Samurai Goal

遅刻


スポンサード リンク





レアルのジダン監督、選手に厳しいルールを設定。練習遅刻や体重オーバー等で罰金処分に  

1: 豆次郎 ★ 2019/10/05(土) 22:04:10.27 ID:mPZLH1oO9
 レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、選手に厳しいルールを設けているようだ。3日にスペイン紙『マルカ』が報じている。

 同紙によると、選手たちはトレーニング開始45分前に練習場に集まることが徹底されているという。5分遅刻は罰金250ユーロ(約2万6000円)、15分遅刻は罰金500ユーロ(約5万2000円)、16分以上遅刻すれば罰金1000ユーロ(約10万円)科せられるようだ。

 また、無断欠席すると罰金3000ユーロ(約31万円)支払うことに。携帯電話の使用にも注意する必要があり、マナーモード(サイレントモード)されていなければ罰金250ユーロ(約2万6000円)、違反を繰り返すと最大1000ユーロ(約10万円)に罰金が増大するとのこと。

 さらに体重も管理されており、週1回の体重測定を断れば罰金250ユーロ(約2万6000円)。規定の体重を超えた場合は最大で罰金1000ユーロ(約10万円)に。休日にスペイン・マドリードを離れる場合もクラブに届け出る必要があり、違反を繰り返すと最大1000ユーロ(約10万円)に罰金が増大するようだ。

【了】

https://www.footballchannel.jp/2019/10/05/post341381/
no title

早い、早すぎる…“遅刻魔”カンテ、合宿地に朝6時半到着  

Kante4




1: 久太郎 ★ 2019/03/19(火) 13:54:19.31 ID:c0eQOJiF9
“遅刻魔”と呼ばれた男の汚名返上なるか。フランス代表に招集されたチェルシーMFエンゴロ・カンテが、合宿地であるクレールフォンテーヌに朝6時半に到着したことをフランス『レキップ』が伝えた。

 カンテといえば、小柄だが、ピッチ上では無尽蔵のスタミナで広範囲をカバーし、高いボール奪取力、正確なパスでチームの攻守を支え、抜群の存在感を放つMF。その一方で“シャイ”な一面もあり、昨夏のワールドカップでは、MFスティーブン・エンゾンジが気付くまで優勝トロフィーを掲げられずにいたほどだ。

 しかし、そんなカンテの意外な一面をチェルシーのチームメイトであるMFルベン・ロフタス・チークとFWカラム・ハドソン・オドイが暴露。英『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じた2選手は「誰が最も罰金が多い?」との質問に対してカンテの名前を挙げ、オドイは「予想していなかったでしょ?」、チークは「すごく遅れるわけじゃないんだ。普通は集合時間の前には来るものだけど、カンテはいつも1、2分遅れるか、時間ピッタリに来るんだ」と明かしていた。

 しかし、カンテはフランス代表の合宿地に6時半頃に到着。次に姿を現したバイエルンのFWキングスレー・コマンが11時頃に到着したことを考えると、いかにカンテの到着時間が早いかが分かる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-40034179-gekisaka-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索