Samurai Goal

退任


スポンサード リンク





久保所属のマジョルカに激震!モレーノ監督が退任の意向、エスパニョールの指揮官に就任か 

20200715-00076296-sdigestw-000-6-view

「シンジに謝っていた」…名将ファーガソンが退任を伝えた日 

20200506-43480069-gekisaka-000-3-view

久保建英の獲得を「完璧な補強」と語っていたマジョルカCEOが退任 

1: 豆次郎 ★ 2020/02/12(水) 21:46:08.95 ID:LazJlbZX9
超WORLDサッカー!2/12(水) 19:25配信
久保建英の獲得を「完璧な補強」と語っていたマジョルカCEOが退任

マジョルカは11日、最高経営責任者(CEO)を務めていたマヘタ・モランゴ氏が退任したことを発表した。

冬の移籍市場でスペイン人MFアレハンドロ・ポソとギリシャ人DFレオナルド・コウトリスの獲得に留まったマジョルカは、9日に行われたラ・リーガ第23節のエスパニョール戦に敗戦し、リーグ3連敗。降格圏内の18位に沈んでいた。

マジョルカは公式サイトで声明を発表。ここまでチームを率いてきたことに感謝するとともに、新たなフェーズに移ることをファン・サポーターに呼びかけた。

「レアル・マジョルカの取締役会は、マヘタ・モランゴがクラブのCEOとしての地位に留まらないことを決定しました。マヘタが過去4年間にクラブでリーダーシップを発揮してくれたことに感謝します。連続したプロモーションを行い、ファンの経験を改善し、新しいマーケティングパートナーシップを確立し、クラブのアカデミーを改善しました。彼の情熱と努力がクラブの基準を設定し、彼の将来のキャリアで最高のものになることを願っています」

「現在の財務ディレクターであるアルフォンソ・ディアスは、商業およびサッカー事業の管理を引き続き強化するため、商業事業の暫定エグゼクティブディレクターになります。 クラブの長期的な成功に引き続き取り組みます。 今、チームは今週の土曜日に重要な試合を開催し、すべてのファンのサポートが必要です。」

マジョルカは15日、ラ・リーガ第24節でアラベスと対戦。日本代表MF久保建英の獲得の際には「マジョルカにとって完璧な補強」とも称していたCEOの辞任は、久保の起用法に影響を及ぼすだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200212-00370035-usoccer-socc
no title

<ストイコビッチ>中国スーパーリーグの広州富力を退任…率いた5シーズンというのはクラブ最長の記録に.. 

1: Egg ★ 2020/01/03(金) 18:51:31.62 ID:1olClp4W9
中国スーパーリーグの広州富力は3日、ドラガン・ストイコビッチ監督の退任を発表した。

2013年まで名古屋グランパスを率いていたストイコビッチは、2015年に広州の指揮官に就任。5シーズンで通算55勝29分け39敗という成績を残していた。しかし、昨季は12位に終わり、リーグワーストの72失点を許したことが退任の決め手となったようだ。

クラブは公式サイトを通じ、「ストイコビッチとは友好的な交渉の末に合意に至った。これは難しい決断だが、クラブの利益のために、今が新しい章を始めるのにふさわしい時期だと信じている」と発表した。

なお、ストイコビッチが率いた5シーズンというのはクラブ最長の記録に。異例の長期政権となったが、来季は誰が指揮を執ることになるのだろうか。

1/3(金) 17:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-00010021-goal-socc

写真no title

天皇杯を残す鹿島が大岩剛監督の退任を発表…最後の仕事は「頂点に立ち最高の歓喜を与えること」  

1: 豆次郎 ★ 2019/12/11(水) 16:22:47.83 ID:I1yqUShH9
超WORLDサッカー!12/11(水) 16:12配信
天皇杯を残す鹿島が大岩剛監督の退任を発表…最後の仕事は「頂点に立ち、皆さんに最高の歓喜を与えること」

鹿島アントラーズは11日、大岩剛監督(47)の退任を発表した。

大岩監督は現役時代に名古屋グランパスエイト(現名古屋グランパス)、ジュビロ磐田でプレーした後、2003年から鹿島でプレー。2010年までプレーし、現役を引退していた。


