Samurai Goal

酒井高徳


スポンサード リンク





【画像】川島永嗣隊長率いる日本代表散歩隊、今日は枝垂れ桜の前でパシャリ!! 

★: 名無しさん

林彰洋ブログ:「散歩~春一番!?」
http://lineblog.me/hayashiakihiro/archives/2145951.html
c16e0e74
bbe08054

【画像】川島隊長が復帰の日本代表散歩隊!長谷部、麻也、高徳らも 

★: 名無しさん

11694162_1520368804938386_5631844769595966819_nCeIGCTbUUAAxwZB

【画像】日本代表合宿で槙野が岡崎、長友らとパシャリ!岡崎慎司の髪が勢い増してるwww 

★: 名無しさん



CeEDb7BUsAAaIOQ



CeEgzWfUYAAQwDT

ハンブルガー酒井高徳がレバークーゼン戦での途中交代を同僚に謝罪!監督「ああ、これぞ日本人の礼儀正しさだ。素晴らしい」 

1: 名無しさん 2016/03/15(火) 12:45:31.73 ID:CAP_USER*.net
ドイツ・ブンデスリーガ1部のハンブルガーSVに所属する酒井高徳(Gotoku Sakai)は、
風邪による体調不良にもかかわらず、13日の試合で先発入りを辞退しなかったことについて、同僚のデニス・ディークマイヤーに謝罪した。

酒井は、チームが0-1でバイヤー・レバークーゼンに敗れた一戦で、右サイドバックの先発に選ばれたが、
体調不良により、ハーフタイムにディークマイヤーと交代せざるを得なかった。

倦怠(けんたい)感があったと明かした酒井は、3人目の子どもが生まれたばかりのディークマイヤーが90分間プレーするために、
試合前に先発メンバーから外れるべきだったとして、独誌キッカーに対し、「正直なところ、デニスには本当に悪いことをした」とコメントした。

「彼は状態が良く先発でプレーできたはず。逆に僕は体がだるくて交代するしかなかった。自分が情けなかったし、あとで彼には謝った」

日本代表として25試合に出場している酒井は、前週に行われた3位ヘルタ・ベルリンとの試合で、
力強いパフォーマンスを披露してチームの本拠地での勝利に貢献し、ハンブルガー戦で先発の座を射止めた。

25歳の酒井は、9日から10日にかけて風邪の症状に見舞われていたものの、
ブルーノ・ラッバディア監督に体調不良を申し出たのは、レバークーゼン戦のハーフタイムに入ってからだった。

「その後、監督は僕を下げた。当然のことだ」

一方、ラッバディア監督は酒井の謝罪に対して、「ああ、これぞ日本人の礼儀正しさだ。素晴らしい」と言わずにはいられなかった。

AFP=時事 3月15日(火)9時25分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160315-00000007-jij_afp-socc

写真
no title

【画像】吉田麻也と、亭主関白な宮市亮がハンブルクでトレーニング!岡崎慎司と酒井高徳も登場!! 

1: 名無しさん
吉田麻也ブログ:「杉本トレーニング」
http://ameblo.jp/mayayoshida/entry-12132910171.html

…ということで1月終わりにお世話になってる杉本コーチとハンブルグでトレーニング!
no title


宮市家にお邪魔して。ゴートクも呼んじゃったりして。

レーベルメイト(笑)であり新婚の宮市パイセンは買い物行ってレディースに入ると一目散にソファーに行って休むという亭主関白ぶりも見せてくれました。笑
no title


まぁ一応トレーニング後の写真も載っけときましょ。
no title


そんでもって所変わって今度はついこないだのロンドン。
元祖面白い人のトレーニングに混ぜてもらいました。
no title


さすが、首位の乗ってるチームはカメラ向けてもノッてます。
no title

ドルトムント封じた酒井高徳に高評価!大迫勇也は“史上最低”のスローインで酷評 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/11/22(日) 22:59:26.75 ID:CAP_USER*.net
 20日に行われたブンデスリーガ第13節で、DF酒井高徳の所属するハンブルガーSVがホームで日本代表MF香川真司のドルトムントを3-1で倒し、ドルトムントに今シーズン2つ目の黒星を見舞った。

 酒井は右サイドバックで2試合連続して先発メンバーに名を連ね、フル出場でチームの勝利に貢献。

地元紙『Hamburger Morgenpost』は酒井に「2.5」の高評価を与え、「実戦の経験不足を感じさせなかった」と称えた。(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)

