られずにいたが、10月27日の第12節からは5試合連続でフル出場。
ここまで3得点と、徐々に存在感を増してきている。
移籍からの約4カ月で鈴木は何を得て、どんな未来を描いているのか。本人に直撃した。

――練習中、チーム内でうまくコミュニケーションをとっていますね。

「チームメイトが英語を話すので聴くことには慣れましたけど、まだそんなに話せないので勉強中です(笑)。
ベルギーリーグは選手の入れ替わりが多く、うちのチームも新加入選手がたくさんいるんですが、みんなが僕を快く受け入れてくれたので早く馴染めました」
――ベルギーの生活には慣れましたか? 「食事に慣れるまで苦しみましたけど、だいぶ適応できてきましたね。
毎日の練習が鹿島よりもきつくて長く、家に帰ったらご飯を食べて寝るという規則正しい生活を送っているので、夜はすぐに寝ています」

――初めての海外移籍。何が決め手になったんでしょうか。

「冨安健洋選手(ボローニャFC)や遠藤航選手(シュツットガルト)たちがベルギーで成長したのを感じて、僕も成長したいと思い移籍を決断しました。
シント・トロイデンは、鹿島よりも若い選手が多くて、チームが発展途上にあるという印象です。
一体感があって、同じ目標に向かってみんなで歩んでいる、という感じがしますね」

――ベルギーリーグとJリーグの違いは? 「Jリーグだと、コンパクトな状態でボールを丁寧に回すことが多いですけど、
ベルギーでは可能性が低くてもゴールに向かうことを優先する傾向があります。
試合中にスペースが空いていることが多く、そこを突いたダイナミックな攻撃が展開される。
グラウンドも日本と違って、ベルギーのほうが緩く滑りやすい。普段の練習ではあまりわからないのですが、とくにアウェーの試合でそう感じることがあります。
シント・トロイデンのホームグラウンドは人工芝ですから、また感覚が変わりますね」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191129-00879080-sportiva-socc
11/29(金) 6:10配信

no title


https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10020087
成績

ベルギー1部第14節 鈴木優磨が2試合連発! シント=トロイデンが今季初の連勝  

20191103-00345790-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/03(日) 06:01:13.90 ID:8zdR1AdD9
【シント=トロイデン 1-0 オーステンデ ベルギー1部第14節】

ベルギー1部リーグ第14節のシント=トロイデン対オーステンデが現地時間2日に行われた。
試合はホームのシント=トロイデンが1-0の勝利を収めている。シント=トロイデンは鈴木優磨が先発出場で1得点を記録、
シュミット・ダニエルとともにフル出場した。伊藤達哉はベンチ入りしたが出場はなかった。

リーグ戦で9月以降勝ちがないオーステンデとのホームゲーム。シント=トロイデンとしては、ここで8月11日以来となるホームでの白星が欲しいところ。

試合は0-0で折り返し、後半に突入した。すると56分、鈴木がチームに先制点をもたらす。
左サイドからクロスが入ると、ボリがニアに走り込んで2人のDFを引きつけた。
これでフリーになった鈴木が冷静に合わせて2試合連続となる今季3点目を決める。

これが決勝点となり、シント=トロイデンは1-0で勝利。
リーグ戦では今季初の連勝となっている。

【得点者】
56分 1-0 鈴木優磨(シント=トロイデン)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191103-00345790-footballc-socc
11/3(日) 5:58配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20076611
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/48
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/48
得点ランキング

鈴木優馬麿初得点&PK獲得でMOM!「日本とは全く違いますね。ここでの1試合は日本での2~3試合に相当」  

1: Egg ★ 2019/09/22(日) 18:07:45.42 ID:TuHhStz69
ベルギー1部リーグ第8節のシャルルロワ対シント=トロイデン(STVV)戦が現地時間21日に行われ、STVVがアウェイで3-0の勝利を収めた。STVVのFW鈴木優磨は初先発で移籍後初ゴールを記録している。

 鈴木は前半34分、エリア内への浮き球パスを受け、GKやDF陣と交錯しながら先制ゴールを押し込んだ。後半には鈴木のヘディングシュートが相手選手の腕に当たって獲得したPKからチームメートが追加点を挙げている。

 ベルギーメディア『Sporza』では鈴木をこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出。「マルク・ブリス監督により初めて先発に起用された日本人選手は期待を裏切らなかった」と述べている。

『sport.be』でも同じくマン・オブ・ザ・マッチに鈴木を選んだ。「初先発の日本人は大きなインパクトをもたらした。先制点を決め、PKを引き起こした。ジュピラー・プロ・リーグで力強いスタート」とコメントを添えている。

 ブリス監督も期待に応えた鈴木のパフォーマンスに賛辞を送った。「とにかく彼は決定的だったと言える。ユウマは負傷のため1年間プレーできなかったことを忘れてはならない。最高の姿はこれからだ。1点目のボールの受け方は驚異的だった」とベルギー『Truineer.be』は指揮官の試合後のコメントを伝えている。

9/22(日) 16:39配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190922-00339450-footballc-socc

写真
no title


鈴木は初得点について「ゴールはゴールですけど、もう少しちゃんとしたゴールを決めたい。ただ、FWとして数字がついたのでよかったです」と振り返った。

また、試合全体については「タフな試合だった」と語り、「身体の感じも日本で2、3試合こなしたような試合だったと思います」とJリーグとの違いを口にしている。

ヨアン・ボリとの2トップに関しては「まだ孤立する場面もお互いある。2人で得点を量産できるよう、もっともっとコンビネーションを深めて相手にとって脅威になっていけるよう準備したいと思います」と改善を誓った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190922-00010026-goal-socc

【サッカー】<初先発の鈴木優磨>初ゴール含む2得点に絡む活躍!シュミットもフル出場のシントトロイデン、森岡シャルルロワに快勝
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1569106925/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索