Samurai Goal

酒井宏樹


スポンサード リンク





マルセイユ対PSG「ル・クラスィク」同じミスでも…「酒井宏樹と長友佑都」のエグすぎる明暗 

スクリーンショット 2021-02-08 20.38.10

酒井宏樹、フランス語を話せない批判について「覚えるべきことは覚えないといけない」 

スクリーンショット 2021-01-26 21.04.22




1: 2021/01/26(火) 20:08:46.29 _USER9
マルセイユの酒井宏樹は、22日の会見の中で、フランス語を話せないことへの批判について言及した。

2016年のマルセイユ加入から、5シーズン目を迎えた酒井。フランスの名門でサイドバックの主力としてここまで公式戦172試合でプレーするが、その間試合中のパフォーマンスのみならず、言語面に関しても何度が批判の矛先を向けられたことがある。

23日のモナコ戦前のプレスカンファレンスに出席し、冒頭でフランス語を披露した酒井は、クラブ首脳陣やアンドレ・ヴィラス=ボアス監督からフランス語を話せないことを指摘されたことについて「ここで仕事をする以上、覚えるべきことは覚えないといけないと思います」と批判を認める。

それでも「ただ、僕はフランス語を話せないときも、今も、自分のすべてを懸けて戦っています。そのことに関しては、フランス語を喋られる、喋られないで変わったことはありません」と常に全力でマルセイユのために戦っていることを強調した。

さらに、直近のリーグ戦7試合で1勝のみと調子を落とす現状を受けて「もちろん、結果が出ていないことがすべてですし、1勝がすべてを変えるので、みんなが一つになって進んでいくしかないと思います」と話した日本代表DFは「去年も監督を信じてやって来て、僕らは2位という結果を掴みましたし、信頼性に関してはまったくぶれていないです」と指揮官への信頼を強調している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3d153dce109e8125cde163dac96572ba297e62d0

酒井宏樹、マルセイユ会長からの批判受け入れ「フランス語を覚えるべきなのは確か」 

スクリーンショット 2021-01-23 17.29.40

内田&長友をも超える“日本No.1”サイドバック? 大型SB酒井宏樹の凄さ 

スクリーンショット 2021-01-23 8.56.29

長友佑都に低評価「マルセイユの弱点」。酒井宏樹は上々 

1: 2020/12/13(日) 15:21:08.94 _USER9
フランス1部リーグアン第14節が現地時間12日に行われ、マルセイユはモナコに2-1で勝利した。この試合では長友佑都と酒井宏樹がフル出場。現地メディアは、長友に厳しい評価を付けている。

 リーグ戦で3試合ぶりの先発となった長友は、左サイドバックに。右サイドには酒井が入り、両サイドバックを日本人選手が務めることになった。


 長友は開始5分、相手のミスを逃さずボールを奪取。そこからマルセイユの先制点が生まれている。しかし、その後は苦しめられ、モナコに長友のサイドを狙われる展開となった。52分にはペナルティエリア内でボールが長友の手に当たり、VARで確認することに。ただ、その前に酒井に対するファウルがあったということで、PK献上は逃れている。

 5段階で評価する『actufoot』は、長友に対してチームワーストタイとなる下から2番目の採点。「マルセイユの弱点」と厳しく評価し、「相手のチャンスは常に彼のサイドからだった」と指摘した。「空中戦で落ち着いているが、彼が守備にかける負担を補うのには十分ではない」と記している。酒井に対しては、長友より1段階上の評価だった。

 10点満点で採点する『footmercato』も長友にチーム最低タイの「4.5」を付け、「明らかにリズムが欠けている。しばしば(相手右サイドの)ディオプに振り切られた」と記した一方で、酒井には「6」を付けている。

 同じく10点満点の『Le Phoceen』は、長友に単独でチームワーストとなる「4」の低評価。「再び技術的なミス」があったと指摘した。「ボール奪取で先制点に絡んだ」ところは評価しつつも、「52分にはエリア内でハンド。幸運にも酒井がファウルを受けていた」と、対応に不注意があったとしている。同メディアは酒井に「6.5」と好評価だった。

 各メディアで厳しい評価を受けている長友だが、アンドレ・ビラス=ボアス監督の信頼は変わっていないという。指揮官は試合後、「マンチェスター・シティ戦とモナコ戦と連戦だった。佑都には満足している。彼が我々に経験をもたらしてくれることをうれしく思う」とコメントを残した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6bd0067ba2eb51be234b9323b388616cc6bd3fef
no title

「出たことでしか分からない」酒井宏樹が語る初挑戦のCLとELの違い「罪を犯したかのように叩かれる」 

スクリーンショット 2020-11-16 13.24.49

マルセイユ酒井宏樹、エムバペらベスト11選出 仏紙 

スクリーンショット 2020-10-20 7.34.11




1: 2020/10/19(月) 20:56:42.57 _USER9
フランス1部マルセイユの酒井宏樹(30)が、パリサンジェルマンFWキリアン・エムバペ(21)、リヨンFWメンフィス・デパイ(26)らとともに、フランスリーグ・アン第7節で、レキップのベストイレブンに選ばれた。19日付のフランス紙レキップ紙が報じた。

