Samurai Goal

謝罪


スポンサード リンク





世界反ドーピング機関がサコーに謝罪と補償金の支払いへ…16年に不当な処分 

スクリーンショット 2020-11-06 16.22.31

G大阪社長が不祥事謝罪、試合前ピッチ何度も頭下げ 

スクリーンショット 2020-10-31 20.26.45

本田圭佑、敗戦に繋がるパスミスをSNSで謝罪。次戦での逆転を誓うも、現地メディア 

スクリーンショット 2020-10-29 11.05.11




1: 2020/10/28(水) 23:14:57.92 _USER9
10月27日(現地時間)、コパ・ド・ブラジル・ベスト16の第1レグが行なわれ、ボタフォゴは0-1でクイアバに敗れた。

 ボタフォゴが失点を喫したのは55分。自陣右サイドで相手のプレッシャーを受け、苦し紛れの中央への横パスをマテウス・バルボサにカットされて、ゴールまで持ち込まれてしまったのは、2列目右サイドの定位置で先発出場していた背番号4のキャプテン、本田圭佑だった。

 ペナルティエリア外からのグラウンダーのシュートをゴール右隅に叩き込まれたボタフォゴは、以降、本田ら中盤の選手をより高い位置まで上げて反撃を仕掛けたものの、相手ゴールを脅かすことはできず、ホームで痛い敗戦を喫することとなった。

 痛恨のミスを犯してしまった本田に対し、地元紙『LANCE!』は「チームのオーガナイザーは、珍しいパスエラーを犯した。誤ったプレーでマテウスの決勝ゴールに繋がるシュートを許してしまった」として、採点も10点満点「4.5」と非常に厳しいものとなった。

 一方、ブラジルの総合サイト『globo.com』は採点を「5」とし、「前半はプレーがずれ、珍しい失敗でクイアバのゴールを許した」と綴ったものの、「ミスの後、ボタフォゴのプレーを改善し、組織化して主導権を握ったが、それでも十分ではなかった」と、ある程度評価もしている。

試合後、本田は自身のSNSに英語で、敗戦を「申し訳ない」と謝罪し、「でも、次の試合で勝つことを諦めません」と、敵地での逆転勝ち抜けを心に誓った。これに対し、「ミスはしたが、チームの真の問題は君ではない」「謝る必要はない」「次の試合で2ゴール決めてくれ」といった、擁護や激励の書き込みが寄せられた。

 ブラジル全国選手権(セリエA)を含めて、3試合連続で勝利から遠ざかっている(1分け2敗)ことについて、ブルーノ・ラザロニ監督は「チームの若さが不安材料になっているが、自信が戻ると確信している」と語っている。

 チームに自信を取り戻させるためには、34歳の経験豊富な本田にかかる期待と責任は大きい。来年2月までクラブとの契約を延長することとなった彼は、11月3日に行なわれるアウェーマッチで、SNSで誓ったようにチームを逆転勝利に導けるだろうか。

 なお、ボタフォゴはこの運命のリターンマッチの前に、10月31日、セリエA第19節でホームにセアラを迎える。

2020.10.28
https://search.yahoo.co.jp/amp/s/thedigestweb.com/football/detail/id=26997%3Fmobileapp%3D1 176sqp%3Dmq331AQRKAGYAaHP8p-c-u73uQGwASA%253D

ホイッスル→相手顔面に「エルボー」元Jリーガーの異様プレー「何が起きたんだ?」...所属の東京23FC謝罪 

スクリーンショット 2020-10-07 14.46.28




1: 2020/10/06(火) 22:44:25.93 _USER9
関東サッカーリーグ1部所属の「東京23FC」の選手がプレー直後、相手の顔に勢いよく肘打ちする試合動画がネット上で拡散している。

事態を受けてクラブは2020年10月6日、「二度とこのような事態が発生しないよう再発防止に向けクラブ一丸となって取り組んでいく所存でございます」などとコメントを出した。

「これはかなり悪質じゃない?」
カマタマーレ讃岐などに所属経験もある元Jリーガーで、今期から東京23FCに加入した木島徹也選手。試合開始のホイッスルが鳴ると、ボールを持っていない相手めがけて猛突進した。直後、相手の顔面に肘をぶつける――。10月4日のブリオベッカ浦安戦でのこんな一幕が、ネット上で拡散している。

