Samurai Goal

謝罪


スポンサード リンク





マンチェスターCグアルディオラ監督が処分撤回に謝罪を要求 

20200715-00000011-jij_afp-000-3-view

「監督やチームメイトに謝罪を…」ポルト中島翔哉は復帰間近か? 現地紙が報じる 

20200629-00010002-sdigestw-000-2-view

<本田圭佑>報道を受け日本政府に謝罪!非を認める姿勢に称賛の声「カッコいい漢」 

1: 2020/06/09(火) 21:24:50.55
ブラジル1部リーグ・ボタフォゴに所属するMF本田圭佑が6月8日に自身のツイッターを更新し、日本政府に謝罪の意を示した。
 
 本田は7日に、中国の香港への国家安全法制の導入を巡り、各国の批判声明に日本が参加を拒否していたと報じた記事を取り上げ、「何してるん!理由を聞くまで納得できひん」「どんだけ他人事なん」「日本は本気でヤバい」などと発信し、政府の対応に対して批判の声を上げていた。
 
 しかしその後、政府が中国の問題に対して“深い憂慮”を表明しているとし、アメリカ、イギリスをはじめとする関係各国は日本の対応を評価していると言及。この記事に反応した本田はツイッターで、「政府の皆さん、すみません」と謝罪した。

 この投稿には、数多くの称賛コメントが寄せられている。
 
「本田圭佑さんが謝罪する事では全く有りません」
「ちゃんと謝罪する本田△ですわ」
「あなたへの信頼が強くなりました」
「信用できる方だと感じます」
「こんなカッコいい漢を見れて幸せだわ!」
「香港人として本田さんの言葉に感謝です」
「非があれば謝る事ができる勇気」
 
 これまでも様々な各国の政治情勢などについて、自身の考えを積極的に発信してきた本田だが、自身の間違えに対して真摯に謝罪する姿勢が、共感を集めているようだ。

6/9(火) 13:49 東京スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/1806563dec5de6ffe39ad8013621cb0f97fb2e20

写真
no title

「気にする必要はありません」橋岡が中国人DFのカンフーキック謝罪を受け入れ!再開を「楽しみにしています」 

20200521-00073522-sdigestw-000-4-view




1: 2020/05/24(日) 22:08:12.50
 昨年12月に行なわれたE-1選手権日本代表の初戦、中国戦で起きた“カンフーキック”問題が5か月経った現在再び話題となっている。浦和レッズに所属する橋岡大樹が、キックを繰り出した中国人DFのジャン・ジーポンの公開謝罪を受け入れたのだ。

 問題となったのは、E-1選手権中国戦の31分のシーンだった。ロングボールに対する空中戦で、日本の橋岡大樹がヘディングでのクリアを試みたところ、中国のジャン・ジーポンはジャンプ一番、ハイキックでの対応を選択。その振り上げた左足がカンフーキックのように橋岡の後頭部をモロに捕らえる危険なプレーとなった。このプレーにはイエローカードが提示されたものの、レッドカードが提示されてもおかしくないプレーだった。幸い橋岡は大事に至らずその後プレーを続行。試合は2-1で日本が勝利を収めている。

 試合後には「意図的に傷つけようなんてこれっぽっちも思っていなかった」「僕の足が最初にボールに触れている。むしろ、彼の頭がぶつかってきたと言えるだろう」と振り返っていたジャン・ジーポン。サッカー関連サイトの捜達足球などによると、今月になって出演した中国のサッカージャーナリスト、孫雷(スン・レイ)氏の番組にゲスト出演し、「心から謝りたい」と以下のような謝罪コメントを伝えたという。

「橋岡大樹選手。中国代表の姜至鵬です。あのプレーはとても危険なものでした。試合後にビデオを見て、あるまじき行為だと思いました。幸い大事には至らなかったとのことですが、そうでなかったら、私は自分を責め、恥じ入っていたでしょう。おわびします」
 
 これを受け、5月20日の夜に自身のツイッターを更新した橋岡は、「先日、ジャン・ジーポン選手が僕に対して謝罪をしてくれた件に関してです」とツイート。以下のようなコメントを投稿した。

「ジャン・ジーポン選手へ、僕に対しての謝罪の動画を見ました。あの時の映像を見ると、確かに危ないなと思うプレーであり今後はあってはいけないとは思います。でも、国を代表して戦う、という必死さがあのプレーを起こしたのだと思いますので、気にする必要はありません。謝罪までしてくれるその気持ちがあるという事は、故意ではないという事もわかります。また国の代表として、ピッチの上で再会できるように僕も頑張ります。その時を楽しみにしています」

