Samurai Goal

負傷交代


スポンサード リンク





わずか3分のプレー…復帰戦で負傷交代したバルサB安部裕葵がコメント 

スクリーンショット 2020-12-15 6.36.49

遠藤渓太、初先発&初ゴールも前半に負傷交代…ウニオンは堂安出場のビーレフェルトに大勝 

スクリーンショット 2020-11-08 8.15.12




1: 2020/11/08(日) 01:27:36.73 _USER9
ブンデスリーガ第7節が7日に行われ、MF遠藤渓太が所属するウニオン・ベルリンとMF堂安律が所属するビーレフェルトが対戦した。遠藤は加入後初となる先発入りを果たし、4試合目の出場で加入後初ゴールを挙げたが、20分に負傷交代してしまった。堂安は7試合連続のスタメン出場を果たし、82分までプレーした。

 ホームのウニオンは試合開始早々に先制する。速攻で数的有利を作り、相手DFの背後を取ったシェラルド・ベッカーが一気にドリブルで加速。ゴール前に折り返すと、飛び込んだのは遠藤。しっかりと相手GKの重心の逆を突いてネットを揺らした。最初はベッカーのオフサイドを取られてゴールは認められなかったが、VARで判定が覆り、遠藤は移籍後初、そしてブンデスリーガでの初ゴールを記録した。

 13分、ウニオンが追加点を獲得する。左サイドに流れたマックス・クルーゼがマイナス方向にグラウンダーで折り返すと、飛び込んだロベルト・アンドリッヒがダイレクトで合わせて強烈なシュートを突き刺した。しかし18分、遠藤にアクシデントが発生する。相手DFをドリブルでかわそうとした際に右足のもも裏を痛めてプレー続行を断念。20分にアカキ・ゴーギアとの交代でピッチを後にした。

 ウニオンは前半終了間際に追加点を獲得。クルーゼのスルーパスから抜け出したベッカーが、ニアの右下隅を突いてネットを揺らした。3点のリードで折り返したウニオンは、後半の頭にも点差を広げる。ゴーギアがエリア内で倒されてPKを獲得すると、キッカーはクルーゼが担当。相手GKの逆を突いてゴール左下隅に決め、ブンデス1部で最多タイとなる16本連続のPK成功となった。

 試合終了間際には、ウニオンのセドリック・トイヒャートがさらなる追加点を獲得した。ウニオンは2連勝となり、今季3勝目。第2節から6試合連続無敗を維持している。一方、敗れたビーレフェルトは5連敗となった。次節は代表ウィークを挟んで2週間後に行われ、ウニオンは22日にアウェイでケルンと、ビーレフェルトは21日にホームでレヴァークーゼンと対戦する。

【スコア】
ウニオン・ベルリン 5-0 ビーレフェルト

【得点者】
1-0 3分 遠藤渓太(ウニオン・ベルリン)
2-0 13分 ロベルト・アンドリッヒ(ウニオン・ベルリン)
3-0 45+2分 シェラルド・ベッカー(ウニオン・ベルリン)
4-0 52分 マックス・クルーゼ(ウニオン・ベルリン) 
5-0 89分 セドリック・トイヒャート(ウニオン・ベルリン)

https://news.yahoo.co.jp/articles/2158e56b5395ec94286e64c3838311892660de2f

神戸古橋が終了間際に負傷交代、ACLに備え欠場も 26試合12得点 

スクリーンショット 2020-10-29 10.49.52




1: 2020/10/28(水) 23:19:16.14 _USER9
<明治安田生命J1:仙台2-3神戸>◇第30節◇28日◇ユアスタ

ヴィッセル神戸が敵地ベガルタ仙台戦を3-2で制したが、1得点1アシストのFW古橋亨梧(25)が、後半ロスタイムに右膝付近を痛めたもようで担架で運ばれるアクシデントが起きた。タッチライン沿いで仙台MF佐々木と競り合い、球を奪い取った直後に自らプレーを断念し、無念の途中交代となった。

