Samurai Goal

退団


スポンサード リンク





ラキティッチ、ビダルらバルサ12選手が退団可能性 

スクリーンショット 2020-07-24 13.47.39のコピー




1: 2020/07/24(金) 12:24:38.50 _USER9
まだ欧州チャンピオンズリーグ(CL)が残されており、シーズンは終わっていないものの、バルセロナは既に今夏の移籍市場に向けた仕事に取り組んでいる。そんな中、スペイン紙マルカ電子版は23日、退団の可能性がある選手がバルセロナに12人いることを伝えている。

バルセロナの今夏最大の目標がインテル・ミラノでプレーするアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス獲得である中、選手放出には資金調達やトレード要員、人員整理という理由がある。

退団の可能性がある選手として同紙は、GKのネト、DFのセメード、ウムティティ、ジュニオル、MFのラキティッチ、ビダル、FWのデンベレ、ブライトバイテ、期限付き移籍から戻ってくるアレニャ(ベティス)、ラフィーニャ(セルタ)、トディボ(シャルケ)、コウチーニョ(バイエルン・ミュンヘン)の12人を挙げており、1チーム分作れることを強調している。

これらの選手たちの多くは他クラブに所属した場合、スタメンを構成するに十分な戦力になる。しかしバルセロナ内では来季、監督を納得させるプレーができていない、入団後のパフォーマンスと比較してコストが高いなどの理由で居場所がなくなる可能性があり、今夏の退団候補となっている。

この中でも特に高給取りのコウチーニョとデンベレを放出した場合、クラブは新型コロナウイルスの影響を大きく受けている財政面の負担を大幅に軽減することができる。2選手はクラブ史上の移籍金最高額の上位2選手として入団しながらも、重要な地位を築けていないが、市場価値は依然として高いとのことだ。

またセメード、ラキティッチ、ビダル、ラフィーニャ、トディボも人気があるため、移籍先を見つけるのは難しくないと見られている。一方、その他の選手たちはこの後、クラブと話し合いを行い、解決策を見つける必要があるとマルカ紙が伝えている。(高橋智行通信員)

https://news.yahoo.co.jp/articles/19f0ef877323e5579b95d61a8ba3f2f50a2c5674

<MF中島翔哉>ポルト退団の可能性が浮上!「指揮官は来シーズンの構想に彼を入れることはないだろう」 

スクリーンショット 2020-07-24 10.03.18のコピー




1: 2020/07/24(金) 09:46:27.53 _USER9
MF中島翔哉にポルト退団の可能性が浮上している。23日、ポルトガル『A BOLA』が伝えている。

 昨夏にアル・ドゥハイルから“背番号10”としてポルトに加入した中島。公式戦28試合に出場し、1ゴール3アシストを記録していたが、新型コロナウイルスによる中断期間明け以降は、家族の安全を考慮して練習を見送っていた。6月にリーグ再開も自宅トレーニングを続け、7月以降は別メニュー。再開以降は出場機会を得られていなかった。

 20日の試合後に行われたリーグ優勝セレモニーにも不参加でメダルの授与もされず、イケル・カシージャスの送別会にも欠席という報道も。セルジオ・コンセイソン監督も中島不在について言及を避けていた。

 同メディアによると、ポルトは“背番号10”を獲得するに至った移籍金1165万ユーロ(約14億4000万円)の回収を検討。「指揮官は来シーズンの構想に彼を入れることはないだろう」と伝えている。

GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/477af1adb5d83c5befc12ac0113ad2799075bd0c


【サッカー】<中島翔哉>優勝セレモニーも不参加!ポルト指揮官は黙秘。「答える必要はない!」苦境は続くか [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1595346739/

J電撃復帰は!? フッキが今季限りでの上海上港退団を決断「これ以上に中国でプレーはしたくない…」 

Soccerking_1012606_cd5e

<鎌田大地>今夏フランクフルト退団の可能性が急浮上…代理人が延長オファーに納得せず 

1: 2020/07/08(水) 07:14:05.99
写真 今期大ブレイク
no title


フランクフルトのMF鎌田大地は、今夏退団の可能性もあるようだ。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

鎌田は今シーズン、アディ・ヒュッター監督の下で攻撃の中心選手としてスタメンに定着。公式戦47試合に出場し、10ゴール9アシストと見事な成績を残した。2021年までとなっている契約に関しても、フランクフルトのフレディ・ボビッチ執行役員は延長交渉に自信を示していたが、ここに来て潮目が変わってきている。

『ビルト』の有料記事によると、鎌田の代理人であるロベルト佃氏がフランクフルトの延長オファーに納得しておらず、他の選択肢も検討したいとのこと。クラブ側は選手が契約最終年に入ってしまうため、このまま話がまとまらなければ今夏の売却も検討し始めたようだ。

