Samurai Goal

鈴木優磨


スポンサード リンク





C大阪杉本を追加招集 鹿島鈴木がけがで不参加 28試合5得点2アシスト 

1: 2018/11/13(火) 14:43:02.57 _USER9
日本サッカー協会(JFA)は13日、国際親善試合ベネズエラ戦(16日、大銀ド)とキルギス戦(20日、豊田ス)に臨む日本代表メンバーにおいて、
FW鈴木優磨(22=鹿島アントラーズ)がけがのため不参加となり、代わってFW杉本健勇(26=セレッソ大阪)が追加招集すると発表した。

鈴木の所属する鹿島はこの日、右足関節捻挫で全治約2週間と診断されたと発表。10日のACL決勝ペルセポリス戦で負傷していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00390797-nksports-socc
11/13(火) 14:24配信

no title

http://livedoor.blogimg.jp/sakadeti/imgs/b/a/baa3b74c-s.jpg

【セルジオ越後】10万アウェーで悪者になれる鈴木の度胸は大したもの。近未来のA代表入りを予感させるのは… 

20181112-00050159-sdigestw-000-2-view

<金髪の点取り屋FW鈴木優磨のチーム愛>夏場の海外クラブのオファー断る!「片手では数えられないほど」 

1: 2018/11/12(月) 08:02:20.22 _USER9
no title


◆アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦 ペルセポリス0―0鹿島=2戦合計2―0=(10日・テヘラン)

 【テヘラン(イラン)10日=岡島智哉】鹿島がペルセポリス(イラン)を2戦合計2―0で下し、クラブ史上初のアジア制覇に輝いた。国内主要タイトル19冠を誇る常勝軍団は、節目の20個目の栄冠を悲願のアジアタイトルで飾った。日本勢は昨年のJ1浦和に続き、大会2連覇。大会MVPには全14試合に先発出場したエースFW鈴木優磨(22)が選ばれ、12月にアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるクラブW杯の出場権も手にした。

 大会を通じて奪った得点は2点だけ。だが、全14試合に先発し、チームのために走り回ったエース・鈴木に、ご褒美が待っていた。大会MVP。「体を張ったり、結果だけではない部分を評価してくれたと感じている」。この日、鹿島の戦術は、「迷ったら優磨の頭めがけて蹴る」。持ち前のキープ力や、球際でのバトルを繰り返し、泥臭くVに貢献した。

 7歳から育ててもらった恩を、ACL制覇で返した。今夏、伸び盛りの22歳には、複数の海外クラブから獲得オファーが届いた。関係者によると「片手では数えられないほど」。だが、「男には去り際ってもんがある。(今夏は)リーグ戦の順位も低かったし、何よりACLを勝ち進んでいた。移籍することはできなかったっす」と残留。見事に結果を出し、大岩監督は「彼はエース。日本代表にも選ばれていますし、もっともっと成長できる」と、目を細めた。

 21日の天皇杯準々決勝から再び過密日程が始まるが、クラブW杯で初戦のグアダラハラ(メキシコ)を下せば欧州王者・レアルマドリードとの再戦だ。16年大会は決勝で対戦、準決勝の得点時に“C・ロナポーズ”を披露した鈴木は、「何と言っても相手がレアル。誰もが待ち望んだようなシチュエーション」と胸を高鳴らせた。さらに、「鹿島は一発勝負で尋常じゃない力を発揮するんで。みんなも知っているようにね」。アジア制覇で終わりじゃない。金髪の点取り屋は世界との対戦に向け、牙を研いでいる。

11/12(月) 5:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000027-sph-socc

【サッカー】<FW鈴木優磨>ACLのMVP受賞!日本人選手として史上4人目。全14試合にスタメン出場、前線の軸として奮闘し2得点をマーク
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541910865/

鹿島・鈴木優磨、日本代表辞退も 10日のACL決勝で右足首を負傷 

201802140006-spnavi_2018021400033_view




1: 2018/11/12(月) 05:41:02.79 _USER9
11/12(月) 5:34配信
スポーツ報知

◆アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦 ペルセポリス0―0鹿島=2戦合計2―0=(10日・テヘラン)

 鹿島・鈴木優磨(22)が日本代表への参加を辞退する可能性が11日、出てきた。

 16日のベネズエラ戦(大分)、20日のキルギス戦(豊田)に向けた日本代表へ初招集されたが、10日のACL決勝、ペルセポリス戦で右足首を負傷。MVPに選出され、表彰に向かう際にも足を引きずるしぐさを見せており、代表への参加を見送る可能性もあるという。この日、千葉県内で取材に応じた森保一監督(50)は、「どうするかは彼が帰国した後に検査をして決めると聞いています」と話し、状態を気にかけている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000030-sph-socc

