Samurai Goal

財政難


スポンサード リンク





名門バレンシア、深刻な財政難で選手の給与払えず…最悪の場合は降格する可能性も 

スクリーンショット 2020-08-19 2.19.19




1: 2020/08/18(火) 19:04:17.34 _USER9
スペインの名門バレンシアは、厳しい財政状況に立たされているようだ。地元紙『Las Provincias』が伝えている。

1919年の創設以降、6度のラ・リーガ制覇やコパ・デル・レイ7度の優勝など、大きな成功を収めてきたバレンシア。しかし、近年ではクラブ内部の問題が頻発。今季はラ・リーガ9位で終えるなど、結果が伴わないシーズンが続いている。

さらに今夏は財政難に陥っており、主力選手の放出を推し進めている。フランシス・コクランと共にビジャレアルへの移籍が決まった元主将ダニ・パレホは、「とても傷ついたし、メスタージャにいたかった。でも…そういうものなんだ。できなかった」と告白すると、マンチェスター・シティへ移籍したフェラン・トーレスも「僕のイメージを傷つけようとするクラブの人間がいた」と明かすなど、選手とクラブ上層部には大きな軋轢があると見られている。

そして『Las Provincias』が伝えたところによると、バレンシアの財政難は深刻なものに。17日には、財務責任者が2019-20シーズンの選手の給与支払いが不可能であると指摘し、2021年9月を期限とする約束手形を発行することを提案したという。

しかし同メディアは、オーナーのピーター・リム氏はこれを拒否すると伝えた。そしてクラブ内や選手間にも大きな不安が広がっており、もし選手たちが給与未払いを訴えれば、ラ・リーガは調査に動くことになると指摘。スペインの法律では、選手から給与未払いの訴えがあった場合、クラブを降格させることも可能である。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8981dfaa5fa778628cca5c1a45616d2f8e2cdfb0

アーセナルに激震…財政難でスタッフ55名解雇 セスクら発掘の敏腕スカウトも退任か 

スクリーンショット 2020-08-06 15.55.11




1: 2020/08/06(木) 15:35:09.34 _USER9
8/6(木) 14:10
Football ZONE web
コロナ禍による財政難で大量解雇 スカウトのガジガオ氏も含まれると英紙報道

 今季のFAカップ王者アーセナルが新型コロナウイルスのパンデミックによる財政問題の影響からスタッフ55名の解雇に至った。スペイン代表MFセスク・ファブレガス(現モナコ)やU-23ブラジル代表FWガブリエル・マルティネッリらの逸材を発掘するなど長年チームを支えた敏腕スカウト、フランシス・ガジガオ氏も解雇となるようだ。英紙「デイリー・メール」が報じている。

 シーズン途中にクラブOBのミケル・アルテタ監督を招聘し、FAカップのタイトルを手にした今季のアーセナル。新型コロナウイルスの感染拡大による影響でマッチデー収入などが激減し、チームは深刻な打撃を受けていることから人件費の削減を余儀なくされている。4月には選手をはじめ監督、コーチングスタッフらも含むトップチームメンバーの給与12.5%カットを発表するなど、策を講じてきた。

 しかし、コロナ収束の目処が立っていない現状から、クラブはさらなるコスト削減を決断。現地時間5日、フットボール・ディレクターのラウール・サンレヒ氏とマネージング・ディレクターのビナイ・ベンカテシャム氏連名の声明で、チームスタッフ55名の解雇を発表した。

 英紙「デイリー・メール」によれば、この大量解雇の中には元キャプテンのMFセスクや右サイドバックのスペイン代表DFエクトル・ベジェリン、今季ブレーク中の19歳FWマルティネッリといった逸材を発掘し、クラブに連れてきたスカウトのガジガオ氏も含まれているという。同氏は10年以上にわたってチーム作りに貢献してきただけに、選手補強に大きな影響を及ぼす可能性は高い。

 アーセナルは声明の中で、スタッフの55名の解雇について「コロナ後の世界に相応しい組織を作り、イングランドとヨーロッパのトップで競争できるだけのリソースを確保する」ことを目的とした、苦渋の決断だと明かしている。


https://news.yahoo.co.jp/articles/7b519a088d93676a21585966ce16bca48e976c82

<マルセイユ>財政難で72億円分の選手売却へ ビラスボアス監督退任の可能性 

ccerkingy=70,type=jpg




1: 2020/05/20(水) 22:29:00.15
フランス紙レキップは20日付で、財政困難にあるマルセイユは今夏、選手らを6000万ユーロ(約72億円)分売却しなければならないと報じた。

新型コロナウイルス問題などによって経営不振に陥り、欧州の市場専門家は「若い選手については、30~50%の価値の下落を予想しなければならない。移籍金1000万ユーロ前後が多く、4000万~5000万ユーロは少なくなることが予想される」と説明している。

同紙によると、マルセイユのオーナーであるフランク・マックール氏が、6000万ユーロ分の選手売却を望んでいるという。最も商品価値の高い選手は、20歳のDFカマラで、パリ・サンジェルマンが既に興味を示している。

ビラスボアス監督の去就も選手に影響を及ぼすとしている。14日にクラブは、スポーツダイレクターのズビザレッタ氏の解任を発表し、同氏を擁護してきたビラスボアス監督の退任の可能性がある。(松本愛香通信員)

5/20(水) 20:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-25200796-nksports-socc

バルサが新型コロナによる財政難で給与値下げの交渉 

20200323-23230091-nksports-000-5-view




1: 2020/03/23(月) 09:40:38.00
バルセロナが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている財政面を考慮し、シーズン残りの期間の給与値下げを求め、選手たちと交渉を開始したとスペイン紙マルカ電子版が22日に報じている。

クラブは20日に開いた理事会で選手たちの給与の一部を値下げることを議論し、バルトメウ会長がその可能性を探るため、週末にチームキャプテン(メッシ、ブスケツ、セルジ・ロベルト、ピケ)と話したとのこと。

選手たちはその件を前向きに受け止めてはいるものの、まだ全く合意には達していないという。その理由として同紙は、今シーズンの中断がどこまで進行するか、様子をうかがうためと伝えている。

ラ・リーガ(スペインリーグ)とUEFA(欧州サッカー連盟)はともに、国内リーグとチャンピオンズリーグを今夏前に終わらせる考えを持っており、そのために欧州選手権を来年夏に延期しているが、現時点で今後のスケジュールは何も決まっていない。

もし、今シーズンこのまま両大会が再開されない場合、クラブは放映権やチケット収入などの収入面で大ダメージを受けることになる。クラブは選手たちと合意に達することができると信じているが、今のところどうなるか見通しは立っていない。(高橋智行通信員)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200323-23230091-nksports-socc
3/23(月) 9:26配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索