Samurai Goal

選出


スポンサード リンク





まさに自業自得 本田圭佑の東京五輪「OA枠」選出は絶望的 

1: 2021/02/17(水) 06:43:14.51 _USER9
2/17(水) 6:15配信
東スポWeb

過去と取り戻せない…

 元日本代表MF本田圭佑(34)が〝あの問題〟で東京五輪代表入りが絶望的となっている。

 本田は選手登録上の問題で今季はポルトガル1部ポルティモネンセでプレーできず、新天地を探している。16日に自身がパーソナリティーを務めるニッポン放送「本田圭佑『NowVoice』」に出演(収録は13日午後6時)し、オファーの状況について「いくつかあるけど、自分の中で納得できるところからまだ来ていない」と難航していることを明かした。

 オファー自体はあるだけに近日中に新天地が決まる模様だが、たとえ移籍先で活躍しても五輪代表の座は厳しい。猛批判を浴びた新型コロナウイルス禍でのパーティー開催がネックになるからだ。

 大手広告代理店関係者は「世間がコロナでピリピリしている中で大人数での送別会を行ったことで相当なイメージダウンになっている。スポンサー企業はコロナに関連した騒動にはナーバスになっているし、東京五輪が開催されても本田選手が選ばれるのは、いかにもまずいでしょう」と指摘する。

 もちろん、スポンサーが代表選出に口を挟むことはないが、このタイミングで本田を選べば森保ジャパンに世論から批判が集中する可能性が高い。スポンサー側もいい迷惑だけに、本田選出に反対するムードが醸成されそうな雲行きだ。代表側も、これまで戦力と見ていない本田の招集を、あえて逆風の中で強行する理由がない。

 パーティー騒動は、本田にかすかに残されていた五輪への道も閉ざすことになりそうだ。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/f0191bc9e2dd272713aee81ac59c1e02701886ff

「この選考はがっかりだ」本田圭佑ら選出の“アジアTOP3”に中国メディアが嘆き! 韓国サイトは反論「そのレベルにない」 

スクリーンショット 2021-02-09 17.10.11

なぜ独走Vの川崎フロンターレからMVPが選出されなかったのか? 

1: 2020/12/23(水) 19:41:07.19 _USER9
 今シーズンのJリーグで活躍した選手や監督、クラブ、審判などの功績を讃える恒例の年間表彰式、Jリーグアウォーズが22日夜にオンライン形式で開催され、MVPにあたる最優秀選手賞に28ゴールをあげて得点王を獲得した、柏レイソルのケニア代表FWオルンガが輝いた。

 2位以下のチームの追随をまったく許さない、歴史的な独走劇でJ1リーグを制した川崎フロンターレからは、史上最多となる9人もの選手がベストイレブンに名前を連ねた。しかし、11人のなかから選出される最大の個人タイトル、最優秀選手賞には誰も手が届かなかった。

 DAZN(ダ・ゾーン)などで動画配信された今年のJリーグアウォーズ。ハイライトへのプロローグとなるベストイレブンの発表は、まるで川崎の先発メンバー紹介のような光景と化した。
 守護神チョン・ソンリョンに続いて、最終ラインの山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平、中盤の家長昭博、田中碧、守田英正、三笘薫と主力メンバーの名が9人連続で呼ばれたからだ。この時点で1994シーズンのヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)、2002シーズンのジュビロ磐田、そして2018シーズンの川崎の7人を超える、史上最多のベストイレブン輩出が決まった。

 フォワード陣になって鹿島アントラーズのエヴェラウド、柏のオルンガと川崎以外の選手が初めて登場する。そして、村井満チェアマンが最優秀選手賞受賞者として、オルンガの名前を読み上げた。
 同一チームから7人がベストイレブンに選出された過去の3回は順にDFペレイラ、FW高原直泰、2年前の家長とすべて王者から最優秀選手が選出されている。しかし、今回で28回目を迎えたJリーグアウォーズの歴史そのものを振り返ってみれば、約3分の1にあたる下記の9シーズンにおいて、最優秀選手賞受賞者が優勝チーム以外から選出されている。

