Samurai Goal

金崎夢生


スポンサード リンク





【画像】清武弘嗣、西川周作ら『大分会』の面々でパシャリ!!豪華過ぎると話題にwww 

965: 名無しさん 2016/07/20(水) 22:53:39.71 ID:v1Mstx7R0
このメンバーはビッグクラブだろうな

no title

「金崎夢生は真のプロフェッショナル」…現地関係者が語るポルトガルでの素顔とは 

1: 名無しさん 2016/04/01(金) 18:44:02.69 ID:CAP_USER*.net
ポルトガルの地で自らの“原点”を思い出したという金崎夢生(鹿島アントラーズ)。彼のサッカー人生を大きく変えた
ポルティモネンセには、果たして何があったのか。そして彼はいかにして変わっていったのだろうか。

 金崎が2013年夏から約1年半、そして2016年1月から約1カ月プレーしたポルティモネンセは、
1980年代半ばまでポルトガルリーグ1部で戦いながら、この15年間はずっと2部に主戦場を移している。
彼の在籍期間も2013-14シーズンが7位、2014-15シーズンは14位と1部昇格には手が届かなかった。
その間、3人の指揮官が采配を振るったが、方向性が思うように定まらなかったという。
2014-15シーズンは前半戦終了時にチーム最大の得点源だった金崎が抜けた点も後半戦の失速につながったようだ。

 とはいえ、かつてフィジカルコーチを務めていたジョゼ・アウグスト監督が就任した
今シーズンはまずまずの成績を残している。37試合終了時点の順位は6位。
目下、自動昇格できる2位のシャーベスとは勝ち点3差につける。
今後の結果次第で昇格圏に浮上できる可能性も十分にある。
今年1月に一時的ながら同クラブに復帰した金崎もわずかながら力を尽くしており、古巣の動向には逐一、目を光らせているという。

「夢生くんはポルティモネンセにいる間、ずっと1部昇格を本気で目指して戦っていました」

 金崎と同じタイミングでポルティモネンセに移籍した東京ヴェルディジュニアユース出身のMF亀倉龍希は、
現地での様子をこう証言する。
「今いるところで何をするかが一番大事」というポリシーどおり、日々真剣にサッカーに向き合い続けたのである。

 同クラブのホームスタジアム、ムニシパル・デ・ポルティモンは6000人収容。本田圭佑(ミラン/イタリア)や
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)がヨーロッパでのキャリアの一歩を踏み出したVVVフェンロ(オランダ)の
本拠地とほぼ同規模だ。
とはいえ、ポルトガル2部の公式戦では1000人程度の入場者数があればいいほうだとか。
平日昼間に開催された2月17日のジル・ヴィセンテ戦には700人程度しか集まらず、
クラブ関係者は「満員になるのはスポルティング、ベンフィカ、FCポルトのビッグ3がカップ戦などで来る時だけ」と説明していた。

 ピッチ状態も日本のように美しく整備された芝生とは異なり、スリッピーでところどころが剥げている。
亀倉がそのスタジアムで共有した金崎との記憶を回顧する。

「こういう環境だと球際や寄せが強くなければ戦えない。夢生くんは難しい中でも自分の長所をうまく出してタフに戦っていました。
2年目以降は僕が左MF、夢生くんがブラジル人FWのファブリシオと2トップを組む形でよく試合に出ましたけど、
困ったらほとんど夢生君にボールを預けていた。彼の存在が一つの戦術だったと言っても過言ではないと思います。
ポルトガル2部とはいえ、サポーターの要求は相当厳しいんです。
僕なんか移籍1年目に右サイドバックで出た際に、パスを2本ミスしただけでブーイングされましたから。
僕たち二人は“助っ人”選手なので、かなり文句を言われたと思います。そんなファンを納得させるのは結果しかない。
夢生くんは1年目に7点、2年目には前半戦だけで9点を取って存在感を示した。
本当のプロフェッショナルの意味を教えてもらった気がします」

 亀倉は今シーズンここまで11アシストを記録しており、彼自身も着実に成長を遂げている様子。
それも“金崎効果”の一端なのかもしれない。2012年に岡田武史監督(現FC今治代表/日本サッカー協会副会長)率いる
広州緑城(中国)でプレーしたことのある25歳のファブリシオも、お互いを生かし合いながら成長できたと語り、
金崎にエールを送ってくれた。

続きは↓の記事から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160401-00426686-soccerk-socc
no title

日本代表には金崎夢生のようなゴールへのギラギラした気持ちが足りなかった!! 

