20200611-00010014-goal-000-1-view




1: 2020/06/11(木) 17:16:17.90
代理人として活動しているフリオ・ヴァルカレッジ氏が、ブレシアのトレーニングに戻らないマリオ・バロテッリについて「今すぐ現役を引退すべきだ」との見解を示した。

今季ブレシアではリーグ戦19試合5ゴールの成績を残しているバロテッリ。チームはセリエA再開に向けて動き出しているが、バロテッリはチームの方針に従わず「体調が悪い」として招集を拒否していた。

代理人のヴァルカレッジ氏は『TMW Radio』の取材に対して「彼は一応ブレシアの所属選手のはずだ。だがこのようにチームへ造反を続けるのなら、今すぐ現役生活にピリオドを打ち、ピッチから去るべきだ。それは誰の目にも明らかだろう」と語っている。

「(バロテッリの代理人であるミノ・)ライオラはバロテッリが好き勝手やっていることにストップを掛けるべきだ。その責任の一部は彼にもあると思う。カンピオーネの1人としてブレシアに加わり、この顛末は本当に恥ずべきものだ」

なお、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『ラ・レプブリカ』などが伝えたところによると、バロテッリは10日にブレシアのトレーニング場に姿を見せたものの、トップチームの練習には加わらなかった。体調不良を訴えていたこともあり、現地時間11日にメディカルチェクを受けた上で今後の判断が下されるという。

一部メディアによると、すでにブレシア側は29歳の問題児に見切りをつけており、契約解消の方針にあると分析する記事も。果たしてバロテッリはこのままブレシアを去ることになるのか、セリエA再開を前に今後の去就が注目されるところだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c7ffa8426f9e1ba8c2e1daba3c42d556bb00284a
6/11(木) 15:26配信