Samurai Goal

謝罪


スポンサード リンク





韓国人指揮官を侮辱か…西野監督がコーチの行動を謝罪  

20191125-43474405-gekisaka-000-2-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/12/01(日) 22:20:02.47 ID:5rkyNFd09
 タイ代表の西野朗監督がGKコーチの行動について、ベトナム代表に謝罪した。韓国『朝鮮日報』が報じている。

 西野監督率いるタイは19日、カタールW杯アジア2次予選のG組第6節でベトナムとアウェーで対戦し、スコアレスドローに終わった。試合後、両チームの選手やスタッフが挨拶を交わした際に、タイのGKコーチを務めるセルビア人のサシャ・トディッチ氏の行動が物議を醸していたようだ。

 同紙によれば、トディッチGKコーチはベトナムを指揮する韓国人のパク・ハンソ監督が目の前に来ると、右手を胸の高さに持っていき、手の平を下に向けて笑ったという。これを見たパク監督はトディッチGKコーチに強く抗議。西野監督や両チームの関係者が仲裁に入り、その場を収めた。

 このトディッチGKコーチのジェスチャーに対し、自分より背の低いパク監督を嘲笑する意図があったのではないかと指摘する声もあったが、本人は「G組1位のベトナムが、タイにすぐ1位を明け渡すことになると表現したんだ」と釈明している。

 しかしベトナムサッカー連盟(VFF)は、トディッチGKコーチの行動が人種差別禁止規定に抵触するかどうか判断してほしいとアジアサッカー連盟(AFC)に提訴したようだ。

 そうした中、西野監督はフィリピンのマニラで開催される東南アジア競技大会の記者会見で「(ベトナム・ハノイの)ミーディンスタジアムで起きたことについて、もう一度パク・ハンソ監督にお詫びの言葉を伝える」と、トディッチGKコーチに代わって公式に謝罪。続けて「パク・ハンソ監督は素晴らしい指導者。私たちは以前からお互いを知る良い友達だったので、(コーチの行動は)残念だった。パク監督をリスペクトしているし、仲間たちと一緒に成功してほしいと思っている」とコメントし、騒動の沈静化を図った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-43474405-gekisaka-socc

「大変苦しい思いをさせた」磐田社長がJ2降格を謝罪。「必ず来年J1に戻る」と断言もブーイング止まず  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/30(土) 17:41:03.66 ID:+YX6Qacv9
ジュビロ磐田は30日の明治安田生命J1リーグ第33節で名古屋グランパスに2-1で勝利したものの、16位の湘南ベルマーレが勝利したため、1試合を残してのJ2降格が決まった。
試合後に小野勝代表取締役社長が、代表挨拶でファン・サポーターへ謝罪の言葉を述べた。

16位以下が確定している磐田は、勝たなければならない状況で今節を迎えた。
22分に松本昌也が先制弾を奪ったものの、前半のうちに名古屋に同点に追いつかれてしまう。
それでも71分に大久保嘉人が起死回生の勝ち越しゴールを奪取。
試合はそのまま終了し、磐田が2-1で勝利を収めたものの、16位の湘南がサンフレッチェ広島に1-0で勝利したため、両者の勝ち点差は4のまま変わらず。
最終節を残して磐田の17位以下が確定した。

試合後に代表挨拶を行った小野社長は、「湘南が広島に勝ったことにより、我々のJ2降格が決定してしまいました。クラブを代表して大変申し訳ありません」と謝罪。
そのうえで「今年1年間いろんなことがあり名波監督の辞任、鈴木秀人監督の体調不良による監督交代、最後はフベロ監督が頑張りながらここまでチームを引っ張ってくれましたが、申し訳ありません。
J2に降格することになりました」とファン・サポーターへ報告した。

クラブとしては2度目の降格の憂き目に遭ってしまった磐田だが、同社長は「必ず来年J1に戻ってまいります」と言い切り、
「そのために皆さん、大変だとは思いますが、本当に後ろから何とか我々を押していただきたく、よろしくお願いします」と変わらぬ声援を懇願した。

しかし、ヤマハスタジアムには「このクラブの強化の責任はどこにあるのか」という横断幕が掲げられ、
社長のスピーチに対しては終始大ブーイングが鳴り響く異様な雰囲気に。

小野社長は最後に「今年はそういう意味では皆さんにも大変苦しい思いをさせたと同時に、
ここにいるチームスタッフ、選手も非常に心のなかに難しいものを抱えながら戦ってまいりました」とし、「彼らは最後まで懸命に走りきりました。
彼らにはなんとか温かい拍手でなんとか称えてやってほしいです。来年間違いなく戻ってきます。応援よろしくおねがいします」と述べてスピ―チを締めくくった。

磐田は今季、開幕5戦未勝利でスタートすると、不振が続いたことも影響し、6月30日の第17節・川崎フロンターレ戦をもって名波浩監督が辞任。
後任に鈴木秀人ヘッドコーチが昇格したものの、体調不良によりわずか1カ月半で契約解除となり、小林稔ヘッドコーチが暫定的に指揮を執る状況に。

その後、スペイン人のフェルナンド・フベロ監督が就任し、直近2連勝と盛り返したものの16位に届かず。
かつてJリーグを席巻したサックスブルーが、2013年の初降格に続いて2度目のJ2降格となってしまった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00010020-goal-socc
11/30(土) 16:50配信

https://www.youtube.com/watch?v=_xtzj34x6i0


ジュビロ磐田のJ2降格が決定

no title

no title

no title

韓国メディア「謝罪してるのに中国はしつこい」  

no title




1: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [ニダ] 2019/06/03(月) 15:20:59.53 ID:E7W8memH0● BE:218927532-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
2019年6月1日、騰訊体育は、中国で開かれたユースサッカー国際大会で韓国人選手が優勝カップを踏みつけた問題で、韓国メディアから「劣等感を持つ中国による批判が激しすぎる」との不満が出ていると報じた。

記事は、韓国のテレビ局MBNの報道を紹介。連日中国メディアが批判を繰り返しているが、いささかやりすぎな感が否めない。中国サッカーが韓国に対して抱いている劣等感が爆発したとさえ感じさせるほどだ」などと伝えている。

中国メディアの韓国サッカーに対する批判の内容が、道徳やスポーツマンシップの欠如に集中していることに言及し、「U-18の監督や選手たちはすでに現地で記者会見まで開いて謝罪した。当事者の選手が所属する蔚山現代も謝罪声明を出している。それなのに、中国側は優勝カップを剥奪した。誠意ある謝罪を受け入れない中国の態度は、大国としてしかるべきものではない」と論じた。

https://www.recordchina.co.jp/b717621-s0-c50-d0135.html
Record China 2019/06/03 12:00

神戸ポドルスキ、全面謝罪へ ボールボーイの暴言判明 20日の浦和戦で 

20190422-00000199-sph-000-0-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索