 この投稿にファンからは「優しすぎ…イケメン…」、「人としての素晴らしさにとても憧れます!」、「マリサポですが橋岡選手の考え方が素敵だなと思いました!」などのコメントが寄せられた。

 試合ではラフプレーにも屈せず戦い続けたタフガイは、5か月後に受けた相手選手からの謝罪にも「ポジティブで寛大な考え方」とファンから称賛される対応を見せた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200521-00073522-sdigestw-socc

<サガン鳥栖>サポーターミーティングで竹原社長謝罪!「クラブの消滅はございません」と断言... 

1: 2020/04/30(木) 22:50:24.18
オンラインでのサポーターミーティングに出席した鳥栖の竹原稔社長(鳥栖提供)

 2019年度(19年2月~20年1月)に20億円超の赤字を計上するなど経営難に陥っている鳥栖が30日、オンラインでサポーターミーティングを開催した。出席した竹原稔社長(59)は、計約100人の参加者に対し「私に問題がありました。深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

【一覧】鳥栖の過去3年間の主な収支
no title


 前年度は主要スポンサーの撤退などで広告収入が激減する一方、高額のチーム人件費が経営を圧迫した。今季は新型コロナウイルス感染拡大の影響でさらに経営は厳しくなるが「クラブ消滅、ライセンスの失効にともなうJ3やJFAへの降格はございません。
非常に重要なポイントですのでお伝えしておきます。ご安心ください」と断言。
参加者からの質疑応答の場面では、資金ショートの可能性について質問されると「本年度はやっていけると思っている。キャッシュは大丈夫ですという言い方はおかしいが、新しいスポンサーは決まっていますので、いいタイミングで発表できれば。期待してください」と話した。

4/30(木) 22:16配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-04300223-sph-socc

写真
no title

ドイツのライプツィヒ、日本人ファンに強制退場命じたこと認め謝罪「誤りであり、償いたい」 

red-bull-arena-rb-leip




1: 2020/03/03(火) 05:11:06.81
https://www.goal.com/jp/%E3%8B%E3%A5%E3%BC%E3%B9/%E3%A9%E3%A4%E3%97%E3%84%E3%A3%E3%92%E6%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%95%E3%A1%E3%B3%E3%AB%E5%BC%B7%E5%B6%E9%80%E5%A0%B4%E5%BD%E3%98%E3%9F%E3%93%E3%A8%E8%AA%8D%E3%81%E8%AC%9D%E7%BD%AA%E8%AA%A4%E3%8A%E3%A7%E3%82%E3%8A%E5%9F%E3%84%E3%9F%E3%84/cvb4lvvr1qhbzw2yu0aq28xg

ライプツィヒ、日本人ファンに強制退場命じたこと認め謝罪「誤りであり、償いたい」

GOAL
2020/03/03

ブンデスリーガ1部のRBライプツィヒが、日本人サポーターへ不適切な対応があったとして謝罪を発表した。

1日に行われたブンデスリーガ第25節のライプツィヒとレヴァークーゼンの一戦は(1-1)で終了した。しかしこの一戦で最も注目を集めたのは、試合結果よりもライプツィヒ側の対応だった。

複数メディアでは、開始早々に日本人サポーターの団体がスタジアムからの退席を命じられたと報じられていた。現在日本を含む東アジアを中心に猛威を振るい、ヨーロッパでも感染者が増加の一途をたどる新型コロナウィルスの感染予防策の一環として、日本人団体に退場を命じたものと見られている。


ライプツィヒの対応が物議を醸す中、クラブは2日に「3月1日のレヴァークーゼンとのホームゲームにおける日本人観戦者とのインシデントに関する声明」と題し、謝罪を発表している。


「スタジアムのセキュリティはロベルト・コッホ研究所からの助言に従い、(新型コロナウィルスの)影響を受けている可能性のある地域からの団体の入場を制御する必要に迫られていた。遺憾ながら、この問題に関する不確実性により日本人観戦者への対応に誤りがあったことを認める」

「我々はこの誤りに対して謝罪したいと感じている。この件を償いたいと考えており、影響を受けた全員に対して連絡を取り、次のホームゲームに招待できるように取り組んでいる。また、コロナウィルスに関する問題に対処するため、これからも関係機関との連携を続け、すべてのゲストに対して最善の解決策を検討していく」

