Samurai Goal

逮捕


スポンサード リンク





サポーター暴徒化で25人が逮捕…酒井&長友所属のマルセイユの試合が延期に 5本の木が燃やされる 

スクリーンショット 2021-01-31 16.15.38




1: 2021/01/31(日) 08:42:12.01 _USER9
 30日、フランス・リーグアン第22節のマルセイユ対レンヌが延期となった。

 日本代表DFの酒井宏樹と長友佑都が所属するマルセイユ。昨季を2位で終えたチームは今季20試合を消化し、現在7位と低迷している。そんななかチームの不調に不満を持ったサポーターが暴動を起こした。

 試合当日、大勢のサポーターが練習場に集まり暴徒化。
マルセイユの発表によると盗難や車両の破壊だけでなく、5本の木が燃やされるなど、被害総額は数十万ユーロにのぼるという。また、現地メディアの『フランス・フットボール』によると、マルセイユサポーターの襲撃によって7人の警察官が負傷し、サポーター25人が逮捕された模様。発煙筒などを投げ込む映像も公開されている。

 これを受けてリーグアンは試合延期を発表。開催日時は決まっていない。マルセイユは声明を発表し、「これらの無責任で容認できない行動は、最大限の厳しさで非難しなればならない」とコメントしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0c74226b96a350196e2163dc01e33f51fc4fcfb3
1/31(日) 8:26配信


https://www.nikkansports.com/m/soccer/world/france/data/standings/
順位表

https://www.nikkansports.com/m/soccer/world/france/data/ranking/
得点ランキング

J2山口 チームスタッフ逮捕を発表、謝罪 暴行容疑で 

main




1: 2021/01/05(火) 22:35:33.91 _USER9
スポニチアネックス2021年1月5日 19:24
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2021/01/05/kiji/20210105s00002180372000c.html


 J2山口は5日、チームスタッフの福田智志フィジオセラピスト(31)が暴行容疑で同日逮捕されたと発表し、謝罪した。詳細な内容は不明で、分かり次第、改めて発表するとしている。

 福田フィジオセラピストは1989年9月8日生まれの31歳で、山口県防府市出身。鴻城高校を卒業後、山口県社会人リーグ2部・FC宇部ヤーマンでのプレーを経て2013年に山口入りしていた。

 クラブの発表は以下の通り。

 このたび、弊クラブ所属チームスタッフの福田智志フィジオセラピストが暴行容疑で本日逮捕されるという事案が発生いたしました。

 レノファ山口FCを応援いただいている多くのファン・サポーターの皆様や、パートナー・クラブサポーターの皆様、その他クラブを支えていただいている多くの皆様にご心配をおかけすることになりましたこと、深くお詫び申し上げます。

 現時点では、内容について確認中であり、今後の対応につきましても検討中でございます。詳細が分かり次第、改めてお伝えさせていただきます。

 弊クラブとして、今回の事態を厳粛に受け止め、法令順守に関する意識・指導を徹底いたします。

アヤックスのオランダ代表FWクインシー・プロメスが逮捕される…家族を刃物で刺した容疑 

スクリーンショット 2020-12-13 20.48.21

ひき逃げ逮捕の女子サッカー選手、クラブ退団 運転免許もやはり「失効」していた 

1: 2020/11/10(火) 19:48:10.32 _USER9
 女子サッカー・栃木SCレディースは2020年11月10日、道路交通法違反(ひき逃げ)などの容疑で6日に逮捕されていた所属選手のDF青木春菜容疑者(25)の退団を発表した。同容疑者からチームに申し出があり、受理したという。

 「確認中」としていた青木容疑者の運転免許失効についても、接見した弁護士を通じて「失効していたとの確認がとれました」としている。

■「退団の申し出があり、チームとして受理いたしました」

 栃木SCレディースは「この度、青木春菜選手より退団の申し出があり、チームとして受理いたしましたのでお知らせいたします」と発表。「調査中としておりました運転免許の有効期限に関しまして、接見した弁護士より失効していたとの確認がとれましたので、併せてご報告させていただきます」と免許失効の事実についても報告した。

 青木容疑者は5日昼過ぎ、宇都宮市内の国道で工事中のため設けられていた迂回路を歩いていた女性(55)をはね、そのまま逃げたとして、道路交通法違反(ひき逃げ)と自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)の容疑で6日、栃木県警宇都宮中央署に逮捕されていた。

 クラブは逮捕当日の6日、この逮捕の経緯を発表し、被害者に「深くお詫び申し上げます」と謝罪。ファン・サポーター、パートナー企業など関係者にも謝罪した。複数の新聞・テレビで、青木容疑者は5月に免許が失効し、無免許の状態だったことも報じられていたが、クラブは運転免許失効については「確認中」としていた。

 クラブは翌7日の発表で、免許失効について「警察での聴取中のため弁護士に接見を依頼しております。しかしながら、最終的な確認ができておりません。現在は、警察の正式発表を待っている状況でございます。発表があり次第追ってご報告させて頂きます」と状況を報告。さらに事件を受けて停止していたトップチームについて「今後も無期限活動停止、ならびに12月6日に行われる『えいこう杯』第21回栃木県女子サッカーリーグ1部最終節については不参加とすることを決定いたしました」と発表していた。