<FW鈴木優磨>ACLのMVP受賞!日本人選手として史上4人目。全14試合にスタメン出場、2得点をマーク 

201802140006-spnavi_2018021400033_view




1: 2018/11/11(日) 13:34:25.96 _USER9
鹿島アントラーズは現地時間10日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝、ペルセポリスとの敵地第2戦に0-0で引き分け、2戦合計2-0で悲願のアジア制覇を果たした。試合後に行われた表彰式では大会MVPが発表され、7日に日本代表に初選出されたばかりのFW鈴木優磨が受賞した。

 22歳の鈴木はこの日も先発出場し、後半33分までプレー。得点には絡めなかったものの、前線で巧みにボールをキープするなど存在感を発揮した。

 今大会を通じては全14試合に先発出場。前線の軸としてプレーし、2得点をマークした。

 ACLでの日本人選手の大会MVP受賞はこれで4人目。2007年の永井雄一郎(浦和)、08年の遠藤保仁(G大阪)、17年の柏木陽介(浦和)に次ぐ栄誉となった。

 今月16日のベネズエラ戦(大分)、20日のキルギス戦(豊田)に向けて、森保一監督率いる日本代表に初招集された若きストライカーが、ACLのMVPという勲章を引っ提げて合流する

11/11(日) 2:25 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181111-00147042-soccermzw-socc

写真
no title

鈴木優磨(鹿島)代表初選出に意気込む「とても光栄。全て出し切りたい」30試合11得点9アシスト 

1: 2018/11/08(木) 07:50:22.08 _USER9
 ◇男子サッカー日本代表メンバー発表(2018年11月7日)

同じく初選出となった鹿島のFW鈴木は「日本代表のユニホームに袖を通し、国旗を胸に戦うのは初めての経験。
とても光栄に感じていますし、チームの勝利に貢献できるよう自分にできることを全て出し切りたい」とコメントした。

今季はJ1の30試合で11得点9アシスト。
夏に金崎が移籍してからは「俺もあの人のようにチームを勝たせられる選手になりたい」とエースとしての自覚が増していた。
ゴールだけでなく、アシストや攻撃の組み立てにも参加。DF内田が「日本で1、2位じゃない?」というポストプレーも魅力だ。
10日にイランでACL決勝第2戦ペルセポリス戦に臨み、帰国は12日夕方の予定。代表練習合流は1日遅れとなりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000025-spnannex-socc
11/8(木) 6:00配信

https://www.youtube.com/watch?v=tztoH11ObE0


鈴木 優磨(鹿島アントラーズ)のチャント【歌詞字幕付き】

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/251000/250619/news_250619_1.jpg
no title

http://sakanowa.jp/wp-content/uploads/2018/04/IMG_0347.jpg

<森保ジャパン>代表2連戦で新戦力FWテスト!鈴木優磨、武藤嘉紀ら候補に... 

1: 2018/10/31(水) 06:14:48.82 _USER9
日本代表の森保一監督(50)が30日、来年1月のアジア杯前最後の親善試合となる11月の2連戦(16日・ベネズエラ、20日・キルギス)でも新戦力を呼ぶ可能性を示唆した。調子が重要視されるFWでは、鈴木優磨(22)=鹿島=、武藤嘉紀(26)=ニューカッスル=らが候補に挙がっている。この日はキルギス戦が豊田スタジアムで行われることもあり、愛知県庁で大村秀章知事(58)を表敬訪問した。

 直前までテストを実施する。アジア杯前最後の国際親善試合となる11月20日のキルギス戦の位置づけを問われた森保監督は「まだまだ選手は幅広く招集させてもらいながら、選手のコンディションなどを見ていきたい。チームとしての戦術の浸透と、個々のパフォーマンスを見ることができる絶好の機会」と断言。初陣から3連勝、10得点と上々のスタートを切ったが、さらなる新戦力の招集を検討していることを示唆した。

 その可能性が高いポジションが最前線のFWだ。前回10月のパナマ、ウルグアイとの2連戦では、最初はブレーメン・大迫、川崎・小林、ハノーバー・浅野をメンバーに選んだが、小林と浅野が負傷で離脱。代わりに磐田・川又、初代表となった清水・北川を追加で呼んだ。

