Samurai Goal

遠藤航


スポンサード リンク





遠藤航は“替えのきかない主軸” いまブンデスで最も熱く、才能溢れるシュツットガルトでの重要任務とは 

スクリーンショット 2021-01-22 22.00.30

遠藤航をビッグクラブが調査中?敵将が異例の名指し言及「厳密に調査を進めている選手と確信」 

スクリーンショット 2020-12-23 15.16.22




1: 2020/12/23(水) 07:39:22.74 _USER9
対戦前の会見で発言

シュトゥットガルトは23日、年内ラストマッチとなるDFBポカール2回戦でフライブルクと対戦する。相手チーム率いるクリスティアン・シュトライヒ監督は、対戦を前に日本代表MF遠藤航がビッグクラブの関心を集めていると語った。

現地時間23日に行われるDFBポカール2回戦では、ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州に所在する2チームのダービーマッチが実現。昇格組ながらボルシア・ドルトムントを5-1と粉砕するなど好調なシーズンを過ごすシュトゥットガルトが、開幕節での今季最初のダービーを制してからはしばらく白星から遠ざかるも、ここに来て5試合負けなしと復調するフライブルクをホームに迎える。

シュトライヒ監督はこの一戦に向けた記者会見で、シュトゥットガルトについて「彼らはスカッドの層に厚さがあり、クオリティが非常に高い」と警戒心を示すと、「シュトゥットガルトはプレー能力が高ければ、個の力も備えている。これからさらに上にいけると思うよ。(メンバーを)ある程度キープできれば、この先2年でまったく別のレベルに突き進むだろう」とも予想した。

さらにシュトゥットガルトの特徴について問われた同監督は、2選手について名指しで言及。「『エンドウ』と言うだけで十分だろう」と前置きしつつ、日本代表MFらについて以下のように続けた。

「ワタル・エンドウは、非常に大きなクラブが厳密に調査を進めている選手であることを私は確信している」

「ほかにも何人かの名前をあげることができる。彼らの個の力はなかなかのものだ。この前だってササ・カラジッチがウニオン・ベルリン戦で途中出場して、2ゴール叩き込んでいる。いずれも美しいゴールだったし、そのプレーはほぼワールドクラスと言えただろう」

リーグ公式サイトによれば、遠藤はブンデスリーガ第13節消化時点でデュエル勝利数「211」と、同カテゴリーの2位に大差をつけながら首位を独走。シュトライヒ監督は遠藤のプレーについては具体的には語らなかったものの、そのデュエルの強さに強い印象を受けたようだ。いずれにせよ、相手チームの会見で敵将に名前をあげられたことは、遠藤がそれだけの存在感を発揮している証と見ていいかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c732ed7761c36612efb2f8993230873c16401855
12/23(水) 7:22配信

DF 遠藤航
背番号3
身長/体重176cm/73kg
生年月日1993年2月9日
国籍/出身地日本

遠藤航、開幕11試合連続フル出場でドルトムント粉砕に貢献! シュトゥットガルトが5発で圧倒 

スクリーンショット 2020-12-13 6.58.18




1: 2020/12/13(日) 01:25:18.23 _USER9
ブンデスリーガ第11節、ボルシア・ドルトムント対シュトゥットガルトが12日にシグナル・イドゥナ・パルクで開催された。

ここまで勝ち点19で4位のドルトムントと、勝ち点14で8位に位置するシュトゥットガルトが相まみえた。ドルトムントはレイナ、サンチョ、ロイスの前線で、16歳のムココをベンチに。一方のシュトゥットガルトは遠藤航が開幕から11試合連続で先発し、3-4-2-1の守備的MFとしてピッチに立った。

試合のファーストチャンスは遠藤が演出する。3分、バイタルエリアで前を向いた遠藤が力強く右足を振る。鋭いシュートをゴール左に飛ばしたが、これはGKビュルキのセーブに遭う。さらに7分にはペナルティアーク手前からのFKでキッカーのソサがゴール左上に巻いたシュートを飛ばす。しかし、ここもGKビュルキのファインセーブに阻まれて先制点とはならない。

ハーフタイムにかけてはドルトムントが巻き返すが、25分にはゴール前に抜け出したクリモヴィッチがエムレ・ジャンに倒されてシュトゥットガルトがPK獲得。これをワマンギツカが冷静に沈め、アウェーチームが先手を取った。その後も効率よくチャンスをつくるシュトゥットガルトの中で、遠藤は好スルーパスを出すなど攻守に印象的なプレーを見せる。

