Samurai Goal

遠藤保仁


スポンサード リンク





サッカーの遠藤とかいう天才www 

1: 名無しさん 2016/05/31(火) 11:33:31.245 ID:dKdJcsTdd
コイツ海外組より絶対うまいだろw

no title

【画像】柏DF増嶋竜也の誕生日会に宇佐美&遠藤が駆けつけるwwwww 

41: 名無しさん 2016/04/23(土) 15:44:48.73 ID:4G0otwN+0.net
宇佐美似てる
no title

ガンバ長谷川健太監督が明言!「PKキッカーはヤット」 

1: 名無しさん 2016/04/20(水) 17:55:17.78 ID:CAP_USER*.net
ACL1次リーグで敗退したG大阪の長谷川健太監督(50)が、チームの立て直しに着手する。

ACL水原(韓国)戦の敗戦から一夜明けた20日、主力組は大阪・吹田市内で軽めの調整を実施。
1次リーグ1試合を残して敗退が決定したG大阪は、アジア制覇への挑戦権を失った。
長谷川監督は「負けたからには監督の責任」と再度自らを責めた。

 最大の目標に掲げていたACLは未勝利(2分け3敗)のまま幕を閉じた。
公式戦も3勝2分け8敗と状態が上がらない。
指揮官は「もう1度しっかりと今までやってきたことをやらないと。J2から上がって、3冠を取った。
去年も全ての大会で上位にいた。戦い方がブレてしまうといけない。冷静になってやることが一番」と、少しずつ改善を図る。

 前日の水原戦ではエースFW宇佐美がPKを失敗。やり直しとなったが2度目も失敗した。
チームの決め事として基本的にPKは“職人”のMF遠藤がキッカーとなっている。
指揮官は「昨日は貴史(宇佐美)がヤット(遠藤)に蹴りたいと言って、
ヤットが(監督に)『貴史が蹴る』と言ってきたので、選手に任せた。
ヤットも貴史を(波に)乗らせたい思いがあったんじゃないですか。でもこれからも基本的にキッカーはヤット」
とあらためて明言した。

 公式戦2連敗の中で迎える次戦は、24日のJ1アウェー福岡戦。
長谷川監督は「切り替えてやるしかない。勝つことが一番。もう1度強いガンバを。
自信を持って選手がやれる形を作っていかないと」と意気込んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160420-00000100-nksports-socc
no title

司令塔・遠藤保仁に学ぶ“プロ”の哲学 

1: 名無しさん 2016/04/02(土) 15:59:47.33 ID:CAP_USER*.net
遠藤保仁。日本代表ではAマッチの最多出場記録を持ち、Jリーグでも昨年、歴代最多となる12回目の
ベストイレブンに選出されたJリーグの顔である。

 2005年のJリーグ初優勝以降、その華麗なパスサッカーで攻撃サッカーの雄としての地位を確立した
ガンバ大阪で、常に中心であり続けて来た遠藤。「冷静沈着」「マイペース」「パスサッカーの司令塔」といったフ
レーズで括りがちだが、実のところ遠藤を支えて来たのは技術だけでなく、メンタル面の強さである。

 昨年10月の浦和レッズ戦で、史上最年少でのJ1リーグ通算500試合出場を達成した際に、
「常にレギュラーとして試合に絡んで行きたいし、まだまだ足りない部分も多いんでね。
これからも少しずつでもいいから成長して、いろんな経験をしていきたい」とルーキーさながらの
謙虚な言葉を口にした遠藤だが、その言葉はマスコミ向けの社交辞令では決してない。

 のちに横浜F・マリノスに吸収合併される横浜フリューゲルスでプロの世界に飛び込んだのは1998年。
以来、プロの世界の厳しさや楽しさを常に最前線で体感して来た遠藤はプロサッカーという世界をこう語る。

「やっぱり、プロになると、いいところはたくさんありますよ。いろんな国の選手と対戦できるのもそうだし、
いろんなところに行って多くのものを学べるのもその一つ。
あと、お客さんの前でプレーできるのは喜ばしいことだし、プロでしか経験できない楽しさですよね。
でも、厳しい面もあります。プロのキャリアなんて、いつ終わるか分からない。
だから、プロとしての普段の生活も非常に重要になって来ますし、その辺は気を使わないといけないところです」

2014シーズンには当時34歳でJリーグのMVPに選出。アジアチャンピオンズリーグで初優勝した2008年には、
アジア年間最優秀選手にも輝くなど国内外で頂点に立った経験を持つ遠藤だが、
「プロ1年目にしてクラブがなくなってしまった」という失望や、ワールドカップのドイツ大会ではフィールドプレーヤーで
唯一ピッチに立てなかった悔しさも味わってきた。
そんな遠藤を支えてきたのは確かな「しっかり止めて、しっかり蹴る」という基礎技術と闘争心だ。
プロサッカー選手を目指す子どもたちにとって不可欠な要素を遠藤はこう考えている。

