Samurai Goal

退団


スポンサード リンク





「信じられない契約」福岡退団のFW森本貴幸、再び欧州挑戦・AEPコザニ(ギリシャ3部)へ 

スクリーンショット 2020-10-13 11.19.59




1: 2020/10/13(火) 10:41:16.47 _USER9
 アビスパ福岡を退団した元日本代表FW森本貴幸(32)の新天地がAEPコザニ(ギリシャ3部)に決まった。同クラブが12日、公式サイト上で「信じられない契約」「日本の“ゴールマシン”を歓迎します」として加入を発表している。

 先月29日、福岡から双方合意の上で契約解除することが発表された森本。クラブ公式サイトを通じて「今回の決断については、僕自身あとどれくらい現役でいられるかを意識する年齢に差し掛かり、ここでもう一度、これまでとは違う環境での挑戦をしてみたいという思いで、クラブに相談しました」と、海外移籍を検討していることを理由に挙げていた。

 森本は過去にイタリアのカターニアやノバーラ、UAEのアルナスルでもプレー。ギリシャは自身3か国目となる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d146d3ed366dcff348e5be48c7085199d9f9f168

<ドルトムント退団のゲッツェ>オランダ強豪のPSVに加入!…28歳で初の国外移籍 

1: 2020/10/07(水) 07:06:08.69 _USER9
PSVは6日、元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの獲得をクラブ公式サイトで発表した。

今夏にドルトムントを退団したゲッツェは、オランダの強豪PSVと2年契約を締結。ヘルタ・ベルリンも獲得に動いていたようだが、新天地は隣国オランダに決まり、キャリア初の国外移籍となった。
また、今シーズンの背番号は「27」となることも合わせて発表されている。

現在28歳のゲッツェはドルトムントの下部組織出身で2009年11月にトップデビューを飾った。2012-13シーズンまで主力として活躍し、
2012年の国内二冠や2013年のチャンピオンズリーグ準優勝などに貢献。2013年夏に宿敵バイエルンに移籍してブンデスリーガ3連覇などを経験し、
2014年にはブラジル・ワールドカップ決勝で決勝ゴールを挙げてドイツ代表を優勝に導いた。

2016年夏にドルトムントに復帰したが、2017年に代謝異常が判明するなどし、思うように出場機会を得られず。昨シーズンは公式戦21試合出場3ゴールで終わっていた。
ドルトムントでは公式戦通算219試合出場45ゴールを記録し、今夏に契約満了で退団していた。

PSVは、レヴァークーゼンなどで指揮をとったドイツ人のロジャー・シュミット監督が今夏に就任し、今シーズンはエールディヴィジ開幕3勝1分けの無敗で現在2位。
また、ヨーロッパリーグのグループステージ出場も決めており、PAOK(ギリシャ)、グラナダ(スペイン)、オモニア(キプロス)と対戦する。

10/7(水) 6:46配信 サッカーキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/3d04e9842223f08796fde6f1e023600e3bc4cf5f

写真
no title

<レアル・サラゴサのアランテギSD>香川真司退団は「スポーツ面で戦力外」 金銭面は無関係と主張 

スクリーンショット 2020-10-07 11.25.46




1: 2020/10/06(火) 22:50:55.98 _USER9
レアル・サラゴサのラロ・アランテギSD(スポーツディレクター)は、MF香川真司の退団は同選手を戦力としていなかったことが唯一の理由であり、金銭面は無関係だと主張した。
スペイン紙『マルカ』などが同SDのコメントを伝えている。

香川は今月2日にサラゴサと双方合意のもとで契約を解除したことが発表された。昨季のスペイン2部で期待されたほどのパフォーマンスを見せられなかったことに加えて、
チーム内で最高クラスの年俸がクラブにとって負担となっていたことも一因だと盛んに報じられていた。

だがアランテギSDは6日の会見で、金銭面は理由ではなかったと主張。「彼には(昨季)プレーオフ最終戦の1週間後にスポーツ面で戦力外だと考えていることを伝えた。それ以外の理由はない」と振り返っている。

香川には中東のクラブなどから好条件のオファーが届いているとも報じられていた。「サラゴサは彼のために動き、複数のオファーを受けていたが、全て断る結果となった。
1ヶ月を経て契約を解除しなければならなくなったのは驚きだ」とアランテギSDは語る。「今のチーム内にはシンジほどの過去(実績)はなくとも、もっと良い現在と未来があり前進の可能性がある選手たちがいると考えている」と続けた。

香川はスペイン国内の他クラブに加入することを希望しているようだが、新天地は未決定。サラゴサは香川にクラブの練習施設を提供し、コンディション維持のためトレーニングを行うことを認めたと説明されている。

10/6(火) 22:41配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/05a2cdc8e9e7ad179b95c8daedd9166eb45d0421

香川真司には似つかわしくないサラゴサでの終焉。なぜ退団しなければならなかったのか? 

スクリーンショット 2020-10-04 23.06.29

香川のサラゴサ退団に同情論も…スペイン紙「クラブが恩返しを許さなかった」 

スクリーンショット 2020-10-03 20.51.08

“手切れ金”は6200万円 サラゴサ、今季年俸の大半を払って香川退団へ 

スクリーンショット 2020-10-01 21.42.43

バルサに未練なし メッシが画策する巨額移籍金逃れの退団戦術 

スクリーンショット 2020-09-27 13.09.28

「香川真司の放出を決断」で退団決定的と現地紙報道 スペイン2部・サラゴサ 

1: 2020/09/26(土) 16:38:45.47 _USER9
9/26(土) 16:23配信
デイリースポーツ

香川真司

 去就が注目されているスペイン2部サラゴサの元日本代表MF香川真司(31)について、26日付の地元紙「エラルド」(電子版)は「サラゴサは2人のEU圏外選手を登録するため、香川真司の放出を決断した」と報じた。

 スペイン2部ではEU圏外の選手枠が2枠しかないが、サラゴサは今季、スペイン1部セルタからウルグアイ人FWガブリエル・フェルナンデス(26)を期限付き移籍で獲得したことで、ブラジル人FWライー・ナシメント(22)と合わせ、EU圏外の選手が3人となっていた。

 サラゴサがエルナンデスとナシメントの登録を決定したことで香川の退団は決定的となり、26日のラス・パルマスとのリーグ初戦(第2節)にも香川は招集されていないという。

 「エラルド」によると、香川はサラゴザでの生活に快適さを感じており、新たな移籍先候補となっている同2部ラヨ・バリェカノやログロニェスには前向きではないという。香川はスペインでのプレーを熱望していると言われているが、同国の移籍期間は10月5日までとなっており、香川の決断が注目される。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/aa59e8b38b14fce8651fd23494d91396e0ada711

香川真司 今週にもサラゴサでの去就決定か 地元紙が退団勧告に同情論展開 

スクリーンショット 2020-09-23 8.53.18

香川真司は退団に応じると決意も…スペインにこだわりオファー無しと地元紙 

スクリーンショット 2020-09-14 20.51.48


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索