だが、39分にはドルトムントの逸材が魅せる。ラファエル・ゲレイロのフィードからボックス左付近に走り込んだレイナがワントラップしてループ気味にシュート。これが決まり、18歳レイナの圧巻のゴールによりドルトムントが試合を振り出しに戻した。

それでも迎えた後半、シュトゥットガルトが再び一歩前に出る。52分、高い位置でパスカットに成功したマンガラがそのまま仕掛けてボックス右で折り返し。最後は正面のワマンギツカが2試合連続ドッペルパック(2ゴール)となる勝ち越し弾を挙げた。勢いに乗るシュトゥットガルトは60分にもソサのラストパスから正面のフェルスターが決めて、一気に3-1とする。

さらに、63分にもショートカウンターからボックス右のクリバリがゴール左にコントロールシュートを沈め、4-1としたシュトゥットガルト。その後、ムココも投入したドルトムントに対し、アディショナルタイムには再びカウンターからイバン・ゴンザレスが5得点を奪取。見事な大勝で今季初のリーグ戦連勝を飾った。

■試合結果
ドルトムント 1-5 シュトゥットガルト

■得点者
ドルトムント:レイナ(39分)
シュトゥットガルト:ワマンギツカ(27分、53分)、フェルスター(60分)、クリバリ(63分)、イバン・ゴンザレス(90+2分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b56c2aaf0b235347936e7c526605904f249c6291

遠藤航を発掘し、レバンドフスキらを見出した敏腕スカウトが「キャリア最大の発見」と語った日本人選手は? 

スクリーンショット 2020-12-04 17.03.01

遠藤航にドルトムントやアーセナルでプレーする可能性があった…シュトゥットガルトSDが明かす 

スクリーンショット 2020-12-02 6.52.28




1: 2020/12/01(火) 22:12:23.10 _USER9
「バックアップとして検討していた」
シュトゥットガルトの日本代表MF遠藤航は過去に、ボルシア・ドルトムントやアーセナルが獲得に動く可能性があったようだ。現所属クラブのスヴェン・ミスリンタートSD(スポーツディレクター)が明かした。

昨夏ベルギーのシント=トロイデンから加入した遠藤は1部昇格組シュトゥットガルトの中盤においてもはや不可欠な存在としての地位を確立。デュエル数、デュエル勝率といった個人スタッツでブンデスリーガ首位の数字を叩き出している上、攻撃面でも精度の高いフィードなどで貢献する日本代表MFは、周囲からの絶賛が止まらず、スカウト時代から“ダイヤモンド・アイ”との異名で知られるミスリンタートSDの手腕を象徴する選手の1人と見られるようになっている。

そして、同SDはインタビューを受ける際には必ず遠藤に関する質問も投げかけられることに。ドイツ『SWR』のスポーツ番組に出演した時にも「一番目覚ましい成長を見せるのはブンデスリーガで145本のデュエルを制し、最もデュエルに長けているワタル・エンドウだと思うが、どうやって彼を見つけたのか」と問われている。すると、ドルトムントやアーセナルでチーフスカウトを務めてきた同SDは次のように語った。

「ワタルのことは結構前から知っていたよ。元はと言えば、ドルトムントやアーセナルでも彼のことをバックアップとして検討していたんだ。だが、彼はベルギーの比較的小さなクラブに移籍し、幸いなことにそこでは彼が輝く守備ラインの前の中央の位置で起用されなかった。それで彼を低めな額の買い取りオプション付きでレンタルするチャンスが浮上し、私は早い段階からシュトゥットガルトとしては良い補強になるという判断に至った」

「面白いのは、彼が最初の(先発出場した)試合だった、我々が勝ったカールスルーエとのダービーマッチでまさに今もブンデスリーガで続けているプレーを見せていたことだ。レベルが変わっても、(それをできることに)私はもはや驚きを感じないよ。彼は我々のボディーガードであり、オレル・マンガラとともにセントラルMFの心臓なのだからね。オレルも含めて言うべきだと思うが、彼ら2人は素晴らしく働いており、現在うちで起こっていることにおいてものすごく重要なファクターだよ」

遠藤は2011年1月に湘南ベルマーレのトップチームに昇格し、16年1月からは2年半浦和レッズでプレー。09年9月~17年11月までドルトムントで、17年12月~19年2月までアーセナルでチーフスカウトだったミスリンタートSDだが、遠藤がいずれかに加わっていた場合、どのようなキャリアを過ごしていたのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3bfad2777f4a8db2863ea7c1a16b9d59f52fc4ee

