Samurai Goal

起用


スポンサード リンク





<レアル・マドリード>エメリ監督の久保起用に落胆!現地メディア指摘「出場時間の少なさを理解できない」 

スクリーンショット 2020-10-07 7.37.23




1: 2020/10/06(火) 22:39:06.14 _USER9
開幕5試合でリーグ戦出場は計54分間と思うようにプレー時間を得られず

ビジャレアルの日本代表MF久保建英は今季、開幕から5試合連続でベンチスタートと思うようにプレー時間を得られておらず、ウナイ・エメリ新監督の起用法に疑問の声も上がり始めている。
スペインのラジオ局「カデナ・セール」は、「レアルは出場時間の少なさを理解できない」と伝えている。

今季ビジャレアルに期限付き移籍した久保は、ここまで熾烈なレギュラー争いのなかで苦戦を強いられている。久保の獲得を熱望したと伝えられているウナイ・エメリ監督だが、
開幕から5試合連続で日本人アタッカーを先発起用せず。限られた出場時間で久保が輝きを放った試合もあったが、3日のリーガ第5節アトレティコ・マドリード戦(0-0)では見せ場なく、スコアレスのままタイムアップを迎えた。

エメリ監督が久保の獲得を望んだとされるなかで、リーグ戦5試合で総出場時間54分という状況に、少なからず起用法を疑問視する声が上がっている。保有権を持つレアル・マドリードも同じ気持ちのようだ。

スペインのラジオ局「カデナ・セール」は、「クボのレンタルに関するレアル・マドリードでの不快感」と題し、レアルは久保の出場時間の少なさを理解できないとしている。

「ラ・リーガ5節が終わったばかりで時期尚早だが、タケ・クボの登場機会の少なさはレアルの中でネガティブな意味で驚きを与えている。すべての試合でプレーしているが、1試合平均で11分程度。
ヨーロッパリーグが始まれば、論理的に考えてより多くの時間を得ることになるだろうと知っているが、クラブ上層部には現在見ているものから落胆を感じている」

25クラブからオファーを受けたなかでビジャレアルが「理想的な場所」との判断も…
 
記事では、久保が今オフにレアルの選手としては最も多い25クラブからオファーを受けたとし、「ミラン、アヤックス、バイエルンといった重要なクラブからのものもあり、これらは経済的にはより良い提示だった」と言及。
ビジャレアルが「理想的な場所」と考えたうえでのレンタルだったが、現状では“期待外れ感”は否めないという。

「これは重要なことだが、レアルは自分たちが他チームへレンタルしている選手のことを、どういう布陣でやっているのか、各ポジションにどんな競争相手がいるのかしっかり研究しており、
マジョルカでの後、理想的な次のステップはビジャレアルだと考えた。基本的に攻撃的なサッカーをし、さらに欧州大会でクボがプレーするのを見る機会があるとのことだった

実際にはエメリは(サムエル・)チュクウェゼのほうに賭けているか、ワンダ(アトレティコの本拠地)での試合のように2選手のどちらも起用していない。改めてまだ時期が早いと強調しておくが、
レアルは説明を求めたり、他チームへ送るために選手を取り戻すといったドラスティックは手段を計画していない。辛抱強くチャンスが来るのを待つが、ビジャレアルでのクボのスタートを気に入ってはいない」

代表ウィークを挟んだ後の第6節バレンシア戦以降、久保はこの苦境を打破できるだろうか。

10/6(火) 6:50配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/d2838116c25208e2afc875d2c986e41c71126379

長谷部誠の起用なしに現地で疑問の声…「最も優れたフットボーラーが1分もプレーしていない」 

20200203-00010022-goal-000-2-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索