三浦監督は「心配だったんでベンチに戻ってきた本人から聞いたが、まったく問題ない。安心してください」と説明。ただ、普段から痛い表情を見せない性格だけに、11月25日から再開される最大の目標のACLのためにも、当面欠場する可能性はある。

古橋は今季26試合12得点で昨季の10得点を既に上回っている。この日、12試合ぶりに休養が与えられたMFイニエスタ同様、替えがきかない選手。アウェー4連戦の初戦を制した神戸だが、J1残り6試合とACLへ不安が出てきた。

10/28(水) 22:49
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201028-20281107-nksports-socc

柴崎岳、初先発でアシスト記録も負傷交代…レガネスは逆転負け 

スクリーンショット 2020-09-21 7.01.51




1: 2020/09/20(日) 21:04:15.69 _USER9
 リーガ・エスパニョーラ2部の第2節が20日に行われ、MF柴崎岳が所属するレガネスはアウェイでルーゴと対戦した。勝利した前節に途中出場でデビューを果たしていた柴崎は、加入後初先発を果たしたが、32分に負傷交代した。

 アウェイのレガネスは23分に先制。センターサークル付近でボールを受けた柴崎が前方に絶妙な回転のかかった浮き球スルーパスを通すと、相手DFの背後を取ったサビン・メリーノが見事なトラップからループ気味のシュートを沈める。メリーノのオフサイドが疑われたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)のレビューはゴールを認め、柴崎が加入後初のアシストを記録した。

 しかし30分、柴崎は試合中に右足の太もも裏を痛めてピッチに座り込んでしまう。試合続行を諦め、32分にハビエル・エラソとの交代でピッチを退いた。

 後半、レガネスは64分に追いつかれると、87分にはPKを与えてルーゴの逆転を許してしまう。試合はこのまま終了し、レガネスは逆転負けで黒星を喫した。レガネスは次節、27日に昇格組のカルタヘナと対戦する。

【スコア】
ルーゴ 2-1 レガネス

【得点者】
0-1 23分 サビン・メリーノ(レガネス)
1-1 64分 ホセ・ルイス・ロドリゲス(ルーゴ)
2-1 87分 マヌ・バレイロ(ルーゴ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/46443199a549eea78565d85fc70999a8ef218e49

復帰戦で負傷交代のロッベン、このまま現役復帰終了の可能性も?指揮官「悪いニュース」 

スクリーンショット 2020-09-14 12.31.12

琉球小野伸二が開始4分で負傷交代、右膝押さえ転倒 

1: 2020/07/26(日) 01:29:30.20 _USER9 BE:529235722-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
7/25(土) 21:05
日刊スポーツ

琉球小野伸二が開始4分で負傷交代、右膝押さえ転倒
FC琉球MF小野伸二
<明治安田生命J2:愛媛1-1琉球>◇第7節◇25日◇ニンスタ

今季初先発したFC琉球の元日本代表MF小野伸二(40)が、開始わずか4分で負傷交代した。トップ下で先発し開始40秒にはワンタッチで絶妙のパスを出すなど、さすがの技を披露した。

しかし、前半1分40秒すぎに自陣で後ろ向きにボールを受けた際、愛媛DF茂木力也からプレッシャーを受けると右膝を押さえながら転倒。一度は足を引きずりながらピッチに戻ったが、同4分に再びプレー不可能となった。

敵地で引き分けたチームは、3分け4敗の今季まだ未勝利で最下位。樋口靖洋監督は「チャンスは作れている。それを決められるかどうか。(守備も)大きく崩されたところはなかった」と話した。

次節は29日に磐田と対戦。同監督は「次はホームなので当然、勝ち点3を狙いに行く」と勝利を見据えた。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/a5c440b1ebfac499499b04a123912490763c87d3



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索