Samurai Goal

退場


スポンサード リンク





“3度蹴り”退場のイ・ガンイン、韓国メディアは去就への悪影響を危惧 

20200622-43481201-gekisaka-000-4-view

「最悪のプレー」「信じられない愚行」 19歳FWイ・ガンインの“3度蹴り退場”を韓国も批判「マナーまで酷評」 

20200620-00268063-soccermzw-000-1-view

ポルトFWが自ら退場、人種差別に怒りの抗議 

20200217-00000004-jij_afp-000-6-view[1]

「悪意に満ちた報復行為」「韓国の赤い王!」、ソン・フンミンたたく中国、それを楽しむ日本[12/24]  

2019122400421_0




1: 蚯蚓φ ★ 2019/12/25(水) 00:12:16.59 ID:CAP_USER
https://image.chosun.com/sitedata/image/201912/24/2019122400421_0.png

日本サッカー専門メディアがトッテナムのFWソン・フンミンの退場波紋を扱い、中国メディアの批判記事を引用してそれとなく韓国をたたく記事を掲載した。東アジア選手権で韓国メディアは中国の少林サッカーを非難したが、今回は中国メディアが同じように報復しているという趣旨の内容だ。

「サッカーダイジェスト」は24日、ニュースを通じてソン・フンミンの退場が大きな波紋を起こしていると火ぶたを切った。ソン・フンミンは去る23日(以下韓国時間)、プレミアリーグ18ラウンド、チェルシーとの試合に出場して後半16分、相手のリュディガーとボールを争う途中報復性の足蹴りが出て退場カードを受けた。

同メディアは今年5月、11月に続き1年間に3度もレッドカードを受けて英国をはじめとするヨーロッパメディアはもちろん、母国・韓国のメディアからも「未熟だ」「感情をコントロールできていない」と批判が集中していると雰囲気を伝えた。

それと共にソン・フンミンに対する批判記事をいっせいに吐き出す中国メディアの雰囲気も紹介した。「英国でも心優しい聡明なイメージを持たれているが、もはやそれは過去の話。1年で3度の退場はあり得ない。アジアの王はいまや韓国の“赤い王”だ」というある中国メディアの評価をのせた。引き続き「悪意に満ちた報復行為だった。主審にレッドカードを提示されて頭を抱え、絶望感を演出していたが、大した演技力だ。ボール扱いより上手いのではないか。まるでパペット・ショーを見ているかのように滑稽だ」というまた他のメディアの非難も紹介した。

「サッカーダイジェスト」はこの前終わった2019 E-1東アジア選手権で韓国メディアが中国代表チームのプレーを批判したことも紹介した。当時、韓国メディアが「少林サッカーは見るに堪えない」「サッカー後進国の象徴」「彼らはいつも暴力的だ」と揶揄したが、今回はソン・フンミンを中国メディアが非難しているということだ。

同メディアは最後に「カンフーサッカーより酷い行為だ!」「中国人ならあんな報復はしない」「中国サッカーはアジアの恥だとまで言われたが、そのままお返ししたい」など中国版ツイッター「ウェイボ」のソン・フンミンに対する非難世論も紹介した。

ソン・フンミン退場を中国メディアが非難して日本メディアも密かに加勢する姿だ。韓中日メディア戦が広がっているわけだ。該当記事は日本の有力ポータルのサッカー記事購読数最上位にランクされている。

出処:朝鮮日報(韓国語)"悪意で一杯である報復行為"ソン・フンミン殴る中国、それとなく楽しむ日本
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/12/24/2019122400428.html

関連記事:サッカーダイジェスト<「悪意に満ちた報復」「韓国の赤い王!」愚行退場のソン・フンミンを中国側が一斉に“仕返し”批判!>
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=68079

関連スレ:【サッカー】英メディア「被害者でもないのに泣くソンフンミン、不気味」★2
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1577159254/

「悪意に満ちた報復行為」「韓国の赤い王!」、ソン・フンミンたたく中国、それを楽しむ日本[12/24]  

0002125153_001_20191224050403679[1]




1: 蚯蚓φ ★ 2019/12/25(水) 00:12:16.59 ID:CAP_USER
https://image.chosun.com/sitedata/image/201912/24/2019122400421_0.png

日本サッカー専門メディアがトッテナムのFWソン・フンミンの退場波紋を扱い、中国メディアの批判記事を引用してそれとなく韓国をたたく記事を掲載した。東アジア選手権で韓国メディアは中国の少林サッカーを非難したが、今回は中国メディアが同じように報復しているという趣旨の内容だ。