サポーターらからは「これは本当に何が起きたんだ?」との驚きや、「これはかなり悪質じゃない?」と非難の声があがっていた。

東京23FCは6日、公式サイトで当該プレーについて「ブリオベッカ浦安の選手、スタッフ、関係者の皆さまには深くお詫び申し上げます。また、リーグ関係者の皆さま、いつもご声援を頂いているファン・サポーターの皆さまへ心からお詫び申し上げます」と謝罪し、「多くの皆様からご意見頂きましたことを真摯に受け止め、東京23FCではリスペクトとフェアプレーの精神を徹底して遵守し、二度とこのような事態が発生しないよう再発防止に向けクラブ一丸となって取り組んでいく所存でございます」と再発防止を誓った。

クラブでは木島選手や関係スタッフにヒアリングをし、ブリオベッカ浦安に謝罪するという。本人と原野大輝ゼネラルマネージャーは厳重処分とする。

クラブ事務局はJ-CASTニュースの取材に、プレーの意図や処分内容は、追って発表するとした。

https://www.j-cast.com/2020/10/06396056.html

#イニエスタがSNSで6失点大敗を謝罪「悔しい、申し訳なく思う」 

1: 2020/09/03(木) 10:55:04.87 _USER9 BE:777550944-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
9/3(木) 10:07
デイリースポーツ

イニエスタがSNSで6失点大敗を謝罪「悔しい、申し訳なく思う」
神戸・イニエスタ
 J1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)が3日、自身のSNSを更新し、YBCルヴァン・カップ準々決勝川崎戦(2日、ノエスタ)での0-6の大敗を謝罪した。

 イニエスタはスペイン語に添えて「悔しいです。昨日の敗戦、サポーターに申し訳なく思います」と日本語で投稿した。川崎戦では0-4の後半25分に途中出場。8月19日の柏戦で右足首を負傷して以降欠場が続いていたが、公式戦4試合ぶりのピッチに立った。

 だが、直後の後半27分にMF山口蛍(29)へのパスをカットされ、5失点目の要因となってしまった。自身のキャリアでも経験のない6点差大敗という屈辱にまみれたが、5日には湘南戦(BMWス)を控えており、「バモス ヴィッセル」と締めくくり、気持ちを切り替えた。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/fea822219a774d52303179dd2e2047e6ac8324e4

マンチェスターCグアルディオラ監督が処分撤回に謝罪を要求 

20200715-00000011-jij_afp-000-3-view

「監督やチームメイトに謝罪を…」ポルト中島翔哉は復帰間近か? 現地紙が報じる 

20200629-00010002-sdigestw-000-2-view

<本田圭佑>報道を受け日本政府に謝罪!非を認める姿勢に称賛の声「カッコいい漢」 

1: 2020/06/09(火) 21:24:50.55
ブラジル1部リーグ・ボタフォゴに所属するMF本田圭佑が6月8日に自身のツイッターを更新し、日本政府に謝罪の意を示した。
 
 本田は7日に、中国の香港への国家安全法制の導入を巡り、各国の批判声明に日本が参加を拒否していたと報じた記事を取り上げ、「何してるん!理由を聞くまで納得できひん」「どんだけ他人事なん」「日本は本気でヤバい」などと発信し、政府の対応に対して批判の声を上げていた。
 
 しかしその後、政府が中国の問題に対して“深い憂慮”を表明しているとし、アメリカ、イギリスをはじめとする関係各国は日本の対応を評価していると言及。この記事に反応した本田はツイッターで、「政府の皆さん、すみません」と謝罪した。

 この投稿には、数多くの称賛コメントが寄せられている。
 
「本田圭佑さんが謝罪する事では全く有りません」
「ちゃんと謝罪する本田△ですわ」
「あなたへの信頼が強くなりました」
「信用できる方だと感じます」
「こんなカッコいい漢を見れて幸せだわ!」
「香港人として本田さんの言葉に感謝です」
「非があれば謝る事ができる勇気」
 
 これまでも様々な各国の政治情勢などについて、自身の考えを積極的に発信してきた本田だが、自身の間違えに対して真摯に謝罪する姿勢が、共感を集めているようだ。

6/9(火) 13:49 東京スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/1806563dec5de6ffe39ad8013621cb0f97fb2e20