以前までは、もう1人の代理人であるトーマス・クロート氏は延長オファーに前向きだったが、ロベルト佃氏が納得していないために、交渉が進んでいない模様。2019-20シーズンの活躍もあり、鎌田を狙うクラブも多くあるだけに、今夏の動向に注目が集まるところだ。

7/8(水) 7:04 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/4317b7b2ebdec2b393bbb10537b491213c6840c8

ハメスのレアル・マドリー退団決定的に…今後プレーを拒否、移籍金は30億円とも 

20200706-00010008-goal-000-1-view

メッシ、バルサの現状に嫌気が差し2021年6月に退団か 

20200703-01092359-soccerk-000-1-view




1: 2020/07/03(金) 14:47:23.23
スペインのラジオ局『カデナ・セル』が、リオネル・メッシが2021年6月にバルセロナを退団する可能性について報じた。

 メッシとバルセロナの現行の契約は2021年6月までとなっており、双方は先月、契約更新に向けた話し合いをスタートさせていた。

 しかし、キケ・セティエン監督をはじめとするチームスタッフと選手たちの間の確執が報じられるなど、クラブに関する様々な問題がリークされる現状を鑑み、また彼には無関係の問題まで責任を負わされることに心を痛め、メッシ自身の意向により交渉が一時ストップしているという。

 メッシは常々「バルセロナが望む限り、このクラブでプレーする」と語っていたが、最近はロッカールームの自身に近しい関係者に「自分がクラブにとっての問題になりたくない」と漏らしているという。また、タイトル獲得に向けたプロジェクトを描けていないクラブに対しても不満を抱きつつあるそうだ。

『カデナ・セル』は「現時点におけるメッシの考えは、クラブとの契約を2021年に終了させ、バルセロナを退団することだ」と結論付けている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c8d81057f62b902108cbe3d90e299697879dc909

<退団#長友佑都 >涙!「僕の心はいつもガラタサライ」サポーターからは「絶対にナガトモを忘れない」 

1: 2020/07/02(木) 23:05:10.48
写真
no title


サッカー日本代表DF長友佑都(33)が1日、所属するトルコ1部ガラタサライで最後の練習を迎えた。

今季限りでの退団が決まっている中、イスタンブール市内で行われた全体トレーニングに参加。イレブンを前にした練習開始前の円陣で、涙を流す長友の写真がクラブ公式ツイッターで公開された。

サポーターからは「絶対にナガトモを忘れない」「生涯、忘れられない選手だ」などとコメントが寄せられ、長友も返信。トルコ語で「生涯、僕の心はいつもガラタサライと一緒です」「いろいろと応援ありがとうございます!」とツイートした。

長友はセリエAインテルミラノで活躍後、18年1月にガラタサライへ加入。左サイドバックのレギュラーとして昨季までリーグ2連覇に貢献したが、今冬から外国人選手の人数規定によって登録を外れ、出場機会のない状態が続いていた。

(オルムシュ由香通信員)

7/2(木) 19:45配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/d51f4b6f2ed95eec21cb723acc9e448b4a2ae91d

ガラタサライ長友佑都はこのまま契約満了で退団へ…地元メディア「赤と黄から分離する」 

20200701-00010023-goal-000-4-view

マンC UEFA主催大会出場不可ならグアルディオラ監督退団、バルサ復帰も 英紙報道 

20200629-00000177-spnannex-000-3-view

前田大然、シーズン終了前にマリティモ退団か…前節招集外、短期延長に「ためらい」と現地報道 

20200625-00010010-goal-000-1-view




1: 2020/06/25(木) 11:43:31.98
日本代表FW前田大然は、今月中にポルトガルのマリティモ退団が決定的となっているようだ。ポルトガル『Record』や『dnoticias.pt』が伝えている。

前田は昨夏に松本山雅FCから1シーズンの期限付きでマリティモに加入。ポルトガルでは公式戦24試合に出場し、4ゴールをマーク。
しかし、現地時間22日に行われたプリメイラ・リーガ第28節の日本代表GK権田修一らが所属するポルティモネンセとのアウェーマッチ(2-3)ではベンチ外となっていた。

そして、その理由が明らかに。『Record』によると、同選手は今月30日に満了となる契約の短期延長に「ためらい」を示したため、マリティモ側は前田の今後の起用を見送る判断に至ったという。レンタル契約の延長の場合、クラブ間の交渉が必要と見られるが、その有無については報じられなかった。

コロナ禍の影響でシーズンの中断が続いていたプリメイラ・リーガが再開したのは今月頭だったため、シーズンが完結するのは7月の末の予定。再開明け3試合は出場していた前田だが、7月以降は2021年1月31日までの契約を残す所属元でプレーすることになるのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5c74361ce5a9b9d282fa1263dbda95d404a6f75f
6/25(木) 11:34配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索