Samurai Goal

酒井宏樹


スポンサード リンク





酒井宏樹。フランス中が「本当に好きな選手」マルセイユで確固たる居場所【リーグ・アン日本人選手の記憶】 

20200619-00010003-footballc-000-3-view

選手売却迫られるマルセイユ、酒井宏樹も放出候補か…仏メディアは複数のクラブが手を挙げると予想 

20200607-00010010-goal-000-1-view

日本代表DF酒井宏樹がマルセイユの地元病院に2万ユーロを寄付 

20200406-00372814-usoccer-000-2-view




1: 2020/04/06(月) 22:46:41.70
マルセイユの日本代表DF酒井宏樹が、地元の病院に寄付を行ったようだ。フランス『ラ・プロバンス』が伝えた。

報道によると、酒井は2万ユーロ(約235万円)をマルセイユの地元病院(パブリケ=オピトー・デ・マルセイユ)へ寄付したとのこと。新型コロナウイルス(COVID-19)と戦う医療従事者への感謝の気持ちを表したとのことだ。

酒井は、「何できるかを考えました。コロナウイルスと戦っている人々を助けるために、この寄付をしたいと思いました」と病院のスタッフのために記録されたビデオで語った。また「僕はネイマールのようなスーパースターではありません。十分かどうかもわかりませんが、僕ができる最大限のことで助けたいと思います」と語ったとのことだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200406-00372814-usoccer-socc

苦戦続く酒井宏樹、先発も途中交代。現地メディア単独最低点など低評価 

20200217-00362951-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/17(月) 13:54:18.69 ID:kv+a+4S89
フランス・リーグアン第25節のリール対マルセイユ戦が現地時間16日に行われ、アウェイのマルセイユが2-1で勝利を収めた。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹は先発で出場し、64分に交代するまでプレーしている。

12日に行われたクープ・ドゥ・フランス(フランス杯)のリヨン戦にも先発していた酒井は、リーグ戦では3試合ぶりの先発復帰。だが後半立ち上がりに失点して0-1となった状況で、最初の交代選手としてベンチに下がることになった。マルセイユは酒井の交代後の5分間で立て続けに2点を奪い、逆転勝利を収めることに成功している。

今季は低調なパフォーマンスによりフランスメディアから批判を受けることが多くなっている酒井。今節の評価も厳しいものとなった。『フランス・フットボール』誌はチーム最低タイとなる採点「4」をつけている。

『Footmercato』もチーム単独最低点の「4」をつけ、リールの攻撃に苦戦を強いられたと寸評。頻繁に酒井のサイドから攻撃を仕掛けてくるリールに対し、「デュエルで遅れを取ることが多すぎた」と述べている。

『Maxifoot』でも酒井に対する採点はチーム単独最低点の「4」。守備では注意深くプレーしていたがパスミスが多かったと指摘している。酒井に代えて投入された19歳MFマルレイ・アケが得点に絡むなど、交代が逆転に向けた転機となったことにも複数メディアが言及している。

マルセイユはこの勝利で3連勝、14試合連続負け無しとし、3位に11ポイント差をつけての2位に位置している。来季チャンピオンズリーグ出場権獲得に向け順調な状況だが、酒井は調子を取り戻すことができるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200217-00362951-footballc-socc
2/17(月) 13:30配信

<批判受ける酒井宏樹>元日本代表監督ハリル氏が擁護!「彼のような選手への批判は不快」 

1: Egg ★ 2020/01/29(水) 20:22:55.59 ID:bx8uJtp29
フランス1部のマルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は、今季のパフォーマンスが低調であるとして批判の対象となっているが、元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏は同選手を擁護している。仏紙『ラ・プロヴァンス』が29日付でコメントを伝えた。

 フランスの名門マルセイユで不動の右サイドバックとしてプレーを続けてきた酒井。プレーへの姿勢やプロ意識の面でも高く評価され、昨季はチームの成績が振るわない中でも奮闘していた選手としてファンの選ぶチーム年間ベストプレーヤーにも選出された。

