Samurai Goal

退場


スポンサード リンク





イブラヒモビッチ先制弾も退場 インテルに逆転負け 

スクリーンショット 2021-01-27 12.40.42

【衝撃動画】メッシが相手選手に“衝撃ラリアット”で一発退場 4試合の出場停止処分の可能性も浮上 

スクリーンショット 2021-01-18 13.44.28




1: 2021/01/18(月) 12:07:46.92 _USER9
スーパーカップ決勝の延長後半アディショナルタイムに相手選手に暴力行為で退場

 バルセロナは現地時間17日、スーパーカップ決勝で延長戦の末にアスレティック・ビルバオに2-3で敗れた。エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、試合終了間際に行く手を阻んだ相手選手に暴力行為を働いて一発退場。現地メディアによると4試合の出場停止処分が下る可能性があるという。

【動画】4試合の出場停止処分の可能性も…メッシが相手選手に“衝撃ラリアット”で一発退場
https://twitter.com/ESPNFC/status/1350933920104259590

 前半40分にフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのゴールで先制したバルセロナだったが、直後に失点して試合は振り出しに。後半32分に再びリードを奪うも、タイムアップ目前に同点弾を決められ、延長戦にもつれ込んだ。そして、延長前半3分に勝ち越し点を奪われ、そのまま2-3で敗れる結果となった。

 問題のシーンが起こったのは延長後半アディショナルタイム。1点ビハインドのバルセロナは敵陣内で攻撃を仕掛けるなか、ビルバオFWアシエル・ビジャリブレから激しいチャージを受けてヒートアップしたメッシは、行く手を阻む相手の後頭部を目掛けて右腕を振り回し、殴り倒すような格好になった。

 結局、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入でビデオ確認を経て、ヘスス・ヒル・マンザーノ主審はメッシを一発退場処分とした。アルゼンチン紙「クラリン」によれば、メッシはバルセロナの公式戦では754試合目にして初のレッドカード。スペイン紙「マルカ」は、4試合の出場停止処分(リーグ戦2試合、カップ戦2試合)になる可能性を報じている。

 メッシにとっては、スーパーカップのタイトルを逃すだけでなく、手痛い代償を払うことになるかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1f343bebc54423163bb07c2a95b9ef132359ee78
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

武田修宏氏が指摘「退場・久保建英はチームの一員として認められていない」 

スクリーンショット 2020-10-20 12.12.18

「その痛みは想像しがたい」フラメンゴDFが股間を踏まれて涙の退場。メディアも哀れむ“悲劇” 股間が血で染まる 

qem6X10m




1: 2020/10/20(火) 06:18:08.63 _USER9
接触プレーで起きた悲劇

激しく火花を散らすバトルのなかで起きた“悲劇”が話題を集めている。

 事の発端となったのは、現地時間10月18日に行なわれたブラジル全国選手権の第17節、コリンチャンス対フラメンゴの一戦で起きたアクシデントだ。

フラメンゴが先制して迎えた35分だった。接触プレーで股間を踏まれてピッチに倒れたフラメンゴのブラジル人DFグスタボ・エンリケがベンチへ交代を訴えたのだが、その股間が血で染まっていたのだ。

 自力で立ち上がり、ロッカールームへと去っていったグスタボ。
試合後にフラメンゴは「彼は睾丸に裂傷を負った」と声明を出したが、自らの股下の“惨状”と痛みから涙を流していた去り際は、まさに目も当てられない痛々しい状態であった。

 27歳のブラジル人DFを襲った悲劇に各国メディアからも同情の声が上がっている。ブラジルのあらゆるスポーツ情報を発信しているポータルサイト『UOL』は、「グスタボはトラウマになる苦しみを味わった」とレポートした。

