Samurai Goal

酒井宏樹


スポンサード リンク





酒井ゴリがマルセイユで大活躍!!今季初アシストでモナコ戦の勝利に貢献! 

1 2018/09/03(月) 16:46:41.55 _USER9
2018.9.3 07:03
https://www.sanspo.com/soccer/news/20180903/fra18090307030001-n1.html

 マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹が、今シーズン初アシストをマークした。

 マルセイユは2日、リーグ・アン第4節で強豪モナコと激突。
酒井は右サイドバックで先発した。
試合は前半終了間際、コスタス・ミトログルの強烈なヘディングシュートでマルセイユが先制。
しかし、後半開始早々にユーリ・ティーレマンス、ラダメル・ファルカオにゴールを許し、モナコに逆転されてしまう。

 それでも、酒井とフロリアン・トヴァンのデュオが魅せる。
2人はパス交換で右サイドを突破すると、最後は酒井のクロスに走り込んできたトヴァンが左足で合わせ、試合を振り出しに戻す。

 そして89分、トヴァンのコーナーキックに途中出場のヴァレール・ジェルマンが頭で合わせ、逆転。マルセイユがそのまま3-2で勝利している。

no title

長谷部&鎌田×酒井ゴリ、ELで日本人対決が実現!EL組み合わせが決定!! 

2017-02-03-fr
1 2018/08/31(金) 22:08:35.10 _USER9
 ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ組み合わせ抽選会が31日に行われた。

 酒井宏樹のマルセイユと長谷部誠、鎌田大地のフランクフルトがグループHに入り同組に。南野拓実のザルツブルクはセルティックらと同組のグループB。森岡亮太のアンデルレヒトはフェネルバフチェらと同組のグループD。乾貴士のベティスはミランらと同組のグループFとなった。

 グループステージ第1節は9月20日に実施され、今シーズンの決勝戦はアゼルバイジャンのバクー・オリンピックスタジアムで行われる。

 グループステージの組み合わせは以下の通り。

グループA
・レヴァークーゼン(ドイツ)
・ルドゴレツ(ブルガリア)
・チューリッヒ(スイス)
・AEKラルナカ(キプロス)

グループB
・ザルツブルク(オーストラリア)※南野拓実
・セルティック(スコットランド)
・ライプツィヒ(ドイツ)
・ローゼンボリ(ノルウェー)

グループC
・ゼニト(ロシア)
・コペンハーゲン(デンマーク)
・ボルドー(フランス)
・SKスラヴィア・プラハ(チェコ)

グループD
・アンデルレヒト(ベルギー)※森岡亮太
・フェネルバフチェ(トルコ)
・ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
・FCスパルタク・トルナヴァ(スロバキア)

グループE
・アーセナル(イングランド)
・スポルティング(ポルトガル)
・カラバフ(アゼルバイジャン)
・FCヴォルスクラ・ポルタヴァ(ウクライナ)

グループF
・オリンピアコス(ギリシャ)
・ミラン(イタリア)
・ベティス(スペイン)※乾貴士
・F91デュドランジュ(ルクセンブルク)

グループG
・ビジャレアル(スペイン)
・ラピード・ウィーン(オーストラリア)
・スパルタク・モスクワ(ロシア)
・レンジャーズ(スコットランド)

グループH
・ラツィオ(イタリア)
・マルセイユ(フランス)※酒井宏樹
・フランクフルト(ドイツ)※長谷部誠、鎌田大地
・アポロン・リマソール(キプロス)

グループI
・ベシクタシュ(トルコ)
・ヘンク(ベルギー)
・マルメ(スウェーデン)
・サルプスボルグ08(ノルウェー)

グループJ
・セビージャ(スペイン)
・クラスノダール(ロシア)
・スタンダール・リエージュ(ベルギー)
・アクヒサル(トルコ)

グループK
・ディナモ・キエフ(ウクライナ)
・アスタナ(カザフスタン)
・レンヌ(フランス)
・FKヤブロネツ(トルコ)

グループL
・チェルシー(イングランド)
・PAOK(ギリシャ)
・BATEボリソフ(ベラルーシ)
・ヴィデオトンFC(ハンガリー)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00823388-soccerk-socc

酒井宏樹、仏開幕戦『ベストイレブン』に選出!!ゴリの凄まじい成長力! 