 だが今季はチームがリーグアンで現在2位と好調な一方で、酒井のパフォーマンスは安定せず。「2016年にマルセイユにやって来て以来最もデリケートな時期を過ごしている」「あまり攻撃参加せず、クロスが味方に合うことは滅多になく、守備も雑。停滞どころか後退という印象」と仏紙は酒井の現状について述べている。

 しかし、現在モロッコ代表監督を務めるハリル氏は酒井への批判は不当だと訴えた。「いつも最高の状態でいられるわけではない。彼は格安で加入してクラブに多くをもたらしてきた。機械ではないのでペースが落ちることもある。彼のような選手を批判するのは不快なことだ」とハリル氏は語る。

 ハリル氏は酒井について「模範的な選手。日々の練習も規律面も素晴らしい」と絶賛。その上で、「もう少しずる賢くならなければいけない。もっとプレーを正確にし、最後のパスで相手の意表を突けるようにもするべきだ。攻め上がった時には中央に切り込んでシュートを打つところも見たい」とさらなる成長への課題も挙げている。

 マルセイユのアンドレ・ビラス=ボアス監督は、同サイドで息の合うプレーをしていたフランス代表MFフロリアン・トヴァンの長期離脱が酒井にも影響しているのではないかという考えも示している。今後のシーズン後半戦に向けてパフォーマンスを向上させていくことができるだろうか。

1/29(水) 19:51配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200129-00360019-footballc-socc

写真no title

マルセイユ酒井宏樹が「世界最高峰の監督」から熱視線!プレミア参戦間近か 

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/22(水) 07:20:14.27 ID:Q+vqQ0cu9
フランスのマルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹がイングランド・プレミアリーグへ参戦することになるかもしれない。

イタリアメディア「Tutto sport」は、英国の名門トッテナムを率いる名将ジョゼ・モウリーニョ監督が守備網の強化として酒井の獲得を模索しており、
現在チームの右サイドバックとしてレギュラーを確保しているコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエに代わって、酒井に先発の座を与える可能性があると報じた。

モウリーニョ監督は国内リーグ22試合を終えた段階での、31もの失点数に大きな不満を抱いており、その原因の一つとして、
後方エリアに大きなスペースを与え、対人プレーでもミスの多さが指摘されるオーリエのクオリティーを疑問視。そこで、攻守にバランスの取れた酒井に白羽の矢を立て、
また右サイドだけでなく、左サイドバックとしてもプレーできる日本人DFのユーティリティー性も高く評価しているという。

「トッテナムが酒井の獲得を熱望しているとの報道は今回が初めてではなく、前指揮官マウリツィオ・ポチェッティーノが在籍していた時期にも幾度か酒井への関心が報じられていたことから、
チームとして彼との契約を継続的に望んでいる可能性が高いです。酒井は2016年夏にドイツのハノーファーからマルセイユへ加入し、常に先発の座を保証され続け、累計ではすでに100試合以上に出場。
リュディ・ガルシア監督やアンドレ・ビラス・ボアス監督と、いずれもワールドクラスの指揮官から信頼を寄せられ、日本代表含め、様々な監督から常に高い評価を受けてきました。
今回、酒井へ熱視線を向けているとされるモウリーニョに至っては世界最高の指揮官の1人であり、ネットでも『モウリーニョに欲しがられているのだとしたら凄いこと』
『イングランドで見たい』『モウリーニョに戦術叩き込まれたらもっとすごくなりそう』という反応が出ています」(スポーツライター)

果たしてマルセイユからトッテナムへの華麗なるステップアップは実現するだろうか。
今後の続報に注目したい。

http://dailynewsonline.jp/article/2163929/
2020.01.22 06:00 Asagei Biz

no title

no title

<酒井宏樹>夏に続いて再びトッテナムの新戦力候補に!約28億7000万円以上という十分な補強予算が投入可能 

1: Egg ★ 2020/01/01(水) 12:52:58.11 ID:Rd3PxF479
フランス1部のマルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は、1月の移籍市場でプレミアリーグのトッテナムの新戦力候補になり得るという見方を英『スカイ・スポーツ』が伝えている。

 同メディアは1日から開始される冬の移籍市場に向けてプレミアリーグ各クラブの補強の見通しを分析。トッテナムについては、センターバックやアタッカーなどに加えて、右サイドバックも補強が検討されるポジションのひとつだとされている。