「フラメンゴのDFの白いパンツは真っ赤に染まり、彼は退場するしかなかった。その汚れたユニホームが彼の痛みと苦しみを表している」

 また、ペルー紙『Libero』は、「ブラジル人が悲痛な怪我を負った」と痛々しい状態をエモーショナルに説明した。

「グスタボは激しいプレーからあまりの痛みを伴う怪我を負った。彼は相手に睾丸を踏まれ、涙ながらにピッチを去った。その時の感情は、説明のしようがなく、想像しがたいものだ。自力で歩いた彼の逞しさを称えるべきだろう」

 フラメンゴの発表によれば、今週中に再検査を受けるというグスタボ。彼が再びピッチに戻ってくることを願うばかりだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f03b3f2beaee246e70ea48ac61c6d564a09e06c0
10/20(火) 6:09配信

絶妙ヒールの初アシスト&初退場の久保建英「冷遇してきたウナイ・エメリ監督の評価」 

スクリーンショット 2020-10-19 21.50.24

伊東純也が大ハッスルで2Aも…終盤2回目の警告で退場に、シャルルロワ森岡も1A 

スクリーンショット 2020-10-19 11.37.47




1: 2020/10/19(月) 10:18:27.65 _USER9
[10.18 ベルギー・リーグ第9節 ゲンク2-1シャルルロワ]

 ベルギー・リーグは18日に第9節を行った。MF伊東純也が所属するゲンクはMF森岡亮太が所属するシャルルロワと対戦し、2-1で勝利している。

 日本代表から帰還した伊東は開幕から引き続き先発メンバー入り。同じく盛岡もスタメンで試合に入った。伊東は開始早々から持ち味のスピードで相手陣地に迫るが、森岡が冷静にカット。両者ともに、序盤から攻守に絡んでいく。

 すると前半25分、ゲンクは伊東を起点に先制。右サイドを突破した伊東がクロスを上げ、ファーサイドのFWパウル・オヌアチュが頭で押し込んだ。アグレッシブな伊東は同28分、相手選手へのファウルでイエローカードを受けてしまう。

 後半4分にはシャルルロワが反撃。森岡が左CKを蹴り、MFサイド・ベラヒンがヘディングシュートでゴールに叩き込む。日本人両選手の活躍で、試合は1-1と振り出しに戻った。

 拮抗状態に戻ったが、後半18分にゲンクが決勝点。伊東とのワンツーパスからDFヨアキム・メーレが豪快に右足シュートを放ち、ゴールに突き刺さる。今季初ゴールで2-1と勝ち越しに成功した。

 あとは逃げ切るだけとなったゲンクだが、伊東は後半37分、相手選手の顔に足が当たり、2回目の警告でレッドカード。無念の退場処分となったが、数的不利のゲンクが逃げ切り、2-1で3試合ぶりの白星を手にしている。


https://news.yahoo.co.jp/articles/f7bbb6a8b959e3ad3c2178885f4893c4fd8c34ee

乱闘で退場したネイマールら5選手の処分が決定 PSG×マルセイユ 

スクリーンショット 2020-09-17 11.50.00




1: 2020/09/17(木) 10:40:59.77 _USER9
フランス・プロリーグ機構(LFP)は16日、リーグアン第3節のパリSG対マルセイユ(0-1)で退場したFWネイマールら5選手の処分を発表した。

 同試合は前半からイエローカードが飛び交う荒れた展開の中、後半アディショナルタイム6分に乱闘が勃発。ロングボールの競り合いでパリSGのMFレアンドロ・パレデスがマルセイユFWダリオ・ベネデットのファウルを受け、激怒して報復を行った。そして押し倒されたベネデットがパレデスの足を引っ掛けて転ばせると、そこから両チームの選手たちがエキサイト。各所で小競り合いが起こった。

 その中で互いに蹴り合ったDFレイバン・クルザワとDFジョルダン・アマビィが退場を命じられ、パレデスとベネデットにもレッドカード。さらにネイマールがマルセイユDFアルバロ・ゴンサレスの後頭部を殴ったとして、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を経て退場処分となった。

