Samurai Goal

金崎夢生


スポンサード リンク





金崎2ゴール逆転劇で駅スタ熱狂!! 鳥栖が仙台との下位直接対決を制す 

20190831-43471113-gekisaka-000-1-view[1]

副審はオフサイド…鳥栖金崎の微妙な判定弾に鹿島猛反発! 

20190720-07200972-nksports-000-6-view[1]

怒り翌日の金崎「自分たちに集中する」 J1鳥栖が練習 

20190429-00010019-nishispo-000-2-view[1]

ポルトガル復帰報道の金崎夢生、契約更新で鳥栖残留へ 

20190120-20151500-gekisaka-000-2-view

金崎夢生が再びポルトガルへ?ポルティモネンセ復帰の可能性が浮上 

20190103-14886758-gekisaka-000-1-view

【動画】サガン鳥栖・金崎が魅せたトラップにファン落胆... 

columnsv2_73115

なぜ金崎夢生は鹿島を去ったのか!!なぜ鳥栖を選んだのか!! 

1 2018/07/26(木) 18:19:16.82 _USER9
鹿島は24日、元日本代表FWの金崎夢生が鳥栖へ完全移籍することを発表した。今季、背番号「10」を背負い、鹿島のエースとしてチームをけん引してきた金崎は「鹿島で培った経験を生かし、新たな挑戦に臨みたい」と話し、クラブを去った。

 大分、名古屋、ニュルンベルク(ドイツ)、ポルティモネンセ(ポルトガル)と5クラブを渡り歩いてきた金崎。そのキャリアの中で最長3年半在籍した鹿島を離れ、新天地に選んだのは、J2降格圏で不振にあえぐ鳥栖だった。
 
 金崎は2015年2月にポルティモネンセから鹿島に期限付きで加入すると、16年2月には完全移籍でチームの一員となり、7年ぶりのJ1タイトル獲得に貢献。名実ともにエースとなった昨季は、夏に神戸から熱烈な誘いも受けている。滝川二高時代の3年間を過ごした思い出のある街で「オファーは魅力的だった。これから先の考えを聞いて、すごくひかれた」と心が揺らいだが、これを断り残留を決断。残るタイトルの獲得を約束した。
 
 だが、熱い思いとは裏腹に、戴冠を義務づけられた2017年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)ではベスト16で敗退。連覇を狙うリーグ戦は最終節で優勝を逃し、金崎は「俺のせいで優勝できなかった」と自らを責めた。
 
 クラブはより一層の期待を込めて今季の金崎に伝統の「10番」を託した。序盤はその重圧からか、思うような結果を出せず。エースの不調はチームの不振につながり、鹿島らしからぬ低調な出だしとなってしまった。
 
 それでもACLでは6試合・4得点、リーグ戦では15試合・7得点を記録。尻上がりに調子を上げてきたが、慢性的な足首の怪我に悩まされ、ベストな状態を維持できず。別メニューで調整する日々が続くようになると、それに加え、土居や鈴木らの好調ぶりも際立った。

徐々にポジションを失い、ロシアで行なわれていたワールドカップも終盤を迎える頃には「新しいチャレンジに向き合いたい気持ちがあった」と移籍を視野に動き出していた。

つづく

7/26(木) 17:23 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180726-00044588-sdigestw-socc

写真
no title

“大きな損失”金崎夢生が鹿島からまたポルティモネンセへ復帰? 

13652_ext_04_0
1   2018/05/26(土) 08:19:51.78 _USER9
鹿島アントラーズのFW金崎夢生が、ポルトガル1部リーグのポルティモネンセへ復帰する可能性があるようだ。ポルトガル『ア・ボラ』が伝えている。

 金崎は2013年から2015年にかけてポルティモネンセに所属。54試合に出場して18ゴールを決めた。

 その後日本に戻った金崎だが、再びポルティモネンセへ行くことを希望しているという。ポルティモネンセ幹部が日本を訪れていることも、この移籍を後押しするとみられている。

 2017/18シーズンに中島翔哉が大活躍したポルティモネンセは、再び日本人選手の飛躍の舞台になるかもしれない。

 ただし、この移籍が実現すれば、鹿島にとって大きな損失となることは確実だ。同選手は今季J1リーグでここまで日本人選手トップの7得点を挙げている。

5/26(土) 7:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180526-00271158-footballc-socc

日本代表 金崎がまたしても落選。ハリルホジッチ監督は言及せず… 

1: 名無しさん 2016/09/29(木) 16:42:50.56 ID:CAP_USER9
選んだ7人のFWを「信頼しています」(ハリルホジッチ監督)。

  9月29日、10月のワールドカップ最終予選(6日のイラク戦と11日のオーストラリア戦)を戦う代表メンバーが発表された。FWでは、またしても鹿島の金崎が落選。9月シリーズでは、Jリーグの湘南戦で途中交代を命じられた際の石井監督に悪態をついた行為により“懲罰落選”という悔しさを味わったが、今回の代表活動でカムバックできなかった。
 
 金崎を外したハリルホジッチ監督は、その件については今回コメントしていない。
 
 ちなみに、今回選ばれたFWは7人。本田(ミラン)、小林(川崎)、宇佐美(アウクスブルク)、原口(ヘルタ・ベルリン)、岡崎(レスター)、武藤(マインツ)、浅野(シュツットガルト)だった。
 
 選出した7人のFWについて、ハリルホジッチ監督は次のように述べている。
 
「先発で出ていない選手も結構いますが、彼らを信頼しています。各選手のクオリティは知っていますので、もちろん理想は先発で出続けてほしい、試合がもっともよいトレーニングなので。期待しているのは試合に出られなかったとしてもしっかりトレーニングを積んで、高いレベルのトレーニングについてこられるようにしてほしい」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160929-00019179-sdigestw-socc
no title

ハリルホジッチ、金崎夢生視察も不満顔「もっとできたはず」 

1: 名無しさん 2016/09/23(金) 12:05:37.13 ID:CAP_USER9
<天皇杯:鹿島2-1岡山>◇3回戦◇22日◇カシマ

日本代表ハリルホジッチ監督が鹿島-岡山戦を視察した。

8月20日の鹿島石井監督への造反問題で代表から追放中のFW金崎や、DF植田らの動きをチェックした。
試合後に評価を求められると、小さく首を振り「もっと良いプレーができたはずだ」と不満そうだった。
ドイツ1部で今季初得点をマークしたケルンFW大迫については「まだ1点目。すぐ代表に呼ぶわけにはいかない」と話していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160923-00000021-nksports-socc
日刊スポーツ 9月23日(金)8時4分配信

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索