現在、新型コロナウィルスの影響で日本などの東アジア諸国、さらにイタリアでも公式戦の延期が発表されており、さらに国際サッカー連盟(FIFA)が3月末のインターナショナルウィークの延期を検討するなど、フットボール界に大きな影響を与えている。そんな中で生じた今回の問題は、大きな注目を集めることとなっている。

<久保建英に対するコーチの人種差別疑惑>ラ・リーガがコメント「謝罪する」 

1: Egg ★ 2020/02/19(水) 00:04:35.40 ID:V+Z/YJKk9
写真no title


マジョルカのコーチが同クラブ所属の日本代表MF久保建英に向けて人種差別的なジェスチャーを行ったのではないかとして問題視された一件で、ラ・リーガが新たなコメントを出した。『CNN』が18日付で伝えている。

 今月9日に行われたマジョルカとエスパニョールとの試合中に、フィットネスコーチのダニ・パストール氏はピッチサイドでウォームアップを行っていた久保を交代出場のため呼び戻した。この際、両手の指を両目の横に当てて広げるような動きをしており、東洋人に対する人種差別とされるジェスチャーではないかと問題視された。

 ラ・リーガは先日『CNN』の取材に対し、この件を問題視しない姿勢を示していた。パストール氏の行為は単に選手に気づかせるための手段であり、その他の意図は込められていなかったというのがラ・リーガの取った立場だった。

 だがその後、ラ・リーガは同メディアに対して新たな声明を伝えたとのことだ。コーチのジェスチャーに「誰も傷つける意図はなかった」としながらも、「不快になり得るものであることは認識しており、その点について謝罪する」と不適切な行為であったことを認め、「再発防止に努める。ラ・リーガはいかなる種類の人種差別、暴力、反外国人的行為、いかなる種類の差別とも戦っていく」と続けている。

 一方、当事者であるマジョルカおよびパストール氏自身は、『CNN』からの度重なる問い合わせに対して一切の回答を行っていないとのことだ。

2/18(火) 23:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00363259-footballc-socc

サガン鳥栖の竹原社長謝罪「期待を裏切るような対応と結果を深く反省」 

1: Egg ★ 2020/02/04(火) 10:59:08.22 ID:KtEZoJEq9
サッカーJ1鳥栖の竹原稔社長は3日、クラブ公式サイトで、今シーズンの新ユニホームデザイン発表に関する「おわび」としてコメントを発表した。

 例年1月中に行ってきた新ユニホーム発表が、スポンサー探しの関係でこの日までずれ込んだことを謝罪。サポーターとスポンサーへの感謝を述べた。また「ただいま一社でも多くのスポンサー様をお知らせできるように最後のお願いを続けております」と報告。「皆様の期待を裏切るような対応と結果を深く反省し、改めて心してクラブを運営して参ります」と続けた。

 ユニホームの鎖骨部分のスポンサーとなった竹下製菓の指定商品を鳥栖の公式サイトから購入するとクラブの支援金につながる「クラウドファンディング型の取り組み」も後日発表するという。「サポーターの皆様、スポンサー様に支えられ、育てられ、愛されたこのクラブが、今後も未来に向かってこの鳥栖という地に根をはり続けることを大切にいたします」などと締めくくった。

2/4(火) 7:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200204-00010001-nishispo-socc

写真
no title


【サッカー】<サガン鳥栖>新ユニホーム発表! 新たに竹下製菓が協賛 胸スポンサーは佐賀新聞社
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1580740482/

韓国人指揮官を侮辱か…西野監督がコーチの行動を謝罪  

20191125-43474405-gekisaka-000-2-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/12/01(日) 22:20:02.47 ID:5rkyNFd09
 タイ代表の西野朗監督がGKコーチの行動について、ベトナム代表に謝罪した。韓国『朝鮮日報』が報じている。

 西野監督率いるタイは19日、カタールW杯アジア2次予選のG組第6節でベトナムとアウェーで対戦し、スコアレスドローに終わった。試合後、両チームの選手やスタッフが挨拶を交わした際に、タイのGKコーチを務めるセルビア人のサシャ・トディッチ氏の行動が物議を醸していたようだ。

 同紙によれば、トディッチGKコーチはベトナムを指揮する韓国人のパク・ハンソ監督が目の前に来ると、右手を胸の高さに持っていき、手の平を下に向けて笑ったという。これを見たパク監督はトディッチGKコーチに強く抗議。西野監督や両チームの関係者が仲裁に入り、その場を収めた。