 LFPの懲戒委員会は協議の結果、クルザワに6試合、アマビィに3試合、ネイマールとパレデスに2試合、ベネデットに1試合の出場停止処分を科すことを決定。ブラジル『グローボ・エスポルチ』によると、ネイマールとパレデスは今後の公式戦10試合で再び懲戒問題に関与した場合、3試合目の出場停止処分を受けることになるという。

 なお、LFPは相手に向けてつばを吐いた疑いのあるMFアンヘル・ディ・マリア、ネイマールへの人種差別疑惑のあるA・ゴンサレスについては、懲戒委員会で調査を行うとしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5a51398d1e6af896e1bda17ad9eac747e24f25ba

FW#都倉賢(セレッソ大阪)「僕の退場でチームに迷惑をかけてしまって本当に申し訳なく思います」 

1: 2020/09/17(木) 08:39:20.29 _USER9
[9.16 J1第25節 神戸0-1C大阪 ノエスタ]

 セレッソ大阪のFW都倉賢がツイッター(@tokurasaurus)を更新した。

 C大阪は16日に敵地で行った神戸との“阪神ダービー”に1-0で勝利。クラブとしてJ1では15年ぶりとなる6連勝を飾った。

 しかし先発した都倉は、前半33分にゴール前に詰めた際にGK前川黛也の顔面に足を入れてしまって退場。チームは残り時間を数的不利で戦うことを余儀なくされた。

 ただチームは後半17分のMF柿谷曜一朗のゴールによって1-0で勝利。都倉は「僕の退場でチームに迷惑をかけてしまって本当に申し訳なく思います」とつぶやくと、「ただみんながハードワークしてくれたおかげで勝利する事が出来ました。チームメイトに感謝感謝です。またチャンスをもらえた時にチームに貢献出来る様に精進していきます!!!」と更なる活躍を誓った。

写真
no title


9/16(水) 22:54 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/c4a17814c68c9927dd8055b4da56407b1b191625

【サッカー】<セレッソ大阪FW都倉の左足が神戸GK前川の顔面に…>前川は流血、都倉は一発退場
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1600261957/

退場処分のネイマール「後悔しているのは、あのバカの顔面を殴らなかったことだけ」 

スクリーンショット 2020-09-14 19.49.04

ネイマール大荒れ、相手DFの後頭部に一撃。ディ・マリアにはつば吐き疑惑。フランス伝統の一戦で5人退場 

1: 2020/09/14(月) 10:21:08.78 _USER9
no title


リーグアン第3節のパリ・サンジェルマン対マルセイユが現地時間13日に行われた。0-1でパリ・サンジェルマンが敗れたこの一戦では、ブラジル代表FWネイマールらの行為が大きな注目を集めている。

 DF酒井宏樹が先発したマルセイユとの伝統の一戦は、後半アディショナルタイムに両チームが入り乱れての乱闘騒動がぼっ発。ネイマールを含む5人が退場となった。

 ただ、緊張感は序盤から続いていた。37分には、マルセイユDFアルバロ・ゴンサレスと口論になったネイマールが第4の審判に詰め寄り、「人種差別、ノー」と訴えかけた。

 ネイマールと揉めたアルバロは、アンヘル・ディ・マリアにつばを吐きかけられたと主張したようで、こちらも今後問題となるかもしれない。

 後半もヒートアップし続けたが、アディショナルタイムに両チームのうっ憤が爆発。ボールに関係ないところでのファウルがきっかけで乱闘になると、両チームとも2人ずつ退場。さらに、VARでネイマールの愚行も確認。乱闘騒動の中でアルバロの後頭部を殴っていたことがバレて、こちらも退場となった。

 結局、両チーム合わせて5人の退場者を出して試合終了。フランス伝統の大一番は、プレ-以外のところで注目を浴びる形となっている。

2020.09.14
https://www.footballchannel.jp/2020/09/14/post388751/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索