767: 名無しさん 2016/03/29(火) 22:19:29.07 ID:JP9lPgC60.net
金崎誰も褒めてないけど、あの貪欲さは必要だと思うんだよなあ。。

no title

https://twitter.com/jubno10/status/713158919829323777

金崎夢生が語る異国での2年間…ポルトガルで再認識した二つの原点とは 

1: 名無しさん 2016/03/28(月) 15:52:51.38 ID:CAP_USER*.net
「カナザキは興味深い選手。よく動く頑張り屋だが、A代表では少し中央に残って得点を取れるゾーンに入ってきてほしい。
特にゴールを取るという部分で、彼のクオリティが(日本代表に)いいものをもたらしてくれると思っている」
 2018 FIFAロシアワールドカップ アジア2次予選のアフガニスタン戦とシリア戦に向けたメンバー発表会見で、
日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、2月に鹿島アントラーズ復帰を果たした金崎夢生への大きな期待を口にした。
 迎えた24日のアフガニスタン戦。彼は指揮官の評価に応え、鬼気迫るようなプレーでゴールを狙い続けた。
出場した79分間で放ったシュートは9本。これには2トップを組んだ滝川第二高の先輩にあたる
岡崎慎司(レスター/イングランド)も「夢生が貪欲すぎるので」と冗談交じりに笑ったほどだ。
 その飽くなき得点への渇望が結実したのが、78分のチーム5点目だった。大分トリニータ時代の
盟友・清武弘嗣(ハノーファー/ドイツ)が左サイドから上げたハイボールを途中出場のハーフナー・マイク
(ADOデン・ハーグ/オランダ)がヘディングで落とした瞬間、一目散にゴール前へ飛び込みGKに激突しながら
倒れ込む形で得点を決めた。
喜びを爆発させた金崎はペナルティエリアを猛ダッシュで走り抜け、ピッチ上にひざから滑り込んでガッツポーズ。
チームメートに祝福の嵐を受けた。「やっと入りました!」と試合後のインタビューで絶叫したのも、
内に秘めていた喜びを抑え切れなかったからに違いない。この一発には大きな期待を寄せていた指揮官も
「アカデミックなゴールではなかったが、それでも取ってくれたのは嬉しい」と頬を緩ませた。

 ハリルホジッチ体制における日本代表で2戦2ゴールという結果を残している金崎。
彼は2007年から約7年間にわたって大分と名古屋グランパスでプレーし、2013年夏に海外挑戦を選択したが、
国内でプレーしていた頃と現在を比較すると、劇的にプレースタイルが変化していることが分かる。

 当時は“万能型MF”という印象が強く、現在鹿島で2トップを組む赤崎秀平も「日本を離れる前は
サイドとかボランチをやっているイメージだった」と言う。その金崎が2013年、2014年と2年間の欧州移籍を経て、
完全なるストライカーへと変貌を遂げた。特に1年半の時を過ごしたポルトガル2部のポルティモネンセでの
日々が非常に大きかったと本人も認めている。

 同クラブの本拠地・ポルティモンは、ポルトガル南部・アルガルベ州にある人口5万5000人の小都市。
大西洋に注ぐアラデ川沿いの散歩道はリゾート地らしい雰囲気を醸し出し、急坂の多い旧市街からは異国情緒も漂う。
この町で過ごした1年半の時を、彼を宝物のように感じているという。