日本代表 遠藤航がシュツットガルトと24年まで契約延長 デュエル勝利数はリーグトップ 

1: 2020/11/26(木) 23:35:38.73 _USER9
ドイツ1部シュツットガルトは26日、日本代表MF遠藤航(27)との契約を2024年6月30日まで2年間延長したと発表した。

 遠藤は19年8月にベルギー1部シントトロイデンから期限付き移籍で当時2部のシュツットガルトに加入。20年4月に完全移籍へ移行し、22年6月末までの契約を結んでいた。

 今季はここまで全8試合にフル出場し、デュエル勝利数はリーグトップの133回を誇るなど存在感を放っている。シュツットガルトは28日に本拠地で王者バイエルン・ミュンヘンと対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9dd7ac730750aea968f4f1f5fb6b4295248b755e
no title

ポスト長谷部との呼び声高い遠藤航、ブンデスで評価を急上昇させた進化の裏側 現在デュエル勝利数がリーグ1位 

1: 2020/11/17(火) 19:10:25.69 _USER9
10月に続いて欧州組のみによる親善試合を行っているサッカー日本代表。その中で、うなぎのぼりに評価を高めているのがボランチの遠藤航(シュツットガルト)だ。

 オランダ遠征では第2戦のコートジボワール戦に先発。第1戦のカメルーン戦で守備に追われることの多かった日本に安定感をもたらし、1-0の勝利に貢献した。

 今回のオーストリア遠征でも好調は継続中だ。後半から出場した13日のパナマ戦では、前半に苦しんだチームを攻守においてギアアップさせ、1-0の勝利の原動力となった。スポーツデータ配信会社『Opta』の公式ツイッターによれば、パナマ戦では45分間のみの出場ながら、デュエル勝利数は日本チーム2位の10回。敵陣へのパスは17本で、成功15本、成功率は両チームを通じてトップの88・2パーセントだった。

 ボランチというポジションもさることながら、16年リオデジャネイロ五輪では主将を務めており、キャプテンシーの面でも“ポスト長谷部誠”との呼び声が高い遠藤。評価を急上昇させている進化の裏側を紐解く。

「最近はデュエルマスターと呼ばれるようになっていて」

 オンライン会見の画面越しに語る遠藤は、笑顔も交えた充実の表情を浮かべてそう言った。自身の言葉通り、今季からプレーするブンデス1部では、7節を終えた時点でデュエル勝利数がリーグ1位の116回を記録し、ドイツメディアから絶賛されている。

「開幕当初は気にしていなかったし、まさか僕が上位争いをするとは思っていませんでしたが、データを見るようになってからはそこで1位を取ることを目標にやるようになっています。シーズン終了時にも球際勝率1位でいられるようにしたいですね」

 ブンデス1部ではリーグ公式データとして「ツヴァイカンプフ(1対1の競り合い)」の数字がランキング化されている。もともとデュエルの強かった遠藤にとって、守備能力の数字による可視化がプレゼンスを高めるうえで追い風となったのは間違いない。

 もちろん、デュエルそのものの向上もある。

「まず、フィジカルベースは間違いなく上がっています。それと、海外の相手に対してもあまり駆け引きをせずにバチバチと当たっていくというのを特に意識をしています。駆け引きも重要だけど、基本的にはしっかり当たりに行って奪うことを大事にしています」

 では、当たりに行けるようになったのはなぜか。遠藤は頭脳とフィジカルを挙げる。

「しっかり当たるためには、良いポジショニングから良い守備をしていかないといけない。ボールホルダーや(ボールを持っていない)相手、そして、味方のポジションがどういうところにあるのか、常に頭を使いながら自分のポジションを置いています」

 フィジカル面はどうか。遠藤は「アプローチのスピードなどが良くなってきている」と言いつつ、「それに加えて、1対1でシンプルに負けないという気持ちのベースが向上していると思う」と分析した。

 一方、攻撃面に目を移すと、ここで遠藤が本格的に武器としつつあるのが、縦パスの技術だ。これまで日本代表でボランチを任される選手は、守備的なタイプである場合、どうしても攻撃面が弱点となっていた。遠藤には「もともと縦パスは持っていた」という自負もあるが、国際Aマッチで全幅の信頼を得るまでには至っていなかったはず。しかし、パナマ戦では一段上にいった印象を残した。

 その象徴が、60分に2列目の久保建英に当てたくさびだ。速さも軌道もタイミングも完璧な縦パス。日本は久保のラストパスを受けた南野拓実がペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。南野が決めて1-0の勝利につながった。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/56d15f24906b14d92c55a91886fb40f09c50b42e
no title

