Samurai Goal

酒井宏樹


スポンサード リンク





酒井ゴリ、相棒とのラブラブっぷりをTwitterで披露ww 

キャプチャ
1 2018/08/01(水) 19:13:07.08 _USER9
マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹(28)が、チームメイトのフランス代表FWフロリアン・トバン(25)との関係性を明かした。

 右SBを主戦場とする酒井は昨季、DFブナ・サール(26)が右SBでフィットしてきたこともあり、左SBを務める機会が多かった。これにより、トバンと同じ右サイドでコンビを組む機会が減少したが、それでも彼との仲の良さは健在のようだ。

 マルセイユの公式ツイッター(@OM_Officiel)が酒井のインタビュー動画を掲載。その中で酒井はトバンに関して以下のように語った。

「常にフロー(トバン)は僕の言うことに耳を傾けてくれるし、僕自身もフローのプレーを引き出してあげたいと思っている。お互いの信頼関係が仲の深さになっていると思う。みなさんも知っている通り、(彼は)素晴らしい人間性で、常に『マルセイユで何かあったら相談してくれ』と言ってくれる。プライベートでもサッカーの中でも信頼できる存在。僕に対して本当にフローは優しすぎるから、何か要求したいことがあれば気軽に言ってくれれば、もっとそれに沿うように頑張るからと伝えたい」

 このツイートに対して、トバン(@FlorianThauvin)は「愛してるよ」と投稿。酒井も「ありがとう」とフランス語で返している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-01656773-gekisaka-socc

川島永嗣、マルセイユ移籍説浮上!!酒井ゴリと同僚になるのか!? 

23963_ext_04_0
1 2018/07/25(水) 12:01:20.30 _USER9
ロシアW杯を戦った日本代表GK川島永嗣(35)がフランス1部マルセイユに移籍する可能性が出てきた。昨季限りでメスとの契約が満了。地元誌「フランス・フットボール」は、昨季フランス1部リーグ4位でDF酒井宏樹(28)の所属するマルセイユをはじめ、同11位のディジョン、同18位のトゥールーズが日本の守護神に興味を示していると報じた。

 海外でのプレー続行を希望する川島は22日、自宅のあるフランスに向かう際、自身の去就について「できるだけ早くいい報告ができればいい」とコメントした。

7/25(水) 11:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000014-tospoweb-socc

酒井ゴリがW杯に触れる「結果を出せたようで出せていない」 

GettyImages-872850474-800x600
1 2018/07/22(日) 13:19:17.59 _USER9
日本代表DF酒井宏樹(28)=マルセイユ=が22日、所属チームに合流するため、羽田空港に姿を現した。出発前に報道陣の取材に応じ、ロシアW杯について「結果が出せたように見えて出せてない大会。各個人悔しさがあると思う。それをつなげればいい。僕自身悔しい思いをした」と振り返った。ロシアW杯では4試合すべてにフル出場し、16強入りに大きく貢献した。

 昨季はリーグ戦では33試合に出場。欧州リーグでも14試合に出場し、4月12日のライプチヒ(オーストリア)戦では後半ロスタイムに、マルセイユでの初得点をマークした。

 今季は8月10日(日本時間同11日)の開幕戦でトゥールーズとホームで対戦する。欧州リーグでも再び頂点を目指す戦いに挑む。イタリア代表FWバロテッリがチームメートになる可能性もあると欧州では報道されている。「選手として素晴らしい選手。マルセイユが本気で選手を取りにいってるのは素晴らしいこと」と話した。

 W杯については「僕としてはベルギーかフランスに優勝して欲しかった。日本が負けてからはほとんど(W杯は)見ていない」。W杯でフランスが優勝しただけにリーグは盛り上がりを見せることは必至。その中で、再びサイドバックとして成長を遂げてみせる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00000090-sph-socc

酒井宏樹、山口蛍を擁護!?「選手全員正しかった...」ベルギー戦の逆転劇を振り返る 

GettyImages-939504680-800x533
1 2018/07/21(土) 12:51:20.79 _USER9
サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)全4戦にフル出場したDF酒井宏樹(28)が、ベルギー戦(2-3)で決勝点を許したカウンターのシーンを振り返り、「対応は全ての選手が正しかったと思う」と述べた。

 ベルギー代表選手らの試合後の振る舞いについても「勝ち慣れている」と回想。力の差を痛感したようだった。

■「ピッチにいる誰もがCKに懸けていました」

 決勝トーナメント1回戦のベルギー戦は、2-2で迎えた後半終了間際、MF本田圭佑(32)のCKを守ったベルギーが高速カウンター。GKティボー・クルトワからボールを受けたMFケビン・デブライネがドリブル突破すると、パスを受けたDFトーマス・ムニエがクロスを上げ、MFナセル・シャドリが中央で合わせた。一切スピードが緩まない電光石火だった。