 今回の10日の発表でも、チームの今後について報告。「栃木SCレディーストップチームの今後の活動につきまして、多数のご意見を頂いております。この度被害にあわれました方の回復と対応を優先させていただき、その後改めて検討させていただきます」としている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1f49aea19462f6caf3e76ae20b24dcc0fe1ee972
no title

ひき逃げ容疑、栃木SCレディースのサッカー選手(25)逮捕「人ではないと思った」 5月に免許失効か 

スクリーンショット 2020-11-06 23.24.26




1: 2020/11/06(金) 15:24:15.79 _USER9
5日宇都宮市内で50代の女性を車ではねてけがをさせ、そのまま走り去ったとして、地元の女子サッカーチームの25歳の選手がひき逃げなどの疑いで逮捕されました。

警察によりますと、選手は「ぶつかったのは人ではないと思った」などと、容疑を一部否認しているということです。

逮捕されたのは、女子サッカーチーム、『栃木SCレディース』でプレーしている会社員の青木春菜容疑者(25)です。

警察によりますと、青木選手は5日正午すぎ、宇都宮市桜1丁目の片側3車線の国道で軽乗用車を運転していて、道路の端に設けられたう回路を歩いていた近くに住む55歳の女性を後ろからはね、そのまま走り去ったとして、ひき逃げなどの疑いが持たれています。

女性は病院で手当を受けていて、意識はあるということですが、外傷性くも膜下出血と右足を骨折する重傷だということです。

当時、青木選手はサッカーチームの練習帰りで、事故の数十分後に現場に戻ってきたということで、警察が任意で話を聞いていました。

逮捕後の調べに対し、「事故を起こしたことは間違いないが、ぶつかったのは人ではないと思った」などと供述し、容疑を一部否認しているということです。

捜査関係者によりますと、青木選手の運転免許はことし5月で失効しているとみられ、警察は無免許運転も視野に入れて捜査しています。

11月06日 14時54分
https://www3.nhk.or.jp/lnews/utsunomiya/20201106/1090008134.html

ライアン・ギグス監督、DV容疑で逮捕と英紙報道。暴行容疑を否認 

スクリーンショット 2020-11-03 16.42.42




1: 2020/11/03(火) 14:44:14.19 _USER9
 ウェールズ代表のライアン・ギグス監督が、暴行容疑で逮捕されたようだ。英メディア『サン』が現地時間2日に報じた。

 同メディアによると、ギグス監督は1日の午後10時過ぎ、ガールフレンドのケイト・グレヴィルさんに暴行を加えたとして駆けつけた地元警察に逮捕されたという。

 地元警察によると、グレヴィルさんは治療をするような大きな怪我などはなかったが、軽症を負ったという。ギグス監督は取り調べを受けた後、保釈金を支払い釈放。容疑を否認していると報じられている。

 ウェールズサッカー協会(FAW)はギグス監督についての声明を発表。「FAWはライアン・ギグス代表監督が関わった事件について認識している。FAWは現時点でこれ以上のコメントは控える」としている。

 ウェールズ代表はUEFAネーションズリーグで15日にアイルランド代表、18日にフィンランド代表と対戦する予定。今後、ギグス監督の去就について何か動きがあるかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/33620b74f5a8405c113524485c4ad93cf7420ed2

道渕の逮捕・契約解除! J1仙台「時系列から見えたクラブの問題点」 

スクリーンショット 2020-10-20 13.47.09

ベガルタ仙台MF選手が「交際相手にDV」で逮捕・・・女性タレントの顔を蹴り、包丁を振り上げても公表されず 

no title




1: 2020/10/20(火) 01:20:15.83 _USER9
「助けてっ、殺される!」
8月9日午前0時30分ごろ、宮城県警に切羽詰まった女性の声で、110番通報が寄せられた。

女性は、交際相手の男性に暴行を受けていたのだ。女性が提出した被害届を受けて、9月7日、男は傷害罪容疑で逮捕された。

この事件の加害者は、サッカーJ1の「ベガルタ仙台」に所属するMF・道渕諒平(26)。
そして被害者の女性は、地元放送局の情報番組で活躍するタレントだった――。

「彼は仙台のユース出身で、サポーターの期待は大きい。キレて無用なファウルをする選手ではなく、
むしろ仕掛けるプレーからファウルを多くもらうタイプ。日本代表入りも狙える、スター性のある選手です」(サッカー専門誌記者)

道渕は、「ヴァンフォーレ甲府」に所属していた2017年にも、別の女性への暴行事件で逮捕され、
出場停止などの処分を受けた過去がある。しかし、今回の仙台での事件は、いっさい報じられていないのだ。

「彼女は、今もトラウマに悩まされ、元の自分を取り戻そうと心療内科に通っています」
そう事情を話してくれたのは、道渕とも今回の被害者である女性タレント・H美さん(27)とも交流のある知人だ。