 翌21日の試合では、FW大迫勇也とMF長澤和輝の所属するケルンと日本代表FW武藤嘉紀所属のマインツが対戦したが、先発出場した両FWはともにゴールを挙げられず、試合もスコアレスドローで終了。なお、長澤はメンバー外だった。

 大迫は右サイドで3試合連続のスタメン出場を果たし、試合終了までプレー。しかし、地元紙『EXPRESS』は「ドミニク・ハインツはいつものようにコンスタント、大迫勇也は不調」とのタイトルで採点と寸評を掲載。

スローインのミスに「史上最低」と手厳しい批判を受け、採点では最低評価の「5」がついた。

 両選手の採点と寸評は以下の通り。

■酒井高徳
対ドルトムント(3-1○)フル出場
『Hamburger Morgenpost』紙
採点:2.5
寸評:「実戦を十分に積んでいないということを、この日本人選手はほとんど感じさせなかった。集中しており、ほぼ試合を通じて高いレベルをキープできていた」

■大迫勇也
対マインツ(0-0△)フル出場
『EXPRESS』紙
採点:5
寸評:「史上最もおかしなスローインをやらかす。足で蹴ってもほとんど変わらなかっただろう」

『Koelner Stadt-Anzeiger』紙
採点:4
寸評:「サイドのポジションで、ゴールへの脅威を生み出せずに苦戦。逆サイドの(レオナルド)ビッテンコートに比べると、明らかに影が薄かった。

サイドでプレーすることでさらに不利となるのは、スローインも担当しなければならないことで、びっくりするようなミスが一つあった。アントニー・モデストのポスト直撃のシュートへのパスは飛び抜けていた。終盤にセンターへとポジションを移したが、脅威を与えることはなかった」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151122-00372473-soccerk-socc

no title

清水秀彦「疑問が残った若手の起用方法 DF陣の酒井高、吉田はA代表では厳しい」 

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/10/15(木) 18:14:13.07 ID:???*.net
W杯出場をかけた最終予選のアウェー戦なら、この結果と内容なら御の字だ。だが今回はハリルホジッチ監督が要望したテストマッチだったことを考えれば疑問が残る。

指揮官は戦前「若い選手を起用するのは怖くない」と話していたが、点取り屋として期待されたFW南野(ザルツブルク)は後半43分からの出場。これでは新戦力の見極めはできないだろう。

はっきり分かったこともあった。右サイドバック・酒井高(ハンブルガー)、センターバック・吉田は、もうA代表では厳しいということだ。

酒井高は相手攻撃陣に振り切られる場面を何度もみせた。
最終予選やW杯本大会ならば、確実にゴールを決められているはずだ。

吉田は前半ロスタイムにペナルティーエリア内で反則を犯し、先制点につながるPKを与えた。
後半では攻め寄せる相手に体さえ入れられず、途中から右サイドバックに入ったDF丹羽(G大阪)の体を張ったプレーに助けられた。とても守備の要とはいえない。

にも関わらず、ハリルホジッチ監督が起用にこだわるのは、189センチの長身。吉田を外すことで高さをなくすことを恐れているようだ。

日本代表は11月に2次予選のアウェー戦に臨むが、今回の先発陣からガラリと変えてもいいのではないか。
このままでは最終予選に進出できても痛い目に遭うだろう。

■清水秀彦(しみず・ひでひこ) 1954年11月4日、東京都生まれ、60歳。浦和市高、法大で全国制覇。7
7年に日産自動車サッカー部(現横浜M)に入団。88年に現役引退し、91年に同部監督に就任。93年のJリーグ開幕戦で勝利監督になった
96年福岡、98年は京都の監督を歴任。2001年に仙台をJ1に昇格させ、02年にはJリーグ初の監督通算100勝を達成。
04年にNPO法人「H・S SPORTS CLUB」を設立。

http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20151015/soc1510151550001-n1.htm
2015.10.15


本田ピリピリ“怠慢”高徳に喝!エディーJは称賛「刺激受けた」 

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 06:47:57.09 ID:???*.net
◇国際親善試合 日本代表―イラン代表(2015年10月13日 テヘラン)