「大前提は楽しんでやることですね。でも、最近はトリッキーなプレーをしたりするのがクローズアップされがちですけど、
プレーの基本ができていないと、上のレベルに行けば行くほど通用しないんです。
僕も、小さい頃『止めて、蹴る』というのはとことん練習させられましたからね。

 もちろん、ワールドカップなんかを見て、自分が好きな選手のプレーの真似をしたこともありますけど、
基本練習はどれだけやっても、損はないですから。やっぱり、基本練習は非常に重要性を増すかなと思っています。
それプラス、気持ちが強くないとできないスポーツなので技術面ももちろんですが、
メンタル面もどんどん強くなってほしいなと思います。
負けず嫌いなことはいいことですし、目の前の試合に絶対勝つ、って思うことも必要です。
プロを目指す子どもたちにもそういう気持ちを感じながらやってほしいです」

 遠藤選手は男三兄弟の末っ子だ。地元の鹿児島では「遠藤三兄弟」と言えばサッカー界で知られた名だった。
長男の拓哉さんは高校サッカー界の名門、鹿児島実業高校サッカー部で背番号10を託された選手。
そして次男の彰弘さんもプロ選手でアトランタ五輪では日本代表の背番号10をつけてプレーした。
そんな兄二人が憧れの選手だったと公言する遠藤は、どのようにプロサッカー選手への夢を温めて来たのだろうか。

no title

ガンバ遠藤保仁「彼(原口元気)にボランチの適性があるかどうかは分からないけど、ボールを前に運べるのは魅力」 

1: 名無しさん 2016/04/01(金) 16:13:25.87 ID:CAP_USER*.net
G大阪の元日本代表MF遠藤保仁が“ボランチ原口”にエールを送った。

ロシアW杯アジア2次予選シリア戦の後半途中からボランチで起用されたMF原口元気(ヘルタ)について
「彼にボランチの適性があるかどうかは分からないけど、ボールを前に運べるのは魅力。
速く相手ゴールに向かうのが今の代表ですし、チャレンジして良い段階だと思う」。

代表の司令塔として2006年ドイツW杯から3大会連続W杯出場し、
A代表キャップも最多152試合を数えるが、自らの持ち味とは違う原口の良さを口にした。

一方で「カウンターは紙一重で、間延びすることも多い。シュートまでやり切れれば良いけど、ミスをすればピンチを招く」
とハリルジャパンの戦い方がピンチとチャンスの表裏一体型であると言及。

「ボランチは特殊なポジション。360度に神経を巡らせないといけないし、
ゲームを読み切る力が必要になる」と自らの代表復帰も見据えつつ、さらなる原口の成長に期待を寄せた

スポニチアネックス 4月1日(金)16時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160401-00000130-spnannex-socc
no title

U-23日本代表、リオ五輪メダル取るならOA枠で遠藤だ!必要なのはリスペクトできて実績ある司令塔 

1: 名無しさん 2016/03/21(月) 22:05:32.31 ID:CAP_USER*.net
 リオデジャネイロ五輪出場を決め、21日からポルトガルに遠征するサッカー男子のU-23日本代表メンバーが
このほど発表されたが、いまだに新戦力を探しているように感じた。

 手倉森監督は「五輪でメダルを取る」と宣言している。だが世界の舞台はそんなに甘くない。
勝つための準備は、アジア予選以上に時間と手間をかけないといけない。

 とはいえ、これから選手たちがチームとして集まることができる時間は限られている。それこそ五輪直前になるだろう。
新戦力を見い出し、チームを熟成させる暇もないはずだ。

 本気でメダルを取りたいのなら、チームの選手たちが心からリスペクトするような実績のある選手を
オーバーエージ(OA)枠に入れた方がいい。

 現在のチームでは、DF室屋(東京)、DF松原(新潟)らサイドバックで故障者が続出している。
手倉森監督はこの穴を埋めるためのピースを模索しているが、今回選出された顔ぶれを見る限り、
日本の守備を任せられる選手はいない。

 だからといって、サイドバック要員にOA枠の選手を使うのはいただけない。
チームの背骨にあたるポジションに充てるべきだ。今の手倉森ジャパンで最も必要と思われるのは、ピッチ上での司令塔。
長くA代表を引っ張ってきたMF遠藤保仁(36)=G大阪=が適任だろう。

 遠藤には五輪の経験はないが、現有のメンバーに与える影響力は絶大だ。
何よりも2014年W杯の舞台であり、今回の五輪が行われるブラジルでプレーしている経験は、チームに有効に働くはずだ。

 また、これまで手倉森監督はOA枠は使わず、自ら発掘してきた選手たちで五輪に臨むと話している。
その気持ちが強いのなら本番でも貫いてほしい。選手たちには大きな財産になるはずだ。 (元仙台監督・清水秀彦)

http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20160317/soc1603171550001-n1.htm
no title

あの国の“爆買い”リストに本田&トッティ&遠藤&スナイデルら! 