 2018年7月16日未明放送の「Going!Sports&News」(日本テレビ系)でインタビューを受けたDF酒井宏樹は、このカウンターにおけるいくつかの場面を振り返った。

 本田のCKは中央に放り込むのでなく、パスをつないで延長戦に持ち込むべきだったのではないかという声がある。だが、酒井は「ピッチにいる誰もがCKに懸けていました。そのCKで点を取れず、向こうにやられた。懸けていた分、多少のリスクは負っていた」と90分で勝負を決める意思統一が図られていたことを明かしている。

 ここからのカウンター。ベルギーは瞬時の攻め上がりですぐに数的優位をつくった。ドリブルするデブライネの前にいたMF山口蛍(27)は、ファウルしてでも止めるべきだったとの指摘もある。しかし酒井は「蛍のところでファウルするのは無理でした」としている。

 その前の段階として、酒井は「クルトワがボールを持った時に出させないようにするとか、デブライネがボールを持つ前に引っ張っちゃうとか...」と2つの局面をあげたが、「それらをする余地はあったか?」と問われると、

  「ちょっと無理でしたね。本当に速かったんですよ。みんなが言うように個の差がある。局面を打開するのはそこなので」

とベルギーとの差を痛感している。また、「対応に関しては全ての選手が正しかったと思う」と述べている。

>>2以降に続きます
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000007-jct-ent

W杯ベストイレブン“アジア枠”、香川含む6人の日本代表が堂々の選出!! 

m_soccerdigestweb-43763
1 2018/07/13(金) 14:58:55.42 _USER9
いよいよクライマックスを迎えるロシア・ワールドカップ。大会終了を前にアメリカメディア『FOXスポーツ』は、アジア圏の選手ベストイレブンを選出した。

残すは決勝と3位決定戦となったロシアW杯。世界王座を懸けてフランスとクロアチアが、3位入賞を目指してイングランドとベルギーが、それぞれ国のプライドを懸けて激突する。

今大会のアジア勢は、日本代表が唯一決勝トーナメント進出し、ラウンド16ではベルギーとの死闘を演じた。また、韓国はグループリーグこそ突破できなかったが、前回王者ドイツを最終節で破る金星を挙げるなど、世界にインパクトを与えることに成功したと言っていいだろう。

『FOXスポーツ』のアジア番記者であるスコット・マッキンタイア氏は、そんなアジア勢のロシアW杯ベストイレブンを選出。日本代表からは、最多6人が選ばれた。続く韓国とイランが2人ずつのため、日本の戦いぶりは高く評価されたようだ。

選出されたのは、両サイドバックを務めた酒井宏樹と長友佑都。中盤の底でチームの舵をとった柴崎岳、1トップでボールを収め続けた大迫勇也、そして香川真司と乾貴士が名を連ねている。

香川については「評判の悪い状態で臨んだが、ロシアでの2週間で時計の針を戻すことに成功した。ビルドアップでも重要な役割を果たし、疑いようのない日本の10番だ。コロンビア戦のPKでチームを成功の道のりに導き、インパクトを与えた日本において、その創造性で脅威になり続けた」と評している。

また、2ゴール1アシストを記録し、大会のスター候補にも名を連ねるようになった乾に関しては、「キャリアで最も素晴らしい瞬間」と絶賛している。

「何年もトップレベルでプレーしていたことを考えると、30歳でブレイクしたというのは驚くべきことだ。だが、今大会が彼の代表キャリアで最も素晴らしい瞬間だっただろう。左サイドに張っても中に切り込んでも絶えず脅威を与え、セネガルとベルギー相手にゴールを奪った。全体を通じて傑出した選手だった」


以下、『FOXスポーツ』マッキンタイア記者選出のアジアベストイレブン。

GK
チョ・ヒョヌ(韓国)
DF
酒井宏樹(日本)
長友佑都(日本)
マーク・ミリガン(オーストラリア)
モルテザ・プーラリガンジ(イラン)
MF
ソン・フンミン(韓国)
柴崎岳(日本)
オミド・イブラヒミ(イラン)
乾貴士(日本)
香川真司(日本)
FW
大迫勇也(日本)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000032-goal-socc

〈ハリルに感謝〉長友、槙野、酒井がハリルに謝意を表す! 