 この2人以外にも招集を検討していたのが、鹿島の鈴木とプレミアリーグで活躍する武藤だ。鈴木はまだ22歳と若く、今季はここまで自身初の2ケタとなる11得点をマーク。またボールの受け方が進歩したことで、アシストも増えた。南野、中島、堂安の2列目を生かすこともできる。

 ロシアW杯メンバーでもある武藤は、今季ドイツからイングランド1部ニューカッスルに移籍。開幕直後は出番が限られていたが、リーグ初先発となった今月16日のマンチェスターU戦で移籍後初得点をマーク。現在3戦連続で先発を果たしており、コンディションも上々。両者ともに10月の代表戦の時期は負傷を抱えていたため招集は見送られたが、11月に呼ばれる可能性は十分にある。

 他にも肺気胸の手術を受けたDF長友は、11月の代表戦は欠場が決定的で、新戦力の抜てきもありえる。「アジア杯に向けていい準備をしていきたい」と指揮官。幅広い視点から最適解を見つけ出す。

10/31(水) 6:10配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000286-sph-socc

写真
no title


【サッカー】<森保ジャパン>快進撃を可能にする、2つの「やりません!」①「全員集合」②「上から目線」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1540915081/

福田正博、アジアカップへ向けて森保Jで見たい4人のアタッカー!「第一候補は杉本健勇だ」 

1: 2018/10/26(金) 07:31:35.29 _USER9
福田正博フォーメーション進化論
no title


森保一監督体制になって3試合を戦って、初戦と2戦目が3得点、3戦目のウルグアイ戦は4得点を奪って3連勝。過去を振り返っても、新体制に移行してすぐに、これほど攻撃陣が活況な日本代表は見たことがない。

 これは森保監督が、日本代表の歴史や、これまでのW杯で露呈した日本代表の課題、そしてJリーグの選手たちをよく知っているからこそ生まれた結果でもあるだろう。ジーコ元監督、イビチャ・オシム元監督を除けば、これまで日本代表に招いた外国人監督は、Jリーグのことも、日本代表の課題などの予備知識や情報が少ないまま就任し、就任後しばらくは日本代表を知ることからチームづくりが始まった。

 しかし、森保監督の場合は、昨季途中までサンフレッチェ広島でJリーグを戦い、その後は東京五輪代表監督になり、さらにはW杯ロシア大会を戦った日本代表のコーチをつとめた。このため、ほとんどの日本人選手の特徴を知っているからこそ、新たに日本代表を立ち上げたにもかかわらず、ゼロからのスタートではなく、これまでの流れを踏まえたうえでのチームづくりができている。だからこそ、これまでの3試合で、1年くらい率いたかのような戦いぶりを見せられている。

 森保監督にとって最初の目標になるのが1月のアジアカップ。ここに向けて若手を起用しながら、テーマに掲げる「世代の融合」のために、10月の親善試合ではW杯ロシア大会を戦ったメンバーも招集した。だが、まだ日本代表に呼ばれていない選手は数多くいて、11月に予定されている2試合の親善試合(16日のベネズエラ戦、20日のキルギス戦)では、招集してもらいたい選手がまだまだいる。

 新生・森保ジャパンでは前線の中島翔哉(ポルティモネンセ)、南野拓実(ザルツブルク)、堂安律(フローニンゲン)が躍動する姿が目立っているが、彼らがその才能を存分に発揮するために最重要になるのが1トップに入る選手だ。10月のパナマ戦、ウルグアイ戦では大迫勇也(ブレーメン)が先発で起用され、W杯ロシア大会でも見せたような最前線で体を張ったポストプレーで攻撃の起点になった。だが、大迫がケガなどで招集できない事態に備えておく必要はあるし、他のFWがどれだけポストプレーで機能するかをチェックしておかなければいけない。

 その第一候補で見たいのは杉本健勇(セレッソ大阪)だ。森保体制の初陣となった9月のコスタリカ戦では小林悠(川崎フロンターレ)が1トップをつとめたが、彼の持ち味はポストプレーというよりは、2列目の選手と連動しながらDFの裏を取ることにある。一方の杉本は、187cmの長身を生かしたポストプレーが特長のひとつだ。その彼が国際試合でどれくらいボールをおさめられるのか。そして、森保ジャパンの攻撃陣とどう調和するかをテストしてもらいたいと思う。

 FWでは鈴木優磨(鹿島アントラーズ)も招集してもらいたい選手のひとりだ。今季はJ1リーグで11得点8アシストの成績を残しているだけに、10月の親善試合で招集されても不思議ではなかった。ただ、鹿島がルヴァンカップ準決勝やACLなども戦うことを考慮したのだろうが、招集は実現しなかった。体を張ったプレーを厭わず、得点へのギラギラした渇望感を持つ鈴木が、テクニックに秀でた2列目の選手たちとどんな化学反応を起こすかは興味深い。

