Samurai Goal

遠藤航


スポンサード リンク





「だてに獲得したんじゃない!」ダービーで“圧倒的記録”を残した遠藤航をシュツットガルトSDが絶賛!  

20191126-00010005-sdigestw-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/26(火) 07:07:59.22 ID:MJWAkTDx9
「流石、日本代表」と褒めちぎる

ドイツで華々しいスタートを切ったサムライ戦士への賛辞が止まらない。

現地時間11月24日、ドイツ2部の第14節が行なわれ、ホームに宿敵カールスルーエを迎えたシュツットガルトは3-0で快勝した。

この白熱したダービーマッチでの勝利に小さくない貢献をしたのが、シュツットガルトの遠藤航だ。
今夏にベルギーのシント=トロイデン(STVV)から期限付きで加入した日本代表MFは、4-3-3のアンカーで移籍後初先発を飾ると、随所で存在感を発揮した。

ピンチの芽を潰していたことは、スタッツからもよく表われている。

欧州主要リーグの様々なデータを公開しているウェブサイト『Whoscored.com』によると、遠藤は試合を通じて、
33回ものデュエルに勝利。両チーム合わせて2番目のゴンサロ・カストロ(シュツットガルト)の18回を大きく上回る数字を叩き出している。

攻守に渡る貢献を披露した遠藤に対しては、クラブ上層部も誇らしげだ。スベン・ミスリンタートSD(スポーツディレクター)は、
「ワタルは見事なプレーをみせてくれたと思うね」と絶賛し、さらにこう褒めちぎった。

「日本代表選手としてもプレーしていて、流石だったね。今日のようなプレッシャーがかかり、大いに盛り上がりを見せるスタジアムでのプレーには慣れているんだ。
雰囲気やプレッシャーに臆することはなかったね。ワタルは複数のポジションでプレー可能なとても良い選手だ。我々もだてに彼を獲得したのではない」

さらにシュツットガルトのティム・ヴァルター監督も攻守でチームをサポートした日本代表MFに対し、「守らなければいけない局面ですべてを守り切ってくれた。
チームのオプションを豊かにする素晴らしい”少年”だ。私たちは彼を無駄にしない」と激賞した。

今シーズンの序盤戦は、満足に出場機会を得られずにいた遠藤。日本屈指のポリバレントプレーヤーは、ようやく巡ってきたチャンスをモノにできるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191126-00010005-sdigestw-socc
11/26(火) 6:11配信

宮市亮、右サイドバックで奮闘!開幕3試合連続で先発フル出場 遠藤航ベンチで日本人対決は実現せず 

1: Egg ★ 2019/08/17(土) 22:54:34.29 ID:YVtoSZiD9
[8.17 ブンデスリーガ2部第3節 シュツットガルト2-1ザンクト・パウリ]

ブンデスリーガ2部は17日、第3節を行い、FW宮市亮が所属するザンクト・パウリは敵地で日本代表MF遠藤航の加入が決まったシュツットガルトと対戦し、1-2で敗れた。
宮市は右サイドバックで奮闘し、開幕3試合連続で先発フル出場。遠藤はベンチに入ったが、出番はなかった。

ザンクト・パウリは前半18分、MFマッツ・ダーリのゴールで先制に成功。しかし、後半はシュツットガルトが流れを引き寄せ、後半15分にDFマルク・オリヴァー・ケンプフが同点ゴール。
後半アディショナルタイムにFWニコラス・ゴンサレスが決勝ゴールを挙げ、シュツットガルトが2-1で逆転勝利をおさめた。

ザンクト・パウリは開幕3戦未勝利(1分2敗)とし、今季リーグ戦初勝利は持ち越し。シュツットガルトは開幕3戦無敗(2勝1分)と好スタートを切っている。

8/17(土) 22:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-43470612-gekisaka-socc

写真
no title

シントトロイデンMF遠藤航、ブンデス2部シュツットガルトへ期限付き移籍  

20190813-43470460-gekisaka-000-6-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/08/13(火) 17:24:26.69 ID:U5ZPLlBI9
 シントトロイデン(STVV)は23日、MF遠藤航がブンデスリーガ2部のシュツットガルトに期限付き移籍することを発表した。

 1993年2月9日生まれの26歳は湘南の下部組織から11年にトップチームに昇格。初年度からJ2リーグに34試合出場を果たすなど主力としてプレーすると、16年に浦和、18年7月からシントトロイデンに移籍した。また、各年代別代表でプレーし、15年8月にA代表デビューを飾ると、18年のロシアW杯メンバー選出された。