同紙によると、酒井は3-1で制した17日ボルドー戦(ホーム)で1アシストを記録し、6回のボール回収に加え、敵陣でのパス成功率は88・9%だった。

同じくベストイレブンに選ばれたフランス代表のエムバペは、16日ニーム戦(アウェー)で2ゴールを決め、オランダ代表のデパイは、18日ストラスブール戦(アウェー)で3アシストに成功していた。(松本愛香通信員)

https://news.yahoo.co.jp/articles/26e715ecc4c953356f676b95d9749c5d4bb351fc

<マルセイユのアンドレ・ビラスボアス監督>酒井宏樹の対応称賛!「立派な人だ」「とても人間味がある」 

1: 2020/10/03(土) 21:22:45.32 _USER9
9月13日に行われたフランスリーグ第3節パリ・サンジェルマン-マルセイユ戦で、ネイマールとアルバロ・ゴンサレスによる人種差別発言をめぐる騒動について、
マルセイユのアンドレ・ビラスボアス監督が、10月2日にコメントを出した。また、所属する日本代表DF酒井宏樹(30)の態度は立派だとほめたと、3日のフランス紙レキップが報じた。

ビラスボアス監督は「我々は満足し、パリも満足している。我々は続けていく。私は、サッカー界における人種差別とホモフォビア(同性愛嫌悪)に常に反対するつもりだ。
アルバロ(ゴンザレス)は人種差別主義者ではないし、ネイマールも人種差別主義者ではないと私は確信している」と述べたという。

さらに、同紙は、酒井がインスタグラムで、ネイマールから「人種差別発言」の被害を受けていないと説明していたとし、これについて、同監督が言及。

「酒井は立派な人だ。あなた方はネイマールと彼(酒井)の間の口論の映像を見ましたね。彼の態度を見ると、それはとても人間味がある。
我々は彼のこの良い態度に慣れている。彼もまた頭からこの件を離したかったのだと思う。これは彼の立派な行為だ」とほめたたえたと伝えた。

10/3(土) 20:06配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/1c0e7b76637ca83f69f54b74254df0982ed9b5fd

写真
no title


【サッカー】<ネイマール「クソ中国人」差別発言>DF#酒井宏樹(マルセイユ)は許したが…中国人ファンの怒り収まらず #はと [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1601655626/

<ネイマール「クソ中国人」差別発言>DF#酒井宏樹(マルセイユ)は許したが…中国人ファンの怒り収まらず 

1: 2020/10/03(土) 01:20:26.19 _USER9
フランス1部マルセイユの日本代表DF酒井宏樹(30)がブラジル代表FWネイマール(28=パリ・サンジェルマン)から「クソ中国人」発言を受けた疑惑について、
自身のSNSで「ささいな出来事で差別とは全く関係ありません」と言及したが、中国サッカーファンのネイマールに対する怒りは消えそうにない。

酒井の発言は中国でも「酒井は『誰も私に差別発言をしていない』とはっきり言った」「日本選手はネイマールを弁護」なとど報道された。
ただし、中国ではネイマールの行動は〝黒〟認定。捜狐体育で取り上げられた記事では「酒井はネイマールを大目に見たが、中国のサッカーファンの中では、ネイマールの印象は非常に悪くなった」と指摘した。

中国サッカーファンからも「酒井は素晴らしいね」と評価する一方「あなたは日本人で、中国人じゃないから差別されたと思わなかった」「日本人は謙虚だな」「ネイマールは人じゃないからか?」という声が上がっている。

10/2(金) 22:03配信 東スポ
https://news.yahoo.co.jp/articles/5345638b9fe649d3a0aa4b5ded580e88b4e5ee77

写真
no title


【サッカー】<ネイマール>酒井宏樹に「クソ中国人」発言疑惑の独占映像公開!「日本人は立派」「厳罰を」 #はと [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1601480115/

酒井宏樹 、ネイマールの処分なしに「安堵してる。何か言われたとしても些細な出来事。差別とは全く関係ない」 

1: 2020/10/02(金) 08:20:26.38 _USER9
10/2(金) 7:17
配信
GOAL
酒井宏樹、ネイマールの処分なしに「何か言われたとしても些細な出来事。差別とは全く関係ない」

マルセイユDF酒井宏樹が自身のインスタグラムを更新し、同僚DFアルバロ・ゴンザレスとパリ・サンジェルマン(PSG)FWネイマールの処分なしについて自身の考えを示した。

リーグ・アン第3節で行われた“ル・クラスィク”。1-0でマルセイユが勝利した一戦では、終盤に両チームの選手が入り乱れて乱闘に発展。ゴンザレスを殴って一発退場を命じられたネイマールはその後、マルセイユDFから人種差別を受けたことを告白。しかし、ブラジル代表FWに対しても、ゴンザレスへの同性愛嫌悪発言の嫌疑がかけられていた。マルセイユはネイマールが差別的発言をした場面を捉えた証拠を持ち、これをLFPに提出したと見られている。

そんな中フランス・フットボールリーグ(LFP)は30日、ネイマールとゴンザレスの件に関して「調査、ヒアリングの結果、試合中のアルバロ・ゴンザレスからネイマールへの、またネイマールからアルバロ・ゴンザレスへの差別的な言動を裏付けるに十分に納得できるだけの証拠がなかった」と処分しないことを発表している。

なおネイマールにはこの他、酒井への人種差別的な発言があったとスペインメディアを中心に報道が過熱していた。しかし、LFPは今回の声明でこの件には触れていない。

酒井はLFPの発表後、自身のインスタグラムを更新。「この2週間、中々サッカーに集中できる環境ではありませんでしたが、対象の2人の選手に制裁がなかったことに安堵しております」とし、「今回の件に関してですが、もし仮に何か言われたとしてもお互い熱くなっている試合中の些細な出来事であり、差別とは全く関係ありません」と綴った。

最後に「もう全て終わった事であり、今回はマルセイユが勝ったというだけの事です。また伝統あるマルセイユとパリの熱いダービーを皆さまにお見せできるよう引き続き努力していきます!」と締めくくっている。


https://news.yahoo.co.jp/articles/30d290273cdee5faf4a9a84d30779b21b09dfe84
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索