Samurai Goal

酒井高徳


スポンサード リンク





「スカスカになるのがJリーグ」と余裕の酒井高、精彩欠く宇佐美 明暗分かれる欧州復帰組  

20190828-00000007-sasahi-000-5-view[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/08/28(水) 20:02:00.82 ID:UFMCXLmM9
8月16日に夏のJリーグ移籍登録期限が締め切られ、2018年ロシアワールドカップ日本代表の酒井高徳(神戸)と宇佐美貴史(G大阪)、同最終予選で活躍した井手口陽介(G大阪)ら大物選手が日本に復帰した。

過去にも中村俊輔、清武弘嗣、内田篤人など欧州で実績を残した代表経験者の国内復帰が日本サッカー界を賑わせたことがあったが、彼らの全てがJで大活躍できたわけではない。
実際、右ヒザのケガを抱える内田は、鹿島復帰2年目となる今季J1でわずか4試合の出場にとどまっている。清武も今季はコンスタントにピッチに立っているものの、帰国当初は相次ぐケガに見舞われた。
「ピッチ状態や気候などの環境面に戸惑った」とも語っていて、傍目から見るほど適応は簡単ではないのだ。

今回2度目の古巣復帰を果たした宇佐美も、7月20日のJ1・名古屋戦からピッチに立っているものの、今のところゴールは名古屋戦の1点だけ。日本特有の暑さが大きな障害になっていると打ち明ける。

「気候の影響で夏場のJリーグはかなりスローなテンポになる。それはプレシーズンマッチで来日したチェルシーなんかを見てもそうでした。
あれだけのフィジカルや身体能力を持つ選手たちでも思うように動けなくなるほど、日本の暑さは欧州にはないもの。僕も3年間ドイツにいたので、そこはなかなか慣れない部分です」と厳しい表情をのぞかせた。

こうした気象条件に加え、欧州で試合出場機会に恵まれなかった選手はコンディションを上げるのに苦労することになる。
昨季デュッセルドルフでリーグ19試合出場1ゴールと少ないながらもピッチに立っていた宇佐美はともかく、2018年1月の欧州挑戦以来、
スペインとドイツで合計リーグ12試合しか出番を得られなかった井手口の方はより大変だったに違いない。

8月10日のJ1・広島戦で帰国後初舞台を踏んだものの、運動量や体のキレの部分で見劣りする部分が多かった。さらに厳しい印象を与えたのが14日の天皇杯3回戦・法政大学戦。
宮本恒靖監督から満を持してスタメン起用されたものの、全くと言っていいほど精細を欠き、前半45分間で下げられる事態に陥った。

全文はソースで
http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190828-00000007-sasahi-socc

神戸、DF酒井高徳の加入効果「外国人選手がたくさんいる中で、引っ張っていける選手がいるのはすごく大きい」  

20190823-00000044-dal-000-4-view[1]




1: Egg ★ 2019/08/23(金) 13:37:52.15 ID:gpNcObLX9
ドイツ2部ハンブルガーSVからJ1神戸に完全移籍で加入した元日本代表DF酒井高徳(28)が、17日のホーム浦和戦(ノエスタ)で久々の日本復帰を果たした。Jリーグのピッチに立つのは新潟に所属していた2011年12月3日以来2814日ぶりだった。

 左ウイングバックとして先発し、後半33分まで78分間プレー。時折、対面の浦和MF関根貴大の仕掛けに手を焼いたものの、ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンが「フィジカルに優れ、一対一に強い」と賛辞を贈ったように守備の強度は期待通りで、神戸にとって6試合ぶりの勝利、8試合ぶりの無失点に貢献した。

 神戸はリーグ4位の36得点を挙げながら、同ワースト2位タイの39失点を喫しており、攻守におけるアンバランスさが15位という低迷の大きな要因となっていた。それだけに酒井の起用が即座に目に見える結果となって現れ、トルステン・フィンク監督も「左サイドをより安定させてくれる」と大きな信頼を寄せた。

 酒井加入の効果は守備の安定だけではなかった。浦和戦後、酒井は「喋るということがいかに重要か、意外にチーム内に浸透していない。きつい時こそ一言二言、注意力を上げるためにも声を掛けるというのは非常に大事になってくるので、そこは自分の中で意識した」と、コミュニケーションの重要性を説いた。その言葉に同調したのがMF山口蛍だった。「向こう(ハンブルガーSV)でキャプテンをやっていたくらいなので、すごく声の出せる選手。外国人選手がたくさんいる中で、引っ張っていける選手がいるのはすごく大きい」。

 1-4で敗れ、リーグ戦7連敗となった5月18日のアウェー横浜M戦(日産ス)の後、欠場のMFアンドレス・イニエスタに代わってキャプテンマークを巻いた山口は「なかなか声を出しても、みんなもう少し応えてくれてもいいんじゃないかというくらい落ち込んでいる。みんながもっと前向きになっていかないと厳しい」と呟いていた。苦境にあえぐチームを鼓舞しても反応は薄い。そんな状況にもどかしさを抱いていた山口の目に、声を出し続け、周囲とのコミュニケーションを欠くことのない酒井の姿は頼もしく映ったに違いない。

