Samurai Goal

負傷


スポンサード リンク





消えるリバプール守備陣…怪我人続出でCB務め続けたヘンダーソンも負傷、クロップ「あまり良くないようだ」 

スクリーンショット 2021-02-21 19.05.21

齊藤未月、足首じん帯の損傷で約4カ月の離脱に…練習中に負傷し手術実施 

スクリーンショット 2021-02-16 18.13.13




1: 2021/02/16(火) 17:17:17.98 _USER9
ロシア1部のルビン・カザンは16日、MF齊藤未月の負傷についてクラブ公式サイトで発表した。

 齊藤は2週間前、合宿でのトレーニング中に味方のスライディングタックルを受けて負傷していた。クラブの発表によると、同選手は足首じん帯の損傷と診断され、フィンランドにて手術を行った。回復には約4カ月を要する見込みだという。

 現在22歳の齊藤は湘南の育成組織出身で、世代別の日本代表にも名を連ねている。2015年に湘南のトップチーム登録となり、2016年の高校3年生時にJ1デビュー。2020シーズンの明治安田生命J1リーグでは33試合に出場し2ゴールを挙げた。2021年1月1日から2022年6月30日までの1年半契約でルビン・カザンに期限付き移籍しており、先月21日に行われたパルチザン(セルビア)との練習試合で実戦デビューを果たしていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/23ea7456af53bc22b9e536ab25e82285a1f37e49

負傷ネイマールはCLバルサ戦絶望的…SNSで心境吐露「ゴロゴロ転がりやがってと言われるのが辛い」 

スクリーンショット 2021-02-12 16.39.49

本田圭佑、ポルティモネンセ加入決まらず。負傷を理由に契約見送りと報道 

スクリーンショット 2021-02-02 20.31.35




1: 2021/02/02(火) 20:14:58.97 _USER9
 ポルトガル1部のポルティモネンセからのオファーを受けていると報じられていた本田圭佑だが、加入決定には至らなかったとみられている。スペイン『EFE通信』が2日付で伝えた。

 本田は昨年所属していたブラジルのボタフォゴとの契約を解除。DF安西幸輝やGK中村航輔も所属するポルティモネンセに加入することが濃厚視され、ポルトガルメディアでは1日にサインを交わしたとの報道もあった。


 だが『EFE』がクラブ筋からの情報として伝えたところによれば、本田のポルティモネンセ加入は最終的に決定しなかったという。筋肉の負傷を抱えていることがその理由だとされている。

 現在本田はポルティモネンセの本拠地ポルティモンに滞在し、負傷の回復に努めているとのこと。冬の移籍市場は1日で終了したが、無所属となっている本田は移籍期間外でも加入することが可能なため、負傷が治り次第改めてポルティモネンセと契約を交わす可能性があるとの見通しも伝えられている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e1d98986e6341d7b66dc7a08577e80724a791026
2/2(火) 20:01配信

ネイマール、負傷直後に流した涙の意味は?「恐ろしい思い出がよぎった」 

1: 2020/12/15(火) 14:22:05.74 _USER9
軽度のもので神に感謝

パリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマールは重傷にならなかったことについて神に感謝した。

ネイマールは13日に行われたホームでのリヨン戦で負傷。チアゴ・メンデスの危険なスライディングタックルでピッチから退くことになり、重傷の可能性が伝えられていた。だが、14日にPSGは最新情報を明らかにし、「左足首のねんざ」であることを発表している。

長期離脱の可能性を回避したネイマールは自身の『インスタグラム』で早期復帰を誓った。

「もっと悪くなっていたかもしれないが、再び神が深刻な何かから救ってくれた。僕の涙は、痛み、絶望、恐怖、苦悩、手術、松葉杖、その他の恐ろしい思い出がよぎってのものだった。一日も早く回復して復帰することを願っています」

一方で、ネイマールの父はピッチ上で審判から守られていないと指摘しており、「なぜ最初のファウルで止めないのか。息子は試合を通じて危険なファウルを受けていたが、必要な措置を取っていない」と苦言を呈している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fb02a0bf17f13fe91d7e59aef92d27c7758da629
no title

負傷に涙したネイマール、足首は重傷か…トゥヘル「ニュースはない」 

1: 2020/12/14(月) 13:27:43.06 _USER9
パリSGのトーマス・トゥヘル監督が、リヨン戦で負傷したFWネイマールについて言及した。『beinsports』が伝えている。

 13日、パリSGはリーグ・アン第14節でリヨンに0-1で敗れ、首位の座を明け渡した。終了間際にネイマールがブラジル代表の同胞MFチアゴ・メンデスのタックルを受けて足首を負傷。担架で運び出され、涙を流しながらピッチを後にした。

 メンデスはこのタックルにより一発退場となった。トゥヘル監督は試合後、ネイマールの状況について聞かれ、「ニュースはない。彼には医者がついているので、明日の検査結果を待たなければならない」と説明した。

 パリSGは今季14試合のうち4試合で黒星を喫し、3位に後退している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3c55f1422502199c59a6808eed38cd01dd843666
no title