 このトディッチGKコーチのジェスチャーに対し、自分より背の低いパク監督を嘲笑する意図があったのではないかと指摘する声もあったが、本人は「G組1位のベトナムが、タイにすぐ1位を明け渡すことになると表現したんだ」と釈明している。

 しかしベトナムサッカー連盟(VFF)は、トディッチGKコーチの行動が人種差別禁止規定に抵触するかどうか判断してほしいとアジアサッカー連盟(AFC)に提訴したようだ。

 そうした中、西野監督はフィリピンのマニラで開催される東南アジア競技大会の記者会見で「(ベトナム・ハノイの)ミーディンスタジアムで起きたことについて、もう一度パク・ハンソ監督にお詫びの言葉を伝える」と、トディッチGKコーチに代わって公式に謝罪。続けて「パク・ハンソ監督は素晴らしい指導者。私たちは以前からお互いを知る良い友達だったので、(コーチの行動は)残念だった。パク監督をリスペクトしているし、仲間たちと一緒に成功してほしいと思っている」とコメントし、騒動の沈静化を図った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-43474405-gekisaka-socc

「大変苦しい思いをさせた」磐田社長がJ2降格を謝罪。「必ず来年J1に戻る」と断言もブーイング止まず  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/30(土) 17:41:03.66 ID:+YX6Qacv9
ジュビロ磐田は30日の明治安田生命J1リーグ第33節で名古屋グランパスに2-1で勝利したものの、16位の湘南ベルマーレが勝利したため、1試合を残してのJ2降格が決まった。
試合後に小野勝代表取締役社長が、代表挨拶でファン・サポーターへ謝罪の言葉を述べた。

16位以下が確定している磐田は、勝たなければならない状況で今節を迎えた。
22分に松本昌也が先制弾を奪ったものの、前半のうちに名古屋に同点に追いつかれてしまう。
それでも71分に大久保嘉人が起死回生の勝ち越しゴールを奪取。
試合はそのまま終了し、磐田が2-1で勝利を収めたものの、16位の湘南がサンフレッチェ広島に1-0で勝利したため、両者の勝ち点差は4のまま変わらず。
最終節を残して磐田の17位以下が確定した。

試合後に代表挨拶を行った小野社長は、「湘南が広島に勝ったことにより、我々のJ2降格が決定してしまいました。クラブを代表して大変申し訳ありません」と謝罪。
そのうえで「今年1年間いろんなことがあり名波監督の辞任、鈴木秀人監督の体調不良による監督交代、最後はフベロ監督が頑張りながらここまでチームを引っ張ってくれましたが、申し訳ありません。
J2に降格することになりました」とファン・サポーターへ報告した。

クラブとしては2度目の降格の憂き目に遭ってしまった磐田だが、同社長は「必ず来年J1に戻ってまいります」と言い切り、
「そのために皆さん、大変だとは思いますが、本当に後ろから何とか我々を押していただきたく、よろしくお願いします」と変わらぬ声援を懇願した。

しかし、ヤマハスタジアムには「このクラブの強化の責任はどこにあるのか」という横断幕が掲げられ、
社長のスピーチに対しては終始大ブーイングが鳴り響く異様な雰囲気に。

小野社長は最後に「今年はそういう意味では皆さんにも大変苦しい思いをさせたと同時に、
ここにいるチームスタッフ、選手も非常に心のなかに難しいものを抱えながら戦ってまいりました」とし、「彼らは最後まで懸命に走りきりました。
彼らにはなんとか温かい拍手でなんとか称えてやってほしいです。来年間違いなく戻ってきます。応援よろしくおねがいします」と述べてスピ―チを締めくくった。

磐田は今季、開幕5戦未勝利でスタートすると、不振が続いたことも影響し、6月30日の第17節・川崎フロンターレ戦をもって名波浩監督が辞任。
後任に鈴木秀人ヘッドコーチが昇格したものの、体調不良によりわずか1カ月半で契約解除となり、小林稔ヘッドコーチが暫定的に指揮を執る状況に。

その後、スペイン人のフェルナンド・フベロ監督が就任し、直近2連勝と盛り返したものの16位に届かず。
かつてJリーグを席巻したサックスブルーが、2013年の初降格に続いて2度目のJ2降格となってしまった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00010020-goal-socc
11/30(土) 16:50配信

https://www.youtube.com/watch?v=_xtzj34x6i0


ジュビロ磐田のJ2降格が決定

no title

no title

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索