 酒井の加入は神戸に想定以上の効果をもたらすかもしれない。フィンク監督は「彼を獲得したのはサッカーの能力もあるが、三浦(淳寛)SDが彼の性格を知っていたこともある。本当に速いスピードで溶け込んで、既にチームの一員になっている」と、酒井の気質も高く評価した。

 神戸は23日にアウェー鳥栖戦(駅スタ)を迎える。ピッチ内外で存在感を増している酒井は左ウイングバックで2試合連続の先発出場が確実となっている。神戸が無失点で試合を終えればリーグ戦では今季4度目。2試合連続は初めてとなる。(デイリースポーツ・山本直弘)

8/23(金) 11:00配信 デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000044-dal-socc

V神戸、選手の出入り欧州ビッグクラブ並み!2年前から所属は半数..大型補強が投資効果をもたらすだろうか  

1: Egg ★ 2019/08/22(木) 09:29:53.09 ID:w7bhUByP9
サッカーJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸が急速に選手を入れ替えている。スペインの名門バルセロナを目指すと宣言した2018年1月の新体制発表時、31人の選手が在籍したが、今も所属するのは16人。

この夏も補強に動き、ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンや元日本代表DF酒井高徳ら5人を新たに迎えた。主力の在籍年数は軒並み短くなっており、昨夏に加入した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがその象徴だ。

【表】ヴィッセルの2018年開幕戦先発メンバーの現状は
no title


 「将来的にチームのスタイルを体現するために入れ替えは必要。選手の気持ちも分かるが、それがプロの世界」

 バルセロナを手本にポゼッション(ボール保持)への転換を主導する三浦淳寛スポーツダイレクターの見解だ。昨季の就任後、親会社楽天の資金力を生かし、移籍市場で積極的に動く。同年の開幕戦の先発メンバーをみれば、体制の刷新具合やチーム内競争の激しさが分かる。

 2季連続で主将を務めたFW渡辺千真は昨季途中にG大阪に移り、昨年加入したMF三田啓貴は在籍1年半で古巣FC東京に復帰。今も主力と呼べる存在はFWルーカス・ポドルスキぐらいだが、その元ドイツ代表も今季は中耳炎を患うなどリーグ戦の出場が8試合にとどまる。

 在籍年数(2種登録選手らを除く)の分布をみても、陣容が一変したことは一目瞭然だ。

 通算で5年目以上は3人。9年目のFW小川慶治朗が最も古株で、神戸でプロ入りしたGK荻晃太が8年目、小川と同じく神戸の育成組織出身のGK吉丸絢梓が5年目で続く。4年目はDF藤谷壮ら育成出身組を中心に4人。3年目は神戸が「バルサ化」を掲げる前に獲得した選手が多く、ポドルスキら5人を数える。

 3年目以上の選手を合算すると計12人。戦力の重心は1、2年目に傾き、それぞれ12人、7人の計19人を擁する。

 2年目の筆頭は昨夏に電撃加入したイニエスタで、主力となっているFW古橋亨梧やDF大崎玲央も、世界的司令塔と同じ時期に神戸にやって来た。1年目は各国の実力者がずらりと並び、今夏獲得したフェルマーレンや酒井に加え、元スペイン代表FWでリーグ戦のチーム得点王ダビド・ビジャ。ともに日本代表歴があるMF山口蛍、DF西大伍も今季の新顔だ。

 欧州のビッグクラブのように選手が激しく出入りするが、スタメンの平均年齢は高齢化が進む。18年の開幕戦が28・73歳だったが、8月17日のホーム浦和戦は29・36歳と平均30歳に目前まで迫る。

 ポゼッションサッカーの完成に向け、イニエスタの年俸約30億円をはじめ、大金を投じる神戸。後は結果だが、現状は下位をさまよい、J1残留争いに巻き込まれている。果たして、今夏も断行した大型補強が、投資効果をもたらすだろうか。(有島弘記)

8/22(木) 5:55配信 神戸新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190822-00000001-kobenext-socc

写真
no title


在籍年度別の選手構成
no title

さすがの酒井高徳、イニエスタ絶賛の経験値で勝利に貢献! 

20190817-08171294-nksports-000-8-view[1]

8年ぶりJ復帰のDF酒井高徳、浦和戦でいきなり先発入り!神戸は5戦未勝利と苦境 

20190817-00010018-goal-000-2-view[1]

神戸・酒井高徳、古巣ハンブルガーに「見捨てられたわけじゃない」 

20190816-00000159-spnannex-000-3-view[1]

DF酒井高徳(V神戸)、日本代表復帰には否定的!「今は代表が自分の念頭にあるかと言われれば、正直ない」  

1: Egg ★ 2019/08/16(金) 15:19:20.72 ID:vd52rc1I9
神戸に加入した元日本代表DF酒井高徳(28)が16日、神戸市内での練習後初めて取材に応じ、神戸加入を決めた理由、日本代表への思いなどについて語った。