神戸・イニエスタ、準決勝出場は困難か 途中出場も負傷深刻PK決めるも右太もも押さえ… 

スクリーンショット 2020-12-11 11.28.33

ロッベンが負傷で年内絶望…今季から現役復帰も、出場は2試合44分のみ 

1: 2020/12/04(金) 18:38:22.68 _USER9
 DF板倉滉が所属するフローニンゲンは4日、元オランダ代表FWアリエン・ロッベンの負傷について発表した。

 クラブ公式サイトの発表によると、ロッベンはふくらはぎに問題を抱えている模様。フローニンゲンは同選手が2020年内に戦列復帰を果たすのは困難だと伝えている。

 チェルシーやレアル・マドリード、バイエルンなどで活躍したロッベンは現在36歳。2019年7月にバイエルンで現役を引退したが、約1年後の今年6月に現役復帰を宣言し、20年前にプロデビューを飾ったクラブであるフローニンゲンに加入していた。

 ロッベンは9月13日に行われたエールディヴィジ第1節のPSV戦が現役復帰後初の公式戦出場となったが、開始29分に相手選手と接触すると、そけい部を負傷して交代を余儀なくされた。同選手は10月18日に行われたエールディヴィジ第5節ユトレヒト戦で復帰し、同試合で途中出場から14分間プレーしたものの、以降はコンディション不良で再び離脱が続いていた。そのため、今季公式戦での出場は2試合・44分のみにとどまっている。

 ロッベンは今回の負傷発表に際し、クラブ公式サイトを通じてコメント。「(現役復帰は)僕が望むようにはここまで進んでいない。ここ数カ月は(復帰を目指して)懸命に取り組んできたが、残念ながら望むような結果は得られなかった。これからの時間を使って回復し、新年からチームと一緒に試合を戦いたい。これから上手くいくかどうかは、まだ何とも言えない。僕自身の状況は残念だけど、チームはとても良くやっていて嬉しく思っているよ」と綴った。

 フローニンゲンは今シーズンのエールディヴィジで現在8位につけており、2020年内のリーグ戦はDF菅原由勢が所属するAZ戦など4試合を残している。また、2021年のリーグ初戦はウィンターブレイク明けの1月9日に行われるユトレヒト戦となる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7dd1a231fd90e4541fd6003d63acceb6845a4fc1
no title

<ACL>悪質ファウルで主砲が負傷も…FC東京が鮮やかにリベンジ!上海申花を撃破し、GS2位に浮上 

スクリーンショット 2020-11-28 6.14.39




1: 2020/11/27(金) 23:54:48.79 _USER9
11月27日にカタールのエデュケーションシティ・スタジアムで開催されたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第4戦で、3位のFC東京が前節に続いて中国の上海申花(2位)と対戦した。

3日前の対戦では、痛恨のPK献上で0-1と敗れたFC東京は、その試合からスタメン2箇所を変更。MF高萩洋次郎に代わって先発に名を連ねた渡辺剛がCBに入って、CBが本職の森重真人を中盤に上げ、第3節では中村帆高がスターターを務めた右SBには中村拓海が起用された。

そのFC東京は、序盤から再三の決定機を作り出す。開始2分、FWディエゴ・オリヴェイラが左サイドからドリブルで持ち込み、中央へパス。FW永井謙佑がシュートを放つもDFにブロックされる。19分にも森重の落としを受けたMFレアンドロがゴールやや右から左足で狙うが、惜しくも枠を捉えられない。

さらに26分、レアンドロが左足で放った強烈な無回転シュートは、敵GKがセーブしたボールがバーを直撃。41分にはMF東慶悟から絶妙のスルーパスを受けた永井がGKと1対1となるビッグチャンスを迎えるも、決めきれない。

ハーフタイムに、永井に代えてFWアダイウトンを投入したFC東京は、後半開始早々に敵の悪質なファウルを受けたD・オリヴェイラが負傷交代。FW原大智を送り出す。

58分にアダイウトンがバー直撃のシュートを放つなど、主砲の思わぬ交代にも攻撃の手を緩めないFC東京が、ようやく均衡を破ったのは61分だった。エリア内で東のパスを受けたレアンドロが右足で狙い澄ましたショットを突き刺し、待望の先制点を挙げる

ここから上海申花に押し込まれたものの、集中した守備で凌ぐと、83分に原の折り返しをMF安部柊斗が詰めて貴重な追加点を奪う。

86分にジョバンニ・モレノに豪快なシュートを決められ、1点差に迫られるも、このリードを守りきったFC東京が2-1で勝利。勝点を7に伸ばし、上海申花を抜いて2位に浮上した。次節は3日後の30日に、首位の蔚山現代と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

11/27(金) 23:51配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/a81d5ae142a47c9766ce884ab5bb02bbf8f45eb7

バルサ、今冬の選手獲得について緊急会議へ…ピケの負傷を受けセンターバックを補強か 

スクリーンショット 2020-11-24 11.14.03


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索