 その新戦力候補として挙げられたのは酒井と、ナポリのアルバニア代表エルセイド・ヒサイの2人。このポジションには2000万ポンド(約28億7000万円)以上という十分な補強予算が投入可能だとも述べられている。

 名門マルセイユでレギュラーとしてプレーを続ける酒井は、昨年夏にもトッテナムへの移籍の可能性が噂されていた。だがファンや監督などからの強い要望もありマルセイユ残留を選んでいる。

 昨季はチャンピオンズリーグ決勝進出を果たすなど大きく飛躍したトッテナムだが今季は苦戦し、マウリシオ・ポチェッティーノ前監督は11月に解任。ジョゼ・モウリーニョ監督が後任として指揮を執っている。

1/1(水) 12:25 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200101-00355947-footballc-socc

写真no title

「愛してるぜ」「俺もだよ」酒井宏樹とトヴァンの“ラブラブ”なやり取りにファンも歓喜  

20191129-00010031-goal-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/12/03(火) 19:16:03.95 ID:Puvvm4xt9
「サカイを好きにならざるを得ない」
マルセイユDF酒井宏樹とMFフロリアン・トヴァンは、絶対的な信頼関係で結ばれているようだ。

2016年にフランスの名門チームに加入した酒井。すぐさまチームにフィットすると、3年間で公式戦134試合に出場。左右のサイドバックだけでなくセンターバックとしてプレーするなどチームに欠かせない存在となり、昨シーズンはファンが選ぶ年間最優秀選手も輝いた。

そんな酒井について、右サイドでコンビを組むことの多いトヴァンは、以前から信頼を口にしていた。酒井自身も「公私ともに本当に信頼している」と語るなど、良好な関係を築いている。

現在は長期離脱中のエースについて、酒井は先日「最近練習場にいないので話す機会はないですけど、あれだけ素晴らしい選手と組んで、3年間一緒にやって来たので、少なからず恋しいという気持ちはもちろんあります」と、復帰を心待ちにしていると語っていた。

この発言を受けてか、トヴァンは28日に自身のツイッターを更新。酒井にメンションをつけ、「愛してるぜ、ブラザー」と投稿した。すると酒井も「俺もだよ、ボス」と投稿。SNS上で“ラブラブ”なやり取りを見せた。

これに対してファンは、「サカイを好きにならざるを得ない。最初から最後まですべてを捧げてくれて、ファンとクラブを本当にリスペクトしている」「ヒロキもフロリアンも愛してる」「君は家族だ」など、喜びの反応であふれている。

手術によって年内復帰は絶望と言われるトヴァン。その間にも酒井はここまでリーグ・アン11試合に先発して2位につける好調のチームを支え、最高の状態で相棒の復帰を祝う準備を着々と進めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00010031-goal-socc

元日本代表/戸田和幸評論 タジキスタン戦で見せた“特別な説得力“…「南野拓実」と「酒井宏樹」は日本の宝物  

1: Egg ★ 2019/10/17(木) 06:37:16.34 ID:4Lndp/VD9
移動やアウェー独特の雰囲気に人工芝と、最高のパフォーマンスを発揮するには難しい環境だったかもしれない。それでも日本代表は、今回のグループではおそらく一番力があると思われるタジキスタンを相手に、地力の差を明確に発揮し、望む結果を手にすることができた。

 相手が積極的にボールを奪いには来ない状況で、やや攻め急ぐ場面が多かったことや、所属クラブとは違うポジションでプレーした選手のパフォーマンスには物足りなさを感じたが、それとは別に、欧州でプレーする選手がそろう中でも酒井宏樹、南野拓実のパフォーマンスには、さすが欧州のトップレベルで日常を過ごしているなという特別な説得力を感じた。

 チームとして目指す方向性は持ちつつ、相手チームに対して効果的な戦い方を考案し、準備し、試合に臨むのが今のサッカーでは当たり前になってきている。この2人はそれら全てを常に頭に置きながら的確に「すべきこと」を見つけ、実行できる選手だ。攻守における的確なポジショニング、状況判断、そしてプレーの質がそろう彼らのような選手はめったに存在することはなく、日本にとっては宝物と言える。

