Samurai Goal

鈴木優磨


スポンサード リンク





【動画】鹿島・鈴木優磨が劇的“ヘッド弾”で勝負を決めた!! 

キャプチャ
[9.14 J1第26節 鹿島2-1湘南 カシマ]

 18日にACL準々決勝第2戦を控える鹿島アントラーズはホームで湘南ベルマーレと対戦し、2-1で競り勝った。後半アディショナルタイムに途中出場のFW鈴木優磨が劇的な決勝点。初の4強入りが懸かるACLへ弾みを付けた。

 ともに9日に行われたルヴァン杯準々決勝第2戦で4強入りを決めたチーム同士の対戦。湘南は前半4分、MF岡本拓也の右クロスにフリーのFW鈴木国友が頭で合わせたが、ゴール右へ。鹿島も同8分、MF遠藤康の縦パスに反応したFW土居聖真がPA内左でキープし、マイナスに折り返したところをFWセルジーニョが左足で狙ったが、枠を捉え切れなかった。

 互いに立ち上がりの決定機を生かせず、試合は膠着状態に入る。湘南は前半31分、鈴木がPA手前から右足ミドルを放つが、ゴール右へ。同36分には岡本がFW松田天馬とのワンツーで右サイドを抜け出し、クロスのセカンドボールをMF石川俊輝がシュート。しかし、このミドルシュートもゴール左へ外れ、前半はスコアレスで折り返した。

 後半立ち上がりの4分、鹿島がセットプレーを生かして先制する。遠藤の右FKからこぼれ球を拾ったDF西大伍がPA内右のゴールライン際からふわりと浮かしたクロス。これをファーサイドの土居が頭で押し込み、ゴールネットを揺らした。

 1点を追う展開となった湘南は後半9分にU-21日本代表DF杉岡大暉、同16分にはFW梅崎司を投入する。すると、この交代策が的中。後半21分、サイドチェンジを受けた岡本が右サイドから左足でクロス。ゴール前に入り込んだ梅崎がヘディングで捉え、同点ゴールを叩き込んだ。

 1-1の同点に追いつかれた鹿島は直後の後半22分、セルジーニョに代えて鈴木を投入。同35分にはMF永木亮太の右クロスをファーサイドの鈴木が頭で落とし、土居がゴール前に飛び込んだが、わずかに届かなかった。それでも、このまま引き分けかと思われた後半アディショナルタイム、PA右手前から西が放り込んだボールを鈴木が豪快なヘディングシュート。ゴールネットに突き刺し、5試合ぶり今季9点目となる決勝点を奪った。

 劇的な展開でリーグ戦3試合ぶりの白星を挙げた鹿島は中3日の18日にACL準々決勝第2戦で天津権健(中国)と対戦。ホームでの第1戦に2-0で先勝しており、クラブ史上初の4強を懸け、中立地のマカオで行われる第2戦に臨む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-01866039-gekisaka-socc

鈴木優磨“強気発言”ルヴァン杯への意気込みを語る!! 

201802140006-spnavi_2018021400033_view

ポルティモネンセが鹿島・鈴木優磨狙い!?クラブは放出を断固拒否か 

201802140006-spnavi_2018021400033_view
1 2018/08/04(土) 08:47:06.83 _USER9
ポルティモネンセは、鹿島アントラーズFW鈴木優磨の獲得を熱望しているようだ。ポルトガル『Record』が伝えた。

今季明治安田生命J1リーグで、19試合出場7ゴール4アシストを記録する鈴木。9位となかなか調子の上がらないなかで、チーム内得点王として気を吐いている。

そんな22歳のFWには、ポルティモネンセが獲得に興味をしめしていた。しかし、鹿島はオファーを拒絶。さらに、先日FW金崎夢生をサガン鳥栖へ放出したため、移籍実現の可能性は低いと見られている。

だが、ポルティモネンセは未だ獲得を諦めていないようだ。『Record』は、以下のように伝えている。

「クラブ関係者は日本におり、交渉を続けている。しかし、簡単ではない。ユウマ・スズキは鹿島サポーターを密接につながっており、ずば抜けたポテンシャルがあると評価されている」

「ポルティモネンセは契約解除金を支払う意志がある。大株主と鹿島は良好な関係を維持しており、クラブは成立することを熱望している」

金崎が移籍し、攻撃の中心として鹿島を背負う鈴木。しかし、ポルトガルの舞台で中島翔哉とチームメイトになる可能性はあるのだろうか。

8/4(土) 8:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00000001-goal-socc

鹿島ピンチ!!!遂に鈴木優磨にもポルティモネンセの誘い?選手の減少化に拍車か 

1 2018/07/28(土) 18:30:42.11 _USER9
今季公式戦13ゴールと好調の鈴木、ポルティモネンセが熱視線

ポルティモネンセはJ1鹿島アントラーズのFW鈴木優磨の獲得に本腰を入れていると、ポルトガル紙「レコルド」が報じている。

 同クラブでは昨季から、日本代表FW中島翔哉が活躍中だが、日本人コンビを形成しようとチームは鈴木の獲得に強い関心を示しているという。

 鈴木は鹿島の下部組織で育ち、2015年にトップデビュー。2016年に開催されたFIFAクラブワールドカップでは準決勝のアトレチコ・ナシオナル戦で、ダメ押しの3点目を決めた際に見せた“C・ロナウドポーズ”が話題を呼んでいた。

 今季は公式戦27試合13ゴールを記録しており、チームの新たなエースとして飛躍を遂げている。24日にサガン鳥栖へ電撃移籍した元日本代表FW金崎夢生に代わって、チームを背負う立場になろうとしているなかでの海外からの関心となった。

 ポルティモネンセは鈴木の獲得を最優先事項としてリストアップしており、交渉のため関係者が来日する予定だという。放出となれば鹿島にとっては痛恨の極みだが、今夏の鈴木の動向には注目が集まりそうだ。

7/28(土) 17:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180728-00124929-soccermzw-socc

写真
no title

“鹿島、断固拒否”ポルティモネンセの鈴木優磨へのオファーに難色示す 

IMG_0347
1 2018/07/22(日) 15:54:04.53 _USER9
ポルトガル1部のポルティモネンセは、鹿島アントラーズに所属するFW鈴木優磨の獲得を試みていたが、鹿島は放出を拒んだようだ。ポルトガル『オ・ジョーゴ』が21日付で伝えた。

 ポルティモネンセはFW中島翔哉の所属するクラブであり、過去には現鹿島のFW金崎夢生も所属。積極的に日本人選手の獲得に動いており、この夏には金崎の復帰や浦和レッズのMF柏木陽介の獲得を望んでいるとも噂されていた。

 金崎と同じく鹿島でプレーする鈴木もポルティモネンセのターゲットの一人だったようだ。だが同クラブのロディネイ・サンパイオ会長は『オ・ジョーゴ』に対し、鈴木の獲得が難航していることを認めた。鹿島が放出を望んでいないためだという。

 一方、ポルティモネンセには流通経済大学のDF小池裕太の加入が見込まれ、すでにチームに合流してプレシーズンに参加している。だが日本側での手続き上の何らかの問題のためポルティモネンセでの選手登録はまだ完了しておらず、現時点では「未来にやや不確定な部分がある」状況だと伝えられいる。

7/22(日) 14:16配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180722-00282509-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索