15日から全体練習に合流し、さっそく17日の浦和戦(ノエスタ)でベンチ入りすることも決定。11年以来となる日本復帰に「ドイツで経験したことを少しでもチームに還元して、役に立てれば」と低迷するチームを立て直しに全力をつくす考えを示した。

 穏やかな表情で取材に応じた酒井は、欧州での挑戦に一区切りをつけ、Jでのプレーを決断した理由を「一番はクラブが掲げているビジョンの中で、世界トップクラスの選手とプレーできるところ」と明かした。

当初は海外でのプレー継続を希望したが、キャプテンも務めた前所属のハンブルガーSVでは昨季ドイツ2部で4位となり、1部復帰を逃したことをSNS等で非難された。

そんな中でも、ハンブルガーからは残留を求められていたことも明かし「いろいろな出来事がありましたけど、ハンブルグから追い出される形で出て行ったわけではない。こういう場を借りて、自分でしっかり言いたい」と自らの意志で、計4シーズンを過ごしたクラブを離れたことを説明した。

 18年のロシアW杯後には日本代表からの引退を宣言し、森保ジャパンには一度も召集されていない酒井。国内に復帰し、欧州クラブよりは移動等の負担が軽減される状況にはなった。

しかし「僕の意志としては以前と変わっていないというのは、はっきりと言える。今は代表が自分の念頭にあるかと言われれば、正直ない。神戸にすべてをかけることをやりたいなと思ってきたので、それを貫きたい」と断言。

代表復帰は考えず、力のすべてを神戸に注ぎ込む考えを示した。

8/16(金) 13:55 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00000093-sph-socc

写真
no title

DF酒井高徳、ヴィッセル神戸へ完全移籍!14日にも正式発表 年俸1億4000万円  

1: Egg ★ 2019/08/14(水) 07:45:32.29 ID:Yz2W7ogT9
神戸が今夏の新戦力として、ドイツ2部ハンブルガーSVの元日本代表DF酒井高徳(28)を完全移籍で獲得することが13日、分かった。移籍期間の終了が16日に迫る中、手続きなどを経て14日にも正式発表される見込み。複数の関係者によると、年俸は神戸の日本人選手最高額とみられる約1億4000万円(金額は推定)のもようだ。

写真
no title


 早くから獲得を打診され、最大限の評価を与えられたW杯戦士。その熱意に応えるかのように、この日にドイツから帰国した酒井は、神戸市西区のクラブハウスを極秘訪問した。フィンク監督らスタッフにあいさつをし、さっそく顔合わせ。コンディションにもよるが、早ければ17日のホーム浦和戦(ノエスタ)でデビューする可能性もある。

 「外国人の選手が多いので、日本人で質の高い選手を入れることも大事」と話していたフィンク監督にとっては、酒井の加入は理想通りといえる。J1ワースト2位の39失点を喫して15位に低迷している中、守備面の立て直し、そしてアジアNo・1クラブを目指す上で期待を寄せられる28歳。約7年半ぶりに復帰するJリーグの舞台で、培ってきた実力を存分に発揮する。

8/14(水) 5:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00000000-spnannex-socc

HSV酒井高徳、ヴィッセル神戸加入に向けて交渉中…移籍金は4700万円程度か  

1: Egg ★ 2019/08/13(火) 06:45:38.13 ID:aTbQZUHx9
ハンブルガーSVの元日本代表DF酒井高徳がヴィッセル神戸加入に向けて交渉しているとドイツ『ビルト』が報じている。

今夏の移籍市場でハンブルガーSVからの退団が頻繁に報じられている酒井。同クラブとの現行契約が2020年夏までと契約満了まで12カ月を切った同選手は、すでにディーター・ヘッキング監督やスポーティングディレクターのヨーナス・ボルト氏に移籍を志願したと伝えられており、2019-20シーズンの公式戦のメンバーから外れている。

そんな酒井に対して、一時はパーダーボルンやブレーメンなどブンデスリーガのクラブからの興味が報じられていた。しかし、ハンブルガーSV元主将は、母国の日本で再スタートを切ることが濃厚のようで、ヴィッセル神戸が新天地になる可能性が高い。なお、移籍金は40万ユーロ(約4700万円)程度になると考えられている。

酒井の移籍に関してヘッキング監督は「ゴウトクが新たなスタートを切る決断を下したと理解している」と明かした一方で、「9月2日の移籍ウィンドウが閉じるまでに決まらなくとも、彼に対するここの扉は開いたままだ」と場合によっては酒井を再びチームに迎え入れる可能性があると話している。

ヴィッセル神戸はアンドレス・イニエスタやダビド・ビジャ、ルーカス・ポドルスキといったビッグネームに加え、元ハンブルガー指揮官のトルステン・フィンク監督が指揮を執るものの、現在自動降格圏の17位までわずか勝ち点4差の15位と低迷する。

酒井はハンブルガーSVでの時間に終止符を打ち、8年ぶりに日本でプレーすることになるのだろうか。

8/13(火) 5:42配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00010002-goal-socc

写真no title

神戸 高徳獲得秒読み!一両日中に帰国予定、W杯戦士で守備立て直し 

20190811-00000003-spnannex-000-5-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索