1: 名無しさん 2016/03/18(金) 20:30:23.78 ID:CAP_USER*.net

多くのスターと共に日本の名手も

世界各国のサッカー協会が自国のリーグを盛り上げようと奮闘するのはごく自然な成り行きであり、
それはオーストラリアにとっても例外ではないようだ。

今冬は中国クラブによる欧州スター選手の“爆買い”が大きな話題を集めたが、
オーストラリアサッカー協会もそれに習おうとしている。同協会は今後、ヒュンダイ・Aリーグ
(オーストラリアリーグ)がスター選手を獲得できるよう全面的なサポートをしていくことになると同リーグ公式サイトが伝えた。
また同メディアは今後実現しうる“サプライズ契約”として、ミランの本田圭佑やガンバ大阪でプレイする遠藤保仁、
ローマのフランチェスコ・トッティ、ガラタサライのウェズレイ・スナイデル、そしてエラス・ヴェローナの
ルカ・トーニといった選手の名前を掲載している。

本田について「獲得はとてもとても難しいだろうが、どの場所でも上手く機能する。
ミランのレギュラーだがやや風変わりな性格の持ち主で、仮に来季でなくと数シーズン先には可能性があるかもしれない」
と同メディアは言及。さらに遠藤については次のように伝えている。

「卓越した技術と頭の良さをもたらす。日本以外でプレイした経験はなく、彼のファンタスティックなキャリアを
締めくくるのにAリーグは最高の場所となる。我々がよく知る小野伸二のように、
日本のファンとメディアをAリーグにもたらすことだろう」

オーストラリアリーグといえば過去には元イタリア代表のアレッサンドロ・デルピエロや、
元日本代表の三浦知良がプレイしていたことでも知られている。果たして同国サッカー協会は
先の中国のように多くの魅力的なスーパースターを引き抜くことができるだろうか。
オーストラリアサッカーの発展に期待したいところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160318-00010017-theworld-socc
no title


【画像】もしも俊輔、遠藤らベテラン選手が監督になったらwwwwwww 

149: 名無しさん 2016/03/04(金) 23:20:16.14 ID:7ORmqDow0.net
no title

no title

no title

no title

顔が遠藤保仁だけどサッカー日本一上手くなるボタン 

1: 名無しさん 2016/02/11(木) 15:20:03.32 ID:RHoxTbc/a.net
押す?

no title

ガンバMF遠藤保仁がTwitterで質問に回答!リオ五輪OA枠への興味は「全然あります」 

1: 名無しさん 2016/02/06(土) 17:10:30.21 ID:CAP_USER*.net
 6日、ガンバ大阪に所属するMF遠藤保仁がJリーグのTwitter公式アカウント(@J_League)で、ファンからの質問に答えた。

 ハッシュタグ「#ヤット質問」がついた投稿から質問に答えていく今回の企画。「サッカー選手になっていなかったら、何になっていたと思いますか?」という質問には、「漁師」と回答し、「鹿児島は目の前が海だったので」と理由も明かした。また、ストレス解消法を聞かれると、「ストレスがたまらないので、特に分かりません。ストレスを感じたことがありません。気の持ち方の違いだと思います」と答えている。

 また、同じ鹿児島県出身のMF二川孝広について「くわしく教えて下さい」と問われると、「二川は僕らでもわかりません」と、答えている。一方でFW宇佐美貴史のすごいところを聞かれ、「シュートがうまい。シュートの精度が高い」と賛辞を送った。

 リオデジャネイロ・オリンピックのオーバーエイジ枠については、「全然(興味)ありますよ。オリンピック出たことないんで」と出場に意欲を見せつつ、「状況によりますね。出てないから出たいっていうのはあります。ただ、23歳以下の選手だけで行ってほしいっていうのもあります」と、自身の考えを述べた。

「FWでプレーした際に参考にした選手や意識してプレーしたことはありますか?」という質問には、「見るのは自分に持っていないものを持っている選手を見ますが、プレーがマネ出来ないのです。ネイマールとか(リオネル・)メッシとか。楽しく見れますけどね」と答え、「(デニス・)ベルカンプは好きでした!」と、かつてアーセナルやオランダ代表として活躍したデニス・ベルカンプ氏のプレーが好きだったと明かしている。

 質問への回答を終えた遠藤は、「今年も、個人的にもチームとしても最大限の力を出したいと思います。ガンバだけでなく、Jリーグ全体を応援してくれたら嬉しいです」と新シーズン開幕に向けて意気込みを語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160206-00398799-soccerk-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索