 南野は4-4-2の2トップとも、4-4-1-1のトップ下とも言えるポジションに入り、1トップのすぐ近くに位置しながらゴールを量産しているが、この南野の代役となる選手もこれまでの3試合で招集されたメンバーのなかにはいなかった。

 実績から考えれば香川真司(ドルトムント)が南野の代役になるのだが、今季はクラブでの出番が少ないだけにコンディションが懸念される。ただ、クラブでの境遇が同じような柴崎岳(ヘタフェ)を10月の親善試合で招集したように、森保監督が香川を呼んで、現状を確認する可能性はある。

 香川、南野、それぞれが所属するクラブの格で考えればザルツブルクよりもドルトムントの方が上だろう。香川はドルトムントの新監督の元では構想外になっているが、長く主軸としてプレーしてきた香川の技術は疑いようがないし、29歳と老け込む年齢ではない。香川が日本代表で本領を発揮すれば、ポジションを争う若手を刺激して成長を促すことにもつながるだけに、年内に招集してもらいたい選手だ。

つづく

10/26(金) 6:21配信 スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181026-00010001-sportiva-socc

「最大の目標はCL出場」鹿島FW鈴木優磨、欧州挑戦の“野望”をFIFA公式で公言 

IMG_0347

鹿島 鈴木優磨が1G1A「全員連動守備続けた結果」 28試合11得点 9アシスト 

1: 2018/09/30(日) 09:38:24.33 _USER9
f1bbb25b50d5c6a3cd238377c218cbfc-720x480




<明治安田生命J1:ヴィッセル神戸0-5鹿島アントラーズ>◇第28節◇29日◇ノエスタ

狙っていた。その目を、集中を、途切らせることなく。まるで、野獣だった。

ヴィッセル神戸が自陣で行った右からのスローインがセンターバックに渡ったとき、鹿島アントラーズのFW鈴木優磨はのらりくらりと、気づかれない程度に前へと歩を進めていた。
そして、ボールがさらにGKキム・スンギュに戻った瞬間、猛然とダッシュで駆けた。
慌てたキムが右足アウトサイドでワントラップし、かわそうとしたところを、構わずかっさらった。
悲鳴を上げた神戸サポーターを背にした鈴木は、歓喜に湧く鹿島サポーター側の無人のゴールへと、ボールを運んだ。
3-0。後半11分のこのゴールで、試合の大勢は決した。

「前半から全員で連動した守備を続けていたので、その結果があのゴールにつながったと思います」

鹿島の新エースは、その存在感を日増しに高めている。0-0で拮抗(きっこう)していた前半30分には、FW土居聖真からのパスを受けて左サイドを疾走。
MFレオ・シルバへの先制点をアシストした。
前節札幌戦に続く1得点1アシスト。得点はリーグ3試合連続ゴールで、今季はこれで11得点9アシストの合計「20」へと記録を伸ばした。
得点感覚もラストパサーの能力も優れた、まさに万能型ストライカー。なくてはならない頼もしい存在へと変貌している。

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)もルヴァン杯も天皇杯も勝ち抜くチームは、23日の札幌戦から22日間で7試合をこなす超過密日程。
次戦は、水原(韓国)とのACL準決勝第1戦が控える。「10月はこれから厳しい連戦が続きますが、全ての試合で勝利できるよう、みんなで戦っていきます」。

その言葉が、頼もしく聞こえる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00346511-nksports-socc
9/29(土) 20:53配信

https://www.youtube.com/watch?v=CpAgOY50X9k


【公式】ゴール動画:鈴木 優磨(鹿島)56分 ヴィッセル神戸vs鹿島アントラーズ 明治安田生命J1リーグ 第28節 2018/9/29

https://www.youtube.com/watch?v=5118ChHj76A


【公式】ゴール動画:鈴木 優磨(鹿島)90+1分 鹿島アントラーズvs湘南ベルマーレ 明治安田生命J1リーグ 第26節 2018/9/14

https://www.youtube.com/watch?v=mcOro2FE0zI


【公式】ゴール動画:鈴木 優磨(鹿島)72分 名古屋グランパスvs鹿島アントラーズ 明治安田生命J1リーグ 第21節 2018/8/11

https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/score/2018/2018092904.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/data/ranking/
得点ランキング

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180929-00010004-goal-000-view.jpg
http://www.soccerdigestweb.com/files/topics/47941_ext_04_0.jpg



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索