写真
no title

「気にする必要はありません」橋岡が中国人DFのカンフーキック謝罪を受け入れ!再開を「楽しみにしています」 

20200521-00073522-sdigestw-000-4-view




1: 2020/05/24(日) 22:08:12.50
 昨年12月に行なわれたE-1選手権日本代表の初戦、中国戦で起きた“カンフーキック”問題が5か月経った現在再び話題となっている。浦和レッズに所属する橋岡大樹が、キックを繰り出した中国人DFのジャン・ジーポンの公開謝罪を受け入れたのだ。

 問題となったのは、E-1選手権中国戦の31分のシーンだった。ロングボールに対する空中戦で、日本の橋岡大樹がヘディングでのクリアを試みたところ、中国のジャン・ジーポンはジャンプ一番、ハイキックでの対応を選択。その振り上げた左足がカンフーキックのように橋岡の後頭部をモロに捕らえる危険なプレーとなった。このプレーにはイエローカードが提示されたものの、レッドカードが提示されてもおかしくないプレーだった。幸い橋岡は大事に至らずその後プレーを続行。試合は2-1で日本が勝利を収めている。

 試合後には「意図的に傷つけようなんてこれっぽっちも思っていなかった」「僕の足が最初にボールに触れている。むしろ、彼の頭がぶつかってきたと言えるだろう」と振り返っていたジャン・ジーポン。サッカー関連サイトの捜達足球などによると、今月になって出演した中国のサッカージャーナリスト、孫雷(スン・レイ)氏の番組にゲスト出演し、「心から謝りたい」と以下のような謝罪コメントを伝えたという。

「橋岡大樹選手。中国代表の姜至鵬です。あのプレーはとても危険なものでした。試合後にビデオを見て、あるまじき行為だと思いました。幸い大事には至らなかったとのことですが、そうでなかったら、私は自分を責め、恥じ入っていたでしょう。おわびします」
 
 これを受け、5月20日の夜に自身のツイッターを更新した橋岡は、「先日、ジャン・ジーポン選手が僕に対して謝罪をしてくれた件に関してです」とツイート。以下のようなコメントを投稿した。

「ジャン・ジーポン選手へ、僕に対しての謝罪の動画を見ました。あの時の映像を見ると、確かに危ないなと思うプレーであり今後はあってはいけないとは思います。でも、国を代表して戦う、という必死さがあのプレーを起こしたのだと思いますので、気にする必要はありません。謝罪までしてくれるその気持ちがあるという事は、故意ではないという事もわかります。また国の代表として、ピッチの上で再会できるように僕も頑張ります。その時を楽しみにしています」

 この投稿にファンからは「優しすぎ…イケメン…」、「人としての素晴らしさにとても憧れます!」、「マリサポですが橋岡選手の考え方が素敵だなと思いました!」などのコメントが寄せられた。

 試合ではラフプレーにも屈せず戦い続けたタフガイは、5か月後に受けた相手選手からの謝罪にも「ポジティブで寛大な考え方」とファンから称賛される対応を見せた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200521-00073522-sdigestw-socc

<サガン鳥栖>サポーターミーティングで竹原社長謝罪!「クラブの消滅はございません」と断言... 

1: 2020/04/30(木) 22:50:24.18
オンラインでのサポーターミーティングに出席した鳥栖の竹原稔社長(鳥栖提供)

 2019年度(19年2月~20年1月)に20億円超の赤字を計上するなど経営難に陥っている鳥栖が30日、オンラインでサポーターミーティングを開催した。出席した竹原稔社長(59)は、計約100人の参加者に対し「私に問題がありました。深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

【一覧】鳥栖の過去3年間の主な収支
no title


 前年度は主要スポンサーの撤退などで広告収入が激減する一方、高額のチーム人件費が経営を圧迫した。今季は新型コロナウイルス感染拡大の影響でさらに経営は厳しくなるが「クラブ消滅、ライセンスの失効にともなうJ3やJFAへの降格はございません。
非常に重要なポイントですのでお伝えしておきます。ご安心ください」と断言。
参加者からの質疑応答の場面では、資金ショートの可能性について質問されると「本年度はやっていけると思っている。キャッシュは大丈夫ですという言い方はおかしいが、新しいスポンサーは決まっていますので、いいタイミングで発表できれば。期待してください」と話した。

4/30(木) 22:16配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-04300223-sph-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索