「H美さんは、お笑いタレントを多く抱える大手芸能事務所に所属していました。
道渕とは2019年5月、SNSで知り合い、1カ月後には交際に発展したと聞きました」(知人)

交際は順調だったが、徐々にH美さんは追い詰められていく。理由は、道渕によるDVだ。

「交際から3カ月たつと、彼が日常的に暴言を吐くようになったのです。たとえば、『お前なんて、顔だけで生きてきたくせに』
『俺は努力して成功したけど、お前は怠惰だから売れない』――。

束縛も酷く、LINEの返信が5分遅れただけで『無視??』など、数十通もメッセージが届くと怯えていました」(同前)

H美さんは、道渕を怒らせないよう努めたが、それがまたDVに拍車をかけた。

「彼女の体は、あざだらけでした。胸倉を掴まれ投げ飛ばされたり、首を絞められたり……。山の中で車から降ろされ、置き去りにされたことも。

彼とのビデオ通話の映像を見せられ、相談を受けたこともあります。
道渕がみずからに包丁を突きつけ、『俺の気持ちを踏みにじりやがって! 死んでやるから見てろよ、一生後悔しつづけろ!」
と3時間も罵りつづけるんです。常軌を逸しています……」(同前)

DVのあと、道渕はしつこいほど謝ってくるのが常だった。H美さんが別れを切り出すと、「死んでやる!」と暴れ、
手がつけられない状態になった。ユース時代から道渕を知るサッカー関係者は、こう語る。

「仙台駅で、泣き叫ぶH美ちゃんを、道渕が車に引きずり込むのを見かけたことがあった。
後日、道渕本人に注意したら、彼女がチクったと勘違いしたのか、3時間以上も彼女が罵倒されたと聞いた」

現在、H美さんは道渕と決別し、心身を癒やす日々だという。

「H美さんは、今回の事件で関係者に “迷惑” をかけたということで、情報番組を突如降板させられました。
彼女は道渕が裁判を受けることを望んでいましたが、面倒を嫌った所属事務所が、彼女の意に反して示談にしてしまったそうです。

結局、9月いっぱいで事務所との契約も解除になりました。彼女は被害者なのに、事務所はなぜ、彼女にこんな仕打ちをするのか……」(前出・知人)
https://smart-flash.jp/sports/119562

【サッカー】女性暴行容疑不起訴処分の甲府MF道渕諒平(23)のクラブ処分が決定…事件後初コメント「深く反省」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1504276712/

暴行容疑で逮捕されたマグワイア、事件の真相を明かす「誘拐だと思った。命の危険を感じた」 

スクリーンショット 2020-08-28 17.04.54

マンU主将マグワイア、ギリシャで逮捕…暴行、公務執行妨害、警官への侮辱と脅迫、贈賄未遂容疑 逃亡未遂も 

スクリーンショット 2020-08-23 7.47.42




1: 2020/08/22(土) 18:33:10.24 _USER9
マンU主将マグワイア、ギリシャ観光地で逮捕 警官に暴行か

【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)の主将ハリー・マグワイア(Harry Maguire)が、ギリシャの観光地キクラデス諸島(Cyclades)のミコノス(Mykonos)島で警官への暴行容疑などで逮捕されたと、21日に現地警察が明らかにした。

 ユナイテッドは短いコメントで、「昨夜、ハリー・マグアイアが関与したとされる事件については把握している」とすると、「ハリーとは連絡を取っている。彼はギリシャ当局に全面協力している」「現時点ではこれ以上のコメントは差し控える」と述べた。

 一方のギリシャ警察は同日、ミコノス島で27歳と28歳、さらに29歳の男3人を逮捕したと公表。キクラデス諸島最大の島であるシロス(Syros)島の警官は、AFPの取材に対して、容疑者は「サッカー選手を含めて英国人3人」であると明かしたが、マグワイアの名前には言及しなかった。

 警察の発表によれば、警官は「口論」に応じた際に暴言を浴びせられ、一人が殴られたとされている。また、現地の警察署では2度目の騒動が発生し、男3人が「(逮捕に)激しく抵抗し、警官3人を押したり殴ったりした」という。

 さらに容疑者のうち一人が、事件を口止めするために警官に賄賂を渡そうとしたことも明かされた。

 シロス島の警察は、この騒動でミコノス島の警官4人が軽傷を負ったと公表した。容疑者は暴行、公務執行妨害、警官への侮辱と脅迫、そして贈賄未遂の疑いが持たれている。

 アテネ通信社(ANA)は、バーの外で英国人観光客が騒動を起こしたと報道した。その中で、容疑者はマグワイアとそのきょうだい、そして友人であると特定。警察は容疑者にミニバンで警察署へ来るように求めたが、署に到着した際には3人が逃げようとしたことも伝えた。

 地元警察によれば、容疑者は21日にシロス島の検察に出頭することになっている。【翻訳編集】 AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/d6edb47102e03ab1c96231bfb158f23bdcc11b22



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索