columnsv2_57871
1 2018/08/14(火) 19:39:39.66 _USER9
マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹が、2018-19シーズンのリーグ1開幕節のベストイレブンに選出された。

 10日、マルセイユは開幕戦でトゥールズをホームに迎え、FWディミトリ・パイェの2ゴールなどで4-0で快勝。白星スタートを切った。右サイドバックで先発した酒井は、フル出場で勝利に貢献。英サッカーデータサイト『フースコア』が今節のベストイレブンに選出した。

▼GK
エドゥアール・メンディ(ランス)

▼DF
酒井 宏樹(マルセイユ)
パブロ・マルティネス(ストラスブール)
アンソニー・ブリアソン(ニーム)
ジョルダン・アマビ(マルセイユ)

▼MF
ニコラ・ペペ(リール)
ディミトリ・パイェ(マルセイユ)
メンフィス・デパイ(リヨン)
ロニー・ロペス(モナコ)

▼FW
ロイス・ディオニー(サンテティエンヌ)
バレール・ジェルマン(マルセイユ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-01670348-gekisaka-socc

やはり酒井宏樹は凄かった!“開幕戦”フル出場し勝利に大きく貢献 

sakaihiroki.jpg.pagespeed.ce.elZ5-PnLol
1 2018/08/11(土) 12:10:54.98 _USER9
[8.10 リーグ1第1節 マルセイユ4-0トゥールーズ]

 リーグ1は10日に第1節1日目を行い、日本代表DF酒井宏樹所属のマルセイユはホームでトゥールーズと対戦し、4-0で勝利。酒井は右SBでフル出場し、開幕戦白星に貢献した。

 ロシアW杯で優勝したフランス代表のメンバーであるGKスティーブ・マンダンダやMFフロリアン・トバンらは先発せず。MFルイス・グスタボが最終ラインに配置され、酒井は右SBで起用された。怪我の影響でW杯メンバーに選出されなかったMFディミトリ・パイェはトップ下で先発した。

 昨季はUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権争いに絡んだものの、4位に終わったマルセイユ。今季はさらなる飛躍をすべく、開幕戦から大量得点でスタートする。

 前半41分、右サイドからのクロスをFWバレール・ジェルマンが頭で合わせると、そのボールがDFケルビン・アマンの手に当たる。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定により、マルセイユがPKを獲得。パイェが冷静にゴール左に決め、今季リーグ1のファーストゴールとした。

 マルセイユは前半を1-0で折り返すと後半17分、DFブナ・サールがPA右から豪快なシュートを放ち、相手GKがはじいたところをパイェが右足で押し込んで2点目を決める。同44分には相手の最終ラインを突破したジェルマンがゴール右に流し込んで3点目。後半アディショナルタイムには途中出場のトバンが左サイドからのクロスをPA中央でもつれながらも押し込み、ダメ押しの4点目とした。

 試合はマルセイユが4-0で圧勝。19日の次節では昇格組のニームと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-01661466-gekisaka-socc


【スコア】
マルセイユ 4-0 トゥールーズ

【得点者】
マルセイユ:ディミトリ・パイェ(45分)
マルセイユ:ディミトリ・パイェ(62分)
マルセイユ:ヴァレール・ジェルマン(90分)
マルセイユ:フロリアン・トヴァン(90+2分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00810178-soccerk-socc

酒井宏樹“市場価値”が倍以上の10億円に!「評価急上昇」の理由とは!? 

201805050005-spnavi_2018050500017_view
日本代表DF酒井宏樹の評価は、この半年でうなぎのぼりのようだ。フランス『SPORTUNE』が伝えている。

2016年にマルセイユへフリーで加入した酒井。加入1年目からシーズン40試合に出場すると、昨シーズンは右サイドだけでなく、左サイドやセンターでも起用されるなど、リュディ・ガルシア監督の信頼を勝ち取り、公式戦50試合に出場した。

マルセイユではヨーロッパリーグ決勝進出に貢献。その後、6月からは日本代表としてロシア・ワールドカップにも出場し、ベスト16に進出したチームで不動の右サイドバックとして4試合にフル出場した。

〈続く〉


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00000006-goal-socc

酒井ゴリ、相棒とのラブラブっぷりをTwitterで披露ww 

キャプチャ
1 2018/08/01(水) 19:13:07.08 _USER9
マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹(28)が、チームメイトのフランス代表FWフロリアン・トバン(25)との関係性を明かした。