「名古屋から2013年の始めにニュルンベルクへ行って半年間プレーした後、ドイツに残る選択肢もありました。
でも(ミヒャエル・ビージンガー)監督とは考え方が違った。監督に直接聞いて、もう必要とされていないと分かって
『じゃあ、もういいや。出よう』と。結局、その監督は自分が出た後、解任されたんですけどね(苦笑)。
そんな経緯があって日本に帰ることも考えたけど、せっかく外に出たし、『純粋にサッカーをやりたい』と思った。
そこで新たに契約した代理人から紹介されたのが、ポルティモネンセでした。ポルトガル2部だし、いろいろ考えた結果、
『とりあえず行ってみよう』という感じで。ノリだったのかな、その時は(笑)。
スタジアム(ムニシパル・デ・ポルティモン=約6000人収容)にはお客さんが1000人もいないし、
最初はビックリしたけど、意外と良かったんだよね。町を含めて雰囲気がいいし、ポルトガルのご飯もおいしかった。
小さなクラブだけど、みんな変におごっていなくて、ホントに一生懸命だった。ポルトガル2部は未払いのクラブも結構ある。
ポルティモネンセではそんなことはなかったけど、給料は安いし、勝利給もない。
そんな状況でも選手たちは必死にやっている。ポルトとのアウェー戦なんてバスで8時間かけて移動したりしましたからね。
そういう環境に行ってみたことで、『周りからどう見られたい』とか『変に個性を出そう』とは思わなくなった。
ポルトガルにいれば日本人っていうだけで見た目から周りと違う。だからこそ飾ったりしないで、
普通の素直な自分でいいのかなと感じました。日本を出る前は無意識にそういう感覚になっていた気がします」
no title

【データ】アフガニスタン戦 日本シュート28本中 金崎が10本のシュートを打ちまくる 

880: 名無しさん 2016/03/24(木) 22:08:34.09 ID:F5sfYv9g0.net
日本シュート28

10 金崎 1ゴール
4 清武 1ゴール
4 森重
3 香川
2 吉田 1ゴール
2 原口
1 岡崎 1ゴール
1 長友
1 小林

CeUNTjxUkAE2tyz

鹿島復帰の金崎夢生「誰一人“お帰り”と言ってくれなかった。嫌われてるんじゃない?寂しい。。。」 

1: 名無しさん 2016/02/19(金) 06:03:55.59 ID:CAP_USER*.net
[ 2016年2月19日 05:30 ]

 日本代表FW金崎が鹿島での全体練習に合流した。「きょうは(午前)4時起き」と、言うように16日にポルトガルから帰国したばかりで、時差ぼけが残るが約1時間半、フルメニューを消化した。

 練習開始前には選手らにあいさつ。仲間の反応が薄く「誰一人“お帰り”と言ってくれなかった。嫌われてるんじゃない?寂しい」と口をとがらせたが、チームに溶け込んでいる証拠。
依然として海外志向は強く、今夏以降もオファーが届く可能性はあるが「そんなことは二の次、三の次。まずはこのチームでやるのが大事」と強調した。

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:スポニチ Sponichi Annex
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/02/19/kiji/K20160219012065420.html
no title

【画像】ポルトガルに戻った金崎夢生が満面の笑みで微妙な顔したクラブの人間とパシャリ!! 

421: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2016/01/15(金) 07:55:25.34 ID:aOIGgNxn0.net

鹿島痛っ!日本代表FW金崎夢生がポルトガル復帰!チーム公式サイトが発表 

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/12/27(日) 09:46:46.76 ID:CAP_USER*.net
期限付き移籍で今季鹿島でプレーした日本代表FW金崎に関し、
レンタル元のポルトガル2部ポルティモネンセが25日、チームに復帰すると公式サイトで発表した。

クラブは「金崎の獲得に、日本の3クラブ、中国の1クラブ、ポルトガル4クラブを含む欧州の6クラブがオファーを提示している」と公表し、
今冬に再び移籍する可能性を示唆。
移籍金は200万ユーロ(約2億6400万円)に設定しているという。鹿島は金崎の完全移籍での獲得を目指していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151227-00000024-spnannex-socc
スポニチアネックス 12月27日(日)7時1分配信

no title

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151227-00000024-spnannex-socc.view-000
来季はポルトガル2部ポルティモネンセに復帰する金崎

金崎夢生、鹿島退団か!?「日本の3クラブ、中国の1クラブ、ポルトガルの4クラブ、その他ヨーロッパの6クラブが興味」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/26(土) 02:11:24.84 ID:CAP_USER*.net
ポルトガル2部のポルティモネンセは25日、
鹿島アントラーズへ期限付き移籍中の日本代表MF金崎夢生が今冬に復帰するとクラブ公式HPを通じて発表した。