「サッカーダイジェスト」は24日、ニュースを通じてソン・フンミンの退場が大きな波紋を起こしていると火ぶたを切った。ソン・フンミンは去る23日(以下韓国時間)、プレミアリーグ18ラウンド、チェルシーとの試合に出場して後半16分、相手のリュディガーとボールを争う途中報復性の足蹴りが出て退場カードを受けた。

同メディアは今年5月、11月に続き1年間に3度もレッドカードを受けて英国をはじめとするヨーロッパメディアはもちろん、母国・韓国のメディアからも「未熟だ」「感情をコントロールできていない」と批判が集中していると雰囲気を伝えた。

それと共にソン・フンミンに対する批判記事をいっせいに吐き出す中国メディアの雰囲気も紹介した。「英国でも心優しい聡明なイメージを持たれているが、もはやそれは過去の話。1年で3度の退場はあり得ない。アジアの王はいまや韓国の“赤い王”だ」というある中国メディアの評価をのせた。引き続き「悪意に満ちた報復行為だった。主審にレッドカードを提示されて頭を抱え、絶望感を演出していたが、大した演技力だ。ボール扱いより上手いのではないか。まるでパペット・ショーを見ているかのように滑稽だ」というまた他のメディアの非難も紹介した。

「サッカーダイジェスト」はこの前終わった2019 E-1東アジア選手権で韓国メディアが中国代表チームのプレーを批判したことも紹介した。当時、韓国メディアが「少林サッカーは見るに堪えない」「サッカー後進国の象徴」「彼らはいつも暴力的だ」と揶揄したが、今回はソン・フンミンを中国メディアが非難しているということだ。

同メディアは最後に「カンフーサッカーより酷い行為だ!」「中国人ならあんな報復はしない」「中国サッカーはアジアの恥だとまで言われたが、そのままお返ししたい」など中国版ツイッター「ウェイボ」のソン・フンミンに対する非難世論も紹介した。

ソン・フンミン退場を中国メディアが非難して日本メディアも密かに加勢する姿だ。韓中日メディア戦が広がっているわけだ。該当記事は日本の有力ポータルのサッカー記事購読数最上位にランクされている。

出処:朝鮮日報(韓国語)"悪意で一杯である報復行為"ソン・フンミン殴る中国、それとなく楽しむ日本
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/12/24/2019122400428.html

関連記事:サッカーダイジェスト<「悪意に満ちた報復」「韓国の赤い王!」愚行退場のソン・フンミンを中国側が一斉に“仕返し”批判!>
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=68079

関連スレ:【サッカー】英メディア「被害者でもないのに泣くソンフンミン、不気味」★2
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1577159254/

韓国ソン・フンミンが1年で3度目の退場、9年ぶりの“不名誉記録”  

2019122301001842200129351




1: 王子 ★ 2019/12/23(月) 19:06:20.83 ID:XGZkRDAw9
危険タックルに続き…ソン・フンミンが1年で3度目の退場、9年ぶりの“不名誉記録”
https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=8620

故意に足を振り上げたとして退場処分を受けたソン・フンミン(27・トッテナム)は、黙って頭だけ下げた。

ソン・フンミンは12月23日(日本時間)、英ロンドンのトッテナムスタジアムで行われたプレミアリーグ第18節チェルシーとのホームゲームで、後半17分に退場判定を受けた。

チェルシーDFアントニオ・リュディガーと衝突したソン・フンミンは、起き上がる際に足を振り上げて、リュディガーの腹部に当たった。その行為が報復と判断され、一発レッドとなった。

ソン・フンミンの退場後、数的劣勢を克服できなかったトッテナムは、チェルシーに0-2で完敗。勝ち点を追加することができず、トッテナム(勝ち点26)はリーグ7位となった。

試合直後、英メディア『スカイスポーツ』は、「ソン・フンミンの危険な行動は、2点差を追いかけるトッテナムの希望を奪った」と伝えた。また『BBC』も「ソン・フンミンは明らかに怒り、足を高く上げた。リュディガーのアクションに過剰なところもあったが、ソン・フンミンのスパイクがリュディガーの肋骨に当たったことは正しい」と指摘した。

欧州サッカー統計専門メディア『WhoScored.com』は、ソン・フンミンに両チーム最低評価となる4.9点を与えた。

ソン・フンミンの退場は、2019年だけで3回目だ。

ランプスが恩師モウとの師弟対決に完勝! ウィリアン2発でソン・フンミン愚行退場のスパーズを敵地で撃破 

20191223-00366610-usoccer-000-1-view[1]




1: 幻の右 ★ 2019/12/23(月) 05:23:03.34 ID:HpmjRQc/9
プレミアリーグ第18節、トッテナムとチェルシーによる“ロンドン・ダービー”が22日にトッテナムホットスパー・スタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが2-0で勝利した。