 右SBを主戦場とする酒井は昨季、DFブナ・サール(26)が右SBでフィットしてきたこともあり、左SBを務める機会が多かった。これにより、トバンと同じ右サイドでコンビを組む機会が減少したが、それでも彼との仲の良さは健在のようだ。

 マルセイユの公式ツイッター(@OM_Officiel)が酒井のインタビュー動画を掲載。その中で酒井はトバンに関して以下のように語った。

「常にフロー(トバン)は僕の言うことに耳を傾けてくれるし、僕自身もフローのプレーを引き出してあげたいと思っている。お互いの信頼関係が仲の深さになっていると思う。みなさんも知っている通り、(彼は)素晴らしい人間性で、常に『マルセイユで何かあったら相談してくれ』と言ってくれる。プライベートでもサッカーの中でも信頼できる存在。僕に対して本当にフローは優しすぎるから、何か要求したいことがあれば気軽に言ってくれれば、もっとそれに沿うように頑張るからと伝えたい」

 このツイートに対して、トバン(@FlorianThauvin)は「愛してるよ」と投稿。酒井も「ありがとう」とフランス語で返している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-01656773-gekisaka-socc

川島永嗣、マルセイユ移籍説浮上!!酒井ゴリと同僚になるのか!? 

23963_ext_04_0
1 2018/07/25(水) 12:01:20.30 _USER9
ロシアW杯を戦った日本代表GK川島永嗣(35)がフランス1部マルセイユに移籍する可能性が出てきた。昨季限りでメスとの契約が満了。地元誌「フランス・フットボール」は、昨季フランス1部リーグ4位でDF酒井宏樹(28)の所属するマルセイユをはじめ、同11位のディジョン、同18位のトゥールーズが日本の守護神に興味を示していると報じた。

 海外でのプレー続行を希望する川島は22日、自宅のあるフランスに向かう際、自身の去就について「できるだけ早くいい報告ができればいい」とコメントした。

7/25(水) 11:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000014-tospoweb-socc

酒井ゴリがW杯に触れる「結果を出せたようで出せていない」 

GettyImages-872850474-800x600
1 2018/07/22(日) 13:19:17.59 _USER9
日本代表DF酒井宏樹(28)=マルセイユ=が22日、所属チームに合流するため、羽田空港に姿を現した。出発前に報道陣の取材に応じ、ロシアW杯について「結果が出せたように見えて出せてない大会。各個人悔しさがあると思う。それをつなげればいい。僕自身悔しい思いをした」と振り返った。ロシアW杯では4試合すべてにフル出場し、16強入りに大きく貢献した。

 昨季はリーグ戦では33試合に出場。欧州リーグでも14試合に出場し、4月12日のライプチヒ(オーストリア)戦では後半ロスタイムに、マルセイユでの初得点をマークした。

 今季は8月10日(日本時間同11日)の開幕戦でトゥールーズとホームで対戦する。欧州リーグでも再び頂点を目指す戦いに挑む。イタリア代表FWバロテッリがチームメートになる可能性もあると欧州では報道されている。「選手として素晴らしい選手。マルセイユが本気で選手を取りにいってるのは素晴らしいこと」と話した。

 W杯については「僕としてはベルギーかフランスに優勝して欲しかった。日本が負けてからはほとんど(W杯は)見ていない」。W杯でフランスが優勝しただけにリーグは盛り上がりを見せることは必至。その中で、再びサイドバックとして成長を遂げてみせる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00000090-sph-socc

酒井宏樹、山口蛍を擁護!?「選手全員正しかった...」ベルギー戦の逆転劇を振り返る 

GettyImages-939504680-800x533
1 2018/07/21(土) 12:51:20.79 _USER9
サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)全4戦にフル出場したDF酒井宏樹(28)が、ベルギー戦(2-3)で決勝点を許したカウンターのシーンを振り返り、「対応は全ての選手が正しかったと思う」と述べた。

 ベルギー代表選手らの試合後の振る舞いについても「勝ち慣れている」と回想。力の差を痛感したようだった。

■「ピッチにいる誰もがCKに懸けていました」

 決勝トーナメント1回戦のベルギー戦は、2-2で迎えた後半終了間際、MF本田圭佑(32)のCKを守ったベルギーが高速カウンター。GKティボー・クルトワからボールを受けたMFケビン・デブライネがドリブル突破すると、パスを受けたDFトーマス・ムニエがクロスを上げ、MFナセル・シャドリが中央で合わせた。一切スピードが緩まない電光石火だった。