 ゴールを奪うためにチームとしてどのように配置し、ボールを運んでいくべきかという点については、左サイドの連係面を含め改善の余地があるが、敵地アンフィールドでのリバプール戦であれだけの高いパフォーマンスを披露した南野のような選手がいてくれるという事実は、日本サッカーと代表チームにとって非常に頼もしく、未来を感じさせる。

 南野がオーストリアへ渡ったころからプレーを見てきた者として、彼の変化と成長には驚きつつ、明確な志を持つことと、それに適した環境を選ぶことが、いかに大切かということを感じる。代表での活躍ももちろん期待しているが、彼らのネクストステップがどこになるのかを心から楽しみにしている。(元日本代表MF)

10/16(水) 21:39配信 東京中日スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00010047-chuspo-socc

写真
no title

酒井宏樹の大ファンが練習場に。本人も少年の思いに「嬉しい。あの子達のためにいいプレーを」  

20191014-00342745-footballc-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/10/14(月) 19:24:40.80 ID:Vu0oiK349
日本代表は現地13日、タジキスタンの首都ドゥシャンベ市内で非公開練習を行なった。

 試合前ということもあってか、タジキスタンにはあまりアウェイを感じない。日本代表の練習にも地元のタジキスタン人が数多く詰めかけ、声援を送ってくれている。

 タジキスタンにはスポーツ専門のTVチャンネルが複数ある。24時間タジク語で放送されるサッカー専門チャンネルでは国内リーグやカップ戦、代表戦のみならずチャンピオンズリーグやプレミアリーグ、ラ・リーガ、ブンデスリーガなど世界の主要リーグの試合も視聴できるという。

 こうした絶好の視聴環境があるからか、タジキスタンには日本サッカーに関する知識を豊富に持ったファンが数多くいた。その中に、12日から日本代表の練習に通っていた1人の少年に驚かされた。

 名前はジャスール。マルセイユのファンで「将来はマルセイユでプレーするのが夢」という彼は、12日からずっと「サカイはどこ?」と探していた。「サカイはサムライだよ!」と目を輝かせ、日本代表の練習でDF酒井宏樹の一挙手一投足に目を凝らす。他の選手に関する知識や、世界各国リーグの事情も詳しい“オタク”ぶりは驚異的だった。

 憧れの選手を目の前にしたジャスールくんは積極的で、13日には酒井とのツーショット撮影にも成功。練習後には直接サインももらった。

 酒井にジャスールくんがマルセイユのファンだったことを伝えると、「そうなんですか。嬉しいことですし……タジキスタンの子どもですよね? ああいう子たちが(将来)ヨーロッパで(プレー)できるように、いいプレーを見せられればいいかなと思います」と笑顔を見せる。

 後ろを通りかかったMF原口元気が「あの子、『サカイはサムライだ!』って言っていたよ」と酒井に伝えると、そこでも嬉しそうに「マルセイユのファンらしいよ」と答える。憧れの選手との交流する、ジャスールくんの小さな夢が叶った。

 多くのタジキスタン人ファンからは「日本はアジアのトップ」と言われる通り、ワールドカップのアジア予選における日本代表は追われる立場。DF吉田麻也も言う通り「どの国もアジアで戦う時は日本とやるのを楽しみにしているし、日本を負かしてやろうとチャレンジャーの気持ちで戦いを挑んでくる」のだ。

 おそらく歓迎ムードは前日まで。日本代表に憧れの眼差しを向けていたタジキスタン人たちも、試合当日は目の色を変えて圧力をかけてくるはずだ。

 ジャスールくんは「試合は6-0で日本が勝つと思うよ」と、日本代表の勝利を予想していた。酒井ももちろんのこと、他の選手たちも重圧に負けず、タジキスタンサッカー界の指標となるようなプレーを見せることができるだろうか。

 そして憧れの選手を前に目を輝かせていた少年が、自国タジキスタンと戦うアイドルの姿を見てどんな感情を抱くかも楽しみだ。

(取材・文:舩木渉【タジキスタン】)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191014-00342745-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索