247684
1 2018/07/05(木) 02:21:04.37 _USER9
7/4(水) 16:49配信
ハリルの功績、なかったコトにするな! 日本代表の選手らが謝意、続々

 ロシア・ワールドカップ(W杯)の戦いを終えたサッカー日本代表DF槙野智章選手(31)がインスタグラムに感謝の言葉をつづった。そこで唯一個人名をあげたのは、3か月前に電撃解任されたバヒド・ハリルホジッチ前監督だった。

 槙野選手に限らず、長友佑都選手(31)や酒井宏樹選手(28)も、W杯を終えてハリルホジッチ氏に一言触れる場面があった。

■「あなたからのご指導があったからです」

 日本はW杯決勝トーナメント1回戦でベルギーに2-3の逆転負け。史上初のベスト8とはならなかったが、優勝候補相手に大善戦し、大会を去った。

 センターバックとしてグループリーグ第3戦・ポーランド戦にフル出場した槙野選手が2018年7月3日にインスタグラムを更新。「この4年間常にサッカーの事だけを考え、このW杯で結果を残す事だけを考え、突っ走ってきた」と振り返り、「自分がどれだけの事が出来たか。このW杯という大舞台で何を得たのか。それは1番自分が理解している。大きな財産になる。これからの人生に活かしていきたいですね」と今後の活躍を誓った。

 また、「サッカーと出会い、ボール1つで色々な感情を抱き沢山の方の希望や勇気となり、少しは夢を与える事が出来たのではないかと思っています。僕の大きな夢、週末にはサッカー観戦に行くのが当たり前。テレビではサッカーの試合を放送し、街ですれ違う方には昨日ナイスゲーム!と言ってもらえるような、日本にもサッカー文化を起こしたいと思ってるんだな」と夢を語っている。

 W杯を終えた今、「このチームが大好きでした」とすると、

  「前監督のハリルホジッチさんにも胸を張ってありがとうと感謝の気持ちでいっぱいです」

と、かつての指揮官に思いを馳せた。その上で「皆さん熱い応援ありがとうございました!」と感謝をつづっている。

 4月9日に電撃解任が発表されたハリルホジッチ氏について、槙野選手は翌10日のインスタグラムでも「今の僕がいるのは紛れもなく、日本代表として、ハリルJAPANとして、あなたからのご指導があったからです」とメッセージを贈っていた。ハリルホジッチ氏自身、4月27日に1人で開いた会見で、槙野の言葉を紹介した。

 あれから3か月。W杯を終え、3年間代表チームを率いてきた前監督に触れた選手は他にもいた。

(続く)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000008-jct-ent

フル出場3人組『乾、昌子、酒井』が号泣!!この3人に称賛の声! 

20180703_nacer-chadli_eden-ha
1 2018/07/03(火) 05:53:17.58 _USER9
 激闘直後に日本の選手は一斉に肩を落とし、ある選手は膝をピッチにつけて落胆すると、ある選手はピッチにそのまま倒れ込んで悔しさを露わにしている。歓喜に沸くベルギーの選手とスタッフ陣とは対照的に、日本側には悲痛な空気が流れるなど、残酷なコントラストがピッチ上に浮き上がった。

 ベルギーの選手らが日本の選手たちに歩み寄り、握手や抱擁を交わして健闘を称えるなか、人目をはばからずに涙を流していたのがDF昌子源、DF酒井宏樹、そして1ゴールを叩き込んだMF乾貴士だ。3人はフル出場を果たし、最後まで走り抜いたが、最後の最後で逆転という悲劇に見舞われた。

 日本のチームメイトたちも励ましの言葉を掛け、肩を支えるように歩く光景も見られた。それでも自然と湧き出る涙は止まらない。三人はタオルを頭にかけながら何度も目元を拭うと、最後の力を振り絞ってロシアまで足を運んだファンに最後の挨拶。会場からは最後まで走り抜いたサムライブルーに大きな拍手が送られた。

大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180703-00118602-soccermzw-socc

酒井宏樹の獲得にセビージャも挙手!?移籍の可能性は高いのか? 

GettyImages-865322622-800x530
1 2018/06/08(金) 08:58:36.62 _USER9
『RMC Sport』は7日、「マルセイユの日本代表DF酒井宏樹に対して、多くのクラブが興味を抱いている」と報じた。

今季マルセイユで両サイドバックを務め、シーズンを通して安定したプレーを見せてきた酒井宏樹。

契約は2021年まで残っているが、今夏のマーケットでは移籍の噂が流れている。

先日伝えられたのはイングランド・プレミアリーグのクリスタル・パレス。

DFジョエル・ウォードがチームを離れる可能性があることから、その後釜として1200万ポンド(およそ17.56億円)で酒井宏樹の引き抜きを狙っているという話だった。