現役引退後の2011年から鹿島のトップチームでコーチを務めると、2017年6月には石井正忠監督の後任としてコーチから監督に昇格。チームはリーグ2位に終わるも、無冠でシーズンを終えていた。

2年目の2018シーズンはJ1リーグで3位となり、YBCルヴァンカップ、天皇杯はベスト4で敗退。しかし、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で躍進すると、クラブ史上初のアジア王者となっていた。

3年目を迎えた今シーズンは、夏の主力選手移籍や負傷者が相次いだことで不安定な戦いを強いられていた中、J1リーグでは優勝争いを繰り広げるも3位で終了。ACLは浦和レッズとの準々決勝で敗退、ルヴァンカップはベスト4で敗退。天皇杯はベスト4に残っている。なお、天皇杯終了まで引き続き指揮を執るとのことだ。

大岩監督は、公式戦通算141試合を指揮し77勝32分け32敗。J1では90試合を指揮し50勝20分け20敗だった。大岩監督はクラブを通じてコメントしている。

「2017年途中から監督として初めて指揮を執ることになり、ここまでともに戦ってくれた選手、スタッフ、フロント、そしていつも私たちを支えてくれるファン、サポーター、スポンサーの方々には、感謝の気持ちしかありません。鹿島アントラーズは、タイトルを義務付けられたクラブです。その中で今年、Jリーグ、ルヴァンカップ、連覇を目指したACLを獲れなかったことは自分の力不足であり、本当に申し訳なく感じています」

「今シーズンはあと2試合、天皇杯のタイトルが残っています。アントラーズファミリー全員で、喜びを共有できるチャンスがあります。私の最後の仕事は、選手たちとともにその頂点に立ち、皆さんに最高の歓喜を与えること、それだけです。すべては勝利のために、一丸となって戦えるよう、最後まで後押しをしてもらえればうれしいです」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00365937-usoccer-socc
no title

仙台が6年間指揮した渡邉晋監督の退任を発表…「貴重な経験を与えてくれたクラブに心から感謝」  

20191209-00365842-usoccer-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/10(火) 06:22:05.05 ID:CHHQ+p5e9
ベガルタ仙台は9日、渡邉晋監督(46)の今シーズン限りでの退任を発表した。

2014年の4月に、グラハム・アーノルド前監督の後任としてヘッドコーチから内部昇格の形で仙台のトップチームを引き継ぐことになった渡邉監督。
当時開幕から未勝利の続いたクラブに就任初戦の横浜F・マリノス戦で初勝利をもたらすと、
残りのシーズンのリーグ戦28試合で9勝9分け10敗という成績を残し、最終的に14位でシーズンを終え、チームをJ1残留に導いた。

その後、2015年シーズンを14位、2016年シーズンを12位、2017年シーズンを12位、2018年シーズンを11位と5シーズン連続でチームをJ1残留に導き、
今シーズンも12勝5分け17敗の11位でシーズンを終え、チームの10年連続J1残留に貢献した。

6年間の指揮を終えることとなった渡邉監督は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「選手として加入してから19年、私にたくさんのチャンスと何にも代え難い貴重な経験を与えてくれたクラブに心から感謝しております。本当にありがとうございました」

「そしてベガルタサポーターの皆さん。多くの声援と笑顔、そして涙。
それら全ては私の心の中で生き続けます。本当に、本当にありがとうございました。ベガルタ仙台の今後の発展を心から願っています」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00365842-usoccer-socc
12/9(月) 23:45配信

https://www.youtube.com/watch?v=R-rGaTBAs2c


ベガルタ仙台 チャント カントリーロード

松本・反町監督、退任示唆 来季J2降格「現場が責任を取るのは当然」  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/05(木) 06:23:59.96 ID:1Q8SgBQo9
来季J2降格が決まった松本山雅の反町康治監督(55)が4日、今季限りの退任を示唆した。