同HPは金崎が復帰すると紹介した上で「日本の3クラブ、中国の1クラブ、ポルトガルの4クラブ、その他ヨーロッパの6クラブが興味を示している。
金崎には200万ユーロ(約2億6000万円)の移籍金がつけられている」と、復帰後に再度移籍する可能性を含めて伝えた。

現在26歳の同選手は2007年に大分トリニータに入団。名古屋グランパスを経て、2013年1月には初の海外移籍を決意し、ニュルンベルクに加入した。
その同年の9月にポルトガル2部のポルティモネンセに移籍。今年の2月に鹿島アントラーズへ期限付き移籍を果たした。

今季は明治安田生命J1リーグで27試合に出場し、9得点を挙げて自身初のベストイレブンに輝いた。
10月31日に行われたヤマザキナビスコカップ決勝でもゴールを決め、鹿島の優勝に貢献していた。

SOCCER KING 12月26日(土)0時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151226-00382971-soccerk-socc
no title

異色の経歴を持つ金崎夢生。サッカーとフットサルを並行していたジュニア時代 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/17(火) 14:04:03.80 ID:???*.net
先日行われたW杯アジア2次予選対シンガポール戦、豪快なボレーシュートで代表初ゴールを記録した金崎夢生。
今後日本代表としてさらなる活躍が期待される金崎だが、実は小学生年代ではフットサルとサッカーを
並行してプレーしていた経歴を持っている。サッカーとフットサルを並行することで金崎は何を磨き、
何を学んだのだろうか。(『ジュニアサッカーを応援しよう!Vol.20』より一部転載)
.
当時では珍しかったフットサル専門クラブの門を叩く
時代が昭和から平成に移ったばかりの89年2月16日。三重県安濃町(現津市)の金崎家に5人目の子どもが
誕生した。女の子4人をもつ両親にとっては待望の長男誕生だった。
 夢生という一風変わった名前がつけられたのは、母・美希子さんの歴史好きがきっかけだ。
今から1万2000万年前に太平洋にあったとされる伝説の大陸「ムー大陸」の響きにひかれたことから、
漢字を当てて「夢生」と名づけた。「文字通り、夢に生きる子になりましたね」と父・益己さんは笑う。
 幼少期の夢生少年はキャッチボール、ドッジボール、縄跳びと運動なら何でもやる子だった。
同じ団地に同年代の子どもがいなかったため、歳の近い姉に遊んでもらうことが多かったようだ。
両親もすでに4人を育てた経験があって子育てに慣れており、長男にも過度の期待をかけず、
「元気に伸び伸びと育ってくれればいい」とだけ考えていたという。
 ボールを蹴るようになったのは、安濃小2年のとき。たまたま益己さんが、自宅に入っていた
津ラピドフットサルクラブのチラシを見つけたのだ。職場のチームに入るほどのサッカー好きだった父は
「これ、どう?」と息子を誘った。夢生少年も「よくわかんないけど行ってみる」と快諾し、2人で20~30分ほど
離れた津スポーツセンターへ車を走らせた。

 全日本少年フットサル大会(バーモントカップ)の常連である津ラピドFCは94年創立。当時、
フットサル専門クラブというのは珍しかった。夢生少年が入る1年前には「日の丸をつける選手を育てよう」
と強化クラスもスタートし、彼は入会半年後にテストを受けて強化クラスに入り、より高いレベルでプレーするようになった。

「ボール蹴っているときの夢生はニコニコしててね、顔が全然違うんですわ。だけど、点をとられると
メチャメチャ悔しそうな顔をする。ものすごく負けず嫌いな子だとよくわかりました」と監督の澤田一雄さんは話す。
強化クラスに入ったばかりの頃の微笑ましいエピソードがある。
澤田監督が両足裏を交互に使いながらボールタッチするスワップドリブルをさせたところ、
彼ひとりだけできなかった。

「お前ひとりだけ、できないやないか!」

怒鳴られた夢生少年は悔し涙を流しながら、これでもかこれでもかと食らいついた。普通の小学2年なら
すぐ諦めてしまうもの。しかし、この子は違った。1時間以上もひとりで黙々とトライしつづけた。
そんな姿を見ながら澤田監督は光るものを感じたという。
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索