Samurai Goal

警告


スポンサード リンク





本田また警告「私は、ただの雇われ人ではなくパートナー」 

スクリーンショット 2020-11-29 15.42.37




1: 2020/11/29(日) 10:03:29.21 _USER9
ツイッターに退団の可能性を示すような投稿をしたブラジル1部の古豪、ボタフォゴのMF本田圭佑(34)が29日、その投稿から1日たち、あらためて、その発言を引用して、つぶやいた。

ブラジルでは大きな反響を呼んでいる前日の「彼らが、ここ数日で、私のことを納得させられないのであれば、離れることも考え始めなければならない」との発言を引用しつつ「昨日の発言を悪いとは思っていない。なぜなら私にとって重要なことだから。私は、ただの雇われ人ではなく、パートナーだ」「だから全てを知るべきで、あなたたちも全てを知るべき」と、念押しした。

連日のクラブに対する警告ともとれるツイート。

クラブは本田の加入から約10カ月で何と5人目の監督が誕生という迷走ぶり。

当然というべきか、全国選手権で低迷し、20チーム中19位と降格圏で低迷している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ca425cdc2a5993b2225fd30c73109115a159a26f
11/29(日) 9:13配信

伊東純也が大ハッスルで2Aも…終盤2回目の警告で退場に、シャルルロワ森岡も1A 

スクリーンショット 2020-10-19 11.37.47




1: 2020/10/19(月) 10:18:27.65 _USER9
[10.18 ベルギー・リーグ第9節 ゲンク2-1シャルルロワ]

 ベルギー・リーグは18日に第9節を行った。MF伊東純也が所属するゲンクはMF森岡亮太が所属するシャルルロワと対戦し、2-1で勝利している。

 日本代表から帰還した伊東は開幕から引き続き先発メンバー入り。同じく盛岡もスタメンで試合に入った。伊東は開始早々から持ち味のスピードで相手陣地に迫るが、森岡が冷静にカット。両者ともに、序盤から攻守に絡んでいく。

 すると前半25分、ゲンクは伊東を起点に先制。右サイドを突破した伊東がクロスを上げ、ファーサイドのFWパウル・オヌアチュが頭で押し込んだ。アグレッシブな伊東は同28分、相手選手へのファウルでイエローカードを受けてしまう。

 後半4分にはシャルルロワが反撃。森岡が左CKを蹴り、MFサイド・ベラヒンがヘディングシュートでゴールに叩き込む。日本人両選手の活躍で、試合は1-1と振り出しに戻った。

 拮抗状態に戻ったが、後半18分にゲンクが決勝点。伊東とのワンツーパスからDFヨアキム・メーレが豪快に右足シュートを放ち、ゴールに突き刺さる。今季初ゴールで2-1と勝ち越しに成功した。

 あとは逃げ切るだけとなったゲンクだが、伊東は後半37分、相手選手の顔に足が当たり、2回目の警告でレッドカード。無念の退場処分となったが、数的不利のゲンクが逃げ切り、2-1で3試合ぶりの白星を手にしている。


https://news.yahoo.co.jp/articles/f7bbb6a8b959e3ad3c2178885f4893c4fd8c34ee

【サッカー部クラスター】高校側がネット上の写真無断使用に警告「生徒への誹謗中傷を防ぐため早急な削除を」 

スクリーンショット 2020-08-13 8.34.14




1: 2020/08/13(木) 02:52:36.77 _USER9
8/12(水) 18:15
配信
SOCCER DIGEST Web

 島根県の強豪・立正大淞南高のサッカー部で新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が発生した問題で、同校が8月12日に公式サイトを更新。現状について報告するとともに、ネット上に生徒の写真が無断で掲載されていることに対し、注意を呼び掛けた。

 立正大淞南は、全国高校サッカー選手権にこれまで18回出場し、多くのJリーガーも輩出してきた名門。サッカー部内でクラスターが発生したことについて同校は、公式サイトにて、「この度新型コロナウイルス感染症の大きな集団感染となり、多大なご心配ご迷惑をお掛けする事態となり深くお詫び申し上げます」と謝罪文を掲載。現状の陽性者数と内訳等の詳細を掲載している。
 
 報告によると、現時点で校内に95人の陽性反応者が確認されており、そのうち入院者が35名、無症状者56名、自宅待機3名、調整中1名となっている。

 また以前に学校側が掲載した写真が、SNS等のネット上で無断使用されていることに対し、「無関係の本校生徒の写真がSNSやネット上に無断掲載されております。生徒への誹謗中傷を防ぐために、早急な削除をお願いいたします」と写真の削除を求めている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2d86ec2a5b29b9e07bb93728e946777fa74f1513

<J2新潟>SNSの誹謗中傷に警告!「法的措置も視野に、厳正に対処する」「最大限のご注意をお払い下さい」 

=600,quality=70,type=jpg




1: 2020/07/27(月) 21:22:43.25 _USER9
J2新潟は27日、会員制交流サイト(SNS)においてクラブや所属選手に対する誹謗(ひぼう)中傷を伴う投稿があったとして、声明を発表した。

 公式サイトに声明を掲載し、「ここ最近、SNS (ソーシャル・ネットワーキング・サービス)にて、弊クラブおよび所属選手に対する誹謗中傷を伴う投稿が確認されております」と報告。「今後、そのような誹謗中傷を伴う投稿があった場合には、弊クラブとしては法的措置も視野に入れながら厳正に対処していく方針です。SNS等の利用に当たっては、他者への誹謗中傷とならないよう、最大限のご注意をお払い下さい」と強く呼びかけた。

2020年7月27日 17:12 スポーツ報知
https://www.excite.co.jp/news/article/SportsHochi_20200727_OHT1T50142/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索