チェルシー時代に多くのタイトルを共有したモウリーニョ監督、ランパード監督の師弟対決となった4位のチェルシー(勝ち点29)と、5位のトッテナム(勝ち点26)による、トップ4の座を懸けた今季最初のダービー。

前節、ウォルバーハンプトン相手に大苦戦を強いられながらも後半アディショナルタイムの劇的なゴールによってリーグ2連勝を飾ったトッテナム。ポルトガル人指揮官にとって2戦連続の教え子との対戦に向けてはウルブス戦と同じスタメンを採用。前線にケイン、ソン・フンミン、デレ・アリ、ルーカス・モウラが並んだ。

一方、前節ホームで不振のボーンマスに敗れて今季2度目のリーグ連敗となったチェルシーは、ランパード監督にとっての恩師であり、レジェンド指揮官との初めてのダービーに向けて10月初旬のリール戦以来となる[3-4-3]の布陣を採用する奇策を敢行。ジョルジーニョ、プリシッチをベンチに置き、両ウイングバックにアスピリクエタ、マルコス・アロンソを配置する守備的なメンバー構成となった。

並びを変えたアウェイチームの出方をホームチームが窺う入りとなった中、トッテナムは足下に難がある相手の3バックに対して必要以上に前から嵌めに行く形は取らず、ウイングバックとカンテとコバチッチへのパスコースを切るミドルプレスを採用。

キックオフ直後はビルドアップでバタつくチェルシーだが、コバチッチや2シャドーがボールを引き出しながらサイドチェンジを起点に相手陣内深くにボールを運んでいく。すると12分、左CKの場面でキッカーのウィリアンがショートコーナーを選択。ボックス左でコバチッチのパスを受け直してカットインから鋭い右足のシュートをゴール右隅の完璧なコースに突き刺した。

オーリエが与えた不用意なCKの流れからあっさりと先制を許す拙い入りとなったトッテナムはすぐさま反撃の構えを見せるが、先制点によってボール回しに良いリズムが出てきたチェルシーから良い形でボールを奪えず。決定機はおろか相手陣内に効果的にボールを運べない。

それでも、27分にムサ・シソコのボックス右からの折り返しに反応したケインがようやくファーストシュートを放つと、直後の29分にも再びケインの右からの折り返しをゴール左のソン・フンミンがダイレクトで合わせる決定機を創出。ここから一気に押し返したいところだったが、ビルドアップの場面で手詰まりしてケインやデレ・アリが低い位置まで下りてボールを受けにくる悪循環が続く。

その後は球際でのバトルが激しくなる一方、中盤での潰し合いによって試合はこう着状態に陥るが、このままチェルシーの1点リードで終了かに思われた前半終了間際にミスから試合が動く。

前半アディショナルタイム1分、ウィリアンがボックス内に入れた浮き球パスにGKガッサニーガとマルコス・アロンソが反応。ここで目測を誤ったガッサニーガがアロンソにアフター気味のタックルを見舞うと、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入によってPKが与えられる。これをキッカーのウィリアンが冷静に決めてアウェイチームが点差を広げてハーフタイムを迎えた。

後半の巻き返しに向けて大きな変化が求められるトッテナムはダイアーを下げてエリクセンを後半頭から投入。この交代でルーカスを左ウイングバックに置く[3-4-3]の攻撃的な布陣に変更。相手とのマッチアップをハッキリさせる。

このシステム変更に加えて、ビルドアップ時に中盤をダイヤモンド型に変形させて相手のプレスをいなすホームチームは前半に比べて相手陣内の深い位置までボールを運べるようになるが、きっちり全体がリトリートしてスペースを消す相手の守備ブロックをこじ開けるまでには至らず。

すると、62分にはリュディガーと交錯した際に足裏で胸を故意に蹴るような仕草を見せたソン・フンミンに対して、VARの介入によってアンソニー・テイラー主審がレッドカードを掲示。これで2点ビハインドのトッテナムは数的不利まで背負うことに。

一方、より有利に試合を運べることになったチェルシーは68分に前半から飛ばし気味にプレーしていた殊勲のコバチッチを下げてジョルジーニョを投入。よりゲームコントロールを意識した戦い方にシフトする。

(続きはソースで)

超WORLDサッカー!
12/23(月) 3:30
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-00366610-usoccer-socc

劇的同点ゴールを喜びすぎて2人退場…ユニフォーム脱ぎ捨て&コーナーフラッグ破壊 

20191127-01002767-soccerk-000-1-view[1]

GKが試合開始13秒で退場!トルコでの珍事が話題に 

20191025-00010004-sportes-000-1-view[1]

退場処分に怒りのメッシ、表彰式への登壇拒否 「腐敗した大会の一員でいたくない」 

20190707-00201951-soccermzw-000-4-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索