【1995年】ドラガン・ストイコビッチ(名古屋グランパス)優勝:横浜マリノス【1998年】中山雅史(磐田)優勝:鹿島【1999年】アレックス(清水エスパルス)優勝:磐田【2000年】中村俊輔(マリノス)優勝:鹿島【2001年】藤田俊哉(磐田)優勝:鹿島【2003年】エメルソン(浦和レッズ)優勝:マリノス【2007年】ポンテ(浦和)優勝:鹿島【2013年】中村俊輔(マリノス)優勝:サンフレッチェ広島【2016年】中村憲剛(川崎)優勝:鹿島

 オルンガは名だたるメンバーに続く、リーグ優勝チーム以外から選出された延べ10人目の最優秀選手となった。加えて、柏の今シーズンの順位である7位はこれまでで最も低かった、エメルソンが受賞した2003シーズンの浦和の年間総合6位をさらにひとつ下回っている。

 対照的に史上最速となる、4試合を残して今シーズンのJ1リーグを制した川崎は勝利数26、勝ち点83ポイント、総得点88、得失点差プラス57、2位との勝ち点差18ポイントと、J1が年間34試合体制となった2005シーズン以降の最多記録をことごとく更新。最終的に「3」にとどめた負け数も歴代最少を更新するなど、異次元の独走劇に新記録ラッシュで花を添えた。

写真
no title


12/23(水) 5:30 THE PAGES
https://news.yahoo.co.jp/articles/3881221807ffebc88b320b566f7d9d2cb694dea6

ピピ中井、03年生まれ世界で才能ある60選手選出 

スクリーンショット 2020-10-09 11.32.33

<本田圭佑>名言トップ10選出!8位は「日本では窮屈で、海外の2mの男とけんかしたい日本人もいる」 

1: 2020/06/03(水) 23:11:34.49
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「日本では窮屈で、海外の2メーターの男とけんかしたい日本人もいるわけです」

名門ACミラン(イタリア)在籍後、本田はパチューカ(メキシコ)、メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)、フィテッセ(オランダ)、そして現在のボタフォゴ(ブラジル)と、世界中を渡り歩いている。

年齢を重ね、ベテランとなり、年俸もそれなりに高い。現在は、サッカー選手としては異例の1年か、それより短い期間の契約を望んで、新天地を選んでいる。

交渉するクラブにしてみれば、長期契約のリスクがない反面、基本的に出て行く際に移籍金を得られず、長期のビジョンは描きにくい。

それでも、刺激とやりがいを求め1年契約を軸に新天地選びを重ねてきた。

同時に、Jリーグへの復帰だけは明確に否定し続けている。

ミラン退団が決まっている中で、日本代表の合宿に合流した2017年6月1日、今から3年前、J復帰について問われ、明確にこう言い切った。

「悪く取らないで下さい。正直言うと、日本という選択肢は考えたことがない。日本には、僕がいなくても頑張っている選手がいる。日本では窮屈で、海外の2メーターの男とけんかしたい日本人もいるわけです。そういうところに刺激を求めていくやつも何人かは、日本人として、いないといけないというところで、我々の役割分担も職種に限らず、あるということです」

小さいころから、腕っ節は強かった。こういった、どこか昭和のガキ大将的な姿を想像させる発想や生き方、発言が、また興味をひきつけるところでもある。

08年1月にJ1名古屋グランパスからVVVフェンロ(オランダ)に移籍し、海を渡ってはや13年目。一貫して日本の良さ、日本人のプライドを胸にプレー。「日本人をなめるなというところを伝えてきた。人生において一番価値のある戦い」と、実践してきた。

サッカー王国、ブラジルでの新たな挑戦に際しても、今年2月のボタフォゴ入団会見で「ブラジルと日本の差がまだまだ歴然とある。日本人がブラジルで活躍するのは極めて難しい状況」とした上で「良い意味で成長した日本人代表として、ブラジルに恩返しの意味を込め、ここで何とか活躍したいな、ブラジル人たちに認められたいなと思っています」と話した。

新型コロナウイルスの感染拡大が続くブラジルでは、公式戦再開はまだ見通せない状況だが、その時がやってくれば「けんか」で堂々と戦って勝つことができるよう、本田は今も毎日トレーニングを続けている。

6/3(水) 16:24 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/65636b3c5f2470f724f30d24da39092d1ef9601d

写真
no title


【サッカー】<本田圭佑>名言トップ10選出!9位は「持ってるな」 [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1591097883/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索