ブラジルメディアが遠藤航をパナマ戦MOMに選出。久保建英や鎌田大地も高評価 

1: 2020/11/14(土) 14:52:07.31 _USER9
 日本代表対パナマ代表の国際親善試合が現地時間13日に行われ、日本代表が1-0で勝利を収めた。ブラジルメディア『グローボエスポルチ』では、後半から交代出場したMF遠藤航をこの試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選んでいる。

 前半はパナマにゴールを脅かされる場面もあり、スコアレスドローで折り返した森保ジャパン。後半には南野拓実が自ら獲得したPKを決めて先制し、追加点は奪えなかったが終盤には10人の相手に対して立て続けにチャンスを生み出していた。


『グローボエスポルチ』では「日本は3バックでの戦いも良いオプションになり得ることを示した」とのタイトルでこの一戦について詳報。日本代表の戦い方について分析し、個々の選手についても採点と評価を記している。

 特に高く評価されているのは、後半開始から交代出場してボランチに入った遠藤。10点満点で「7.0」の採点をつけてMOMに選び、「後半にチームを改善した立役者の一人。ほぼ全てのデュエルに勝利し、ボールロストは一度だけだった。攻撃に繋がるパスも良く、エリア前でFKも獲得。ブンデスリーガでの好調を代表チームにも持ち込んだ」と評している。

 久保建英と鎌田大地も遠藤と並ぶ「7.0」と高めの評価。久保については「初ゴールはまだだが非常に期待を高めるパフォーマンス」、鎌田については「彼にとって代表でのベストゲーム。わずか20分で浅野(拓磨)を3回、三好(康児)を1回ゴール前に送り込んだ」とコメントしている。

 その他の選手たちの採点は植田直通、板倉滉、南野、原口元気が「6.5」、GK権田修一、室屋成、橋本拳人、三好、浅野が「6.0」、吉田麻也と柴崎岳が「5.5」。長友佑都が「5.0」で単独最低点とされ、「ほとんど攻撃に顔を出さなかった。チームが前半に低調だった一因」と述べている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3dd866a9bc0ecc654e52c6f2c6a0d876eef589ab
no title

日本代表パナマ戦 遠藤航が〝デュエル〟で強み 得点起点の縦パスに手応え 

1: 2020/11/14(土) 09:07:57.51 _USER9
 日本代表MF遠藤航(27=シュツットガルト)が、1―0で勝利した13日の国際親善試合パナマ戦で後半開始から投入され、存在感を発揮した。

 守備的MFとして攻守にわたって特徴を出して流れを引き寄せた。MF南野拓実(25=リバプール)がペナルティーエリア内で倒されて得たPKで先制点を決めたシーンでは、その起点となる縦パスをMF久保建英(19=ビリャレアル)に供給。もちろん、デュエル(1対1の場面)の強さもしっかり出した。

 ドイツ1部第7節終了時点で勝利数116回を記録し、単独トップに立っている強さは、日本代表でも大きな武器となっている。

 遠藤は得点シーンについて「しっかりボールを動かして、縦に入れればチャンスになることはわかっていた」。代名詞になりつつあるデュエルに関しては「コンスタントにしっかり試合でやれているので、自信になっている。これを続けたい」と胸を張った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7a8faaf5b1162aaadcfdff24cf4b3754af587e91
11/14(土) 7:38配信

no title

流れを変えた遠藤航を森保監督が高評価「チームとして整理された」 

スクリーンショット 2020-11-14 7.44.52




1: 2020/11/14(土) 02:41:53.91 _USER9
[11.13 国際親善試合 日本1-0パナマ グラーツ]

 ドイツで好調をキープするMF遠藤航(シュツットガルト)が後半開始から投入され、流れを変えた。

3-4-2-1のシステムでスタートした日本代表は前半苦戦。ハーフタイム明けに遠藤がボランチの一角に入ると、中盤でリズムを生み、攻守に存在感を放った。後半15分には遠藤のパスを起点にMF久保建英(ビジャレアル)のスルーパスで抜け出したMF南野拓実(リバプール)がPKをゲット。これを南野がきっちりと決め、決勝点となった。

 試合後、森保一監督はオンライン会見で遠藤の評価を聞かれ、 「前半なかなかボールを動かせない中、彼がDFラインから、あるいはサイドからボールを受けて起点になってくれた。バランスの部分でもチームとして整理されて、セカンドボールを拾ったり球際の部分で選手たちの全体の良さが出せるようになったかなと思う」と称えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201114-43689644-gekisaka-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索