Samurai Goal

買取OP付き


スポンサード リンク





「ナカジマの交渉はまとまった」中島翔哉はレンタルで中東へ? 約50億円の買取OP付きと現地局が報じる 

スクリーンショット 2021-01-08 16.57.51




1: 2021/01/08(金) 15:54:13.10 _USER9
ポルトではメンバー外が続いている

ポルトの前はカタールのアル・ドゥハイルで半年間プレーしていた中島。再び中東へ迎うのか。(C)Getty Images

 ポルトガル1部のポルトに所属する中島翔哉の去就について、新たな情報が報じられている。

 現地時間1月7日、ポルトガル紙『Record』および『A BOLA』は、現地局『SIC Noticias』の情報として、「中島に関する交渉はまとまった」と伝えている。

 中島は現在、招集メンバーから外れる状態が続いている。12月5日のトンデラ戦以来出番がなく、ポルトガル紙などは概ねセルジオ・コンセイソン監督の構想外と報道。今冬にチームを離れる可能性が高いとされている。
 
 これまでに国内外の複数クラブが関心を寄せていると報じられていたが、同局の報道によれば、アラブ首長国連邦(UAE)のアル・アインとの交渉がまとまったとされる。まずは今シーズン終了までのレンタルで移籍となるようだが、退団は既定路線。買取オプションは4000万ユーロ(約50億円)に設定されているという。

 2019年夏にポルトに加入した中島は、2024年まで契約を結んでおり、8000万ユーロ(約100億円)の契約解除金が設定されている。

 ポルトOBであるポルトガル人指揮官ペドロ・エマニュエル監督が率いるアル・アインは現在、DF塩谷司が所属している。

 ポルトに加入する前は、カタールのアル・ドゥハイルでプレーしていた中島。再び中東でプレーする可能性が高まってきたようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/423f720043b0f1b5b392163b6334ff67ef7e4682
1/8(金) 15:46配信

ユヴェントス、モラタ復帰を発表!買取OP付き12億円の期限付き移籍、4年ぶりにセリエAへ 

スクリーンショット 2020-09-23 10.26.00


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索