Samurai Goal

訃報


スポンサード リンク





<本田圭佑>マラドーナの訃報を受け「死については本当に考えます」「一日一日を大事にしないといけない」 

スクリーンショット 2020-12-01 21.52.48




1: 2020/12/01(火) 21:03:20.34 _USER9
ブラジル1部ボタフォゴでプレーする元サッカー日本代表MF本田圭佑(34)が1日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「本田圭佑 『NowVoice』」(火曜後7・00)にブラジルからリモート出演。自身の死生観を語った。

番組冒頭、アシスタントを務める同局の東島衣里アナウンサー(29)から「きょう本田さん、髪を縛っていらっしゃる!新鮮です」と驚かれ、笑い声をたてて「そうそうそう。うっとうしくなってきてるんですけど。
切れよって言われるんですけど、まだこのまま1年間切らずにいこうかなっていうふうに思ってて」と答えた本田。ヘアカットは以前から専属美容師に任せているが、コロナ禍とあって髪を切る状況にないことにまずは触れた。

その後、12月に突入したことについて聞かれ「速い!」と声をあげた本田。「時が経つ速さっていうのはね、もう待ってはくれないんですよね」とし、年々速くなると実感するという時間経過に
「過ぎたらあっという間っていうのは人の記憶だと思うので、うん」と話した後で「マラドーナは死ぬし」と、11月25日に亡くなった元アルゼンチン代表のスーパースター、ディエゴ・マラドーナ氏(享年60)の訃報を自ら話題に出した。

そして「人が死ぬとね、自分も死に近づいてるんやなっていうのを実感させられるわけですよ。うん。もう本当に。だって60歳らしいんですよね。僕、34でしょ?もう僕は倍は生きれないってことですよね。その計算でいくとね」としんみり。
「一日一日をね、大事にしないといけないなって。改めてこういうふうに、年が終わるのが近づくにつれてそう思いますよね」と続けた。「めちゃ考えますよね、死については本当に」と本田。「究極のテーマだと思いますね。
だって、死を経験した人だけはこの世にいないんですよ。80歳も20歳も死を語る時は同じなんですよ」とした。

マラドーナ氏には会ったことはないというが「サッカー界にとっての影響は本当に計り知れない」ことを改めて実感している。「本当にレジェンド。凄すぎて」。死後に目にしたマラドーナ氏が数々の著名人と撮った写真も
「マラドーナが横にいると子どもがサンタさんと写真を撮ってるとか、子どもがアンパンマンと写真を撮ってるとか」というふうにさえ見えると、その存在の大きさを表現した。

その上で、現在のコロナ禍における自身の死生観を明かした。「こんな状況下でも僕はすごく人の死については結構冷静に考えていて。たとえどんなすごい人が死んだとしても世の中は普通に回るし、
残念ながらマラドーナも忘れ去られていくんですよね。これが人の機能で。忘れるように人間はできてるんですよね。それを考えると、すごく人の命って本当に儚いなって思うんで。

自分がいろいろ何か世の中にインパクト残して死んでいきたいなみたいな理想論を描いている中で、でも自分に冷静に問いかける言葉っていうのは『いやいや、お前死んでも世の中フツーに回るし、
当たり前のようにお前のこと忘れるからな』っていう冷静な自分もいるんですよ。だから究極のところは自己満足なんかなっていう感じはしますね」。

そして「考えて考えて考えて、たどり着く先はやっぱりきょう一日を全力で生きるっていうことなんですよね。めっちゃシンプルに、そこは。それしかないんですよ」と力をこめた。

12/1(火) 20:48配信 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/c20355c5dbbdd6376dd01b3665c1e12b644251f3

パーソナリティーを務めるニッポン放送「本田圭佑 『NowVoice』」(火曜後7・00)
https://www.1242.com/nv/

【訃報】イングランドのレジェンドが新型コロナで死去。1966年サッカーW杯優勝メンバーの一人 

1: 2020/04/18(土) 15:15:17.34
元イングランド代表DFのノーマン・ハンター氏が、現地時間17日に76歳で死去した。イングランドサッカー協会(FA)や英国メディアなどが伝えている。

 報道によれば、ハンター氏は今月10日に新型コロナウイルス感染のため入院。治療を受けていたが17日に死去したことが明らかになった。

 1943年生まれのハンター氏は1962年にデビューしたリーズ・ユナイテッドで14年間にわたって活躍し、クラブ初の国内リーグ優勝に貢献するなど黄金時代の主力として活躍。他にブリストル・シティやバーンズリーでもプレーした。イングランド代表でも28試合に出場し、1966年の自国開催のワールドカップでは出場はなかったものの優勝メンバーの一員となった。4年後の1970年ワールドカップにも出場している。

「非常に悲しい知らせだ。近年の彼はイングランド代表を応援するためいつもウェンブリーを訪れており、私も彼と知り合う幸運に恵まれた。彼の情熱と知識にはいつも感銘を受けていた」とFAのグレッグ・クラーク会長は追悼の言葉を述べている。

4/18(土) 14:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200418-00371078-footballc-socc
no title

志村けんさん訃報、日本サッカー界追悼「ショック」 乾貴士「ほんまにお願いします!」 

20200330-00254408-soccermzw-000-2-view




1: 2020/04/03(金) 21:24:34.54
 日本コメディー界の巨星・志村けんさんが新型コロナウイルスに感染し、29日に70歳で死去した。日本サッカー界からも現役選手たちが追悼メッセージを発信し、日本代表MF乾貴士(エイバル)は「ほんまにお願いします!」と切実に訴えかけている。

 世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るい、Jリーグをはじめとする各国のサッカーリーグに加え、スポーツ界も一時中断。今夏に予定されていた東京五輪も1年程度の延期が決まった。そんな状況のなか、20日から入院中だったタレントの志村けんさんが29日午後11時10分に亡くなり、サッカー界にも衝撃が走っている。

 スペインを舞台に戦う乾は公式ツイッターで「志村さんが亡くなった」と切り出すと、「これはみんながコロナに対してもう一度しっかりと考えないといけない」と人々の意識に言及。「特に若い人達は、自分は大丈夫と思っていても、その周りにいる人が亡くなっていく可能性がある。他の国でも、そうかもしれんけど、有名な方がなくなってニュースになって皆んなの意識が変わる事はある」(原文ママ)と綴り、訴えかけるように連続投稿している。

「日本もそうなる事をほんまに願いたい。これ以上大切な人が亡くならいよう、失わないように、みんなが今やれる事をやりましょう。それは今は外出をできる限りやめる事だと思う!! 無駄は外出はやめてください! ほんまにお願いします!」(原文ママ)

 Jリーガーたちもツイッター上で次々の反応し、それぞれ思い思いのメッセージを発信している。

檀崎竜孔(MF/北海道コンサドーレ札幌)「だいすきでした。本当にショックです。ご冥福をお祈りいたします」

池田樹雷人(DF/愛媛FC)「地元の誇り。ご冥福をお祈りします」

三國ケネディエブス(DF/アビスパ福岡)「地元どこ?って聞かれて志村けんの所って言ったら大体みんなわかってくれました。あなたの地元東村山が俺の帰る場所は誇らしいです」

水野泰輔(MF/藤枝MYFC)「志村けんさんショック…。小学生の頃バカ殿めっちゃ好きでいつも見てました」

 ザ・ドリフターズの一員として人気を博し、「バカ殿様」や「変なおじさん」などのキャラクターも愛された志村けんさん。日本を代表するコメディアンの訃報に悲しみが広がっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200330-00254408-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索