 2018年7月16日未明放送の「Going!Sports&News」(日本テレビ系)でインタビューを受けたDF酒井宏樹は、このカウンターにおけるいくつかの場面を振り返った。

 本田のCKは中央に放り込むのでなく、パスをつないで延長戦に持ち込むべきだったのではないかという声がある。だが、酒井は「ピッチにいる誰もがCKに懸けていました。そのCKで点を取れず、向こうにやられた。懸けていた分、多少のリスクは負っていた」と90分で勝負を決める意思統一が図られていたことを明かしている。

 ここからのカウンター。ベルギーは瞬時の攻め上がりですぐに数的優位をつくった。ドリブルするデブライネの前にいたMF山口蛍(27)は、ファウルしてでも止めるべきだったとの指摘もある。しかし酒井は「蛍のところでファウルするのは無理でした」としている。

 その前の段階として、酒井は「クルトワがボールを持った時に出させないようにするとか、デブライネがボールを持つ前に引っ張っちゃうとか...」と2つの局面をあげたが、「それらをする余地はあったか?」と問われると、

  「ちょっと無理でしたね。本当に速かったんですよ。みんなが言うように個の差がある。局面を打開するのはそこなので」

とベルギーとの差を痛感している。また、「対応に関しては全ての選手が正しかったと思う」と述べている。

>>2以降に続きます
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000007-jct-ent

W杯ベストイレブン“アジア枠”、香川含む6人の日本代表が堂々の選出!! 

m_soccerdigestweb-43763
1 2018/07/13(金) 14:58:55.42 _USER9
いよいよクライマックスを迎えるロシア・ワールドカップ。大会終了を前にアメリカメディア『FOXスポーツ』は、アジア圏の選手ベストイレブンを選出した。

残すは決勝と3位決定戦となったロシアW杯。世界王座を懸けてフランスとクロアチアが、3位入賞を目指してイングランドとベルギーが、それぞれ国のプライドを懸けて激突する。

今大会のアジア勢は、日本代表が唯一決勝トーナメント進出し、ラウンド16ではベルギーとの死闘を演じた。また、韓国はグループリーグこそ突破できなかったが、前回王者ドイツを最終節で破る金星を挙げるなど、世界にインパクトを与えることに成功したと言っていいだろう。

『FOXスポーツ』のアジア番記者であるスコット・マッキンタイア氏は、そんなアジア勢のロシアW杯ベストイレブンを選出。日本代表からは、最多6人が選ばれた。続く韓国とイランが2人ずつのため、日本の戦いぶりは高く評価されたようだ。

選出されたのは、両サイドバックを務めた酒井宏樹と長友佑都。中盤の底でチームの舵をとった柴崎岳、1トップでボールを収め続けた大迫勇也、そして香川真司と乾貴士が名を連ねている。

香川については「評判の悪い状態で臨んだが、ロシアでの2週間で時計の針を戻すことに成功した。ビルドアップでも重要な役割を果たし、疑いようのない日本の10番だ。コロンビア戦のPKでチームを成功の道のりに導き、インパクトを与えた日本において、その創造性で脅威になり続けた」と評している。

また、2ゴール1アシストを記録し、大会のスター候補にも名を連ねるようになった乾に関しては、「キャリアで最も素晴らしい瞬間」と絶賛している。

「何年もトップレベルでプレーしていたことを考えると、30歳でブレイクしたというのは驚くべきことだ。だが、今大会が彼の代表キャリアで最も素晴らしい瞬間だっただろう。左サイドに張っても中に切り込んでも絶えず脅威を与え、セネガルとベルギー相手にゴールを奪った。全体を通じて傑出した選手だった」


以下、『FOXスポーツ』マッキンタイア記者選出のアジアベストイレブン。

GK
チョ・ヒョヌ(韓国)
DF
酒井宏樹(日本)
長友佑都(日本)
マーク・ミリガン(オーストラリア)
モルテザ・プーラリガンジ(イラン)
MF
ソン・フンミン(韓国)
柴崎岳(日本)
オミド・イブラヒミ(イラン)
乾貴士(日本)
香川真司(日本)
FW
大迫勇也(日本)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000032-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索