10日の練習中、FW本田がピリピリムードを漂わせた。
主力組で行われた2タッチでのボール回し。
本田からパスを受けたDF酒井高が後ろに大きくボールをそらしたが、
ボールを追うのを途中でやめる「おい!おい!」と右人さし指で指さし「何で追うのやめてん!」と2度繰り返して雰囲気を引き締めた。

自身初の4戦連発が懸かる13日のイラン戦は初の顔合わせになる。
「練習試合であっても勝たないといけない。それは向こうも同じ。厳しい試合になる。その意味は若い選手も理解している。意地が懸かっている」。

また、ラグビーW杯での日本代表にも言及。
8強進出はならなかったが「快挙なのは間違いない。日本だけでなく世界に対して日本はやれるというのを見せたと思う。
イタリアの人も知っていた。いい意味で刺激を受けた」と常に世界を意識する本田らしく健闘を称えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151011-00000009-spnannex-socc
スポニチアネックス 10月11日(日)6時33分配信

no title

酒井高徳「篤人くん(内田)はお兄さんみたいな存在!気に入ってもらえているのかなと思いますね(笑)。」 

1: (・      ・) 2015/07/23(木) 17:21:28.82 ID:wyJyUmAa.net
「初心」で新天地へ…酒井高徳インタビュー「篤人くんはお兄さんみたいな存在」
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?168109-168109-fl
ハリルホジッチ監督は
「当たり前の規律しか言わない」

―昨年のブラジルW杯では出番がありませんでしたが、アギーレ監督の下では全試合に出場し、今年1月のアジア杯にもフルタイム出場しました。日本代表のレギュラーとしてプレーした半年間にはどんな意味がありましたか?
「日本代表で自分のプレーを出すという部分では、徐々に慣れも出てきて、自分らしさを表現できるようになったと思っています。そういうプレーを代表で出すことによって、周りからも『よくなったな』とか、いろんな声をもらって、代表に対する自信も付きました。でも結局、その時期しか代表では試合に出られていないという現状もあります。たくさんのライバルがいますが、ずっと代表で試合に出続けるということを意識したいですね。あの半年間は通過点であって、自分の中では大した成績にもなっていないと思うので、もっともっとというのが正直な気持ちです」

―アギーレ監督のあとを継いだハリルホジッチ監督はどんな監督ですか?
「規律に厳しい監督ですが、それは決して悪い意味ではないです。サッカーの部分でも、サッカー以外の部分でも、チームが勝つために必要な規律しかありません。一般的に規律に厳しいとされる監督の話を聞くと、理不尽なことが多かったりしますが、ハリルホジッチ監督にはまったくそういうことはないですね。チームに必要なこと、当たり前の規律しか言わないので、納得できるというか、素直に受け入れられます。

 メディアの方もよく聞いていると思いますが、『試合に出てない選手が100%のコンディションになるわけがない』という言葉も、本当にそのとおりだと思います。日本の力になれる選手が試合に出るという優先順位には僕も納得しています。6月の試合に出られず、周りからは『残念だったね』と言われましたが、自分はクラブで試合に出ていなかったですし、そういう選手が代表の試合に出る資格はないのかなとも思っていました。もちろん、試合に出るための準備は100%やっていましたが、そういう意味でハリルホジッチ監督は全員に平等というか、チーム全体をうまくまとめてくれる人かなと感じています」

―ミーティングの回数も多く、話も長いそうですね。
「本人はいつも『話し過ぎないから』『すぐ終わるから』と言ってますけど、僕らは『全然、すぐじゃないじゃん』って(笑)。最近は毎度のことなので、『すぐ終わるから』と言われても『どうせすぐじゃないんだろうな』と思って聞いています。もう慣れましたね(笑)」

―サイドバックの争いも熾烈ですね。
「それぞれ個性のあるサイドバックばかりだと思います。一人ひとりが良いものを持っていますが、自分にも代表で長くやってきた自信があります。自分はこういう選手だというものも持っているつもりですし、それを代表で出せる自信もあります。だれにも負けないという気持ちでやっています。同時に各選手が良いものを持っているので、それは見て盗みたいとも思っています。いろんなサイドバックの選手から『こういうのも必要なんだな』というヒントや材料をもらっているので、ライバルでもありますが、それぞれが先生みたいなところもありますね。いずれにしても、良い競争ができていると思います」