 遠藤はクラブを通じて、「このチームには本当に感謝しています。 中盤の選手として成長させてもらえたのはSTVVのおかげだと思っていますし、 1年しかプレーできなかったですが、 内容の濃い1年になったと思います。 また、 新たな地で活躍する姿を見せれるように頑張りたいと思いますので、 STVVも今年こそはPO1を目指して頑張って欲しいと思っています」とコメントしている。

 以下、プロフィール

●MF遠藤航
(えんどう・わたる)
■生年月日
1993年2月9日(26歳)
■身長/体重
178cm/75kg
■出身地
神奈川県
■経歴
湘南ユース-湘南-浦和-シントトロイデン

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-43470460-gekisaka-socc

遠藤航、シュトゥットガルト行きの話が再燃…現地紙も「ベルギーから去ろうとしている」  

20190806-00010021-goal-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/08/06(火) 18:18:43.76 ID:yOaS1Ss99
ドイツ2部シュトゥットガルトからの関心が伝えられている、シント=トロイデン所属の日本代表MF遠藤航。地元メディアによれば、移籍市場閉幕までに遠藤のドイツ行きが決着する可能性があるようだ。

シュトゥットガルトには、ハンブルガーSVにレンタルされていた守備的MFオレル・マンガラが、今夏のタイミングで復帰。だが、同選手にはフェネルバフチェへの移籍話が浮上しており、再放出される可能性があるという。その代案として、遠藤航獲得に向けた動きがある模様だ。

ベルギーメディア『Het Belang van Limburg』も「今夏、まだヨアン・ボリに退団のうわさがあり、それに加えて遠藤航もベルギーから去ろうとしている。日本人はシュトゥットガルトに向かうだろう」と伝えている。

シュトゥットガルトはウニオン・ベルリンとの入れ替えプレーオフで敗れ、今季はブンデスリーガ2部に属している。遠藤はジュピラーリーグを飛び出してドイツ2部へと新天地を求めるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-00010021-goal-socc

サッカー日本代表⚽のメンバーたちの最新版移籍動向がこちら… 

20190611-43468105-gekisaka-000-4-view[1]




1: 風吹けば名無し 2019/06/11(火) 23:14:42.24 ID:TI7LaHtEM
冨安建洋→ボローニャ🇮🇹
酒井宏樹→トッテナム🇬🇧
堂安律→スパルタク・モスクワ🇷🇺
久保建英→パリ・サンジェルマン🇫🇷
遠藤航→シュツットガルト🇩🇪
鎌田大地→フランクフルト🇩🇪
香川真司→エヴァートン?🇬🇧

<ベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)>今夏は日本人選手獲得なし。昨季6人所属は「多すぎた」と会長  

1: Egg ★ 2019/06/10(月) 19:50:58.51 ID:6MNW0pZi9
ベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)は、今夏の移籍市場では新たな日本人選手を獲得することは考えていないという。ダビド・メースケンス会長が地元紙『HBVL』に語ったとしてベルギー『voetbalkrant』が伝えた。

 2017年11月に日本のDMMが経営権を取得したSTVVは、積極的に日本人選手の補強を進めてきた。2018/19シーズンにはDF冨安健洋、小池裕太(3月から鹿島アントラーズに期限付き移籍)、MF遠藤航、関根貴大、FW鎌田大地、木下康介と実に6人の日本人選手が所属していた。

 チーム最多の15得点を挙げた鎌田や、不動のCBとして守備を支えた冨安などを中心に、日本人選手たちはチームの好成績に貢献。STVVは6位以内でのPO1 (優勝プレーオフ)出場こそ惜しくも逃したものの、過去9年間では最高成績となる7位でレギュラーシーズンを終えた。

 だがメースケンス会長は、「これ以上日本人選手を獲ることはない。実際のところ、昨夏は多くの選手を獲りすぎた」とコメント。「ベルギー人選手を求めている。さらに言えば(地元)リンブルフの選手を」と述べ、地元重視への方針転換を主張している。

 昨季在籍した日本人選手たちのうち、鎌田と関根はレンタル満了により一旦ドイツへ戻ることになる。高い評価を受けている冨安は他クラブへの移籍が盛んに噂され、遠藤も先月の時点でSTVV残留は「五分五分」だとベルギーメディアに話していた。

6/10(月) 19:01 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190610-00325395-footballc-socc

写真
no title

<遠藤航(シントトロイデン)>「シュツットガルト」から正式オファー!実力を高く評価。移籍に前向きな姿勢 

20190607-00000002-spnannex-000-2-view[1]