結論は先送りしたものの、自身の責任などに言及。
同一クラブでは自身最長の8年目を迎え、7日に湘南との今季最終戦を控える指揮官が、大きな決断を迫られている。

湘南戦に向けた練習後、反町監督が注目される去就について口を開いた。
2、3日をオフとして自身も自宅がある東京で休養したという指揮官は「閉じこもって、犬の散歩でしか外に出ていない」と話し、進退についてじっくり考えたようだ。

報道陣を前に「一日たりとも無駄にしてこなかったつもりではいるけど、自分の力足らずだった。誰のせいでもない。現場が責任を取るのは当然。長くいる弊害もある」と心境を告白。
シーズン中から8年目となる長期政権の問題点に関して話したことはあったが、2度目のJ2降格が決まったこのタイミングで現場を預かる指揮官としての責任とともに改めて指摘した。
降格決定直後で去就問題に関して「少し頭が真っ白」などと話すにとどめたG大阪戦(11月30日)終了時よりも踏み込み、退任を覚悟したかのようだった。

それでも結論について「最終的に会社と話さないといけない」と説明。「最後の試合もあるし(順位次第で)来季のルヴァン杯に出られるかどうかもある。
我々のチームの影響だけじゃないし、(神田)社長と話す前にあなた方(報道陣)に言うはずはない」とあくまでも明言は避けた。

これまでも去就が注目されたシーズンはあったが、いずれもクラブがシーズン中に続投要請を出し、反町監督が応じる形だった。
今回は神田社長がG大阪戦終了後に「8年間、反さんに育ててもらった。
敬意を表して直接話したい」と語った一方で「変化、進化が必要なタイミング」と監督交代に踏み切る可能性を否定しなかった。

今季最終戦が“反町山雅”の最後となる可能性を残す中で、指揮官は「サポーターは辛抱強く、明るくサポートしてくれている。
“応援してきて良かった”と思う試合をしたい」と強調。4月20日の鳥栖戦以来となるホームでの勝利を誓った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00000064-spnannex-socc
12/5(木) 5:30配信

no title

no title

no title

<京都>中田監督の今季限りでの退任を正式発表!歴史的13失点の大敗を喫しプレーオフ進出を逃す 

20191128nakata_1mlnmyr3d0l8i1joy6av4xw4u0




1: Egg ★ 2019/11/28(木) 09:27:28.64 ID:dmdnf6aG9
J2京都は28日、中田一三監督(46)が契約満了により、今季限りで退任することを正式に発表した。

 クラブは10年ぶりのJ1昇格を目指していたが、勝てばJ1昇格プレーオフ圏の6位に入る可能性もあった24日の柏戦で歴史的13失点の大敗を喫し、プレーオフ進出を逃していた。

 中田監督は「日々練習場で見る顔、スタジアムが一つになる手拍子、サポーター魂宿る応援、それらに突き動かされ躍動する選手たち、その全てが私の誇りでした。私の力が至らず、J1という舞台へ皆様を連れていけなかったことは心残りですが、今季の教訓が来季へ繋がることを信じています。京都サンガF.C.に関わる全ての皆様に大変お世話になりました。ありがとうございました!」とコメントを寄せた。

 後任は実好礼忠コーチ(47)の昇格が最有力。10年ベスト11に輝いたDF増川隆洋(40)やFWエスクデロ競飛王(31)も退団。また強化部長には今季はJ2長崎の強化担当を務めている山道守彦氏(56)が入閣する。新スタジアム元年の20年シーズンは新体制で臨む方向だ。

11/28(木) 9:14スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-00000120-spnannex-socc

鎌田大地の逆転2発が決定打に…アーセナルのエメリ監督が退任!ユングベリコーチが暫定指揮へ  

1: Egg ★ 2019/11/29(金) 20:09:04.57 ID:ohbXvNe89
アーセナルは29日、ウナイ・エメリ監督(48)の退任を発表した。

 アーセナルは22年続いたアーセン・ベンゲル前監督の体制から2018シーズンにエメリ監督体制をスタート。昨シーズンはヨーロッパリーグ(EL)で決勝まで勝ち進み、1-4で敗れたものの、準優勝となっていた。