―だれのどんなところを見て盗もうと思うのですか?
「先日の代表戦で言えば、(酒井)宏樹はクロスの精度が高いですし、対人の強さもあります。(太田)宏介くんも良いクロスを持っているので、練習中からどういうふうに蹴っているのか聞いたりしますし、クロスを上げるタイミングや位置、どういう質のボールを上げているのかを見ると、本当にすごく参考になります。(長友)佑都くんはずっと一緒にやってきていますし、オーバーラップのタイミングや、後ろでどういうふうにサポートしているかといった守備のポジショニングは注意深く見ています」

「篤人くんは良い手本、
お兄さんみたいな存在」

―最近はケガで代表に呼ばれていませんが、内田篤人選手は酒井選手にとってどんな存在ですか? 内田選手は酒井選手のことをとても可愛がっているようですね。
「気に入ってもらえているのかなと思いますね(笑)。大好きな先輩です。もちろんサッカーの部分もそうですが、私生活でも代表合宿でも、一緒にいる時間が長いですね。(日本代表の食事会場で)ご飯を食べるときも隣りに座ることが多いですし、仲良くしてもらっています。

 今、思い返してみると、サイドバックのことで気になったことは毎回、篤人くんに聞いていましたね。聞きやすいというか、ああ見えて意外にお兄さん肌みたいなところがあるんですよ(笑)。『こういうときはどうしているんですか?』と聞くと、それこそ言葉足らずですけど、『そんなの感覚だよ』とか、『お前、できてるじゃん、それ』とか、さらっと言ってくれるんです。細かく言われ過ぎると、逆に伝わりにくかったりする中、受け取りやすいというか……。篤人くんはサッカーでも私生活でも、良い手本、お兄さんみたいな存在ですね。本人がどう思っているかは分からないですけど、僕は慕っていますよ、すごく」

―とはいえ、結婚では先輩ですね。
「そうですね。それに関しては自分に聞いてくれと(笑)。でも、篤人くんは自分の形はこれだっていうのをしっかり持っている人なので、僕に何かを聞くとか、そういうことはないと思いますね。『それはお前だろ。俺はこうだから』っていう感じですから(笑)」

一部抜粋
15/7/27 07:00

HSVで幸せな酒井高徳、地元メディアは「カチャルとゴウトクはドリームカップル」 

1: 名無しのSamurai
HSVで幸せな酒井高徳、地元メディアは「ゴイコとゴウトクはドリームカップル」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150715-00000024-goal-socc
ハンブルガーSV(HSV)に加入したDF酒井高徳は、新しい環境に馴染んでいるようだ。ドイツ『ハンブルガー・モルゲンポスト』で、スイスのキャンプ地ではルームメートのMFゴイコ・カチャルと日本語でも話していると明かした。

新チームに合流した翌日には、シュトゥットガルト在籍時に危険なタックルを食らわせたことのあるMFルイス・ホルトビーに謝罪し、早くもチームに溶け込んでいる様子がHSVの公式チャンネルで伝えられた酒井高徳。『ハンブルガー・モルゲンポスト』は、カチャルとの関係を「ゴイコとゴウトクはハンブルクの新たなドリームカップル」と表現している。

先日HSVとの新契約を結んだカチャルは、昨年2月から6月までセレッソ大阪にレンタルされていた。日本でのプレー経験から、酒井に親しみを感じているのかもしれない。「部屋では日本語でも話しました。ゴイコは本当にうまく喋れていますよ!」と酒井は同僚の日本語能力を絶賛している。

一方、HSVは12日に開催されたテレコムカップの2試合(1試合45分)でボルシア・メンヒェングラッドバッハおよびアウクスブルクと戦い、優勝を果たした。2-1で勝利したアウクスブルクとの決勝戦に右サイドバックで出場した酒井は、優勝を「僕にとっての初タイトルです」と喜び、次のように振り返っている。

「HSVは最近残留を争っていたので、まず守りを固めることが重要だと思います。(開催地の)メンヒェングラッドバッハではそれをしっかりできたかと。でも前方へのプレーをもっと改善しなければなりませんね」

また、再会したブルーノ・ラッバディア監督の下でのプレシーズンについては「もっと激しいと思っていましたね」と、シュトゥットガルト時代に受けた指導とは異なる印象だと述べている。微笑みを浮かべつつ、「HSVをすごく居心地よく感じています」と続けた。


GOAL 7月15日(水)19時0分配信
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索