Samurai Goal

解雇


スポンサード リンク





<道渕諒平>元恋人にDVでベガルタ仙台解雇後の初肉声!サッカー継続は「決めてない」 

1: 2020/12/25(金) 07:02:29.12 _USER9
12月中旬、厳しい寒さに見舞われた宮城県内。午後14時過ぎ、一軒の住宅から高級SUVが走り出てきた。荒っぽい運転で向かった先は、24時間営業のフィットネスジムだ。険のあった顔つきから、やや面変わりしているが、道渕諒平(26)その人である。

 現役サッカー選手が、交際していたタレント女性に暴行し、逮捕されていた――。10月に本誌が報じた女性への精神的・肉体的暴力の苛烈な内容、包丁を振り上げた顔写真は衝撃的だった。

 所属していたサッカーJ1「ベガルタ仙台」を契約解除となったあと、住んでいたマンションを引き払い、現在は実家暮らし。今の心境を、ジムから出てきた当人を直撃した。

――今のお気持ちを、お聞きしたい。

「はい……(20秒間沈黙)。まず、被害女性にいちばん申し訳ないという気持ちと、僕が想像し得る以上の人に迷惑をかけてしまった。本当に申し訳ない、のひと言しかないです」

――選手として、復帰を目指すつもりはあるんですか?

「今はまだ……わからないです。僕自身も決めてないですし」

――ジムでは体作りを?

「いえ、精神的に正常でいられるように、一定の運動を。健康維持のための運動です」

――(包丁写真を見せ)これを見て、どう感じましたか?

「いや……そこもちょっと話せないです。申し訳ありません」

 自らの行為が招いた代償の大きさを噛みしめていたのか。その表情からは、何も読み取ることができなかった。

12/25(金) 6:02配信 フラッシュ
https://news.yahoo.co.jp/articles/4ca3d9da4b0d4cc56cdcd16d78c51533da9ee3c7

写真
no title

マラドーナ氏遺体とサムズアップ写真投稿 葬儀社社員解雇 

スクリーンショット 2020-11-27 17.53.10

エジルが救いの手、解雇マスコットの給与全額負担を申し出 

スクリーンショット 2020-10-07 19.49.40

アーセナルに激震…財政難でスタッフ55名解雇 セスクら発掘の敏腕スカウトも退任か 

スクリーンショット 2020-08-06 15.55.11




1: 2020/08/06(木) 15:35:09.34 _USER9
8/6(木) 14:10
Football ZONE web
コロナ禍による財政難で大量解雇 スカウトのガジガオ氏も含まれると英紙報道

 今季のFAカップ王者アーセナルが新型コロナウイルスのパンデミックによる財政問題の影響からスタッフ55名の解雇に至った。スペイン代表MFセスク・ファブレガス(現モナコ)やU-23ブラジル代表FWガブリエル・マルティネッリらの逸材を発掘するなど長年チームを支えた敏腕スカウト、フランシス・ガジガオ氏も解雇となるようだ。英紙「デイリー・メール」が報じている。

 シーズン途中にクラブOBのミケル・アルテタ監督を招聘し、FAカップのタイトルを手にした今季のアーセナル。新型コロナウイルスの感染拡大による影響でマッチデー収入などが激減し、チームは深刻な打撃を受けていることから人件費の削減を余儀なくされている。4月には選手をはじめ監督、コーチングスタッフらも含むトップチームメンバーの給与12.5%カットを発表するなど、策を講じてきた。

 しかし、コロナ収束の目処が立っていない現状から、クラブはさらなるコスト削減を決断。現地時間5日、フットボール・ディレクターのラウール・サンレヒ氏とマネージング・ディレクターのビナイ・ベンカテシャム氏連名の声明で、チームスタッフ55名の解雇を発表した。

 英紙「デイリー・メール」によれば、この大量解雇の中には元キャプテンのMFセスクや右サイドバックのスペイン代表DFエクトル・ベジェリン、今季ブレーク中の19歳FWマルティネッリといった逸材を発掘し、クラブに連れてきたスカウトのガジガオ氏も含まれているという。同氏は10年以上にわたってチーム作りに貢献してきただけに、選手補強に大きな影響を及ぼす可能性は高い。

 アーセナルは声明の中で、スタッフの55名の解雇について「コロナ後の世界に相応しい組織を作り、イングランドとヨーロッパのトップで競争できるだけのリソースを確保する」ことを目的とした、苦渋の決断だと明かしている。


https://news.yahoo.co.jp/articles/7b519a088d93676a21585966ce16bca48e976c82

<ナスリ>規定違反により解雇へ!移動の報告義務怠る…クラブに無断で出国 

1: 2020/04/21(火) 02:24:23.73
ベルギー1部のアンデルレヒトに所属する32歳の元フランス代表MFサミル・ナスリが、規定違反により解雇される見通しになった。19日にベルギーメディア『Derniere Huere』が報じている。

 新型コロナウイルスの感染者が発生したベルギーでは、感染拡大を防ぐためにリーグ戦が中断された。そして、2日にジュピラー・プロ・リーグの2019/20シーズンが打ち切りとなったことでクラブ・ブルージュの優勝が決まっている。ベルギー国内においては現地時間19日までロックダウン(都市封鎖)が実施されていた。

 同メディアによると、アンデルレヒトが選手に移動とトレーニングスケジュールの報告を義務付けていたが、ナスリが規定を無視して報告せずにUAEのドバイに飛んだという。ナスリ以外の全ての選手は規定を守っており、秩序を乱す行為としてナスリが解雇される見通しになったようだ。

4/20(月) 8:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200420-00371262-footballc-socc

写真
no title

本田圭佑、タクシー会社600人解雇に私見「次は保険が崩壊するね」 

20200409-04090058-sph-000-5-view

ウルグアイサッカー協会、タバレス監督を含むほぼ全スタッフ400人を解雇 

20200329-00000015-jij_afp-000-3-view




1: 2020/03/29(日) 15:21:30.63
【AFP=時事】ウルグアイサッカー協会 (AUF) は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)により全世界的にスポーツが凍結状態となる中、
オスカル・タバレス(Oscar Tabarez)監督を含むほぼ全スタッフを一時解雇したと発表した。

 AUFは27日、「執行委員会はすべての活動停止をもたらした現在の健康危機のため、
協会の今後の機能を保護すべく、一連の厳しい決定を下さざるを得なくなっていることを通知する」と発表した。

 主な措置は、2006年から代表指揮官を務めるタバレス監督ら「すべてのスタッフを失業保険に加入させるため」のものだとしている。
国内メディアによると、この決定は400人に影響を与えるものになるという。

 AUFによると、全スタッフだけでなく「すべてのカテゴリーの外部契約を停止し」、「協会の基本的なニーズ」に「必要不可欠」な業務のみを継続していくという。

 AUFの発表文は「近いうちに、ボールは再び転がり始めるだろう」と締めくくられている。【翻訳編集】 AFPBB News
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200329-00000015-jij_afp-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索