その他、イングランド・プレミアリーグではブライトン&ホーヴ・アルビオンとレスター・シティ、セリエAではナポリ、インテル、ミランが興味を持っているという。

さらに今回、かつて清武弘嗣も所属したリーガ・エスパニョーラのセビージャという名前も報じられている。

酒井宏樹はマルセイユで週給5万ポンド(およそ730万円)の給与を受け取っており、フランスで満足していると伝えられている。

また、クリスタル・パレスは現在経営難に見舞われており、最悪の場合は破産の可能性もあると伝えられたことも。

その中で酒井宏樹の獲得が可能かどうかは不明だが、少なくとも多くのクラブが注目していることは確かなようだ。

https://qoly.jp/2018/06/08/sevilla-want-to-sign-with-sakai-hiroki-kgn-1

酒井宏樹『ひっぱりダコ!?』欧州各クラブで争奪戦勃発か 

201805050005-spnavi_2018050500017_view
1 2018/06/06(水) 22:49:00.79 _USER9
マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹にイングランドやイタリア、スペインのクラブが興味を示しているようだ。イギリス紙『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えた。

2015年夏にハノーファーを去り、マルセイユの右サイドバックとして評価を高める酒井だが、今夏新たな挑戦に挑むことになるかもしれない。イギリスメディアによれば、右SBの補強を目指すロイ・ホジソンが率いるクリスタル・パレスが、サウサンプトンのDFジョエル・ワードと酒井をリストアップしているという。

また、昨年10月にマルセイユと週給5万ポンド(約730万円)で新たに3年契約を結んだ酒井を獲得するために必要な移籍金は1200万ポンド(約17億5000万円)と報じられている。そのため、同じく同選手に興味を示していると見られるブライトンやレスターは争奪戦から降りるかもしれないと伝えられた。

なお『イブニング・スタンダード』曰く、ミランやインテル、ナポリ、そしてスペインのセビージャも酒井に注目しているとのこと。日本代表としてワールドカップに臨む大型サイドバックは、今夏の移籍市場の主役の1人となるかもしれない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00000021-goal-socc

“乾・ゴリ”を警戒!!コロンビア紙が名指しで分析! 

20171107s00002014358000p_view
1   2018/05/17(木) 12:26:57.10 _USER9
ロシアワールドカップで対戦する日本とコロンビア。ブラジルワールドカップでも対戦した両国だが、今回はどのような選手になるのか。コロンビアの敏腕記者が試合を展望する。彼が警戒すべき日本の選手として名をあげたのは意外な2人だった。(取材・文:アドルフォ・ザブレ・ドゥラン【コロンビア】)

90分の悲痛な叫び…! ハリルホジッチ前日本代表監督が心境を吐露【記者会見ノーカット】

【著者プロフィール】
アドルフォ・ザブレ・ドゥラン。1975年生まれ。コラムニスト・ジャーナリスト。コロンビア最大手の「エル・ティエンポ紙」を中心に執筆している。

●なぜ本田と香川より酒井と乾に警戒を?

 2014年のブラジルW杯から4年が経ち、コロンビアと日本は再び対戦することになった。4年前と違うのは、対戦の地がブラジルのクイアバからロシアのサランスクになったことだが、両チームのスタイルと選手の顔ぶれも変化している。

 日本が前回と違うのは、フランスのオリンピック・マルセイユに所属する酒井宏樹がいる点だろう。酒井はサイドからスピーディーで展開力のある攻撃を見せるため、相手陣内のバランスを崩すことができる。酒井はヨーロッパリーグのファイナルリストであり経験も豊富だ。

 経験といえば、ヨーロッパで活躍する乾貴士の名も上がるだろう。スペインで試合に出場している彼もボールを持った動きが速く、突破する力がある。もちろん中盤には本田圭佑や香川真司がいるため、彼らが出場するなら連携がうまく行くかどうかが鍵になる。乾はサイドを主戦場としているが、そこから中央に切り込んでくるプレーもできる。

 酒井と乾。この2人は日本人らしいスタイルを持った選手だが、今回、コロンビアがもっとも警戒しなければならい2人だ! コロンビアの多くの選手、メディアが本田と香川の名をあげるが、私はその2人はピークが過ぎており、それよりも酒井と乾が警戒すべき選手だと断言したい。

 とはいえ、我々コロンビアは、日本に反撃するための準備は整っている。その中心はもちろんハメス・ロドリゲスだ。ブラジルW杯の得点王であり、大会一の素晴らしいゴールを決めたプレイヤーだ。レアル・マドリーで光と影の3シーズンを過ごした後、ドイツのバイエルン・ミュンヘンで居場所を見つけ、リーグで優勝し、今季のチャンピオンズリーグで準決勝進出まで果たした。

つづく

フットボールチャンネル 5/17(木) 10:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180517-00010001-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索