1: Egg ★ 2019/06/07(金) 05:10:49.62 ID:7tsdDea/9
ドイツの古豪シュツットガルトが、18年W杯ロシア大会日本代表でベルギー1部シントトロイデンのMF遠藤航(26)の獲得に動いていることが、6日までに分かった。シュツットガルトは来季の2部降格が決まっているが、遠藤の実力を高く評価。関係者によれば既に正式オファーを出しているという。

 遠藤は今年1月、浦和からベルギー1部のシントトロイデンに移籍。ボランチの定位置を確保し、17試合に出場して2得点を記録した。そのプレーがかつて岡崎、酒井高らも所属した伝統のクラブのスカウトの目に留まったという。

 シーズン終盤に負った左太腿のケガで、今月の代表活動からは外れているが、日本国内でリハビリもこなし、順調に回復しているという。関係者によれば遠藤も移籍に前向きな姿勢を示しており、来季はドイツでその雄姿が見られそうだ

6/7(金) 4:50 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000002-spnannex-socc

シント=トロイデン、所属日本人選手は「0」に?地元メディアが3人のステップアップを予想  

20190416-00010019-goal-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/04/16(火) 16:19:17.36 ID:8MM7Pcvt9
評価は分かれる
来シーズン、ベルギーのシント=トロイデンには日本人選手が何人所属しているのだろうか。ベルギー『voetbalbelgie.be』によると、その数は「0」になる可能性もあるという。

日本企業DMM社が運営するシント=トロイデンだが、日本代表DF冨安健洋やフランクフルトからレンタルで加入したFW鎌田大地が活躍。遠藤航も含む日本人選手について躍進の立役者と評価する『voetbalbelgie.be』は、「この3人はここ数カ月良い印象を残した」、「おそらくより大きなコンペティションに向かうだろう」と今夏限りでクラブを去ることを予想した。

一方で、他の3人の日本人選手に関しては、「シント=トロイデンでは十分にアピールできていない」と辛口の評価が下されている。先月に来年1月1日までのレンタルで鹿島アントラーズに送り出されたDF小池裕太や今年1月にスウェーデン2部ハルムシュタッズBKから完全移籍で加入したばかりのFW木下康介、そしてインゴルシュタットから今夏までの期限付きで加わっているMF関根貴大は同クラブでインパクトを残せていないという。

また同メディアが伝えたコメントによると、前半戦は負傷に悩まされた関根はすでに「シント=トロイデンに残らないと思います」と明言。「自分のパフォーマンスは不十分でしたし、レンタルでインゴルシュタットから送り出されているので」とシント=トロイデンが完全移籍で獲得に乗り出す可能性には懐疑的な見方を示しているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00010019-goal-socc

鎌田大地のアシストから木下康介が同点弾! その後追加点のシント・トロイデンは2-1の逆転勝利  

20190404-00316407-footballc-000-2-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/04(木) 08:49:10.56 ID:Pp1oKJgP9
 現地時間3日にジュピラープロリーグ・プレーオフの試合が行われ、シント=トロイデンはベールスホットと対戦。

 シント=トロイデンに所属する鎌田大地、冨安健洋、遠藤航、木下康介の4人の日本人選手が先発出場を果たした。試合開始して10分に失点するも、29分に鎌田からパスを受けた木下がゴールを決めて同点に。

 58分にはペナルティーエリア内でベールスホットのプリチネンコがハンドしPKを獲得。このPKをジョルダン・ボタカが決めてシント=トロイデンに追加点が入った。そのままリードを守り切ったシント=トロイデンが2-1の逆転勝利をおさめている。

4/4(木) 8:29 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190404-00316407-footballc-socc

<森保ジャパン落選組> 長友、槙野、大迫、武藤ら  

GettyImages-986324636-800x533




1: Egg ★ 2019/03/14(木) 14:17:46.16 ID:hzG00Yaz9
国際親善試合キリンチャレンジ杯コロンビア戦(22日、日産ス)ボリビア戦(26日、ノエスタ)に臨む日本代表メンバーが14日、東京・本郷のJFAハウスで発表された。1月のアジア杯UAE大会メンバーで、今回は選ばれなかった選手は以下の通り。

<GK>

権田修一(ポルティモネンセ)

<DF>

長友佑都(32=ガラタサライ)槙野智章(浦和レッズ)吉田麻也(サウサンプトン)酒井宏樹(マルセイユ)

<MF>

青山敏弘(サンフレッチェ広島)塩谷司(アルアイン)遠藤航(シントトロイデン)伊東純也(ゲンク)

<FW>

大迫勇也(ブレーメン)武藤嘉紀(ニューカッスル)

3/14(木) 14:14配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-03140380-nksports-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索