 しかし今シーズンはリーグ戦も4勝6分3敗で8位と低迷。さらに28日のEL第5節ではフランクフルトと対戦するも、FW鎌田大地の2得点で1-2と逆転負け。公式戦7試合未勝利となり、1992年2月以来27年ぶりの不名誉記録をつくってしまった。

 クラブ幹部のジョシュ・クロエンケ氏はクラブ公式サイトで、「エメリ監督とそのチームは私たちの要求に応えるために努力を惜しまなかった。そのことに感謝し、彼らの今後の成功を祈っている」とコメント。現在新たな指揮官は決まっておらず、元スウェーデン代表のフレドリック・ユングベリコーチが暫定的に指揮を執るという。

11/29(金) 19:41配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-43474543-gekisaka-socc

写真
no title

元日退任のJ2長崎・高田社長「夢をどんどん語っていかないと誰がついていきますか?」最後はPK対決も  

20191116-00000205-spnannex-000-5-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/21(木) 22:00:20.86 ID:tUlkMZP+9
 ◇明治安田生命J2第41節 長崎0―1栃木(2019年11月16日 トラスタ)

 来年元日付けで退任するJ2長崎の高田明社長(71)が15日の明治安田生命J2リーグ第41節・栃木戦(トラスタ)後に行われたホーム最終戦セレモニーであいさつに立ち、無類の名物社長として最後までエンターテイナーぶりを発揮した。

 「ジャパネットたかた」のテレビショッピングでお茶の間でもお馴染みだった高田氏はクラブが深刻な経営不振にあった2017年4月に社長に就任するとみるみるうちに経営を立て直し、同年にはクラブ初のJ1昇格。誰にでも気さくに接してきただけにスタンドでは涙を流すサポーターもいる中、「“一言あいさつをされてください”といってもちょっと時間をかけるかもしれません」と冒頭で“お断り”を入れると、そこから独特の肥筑方言訛りのある、あの甲高い口調で熱弁をふるった。

 チームは0―1で敗れ、ホーム最終戦を白星で飾れず。「結果は結果として負けましたけども、私の気持ちはものすごく清々しい気持ちでいます。なぜならば…これはですね。一生懸命戦った、最高に努力をした結果であると思ってるんです。私自身は人生と同じように山あり谷あり“まさか”もあります。勝負の世界も勝ち続けることもあれば、負け続けることもあるという。そういう中で逆に私は、栃木SCさんが今の状況で本当に頑張ったことに最大の拍手を送ってあげたいと思います。おめでとうございます」とこの試合で負ければJ3自動降格となる21位以下が確定する可能性のあった対戦相手・栃木の踏ん張りを称えてスピーチを始め、「皆さん、そう思いませんかぁ?」とスタンドに投げかける言葉も随所に入れながら約10分間に渡ってスピーチを続けた。

 今季限りで退任するが、当初は大みそかで一区切りのつもりだったという。だが、チームは来年元日に新国立競技場で決勝戦が行われる天皇杯で4強入りを決めており、12月21日の準決勝・鹿島戦(カシマ)に勝てば大舞台に駒を進めることができる状況。「いつの間にか12月31日が1月1日に書き換わっておりました。あれ?と思ってなんで?と言いましたら、これは長崎の皆さん、もちろんクラブの皆さんの愛だなーということを感じて涙が出るほどうれしかったですよ」という高田社長は「私もビジネス界で感じたことなんですけど、夢をどんどん語っていかないと誰がついていきますか?だから手倉森監督はどんどん夢を語りました。私も夢を語りました」と新スタジアム構想も含め「皆さんの夢、長崎の夢を絶対に世界に誇れるものにしようという夢を掲げているんです、皆さん!」と熱く語りかけた。

 そして、最後には「私は日本一の監督と思っている」と絶賛する手倉森誠監督(52)がキッカー役を務め、自身はオレンジのGKユニホームを身にまとってPK対決も。1本目、2本目は“忖度”した手倉森監督のスローモーなコロコロPKを止められなかった高田社長だが、3本目には右足でセーブして笑顔で締めくくり、選手たちの手で3度宙に舞った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191116-00000205-spnannex-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索